呪 われ た 死霊 館。 『TATARI 02』

らんま1/2

呪 われ た 死霊 館

アメリカでは2014年10月3日に公開され 、日本では2015年2月28日に公開された。 主演ののほか、ウォード・ホートンとが出演している。 本作の内容は時間軸上、シリーズ第1作『』が始まるまでを描いた直接の前日談に該当するが、映画情報サイト『SCHMOESKNOW』の投稿者マーク・レイリー Mark Reilly は2013年11月8日付でであると誤記している。 2014年9月29日には、のにあるでプレミア上映が行われた。 内容 [ ] 作品は『』の1971年に若い女性2人と男性1人がにアナベルという呪われた人形についての体験談を語る同じオープニングシーンで始まる。 1970年初期、ジョンとミア・フォーム夫妻は第一子を待ち望んでいた。 ある日ジョンは人形が好きなミアが探していたアンティーク人形を見つけてプレゼントする。 その日の夜、ミアはお隣のヒギンズ夫妻の家から人が襲われているような物音を耳にし、その直後ミアもプレゼントされたばかりの人形を手にした女と男の殺人鬼に襲われる。 ジョンと警察が駆けつけ男を殺害するが、女は自殺を図っていた。 女はミアの人形を掴んだまま、壁に血でマークを残していた。 女の血滴が人形の顔に垂れる。 報道で加害者は隣のヒギンズ夫妻の娘であるアナベル・ヒギンズとその恋人で、2人は彼女の両親を殺害し、に関わるカルトの一味だったと明らかになる。 人形にまつわる奇妙な事が起き、ミアはジョンに捨てるように頼む。 その後、ミアは健康な女の子を産みリアと名付け、フォーム一家は新しいアパートに引っ越す。 ミアが荷ほどきをすると、アナベルで知られる捨てたはずの人形が出てくる。 さらに奇妙な事が起こるようになりミアと新生児を蝕む。 彼女はアナベルとその恋人が魂を捧げ悪魔を呼び起こそうとしたカルトの一員であったと教えてくれた刑事と面会する。 ミアは書店へ行き、エブリンという女性と出会い、本から怪奇現象はリアの魂を奪うために起きていると確信する。 フォーム夫妻は教会のペレズ神父を呼び、人形を教会へ持っていってもらう。 しかし、アナベルの亡霊と悪魔のような生き物が神父を襲い、人形は消えてしまう。 一方エブリンはミアに、自分にはかつてルビーという娘がいたがエブリンがミアの年齢の時くらいに起こした交通事故で亡くなってしまい、彼女は罪悪感のあまり自殺を図ったが、そのときに死ぬにはまだ早いというルビーの声が聞こえたのだと語る。 ペレズ神父はジョンにアナベルの魂が彼を襲い、今夜アナベルがジョンの家に魂を奪いにいくと警告する。 ジョンは急いでミアの元へ駆けつける。 アパートでは悪魔がエブリンを締め出し、ミアを弄ぶ。 ミアがアナベルを殺そうと試みると、悪魔はミアの魂を求める。 ジョンとエブリンがドアをこじ開けると、ミアがアナベル人形を手に窓から飛び出そうとしている姿を目にする。 ジョンがミアを救うと、エブリンは人形を手にし、娘ルビーの死への償いとして犠牲になることを決意する。 彼女はそのまま窓から飛び降り、亡くなる。 するとリアがベビーベッドの上に戻ってくるのであった。 6か月後、フォーム夫妻は引越し、アナベルを見ることも無くなった。 あるお店で、オープニングシーンで登場した女性の母親がアナベルを娘へのプレゼントとして購入する。 エンディングで本物のアナベル人形はエドとロレイン・ウォーレン夫妻の博物館のケースに保管され、1か月に2度、神父によって人形の呪いを閉じ込めるため祈られていると文字で紹介されている。 ミア・フォーム - ()• ジョン・フォーム - ウォード・ホートン ()• ペレズ神父 - ()• エブリン - ()• シャロン・ヒギンズ - ケリー・オマリー()• ピート・ヒギンズ - ブライアン・ホウ ()• クラーキン刑事 - エリック・ラディン• バーグアー博士 - イヴァル・ブロガー• ロバート - ガブリエル・ベイトマン• ナンシー - シャイロ・ネルソン• アナベル・ヒギンズ - ツリー・オトゥール• 幼き頃のアナベル・ヒギンズ - ケイラ・ダニエルズ• デビー - モルガンナ・メイ(クレジットなし)• メアリー - ミシェル・ロマノ(クレジットなし)• フラー - クリストファー・ショー(クレジットなし) 制作 [ ] 2013年11月8日、作品で登場したアナベル人形をテーマにした『』のスピンオフがとから制作されると発表された。 エドとロレイン・ウォーレン夫妻によって調査された実際にあった話に基づき 、アナベルの事件はジェラルド・ブリットル著の『悪魔学: エドとウォーレン夫妻の驚くべきキャリア』の第3章から引用されている。 と 製作、監督、脚本はゲイリー・ドーベルマンが担当した。 ジョン・R・レオネッティ監督は、いくつかの超自然現象が実際にアナベルの撮影中にあったかもしれないと発言し、レオネッティは以下の通り発言している: 「初めの現象は撮影準備中にあり、満月の夜に撮影を行うリビングルームの窓の上に撮影用の窓を設置してあるアパートの一室へ行った時、3本の指跡が窓に沿って描かれていて、悪魔は指が3本と鋭い爪が3本あるんだ。 指の跡が月明かりに照らされていたんだ。 ヤバいと思ったね! 」 キャスティング [ ] 2014年1月15日、アナベル・ウォーリスとウォード・ホートンが主演を務めると報じられた。 1月末に受賞歴があるアルフレ・ウッダードが加わる前にエリック・ラディンとブライアン・ホウィーが加わった。 撮影 [ ] 撮影は2014年1月27日にコヴィナにある書店で始まった。 2014年2月25日、のサウス・ノーマンディーにあるアパートで数日間55人のクルーで撮影された。 続編 [ ] 本シリーズ正史続編が本作の2年後に『』として公開された。 そして本作の3年後、スピンオフ「アナベルシリーズ」の続編として、『』が2017年8月に全米公開予定。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ]• 2014年9月26日. 2014年9月26日閲覧。 2014年11月15日閲覧。 「」2016年3月下旬号 78頁• deadline. com. 2014年2月25日. 2014年2月26日閲覧。 2014年11月27日閲覧。 schmoesknow. com. 2014年2月2日閲覧。 2014年9月30日閲覧。 thewrap. com. 2014年2月2日閲覧。 variety. com. 2014年2月2日閲覧。 dreadcentral. com. 2014年2月2日閲覧。 2014年9月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年9月25日閲覧。 McNary, Dave 2014年1月15日. variety. com. 2014年2月2日閲覧。 Bussey, Ben 2014年1月31日. yahoo. com. の2014年3月5日時点におけるアーカイブ。 2014年2月2日閲覧。 Verrier, Richard 2014年2月25日. latimes. com. 2014年2月26日閲覧。 外部サイト [ ]• - (英語)• - プレイリスト.

