ワイファイ 速度。 ポケットWiFi5社の速度徹底比較|室内外・山手線で計測の結果

「Mbps」とは回線速度を表す単位|数値を理解し快適に利用しよう

ワイファイ 速度

外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 現代社会は働く場所を選ばない時代になりつつあります。 ただし、通信環境が整っていることが必須条件。 いつでもどこでも快適に仕事をするには、どのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。 今回は、通信速度の測定方法や遅い場合の対処方法について紹介します。 通信速度の単位「Kbps」や「Mbps」とは? まずは通信速度を表す単位について説明します。 インターネットの通信速度は 「bps(ビーピーエス)」という単位で表され、 値が大きいほど通信速度は速くなります。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」、「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」となります。 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。 通信速度の目安とは? 一般的に、 ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。 通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があり、 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」と感じるのは「下り」の通信速度が速いためです。 ただし気を付けたいのが、 ネット契約時に表示される最大通信速度。 これは 「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大数値です。 あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。 光回線の場合、 実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。 【用途別】通信速度の目安 快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。 メールやLINEを使う場合 下り128kbps~1Mbpsが目安です。 128kbpsは通信制限がかけられたときの速度です。 テキストだけであれば問題ありませんが、画像や動画などのファイルが添付されている場合、ダウンロードするのに時間がかかります。 Webサイトを閲覧する場合 下り1Mbps~10Mbpsが目安です。 画像や写真が豊富なサイトなら最低3Mbps程度あると良いですが、テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できるでしょう。 動画を視聴する場合 5~20Mbpsが目安ですが、解像度によって異なります。 例えば4Kのような高画質動画を視聴する際は25Mbpsは確保したいところです。 なお、YouTubeは下記の速度を推奨しています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20Mbps HD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 通信速度を測定する方法 ここでは通信速度が測定できるサイトを紹介します。 利用するサイトや時間帯によって測定結果が変わるため、あくまで目安と考えてください。 簡単に通信速度を測定できるサイト8選 以下で、通信速度を測定できる8つのサイトを紹介します。 「GO」ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方が表示されます。 サイトにアクセスすると自動的に測定が開始されます。 そのまま表示されるのは「下り」のみですが、「詳細を表示」を押すと「上り」も表示されます。 測定 を東京か大阪から選んでから測定を行います。 回線状況や所在地の郵便番号に関する入力項目がありますが、入力をスキップすることも可能です。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「プロバイダ」「回線」「地域」を選択してから測定を行います。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「上り」と「下り」を別々に測定します。 「上り」の場合は測定前に「アナログ回線、ISDN回線」や「光回線などのブロードバンド」などから該当するものを選択する必要があります。 「フレッツ光」か「それ以外」を選んでから測定を行います。 測定できるのは「下り」のみです。 また、測定にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。 ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 郵便番号と回線の種類(契約プラン、回線事業者、ISP)を選択してから測定します。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 Googleの検索窓からも測定できる Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 インターネットが遅いときの原因 インターネットの通信速度が遅いときに考えられる原因を、いくつか紹介します。 回線の問題 回線に大量のアクセスが集中すると回線がつながりにくくなります(これを輻輳(ふくそう)と呼びます)。 PPPoE方式による接続回線を利用している場合は、IPoE方式に変更することで改善を図ることができます。 プロバイダの問題 同じ回線でもプロバイダによって速度は異なります。 その他の原因に心当たりがない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。 WiFiの問題 無線の場合は、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなることがあります。 この場合は有線に切り替えることで改善されるケースもあります。 パソコンの問題 「更新プログラムが溜まっている」「OSが古い」といった原因で速度が落ちることがあります。 前者は更新を完了させることで改善されることがありますが、後者の場合は新しいOSに切り替えることでしか改善できないケースもあります。 接続機器の問題 ルーターが故障していたり、型番が古くてスペックが足りない(高速通信に対応していない)といった場合は速度が落ちます。 また、HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 この場合は買い替えが必要です。 接続方式の問題 がIPv4の場合はIPv6にすると通信速度が速くなることがありますが、IPv6を用いていても遅いと感じる場合はインターネットの接続方式を確認しましょう。 「」でも触れましたが、PPPoE方式にしている場合はIPoE方式にすることで速度が改善されることがあります。 5Gとは? 第5世代のモバイル通信システムである5G。 「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」を特徴とし、あらゆる業種・業界での活用が期待されています。 速度は4Gの100倍? 5Gの通信速度は最大で20Gbpsで、4G(LTE)と比較すると約100倍の速度アップとなります。 2時間の映画をダウンロードするのに4Gが5分かかっていたところを、5Gなら3秒で終了する計算です。 日本での提供開始は2020年から 2019年4月、総務省は携帯電話会社4社に5G用の周波数を割り当てました。 2019年秋にも試験サービスが開始され、2020年春以降の本格的なサービス提供開始を目指し、各社が5Gに対応した新商品開発の動きを活発化させています。 5GでIoTが加速する 5Gは社会のIoT化(さまざまなモノがインターネットに接続すること)を促進すると期待されており、あらゆる産業に多大な影響を与えると見られています。 下り10MbpsあればOK、遅いと感じたら測定を 高画質な動画を視聴する場合は別ですが、普段の業務でWebサイトを閲覧したりメールを送受信したりする分には、「下り」が10Mbpsもあれば充分と言えるでしょう。 動作が重く感じる場合は、今回紹介した「」を試してみてください。

