なつぞら 動画。 見逃したドラマ「なつぞら」1話~最終回の再放送・無料動画をまとめました!

なつぞら 154話 動画第154話9月26日再放送フル無料視聴(木曜日)感想やネタバレ|シネマVODファン

なつぞら 動画

嵐の翌日、復旧作業に追われていた。 荒れ果てた天陽の畑では靖枝(大原櫻子)がジャガイモを掘り起こしていた。 なつ(広瀬すず)と泰樹(草刈正雄)も手伝いはじめ…。. 番組内容 嵐の翌日、復旧作業に追われていた。 荒れ果てた天陽の畑では靖枝(大原櫻子)がジャガイモを掘り起こしており、なつ(広瀬すず)と泰樹(草刈正雄)も手伝う。 照男(清原翔)と砂良(北乃きい)も散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。 一方、麻子(貫地谷しほり)から次回作について電話を受ける坂場(中川大志)。 再び、皆日常の中でせわしなく自分の道を切り拓いていくのだった。 最終回の期待としては、いかにハッピーで終われるかですが、今日のドラマの場面での感じでは、一波乱も二波乱もありそうで、居た溜れない気になっています。 特にお爺さんの体調を心配していましたので、嵐が来た時には、やはり死んでしまうのではないかとさえ思っていました。 ところが、何とお爺ちゃんが嵐の中で先頭に立って陣頭指揮して、加速全員に指示を出して勇気を与え、自らも行動を起こし、的確に指示し始めたではありませんか。 私の予想が、完全は外れれてしまいました。 やはりこの番組は開拓者の精神を力強く日本中の見ていいる視聴者に訴える役目を果たす番組だなと改めて思いました。 特に嵐になり電気が来ない中(おじいちゃんの開拓当時は多分ランプ暮らしだったと思うのですが? )開拓当時を思い出し、電気に頼らずに、如何にして牛の命をつなぎとめるかに一点集中してこの困難を乗り切ろうとしたことに、改めて感動と勇気をもらいました。 この物語のシーンは、最近千葉に上陸したときの台風の被害にダブつかせる感じがして、改めて社会のインフラがストップしてしまった時の優先順位をどのようにするのかについて教えられました。 多分最終回でも、おじいちゃんの健在ぶりをアピールしながら、明日に向かってがんばろー! となあるシーンが見られるような気がします。 又、「なつ」の一家や親族が、新たな仕事を模索して、開拓精神で人生を生き抜く場面になると想像していますが、そのシーンがそのようになるのか期待したいと思います と想像していますが、そのシーンがそのようになるのか期待したいと思います なつぞら 動画 最終回感想 主人公なつを育ててくれた北海道の家族も皆、年をとり時代はすっかり変わってしまいました。 なつやちなつの子どもも直ぐに仲良くなり北海道で楽しく遊ぶ姿を見れるのではと思います。 「大草原の少女そら」とミックスさせてアニメとドラマを合体させた映像も流れるのではないかなと楽しみです。 ともに北海道を開拓してきた泰樹と、とよはどんな会話をするのでしょう。 二人の長い関係を築いてきたこと、どんな歴史があったのだろうと大変気になります。 そしてこれから牧場や洋菓子店はどんな風に発展していくのでしょうか。 「大草原の少女そら」の次はどんなアニメが作られるのでしょう。 次はテレビではなくアニメ映画かもしれません。 なつと一休さんが独立しアニメ会社を創立するかもしれないし、雪月はいくつも支店をもつ大きな洋菓子店に発展するのではないでしょうか。 牧場も発展し牛乳やバターは全国で売販売されるようになっていくかもしれません。 たった一人きりで北海道へ連れてこられ知らない人ばかりの中で主人公が逞しく育っていく場面からスタートした「なつぞら」ですが、主人公の苦しみや寂しさを北海道の大自然が助けとなり、爽やかな朝に相応しいドラマになったと思います。 戦後の厳しい東京と北海道の壮大な大自然とを対比させながら主人公なつと兄妹たちがそれぞれの厳しい人生を一生懸命生きていく、そしてなつを通して北海道と繋がっていきます なつぞら 動画 最終回ネタバレ 長い年月を経て、本当は仲直りしたかったのにも出来なかったなつ姉妹の愛情と、事実上の祖父である泰樹となつとの愛情です。 なつ姉妹が仲直りした瞬間は非常に素晴らしい姉妹愛を感じました。 私達もこのような姉妹愛・兄弟愛を感じないといけないと感じました。 また泰樹は元気をなくしていますが、本心ではなつの事が大好きです。 