次の

のろわれた館: ドラの脱出ゲーム攻略

呪 われ た 死霊 館

シリーズ全世界興収17. 9億ドル超の『死霊館』ユニバース最新作『』が9月20日より全国公開中。 全世界では6月に公開し、全世界興行収入が2. 25億ドルを突破し、驚異の大ヒットを記録。 今年一番のホラーサスペンス映画となっている。 『死霊館』(13)で日本を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形。 その人形は実在し、現在もコネティカット州にある超常現象研究家ウォーレン夫妻の博物館に厳重に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている。 現代ホラーの名手が強力タッグを組み、最恐にポップなホラーアイコン〈アナベル〉が、少女たちと観客を極限の恐怖へと突き落とす。 『死霊館』シリーズではおなじみのパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガ演じるウォーレン夫妻が登場するほか、夫妻の娘であり本作の主人公ジュディを『ギフテッド』『アイ、トーニャ』『キャプテン・マーベル』などハリウッド話題作に引っ張りだこの注目子役、マッケナ・グレイスが演じる。 』のゲイリー・ドーベルマン、製作は『死霊館』「ワイルド・スピード」シリーズのジェームズ・ワン。 当時看護大学生だった女性ドナは、母親から誕生日プレゼントで人形をもらいます。 最初は喜び大切に部屋に飾っていたドナですが、その後徐々に怪奇現象が起きるようになります。 留守番中に移動するアナベル、心当たりのない羊皮紙に書かれた「助けて」の文字、アナベル人形に近づいて胸に7つの爪痕が出来た友人……ようやく事の重大さに気付いたドナ達は心霊研究家ウォーレン夫妻に助けを求め、アナベル人形はオカルト博物館の特製キャビネットに保管される事になります。 しかしアナベルの呪いはここでは終わりません。 アナベルを冒涜したら…… 「悪魔より神の方が偉大!」とアナベル人形を放り投げた神父がその日の帰り道にトラックとの接触事故に…。 神父は一命を取り留めましたが、事故の直前バックミラーに人形が写っていたそう。 いかがでしたでしょうか? 現在絶賛公開中の『アナベル 死霊博物館』ではアナベルのみならずなんと死霊博物館内の全アイテムが動き出す!? 映画『アナベル 死霊博物館』US版予告【HD】2019年9月20日(金)公開.

次の

趣味の茅屋 (00044)

呪 われ た 死霊 館

そういう点に 於 ( おい )て「グリーン 家 ( け )の 惨劇 ( さんげき )」以来、血に乾いている探偵小説の読者には、きっと受けることだろうと思うんだ。 だが、そんな気で、この秘話を聞き、今日の世相を甘く見ていると、飛んでもない 間違 ( まちが )いが起ろうというものだ。 たとえば 今日 ( こんにち )アメリカに 於 ( お )ける自動車事故による 惨死者 ( ざんししゃ )の数字をみるがいい。 一年に三万人の 生霊 ( せいれい )が、この便利な機械文明に 喰 ( く )われてしまっている。 日本に於ても 浜尾子爵閣下 ( はまおししゃくかっか )が「自動車 轢殺 ( れきさつ ) 取締 ( とりしまり )をもっと 峻厳 ( しゅんげん )にせよ」と叫んで居られる。 機械文明だけではない。 あらゆる科学文明は人類に生活の「 便宜 ( コンビニエンス )」を与えると同時に、殺人の「便宜」までを景品として 添 ( そ )えることを忘れはしなかった。 これまでの日本人には大変科学知識が欠けていたし、今でも科学知識の 摂取 ( せっしゅ )を非常に苦しがっている。 だが、若い日本人には、科学知識の豊富なものが随分と沢山できてきた。 少年少女の理科知識に驚かされることが、しばしばある。 若い男子や女子で、工場で科学器械のお守りをしながら飯を食っているというのがたいへん多くなってきたようだ。 若い人々にとって科学知識は武器である。 彼等はなにか事があったときに、その科学知識を 善用 ( ぜんよう )もするであろうが、同時にまた 悪用 ( あくよう )の 魅力 ( みりょく )にも打ち勝つことができないであろう。 実際彼等のあるものから見れば殺人なんて、それこそ赤ン坊の手をねじるより楽なことなのだ。 しかし彼等のそうした科学的殺人事件が、あまり世間に 報導 ( ほうどう )せられないわけは、一つには彼等は殺人の 容易 ( ようい )なることは知っていても、殺人の興味がないし、その味をも知らないことに原因する。 また二つにはその方法処置が完全で、犯行の全然判らない点もあるし、たとえ判ったにしても犯人たるの証拠が全然残されていないことにも原因するのだ。 …… いや、 莫迦 ( ばか )に「 論文 ( エッセイ )」を述べたてちまったが、実は、この論文の 要旨 ( ようし )は、僕の頭の中に浮びあがる以前に、これから話そうという「 電気恐怖病患者 ( でんききょうふびょうかんじゃ )」の 岡安巳太郎 ( おかやすみたろう )君が述べたてたものなんで、その 聴手 ( ききて )だった僕は、 爾来 ( じらい )大いに 共鳴 ( きょうめい )し、この論説の 普及 ( ふきゅう )につとめているわけなんだが、全くその岡安巳太郎という男は、科学的殺人が 便宜 ( べんぎ )になった現代に 相応 ( ふさわ )しい一つの存在だった。 