足 の 指 タコ 痛い。 指の背と指間のタコと痛み

足にできたタコの治療、除去とは。原因を知って足の痛いタコを治そう

足 の 指 タコ 痛い

このページの目次• 足にできるタコの場所ごとの原因 私達、異邦人には毎日のように足や靴に何かしらの悩みを抱えたお客様がご来店されます。 中にはタコが痛くてご相談に来られる方もいらっしゃいます。 タコが足にできるということは、 足の特定の場所が刺激されている証拠です。 足のバランスがずれてしまい、特定の場所に力がかかったり擦れたりしているためタコができるのです。 タコができる場所は人それぞれですが、場所ごとの原因を知って早めに対策をすることをオススメします。 親指の外側にできるタコ 親指の外側にできるタコができている方に多いのは外反母趾の症状です。 外反母趾になって足の親指が内側に傾いていくと、どうしても親指の外側に靴が当たったり、擦れたりしてしまってタコができます。 見た目ではまだ足の形が変形していなくても、タコができてしまっている方は外反母趾の初期症状の可能性があります。 外反母趾の場合、ひどくなると足の親指と人差し指が重なってしまって歩くのも困難になります。 親指の付け根の外側にできるタコ 親指の付け根の外側にタコができていらっしゃる方も外反母趾の可能性があります。 親指の外側にできる方と同様、足の形が変形してしまって親指の付け根の外側に負荷がかかっている状態です。 ヒールの高い靴や、パンプスを日常的に履いている方も親指の付け根部分にタコができていることが多いです。 また、 浮き指の方にも親指の付け根の外側にタコができやすいです。 浮き指とは? 浮き指とは、立っている時に足の指がしっかりと地面に着かない状態のことです。 浮き指になると、歩く時にしっかりと力を地面に伝えることができません。 人差し指・中指の付け根(足の裏の前方)にできるタコ 足の人差し指や中指の付け根辺りにできるタコの原因は、扁平足や開張足の方に多い症状です。 扁平足や開張足は足の裏の筋肉を形成しているアーチが下がってきてしまっている状態です。 アーチが崩れてしまうと、 足が本来持つ機能が低下してしまいます。 衝撃が地面から体全体に伝わり、足首・膝・腰・肩・首・頭などが痛くなる原因にもなります。 人差し指・中指の先にできるタコ 人差し指や中指の先にタコができている方は、足の指の長さが違う方が多いです。 また、 サイズの合っていない靴を履くことでもタコができてしまう可能性があります。 サイズが大きい靴を履くと、どうしても歩く時に足が靴の中で動いてしまって靴の中で長い指が靴の内側に当たります。 日常的に つま先の素材が硬い安全靴などを履いてお仕事をしていらっしゃる方にも多い症状です。 小指の付け根の外側にできるタコ 小指の付け根の外側にタコができていらっしゃる方は内反小趾の可能性があります。 内反小趾は外反母趾とは逆に、足の小指側が内側に変形していく足の疾患です。 足の筋力が弱ると、靴による圧迫や筋力の低下で内反小趾を患ってしまいます。 ひどくなると足の小指が薬指の下に入り込むこともあります。 指と指の間にできるタコ 足の指と指の間にタコができる方も、サイズの合っていない靴を履いている可能性があります。 また、 先の細いハイヒール・パンプス・革靴などをよく履く方も指と指の間にタコができていることがあります。 靴には幅のサイズも設定されていて、足の幅のサイズに合わせた靴を履くことが大切です。 足の指の上にできるタコ 足の指の上にタコができる方に多い症状はハンマートゥ(槌指)です。 足の指が曲がってしまう症状で、 靴の内側の上部に指が当たってしまうことでタコができてしまいます。 