すとぷり コール 歌詞。 鳴り止まない「すとぷり」コール!苺の王子たちの“令和”最初の伝説!『すとぷり』単独ライブ「すとろべりーめもりーvol.

すとぷりメンバーの顔や年齢まとめ!誕生日と本名も調査!

すとぷり コール 歌詞

動画配信エンタメユニット『すとぷり』は、4月30日~5月1日の2日間、幕張メッセイベントホールにて初の単独でのライブイベント「すとろべりーめもりーvol. 今回単独イベントでは初となる「すとろべりーめもりーvol. 7」 幕張メッセ。 開場前からグッズを求めて列を並ぶ大勢のすとぷりすなーで溢れていた。 1stミニアルバム「すとろべりーすたーと(すとすた)」の販売枚数は9万枚突破し、物販スペースでは会場限定ステッカー付きCDも販売されていた。 以下2日目のレポートをお届けする。 「すとろべりーめもりーvol. 7」【2日目】開催レポート 先ずは、オープニング動画が上映し、観客席から歓声が上がると、1stミニアルバム「すとすた」より『パレットダンス』が流れ、『すとぷり』のテーマカラーとなる苺色のジャケットの制服姿で6人が登場すると、会場のエネルギーはMAXに!苺のお城をイメージした豪華絢爛な舞台で華麗なダンスとハーモニーを奏でる6人!そのまま、2曲目『ロメオ』を歌い終えると、次はソロパート。 トップバッターはさとみ『アイのシナリオ』から、ジェル『Sコート』と続く。 黒の衣装をまとったジェルがクールで情熱的なダンスを決める。 ソロ曲3曲目は、るぅとが作詞・作曲を手がけた『この想いを歌に』。 透き通る声でじっくり曲を聴かせた後は、ななもり。 による『ヒバナ』でステージを真っ赤に染める。 その後は、ライトグレーのパーカ姿で走って登場したのはころん。 舞台袖を何度も往復し、『ロケットサイダー』を歌いながら、会場を一つにする。 ソロパートのトリをつとめたのは莉犬!平成の代表曲の一つMONGOL800の『小さな恋の歌』を可愛く、パワフルに歌い上げる。 走る度に犬耳が揺れ、会場から可愛い!の声が聞こえる。 ここで再び動画が流れ、るぅと&莉犬が登場。 デュエット曲『すとろべりーごーらんどっ』を歌う。 るぅと、莉犬のファンにはたまらないキャッチーな1曲。 次に、さとみ、ころんの登場ではコントのような2人の掛け合いで大爆笑する会場。 そして、ななもり。 、ジェルの2人が動画で登場すると、ラストのコラボ曲『非リアドリーム妄想中!』で一気に盛り上げる。 ソロ、デュエット、と続いた後に、ころん、莉犬、るぅとの3人が動画で登場し、トリオで『おじゃま虫』を歌う。 「好きって言って」の歌詞では、見事なコールアンドレスポンスを決める。 可愛い3人の曲が終わると、今度は、ななもり。 、さとみ、ジェルが登場し、『イノコリ先生』を大人っぽく歌い上げる。 そして、1stミニアルバム「すとすた」より初パフォームという『AquaKiss』の演奏がスタートすると、再び歓声が上がる。 ステージにはおそろいの王子の衣装で登場し、絶妙なハーモニーと息の合ったラインダンスを披露する。 そのまま『Endless Flight』へ続くと、6人は爽やかにステージを駆け巡り、会場に段々とフィナーレが近づいてくる。 ここで、「思い出を残したい!」とななもり。 の一声で写真撮影!更に、メンバー1人ずつバックバンドのメンバーを紹介し、最後は、『はりーはりーらぶ』!突如会場に現れた巨大なゴムボールで盛り上がる。 その後、6人が姿を消すと、直ぐに会場全体でアンコールの呼びかけが始まる。 しばらくしてアンコールがいつの間にか「すとぷり」コールに変わると、再び、制服姿で登場した6人。 ここでメンバー1人ずつ、ライブのこと、『すとぷり』のこと、日々の活動のこと、思いの丈を打ち明ける。 そして、アンコール1曲目は『Flowering palettes』。 しっとりとした雰囲気の中、落ち着いた雰囲気で歌う6人。 アンコール2曲目は『大好きになればいいんじゃない』で一つになる会場とステージ。 観客席から、有難う!の大歓声と鳴り止まない拍手の中、「すとろべりーめもりーvol. 7」は閉幕した。 メンバーのコメント ジェル みんな今日は楽しかった?素敵な思い出ができた?だったら嬉しい。 俺はすとぷりとして活動してきて、1人で苦しんでいる人を救っていきたい、そんな人の支えになりたい、とずっと思ってました。 こうしてみんながいて、こんな活動ができて幸せです。 ついてきてくれてありがとう。 みんなは俺たちの宝物です。 莉犬 今日は足を運んでくれて、ありがとう。 