岡安はいまも言うとおり、今日人殺しなんて容易に出来る、ところが自分は小学校時代から算術と理科がきらいで、中学生時代には 代数 ( だいすう )、 平面幾何 ( へいめんきか )、 立体 ( りったい )幾何、三角法と物理化学に過度の 神経消耗 ( しんけいしょうもう )をやり、遂にK大学の 理財科 ( りざいか )を今から三年前に出た「お坊ちゃん」なのだ。 科学知識とはまるで正反対の側に立っているという人間で、科学を 呪 ( のろ )うこと 迚 ( とて )もはなはだしく、科学的殺人の便宜を指摘する 夫子 ( ふうし ) 自身 ( じしん )はいつか 屹度 ( きっと )この「 便宜 ( コンビニエンス )」の材料に使われて、自分はきっと 天寿 ( てんじゅ )を 俟 ( ま )つ迄もなく 殺害 ( さつがい )せられてしまうに決っていると確信しているのだから、実に困ったものだ。 この先生は、機械文明にも一応恐怖心を表明しているが、更に 始末 ( しまつ )のわるいのは電気文明に対する絶対的の恐怖心である。 機械文明の方は自動車にしても、汽車にしても、トロッコにしても(彼は一度 郊外 ( こうがい )で、 赤土 ( あかつち )を一杯積んだトロッコに 轢 ( ひ )かれ 損 ( そこな )ったことがある)、音響なり、速度のある車体の運動なりが、一応耳なり眼なりの感覚に危険を訴えて呉れるから、比較的安全だ。 それに反して、電気文明の方は、電気の流れていることが、眼にも見えなければ、耳にも聞えやしない。 そして誤って触れると、ビリビリッと来て、それでおしまいである。 電気の来ていることが判った次の瞬間には、感電死で、自分の心臓はもうハタと停っている。 一度停った心臓は時計とちがって二度と動いてくれない。 電気を意識したときには、既に 己 ( おのれ )が 生命 ( せいめい )は絶たれている。 これほど、人情のない惨酷な存在が外にあろうか。 しかも警視庁は、電気の来ていることについて何等の表示手段をとっていない。 電線なんてものは皆 鼠 ( ねずみ )色か 黒 ( くろ )色で、 銅 ( どう )が 錆 ( さ )びた色とあまりちがわない。 こうした眼に立たない色だから、つい気がつかないで電線を握っちまったり、トタン 塀 ( べい )を 帯電 ( たいでん )させたりするのだ。 その危険きわまる電線が生命の唯一の安全地帯である 住家 ( いえ )の中まで、 蜘蛛 ( くも )の 巣 ( す )のように 縦横無尽 ( じゅうおうむじん )にひっぱりまわされてある。 スタンドだ、ヒーターだ、コーヒー 沸 ( わか )しだ、シガレット・ライターだ、電気 行火 ( あんか )だ、電気こてだと、電気が巣喰っている道具ばかりが出来て殺人の危険は、いよいよ増加してきた。 それに最も 戦慄 ( せんりつ )を禁じ得ないのは、そうした電気器具がほとんど全部といっていいほど、金属で出来ていることだ。 金属ほど電気をよく伝えるものはない。 それになにをわざわざ、危険きわまる金属を選んで使用するのであるか、警視庁の保安課なんて、一体どんな仕事をやっているのかと言いたくなる。 岡安の電気恐怖病症状については、この上述べると 際限 ( さいげん )がないので、この辺でよしたい。 「俺は電気に殺されるに違いないんだ」と彼は 口癖 ( くちぐせ )のように言っていたもんだ。 そんなに心配になるんなら、岩田の京 ぼんに頼んで、いっそ 一 ( ひ )と思いに、 感電殺 ( かんでんころ )しをやってもらえばいいじゃないの、オーさんッ」と、尻上りの黄色い声を浴びせかけられていたものさ。 この岩田の京 ぼん、 本名 ( ほんみょう )京四郎というのは、カフェ・ネオンから一丁ほど先にある電気商の若主人で、ネオンの新築当時、電燈や電熱器の配線工事をやった関係があって、それからこっち、客になってはウイスキーを 舐 ( な )めに来たり、また 出入 ( でいり )の電気屋として配電の 拡張 ( かくちょう )工事や、問題のネオン・サインの電気看板の取付けにやって来たりなどして、どっちかと言うとカフェ・ネオンの特別客というわけだった。 尤 ( もっと )も若い男のことだから、美しい女給の誰かにお 思召 ( ぼしめし )のあったらしいことは言うだけ 野暮 ( やぼ )である。 話がどうやら脱線の模様だが、京 ぼんに電気で殺して貰えなどと言われると、岡安先生は眼を一ぱい見開いたまま、一同から身を遠ざけるために、隅っこの 羽目板 ( はめいた )へペタンと身体をへばりつけてしまう。 そのとき春ちゃんが「ホラ懐中電燈! ホラ、電気よ!」と言って岡安の横腹を、ちょいと 突 ( つ )っつくと彼はキャッと言うような声をあげて三尺ばかり飛び上る、その恰好がとても面白いというので、春ちゃんが、退屈さましにときどき用いる。 外 ( ほか )の女給も人の悪いのばかりで、めいめいの客をほったらかして置いてわざわざこれを見に来るという騒ぎさ。 その騒ぎが大きくなりすぎたと思われる頃になると、鈴江という 半玉 ( はんぎょく )みたいな女給が青い顔をして皆のところへやって来る。 