次の

次世代Wi

ワイファイ 速度

2018. 31 2019. 17 WiFi関連情報 わ~いマックス フリーWi-Fiスポットの速度ってどうなの? 政府の外国人観光客誘致や東京オリンピックに向けて日本全国各地にフリーWi-Fiスポットがどんどん設置されていってます。 公共施設、観光地、カフェ、コンビニからWi-Fi機能付き自動販売機まで、数年前に比べたら雲泥の差になってますね。 外国人観光客へのアンケートでは「フリーWi-Fiスポットの少なさ」が不満第1位だったこともあり、各地で改善すべく急増してるようで。 WiMAX持ってるとほとんどのシチュエーションでWi-Fiスポットも必要ありません。 WiMAXええでっ! ・・・ WiMAX推奨ブログとしてきっちり宣伝しておきました。 で検索してみたら、株式会社ICT総研ってところが公衆無線LANの通信速度のを調査結果を公開してました。 ので、そのデータを見つつここでもザックリまとめてみました。 WiMAXよりは遅いやろ?と思ってますが果たして?! 目次• フリーWi-Fiスポットの通信速度ってどうなの? まずは調査方法の確認から。 調査方法 実施した期間• 2018年5月2日~11日 測定した場所• 東京都内の大手町、丸の内、神田、御茶ノ水、秋葉原と羽田空港 計測に利用した公衆無線LANスポット・業者• セブン&アイ セブンスポット(7SPOT)• 羽田空港 HANEDA-FREE-WIFI 測定に利用した機種• iPhone7 測定方法• 測定対象のフリーWi-Fiスポットにちゃんとスタバも入ってて好印象。 測定機種は現役稼働してるスマートフォンの中でおそらく一番シェアが多そうな「iPhone7」なので、信頼性の高い数値になってるはず。 ではICT総研さんの計測結果を。 【空いてる時間帯】 フリーWi-Fiスポットダウンロード速度• 3キャリア平均・・・ 23. 9Mbps• セブンスポット・・・ 61. 0Mbps• スターバックス・・・ 22. 2Mbps• 羽田空港・・・ 36. 6Mbps 思っていたよりもめっちゃ速い! もっと激遅だと思ってましたわ(汗) 中でもセブンスポットが抜きん出て速い! 1万店舗以上ある全国各地のセブンイレブンで同じ速度が出るわけじゃないとしても、他のフリーWi-Fiスポットより快適に使える可能性は高そう。 (全店対応してるわけじゃないみたいですが) 1階にセブンイレブン入ってるマンションの2階に住んでるなら、光回線いらずになるかもしれない。 Wi-Fi電波の届く範囲が100mくらいらしいので(ヤフー知恵袋調べ)、セブンの隣に住んでる人も運が良ければ使い放題?!羨ましい。 他のフリーWi-Fiスポットも20Mbps以上で不自由なく使えるレベル。 比較対象にはなりませんが、我が家の環境下でのWiMAX速度が40Mbps程度なので普通にストレスなく使えるはず。 20Mbps以上あれば高画質動画でも余裕で見られるでしょう。 データ通信量制限とかないと思いますし、快適な環境で動画見放題ですね。 ええ感じですな。 ただこれは空いてる時間帯の実測値。 混雑してる時間帯は次のとおりです。 【混雑している時間帯】 フリーWi-Fiスポットダウンロード速度• 3キャリア平均・・・ 20. 6Mbps• セブンスポット・・・ 58. 