こんなにたくさんの人が好きを伝えてくれてとても幸せです。 みんなが喜んでくれるから、頑張っていけるし、前に向かって走っていけます。 そしてすとぷりは、リスナーさんを一番大事に思えるユニットだと思っています。 すとぷりはみんなに胸を張れないような活動はしません。 これからも君の推しでいる限り、ずっとずっと君の誇りでいます。 だからこれからも応援してください。 ころん こんな素晴らしい景色が見れて本当に本当に嬉しいです。 ありがとうございます。 もう感謝しても感謝しても言葉にならないくらい、どう伝えたらいいのかわからないくらいみんなに感謝しています。 こんなに大きく成長して、僕たちのことを支えてくれる人がこんなにもいっぱいいて、メンバーみんなで本当にやってて良かったなと、幸せだなと僕は思いました。 これからもっともっと凄いことが起こります!付いてきてください! るぅと まず来てくれてありがとうございました。 本当にありがとうございます。 ステキな笑顔を見せてくれて本当にありがとう。 今こんな風に活動できているのは、今応援してくれているみんながいるおかげです。 僕らだけじゃラジオ放送も普段の放送もライブもできなくて。 今日まで本当に支えてくれてありがとうございます。 今日がみんなにとっての宝物になってたらすごく嬉しいです。 これから先絶対に止まることはありません。 メンバー全員すごく強いんです。 応援してて本当によかったなって、後悔させないから。 これからも付いてきてください!大好きです! さとみ 今日は本当にありがとうございました。 こんなにたくさんの人の前で何かをできる機会をもらえるなんて思ってなかったし、こうして、たくさんの人が応援してくれて、会いにきてくれて本当にありがとう。 どれだけ頑張っても1人で叶えられないことってたくさんあるけど、今は頑張ろって言ったら頑張ろうって応えてく れるメンバーが横にいて、このメンバーに会えて心の底から嬉しいです。 色んなことをやってる人たちが集まったユニットだから、色んなことをやってるけど同じ目標に向かって頑張れるってすごいことだと思うんだ。 誰推しとか関係ないよ、本当に好きだって気持ちを届けてくれて本当にありがとう。 ななもり。 たのしんでくれたかな?ありがとう。 俺ねライブの最後に、メンバーみんなの気持ちを聞いていると、あの時こうだったなとか色んなことを思い返すの。 結成したての頃は みんなのことよくわからないし、笑い合うことも衝突もあって一緒に走ってきて。 今すとぷりメンバーをこんなに大好きだ、ありがとうって思えるのは、多くの人が見てくれて、もっと喜ばせるために頑張ろう、もっと前へ前へって一緒にやってこれたからだと思う。 こんなこと誰もやらないってくらい頑張ろうって走り抜けてきたけど、1人1人君のため頑張ろうって思えるのは、ツイッターやDM、お手紙、1つ1つのメッセージが心に響いて、もっとみんなのためにって思えるから。 みんなで、すとぷりすなーとメンバー6人でみんなで走り抜けたい。 これからも幸せにするのでみんな付いてきてください。 よろしくお願いします! Photos 「すとろべりーめもりーvol. 7」 日 時:2019年4月30日 火・祝 16:00-18:30、2019年5月1日 水・祝 15:00-17:30 場 所:幕張メッセ 幕張イベントホール 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1 出 演:すとぷり さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ジェル、ななもり。 「すとぷり」とは? 『すとぷり』は、さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ななもり。 、ジェルの6人で活動する動画配信ユニットです。 YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトを中心に、歌やゲーム実況など様々なジャンルの動画を配信して人気を博しているメンバーが集い、『すとぷり』を結成。 2016 年6月4日より、楽曲投稿や生配信、ライブの開催をセルフプロデュースで実施し、現在はYouTubeで展開している公式チャンネル「すとぷりちゃんねる」のチャンネル登録者数が 29万人を超え、すとぷりの動画総再生数は7,500万回を超えています。 <YouTube公式チャンネル> <公式Twitter> 関連記事リンク(外部サイト).