「あたい、気味がわるいから、キャッキャッ言わせるの、よしてよ」そういうと春ちゃんが、鈴江をぎゅっと 睨 ( にら )んで、何か 呶鳴 ( どな )りたいらしいんだが、そいつをモグモグと口の中に押しかえして黙っちまう。 この 気配 ( けはい )に一同もくさっちゃってそれぞれ元の客席へ退散という段取りになるのが例だった。 この光景を、見ていて見ていないふりをしている奴に、カウンター兼給仕長の圭さんというのが居る。 これは本名を 鳥居圭三 ( とりいけいぞう )という三十五にもなる男でカフェ・ネオンの 現業員 ( げんぎょういん )の中でも最年長者なのだ。 こいつは、 内々 ( ないない )春ちゃんに気があるらしい。 もっとも春ちゃんはネオンのプリマドンナだから、お客といわず、従業員といわず、なんとかなるものなら是非一度は桃色のチャンスを持ちたいものをと願っていなかったものは無かろう。 給仕長の圭さんは、白い 上着 ( うわぎ )を 酒瓶 ( さけびん )の蔭にかくしてなにか整頓に夢中になっているように見せて置いて、 然 ( しか )るのち、その蔭に鈴江をよびこむと、春ちゃんの機嫌をわるくするようなことを言っちゃならねぇぞと、 薄気味 ( うすきみ )わるい表情と口調とで、 訓戒 ( くんかい )を与えるのだった。 面白いのは、訓戒を与えているのに、春ちゃんが気付くと、彼女は 燕 ( つばめ )のように 忽 ( たちま )ち圭さんの前にとんで行き、「余計なおせっかいだよ、すうちゃん、あっちへ行っといで……」と逆に圭さんに 喰 ( く )ってかかる。 圭さんはなにも言わないで、ニヤニヤ笑っているところで幕になるのが、毎度のことであった。 その圭さんは、この幕切れには 納 ( おさま )りかねるものと見え、それから舞台裏のコック部屋へ入りこんで、コックの 吉公 ( きちこう )と無駄口を叩きはじめる。 吉公というのは 祖父江春吉 ( そふえはるきち )が本名で、本来なら春公とか何とか言うのがあたりまえなんだが、彼がこのカフェに来る前に既に春ちゃんと呼ばれる女給が居た関係上、春吉の方は春公とは言わないで、吉公とよばれていた。 圭さんと吉公とはまあ仲のいい方で、そして二人はカフェ・ネオンに於ける 正 ( まさ )しく男子現業員の全部で、そして気の毒にも一階受持ちの女給八人、二階受持ちの女給七人、合計十五人の 娘子軍 ( ろうしぐん )に対し、名実共に頭が上らなかったのである。 こうした風景が、カフェ・ネオンにおいて表面は案外平凡にくりかえされているうちに、突如として 大惨劇 ( だいさんげき )の 黒雲 ( くろくも )が、この家の上に舞い 下 ( くだ )った。 それは月も 氷 ( こお )るという 大寒 ( たいかん )が、ミシミシと音をたてて 廂 ( ひさし )の上を渡ってゆく二月のはじめの夜中の出来ごとだった。 カフェ・ネオンの三階の寝室で、春ちゃんが 惨殺 ( ざんさつ )されてしまったのである。 その寝室には春ちゃんの 外 ( ほか )に四人の女給が、思い思いの方向に枕を置いて寝ていたのであるが、不思議なことに、彼女達は、春ちゃんの殺されたことを朝の十一時まで全く知らなかったのである。 丁度 ( ちょうど )その時刻のすこし前に給仕長の圭さんが出勤して来て、階下のコック 室 ( べや )に 独寝 ( ひとりね )をしていた吉公を 叩 ( たた )き起すと、その勢いで三階の娘子軍の寝室までかけ上ったところ、蒲団をまくられても寝ている方がましだという頑強な反抗に遭い、 温和 ( おとな )しく階下へおりて彼女の代りに店の窓をあけたりしていると三十分も経ってから、この三階建てのビルディングが 崩 ( くず )れるような音をたてて、四人の生残り女給が悲鳴と共に 駈 ( か )け 下 ( お )りて来た。 その恰好は話にも絵にもならない。 滑稽 ( こっけい )と悲惨とが隣り合わせに 棲 ( す )んでいたことにはじめて気がつくような異常な光景だった。 その四人の女給は鈴江、ふみ子、お千代、とし子でみんな古くから居る連中ばかりである。 三階へ行ってみると、表の窓際に床をとって寝ていた春江が、 仰向 ( あおむ )けに白い胸を高く 聳 ( そびや )かして死んでいた。 その左の乳下には一本の短刀が垂直に 突 ( つ )っ 立 ( た )ち 天 ( あま )の 逆鉾 ( しゃちほこ )のような形に見えた。 どす黒い血潮が胸半分に拡がりそれから 腋 ( わき )の下へと流れ落ちているらしかった。 右の乳房はどうしたものか、彼女の右の手で堅く握りしめていた。 しかし全体の姿勢から言って、彼女は即死を遂げたものの如く、蒲団の中に行儀よく横たわっていた。 彼女の死後、犯人は 蒲団 ( ふとん )を頭の上からスポリと 被 ( かぶ )せて行ったので、一層発見がおくれたものらしい。 だからその朝一度その室を訪れた圭さんも気がつかなかったものと考えられる。 警視庁の活動は、はじまった。 死体は 即刻 ( そっこく )大学へ廻され、 剖検 ( ぼうけん )された。 結果としてその 早暁 ( そうぎょう )二時と三時との間に 殺害 ( さつがい )されたことが判明した。 死因は 刺殺 ( しさつ )で、刃物は 美事 ( みごと )に心臓に達している。 