コニカ ミノルタ ゴルフ。 日本女子プロゴルフ選手権大会

JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部

コニカ ミノルタ ゴルフ

日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯 トーナメント情報 創設 開催地 (2019年) 開催コース チェリーヒルズゴルフクラブ(2019年) 基準打数 Par72(2019年) ヤーデージ 6,425ヤード 5,875 m (2019年) 主催 (一社) ツアー 日本女子プロゴルフ協会(公式戦) 競技方法 ストロークプレー 賞金総額 2億円(2019年) 開催月 最高記録 最少打数 270 (2019年) 通算スコア -18 畑岡奈紗(2019年) 最新優勝者 畑岡奈紗(2019年) 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(にほんじょしプロゴルフせんしゅけんたいかいコニカミノルタはい)は、主催・の特別協賛(〜までは)によるの女子の1つ。 の第1回以来から現在でも続いている伝統あるゴルフトーナメントである(までは日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯という名称だった)。 優勝者にはLPGA優勝杯とコニカミノルタ杯、、業務用複写機とが副賞として贈られる。 これまでに同協会会長も務めたが、第1回からの7連覇を含む最多の9回優勝しており、続いてが4回、が3回優勝している。 男子のやと同様、毎年開催都道府県・ゴルフコースを変更して行う「サーキット方式」を採用している。 2019年現在、賞金総額2億円、優勝賞金3600万円 であり、日本の女子ゴルフトーナメントとしては最高額の大会でもある。 出場資格 [ ] 出場選手は最大132名に設定している。 歴代優勝者• 、、の過去3年の歴代優勝者• 前年度賞金ランク50名(ツアー規定14条1項基づく)• 当該年度LPGAツアー優勝者• 開催コース所属者• リランキングリスト上位者• 当大会の最終予選会の通過者• 大会の模様は、本大会の後援団体でもあるの制作により、1975年より 放送されている。 地上波中継は、大会2日目を朝日放送テレビと開催地の地元系列局の2局で(近畿圏・関東圏・地元系列局がない地域での開催の場合は朝日放送テレビローカルのみ)、3日目・最終日をフルネット24局にて録画放送。 また、のでは、「」にて4日間全て放送する。 2017年は大会公式サイトでもライブ配信されたが、最終日はスタート時間が大幅遅延され、テレビ中継も時間内に収めず、急遽競技終了までライブ配信された。 2015年までは、ので、3日目・最終日をしていた。 朝日放送テレビ社内には、少なくとも1977年以降の中継映像が現存しており、中継内や関連番組、朝日放送テレビの番組公式サイトなどで、こうした映像が随時公開されている。 中継番組内では、コニカミノルタの特別CMが毎年放送されており、こちらには前年度の優勝者が出演している。 3日目・最終日中継の直前に放送されている同じく朝日放送テレビ制作である『』では、オープニングのゲストクイズ(2012年4月 - 2018年秋)にて出場選手がクイズを出題していた。 2014年はが出演したが、放送前日に同年の大会を途中棄権した ため、中継の宣伝クレジットが表示された際にはイの棄権についても触れられた。 ルーキーキャンプ [ ] この大会では、その年の女子プロゴルフテストとテスト(いわゆるレッスンプロ)A級資格に合格した新人選手が、大会の運営ボランティアとして参加する実地研修「ルーキーキャンプ」を行っている。 この研修では、開催地の地元自治体の市民や行政のスタッフとともに、大会運営業務(ギャラリー誘導やスコアボード表示、各種ファンサービスのアシスタント他)に携わることによって、プロゴルフの大会が多くの人々の地道な作業・支援によって支えられているかを学び取ると共に、ゴルファーとして、また社会人としての自覚を養うことを念頭にから毎年行っている。 ただし、女子プロゴルフテストで上位合格をした選手については本大会に選手として出場する権利があるため、この場合はルーキーキャンプには参加しない。 事件簿 [ ]• 2007年大会の第3日目(9月8日)、通算7アンダー、単独3位でホールアウトしたがスコアカードの記載不備(マーカーがサインをし忘れ、大場も確認を怠りそのまま提出してしまった)により失格。 翌9日の最終日に出場できなくなってしまった。 参考 [ ]• 日本女子プロゴルフ協会 脚注 [ ]• Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年9月16日. 2019年9月16日閲覧。 最終日が悪天候のため中止、3日間54ホール競技に短縮。 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年9月13日閲覧• - 日刊スポーツ、2016年9月11日閲覧• - 日刊スポーツ、2017年9月10日閲覧• 日刊スポーツ、2017年6月27日閲覧• 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月26日閲覧。 2012年大会の公式パンフレットに、「私ども朝日放送が、本大会の放送を担当させていただいて、今年で38年目になります。 通常のゴルフ中継の録画放送は放送時間に合わせて、JLPGAの公式HPのスコア速報がストップされるが、当競技はLPGA主催なので録画放送でもスコア速報はストップされない。 2018年は前枠番組『』の拡大放送により番組自体が休止。 病気療養中だった父親の容体急変の報を受け緊急帰国。 外部リンク [ ]•