その思いをなつもしっかりと受け止めます。 本当に素晴らしいの一言です。 また演じる草刈正雄や広瀬すずの演技力も見事としか言いようがありません。 次にマコプロダクションの大草原の小さな少女ソラの最終回も非常に楽しみです。 なつ達マコプロダクションの面々がどのようにして、大草原の小さな少女ソラを完結させるのか、見ものだと思います。 なつと優の関係も忘れてはいけません。 優がどのように成長していくのか、なつと同じアニメーターの道に進んでいくのか、非常に楽しみです。 仮にアニメーターにはならなくてもどうなるのか興味があります。 そしてなつと一久がどのような夫婦になるのかも見ものだと思います。 なつぞら 動画 最終回までのみどころ ちゃんと家族に 杉の子での話し合いも終わり、千遥 清原果耶 の離婚の話も済んで、杉の子も千遥が受け継ぐことも叶う形に。 千遥にとって思ってもみなかったところに話がおさまったんですよね。 いやー、よかったね千遥。 これから娘と2人、いや兄に姉、そしてその家族、みんながいてみんなが千遥の家族で、今度こそ幸せに暮らしていくんですよね。 離婚からのスタート、でもその方が幸せになれそうな千遥。 そこに剛男 藤木直人 が届け物をしにやってきて、奥原父の子供達と話をするわけですね。 戦争でバラバラになった兄妹達がこうして紆余曲折を経てまた家族になったこと、剛男の言葉とかで感動的な話になりそう。 やっぱりノブさん 工藤阿須加 もここにいさせてあげてって思っちゃうなぁ。 でもノブさんは後から話を聞いて、本当に良かったなぁってウルウルしてくれるんじゃないでしょうか。 あー、人格者や。 これからは杉の子に、咲太郎 岡田将生 達も気兼ねなく家族として食べに来たりも出来るでしょう。 少なくとも従業員に変な人呼ばわりされることはなくなるでしょうね。 さて、剛男の話によれば北海道では泰樹 草刈正雄 が穏やかになったとか。 いや、じーちゃんにはまだまだ元気でいてほしいんですけど? なんか来週には、トヨさんとお迎えがどーのとか言いあうシーンもあるとか。 ちょっと!なつぞら終わるまで、絶対に死んだりしないでよねと本気で心配になってしまうんですが。 キャスト 出演 広瀬すず,松嶋菜々子,藤木直人,岡田将生,清原果耶,北乃きい,清原翔,中川大志,染谷将太,川島明,渡辺麻友,伊原六花,犬飼貴丈,粟野咲莉,大野泰広,鈴鹿央士,増田光桜,小林颯,吉田奏佑ほか なつぞら最終回動画最終回ネタバレ感想など なつ 広瀬すず のところに来た千遥 清原果耶 は、なつが料理の感想を言うと嬉しそうな顔になりましたね。 奥原なつの作品をずっと見続けてきた千遥は、自分の料理も食べてほしいと思うようになったんですね。 ちゃんと生きてきたことをわかって欲しかったから。 なつや咲太郎 岡田将生 、ノブさん 工藤阿須加 も料理を食べてそれがちゃんと伝わっていたんですよね。 そして千遥がなつをお姉ちゃんと呼んだり、自分のこれまでの話をしたりもあって、徐々に徐々にだけどかたかった千遥の表情に柔らかさが出てきましたね。 どこかよそよそしい敬語も、ふとなくなったり。 そして本当の事を話して夫とは別れる決心をした千遥。 千遥にまで嘘をついてるのはもう嫌で、堂々と生きられるようになりたいという気持ちを話してくれました。 戦災孤児だったことを秘密にしていたこと、うしろめたさもずっとあったんでしょうね。 だけどそれを知られたら、置屋の女将さんにも迷惑がかかるし、親権だってどうなるか分からないという不安も。 色々心配ですね。 しかし千遥の夫が帰ってこない理由は、他に女の人との暮らしがあるから。 妻と子供がありながら、よそに愛人を作って、最低ですね。 バンバン稼いで、それを嫁と子に自由に使わせてるという形なら両方が納得してればありなのかもしれないけど、千遥は働きっぱなしなんですよね。 夫の仕事もやはり気になります。 お店を持ってるのに、それを妻に丸投げなわけですよね。 どうしようもないバカ息子としか思えません。 母親もそれを許してるわけですしね。 これからどんな話し合いになるのでしょう。 特に北海道に訪ねてきて、家族と一緒に牛の乳絞りそしているときの、無邪気な気持ちと顔の表情が何ともあどけなくかわいい感じでしたが、「なつ」の事務所に子供と一緒に現れた時の、清原果耶の顔は全然別人のような顔亜をしていたのを見て、びっくり仰天でしました。 