尚 ( なお )死の前後に暴行をうけた形跡が存在しているが、被害者の 肢勢 ( しせい )から考えて死後に於て加えられたものとする方が理窟に合う。 勿論 ( もちろん )、兇行原因は 痴情関係 ( ちじょうかんけい )によることは明らかである。 しかしながら殺人犯人の見当は中々はっきりついては来なかった。 第一、証拠が全くのこされていない。 短刀の 柄 ( え )にも指紋はない。 被害者は無抵抗で即死したような訳だから、犯人の 着衣 ( ちゃくい )の一部をもぎとってもいない。 死体の右手は右の乳房から離され、一応 掌 ( て )の中を改めてみたが、 此処 ( ここ )にもなんの異常もなく、春ちゃんは単に乳房を握りしめていたというに過ぎないと観察された。 圭さんと吉公は、厳重な取調べをうけたが、勿論ボロを出さずにすんだ。 しかし二人の 現状不在証拠法 ( げんじょうふざいしょうこほう )はすこし根拠が薄弱である。 というのが、圭さんの方は当時、 鰥夫暮 ( やもめぐら )しで、二人のよく睡る子供と一緒に睡っていたというし、吉公の方は一時就寝、十時起床で、その間、寝ていたには 相違 ( そうい )ないが、それを証明するに 途 ( みち )のない 独 ( ひと )り 者 ( もの )だった。 女たちも調べられたが、皆々昼間の疲れで熟睡したと申立てるばかりで、春ちゃんが殺された前後についての 陳述 ( ちんじゅつ )に、これぞと思う有力な事実が判明しなかった。 ただふみ子という皆の中では一番年の多い女給が申立てたところによると、店がひけてから三丁ほど先に在るカフェ・ネオンの別荘(というと 体裁 ( ていさい )がいいが、その実、このカフェの持主の 喜多村次郎 ( きたむらじろう )の 邸宅 ( ていたく )にして同時に五人ばかりの女給が宿泊するように出来ている家で、実は彼女等の特殊な取引が行われるために存在する家だともいう)へ着物のことで行き、その用事がすんでカフェへ帰って寝たのが一時半だった。 そのときに春江はじめ四人の女給はもう寝ていたが春江の寝すがたが 莫迦 ( ばか )に細っそりしているので不思議に思い、 側 ( そば )によってよく改めて見ると、春江の身体は無く 寝衣 ( ねまき )や枕が身体の代りに入っていたと述べた。 これは警視庁にとって唯一の参考材料となった。 春江はどこかへ行って一時半には寝床にいなかった。 春江はその時刻、どこでなにをしていたろう。 春江の客や 情人 ( じょうじん )の探索が、 虱 ( しらみ )つぶしに調べられて行った。 岡安巳太郎や、岩田の京 ぼんも、調べられた一人だった。 これも自宅に於て睡眠中だったそうで、格別材料になるようなものが発見せられなかった。 事件は文字どおりに、 迷宮 ( めいきゅう )へ 陥 ( おちい )って行ったのである。 春江の 初 ( しょ )七 日 ( か )が来た。 その夜、カフェ・ネオンの三階に於て、またまた惨劇が演ぜられた。 不幸な 籤 ( くじ )を引きあてたのはふみ子という例の 年増 ( としま )女給だった。 殺害状況は、前の春ちゃんの 惨殺 ( ざんさつ )の時のと、まるで写真にとったように同じ状況を再演した。 強 ( し )いて相違の個所を挙げるならば、こんなことになる。 ( 因 ( ちなみ )に、春江の位置に寝ていたのは、鈴江であった) この外の点は、皆おなじ事で、不思譲なことに、殺害の時間も、短刀の大きさも、致命傷の位置も同じで、ただ 創痕 ( きずあと )の深さが、すこし深いように報告されていた。 第二の惨劇の日につづく一両日の間に、僕の耳に入った特殊事項について二三のことを述べて置こう。 なに、君はこの事件に、どんな役目をしていたのだか言えというのかい。 それは判りきっているじゃないか。 どうせ終りまで聞けば、判るにきまっていることなのさ。 僕が誰だって、この物語の進行には一向 差支 ( さしつか )えないわけじゃないか。 鈴江が、捜査係長に 訊 ( たず )ねられた 一事 ( いちじ )がある。 それは第二の犠牲者たるふみ子の肩のところに貼ってある 万創膏 ( ばんそうこう )について 生前 ( せいぜん )ふみ子が、おできが出来たとか、傷が出来たとか言っていなかったかという質問である。 鈴江は知らないと答えた。 同じ質問が次にお千代に発せられた。 お千代は細い引き 眉毛 ( まゆげ )をしかめながら何か思い出そうとしているようだったが「ふうちゃんの首のところには、おできも傷もなかったようですわ、あの日のおひるっころ、ふうちゃんと 蛇骨湯 ( じゃこつゆ )へ一緒に入ったんですがそのときお 互様 ( たがいさま )に、 洗 ( なが )しっくらをしたんですのよ。 わたしはふうちゃんの首のところに小さい 黒子 ( ほくろ )があるのを見付けたものですから、ちょいとおイタをしてやれと思ってふうちゃんの 頸 ( くび )んとこをギュウギュウこすってやったんです。 ふうちゃんは、あんたいたいわよ、血が出るじゃないのといいましたから、でもこの 小 ( ちい )ちゃい黒子が、どうしてもとれやしないのよと言って笑ったんですの、そのときによく注意していたと思いますが、別に傷もおできも見えなかった、ような気がしますけれど……」と 陳述 ( ちんじゅつ )した。 