次の

役員一覧

コニカ ミノルタ ゴルフ

日程・チケット photo by 競技日程・コース 第52回 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯は2019年9月12日(木)~9月15日(日)に開催されます。 開催地は兵庫県三木市、コースはです。 6,425Yards・Par72です。 賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円です。 ローチケ・セブンチケットなどで販売中です。 近年の歴代優勝選手 2016 1. -5 70 72 68 69 279 李 知姫 2. -3 70 71 71 69 281 イ ミニョン 3. -2 71 67 72 72 282 東 浩子 2018 1. -16 67 66 71 68 272 申 ジエ 2T. -7 71 69 71 70 281 アン ソンジュ 2T. -7 71 68 68 74 281 ジョン ジェウン 全てのアスリートへ! や で血行を促進・疲労対策! で心拍数を測定! 通勤・帰宅ランのは軽くしたい! 運動の後にはが美味い! 出場選手ペアリング 4ラウンド 発表され次第更新します。 1組 07:20 山本 景子 蛭田 みな美 2組 07:30 小橋 絵利子 笠 りつ子 3組 07:40 臼井 麗香 大出 瑞月 ペ ソンウ 4組 07:50 森田 遥 松田 鈴英 柏原 明日架 5組 08:00 福田 真未 大山 志保 上原 彩子 6組 08:10 安田 彩乃 小野 祐夢 鈴木 愛 7組 08:20 稲見 萌寧 大里 桃子 木村 彩子 8組 08:30 西山 ゆかり 渋野 日向子 葭葉 ルミ 9組 08:40 山路 晶 フェービー・ヤオ 岡山 絵里 10組 08:50 永峰 咲希 イ ソルラ エイミー・コガ 11組 09:00 淺井 咲希 廣田 真優 濱田 茉優 12組 09:10 宮里 美香 上田 桃子 ペ ヒギョン 13組 09:20 イ ボミ 有村 智恵 東 浩子 14組 09:30 権藤 可恋 小祝 さくら 辻 梨恵 15組 09:40 キム ハヌル アン ソンジュ イ ミニョン 16組 09:50 穴井 詩 高橋 彩華 朴 仁妃 17組 10:00 原 江里菜 佐伯 三貴 全 美貞 18組 10:10 大城 さつき 青木 瀬令奈 酒井 美紀 19組 10:20 河本 結 篠原 まりあ 大西 葵 20組 10:30 三ヶ島 かな 金澤 志奈 田中 瑞希 21組 10:40 フォン シャンシャン 吉本 ひかる 畑岡 奈紗 スポンサーリンク 結果速報 日本女子プロ選手権 渋野日向子のホールバイホール 渋野日向子選手の4Rは8組(8:30)の1Hスタートです。 お疲れさまでした。 首位は畑岡奈紗選手が1イーグル・5バーディ・2ボギーの67、通算18アンダーで最年少国内メジャー3勝目、日米通算7勝目となりました。 おめでとうございます! SCORE 1R 2R 3R 4R TOTAL 1. -18 69 67 67 67 270 畑岡 奈紗 2T. -10 72 73 64 69 278 大西 葵 2T. -10 72 71 63 72 278 フォン シャンシャン 4T. -8 69 74 69 68 280 アン ソンジュ 4T. -8 71 71 68 70 280 青木 瀬令奈 4T. -8 73 67 69 71 280 河本 結 4T. -8 76 65 68 71 280 篠原 まりあ 4T. -8 70 67 70 73 280 三ヶ島 かな 9. -7 68 72 71 70 281 朴 仁妃 10. -6 71 70 70 71 282 原 江里菜 11T. -5 71 71 71 70 283 イ ボミ 11T. -5 72 70 70 71 283 キム ハヌル 11T. -5 68 71 72 72 283 高橋 彩華 11T. -5 72 71 68 72 283 佐伯 三貴 11T. -5 69 72 69 73 283 全 美貞 11T. -5 71 71 68 73 283 大城 さつき 11T. -5 70 72 68 73 283 酒井 美紀 11T. -5 72 67 68 76 283 金澤 志奈 19T. -4 74 70 69 71 284 有村 智恵 19T. -4 71 73 69 71 284 東 浩子 19T. -4 71 73 69 71 284 権藤 可恋 19T. -4 69 75 68 72 284 イ ミニョン 23T. -3 71 72 71 71 285 廣田 真優 23T. -3 74 72 68 71 285 濱田 茉優 23T. -3 71 70 72 72 285 上田 桃子 23T. -3 71 74 68 72 285 小祝 さくら 23T. -3 70 69 72 74 285 穴井 詩 23T. -3 70 69 68 78 285 田中 瑞希 23T. -3 72 66 67 80 285 吉本 ひかる 30T. -2 74 72 72 68 286 稲見 萌寧 30T. -2 69 74 72 71 286 エイミー・コガ 30T. -2 70 72 71 73 286 ペ ヒギョン 33T. -1 70 75 72 70 287 渋野 日向子 33T. -1 71 75 67 74 287 辻 梨恵 35T. 0 74 72 73 69 288 ペ ソンウ 35T. 0 75 69 73 71 288 西山 ゆかり 35T. 0 70 75 71 72 288 フェービー・ヤオ 38T. ランクン 62T. ホール全体をギャラリーが埋め尽くしとるから移動するだけでも困難な状況やな。

