あつこ おねえさん。 小野あつこお姉さんはかわいい?足太いと噂だが彼氏はいるの?

あつこおねえさんデビュー2日目!印象や誰に似ているかを検証してみる

あつこ おねえさん

「アルパカパカパカ?」といわれて、「ちょっとオカピー!」 と返せない人は以下、読んでも意味わからないと思うのでお引き取りください。 さて、Eテレの住人の皆さん、おつかれさまです。 今日も、たまにはスッキリが見たいところを、鬼チューブに笑い、デザインあの分解に感嘆しているうちに気づけば子供といっしょにパッコロリンですか。 わかります。 本題に移ります。 あつこデビュー あつこの目が笑っていない。 という事には、誰もが共感してくれると思う。 一応説明すると「おかあさんといっしょ」で2016年春から歌のお姉さんに就任した、あつこだ。 伝説的はいだしょうこお姉さんにも引けを取らない安定の歌唱力と、それ以上の表現力と親しみを持った「タクミお姉さん」から、引き継いで就任したあつこ。 彼女への期待は凄まじく、就任したての彼女はそのプレッシャーをもろにうけ緊張しきった顔で、こちらも大人気なだいすけお兄さんの隣で、必死に歌のお姉さんを務めた。 笑顔を作ろうとするも 決して目は笑わない。 とにかく精一杯。 それがあつこの最初の一年だった。 ゆういちろう就任 2年目。 2017年春。 まさかのだいすけお兄さんの卒業。 これを引き継いだのは、ゆういちろうだった。 あつこの例がある。 やはり子供番組の顔とも呼べる、歌のおにいさんおねえさんになることは、それだけで大役なのだ。 わたしたちが期待しすぎるのは、良くない。 そう学び、あつこのデビュー戦よりハードルをさげた視聴者から迎え入れられたゆういちろう。 第一回目の出演、ゆういちろうを迎えた新曲も披露。 だいすけ不在の24分。 どうだったかというと。 正直に言ってとまどった。 ゆういちろう、パーフェクトなのだ。 緊張感もない。 変にだいすけお兄さん以上の自分のスタイルを作ろう!という気概もない。 むしろだいすけお兄さんの変顔を素直に継承したまま、まるで何年も前からそこにいたように歌い、子供達に笑いかける。 少なくともわたしはざわついた。 あれ?ゆういちろう、いいやん。 ゆういちろうがもたらした影響 しかも、ゆういちろうという新人の就任はあつこにも好影響をもたらした。 ゆういちろうの就任から、あつこが微妙に、堂々としたのだ。 「わたしが一年先輩なんだから、しっかりしなくちゃ!」という妙な先輩感が彼女に一瞬自信を付けた。 おおこれは!あつこ、やっと、自分らしく突き進めるんじゃない?!よかったね!ゆういちろうと一緒に、駆け抜けて!と、安心した…のだけど。 誤算だった。 ゆういちろうが今年の4月に就任して、もう8ヶ月が経とうとしている。 そのあいだ、どうなったかというと。 ゆういちろうは、 8ヶ月分、さらに、めっちゃよくなった。 通常放送での子供たちとの絡みや個人コーナーの自由さはもちろん、初のコンサートも、声が枯れていたところもあったのだけど、一切音程もぶれず、心から笑い、楽しんでいた。 というより、間違いなくゆういちろうが全員を引っ張っていた。 チームリーダーになっていた。 (これは、現在の体操のおにいさんお姉さんが、歌のおにいさんお姉さんを立てる超プロなのでこうなってるところもある)一方あつこは、ゆういちろう就任時こそ数ヶ月は自信をつけたようだったのだけど、やはり、「いつも精一杯」感は、一切消えないまま、2016年と変わらないままだった。 むしろ、どんどん進化して独自の歌のおにいさん史を更新し続けるゆういちろうの存在は、あつこの無進化を、つまり、目の笑ってなさを、際立たせた。 