役者なのでこのような変わり身については当たり前なのかもしれないが、私の見ていた限り、清原果耶のような変わり方は見たことがない。 この演技に対し、演技が上手だと評価するのか?余りの変わりように、同じ役者ではなく別人が演技しているのではないかと思う位に変化した顔でした。 個人の感じ方だと思っていますが、私は非常に違和感を感じた。 逆に言うと非常に上手な演技だったのかも知れない、監督に言われた状況シーンを上手にこなした名演技ではなかったのかと改めて感じました。 物語的に言うと、「なつ」の妹のその後の20年間の人生に大きな暗い影が付きまとっていることを暗示させる物語るようになっているような気がして、ますます次回番組からの彼女の過去を知りたくなってきました。 それまで清原果耶さんの存在は知っていましたし、出演するドラマも視たことがありました。 しかし、その時点では可愛らしい女の子だな、という印象に留まっていました。 今回の『なつぞら』で彼女に対する印象は変わりました。 波瀾万丈な生い立ちを経て、影のある難しい役柄かと思います。 10代の少女の時代の演技では、実年齢に近いためビジュアルはそのままに、しかし過去と決別するという決意を持った力強さを内に秘めたような雰囲気が出ていました。 その時点で、上手い女優さんだな、と感じました。 そして時が流れて、なつと何十年ぶりかに再開した際は、とてもまだ10代とは思えない演技に驚きました。 メイクや服装の効果もあるとは思いますが、しっかりと30代の母親の顔をしているのです。 更に、直接描かれていない結婚してから積み重ねてきた人生全てを身に纏っているような、落ち着き、達観したような演技が、彼女をより一層役柄の年齢に近づけているように感じました。 ただ可愛らしいだけでなく、どんな役も演じきって人々を魅了する人が本物の女優だと思います。 彼女は正にそうでしょう。 まだ10代でキャリアは浅いですが、この時点でこの演技力です。 今後はどんな芝居をしてくださるのか期待が高まります。 まとめ いつもに増して泣ける週です。 今回、ついにはじめて、兄弟が顔をそろえることになりました。 妹の千遥が経営している小料理屋で、咲太郎が天丼を食べて泣くシーン、お母さんの回想シーンに泣けます。 千遥が、無意識にもお父さん、お母さんの味を受け継いでいることが素敵でした。 千遥の涙を少しこらえながら話を聞くシーンにもじーんときました。 天国のお父さん、お母さんも喜んでいるだろうなと思います。 千遥にも家庭内での色々な問題があるようで、心配です。 旦那さんが出ていった…というような内容のようで、あきらかに旦那さんが悪いのにお姑さんもあまり助けてくれない様子。 若いのに色々耐えてきたんだろうな、と思いました。 なつ以上に苦労してきた千遥、どうか幸せになってほしいです! ちなつちゃんと一緒に乗り越えていってほしい。 そして、今までの会えなかった時間をきょうだいで取り戻してほしいです。 きょうだい3人ともに幸せになってほしいです。 どんなハッピーエンドが待っているか楽しみです。 そして度々まさかのキャスティングがあるのが、なつぞらの楽しいところ。 私はネタバレが嫌なので、なつぞらのキャスティングについてネットでみないようにしているので、最終週までに誰が出てくるのか今から楽しみにしています。 なつぞら動画第最終回【dailymotion】 最終回 違法動画は視聴してるだけなら、セーフだと言われています。 視聴するだけなら違法にならないんだったら問題なさそうに感じますが、そういう違法のあるサイトとかにはウイルスに感染することがあり、パソコンに入っている個人情報が流出する可能性があります。 視聴するだけならセーフと言いましたが、違法動画をダウンロードした場合は、私的利用でも違法になってしまいます。 知らない内に、視聴だけでも違法となる可能性もあるので、違法動画は見ない方がいいと思います。 動画にお金を使うのはもったいないと、無料の違法動画を視聴したら、少しはお金を浮かせることができるかもしれません。 しかし、その代償として、パソコンがウイルスに感染したり、視聴することがいつのまにか違法となり、逮捕されてしまう危険性があります。 逮捕されてしまったら、会社は当然辞めさせられて無職となり、違法動画なんて見るのではなかったと後悔する日が来るかもしれません。 違法動画を見ないで、正規の動画を見ることは、作った人達にちゃんとお金が入り、視聴する自分達も安心して楽しく見ることができます。 