傷病 手当 金 退職 後 国保。 退職を決意したきっかけ

退職後の傷病手当金を受給する場合の健康保険について

傷病 手当 金 退職 後 国保

スポンサードリンク 傷病手当給付金は退職後どこに請求するの? 傷病手当給付金というのは、病気やケガなどにより働けない状況にある、社会保険に加入している被保険者とその家族の生活を保障するために設けられている制度ですね。 例えば会社員として勤務している最中に、精神疾患などにより療養中となり、会社を長期休業することになった場合の生活を守ってくれる大切な制度です。 傷病手当給費金は最大で1年半の間給与の訳67%を受給できますので、とても手厚い保証です。 この1年半の間に病気が快復し、無事会社に復帰できる状態となれば給付金の支給はストップしますが、会社に復帰出来ない場合、傷病手当給付金を受給中に会社を辞める決意をし、その後も病気療養が継続する場合には、引き続き給付を受ける事ができます。 この場合に、気になるのが、 ・傷病手当給付金をどこに請求すればよいのか? ではないでしょうか? 会社に在籍中の場合、多くは傷病手当給付金の請求書を会社に送付し、請求期間中に確かに勤務できていないことを証明してもらい、その請求書を会社が健康保険組合に転送し手続きが行われています。 傷病手当給付金の支払いは、在籍中に加入している健康保険組合から支給されています。 退職後は、在籍中に加入していた 健康保険組合に任意継続する方もいるでしょうし、 国民健康保険に切り替える方もいることでしょう。 どちらが良いのか?については、また別の記事にまとめさせていただきますが、今回の疑問である『退職後はどこに給付金を請求すればいいのか?』については、答えは同じです。 健康保険を在職中の保険に任意継続する場合であっても、国民健康保険にへんこうする場合であっても、傷病手当給付金を継続して受給するには、同じ保険組合に請求書を送付します。 会社の健康保険から国民健康保険にへんこうすると、請求先も国民健康保険に変えなければならないのか?とか、もしくは給付金がもらえなくなるのか?と不安に思う方もいるかもしれませんが、正しい手続きを行えば、 会社に在籍中に受給していた傷病手当給付金は、在籍中に加入していた健康保険の組合や共済から継続して支払われます。 ですので、在籍中は『〇〇〇健康保険組合』という社会保険に加入しており、退職後『国民健康保険』にかえた場合でも、給付金の請求先は『〇〇〇健康保険組合』となります。 これは、給付金を受給しはじめた際に加入していた社会保険が『〇〇〇健康保険組合』だからです。 例えば7月末に退職した場合ですと、7月末までの傷病手当給付金の請求は、たとえ8月や9月の時点での請求でも書類は会社に送付し、7月に勤務していない証明を記載してもらう必要がありますが、退職後の8月分の手当の請求を行う場合には、直接『〇〇〇健康保険組合』への請求となります。 直接、傷病手当給付金を保険組合に送付する場合の送付先や宛名などの担当窓口は、退職する際に会社の労務に確認しておくか、保険組合に問い合わせて窓口を確認しておくとよいでしょう。 傷病手当給付金を退職後継続受給するための注意 退職後に傷病手当給付金を継続して受給する際には、注意が必要なことがあります。 傷病手当を受け取りながら、失業保険を受け取る事は出来ません。 万が一制度の不認知により重複して受け取るような事があった場合には、後日返還しなければなりません。 在籍中の保険組合によっては、退職後の保険請求の条件として、職安(ハローワーク)に離職票を持って行き、 『失業手当の受給期間延長』の手続きを行うように指導してくれる場合もあります。 これは、すでに受給している傷病手当の受給期間が終わった後や、病気から回復し、すぐにでも仕事ができる状態となった場合に失業保険の受給を開始できるようにするためと、保険の重複支払を避けるためですし、後々の返還要求に困らないためにのご本人のためでもあります。 傷病手当を受給していると、失業保険はいらない、もしくは受け取る必要はないと考えている方もいるかもしれませんが、 失業保険は退職後1年過ぎると失効してしまいますので、うっかりと失業保険の受給期間延長のてつづきを忘れていると、傷病手当を受給しなくなったタイミングの、仕事をはじめようとする期間の生活保障がとぎれてしまいますので、忘れないようにしましょう。 失業保険の受給延長を行うことにより、最長で退職後4年以内の受給が可能となります。 今は使わないつもりでいても、この先どう状況が変わるか分かりませんよね?ご自身やご家族のためにも必要な手続きだと思います。 給付金も在職中に加入していた保険組合や共済への、保険金から支給されているものです。 そのため、退職してから傷病手当を受給しようと思っても、その時点で加入している任意継続の健康保険組合や、国民健康保険からの手当の支払いはできません。 あくまでも在職中から傷病手当を受給していることが、退職後の継続受給のためには必要となります。 まとめ 傷病手当給付金については、ご自身や世帯主が健康に働けている間にはまったく知らなかったという方がほとんどなのではないでしょうか?ですがひとたび病気やケガ、うつ病などで仕事が出来なくなった場合には、ほんとうに生活の支えとなってくれる保障ですので、受給できる資格があり、退職後も継続して受給できるのであれば、安心して療養するためにもしっかりと諸条件を確認し、各窓口に問い合わせておきましょう。