次の

【2019】日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

コニカ ミノルタ ゴルフ

4902 1949年6月10日 - 2013年7月15日 本社所在地 〒100-0005 二丁目7番2号 () 設立 (11年) () 事業内容 複合機 MFP 、プリンター、印刷用機器、ヘルスケア用機器、産業用・医用計測機器、産業用インクジェットヘッド、テキスタイルプリンターなどの開発・製造・販売、並びにそれらの関連消耗品、ソリューション・サービスなど 電子材料(TACフィルムなど)、照明光源パネル、機能性フィルム(遮熱フィルムなど)、光学デバイス(レンズユニットなど)の開発・製造・販売など 代表者 (兼兼) 資本金 375億19百万円 売上高 連結:1兆591億20百万円 単独:4,526億80百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:624億44百万円 単独:57億45百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:601億38百万円 単独:79億76百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:417億5百万円 単独:76億95百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:5,659億83百万円 単独:3,350億1百万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:1兆2,189億86百万円 単独:7,666億79百万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:44,360名 単独:5,207名 (2019年3月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 (信託口) 9. (平成15年)にコニカミノルタホールディングス株式会社となったのち、(平成25年)に事業子会社を合併し、商号変更。 コニカミノルタ株式会社( KONICA MINOLTA, INC. )は、日本のメーカーである。 2003年8月に関連商品、及びなどのオフィス製品などを製造していた(東京)と(大阪)の経営統合により発足した コニカミノルタホールディングス株式会社を前身とするが、2013年4月に事業子会社7社を吸収合併して事業会社に移行し、現在の商号に変更された。 概要 [ ] 企業ロゴマークは「グローブマーク」といい、がデザインした旧ミノルタ時代のロゴマークを継続して用いている。 地球をイメージしたデザインに「」「」「」「」「」の画像情報の分野における技術力の総結集をイメージした5本のラインと、楕円形はユーザーに対する信頼と安心を提供し、また技術力の結集と調和を表すシンボルとしている。 またシンボルカラーは独創的な発想を促す「イノベーションブルー」である。 コミュニケーションメッセージ()は「Giving Shape to Ideas(ギヴィング・シェイプ・トゥ・アイディアズ)」で、顧客と共に新しい価値の創造を目指す企業姿勢を表現している。 なお、経営統合時から2011年9月まで使われていたコミュニケーションメッセージは「The essentials of imaging(ジ・エッセンシャルズ・オブ・イメージング)」で、これも旧ミノルタのコミュニケーションメッセージを継承したものであった。 かつては子会社のコニカミノルタフォトイメージングを通じて、や、フィルムなど写真関連用品も扱っていたが、2006年3月限りで撤退した。 カメラは、旧コニカ、旧ミノルタの歴史を引き継いでいたが、に引き継がれた。 の会員企業でありに属している。 事業拠点 [ ] 本社・支社 [ ]• 本社:丸の内二丁目7番2号• 関西支社:西本町二丁目3番10号 西本町インテスには、事業会社や販売会社など多数のコニカミノルタグループ関連企業も入居している。 事業所 [ ] コニカミノルタでは、事業所のことをサイトという名称で統一している。 コニカミノルタ東京サイト八王子(石川町2970) -• コニカミノルタ東京サイト日野(東京都さくら町1) - 本事業所のみの町名であり、かつての商標「」に由来。 