タダより高いものはないという言葉があるように、無料のものには危険がつきものなので、違法動画みたいな無料のものには注意が必要だと思います。 ここで言う得体の知れない危険とは何かを具体的に説明しますと、違法動画サイトや動画自体を閲覧することにより、それを行ったパソコンへスパイウェアやマルウェアが侵入したり、酷い場合にはウィルスに感染してしまったり、怪しげなワンクリック詐欺サイトへの誘導が行われたりなどということがあげられます。 特に前者は使用しているパソコン内にある様々な情報を抜き取ったり、パソコン自体にダメージを与え、機能を阻害する場合などがあり、非常に有害です。 違法動画は無料で視聴できてしまうものがほとんどですが、せっかく無料だし見てみようかな、などと軽はずみに行動するのではなく、なぜ無料なのかということをよく考えてみる必要性があると思います。 タダより高いものはないという言葉がありますが、まさにその通りだと思います。 また、違法動画関連のサイトを閲覧してもらうことで、それらを運営している側が何らかの不当な利益を得ているはずであると考えるのが自然であり、違法動画を視聴するというたったそれだけの行為がその不当な利益に間接的に関与し、助長してしまうことになりかねません。 これらの理由から私は違法動画関連のページには決して触りたくありません。

次の

なつぞら

なつぞら 動画

目次はこちら• NHK「連続テレビ小説」 通称:朝ドラ 第100作目のテレビドラマとなるこの作品「なつぞら」は人気絶頂中の女優・広瀬すずさんが主演を努めています。 このドラマ「なつぞの」は戦後の復興期、戦禍を逃れた少女が北海道で少女時代を過ごし、成長してから東京でアニメーターになるまでを描いた作品です。 「なつぞら」の意味は主人公の奥原なつの なつと大きな夢を そらになぞらえ命名されたと考えられます。 三編から構成されたドラマ このテレビドラマ「なつぞら」は三編から構成されています。 第一編は北海道十勝編で戦禍を逃れた少女期のなつが成長するまでの物語となっています。 第二編の東京新宿編では上京したなつが東洋動画の採用試験を受けるまで川村屋で過ごした時期の物語です。 第三篇は本格的にアニメーターへと成長していく、なつの姿を描いた本編となっています。 なつぞら(夏空)の無料動画リンク 北海道・十勝編 第一週目 第01話~第06話 東京大空襲の戦火から逃れた奥原なつは、戦死した父親の戦友・柴田剛男に連れられ北海道の十勝で柴田家に世話になる事となりました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第二週目 第07話~第12話 夏は戦争で父親・母親を亡くし、孤児となりました。 父の戦友に北海道の十勝に連れてこられたなつは北の大地で暮らす開拓者の家族・柴田家に引き取られ家族として暮らすことになりました。 なつは牧場の仕事をすることで懸命に生き抜くことを始めたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第三周目 第13話~第18話 なつが十勝の柴田家に来て、九年の月日が流れました。 夏は農業高校の三年生になりました。 柴田牧場も大きくなり新しい牛舎も建ちました。 なつはこの家で柴田家の本当の娘のように育てられていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第四週目 第19話~第24話 なつは十勝農業高校演劇部の入部しました、演劇部の女優第一号となったのです。 しかし、演劇部といってもまるで体育会系のようなハードなスケジュールを過ごす日々となっていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第五周目 第25話~第30話 なつは泰樹にだけは芝居を見てほしかったのです。 結果、なつの演技は柴田泰樹の心に響きました。 泰樹は組合員に団結を呼びかけ十勝の酪農は新たな一歩を踏み出すことになったのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第六周目 第31話~第36話 なつは九年ぶりに実の兄・奥原咲太郎との再開を果たしました。 しかし、咲太郎は無実の罪で警察に捕まり、なつに手紙で別れを告げたのでした。 