スリー アップ 株式 会社。 会社概要|株式会社スリーアップ

スリーアップ株式会社の求人概要

スリー アップ 株式 会社

主な対応工事 屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。 この部分は常に風雨や直射日光にさらされるため劣化を避けることが出来ません。 建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。 現在木造住宅ではFRP防水が主流となっています。 FRP防水は1日で施工を完了させることも可能で、継ぎ目のない優れた防水層をつくります。 FRPの防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。 ウレタン防水は最もポピュラーな防水工事であり、改修時の手間がかからずコスト面で優れています。 ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できる点などがあげられます。 ベランダ防水の不具合が原因による雨漏りはとても多く、ベランダの防水工事は非常に重要な工事であると言えます。 日常的に人の出入りが多いため、傷みやすく雨漏りが発生しやすいのです。 屋上や陸屋根のから雨水が浸入すると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。 屋上防水工事は建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。 建物からの漏水を食い止めるために行う工事を止水工事と言います。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

スリーエム ジャパン

スリー アップ 株式 会社

デザイン性の高い加湿器やヒーター、扇風機を自社開発し、2007年の設立以来成長を続けている企画開発型の家電メーカーです。 商品はヤマダ電機やヨドバシカメラ、ロフト、東急ハンズ、イオンなどの量販店や雑貨専門店、通信販売で販売され業界でも大きなシェアを占めています。 全ての商品を自社開発し、徹底的な選択と集中によるオンリーワン戦略により市場でのシェアを獲得。 中でも加湿器のバリエーションは豊富で独自性の高いアイテムなどを含め業界トップクラスです。 会社名を知らない方も大手雑貨店、大手量販店、テレビドラマの片隅などで商品を見かけたことがあるかもしれません。 その商品のデザイン性は海外の国際的に最も権威のあるデザイン賞のひとつであるドイツの「レッドドットデザインアワード」を受賞し認められるほどです。 なぜやるのか スリーアップは、創業より関西の近江商人が大切にしていた経営哲学「三方よし」の心得をもとに、10年後、15年後の未来に向けて、「なくてはならない世界をつくる」を実現していくために、三方よしを進化させた六方よしを基本的価値観に掲げ、スリーアップの事業に関わる全ての方々にとって全方位からの幸せを追求していきます。 私たちにとっての六方よしとは、売り手(会社)、買い手(取引先・顧客)、作り手(工場)の三方をさらに深く掘り下げ、従業員とその家族、自分の未来、そして社会がより良くなることを目指し、六方向から見たときになくてはならない会社をつくり出していくことが私たちの新たなビジョンです。 拡大する事業規模に合わせ、私たちはいま社内体制の強化を進めています。 今まで行ってきた店頭での販売戦略の企画と立案、商品を際立たせるための販促物の企画やディレクションを今後中心となって行ってくれる方、もしくは商品とブランド価値を上げるためのブランディングとマーケティングの施策、実行に挑戦してくれる方を募集! コアメンバーが不在の中での募集なので、今までの経験を活かしながら0を1にすることに魅力を感じる方はぜひ一度、ご連絡をください。 【仕事の内容】 会社の認知度を向上し、ブランド価値を高めるための販促企画、ブランド戦略やPR業務をお任せします。 ディレクションのみではなく実際に手を動かせるプレイヤーとしてのご活躍を考えています。 あなたとお会いできる日を、楽しみにしています! 会社の注目のストーリー.

次の

株式会社スリーアップ/会社概要

スリー アップ 株式 会社

デザイン性の高い加湿器やヒーター、扇風機を自社開発し、2007年の設立以来成長を続けている企画開発型の家電メーカーです。 商品はヤマダ電機やヨドバシカメラ、ロフト、東急ハンズ、イオンなどの量販店や雑貨専門店、通信販売で販売され業界でも大きなシェアを占めています。 全ての商品を自社開発し、徹底的な選択と集中によるオンリーワン戦略により市場でのシェアを獲得。 中でも加湿器のバリエーションは豊富で独自性の高いアイテムなどを含め業界トップクラスです。 会社名を知らない方も大手雑貨店、大手量販店、テレビドラマの片隅などで商品を見かけたことがあるかもしれません。 その商品のデザイン性は海外の国際的に最も権威のあるデザイン賞のひとつであるドイツの「レッドドットデザインアワード」を受賞し認められるほどです。 なぜやるのか スリーアップは、創業より関西の近江商人が大切にしていた経営哲学「三方よし」の心得をもとに、10年後、15年後の未来に向けて、「なくてはならない世界をつくる」を実現していくために、三方よしを進化させた六方よしを基本的価値観に掲げ、スリーアップの事業に関わる全ての方々にとって全方位からの幸せを追求していきます。 私たちにとっての六方よしとは、売り手(会社)、買い手(取引先・顧客)、作り手(工場)の三方をさらに深く掘り下げ、従業員とその家族、自分の未来、そして社会がより良くなることを目指し、六方向から見たときになくてはならない会社をつくり出していくことが私たちの新たなビジョンです。 拡大する事業規模に合わせ、私たちはいま社内体制の強化を進めています。 今まで行ってきた店頭での販売戦略の企画と立案、商品を際立たせるための販促物の企画やディレクションを今後中心となって行ってくれる方、もしくは商品とブランド価値を上げるためのブランディングとマーケティングの施策、実行に挑戦してくれる方を募集! コアメンバーが不在の中での募集なので、今までの経験を活かしながら0を1にすることに魅力を感じる方はぜひ一度、ご連絡をください。 【仕事の内容】 会社の認知度を向上し、ブランド価値を高めるための販促企画、ブランド戦略やPR業務をお任せします。 ディレクションのみではなく実際に手を動かせるプレイヤーとしてのご活躍を考えています。 あなたとお会いできる日を、楽しみにしています! 会社の注目のストーリー.

次の