コニカミノルタ甲府サイト(極楽寺砂田1221)• コニカミノルタ三河サイト(八幡町東赤土2)• コニカミノルタ瑞穂サイト(愛知県豊川市穂ノ原3-22-1)• コニカミノルタ豊川サイト(愛知県豊川市金屋西町1-8)• コニカミノルタ高槻サイト(桜町1-2)• コニカミノルタ堺サイト(大阪府大仙西町3-91)• コニカミノルタ大阪狭山サイト(大阪府今熊6-300)• コニカミノルタ伊丹サイト(高台4-18)• コニカミノルタ神戸サイト(兵庫県高塚台1-5-3) -• コニカミノルタ神戸第2サイト(兵庫県神戸市西区高塚台7-3-1)• コニカミノルタ西神サイト(兵庫県神戸市西区高塚台4-4-1) 沿革 [ ] 持株会社化以前の沿革については、「」および「」を参照• - コニカ株式会社を持株会社へ組織変更。 会社分割により事業子会社4社・共通機能会社2社(コニカビジネステクノロジーズ株式会社、コニカオプト株式会社、コニカフォトイメージング株式会社、コニカメディカルアンドグラフィック株式会社、コニカテクノロジーセンター株式会社、コニカビジネスエキスパート株式会社)を設立。 ミノルタも事業準備子会社としてミノルタカメラ株式会社 とミノルタセンシング株式会社を設立。 - コニカ株式会社が株式交換によりミノルタ株式会社を完全子会社化。 コニカ株式会社を コニカミノルタホールディングス株式会社へ社名変更。 ミノルタは大阪に本社があったが、合併後は本社機能はコニカ本社のある東京に統一。 旧ミノルタ本社はコニカミノルタの関西支社となる。 - ミノルタ株式会社を事業ごとに当社の事業子会社に分割後、ミノルタ株式会社を当社へ吸収合併。 事業再編を受けなかったコニカメディカルアンドグラフィック株式会社をコニカミノルタエムジー株式会社に変更するとと同時に、他の当社傘下の事業子会社8社も「コニカミノルタ」を冠した社名に商号変更したことで、一連のグループ再編を完了。 4月1日 - 当社子会社のコニカミノルタフォトイメージング株式会社がコニカミノルタカメラ株式会社を吸収合併。 - 当社子会社のコニカミノルタテクノロジーセンター株式会社の産業向け用プリントヘッド・テキスタイルプリンタ事業を分社化し、新たな事業会社となるコニカミノルタIJ株式会社を設立。 - 前身のコニカ、ミノルタ時代から展開し、子会社のコニカミノルタフォトイメージング株式会社を通じて事業を行っていたカメラ事業・フォト事業を同日付で撤退。 翌4月1日から事業譲渡やアフターサービスの委託を実施。 デジタル関連事業は7月から共同開発を進めていた株式会社へ譲渡され、併せて、これまでのカメラ製品や関連製品のアフターサービス業務も同社へ委託。 ミニラボ及び関連機器のサービスメンテナンス業務をへ委託。 35mmフィルムのサービスプリント事業を除くラボ事業とグループ会社直営の子供写真スタジオ事業を「」で展開する株式会社キタムラの子会社である株式会社ラボネットワークへ事業譲渡。 事業と写真関連製品の国内販売事業を株式会社へ事業譲渡。 カメラフィルム事業に関しては2007年3月まで品種を縮小し販売を継続• 10月1日 - 小田原サイト(印画紙製造事業)を大日本印刷株式会社に売却。 3月31日 - 写真フィルム事業を大日本印刷株式会社子会社の株式会社DNPフォトマーケティング(現・株式会社)に譲渡。 - から、約20数億円のを指摘されていたことが明らかになる。 - カメラ製品のアフターサービス委託先をソニー株式会社から株式会社ケンコー(現・株式会社)に変更(3月1日より同社へカメラ製品のアフターサービスを継承)。 3月31日 - 当社事業子会社のコニカミノルタフォトイメージング株式会社を解散。 4月1日 - 有機EL照明などの新機能材料の事業化推進部門「LA事業推進室」を簡易吸収分割により子会社のコニカミノルタオプト株式会社へ承継。 さらに、同社の光学事業を分割し、コニカミノルタセンシング株式会社へ承継。 併せて、事業内容をより明確にするため、コニカミノルタオプト株式会社はコニカミノルタアドバンストレイヤー株式会社に、コニカミノルタセンシング株式会社はコニカミノルタオプティクス株式会社にそれぞれ商号変更。 - 英国のサービス大手のCharterhouse PM Limitedを買収。 - グループ経営体制再編に伴って、事業子会社7社(コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社、コニカミノルタアドバンストレイヤー株式会社、コニカミノルタオプティクス株式会社、コニカミノルタエムジー株式会社、コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社、コニカミノルタビジネスエキスパート株式会社、コニカミノルタIJ株式会社)を吸収合併して事業会社化。 