清子、かおる、とし子の三人も知らないと、順々に答えた。 この 訊問 ( じんもん )が終ったあとで、係官の間に、こんな会話が行われるのを聞いた。 「ふみ子の首の 万創膏 ( ばんそうこう )をとって見たが、穴が相当深くあいていた。 沃度丁幾 ( ヨジウム・チンキ )をつけてあるが、おできのあとともすこしちがうような気がするんだが、大学の鑑定事項の中へ、穴ぼこが意味する病名を指摘するように書き加えて置いて呉れ給え」 「不思議ですな、前の春江の場合にも、やっぱり首のところに万創膏が小さく貼ってあったじゃありませんか?」 「なに、それは本当か。 だがそうなるとあの万創膏は犯人が 貼付 ( ちょうふ )したことになるわけだ。 さあ、 失敗 ( しま )った。 あの万創膏を捨ててしまった。 あれを顕微鏡にかければ、たとえ犯人が手袋をはめてあれを貼りつけたものとしても、ゴムがペタペタしているために、手袋の繊維をすくなくとも数十本は 喰 ( く )わえこんでいる筈だ、それから 手懸 ( てがか )りが出るかも知れなかったのだ。 莫迦 ( ばか )なことをしてしまった」係長のなげきは、なかなか一と通りではないようにみえた。 もう一つの面白い事実は、ふみ子の死んだという日のお 午下 ( ひるさが )りに、岡安巳太郎が、ヒョックリとカフェの 扉 ( ドア )をおして入ってきたことだ。 警視庁では、相続いて起った殺人事件に証拠材料があまりに貧弱で、考えようによっては、犯人の容易ならぬ 周到 ( しゅうとう )ぶりが浮んでみえるようなので、なにか手懸りを得るまでは、このカフェ・ネオンに営業を休んではならぬと言い渡してあった。 そしてふみ子の死体は、別荘の方で 葬儀 ( そうぎ ) 万端 ( ばんたん )を扱うこととし、カフェ・ネオンはいつものように昼間から、桃色の薄暗い電灯が 点 ( とも )っていたのである。 なにも知らぬ岡安は、はりこんでいる刑事の間を、すれすれにくぐりぬけてきたことも知らずに、いつもの 定席 ( じょうせき )に腰を下した。 すると奥から鈴江があたふたと出て来るなり岡安の前へペタンと坐って、「オーさん、大変よ。 きいても大きな声をだしちゃいやあよ。 今暁方 ( けさがた )、また、ふうちゃんが殺されちゃったの。 ええ、三階でね、もうせんのと同じ手で……。 だもんで、 うちの外も(と、あたりに気をくばりながら特に声をひそめて)中にも刑事が張りこんでいるわ、あんた、変な声なんか出さないでちょうだいね」とやさしく 睨 ( にら )んだ。 一体、鈴江という女は、春ちゃんの死後その いいひとだった岡安と馬鹿に仲よくなったようだ。 この女は、 半玉 ( はんぎょく )みたいな外観を呈しているかと思うと、年増女の言うような口をきくことがあった。 恐らく顔や身体の割には、ずいぶん 年齢 ( とし )をとっているのじゃないかと思われた。 今のところ、岡安も春ちゃんのことは、夢のように忘れちまったらしく、鈴江と 肝胆相照 ( かんたんあいてら )している様子は、 側 ( はた )から見ていて此のような社会の出来ごととしても余り気持のよいことじゃなかったのである。 「すうちゃん。 けさ、ふうちゃんが殺された時間は、いつ頃だったの」 「さあ、よくはわからないけど、二時と三時との間だという話よ。 「すうちゃん、このカフェは 呪 ( のろ )われているんだよ、君も早くほかへ 棲 ( すみ )かえをするといい。 僕は見たんだ。 あんた知ってんの、言ってごらんなさい。 言ってよ、なにもかも、さ早く」 「いや、怖ろしいことだ。 君、このカフェ・ネオンの三階に 懸 ( か )かっている電気看板は、ただの電気看板じゃないんだぜ。 あいつは生きてる! 本当だ、生きてる。 あの電気看板には人間の魂がのりうつっているのに違いないんだ。 きっと、 あいつだ」 「なにを 寝言 ( ねごと )みたいなことを言ってんのよ。 早くおきかせなさいな、けさがた、あんたの見たということを……もしかしたら、オーさんは、けさがた 此処 ( ここ )の家へ……」 「あの電気看板は、早く 壊 ( こわ )してしまうがいいぞ。 おい、すうちゃん、あの電気看板はいつも桃色の線でカフェ・ネオンという文字を 画 ( えが )いている。 あれは普通の 仁丹 ( じんたん )広告塔のように、 点 ( つ )いたり消えたり出来ない式のネオン・サインなのだ。 そしてあの電気看板は毎晩、あのようにして点けっぱなしになっている。 僕 んちはここから十三丁も離れているが、 高台 ( たかだい )に在るせいか、家の屋上からあのネオン・サインがよく見える。 それは 朱色 ( しゅいろ )の 入墨 ( いれずみ )のように、 無気味 ( ぶきみ )で、ちっとも動かない。 また動くわけがないのだ、それだのに、けさ 方 ( がた )、二時二十分にあの電気看板が、ほんの一秒間ほどパッと消えちまったのだ。 そのあとは又元のように 点 ( つ )いていたが……。 停電なら、 外 ( ほか )に 点 ( とも )っている沢山の電燈も一緒に消えるはずじゃないか。 ところが、パッと消えたのはここの電気看板だけさ。 二時二十分にふみちゃんが殺される。 僕は、はっきり言う。 あの電気看板には神経があって、人間の殺されるのが判っていたのだ。 