次の

ガチ恋口上まとめ

すとぷり コール 歌詞

動画配信エンタメユニット『すとぷり』は、4月30日~5月1日の2日間、幕張メッセイベントホールにて初の単独でのライブイベント「すとろべりーめもりーvol. 今回単独イベントでは初となる「すとろべりーめもりーvol. 7」 幕張メッセ。 開場前からグッズを求めて列を並ぶ大勢のすとぷりすなーで溢れていた。 1stミニアルバム「すとろべりーすたーと(すとすた)」の販売枚数は9万枚突破し、物販スペースでは会場限定ステッカー付きCDも販売されていた。 以下2日目のレポートをお届けする。 「すとろべりーめもりーvol. 7」【2日目】開催レポート 先ずは、オープニング動画が上映し、観客席から歓声が上がると、1stミニアルバム「すとすた」より『パレットダンス』が流れ、『すとぷり』のテーマカラーとなる苺色のジャケットの制服姿で6人が登場すると、会場のエネルギーはMAXに!苺のお城をイメージした豪華絢爛な舞台で華麗なダンスとハーモニーを奏でる6人!そのまま、2曲目『ロメオ』を歌い終えると、次はソロパート。 トップバッターはさとみ『アイのシナリオ』から、ジェル『Sコート』と続く。 黒の衣装をまとったジェルがクールで情熱的なダンスを決める。 ソロ曲3曲目は、るぅとが作詞・作曲を手がけた『この想いを歌に』。 透き通る声でじっくり曲を聴かせた後は、ななもり。 による『ヒバナ』でステージを真っ赤に染める。 その後は、ライトグレーのパーカ姿で走って登場したのはころん。 舞台袖を何度も往復し、『ロケットサイダー』を歌いながら、会場を一つにする。 ソロパートのトリをつとめたのは莉犬!平成の代表曲の一つMONGOL800の『小さな恋の歌』を可愛く、パワフルに歌い上げる。 走る度に犬耳が揺れ、会場から可愛い!の声が聞こえる。 ここで再び動画が流れ、るぅと&莉犬が登場。 デュエット曲『すとろべりーごーらんどっ』を歌う。 るぅと、莉犬のファンにはたまらないキャッチーな1曲。 次に、さとみ、ころんの登場ではコントのような2人の掛け合いで大爆笑する会場。 そして、ななもり。 、ジェルの2人が動画で登場すると、ラストのコラボ曲『非リアドリーム妄想中!』で一気に盛り上げる。 ソロ、デュエット、と続いた後に、ころん、莉犬、るぅとの3人が動画で登場し、トリオで『おじゃま虫』を歌う。 「好きって言って」の歌詞では、見事なコールアンドレスポンスを決める。 可愛い3人の曲が終わると、今度は、ななもり。 、さとみ、ジェルが登場し、『イノコリ先生』を大人っぽく歌い上げる。 そして、1stミニアルバム「すとすた」より初パフォームという『AquaKiss』の演奏がスタートすると、再び歓声が上がる。 ステージにはおそろいの王子の衣装で登場し、絶妙なハーモニーと息の合ったラインダンスを披露する。 そのまま『Endless Flight』へ続くと、6人は爽やかにステージを駆け巡り、会場に段々とフィナーレが近づいてくる。 ここで、「思い出を残したい!」とななもり。 の一声で写真撮影!更に、メンバー1人ずつバックバンドのメンバーを紹介し、最後は、『はりーはりーらぶ』!突如会場に現れた巨大なゴムボールで盛り上がる。 その後、6人が姿を消すと、直ぐに会場全体でアンコールの呼びかけが始まる。 しばらくしてアンコールがいつの間にか「すとぷり」コールに変わると、再び、制服姿で登場した6人。 ここでメンバー1人ずつ、ライブのこと、『すとぷり』のこと、日々の活動のこと、思いの丈を打ち明ける。 そして、アンコール1曲目は『Flowering palettes』。 しっとりとした雰囲気の中、落ち着いた雰囲気で歌う6人。 アンコール2曲目は『大好きになればいいんじゃない』で一つになる会場とステージ。 観客席から、有難う!の大歓声と鳴り止まない拍手の中、「すとろべりーめもりーvol. 7」は閉幕した。 メンバーのコメント ジェル みんな今日は楽しかった?素敵な思い出ができた?だったら嬉しい。 俺はすとぷりとして活動してきて、1人で苦しんでいる人を救っていきたい、そんな人の支えになりたい、とずっと思ってました。 こうしてみんながいて、こんな活動ができて幸せです。 ついてきてくれてありがとう。 みんなは俺たちの宝物です。 莉犬 今日は足を運んでくれて、ありがとう。 こんなにたくさんの人が好きを伝えてくれてとても幸せです。 みんなが喜んでくれるから、頑張っていけるし、前に向かって走っていけます。 