仙道 フライ。 仙道フライ(地図/桶川・鴻巣/郷土料理)

仙道フライ(鴻巣市鎌塚1775-)|エキテン

仙道 フライ

投稿写真4枚 鴻巣市にあるフライと焼きそばのお店です。 場所は鴻巣市になりますが、行田名物のフライです。 同じ埼玉北部出身の私も大人になるまでフライの存在を知りませんでした。 フライといえば、エビフライ?てっきり揚げたような物のことかと思っていましたが、行田のフライは薄ーいお好み焼きのようなものです。 具材は限りなくシンプルなのです。 そして、仕上げにパン粉がまぶしてあります。 これがアクセントになって美味しいんです!メニューはフライと焼きそばのみ。 フライのサイズが「小・中・大」とありますが結構なボリュームがあるので、女性であれば、「小」で十分な気がします。 焼きそばのサイズも同じく「小・中・大」となります。 持ち帰りも出来ますが、店内での飲食も可能です。 座敷が6〜8卓くらい、あとテーブル席がいくつかありました。 店内は、ノスタルジックな雰囲気とでもいうのでしょうか。 とても昔懐かしい感じのするお店です。 定休日は毎週水曜日営業時間は10:30から15:00までです。 休日は結構混雑してるので、時間をずらすかお持ち帰りの方がいいかも!• 仙道フライ 〒369-0112 埼玉県鴻巣市鎌塚1775-11 営業時間 10:30〜15:00 日曜営業 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 〜¥999 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「仙道フライ」近くの施設情報.