次の

退職後の傷病手当金の申請方法について教えてください。

傷病 手当 金 退職 後 国保

健康保険・傷病手当金とは? 軽いケガや病気であれば会社を休む必要はありませんし、休んだとしても数日で済みます。 その休んだ日も、未消化の有給休暇を使って、働いた状態と同じにすることも可能です。 しかし、ケガや病気の程度が酷くて働けない場合は、長期に渡り会社を休まなければならず、給料が支払われないために生活が困窮してしまいます。 そこで、私傷病による療養のために労働できず、その間の給料の全部または一部が支払われない場合は、『傷病手当金』として所得保障を受けられるのです。 この『傷病手当金』ですが、健康保険、共済組合制度にはありますが、国民健康保険では任意給付となっており、ほとんどの自治体が行っておりませんので、自営業者の方は各自で確認してください。 また、健康保険であっても、任意継続被保険者と特例退職被保険者はその対象から外れます。 プライベートなケガや病気による療養のための休業であること• 働けないこと• 労働不能の日が連続して3日間あること• 給料の全部または一部が出ないこと 『傷病手当金』は被保険者期間を問わないので、入社してすぐに私傷病で労働不能となっても支給を受けられます。 そして、条件を満たせば、うつ病でも受給可能です。 注意が必要なのは上記3で、労働できない連続した最初の3日間を 待期期間と言い、この期間がないと『傷病手当金』の支給を受けられません。 待機期間ではなく、待期期間です。 例えば、2日間休んだ後に1日働いた場合は、待期期間はまた最初からスタートして連続3日間を達成する必要があります。 なお、この待期期間については、会社から給料をもらっていても問題ありません。 傷病手当金の支給額・支給期間 『傷病手当金』の支給額の計算方法は、健康保険と共済組合制度で、下記の通り異なります。 3日間の待期期間が完成した後、 4日目から1年6ヶ月間、支給を受けることが可能です。 例えば、22等級の報酬月額290,000~310,000円は、標準報酬日額10,000円となり、『傷病手当金』はその3分の2である6,667円となります。 標準報酬日額は、平成28年4月から50等級に変更されましたが、すべて掲載するのは困難なため、知りたい方は検索してください。 休業期間中に給料が支給される場合、『傷病手当金』は支給されません。 ただし、支給された給料が標準報酬日額の3分の2以下であれば、その差額が支給されます• 同一の傷病により『障害厚生年金』または『障害手当金』が支給されるときは、1年6ヶ月未満でも『傷病手当金』の支給が打ち切られます。 ただし、『傷病手当金』の額が多い時は、その差額分が支給されます• 労災保険の『休業補償給付』を受けている時は、『傷病手当金』は支給されません。 ただし、その差額が支給されることがあります 傷病手当金の手続き 『傷病手当金』の支給手続きに必要な書類は、『 傷病手当金支給申請書』と『 事業主の証明書』、『 医師または歯科医師の意見書』です。 会社等を通じて保険者に提出してください。 退職後の傷病手当金 『傷病手当金』の支給を受ける時は、私傷病で働けない状態なので、当然、仕事を辞めることを考える人もいるでしょう。 その時、退職後も『傷病手当金』をもらえるのかどうか疑問に思う方が多いはずです。 『傷病手当金』は、被保険者期間を問わないので、上記条件を満たせば入社直後の私傷病でも支給対象となります。 しかし、退職後に継続して『傷病手当金』の支給を受けるためには、次の条件2つを満たさなければなりません。