そして僕にその 変事 ( へんじ )を知らせたのに違いないんだ。 あんな怖ろしい電気看板は、今日のうちに壊してしまわなくちゃいけない」 「オーさん、そのことは黙っていた方がいいことよ」とこの話をきいてから死人のように 真蒼 ( まっさお )に [#「 真蒼 ( まっさお )に」は底本では「 蒼蒼 ( まっさお )に」]なっている鈴江が、 皺枯 ( しわが )れた声を無理に 咽喉 ( のど )からはき出すようにして叫んだ。 「その話はオーさんの挙動に、ある疑いを起させるばかりに役立つわ。 あたいは、なにもかも知っているのよ。 たとえば、死んだ春ちゃんとあんたが、密会の打合わせをあの電気看板の 点滅 ( てんめつ )でやっていたこともよく知ってるわ。 さア 今更 ( いまさら )驚くに当りやしない。 春ちゃんは、毎晩十二時になると、あの電気看板のスイッチを切ったり入れたりして、電信のような信号をすると、ご自分の家の屋上でその信号を判断しては、その 夜更 ( よふ )け、ここのうちの裏梯子から三階の屋根裏の物置へあんたが忍んで来るのだったわネ。 電気看板の信号なんかは使わないけれど、 其外 ( そのほか )は 丁度 ( ちょうど )このごろ、あんたとあたいが 繰 ( く )りかえしている深夜のランデヴウみたいにネ。 まあ、くやしい。 どうして忘れるもんか、あの春ちゃんが殺される日、あたいは屋根裏の物置の中に鼠かなんかのように 蠢 ( うご )めいている [#「 蠢 ( うご )めいている」は底本では「 蠢 ( うごめ )めいている」]あんた達を見せつけられて、あたし……。 オーさん。 今の話をすると、とんだ騒ぎができますよ。 黙っているのよ、わかって」 「春ちゃんを殺したのは、僕じゃない。 ふうちゃんを殺したのも、 亦 ( また )僕じゃないんだ」 「そんなことを 訊 ( き )いているんじゃないじゃないの。 いやあなひとね。 ここの中にはそりゃとても怖ろしい人が居るのよ。 人間の 生血 ( いきち )でも 啜 ( すす )りかねない人がネ。 今にわかるわ、畜生」 「すうちゃんは、人殺しをやった奴を知っているのかい」 新しい客がドヤドヤと 扉 ( ドア )のうちへ流れこんで来て、岡安の隣のボックスを占領してしまったので、きわどい話も先ずそれまでだった。 その日の午後四時になって警視庁へ大学からの報告が届くと、 捜索方針 ( そうさくほうしん )が一変した。 朝から 拘引 ( こういん )されていた給仕長の圭さんと、コックの吉公とが、夕方になって一 先 ( ま )ず 帰店 ( きたく )を許され、これと入れかわりに電気商岩田京四郎が、 検挙 ( あげ )られてしまった。 調べ室は金モールの 眩 ( まぶ )しい 主脳 ( しゅのう )警官と、人相のよくない刑事連中の間に、京 ぼんを 挿 ( はさ )んで場面はいとも緊張している。 岩田京四郎はなかなか白状しない。 しかしそれはもう時間の問題であると係官の方ではたかをくくっていた。 というわけは、大学の報告で初めて判った新事実によると、第二の犠牲者ふみ子の死体剖検の結果、兇器を刺しとおしたため出来た傷口の 外 ( ほか )に、それと 丁度 ( ちょうど ) 相 ( あい ) 重 ( かさな )って、兇器によるとは思われない皮膚と筋肉との 損壊 ( そんかい )状態を発見したことにある。 その部は、鋭い爪でひきさいたような形になって居て、 尚 ( なお )そのうえ、皮膚と筋肉の一部に連続的な黄色い燃焼の跡のようなものがある。 これはおかしいと更に解剖をすすめたところ、遂にふみ子の死因が、短刀による 心臓部 ( しんぞうぶ ) 刺傷 ( ししょう )であると判断せられていたのは大間違いで、実は高圧電気による感電死であり、その高圧電気は、ふみ子の 乳下 ( ちちした )と、万創膏の 貼 ( は )りつけてあった首の後部とに 電極 ( でんきょく )を置かれて放電せられたもので、相当強い電流が心臓を刺し其の場に即死をとげたことが判明した。 この驚くべき事実が報告されてみると、警視庁では、第一の犠牲者の春江 惨殺 ( ざんさつ )事件に於ても同様の手段がとられたものと確信をもつようになった。 それは、春江の場合には 頸部 ( けいぶ )に、小さい万創膏が貼りつけられてあったのを覚えている係官が居たことから判って来たのである。 ここに電気商岩田京四郎は非常な不利な立場となりカフェ・ネオンの 頻繁 ( ひんぱん )な電気工事の詳細について 手厳 ( てきび )しい 訊問 ( じんもん )が始まった。 無論、女給殺しの電気は、何万ボルトという高圧電気を使っている三階のネオンサイン電気看板から、被害者の身体へ導かれたものであり、そうした思い付きや、高圧電気の取扱いは、岩田京四郎を除いて 外 ( ほか )の誰もが出来そうにないことから当然、二回に 亙 ( わた )る電気殺人の犯人として彼が 睨 ( にら )まれたのも 致方 ( いたしかた )ないことであった。 電気商の京 ぼんが翌日の取調べ続行のため冷い留置場の古ぼけた腰掛の上に、睡りもやらぬ一夜を送った其の 翌朝 ( よくあさ )のことだった。 事件急迫のために、宿直室で 雑魚寝 ( ざこね )をしていた係官一同は「カフェ・ネオンに第三の犠牲者現わる」という急報に叩き起されて、 夜来 ( やらい )の睡眠不足も一時にどこへやら消しとんでしまった。 