そしてすとぷりは、リスナーさんを一番大事に思えるユニットだと思っています。 すとぷりはみんなに胸を張れないような活動はしません。 これからも君の推しでいる限り、ずっとずっと君の誇りでいます。 だからこれからも応援してください。 ころん こんな素晴らしい景色が見れて本当に本当に嬉しいです。 ありがとうございます。 もう感謝しても感謝しても言葉にならないくらい、どう伝えたらいいのかわからないくらいみんなに感謝しています。 こんなに大きく成長して、僕たちのことを支えてくれる人がこんなにもいっぱいいて、メンバーみんなで本当にやってて良かったなと、幸せだなと僕は思いました。 これからもっともっと凄いことが起こります!付いてきてください! るぅと まず来てくれてありがとうございました。 本当にありがとうございます。 ステキな笑顔を見せてくれて本当にありがとう。 今こんな風に活動できているのは、今応援してくれているみんながいるおかげです。 僕らだけじゃラジオ放送も普段の放送もライブもできなくて。 今日まで本当に支えてくれてありがとうございます。 今日がみんなにとっての宝物になってたらすごく嬉しいです。 これから先絶対に止まることはありません。 メンバー全員すごく強いんです。 応援してて本当によかったなって、後悔させないから。 これからも付いてきてください!大好きです! さとみ 今日は本当にありがとうございました。 こんなにたくさんの人の前で何かをできる機会をもらえるなんて思ってなかったし、こうして、たくさんの人が応援してくれて、会いにきてくれて本当にありがとう。 どれだけ頑張っても1人で叶えられないことってたくさんあるけど、今は頑張ろって言ったら頑張ろうって応えてく れるメンバーが横にいて、このメンバーに会えて心の底から嬉しいです。 色んなことをやってる人たちが集まったユニットだから、色んなことをやってるけど同じ目標に向かって頑張れるってすごいことだと思うんだ。 誰推しとか関係ないよ、本当に好きだって気持ちを届けてくれて本当にありがとう。 ななもり。 たのしんでくれたかな?ありがとう。 俺ねライブの最後に、メンバーみんなの気持ちを聞いていると、あの時こうだったなとか色んなことを思い返すの。 結成したての頃は みんなのことよくわからないし、笑い合うことも衝突もあって一緒に走ってきて。 今すとぷりメンバーをこんなに大好きだ、ありがとうって思えるのは、多くの人が見てくれて、もっと喜ばせるために頑張ろう、もっと前へ前へって一緒にやってこれたからだと思う。 こんなこと誰もやらないってくらい頑張ろうって走り抜けてきたけど、1人1人君のため頑張ろうって思えるのは、ツイッターやDM、お手紙、1つ1つのメッセージが心に響いて、もっとみんなのためにって思えるから。 みんなで、すとぷりすなーとメンバー6人でみんなで走り抜けたい。 これからも幸せにするのでみんな付いてきてください。 よろしくお願いします! Photos 「すとろべりーめもりーvol. 7」 日 時:2019年4月30日 火・祝 16:00-18:30、2019年5月1日 水・祝 15:00-17:30 場 所:幕張メッセ 幕張イベントホール 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1 出 演:すとぷり さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ジェル、ななもり。 「すとぷり」とは? 『すとぷり』は、さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ななもり。 、ジェルの6人で活動する動画配信ユニットです。 YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトを中心に、歌やゲーム実況など様々なジャンルの動画を配信して人気を博しているメンバーが集い、『すとぷり』を結成。 2016 年6月4日より、楽曲投稿や生配信、ライブの開催をセルフプロデュースで実施し、現在はYouTubeで展開している公式チャンネル「すとぷりちゃんねる」のチャンネル登録者数が 29万人を超え、すとぷりの動画総再生数は7,500万回を超えています。 <YouTube公式チャンネル> <公式Twitter> 関連記事リンク(外部サイト).