あつこは不適任なのか? なんでなんだろう。 なんでこの人がお姉さんなんだろう。 一応たくみお姉さんデビュー当時のコンサート映像も確認したけど、初めから完璧だった。 全国に歌が上手くて堂々と歌って踊れる人はたくさんいる。 歌のお姉さんになりたい人なんて何百人いるだろうそれなのに、なぜ、あつこなんだろう。 そんな意地悪な気持ちがなんども浮かんでいた。 そして、昨夜。 突然だった。 いつもどおりあつこを見ながら、気づいてしまった。 そう、わたしは、いま、 「いつもどおりあつこを見ながら」と書いてしまったけど、その通り、気づけばいつのまにかわたしは、あの番組を見る時、いつも、あつこを見ている。 あつこばかりを気にしてしまうようになっていたのだ。 「あつこ、今日大丈夫かな。 今日もしりとり列車でちゃんと子供と絡めるかな。 ベルがなるで音外さないかな。 今日も目笑ってないだろうけど自分の中ではやりきれたかな。 エゴサしてないかな。 … 彼女には、親近感どころか、身内感があるのだ。 親しみ持てるー!どころか、大丈夫か心配になる。 なんというか、 身内が出ている「NHKノド自慢」をみているときと全く同じ感覚にさせられる。 そしてこれは、Eテレの、壮大な狙いなのでは? Eテレのお家芸 だって考えてみてほしい。 笑い飯をナレーターにし、サンドイッチマンに上野動物園の歌を歌わせ、サバンナ高橋にコッシーをやらせ、美輪明宏に太陽役をあてがうことができる、Eテレ。 有名人だけでなく、白Aやダツイージョ、あもん君などの無名人発掘だって、ミラクル適任とさせるEテレ。 キャスティング力こそがEテレの大得意な、お家芸とも呼べる、唯一無二の力ではないか。 そのEテレが、その局の顔とも言える「歌のお姉さん」のキャスティング、手を抜くわけがない。 オーディションの段階で、あつこのやや安定しない音程や、目の笑ってなさ、たまに出る必死さなんて、とっくに、わかっていたのではないか。 私はこれまで、たくみお姉さんが妊娠などで急に辞めることになりキャスティングが間に合わず仕方なくアツコになってしまったのではとこれもまた意地悪に考えてしまっていたけど。 仮に本当に急だったとしても。 かのEテレが、ここのキャスティングで不十分な人を、選び、悪い誤算を生むなんてこと、ありえないはずなのだ。 逆転の発想 あつこは、たしかに心配だ。 でも、どこかで史上初、歌のお姉さんを応援してしまっている自分たちがいるのも、事実。 時代を読んだEテレは挑戦したのではないか。 このタイミングでの歌のお姉さんに求められるのは、ガチのガチでの身内感、それを生む素人感、ハラハラ感。 なのではと。 現にわたし、あつこの就任以来、こうやってあつこへの思いを文章にしたい気持ちにずっと駆られていた。 スルーできないあつこの独自性。 そして、その、【いい意味の】不安定さを支えるエース、ゆういちろう。 さらに、どっしり安定し、最近はふたりのメインコーナーでアドリブすらいれてしまう体操のお兄さんお姉さん(よしひさとリサ)コンビ。 いまのお母さんといっしょチーム、まじミラクルバランス過ぎなのでは。 そういう目で今朝の彼らを見たら、それぞれで 過不足を埋めあっている彼ら、家族みたいで良すぎ。 と思ってしまった。 2019年、おかあさんといっしょは、60周年を迎える。 そのときもこの4人が見たいし、もし誰かが抜けるとしても、Eテレはまた作為的に最高のキャスティングを仕組んでくるんだろう。 あつこの目は、きっと来年も笑わない。 だけどわたしは来年も、あつこが結局大好きだ。