次の

【フライ焼きそばの店山下】平日も混んでる!?人気店で埼玉B級グルメを味わう

仙道 フライ

埼玉県で一番の観光都市といえばたいていの方が「川越」か「秩父」を挙げるでしょう。 間違いないと思います。 どちらが一番でどちらが二番かは指標によって違ってくると思いますが。 じゃあ三番目はどこだ? となったときに一番に思い浮かぶのが行田市です。 ぼくは自信を持って行田市を推します。 肌感覚だと上記の通りなんですが、埼玉県の都市別観光入込客数のランキングを見ると、さいたま市がダントツ一位で二位が越谷市なんです。 その数なんと年間約5000万人。 京都で約8700万人ですから、信じられない数字ですよね。 越谷市が観光都市だなんて思う人はほとんどいません。 答えを書いちゃいますと、この数字はほとんどが「レイクタウン」なんです。 政府が掲げる観光指標の「観光地点」にショッピングパークが入ってしまっているので、こんなことが起きてしまいます。 同じように「三井アウトレットパーク」を擁する入間市も、川越市の660万人より多い730万人という数字がはじき出されています。 入間や越谷の方には悪いですが、どちらも川越をしのぐ観光都市だと思う方はほとんどいらっしゃらないでしょう。 ショッピングパークを観光の地点とするのは間違ってないとは思うのですが、こういうおかしな数字が出てきてしまうのがなんとも、なんです。 行田の観光資源はザッと思い浮かべただだけで、「」「」「」「足袋蔵」「」そして「B級グルメ」の「フライ」と「ゼリーフライ」があります。 「フライ」も「ゼリーフライ」も、足袋工場で働く女工さんたちが食べやすいように考えられたという経緯があります。 すべてがつながっている歴史ある町ならではの重厚さです。 統計上の「入込客数」だけみれば年間150万人くらいしかありませんが、行田市が有する観光資源と気合いの入れ方を見れば、これからとても期待できます。 平成29年4月には埼玉県で初めて日本遺産に選定されたのも追い風になるでしょう。 「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」だそうです。 しかも、2017年10月からは行田市の足袋製造会社の奮闘が描かれるドラマ『陸王』がTBSの日曜劇場で放送されます。 主演は役所広司、原作は半沢直樹の池井戸潤。 半沢直樹のスタッフ再集結だそうでTBSも力が入っています。 人間本来の走り方をサポートする、みたいなコンセプトのランニングシューズの開発物語だそうです。 行田市全面協力。 前置きが長いですが、そんな行田市が誇るB級グルメが「フライ」です。 フライとは、【お好み焼きとクレープの中間の食べ物と形容される事もある。 フライと呼びながらも油で揚げることはなく、鉄板で焼くのが特徴。 やや緩めに水で溶いた小麦粉を鉄板の上で薄く伸ばし、店舗によっても異なるが豚肉や長葱、干海老、切りいかなどお好み材料を載せて焼く。 黄身を崩した目玉焼き状の玉子を入れたり、キャベツを入れる店もある。 焼き上がりに醤油もしくはウスターソースを表面に塗り、青海苔を振りかける。 生地を2つ折りにして、その中にウスターソースを浸した揚げパン粉を挟む店もある。 】-Wikipediaより。 ぼくは2009年から2010年にかけて「フライ」と「ゼリーフライ」を食べるために行田に通い詰めた時期がありました。 フライとゼリーフライで合計30店舗くらい食べたと思います。 余談ですが、その途中で熊谷の「慈げん」に出会いました。 今やかき氷で全国的に有名なお店になってフライはやっていません。 フライは行田だけでなく、近隣の吹上や熊谷にも伝わっていて、そっちにまで足を伸ばしました。 広がり方とアレンジの仕方を考察するととてもおもしろいんです。 食べ歩いた結果、フライには「行田フライ」と「吹上フライ」の2タイプがあることがわかりました。 熊谷のフライは双方あって、双方のハイブリッドもあります。 「行田フライ」は当然行田の伝統的なフライです。 「」はその「行田フライ」を代表するお店で、たぶん一番美味しい「行田フライ」を提供しているお店です。 ホントに前置きが長くてすみません。 そんな、行田で一番旨いフライ屋さんで、ぼくらは「ミックス」の中(550円)をいただきました。 「」のフライの特徴は甘めのソースです。 小麦粉の生地がモチモチとして弾力があり、ミックスなので中に焼きそばが入っているのですが、これに甘めのソースが絡んで死ぬほど旨い。 食べたのは7年ぶりでした。 本当に旨かった。 誇張で無く死ぬほど旨かった。 この日は、「」と「」を取材に来た日で、忠次郎蔵で蕎麦を食べていたのでした。 忠次郎蔵の人と「」の話をしていたら、「持ってきてくれるよ!」とおっしゃいます。 ええ?確かに「忠次郎蔵」と「」は隣合わせですが、まさか出前しくれるとは。 で、遠慮無く「」に出向いて、忠次郎蔵で蕎麦を食べていること、お店の人に後で「深町」のフライを食べて帰るんだと話したら「持ってきてくれるよ」と教えてくださったこと、をお話して出前をお願いしました。 ですので、フライの写真は「忠次郎蔵」で撮影しています。 本当に旨いフライでした。 お皿は回収に来てくださるそうでそのまま忠次郎さんに置いて帰りました。 行田の上級者になった気分でした。 ありがとうございました。 因みにですが、「吹上フライ」を代表するお店は「フライ・焼そばの店 山下」と「仙道フライ」です。 仙道は埼玉県が生んだローカル歌手「さくまひでき」さんのご実家ですね。 吹上フライも旨いですよ。

次の

【フライ焼きそばの店山下】平日も混んでる!?人気店で埼玉B級グルメを味わう

仙道 フライ

基本情報• 【電話番号】048-549-0571• 【エリア】桶川・鴻巣• 【アクセス】 JR高崎線吹上(埼玉県)駅北口…• 【ジャンル】郷土料理 このお店のポイント• 「仙道フライ」は近隣地域の郷土料理、フライの有名なお店です。 ほんのり甘いモチモチのお好み焼き生地に、葱と豚肉が入ったフライを贅沢なおやつ感覚で味わえます。 生地にはカリカリの天かすも乗り、香ばしいソースと混ざり合ってとても美味しいです。 太麺の焼きそばもあり、軽食もお食事でも満足感を得られます。 近隣駅・エリア、人気のジャンルから検索• 桶川・鴻巣には吹上駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、桶川・鴻巣には、「」もあります。 江戸時代の五街道の一つ。 江戸の日本橋から草津宿を結び、そこから東海道に合流しています。 日本の内陸部の東西にのびた街道です。 その中でも現在の埼玉県鴻巣市にあった鴻巣宿は、比較的大きな宿場として栄えていました。 徳川家康ゆかりの古刹「勝願寺」や「鴻神社」(こうじんじゃ)など当時の歴史を偲ばせる名所のほか、江戸中期にはひな人形の特産地としても名を馳せており、今でも街道沿いに人形店が残っています。 当時の様子をひも解く鍵があちこちに残っている歴史深い街で、歴史ファンはぜひ歩いてみたい街です。 この桶川・鴻巣にあるのが、郷土料理「仙道フライ」です。 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の