次の

すとぷり アモーレ・ミオ 歌詞

すとぷり コール 歌詞

動画配信エンタメユニット『すとぷり』は、4月30日~5月1日の2日間、幕張メッセイベントホールにて初の単独でのライブイベント「すとろべりーめもりーvol. 今回単独イベントでは初となる「すとろべりーめもりーvol. 7」 幕張メッセ。 開場前からグッズを求めて列を並ぶ大勢のすとぷりすなーで溢れていた。 1stミニアルバム「すとろべりーすたーと(すとすた)」の販売枚数は9万枚突破し、物販スペースでは会場限定ステッカー付きCDも販売されていた。 以下2日目のレポートをお届けする。 「すとろべりーめもりーvol. 7」【2日目】開催レポート 先ずは、オープニング動画が上映し、観客席から歓声が上がると、1stミニアルバム「すとすた」より『パレットダンス』が流れ、『すとぷり』のテーマカラーとなる苺色のジャケットの制服姿で6人が登場すると、会場のエネルギーはMAXに!苺のお城をイメージした豪華絢爛な舞台で華麗なダンスとハーモニーを奏でる6人!そのまま、2曲目『ロメオ』を歌い終えると、次はソロパート。 トップバッターはさとみ『アイのシナリオ』から、ジェル『Sコート』と続く。 黒の衣装をまとったジェルがクールで情熱的なダンスを決める。 ソロ曲3曲目は、るぅとが作詞・作曲を手がけた『この想いを歌に』。 透き通る声でじっくり曲を聴かせた後は、ななもり。 による『ヒバナ』でステージを真っ赤に染める。 その後は、ライトグレーのパーカ姿で走って登場したのはころん。 舞台袖を何度も往復し、『ロケットサイダー』を歌いながら、会場を一つにする。 ソロパートのトリをつとめたのは莉犬!平成の代表曲の一つMONGOL800の『小さな恋の歌』を可愛く、パワフルに歌い上げる。 走る度に犬耳が揺れ、会場から可愛い!の声が聞こえる。 ここで再び動画が流れ、るぅと&莉犬が登場。 デュエット曲『すとろべりーごーらんどっ』を歌う。 るぅと、莉犬のファンにはたまらないキャッチーな1曲。 次に、さとみ、ころんの登場ではコントのような2人の掛け合いで大爆笑する会場。 そして、ななもり。 、ジェルの2人が動画で登場すると、ラストのコラボ曲『非リアドリーム妄想中!』で一気に盛り上げる。 ソロ、デュエット、と続いた後に、ころん、莉犬、るぅとの3人が動画で登場し、トリオで『おじゃま虫』を歌う。 「好きって言って」の歌詞では、見事なコールアンドレスポンスを決める。 可愛い3人の曲が終わると、今度は、ななもり。 、さとみ、ジェルが登場し、『イノコリ先生』を大人っぽく歌い上げる。 そして、1stミニアルバム「すとすた」より初パフォームという『AquaKiss』の演奏がスタートすると、再び歓声が上がる。 ステージにはおそろいの王子の衣装で登場し、絶妙なハーモニーと息の合ったラインダンスを披露する。 そのまま『Endless Flight』へ続くと、6人は爽やかにステージを駆け巡り、会場に段々とフィナーレが近づいてくる。 ここで、「思い出を残したい!」とななもり。 の一声で写真撮影!更に、メンバー1人ずつバックバンドのメンバーを紹介し、最後は、『はりーはりーらぶ』!突如会場に現れた巨大なゴムボールで盛り上がる。 その後、6人が姿を消すと、直ぐに会場全体でアンコールの呼びかけが始まる。 しばらくしてアンコールがいつの間にか「すとぷり」コールに変わると、再び、制服姿で登場した6人。 ここでメンバー1人ずつ、ライブのこと、『すとぷり』のこと、日々の活動のこと、思いの丈を打ち明ける。 そして、アンコール1曲目は『Flowering palettes』。 しっとりとした雰囲気の中、落ち着いた雰囲気で歌う6人。 アンコール2曲目は『大好きになればいいんじゃない』で一つになる会場とステージ。 観客席から、有難う!の大歓声と鳴り止まない拍手の中、「すとろべりーめもりーvol. 7」は閉幕した。 メンバーのコメント ジェル みんな今日は楽しかった?素敵な思い出ができた?だったら嬉しい。 俺はすとぷりとして活動してきて、1人で苦しんでいる人を救っていきたい、そんな人の支えになりたい、とずっと思ってました。 こうしてみんながいて、こんな活動ができて幸せです。 ついてきてくれてありがとう。 みんなは俺たちの宝物です。 莉犬 今日は足を運んでくれて、ありがとう。 こんなにたくさんの人が好きを伝えてくれてとても幸せです。 