一方、十勝でもなつを巡っての問題が密かに起こり始めていたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第七周目 第37話~第42話 友達の家に行こうとしていたなつは嵐に巻き込まれ気を失ってしまった。 気がつくと見知らぬ民家でした、阿川砂良 に助けられて阿川家で目覚めたのでした。 なつは皆が心配しているので帰ると言ったが、嵐の真っ最中に帰ることは危険だと阿川に止められ、一夜の宿を借りることにしたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 東京・新宿編 第八週目 第43話~第48話 高校の卒業式も終わった3月の下旬、柴田夕見子の元へ一通の手紙が届けられた。 柴田家の皆は手紙を持って自室に閉じこもった夕見子に関心を持っていた。 その手紙は大学の合格通知だった、夕見子は無事大学に合格し気が抜けて眠っていたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第九週目 第49話~第54話 昭和31年4月、なつは上京しました。 新宿のベーカリー兼カフェを営む川村屋で働きながらアニメーションの勉強を続けていました。 アニメーターになる夢を叶えるため毎日を大切に過ごしていました。 そして、いよいよ東洋動画の入社試験へと向かいました。 連続テレビ小説「なつぞら」の アニメーション編 第十週目 第55話~第60話 昭和31年10月、上京して半年、なつは念願の東洋動画に入社しました。 小さな不安を抱えながらも、なつは大きな夢に向かって第一歩を踏み出したのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十一週目 第61話~第66話 昭和32年春になり、アニメ「白蛇姫」の作業は追い込みに入っていました。 仕上げ課に入って初めて関わったこの作品は遅れに遅れて、なつは残業の日々を送っていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十ニ週目 第67話~第72話 なつは晴れてアニメーターになりました。 なつと咲太郎は十二年前に別れた妹・奥原千遥を訪ねました。 しかし、千遥はいませんでした、世話になった家を家出していたのでした。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十三週目 第73話~第78話 小畑雪次郎が川村屋を辞めて役者になると言い出しました。 おでん屋・風車の女将や常連客は賛成していたのですが、なつは「雪次郎くんは役者にはできません。 」とハッキリと断言し、役者になろうとする雪次郎を説得し始めました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十四週目 第79話~第84話 昭和34年5月、東洋動画入社から3年の月日が経っていました。 なつは二本のマンガ映画で動画を描き順調に腕前を上げていました。 なつは大沢麻子と共に短編ながら原画を描く重責を与えられました、アニメーターとしては登竜門となる一大事なのです。 しかも、企画から全てを任される責任のある仕事になったのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十五週目 第85話~第90話 消息不明だったなつの妹・奥原千遥が北海道の柴田家に現れた、と聞いたなつは咲太郎と共に北海道に帰省したのだが妹に会うことは叶わなかった。 そんな時、柴田家の長女・夕見子が帰省してきた。 夕見子と3年ぶりのひとときを過ごしたなつであったが、夕見子の言った奥原3兄弟の童話との一致点に、なつはアニメのヒントを得ることになったのです。 奥原咲太郎(おくはら さいたろう) 演: なつの兄。 奥原千遥(おくはら ちはる) 演: なつの妹。 映像での出演はなく、物語のナレーションを担当する。 