年末年始 メール。 年末年始挨拶メール》新年の挨拶/書き方文例/例文/英語/携帯絵文字/ビジネス

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

年末年始 メール

取引先の業者に一斉BCCメールで 年末年始の休暇スケジュールを教えてもらおうと思っています。 エクセルの添付ファイルに表を添付し、そこに記入して返信して もらおうと思っているのですが、どういう文章にすれば正しいのか わかりません。 ネットで調べてもみあたらなかったです。 下のような文章でいいのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。 件名 年末年始の休暇スケジュールについて 取引先 ご担当者様各位 貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、表題の件につきまして添付ファイルに記入の上 ご返信いただきたくお願いします。 ご多忙の折大変恐縮ですが宜しくお願い致します。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー 「お~になる」の尊敬語と混同されやすいですが、「お~する」は謙譲語です。 ここでポイントになるのは、この表現は「話す相手」ではなく「~する相手」に対して敬意を表している、という点かと思います。 Aに対しては「ます。 」という丁寧語でしか敬意が表されていません。 しかしこの場面では、AにとってCはBの身内であるため、CがBに敬意を表することはマナー違反になります。 CがBの上司でも同じです。 ですからここで「お伝えします」とBが言うのは間違いです。 対して「申し伝えます」とは、伝える人間 B と伝えられる人間 C の双方をAより下においた表現です。 身内同士で使えるのはこちらです。 ですから、この場合は「申し伝えます」が適切であると考えられます。 A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

次の

ビジネス文章・・・年末年始の休暇スケジュールについて

年末年始 メール

年末の挨拶は直接するのかメールでするのか お客様や取引先への挨拶は訪問かメール お客様への年末の挨拶は、相手先を訪問して直接ご挨拶をするのが正式な方法です。 しかし、すべてのお客様に直接合う事は現実的に難しい場合もあります。 年末はどこも多忙な時期です。 訪問はかえって迷惑になることもあるため、諸々の事情を考慮したうえで訪問するかどうかを決めましょう。 訪問できないお客様や取引先には、挨拶文を郵送、またメールで挨拶文を送るのが一般的です。 社内の上司への挨拶方法は環境により変わる 社内の上司への年末の挨拶は、上司との距離感や会社の風習によります。 席が近く毎日顔を合わせている場合は、対面で直接挨拶をする事が自然です。 普段あまり接点がない上司には、メールを送る、または社内のコミュニケーションツールなどで挨拶を送ってもよいでしょう。 どんなツールで送るのか、どの関係性の上司にまで送るのかは、会社の規模や風習によって変わります。 例年どのようにしてるのかを先輩に教えてもらうと安心でしょう。 年末の挨拶の時期 訪問での挨拶は12月半ばから年末まで 訪問の日程は、12月中旬から最終営業日までの間が目安です。 営業職など普段からお客様に接している職種では、直接訪問をして挨拶することが多くなりますが、12月はどこの企業もなにかと慌ただしくなります。 年末最終日は勤務時間が変わったり、大掃除があったりする企業もあります。 相手先の営業日や都合を伺い、負担にならない日程で打診をとるようにしましょう。 訪問は短時間で切り上げるのもポイントです。 郵送やメールでの挨拶は最終営業日の1週間~3日前 挨拶文を郵送する場合は、最終営業日の1週間くらい前を目安にしましょう。 年末は郵便が込み合い、配達が遅れることも考えられるため、ギリギリに差し出すのはお勧めできません。 メールの場合は、最終営業日の3日前くらいを目安にします。 社内の上司への挨拶の時期 社内の上司へは、最終営業日に挨拶をするのが自然です。 しかし、帰り際に挨拶しようと思っていると上司が見当たらなかったり、メールを読んでもらえない可能性もあります。 「少し早いですが、ご挨拶をさせてください。 」などと、早めの時間帯に挨拶をすませてしまってもよいでしょう。 年末の挨拶の例文 対面で年末の挨拶をする際の例文.

次の

【見本あり】簡単に好印象を与える年末年始挨拶メールの書き方

年末年始 メール

年末の挨拶は直接するのかメールでするのか お客様や取引先への挨拶は訪問かメール お客様への年末の挨拶は、相手先を訪問して直接ご挨拶をするのが正式な方法です。 しかし、すべてのお客様に直接合う事は現実的に難しい場合もあります。 年末はどこも多忙な時期です。 訪問はかえって迷惑になることもあるため、諸々の事情を考慮したうえで訪問するかどうかを決めましょう。 訪問できないお客様や取引先には、挨拶文を郵送、またメールで挨拶文を送るのが一般的です。 社内の上司への挨拶方法は環境により変わる 社内の上司への年末の挨拶は、上司との距離感や会社の風習によります。 席が近く毎日顔を合わせている場合は、対面で直接挨拶をする事が自然です。 普段あまり接点がない上司には、メールを送る、または社内のコミュニケーションツールなどで挨拶を送ってもよいでしょう。 どんなツールで送るのか、どの関係性の上司にまで送るのかは、会社の規模や風習によって変わります。 例年どのようにしてるのかを先輩に教えてもらうと安心でしょう。 年末の挨拶の時期 訪問での挨拶は12月半ばから年末まで 訪問の日程は、12月中旬から最終営業日までの間が目安です。 営業職など普段からお客様に接している職種では、直接訪問をして挨拶することが多くなりますが、12月はどこの企業もなにかと慌ただしくなります。 年末最終日は勤務時間が変わったり、大掃除があったりする企業もあります。 相手先の営業日や都合を伺い、負担にならない日程で打診をとるようにしましょう。 訪問は短時間で切り上げるのもポイントです。 郵送やメールでの挨拶は最終営業日の1週間~3日前 挨拶文を郵送する場合は、最終営業日の1週間くらい前を目安にしましょう。 年末は郵便が込み合い、配達が遅れることも考えられるため、ギリギリに差し出すのはお勧めできません。 メールの場合は、最終営業日の3日前くらいを目安にします。 社内の上司への挨拶の時期 社内の上司へは、最終営業日に挨拶をするのが自然です。 しかし、帰り際に挨拶しようと思っていると上司が見当たらなかったり、メールを読んでもらえない可能性もあります。 「少し早いですが、ご挨拶をさせてください。 」などと、早めの時間帯に挨拶をすませてしまってもよいでしょう。 年末の挨拶の例文 対面で年末の挨拶をする際の例文.

次の