次の

あつこお姉さんの衣装を発見!!同じお洋服が購入できちゃいます♪

あつこ おねえさん

2016年度から「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんに就任している小野あつこおねえさん。 前任のたくみおねえさんの人気がすごすぎて心配な面もありましたが、最近は落ち着いてきています。 すっかり「おねえさん」が定着した小野あつこさんの年齢や出身大学などの基本情報が気になります。 また視聴者が気になる脇汗がヤバイという話や下手なの?という疑問について調べてみたいと思います。 当記事は、「おかあさんといっしょ」うたのおねえさん、小野あつこさんについてまとめています。 スポンサーリンク 小野あつこおねえさんプロフィール まずは、小野あつこおねえさんの基本情報からチェックしていきましょう!• 生年月日:12月生まれ• 星座:いて座• 出身地:東京都• 血液型:O型• 身長:158cm• 趣味:ピアノ、散歩• 好きな食べ物:白米、そうめん、ケーキ• 好きなスポーツ:バドミントン、ジョギング なんてことでしょう。 うたのおねえさんって、生年月日は 非公開なんですね! これでは年齢が分かりません… というわけで調査開始! あつこおねえさんの大学は? まずは大学から。 小野あつこおねえさんの出身大学は 東京音楽大学。 卒業後は同大学大学院に進学してフランス、ロシアなどのクラシックの歌曲について勉強していたようです。 そして2016年3月、無事に大学院を修了しました。 年齢は? ストレートにいったと仮定して• 大学卒業時…22歳• 2016年大学院(2年)修了時…24歳 2017年12月の誕生日で26歳になるというのが妥当な数字でしょうか。 というわけで、生まれた年は 1991年と予想しておきます。 小野あつこおねえさんは、2016年4月4日放送分から正式にうたのおねえさんとなりました。 前任のおねえさんはもちろん、三谷たくみさん。 もしかしたら今でもたくみロスから立ち直れていない人も少なくないのかもしれません。 さらに、2017年2月に発表されたうたのおにいさんこと 横山だいすけさんの卒業。 しかし、泣いても笑っても2017年度からは新たなうたのおにいさん、 花田ゆういちろうさんが加わっての新体制となります。 あつこおねえさんの脇に注目! たしかに汗のせいで服の色が濃くなっていることが確認できます。 ちょっとぴったりした服だったのでこのように 脇汗が目立ってしまったのでしょう。 汗は誰でもかきますし、頑張っている証拠! 脇汗かいてたって微笑ましく観ましょうね。 下手って歌が? 小野あつこおねえさん、「下手」といわれることも多く。 でも音大で声楽を学んでいたのだし、歌が下手なわけないと思うのですが… 実はここにもたくみおねえさんの影響が。 たくみおねえさんは高音のアニメ声でかわいらしい歌声でしたよね。 かたやあつこおねえさんは 声にクセがないといわれています。 たくみおねえさんの後だけに、ちょっと インパクトに欠けるような感じを抱いてしまうのかもしれません。 しかし、声楽を学んだあつこおねえさんの声の出し方、歌い方はとても 優秀だとの声も少なくありません。 歌い手としては何の問題もないどころか、 正統派といっても過言ではないようですよ。 また、おかいつでは定番の 「変顔」。 だいすけおにいさんはじめ、よしおにいさん、りさおねえさんはもはやベテランの域。 就任当初はぎこちなかったものの、だんだん慣れてきて変顔も パワーアップしています。 これで変顔が下手なんて言われることもなくなっていくことでしょう。 【追記】映画化決定! 2018年9月7日に「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」が公開されることが決定しました。 小野あつこさんはこれから年月をかけて、三谷たくみさんのような人気のあるうたのおねえさんに成長していってくれることでしょう。 また、新人お兄さんとなる花田ゆういちろうさんを引っ張って行かなくてはならないので、しんどいことも多いと思います。 しかし、多くの子どもたち、その親を虜にできる歌声を持っている小野あつこおねえさんならきっと立派にやり遂げてくれると信じています。 いつかやってくる卒業の時は「あつこロス」となることは間違いないでしょうね。