北海道・十勝編 柴田泰樹(しばた たいじゅ) 演: 柴田富士子(しばた ふじこ) 演: 柴田剛男(しばた たけお) 演: 柴田照男(しばた てるお) 演: 柴田夕見子(しばた ゆみこ) 演: 結婚後は小畑夕見子(おばた ゆみこ) 柴田明美(しばた あけみ) 演: 柴田地平(しばた ちへい) 演: 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 演: 小畑妙子(おばた たえこ) 演: 小畑雪次郎(おばた ゆきじろう) 演: 山田正治(やまだ せいじ) 演: 山田タミ(やまだ タミ) 演: 山田天陽(やまだ てんよう) 演: 山田靖枝(やまだ やすえ) 演: 居村良子(いむら よしこ) 演: 結婚後は門倉良子(かどくら よしこ)となる。 太田繁吉 演: 東京・新宿編 岸川亜矢美(きしかわ あやみ) 演: 前島光子(まえじま こうこ) 演: 煙カスミ(けむり かすみ) 演: 大沢麻子(おおさわ あさこ) 演: 佐々岡道子(ささおか みちこ) 演:.

次の

【なつぞら】東洋動画 登場人物、出演者まとめ

なつぞら 動画

目次はこちら• NHK「連続テレビ小説」 通称:朝ドラ 第100作目のテレビドラマとなるこの作品「なつぞら」は人気絶頂中の女優・広瀬すずさんが主演を努めています。 このドラマ「なつぞの」は戦後の復興期、戦禍を逃れた少女が北海道で少女時代を過ごし、成長してから東京でアニメーターになるまでを描いた作品です。 「なつぞら」の意味は主人公の奥原なつの なつと大きな夢を そらになぞらえ命名されたと考えられます。 三編から構成されたドラマ このテレビドラマ「なつぞら」は三編から構成されています。 第一編は北海道十勝編で戦禍を逃れた少女期のなつが成長するまでの物語となっています。 第二編の東京新宿編では上京したなつが東洋動画の採用試験を受けるまで川村屋で過ごした時期の物語です。 第三篇は本格的にアニメーターへと成長していく、なつの姿を描いた本編となっています。 なつぞら(夏空)の無料動画リンク 北海道・十勝編 第一週目 第01話~第06話 東京大空襲の戦火から逃れた奥原なつは、戦死した父親の戦友・柴田剛男に連れられ北海道の十勝で柴田家に世話になる事となりました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第二週目 第07話~第12話 夏は戦争で父親・母親を亡くし、孤児となりました。 父の戦友に北海道の十勝に連れてこられたなつは北の大地で暮らす開拓者の家族・柴田家に引き取られ家族として暮らすことになりました。 なつは牧場の仕事をすることで懸命に生き抜くことを始めたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第三周目 第13話~第18話 なつが十勝の柴田家に来て、九年の月日が流れました。 夏は農業高校の三年生になりました。 柴田牧場も大きくなり新しい牛舎も建ちました。 なつはこの家で柴田家の本当の娘のように育てられていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第四週目 第19話~第24話 なつは十勝農業高校演劇部の入部しました、演劇部の女優第一号となったのです。 しかし、演劇部といってもまるで体育会系のようなハードなスケジュールを過ごす日々となっていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第五周目 第25話~第30話 なつは泰樹にだけは芝居を見てほしかったのです。 結果、なつの演技は柴田泰樹の心に響きました。 泰樹は組合員に団結を呼びかけ十勝の酪農は新たな一歩を踏み出すことになったのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第六周目 第31話~第36話 なつは九年ぶりに実の兄・奥原咲太郎との再開を果たしました。 しかし、咲太郎は無実の罪で警察に捕まり、なつに手紙で別れを告げたのでした。 一方、十勝でもなつを巡っての問題が密かに起こり始めていたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第七周目 第37話~第42話 友達の家に行こうとしていたなつは嵐に巻き込まれ気を失ってしまった。 気がつくと見知らぬ民家でした、阿川砂良 に助けられて阿川家で目覚めたのでした。 なつは皆が心配しているので帰ると言ったが、嵐の真っ最中に帰ることは危険だと阿川に止められ、一夜の宿を借りることにしたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 東京・新宿編 第八週目 第43話~第48話 高校の卒業式も終わった3月の下旬、柴田夕見子の元へ一通の手紙が届けられた。 