また、 サイズの小さな靴や先の細い靴などを履くことも足の指の上にタコができる原因になります。 足の裏の土踏まずの前方部分(拇指球の辺り)にできるタコ 足の裏の土踏まずの前方部分にある拇指球の当たりにタコができている方も浮き指・ハンマートゥ(槌指)の可能性があります。 足のバランスが崩れていて、歩く時や立っている時に拇指球の近辺で体を支えていることが原因です。 長年足に合わない靴を履いていると浮き指やハンマートゥになる可能性が高くなります。 ハンマートゥ(槌指)とは? ハンマートゥとは、足の指の関節が常に曲がっている状態のことです。 親指や小指以外の指が曲がってしまうことが多いです。 歩き方に癖がある方や、歩く時のバランスが崩れていて足の指に力がかかりやすい方に多いです。 また、先の尖った靴やヒールの高いハイヒール・パンプスなどを日常的に履いている方にも多い症状です。 曲がり方によって、クロートゥ・マレットトゥ・ハンマートゥと分けられることもあります。 足の裏のかかと寄りの外側にできるタコ 足の裏のかかとに近い外側にタコができてしまう方は、ハイアーチや歩き方のバランスが悪い方に多い症状です。 歩く時や立っている時に足の外側に体重がかかり、足の裏のかかと寄りにタコができてしまいます。 ハイアーチの方は骨格的な問題もあるため、 インソールなどを使って足のバランスを整えることが大切です。 かかとにできるタコ かかとにタコができている方は、足のサイズに合っていない靴を履いている方や靴を正しく履けていない方に多い症状です。 足のサイズが合っていない靴を履いていると、靴の中で足が前後に動くため歩く度に靴の内側にかかとが当たってタコができます。 また、正しく靴を履いていないと、かかとが固定されず歩く度に靴とかかとが擦れてタコができる原因になります。 全てのタコの原因は間違った靴選び 足にタコができる原因のほとんどは、足に何らかのトラブルを抱えていることです。 足に何かしらのトラブルを抱える原因は、 間違った靴選びの可能性があります。 日本では靴を玄関で脱いだり履いたりすることが多く、歩きやすくて快適な靴よりも脱ぎやすくて履きやすい靴を選ぶことが多いです。 そうすると、 どうしても足のサイズより大きめのサイズの靴を選ぶことが多くなります。 靴紐を脱ぎ履きする度に結び直すのもめんどくさくて、くつべらなどを使って簡単に履くことも多いです。 長年そのような習慣を続けているとどうしても足に何らかのトラブルを抱えてしまう原因になります。 また、靴はファッションアイテムの1つでもあります。 そのため、 ファッションで足に合わない靴を選んでいらっしゃる方がいらっしゃるのも実情です。 ファッションアイテムとしての靴は、なるべく長時間履くことを避けTPOに合わせて靴を履き替えるようにしてください。 足に合う靴を正しく履くことはとても大切 足に合う靴を正しく履くことは足の健康のためにとても大切です。 寿命が長くなる現代社会で、 足に何かしらのトラブルを抱えると歩いたり立ったりすることができなくなって寝たきりになる可能性もあります。 足に合う靴を正しく選んで、しっかりと靴紐を結んで履くことは足の健康と体の健康にとってとても大切だと異邦人では考えています。 足の健康のために正しい靴選びを 足を健康に保って、 いつまでも自分の足で歩き続けるためにも足のサイズに合う正しい靴選びを心がけるようにしてください。 靴には長さと幅のサイズがあり、 足を健康に保つためには足の長さのサイズと幅のサイズの両方が合うサイズの靴を選ぶことが大切です。 日本の多くの靴屋さんでは、靴を購入する際に足のサイズを測りません。 