次の

あつこお姉さんの順応力に拍手!腕グイ・変顔・おにのパンツ・前髪と話題続々・・かわいい21代目うたのおねえさん【おかあさんといっしょ】

あつこ おねえさん

21代目うたのおねえさん・小野あつこお姉さん 【あつこお姉さんプロフィール】• 名前:小野 あつこ(おの・あつこ)• 本名:小野 あつこ(名前の漢字は不明)• 出身:東京都• 生年月日:12月生まれ(年・日は現在非公開)• 星座:射手座• 身長:158㎝• 血液型:0型• 趣味:ピアノ、散歩• 好きな食べ物:白いごはん、そうめん、ケーキ• 好きなスポーツ:バドミントン、ジョギング• 兄弟構成:3人姉弟の長女で、5歳年下、7歳年下の2人の弟がいる• 経歴:4歳からピアノを始める。 高校のピアノ科を卒業後、都内の音楽大学で声楽を学ぶ。 2016年3月大学院卒業見込み。 大学院ではフランスやロシアのクラシック歌曲を学ぶ。 その他:学生時代は児童館で子どもたちと音楽を楽しむ活動を続けてきた。 雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」のインタビューで子どものころからの写真や姉弟構成などがわかりましたが、それ以外はほぼ交代会見のときに発表された情報のまま。 実はまだ、あつこお姉さんの誕生日がいつかわかっていないんですよね〜。 12月の放送では何日かわかるでしょうか? 番組での印象とあわせると、2人の弟がいるお姉さんとして小さい子達の面倒見もいいお姉さんですが、可愛くてちょっと天然、素直で頑張り屋さん!見ていて応援したくなる歌のおねえさんです。 歌の面でも、あつこお姉さんの歌声にあった曲がしっかりみえてきた気がします。 すでに殿堂入り?あつこお姉さん初登場回 2016年4月4日の初登場回では「あしたてんきにな〜れ」で移動中よろけて、だいすけお兄さんに腕をグイッとひっぱってもらうというハプニングでいきなり話題をかっさらったあつこお姉さん。 もちろんねらった行動ではなかったはずですが、この登場はとても印象的で、ある意味あつこお姉さんらしかったなぁ、と振り返って思います。 というのも、人気絶頂かつ就任記録最長タイの8年間うたのおねえさんをつとめた三谷たくみお姉さんからのバトンタッチ。 まわりの評価の目も厳しかったと思いますし、ご本人にしてもとても負担のあるものだったのではないでしょうか。 初回の放送でよろけてだいすけお兄さんに腕グイされたことで、完璧な初日にはならなかったかもしれません。 でも、ちょっとドジな感じがさらにかわいい・とても一生懸命で頑張り屋のおねえさん、という印象がこの初回でテレビを観ている大人の視聴者につたわったのではと思うのです。 それに、あつこお姉さんを支えて見守るだいすけお兄さんにキュン!!とした母たちは多かったはず(笑)。 あつこお姉さん頑張れ、だいあつコンビ頑張れ、新生おかあさんといっしょメンバー頑張れー!と思えた初日の放送でした。 新生『おかあさんといっしょ』の4人の仲の良さそうな様子や、たくみお姉さんパペットの登場もあって見ていてちょっとジーンとして、でも元気になる曲でしたよね。 〈今月のうた〉はどの曲もステキで大好きですが、あつこお姉さん・だいすけお兄さんコンビの初〈今月のうた〉が「あおうよ!」で良かった!ってやっぱり思います。 きっと今までの人生で、変顔をすることなんてなかったんだろうなぁ・・・。 その後も苦手そうで、はじめの1ヵ月くらいは「あつこお姉さん、今日はどうかな」とついつい無事を見守ってしまっていました(笑)。 もう今なんて慣れたものですよね〜。 1人でも歌った初ファミリーコンサート!たくみお姉さんとの共演も 5月のゴールデンウィークに開催された《おかあさんといっしょ春のファミリーコンサート〜しりとりじまでだいぼうけん》では、ガラピコぷ〜たちと初めてのコンサート! 歌はもちろん、演技もダンスもあつこお姉さん頑張ったなー、すごかったなー、とテレビ放送を観て孫の成長を見るように感動(笑)。 特に、1人で歌った「うたしりとり」の場面では私までドキドキしてしまいました。 