7Mbps• スターバックス・・・ 25. 2Mbps• 羽田空港・・・ 34. 8Mbps ほぼ変わらず!ってなかなかスゴイ。 スターバックスなんて混雑時のほうが速いっていう謎の数値。 とはいっても、この調査結果はネット回線が混雑する時間帯に計測してはいるものの、実際接続してる人がどれだけいるかわからないのでなんとも言えません。 それでもこれだけの数値がでてるなら文句なし。 フリーWi-Fiスポットいいですね~。 安全性はちょい心配ですが、クレジットカード決済とかマイページにログインとかしないなら電波傍受されても問題ないでしょうしガンガン使えそう。 次引っ越すとき1階がセブンイレブンのマンション、もしくは隣にある賃貸物件探そうかな?なんて気になってきました。 あとですね、ほぼ一緒の計測値なので意味ないかも知れませんが、一応合算したデータも載せておきます。 合算したデータ• 3キャリア平均・・・ 22. 2Mbps• セブンスポット・・・ 59. 9Mbps• スターバックス・・・ 23. 7Mbps• 羽田空港・・・ 35. 7Mbps はい、素晴らしい。 ただ実際に使うときは、一度「RBB SPEED TEST」アプリをインストールして計測してからをおすすめします。 セブンがこんだけ速いなら、ファミリーマートやローソンのフリーWi-Fiも期待できそうですね。 遅くても20Mbpsくらいは出てそうだし。 コンビニが近所にあればインターネット環境いらず&通信費節約にも役立ちそう。 最後にアップロード時の速度データもあったので一応載せておきます。 アップロード速度(全時間帯データ)• 3キャリア平均・・・ 24. 6Mbps• セブンスポット・・・ 56. 5Mbps• スターバックス・・・ 33. 1Mbps• 羽田空港・・・ 37. 4Mbps アップロードもダウンロードと同じくらい速い! あまり大容量のデータをアップロードする人もいないと思いますが(写真や動画くらい?)、速いに越したことはなし。 フリーWi-Fiスポットのネット環境がかなり優れていることがわかりました。 ただ3キャリアのWi-Fiスポットは他社サービスより遅め。 理由は書かれてませんでしたが、快適性を損なわないレベルを維持できるコストで運営してるんでしょうね。 知らんけど。 まとめ ICT総研調べによる、有名どころのフリーWi-Fiスポットの速度計測結果についてまとめました。 調査対象になっていた6つのWi-Fiサービスはどれも快適に使えるレベルでした。 スタバみたいに会員登録してどうこう、といった面倒くさいところありますが(今は改善されたっけ?)、お手軽にインターネットに繋げられるWi-Fiスポットも充実してきています。 タウンWi-Fiなんていう便利アプリも人気になってるので一度チェックしてみましょう。 個人的にもコンビニではセブン推しなので、ますますお気に入りに。 今後は全店設置目指して頑張ってもらいたい。 もし近所にセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどフリーWi-Fiスポットが提供されているコンビニがあるお宅なら、家からネットに繋がるか試してみてください。 ひょっとしたら、光回線いらず&スマホ代節約できるかもしれませんよ。