次の

健康保険・傷病手当金とは?支給条件と期間、退職後はどうなる

傷病 手当 金 退職 後 国保

不幸にも私傷病で働けないときに、生活保障として健康保険には傷病手当金の制度がありますが、職場復帰の見込みが立たずに退職する場合もあります。 そのような場合、退職後も傷病手当金を受給することはできるのでしょうか? 退職後の傷病手当金受給は可能? 私傷病で働けないとき、非常に頼りになる傷病手当金ですが、要件を満たしていれば退職後も受給することが可能です。 被保険者の資格を喪失した日(任意継続被保険者の資格を喪失した者にあっては、その資格を取得した日)の前日まで引き続き一年以上被保険者(任意継続被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。 )であった者(第百六条において「一年以上被保険者であった者」という。 )であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているものは、被保険者として受けることができるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受けることができる。 (健康保険法 第104条) 条文をまとめると2つの要件があることが分かります。 退職する日まで引き続き1年以上被保険者であったこと• 退職する日において傷病手当金をすでに受給している(傷病手当金が一時停止されている場合を含む)こと 簡潔にまとめると以上の通りですが、もう少し詳しく見ていきましょう 『引き続き1年以上』は以前の勤務先と通算することができる場合がある 現在の勤務先だけで被保険者期間が1年以上あればそれでよいのですが、現在の勤務先で被保険者期間が1年未満であっても諦めるのはまだ早いです。 転職経験があるならば、以前の勤務先の被保険者期間を通算することができる場合があります。 通算できる場合とは、『以前の勤務先の被保険者期間と現在の勤務先の被保険者期間との間に1日の空白も無い』場合です。 保険者が異なっても通算できる 『保険者』とは 健康 保険事業の運営主体のことです。 がん保険という民間の保険サービスで例えてみるならば、ライフネット生命、オリックス生命、東京海上日動あんしん生命等々、様々な生命保険会社が保険サービスを提供していますが、各生命保険会社がそれぞれ『保険者』にあたります。 少し話が逸れてしまいましたが、 被保険者期間の通算は転職の前後で保険者が異なる場合でも通算可能です。 被保険者には任意継続被保険者や共済組合の組合員は含まれない 健康保険法第104条の「引き続き1年以上被保険者」の箇所における『被保険者』には任意継続被保険者や共済組合の組合員は含まれません。 よって、 現在の勤務先に入社する前に任意継続被保険者であった期間や共済組合の組合員であった期間を有していても、被保険者期間として通算することはできません。 <参考>• 「任意継続被保険者」は二月以上被保険者であった者が資格喪失後に保険者に申し出て、継続して被保険者となった者をいいます( 健康保険法 第3条第4項)。 国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員等に対しては健康保険法の給付を行わないとされており( 健康保険 第200条第1項)、健康保険法と同等以上の保険給付を行う共済組合の組合員となっています。 「支給を受けているもの」には支給が一時停止されているものを含む 第2の要件として「被保険者の資格を喪失する時点で傷病手当金の支給を受けている」とされています。 法条文には「支給を受けているもの」と記述されていますが、これは、現に支給を受けていなくても支給が一時停止されているものを含むとされています。 ( 昭和27. 12保文発第3367号)例えば、療養のため労務不能であり、退職日の前日までに待期期間が完成していれば、退職日の時点で傷病手当金が支給されます。 しかしながら、退職日を年次有給休暇で休むなどしたために賃金が支払われた場合は、傷病手当金の支給が一時停止されます。 このように、 傷病手当金の支給要件は満たしており、単に支給が一時停止されているだけであれば、退職後も傷病手当金を受給することが可能です。 退職日周辺の状況には注意してください 先程確認したように、退職後も傷病手当金を受給するためには、「退職日時点で傷病手当金の支給を受けている」か「退職日時点で傷病手当金の支給が一時停止されている」ことが必要です。 よって、 例えば労務不能の状態となってから3日目が退職日であるような場合は、退職日の時点では傷病手当金が支払われませんので(労務不能となってから4日目以降でないと傷病手当金は支給されない)、退職後に傷病手当金の支給を受けることが出来ません。 また、 退職日に出勤して就労可能であるとみなされれば傷病手当金の支給が終了し、それに伴い退職後に傷病手当金の支給を受けられない場合もありますので、注意が必要です。 (保険者の判断によりますが、単に退職の挨拶に出向いただけであれば差し支えないと思われます。 ) 退職後は傷病再発の場合に傷病手当金を受給できない 傷病手当金の支給期間は支給を開始した日から1年6か月です。 在職中であれば、傷病が回復し職場復帰した後に傷病が再発したような場合であっても、1年6か月の期間内であれば、傷病手当金の支給を再度受けることが可能です。 それに対して 退職後の傷病手当金の場合は再発が1年6か月の期間内であったとしても、傷病手当金を再度受給することはできません。 ( より引用) 関連記事:.

次の