柴田家の皆は手紙を持って自室に閉じこもった夕見子に関心を持っていた。 その手紙は大学の合格通知だった、夕見子は無事大学に合格し気が抜けて眠っていたのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第九週目 第49話~第54話 昭和31年4月、なつは上京しました。 新宿のベーカリー兼カフェを営む川村屋で働きながらアニメーションの勉強を続けていました。 アニメーターになる夢を叶えるため毎日を大切に過ごしていました。 そして、いよいよ東洋動画の入社試験へと向かいました。 連続テレビ小説「なつぞら」の アニメーション編 第十週目 第55話~第60話 昭和31年10月、上京して半年、なつは念願の東洋動画に入社しました。 小さな不安を抱えながらも、なつは大きな夢に向かって第一歩を踏み出したのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十一週目 第61話~第66話 昭和32年春になり、アニメ「白蛇姫」の作業は追い込みに入っていました。 仕上げ課に入って初めて関わったこの作品は遅れに遅れて、なつは残業の日々を送っていました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十ニ週目 第67話~第72話 なつは晴れてアニメーターになりました。 なつと咲太郎は十二年前に別れた妹・奥原千遥を訪ねました。 しかし、千遥はいませんでした、世話になった家を家出していたのでした。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十三週目 第73話~第78話 小畑雪次郎が川村屋を辞めて役者になると言い出しました。 おでん屋・風車の女将や常連客は賛成していたのですが、なつは「雪次郎くんは役者にはできません。 」とハッキリと断言し、役者になろうとする雪次郎を説得し始めました。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十四週目 第79話~第84話 昭和34年5月、東洋動画入社から3年の月日が経っていました。 なつは二本のマンガ映画で動画を描き順調に腕前を上げていました。 なつは大沢麻子と共に短編ながら原画を描く重責を与えられました、アニメーターとしては登竜門となる一大事なのです。 しかも、企画から全てを任される責任のある仕事になったのです。 連続テレビ小説「なつぞら」の 第十五週目 第85話~第90話 消息不明だったなつの妹・奥原千遥が北海道の柴田家に現れた、と聞いたなつは咲太郎と共に北海道に帰省したのだが妹に会うことは叶わなかった。 そんな時、柴田家の長女・夕見子が帰省してきた。 夕見子と3年ぶりのひとときを過ごしたなつであったが、夕見子の言った奥原3兄弟の童話との一致点に、なつはアニメのヒントを得ることになったのです。 奥原咲太郎(おくはら さいたろう) 演: なつの兄。 奥原千遥(おくはら ちはる) 演: なつの妹。 映像での出演はなく、物語のナレーションを担当する。 北海道・十勝編 柴田泰樹(しばた たいじゅ) 演: 柴田富士子(しばた ふじこ) 演: 柴田剛男(しばた たけお) 演: 柴田照男(しばた てるお) 演: 柴田夕見子(しばた ゆみこ) 演: 結婚後は小畑夕見子(おばた ゆみこ) 柴田明美(しばた あけみ) 演: 柴田地平(しばた ちへい) 演: 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 演: 小畑妙子(おばた たえこ) 演: 小畑雪次郎(おばた ゆきじろう) 演: 山田正治(やまだ せいじ) 演: 山田タミ(やまだ タミ) 演: 山田天陽(やまだ てんよう) 演: 山田靖枝(やまだ やすえ) 演: 居村良子(いむら よしこ) 演: 結婚後は門倉良子(かどくら よしこ)となる。 太田繁吉 演: 東京・新宿編 岸川亜矢美(きしかわ あやみ) 演: 前島光子(まえじま こうこ) 演: 煙カスミ(けむり かすみ) 演: 大沢麻子(おおさわ あさこ) 演: 佐々岡道子(ささおか みちこ) 演:.

次の