次の

ポケットWiFi5社の速度徹底比較|室内外・山手線で計測の結果

ワイファイ 速度

外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 現代社会は働く場所を選ばない時代になりつつあります。 ただし、通信環境が整っていることが必須条件。 いつでもどこでも快適に仕事をするには、どのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。 今回は、通信速度の測定方法や遅い場合の対処方法について紹介します。 通信速度の単位「Kbps」や「Mbps」とは? まずは通信速度を表す単位について説明します。 インターネットの通信速度は 「bps(ビーピーエス)」という単位で表され、 値が大きいほど通信速度は速くなります。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」、「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」となります。 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。 通信速度の目安とは? 一般的に、 ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。 通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があり、 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」と感じるのは「下り」の通信速度が速いためです。 ただし気を付けたいのが、 ネット契約時に表示される最大通信速度。 これは 「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大数値です。 あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。 光回線の場合、 実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。 【用途別】通信速度の目安 快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。 メールやLINEを使う場合 下り128kbps~1Mbpsが目安です。 128kbpsは通信制限がかけられたときの速度です。 テキストだけであれば問題ありませんが、画像や動画などのファイルが添付されている場合、ダウンロードするのに時間がかかります。 Webサイトを閲覧する場合 下り1Mbps~10Mbpsが目安です。 画像や写真が豊富なサイトなら最低3Mbps程度あると良いですが、テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できるでしょう。 動画を視聴する場合 5~20Mbpsが目安ですが、解像度によって異なります。 例えば4Kのような高画質動画を視聴する際は25Mbpsは確保したいところです。 なお、YouTubeは下記の速度を推奨しています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20Mbps HD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 通信速度を測定する方法 ここでは通信速度が測定できるサイトを紹介します。 利用するサイトや時間帯によって測定結果が変わるため、あくまで目安と考えてください。 簡単に通信速度を測定できるサイト8選 以下で、通信速度を測定できる8つのサイトを紹介します。 「GO」ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方が表示されます。 サイトにアクセスすると自動的に測定が開始されます。 そのまま表示されるのは「下り」のみですが、「詳細を表示」を押すと「上り」も表示されます。 測定 を東京か大阪から選んでから測定を行います。 回線状況や所在地の郵便番号に関する入力項目がありますが、入力をスキップすることも可能です。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「プロバイダ」「回線」「地域」を選択してから測定を行います。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「上り」と「下り」を別々に測定します。 「上り」の場合は測定前に「アナログ回線、ISDN回線」や「光回線などのブロードバンド」などから該当するものを選択する必要があります。 「フレッツ光」か「それ以外」を選んでから測定を行います。 測定できるのは「下り」のみです。 また、測定にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。 ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 郵便番号と回線の種類(契約プラン、回線事業者、ISP)を選択してから測定します。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 Googleの検索窓からも測定できる Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 インターネットが遅いときの原因 インターネットの通信速度が遅いときに考えられる原因を、いくつか紹介します。 回線の問題 回線に大量のアクセスが集中すると回線がつながりにくくなります(これを輻輳(ふくそう)と呼びます)。 PPPoE方式による接続回線を利用している場合は、IPoE方式に変更することで改善を図ることができます。 プロバイダの問題 同じ回線でもプロバイダによって速度は異なります。 その他の原因に心当たりがない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。 WiFiの問題 無線の場合は、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなることがあります。 この場合は有線に切り替えることで改善されるケースもあります。 パソコンの問題 「更新プログラムが溜まっている」「OSが古い」といった原因で速度が落ちることがあります。 前者は更新を完了させることで改善されることがありますが、後者の場合は新しいOSに切り替えることでしか改善できないケースもあります。 接続機器の問題 ルーターが故障していたり、型番が古くてスペックが足りない(高速通信に対応していない)といった場合は速度が落ちます。 また、HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 この場合は買い替えが必要です。 接続方式の問題 がIPv4の場合はIPv6にすると通信速度が速くなることがありますが、IPv6を用いていても遅いと感じる場合はインターネットの接続方式を確認しましょう。 「」でも触れましたが、PPPoE方式にしている場合はIPoE方式にすることで速度が改善されることがあります。 5Gとは? 第5世代のモバイル通信システムである5G。 「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」を特徴とし、あらゆる業種・業界での活用が期待されています。 速度は4Gの100倍? 5Gの通信速度は最大で20Gbpsで、4G(LTE)と比較すると約100倍の速度アップとなります。 2時間の映画をダウンロードするのに4Gが5分かかっていたところを、5Gなら3秒で終了する計算です。 日本での提供開始は2020年から 2019年4月、総務省は携帯電話会社4社に5G用の周波数を割り当てました。 2019年秋にも試験サービスが開始され、2020年春以降の本格的なサービス提供開始を目指し、各社が5Gに対応した新商品開発の動きを活発化させています。 5GでIoTが加速する 5Gは社会のIoT化(さまざまなモノがインターネットに接続すること)を促進すると期待されており、あらゆる産業に多大な影響を与えると見られています。 下り10MbpsあればOK、遅いと感じたら測定を 高画質な動画を視聴する場合は別ですが、普段の業務でWebサイトを閲覧したりメールを送受信したりする分には、「下り」が10Mbpsもあれば充分と言えるでしょう。 動作が重く感じる場合は、今回紹介した「」を試してみてください。

次の