お客さんが指定して、店員さんがそのサイズの靴を出して持ってきてくれることがほとんどです。 お店で接客していると、 実際にサイズを測ったサイズとご自身が今まで選んでいたサイズが小さいことの方が多いです。 多くの日本人は実際の靴のサイズよりも、自分の足のサイズが大きいと思っています。 足の形は毎日少しずつ変わっています。 大切なことは、 靴を買う度に正しいサイズを知ってからサイズの合う靴を選ぶことです。 インソールを入れる 足を健康に保つためには、靴にインソールを入れて履くことも効果的です。 インソールは足の裏の筋肉を補助するためのサポーターのような働きをします。 足に合う靴にインソールを入れることで、 足の働きを補助しながら足のバランスを整える効果があります。 また、 靴の中で足が前後に動かないようにするのにも効果的です。 足の健康のためにインソールを入れる場合は、土踏まず部分が立体的に整形されているインソールを使用してください。 市販されているインソールで足に合う形の商品がなければ、インソールをオーダーメイドすることもできます。 欧米では医療用にオーダーメイドインソールが利用されることも多いですが、日本では保険が適用されないのがデメリットです。 異邦人にできること 私達はオーダーメイドインソールとウォーキングシューズを専門に販売する「異邦人」というお店を関西を中心に営業しています。 東京にも巣鴨に1店舗ございます。 異邦人には足や靴に何かしらの悩みやトラブルを抱えたお客様が毎日ご来店されます。 私達がお客様に対して行っていることは、• 足の正しいサイズを測る• 足の型を(フットプリント)を作成する• 足に合う靴のご提案• 足に合うインソールのご提案• 正しい靴の履き方をお伝えする• 正しい歩き方をお伝えする の6つです。 お客様が ご自身の足で健康に歩いていただくためには、足に合った靴を正しく履いて、正しく歩くことだと知っているからです。 やっていることは非常にシンプルですが、お客様からとても喜ばれています。 足のトラブルが改善したり、悩みが解決されたりとリピートされるお客様が90%近くいらっしゃいます。 足のタコがなかなか治らず悩んでいらっしゃる方はお気軽に異邦人の店舗までご来店・ご相談ください。 まとめ タコが足にできるのは足のバランスを崩しているサインです。 そのままにしていると足に何かしらのトラブルを抱えてしまう可能性があります。 私達のお店には足や靴に何かしらのトラブルを抱えたお客様が多くご来店されます。 足にできるタコは、足のトラブルや歩き方の癖などによって場所が変わってきます。 タコができる原因の多くは間違った靴選びにあると考えています。 正しいサイズの靴を正しく選び、正しく履いていれば足のトラブルを改善することができることを知っているからです。 私達はお客様の足に合う靴を選び、足に合うインソールを販売しているお店です。 やっていることは非常にシンプルですが、日本では なかなか足に合う靴を正しく履いていらっしゃる方が少ないのが実情です。 足にタコができてしまっていらっしゃる方は、靴の選び方や履き方を見直してみるようにしてください。 また、足に合う靴がなかなか見つけることができないという方や、どうしたらいいか分からないという方は異邦人までお気軽にご来店・ご相談ください。 15年以上の販売経験と、足や靴に関する知識を兼ね備えたスタッフがお客様の健康をサポートする1足をご提案させていただきます。 異邦人の店舗一覧 東京都 大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 和歌山県 タコに関連する記事•