併せて、 コニカミノルタ株式会社に社名変更。 - 障がい者の自立支援を目的に、デジタル印刷及び付帯事業の外販や各種業務の請負を行う子会社として、コニカミノルタウイズユー株式会社を設立 (同年12月2日にの認定を取得)。 - パナソニック ヘルスケア株式会社(現・株式会社)より事業(パナソニックブランドを除く)を譲受。 - オーストラリアのプリントマネジメントサービス大手のErgo Asia Pty Limitedを買収。 - 日本でプリントマネジメントサービスを提供するERGOMPM株式会社を設立。 これにより、欧州から米国、日本、APACでグローバルにサービスを提供することが可能となった。 - 情報機器事業の国内大手アカウント販売部門及び産業用材料・機器事業の計測機器国内販売部門を、日本国内でのヘルスケア事業の販売を行う子会社のコニカミノルタヘルスケア株式会社へにより承継。 同時に、コニカミノルタヘルスケア株式会社が日本国内での情報機器事業の販売を行う子会社のコニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社を吸収合併し、コニカミノルタジャパン株式会社に商号変更。 6月1日 - 株式会社との合弁で有機EL照明事業を担うコニカミノルタ パイオニア OLED株式会社を設立。 9月25日 - アメリカで創薬支援を行うインヴィクロ社を買収• 10月19日 - 株式会社 との共同投資により、アメリカで検査事業を行うアンブリー・ジェネティクス社を買収。 7月1日 - 子会社のコニカミノルタジャパン株式会社が同じく子会社のコニカミノルタメディカルソリューションズ株式会社を吸収合併。 7月23日 - 日本国内での個別化医療(プレシジョン・メディシン)に向けたソリューションサービス事業を担う新会社として、コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン株式会社を設立(同年10月1日より業務を開始)。 4月1日 - 子会社のコニカミノルタメカトロニクス株式会社が同じく子会社のコニカミノルタオプトデバイス株式会社とコニカミノルタオプトプロダクトを吸収合併し、生産子会社を統合。 4月16日 - コニカミノルタ パイオニア OLED株式会社がパイオニア株式会社との合弁解消による体制変更に伴ってコニカミノルタOLED株式会社に商号変更。 国内グループ会社 [ ]• コニカミノルタジャパン株式会社• 元々は「フェデックス キンコーズ」の日本法人だったが、2012年6月に買収による株式譲渡を受けて子会社化し、商号変更。 コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社• コニカミノルタウイズユー株式会社(特例子会社)• コニカミノルタエンジニアリング株式会社• コニカミノルタケミカル株式会社• 株式会社コニカミノルタサプライズ• コニカミノルタ静岡株式会社• コニカミノルタ情報システム株式会社• コニカミノルタソフトウェア研究所株式会社• コニカミノルタテクノプロダクト株式会社• コニカミノルタビジネスアソシエイツ株式会社• 株式会社 機器およびコンテンツなどの開発・製造・販売、プラネタリウム建設並びに運営サービス(「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」・「コニカミノルタプラネタリウム"満天" in 」・「コニカミノルタプラネタリウム"天空" in 」の経営)• コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン株式会社• コニカミノルタマーケティングサービス株式会社• コニカミノルタメカトロニクス株式会社• コニカミノルタOLED株式会社 陸上競技部 [ ] コニカミノルタ陸上競技部 正式名称 コニカミノルタ陸上競技部 愛称 コニカミノルタ、コニミノ 競技種目 創設 1970年 本拠地 ウェブサイト コニカミノルタ部は、1970年に小西六(コニカ)の陸上競技部として発足、近年では、、、、など有力長距離ランナーを数多く揃える強豪チームとなっている。 (ニューイヤー駅伝)では2001年 - 2003年(3連覇)、2005年・2006年(連覇)、2008年、2013年・2014年(連覇)と歴代2位の8回の優勝を誇り、ニューイヤー駅伝の中継などで「 21世紀の駅伝王者」と称されている。 なおコニカミノルタホールディングス時代から「コニカミノルタ」名での登録となっている。 かつては(男子マラソン銅メダル、男子マラソン銀メダル)が所属していたことでも知られている。 