みんなが喜んでくれるから、頑張っていけるし、前に向かって走っていけます。 そしてすとぷりは、リスナーさんを一番大事に思えるユニットだと思っています。 すとぷりはみんなに胸を張れないような活動はしません。 これからも君の推しでいる限り、ずっとずっと君の誇りでいます。 だからこれからも応援してください。 ころん こんな素晴らしい景色が見れて本当に本当に嬉しいです。 ありがとうございます。 もう感謝しても感謝しても言葉にならないくらい、どう伝えたらいいのかわからないくらいみんなに感謝しています。 こんなに大きく成長して、僕たちのことを支えてくれる人がこんなにもいっぱいいて、メンバーみんなで本当にやってて良かったなと、幸せだなと僕は思いました。 これからもっともっと凄いことが起こります!付いてきてください! るぅと まず来てくれてありがとうございました。 本当にありがとうございます。 ステキな笑顔を見せてくれて本当にありがとう。 今こんな風に活動できているのは、今応援してくれているみんながいるおかげです。 僕らだけじゃラジオ放送も普段の放送もライブもできなくて。 今日まで本当に支えてくれてありがとうございます。 今日がみんなにとっての宝物になってたらすごく嬉しいです。 これから先絶対に止まることはありません。 メンバー全員すごく強いんです。 応援してて本当によかったなって、後悔させないから。 これからも付いてきてください!大好きです! さとみ 今日は本当にありがとうございました。 こんなにたくさんの人の前で何かをできる機会をもらえるなんて思ってなかったし、こうして、たくさんの人が応援してくれて、会いにきてくれて本当にありがとう。 どれだけ頑張っても1人で叶えられないことってたくさんあるけど、今は頑張ろって言ったら頑張ろうって応えてく れるメンバーが横にいて、このメンバーに会えて心の底から嬉しいです。 色んなことをやってる人たちが集まったユニットだから、色んなことをやってるけど同じ目標に向かって頑張れるってすごいことだと思うんだ。 誰推しとか関係ないよ、本当に好きだって気持ちを届けてくれて本当にありがとう。 ななもり。 たのしんでくれたかな?ありがとう。 俺ねライブの最後に、メンバーみんなの気持ちを聞いていると、あの時こうだったなとか色んなことを思い返すの。 結成したての頃は みんなのことよくわからないし、笑い合うことも衝突もあって一緒に走ってきて。 今すとぷりメンバーをこんなに大好きだ、ありがとうって思えるのは、多くの人が見てくれて、もっと喜ばせるために頑張ろう、もっと前へ前へって一緒にやってこれたからだと思う。 こんなこと誰もやらないってくらい頑張ろうって走り抜けてきたけど、1人1人君のため頑張ろうって思えるのは、ツイッターやDM、お手紙、1つ1つのメッセージが心に響いて、もっとみんなのためにって思えるから。 みんなで、すとぷりすなーとメンバー6人でみんなで走り抜けたい。 これからも幸せにするのでみんな付いてきてください。 よろしくお願いします! Photos 「すとろべりーめもりーvol. 7」 日 時:2019年4月30日 火・祝 16:00-18:30、2019年5月1日 水・祝 15:00-17:30 場 所:幕張メッセ 幕張イベントホール 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1 出 演:すとぷり さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ジェル、ななもり。 「すとぷり」とは? 『すとぷり』は、さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ななもり。 、ジェルの6人で活動する動画配信ユニットです。 YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトを中心に、歌やゲーム実況など様々なジャンルの動画を配信して人気を博しているメンバーが集い、『すとぷり』を結成。 2016 年6月4日より、楽曲投稿や生配信、ライブの開催をセルフプロデュースで実施し、現在はYouTubeで展開している公式チャンネル「すとぷりちゃんねる」のチャンネル登録者数が 29万人を超え、すとぷりの動画総再生数は7,500万回を超えています。 <YouTube公式チャンネル> <公式Twitter> 関連記事リンク(外部サイト).

次の