次の

魚の目と〝たこ〟の見分け方|写真で学ぶ魚の目・タコの原因と治療法

足 の 指 タコ 痛い

手の指のタコの正しい取り方 まず、タコとは何なのかみていきましょう。 タコはイボや魚の目とも似ているため区別しずらいのですが、いずれも皮膚潰瘍の1種です。 タコはイボとは異なり、皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層から成っており、その表面は角質層という厚い層が保護しています。 角質層は水分が失われないようにカバーする役割のほか、外的刺激や傷から守る働きがあります。 タコができてしまうのは、使用している部位に過度な刺激が加わったり、使いすぎることで角質層が厚くなり、肥厚化してしまうからです。 見分けづらい魚の目との違いは、タコが皮膚の表面が外側に向かって厚くなっていくのに対し、魚の目は内側に向かって厚くなっていくため、神経などを圧迫し痛みをともなうことが多いのが特徴です。 タコは皮膚科での治療もありますが、軽度のものでしたらセルフケアで取り除くことが可能です。 タコをとるには、患部を清潔にし、角質を柔らかくしてくれるサルチル酸入りのパッドを貼り、タコ部分を取りやすいように柔らかくします。 市販の商品ではスピール膏などがあります。 1〜2日貼り、タコがふやけてきたとことでタコ取り専用カッターで深すぎないように切り取ります。 タコを取った後の処置 タコをとった後に大切なのはアフターケアです。 そのままにしておくと感染し肌の状態が悪化してしまうこともありますので、タコが取りのぞけたといって安心しないようにしましょう。 まず、取り除いた後はお肌の修復・再生を促すためにも保湿を行いましょう。 おすすめは白色ワセリンやドクターズコスメなどにあるビタミンC誘導体入りのクリームです。 顔に塗る化粧品などは界面活性剤が入っているものもあり、組織再生を遅らせてしまうこともありますので、あまりオススメしません。 また、タコは一度取れたと思っても数週間程度で再発してしまう可能性もあります。 したがって、繰り返さないためにも日々の指の使いすぎに気をつけたり、指サックやテーピングなどでできやすい部分をカバーするようにしましょう。 スポンサードリンク タコが痛いときの対処法 さきほどタコと魚の目の違いにおいて痛みがあるのが、魚の目とお伝えしましたが、タコでも痛みを生じることがあります。 角質が肥厚化した状態で、さらに刺激が加わることで神経を圧迫し、痛みをともなうことがあります。 手はあらゆるシーンで使いますので、ダメージを避けることは難しいのですが、痛いときはなるべく指の使用を控えるようにしたり、テーピング、指サックなど保護するものをつけることで刺激の軽減をはかることができます。 しかし、放置しても一度できたタコは治りませんので、早めに取り除くか、皮膚科の専門処置を受けるように心がけましょう。 まとめ 見た目にも気になる指のタコ。 放っておいても治らないばかりかどんどん悪化することもあります。 とくに痛みを伴う際は、今回ご紹介したケア方法を試してみてこまめなケアと根本原因への対処を行うようにしましょう。