のふれあい活動として、2006年度よりを始動。 "走る"ことを通じて、多くの人たちに走る楽しさ、夢、感動を提供することをめざしている。 コニカミノルタグループ各社の福利厚生を始めとする総務部門を担うビジネスエキスパート部門(旧コニカミノルタビジネスエキスパート)の所管であり、同社の本社があるに拠点を置いている。 練習会場は秋留台陸上競技場()、上柚木競技場(八王子市)、、等で行っている。 また、毎年11月下旬に開催される長距離種目の記録会「」の運営協力を行っている。 現在の主な所属選手・スタッフ [ ]• 総監督• キャプテン• 過去の主な所属選手 [ ]• 全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)成績 [ ] 2001年以降のみ掲載。 走者 は区間賞。 年 総合順位 1区走者 2区走者 3区走者 4区走者 5区走者 6区走者 7区走者 優勝 優勝 磯松大輔 松宮隆行 迎忠一 坪田智夫 松宮祐行 酒井俊幸 優勝 磯松大輔 松宮隆行 ザカヨ・ガソ 小澤希久夫 坪田智夫 松宮祐行 酒井俊幸 準優勝 坪田智夫 松宮隆行 松宮祐行 磯松大輔 優勝 太田崇 松宮隆行 サムエル・ムツリ 磯松大輔 松宮祐行 小澤希久夫 前田和之 優勝 太田崇 松宮隆行 坪田智夫 サムエル・ムツリ 松宮祐行 磯松大輔 4位 松宮隆行 太田崇 松宮祐行 磯松大輔 坪田智夫 米田尚人 前田和之 優勝 太田崇 松宮隆行 坪田智夫 4位 松宮隆行 太田崇 山田紘之 坪田智夫 前田和之 準優勝 松宮祐行 ジョセフ・ムワニキ 太田崇 黒崎拓克 山田紘之 松宮隆行 坪田智夫 9位 松宮隆行 米田尚人 太田崇 準優勝 ポール・クイラ 宇賀地強 松宮隆行 山田紘之 松宮祐行 下重正樹 優勝 ポール・クイラ 宇賀地強 新田良太郎 松宮隆行 優勝 松宮隆行 ポール・クイラ 谷川智浩 宇賀地強 野口拓也 新田良太郎 菊地賢人 準優勝 野口拓也 ポール・クイラ 菊地賢人 宇賀地強 松宮隆行 山本浩之 準優勝 ポール・クイラ 菊地賢人 宇賀地強 山本浩之 設楽啓太 野口拓也 5位 設楽啓太 菊地賢人 山本浩之 宇賀地強 野口拓也 7位 宇賀地強 サムエル・ムワンギ 野口拓也 谷川智浩 山本浩之 神野大地• 四半期報告書(第115期第2四半期)• ミノルタの1994年までの社名も「ミノルタカメラ」であった。 プレスリリース , コニカミノルタホールディングス株式会社, 2012年1月31日 , 2013年4月21日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタホールディングス株式会社, 2012年2月21日 , 2013年4月21日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ株式会社, 2013年10月1日 , 2014年9月18日閲覧。 プレスリリース , パナソニック ヘルスケア株式会社, 2013年7月26日 , 2019年9月14日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ株式会社, 2016年2月2日 , 2016年9月9日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ、パイオニア(2社連名), 2017年6月1日 , 2019年9月14日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ株式会社, 2018年9月25日 , 2019年9月14日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ、産業革新機構(2社連名), 2018年10月19日 , 2019年9月14日閲覧。 PDF プレスリリース , コニカミノルタジャパン、コニカミノルタメディカルソリューションズ(2社連名), 2018年4月25日 , 2019年9月14日閲覧。 プレスリリース , コニカミノルタ株式会社, 2018年9月26日 , 2019年9月14日閲覧。 日本経済新聞 2019年4月24日. 2019年5月3日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ・ コニカミノルタ杯• - ソニーに継承された一眼レフカメラブランド• (サッカー)• (のが在籍し、ユニホームスポンサーも務めていた) 外部リンク [ ]• ウィキニュースに関連記事があります。

次の