会場でもあつこお姉さんの緊張が伝わってきたとか。 でも、いいコンサートでしたよね。 この初舞台を終えたあとの番組でのあつこお姉さんも、ぐっと自信がついているように思えました。 そしてこのコンサートではたくみお姉さんとの共演がありましたよね。 たくみお姉さん、だいすけお兄さん、あつこお姉さんの3人で歌っている姿が忘れられないです。 1年に一回、いや2年に一回でもいいからこの3人でコンサートやってくれないでしょうかね〜。 3ヵ月で約130曲。 歌だけではなく、クリップのための振り付けの練習や、番組の収録、初めてのファミリーコンサートなど覚えなくてはいけないこと、初めてのことがいっぱいあったことと思います。 きっとあつこお姉さんはハードな毎日でしたよね。 今ではすでに登場済みの曲がまた歌われることが増え、少しは落ちついてきたかとも思いますが、就任1年目は歌のストックがないからこれからもまだまだ大変なんだと思います。 あわせて撮り直ししているだいすけお兄さんも、あつこお姉さんの歌にあわせて歌い方かえていると感じる曲もあるので同じくハードだったのでは。 個人的には、、の4人の様子、のあつこお姉さんソロも印象的です。 痩せてきれいになった!前髪あり・なし・・・どっちも可愛いよ! ハードな仕事のせいでしょうか、就任会見のころよりも今のほうが痩せた気がします。 どっちにしろかわいいですけどね、あつこお姉さん。 やっぱり似ていて姉妹のようで微笑ましいです。 前髪おろして髪を結んでいたりするとさらにですね。 最近はあつこお姉さんは前髪を短くして、それもかわいいと話題になっていました。 アレンジしやすい長さなためか、ツインテールにしたり変化があって見るのも楽しい。 たくみお姉さんははいだしょうこお姉さんから髪ゴムをたくさん譲りうけたとのことで、それを次のお姉さんに引き継ぎたいとメモリアルブックの過去インタビューに書いてありました。 どうもそのヘアゴム、しっかりあつこお姉さんに受け継がれているようなので、チェックするのもツウな楽しみですね。 スタジオ進行や〈しりとりれっしゃ〉に「だいあつコンビ」らしさが出てきた あつこお姉さんの就任当初は、だいすけお兄さんとのスタジオでのやりとりもセリフ感あり、返事も「はい!」でだいすけ先輩とあつこ後輩という雰囲気がありました。 でも最近ではその壁がなくなってきて、アイコンタクトもすごく増えたなーと。 すっかり「だいあつコンビ」がしっくりしてきました。 だいすけお兄さんも、なんだかあつこお姉さんのフレッシュさにあわせてか若返った気がします(笑)。 一時期はだいすけお兄さんもちょっと元気がないような、痩せたような、疲れが見える感じがしたのですが、最近はまたピカピカの笑顔を見せてくれていると思いませんか? 月曜の〈しりとりれっしゃ〉の間違った時の「ガーン」という2人の反応なども回を重ねるにつれて大胆になってきて、だいすけお兄さん・あつこお姉さんで相談してコーナーを盛り上げているのかな?と思って観ています。 「だいあつコンビ」らしさがこれからもっと出てくると期待しています! 就任3ヵ月間のあつこお姉さん、だいすけお兄さんたちに拍手! 4月からのあつこお姉さんの成長ぶりが本当にすごくて、若さってすごいなーと正直言って思います。 スタジオでのだいすけお兄さんとの掛け合いや、歌、コーナーの進行、子どもたちへのサポートもすっかり板についてますよね。 生き生きしている姿に毎日元気をもらいます。 大変なこともつらいこともあったかと思いますが、それがあっても毎回の番組で明るい笑顔を見せ、元気な歌声を聴かせてくれたあつこお姉さんに改めて拍手を送りたい! そしてそれはあつこお姉さん1人ではきっとできなかったことで、だいすけお兄さんやよしお兄さん、りさお姉さんという現役の先輩メンバーが、あつこお姉さんが笑って歌えるようにたくさん力を出したのだと思います。 素敵な4人だなー、このお兄さん・お姉さんの時の『おかあさんといっしょ』を見ることができて幸せだな、と思ってみてます。 これから夏のスペシャルステージ、地方でのファミリーコンサートなどもとても楽しみです!.

次の