次の

自己治療はキケン!? 魚の目・タコ対処法|病気・症状と予防|eo健康

足 の 指 タコ 痛い

魚の目(うおのめ)ができた…! たこができた…!なんて話をたまに聞くけど、魚の目と〝たこ〟って、いったい何がどうちがうの?と、疑問に思っている方は意外と多いようです。 一方、魚の目と〝たこ〟は名称が違うだけでどちらも一緒だ!と思い込んでいる方も少なくありません。 確かに皮膚の角質が厚みを増し硬くなってしまう皮膚病の一種であるという点においては、魚の目も〝たこ〟も同じものですが、魚の目と〝たこ〟とではいくつか大きな相違点がみられるので、両者を比較しながら、その違いについて軽く触れておきましょう。 まず、魚の目も〝たこ〟も、皮膚に対する圧迫や摩擦が頻繁に繰り返される部位にできやすいといった特徴があります。 つまり、長時間、圧迫や摩擦が、ある特定の部位に繰り返し起こると、皮膚は皮膚を守るための防衛反応が働き、角質がどんどん厚くなっていくのです。 これがいわゆる〝たこ〟と呼ばれるものですが、〝たこ〟は皮膚表面が固くなるだけなので痛みはほとんどなく、むしろ感覚が鈍くなっていることの方が多いようです。 一方、魚の目も〝たこ〟と同じように、皮膚を守るための防衛反応が働き、角質がどんどん厚くなっていきますが、〝たこ〟のように皮膚の表面が徐々に厚く硬くなるのではなく、真皮内(つまり、皮膚の内側)に向かって楔形に肥厚し、やがて《芯》となります。 すると、楔形に変形したこの《芯》が、痛みを感じとる神経終末のある真皮層に達するため、外部から刺激を受けると刺すような痛みが走ります。 つまり、両者の違いを簡単に説明すると、外部からの刺激を受けると痛みを伴うのが〝魚の目〟であり、外部からの刺激を受けても特に痛みのない硬い皮膚の盛り上がりが〝たこ〟ということになりそうです。 先にも説明しましたが、 魚の目(うおのめ)や〝 たこ〟は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間、集中して起こりやすい部位にできるといった特徴があります。 魚の目や〝たこ〟が足裏や足指の関節部分に最もできやすいのは、いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所であるからに他なりません。 つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、魚の目や〝たこ〟をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。 そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直してみたり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。 ちなみに、開張足(かいちょうそく)の方は、足に魚の目や〝たこ〟ができやすいといわれているので、日頃、パンプスなどを履く機会の多い方は特に注意が必要です。 開張足とは外反母趾や浮き足にもつながる偏平足のようなもので、親指の付け根から小指の付け根の間がアーチ(横アーチ)状になっていないトラブルのことです。 通常、人の足は、この間に空間がありますが、開張足だと横アーチがないため、本来、あるはずのクッション性を失い、中間に体重がかかり、魚の目や〝たこ〟ができやすくなるとされています。 開張足は特に女性に多くみられますが、これはヒールの高い靴を履くことで重心が前へ移動し、横アーチに無理な負担がかかるため、横アーチがつぶれるためだと言われています。 魚の目や〝 たこ〟も皮膚病の一種ですが、そのほとんどが良性腫瘍なので、必ずしも治療して除去しなければならないというものではありません。 しかし、単純に皮膚表面が厚く硬くなる〝たこ〟とは異なり、神経を圧迫し激しい痛みを伴う魚の目が足裏などにできると、日常生活に支障をきたすこともあり、症状によっては取り除く必要性に迫られる場合も出てくるでしょう。 そこで、一般的に行われている魚の目や〝たこ〟の除去治療についていくつか紹介しておきましょう。 魚の目(たこ)の大きさや症状の進行程度によって異なってきますが、通常、一度では取りきれず、期間をおいて複数回繰り返すことになるはずです。 魚の目は痛みの元凶である〝芯〟を取り除くことが重要なので、ある程度の大きと厚み(深さ)のある魚の目に対しては、患部を直接メスで切開し、芯を取り除く外科手術が行われる場合もあります。 切開する際には、予め、スピール膏等の薬品を使って患部の皮膚を柔らかくしておく手法が取られるケースも多いようです。 患部周辺の皮膚を極力痛めない、魚の目の芯だけを焼ききる事ができる、痛みが少ないなどの利点があることから、近年、注目されている魚の目(たこ)治療がレーザー(炭酸ガスレーザーなど)治療です。 ただし、保険適用外なので治療費がやや高めにつくのが難点です。 自宅でできる魚の目(たこ)治療薬としては、横山製薬から販売されている『イボコロリ』シリーズや、ニチバンの『スピール膏』シリーズが有名です。 現在は液体タイプのほか、絆創膏タイプのものや、足裏(指)にできた魚の目・タコによる圧迫感を和らげ痛みを減らす『ウオノメパッド』など、患者の症状に合わせた商品が手頃な価格で複数販売されています。 医薬品である『ウオノメコロリ』や『スピール膏』で、魚の目(たこ)が取れる理由は、製品に配合されている有効成分サリチル酸にあります。 サリチル酸には皮膚の角質を軟化させる角質軟化溶解作用があり、液剤を患部に直接塗布すると、サリチル酸の作用により皮膚角質の腐食が起こります。 その後、薬剤が浸透した患部の下面では新たな皮膚を再生しようと細胞分裂をはじめるため、魚の目(たこ)となって現れた角質部を取り除くことが出来るといった仕組みです。 ただし、魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって楔形に肥厚しているので、患部の状態によっては、なかなか芯が取れなかったり、何度も繰り返し根気よく治療を続けなければならないケースも多々みられます。

次の