第三の犠牲者は、 眉毛 ( まゆげ )の細いお千代だった。 捜査係長は、 喪心 ( そうしん )の 態 ( てい )で、宿直室の床の上へ起き直ったまま、なかなか室から出て来そうな 気色 ( けはい )もみせなかった。 第三の犠牲者のお千代の 殺害惨状 ( さつがいさんじょう )はあまりにも 悲惨 ( ひさん )だった。 女給一同は、第二の惨劇以来というものは、カフェ・ネオンに宿泊するのをいやがって、みな別荘の方へ行って寝ることにしていた。 ただ気づよいコックの 吉公 ( きちこう )だけは、このカフェを 無人 ( ぶにん )にも出来まいというので、依然として階下のコック 室 ( べや )に泊っていた。 しかし室の内部からしんばりをかったりして 真昼 ( まひる )女給たちから 小心 ( しょうしん )を 嗤 ( わら )われたものだ。 その夜、お千代は当番で、最後まで店にのこっていたものらしい。 勿論 ( もちろん )彼女は別荘へ帰ってゆくに違いなかったのだが、とうとう其の夜は別荘に姿を見せなかった。 事件以来、他へ泊りに行くこともちょいちょいあるので 大 ( たい )して問題にされなかったが、朝になって女給たちが、 昨夜 ( ゆうべ )の疲れを 拭 ( ぬぐ )われて起き出でた頃には、お千代が昨夜かえって来なかったことについて不吉な問題が一同の間に燃え拡がって行った。 「あら、すうちゃんが見えないじゃないの」 と叫んだ娘がいる。 「昨夜ここへ泊ったわよ、ほら、その蒲団があの人のじゃないの。 お 小用 ( こよう )にでもいったんじゃないかしら、だけどこうなると、一々気味がわるいわねえ」 鈴江の行方については 兎 ( と )も 角 ( かく )も、一方お千代の 惨死体 ( ざんしたい )が、又もやカフェ・ネオンの三階に発見されて大騒ぎが始まった。 またしても言うが、お千代の最後は 惨鼻 ( さんび )の 極 ( きょく )だった。 彼女はどうしたものか、夜中に開かれた表向きの窓から、半身を 逆 ( さかさ )に外へのり出し、 丁度 ( ちょうど )窓と電気看板との間に 挿 ( はさま )って死んでいた。 だから 暁 ( あ )け 方 ( がた )になってようやく通行人が、電気看板の 上端 ( じょうたん )からのぞいている 蒼白 ( あおじろ )い 脛 ( はぎ )や、女の 着衣 ( ちゃくい )の一部や、看板の下から 生首 ( なまくび )を 転 ( ころが )しでもしたかのように、さかさまになってクワッと眼を開いている女の首と、その首の半分にふりみだれた黒髪とを発見して大騒動になった。 お千代は晴着をつけたまま殺されていた。 矢張 ( やは )り心臓には短刀がプスリと突きたてられ、警視庁で眼をつけていた 万創膏 ( ばんそうこう )も肩のあたりに発見せられた。 すべて同一手法の殺人である。 そして電気殺人たることは判っているのにもかかわらず、それを 瞞著 ( まんちゃく )しようとてか短刀を乳房の下に刺しとおしてあるではないか。 係官は犯人の 嘲弄 ( ちょうろう )に 悲憤 ( ひふん )の 泪 ( なみだ )をのんだ。 そして即時、このビルディングの徹底的家宅捜索の命令が発せられた。 その取調べの最中に、フラフラとやって来た岡安巳太郎が苦もなく刑事の手にとり押えられたのは、気の毒にも 滑稽 ( こっけい )であった。 「ゆうべ、誰かがカフェ・ネオンで殺されたでしょう、刑事さん、僕は知っとる。 だから、こんな 化物 ( ばけもの )のような電気看板は 壊 ( こわ )してしまえと僕は忠告しといたのです。 それにひとの言う事を信用しないものだから、又誰かが殺されちまったじゃないか。 今度は誰です。 え、お千代、千代ちゃんか。 すうちゃんはまだ生きていますかネ。 可哀 ( かわ )いそうな千代ちゃん。 あの子の死んだのは、やっぱり今朝の二時二十分です。 僕はちゃんとこの眼で、現在みていたんだからな。 この看板のやつ、また 瞬 ( まばた )きをしやがった、この化物め!」刑事がこの 厄介 ( やっかい )な男を制する間もなく、岡安は 路傍 ( ろぼう )の大きな石を拾い上げると、パッとネオン・サインを目がけてうちつけた。 恐ろしい物音がして、サインの 硝子 ( ガラス )が 砕 ( くだ )け、電気看板が 壁体 ( へきたい )からグッと右の方へ傾くと、まだその 儘 ( まま )にしてあったお千代の屍体がぬっと 白日 ( はくじつ )のもとに露出してきたもんだから、見て居た係官や群衆は、わっと声をあげると共に、顔の色を 真蒼 ( まっさお )にしてしまった。 その 隙 ( すき )に岡安はとび上って何だかわけのわからぬことを 呶鳴 ( どな )りちらしては暴れていた。 「 春公 ( はるこう )の 怨霊 ( おんりょう )め、電気看板に化けこんだって、僕はちゃんと知っているぞ。 僕が殺せるんなら、サアここまでやって来て殺してみろ!」彼は電気看板を春ちゃんの 死霊 ( しりょう )と思い 誤 ( あやま )っているのであった。 警官は、この気が変になってしまったらしい岡安を手とり足とり連れて行ってしまった。 騒ぎがますます大きくなってゆく内に、女給の鈴江と、コックの吉公とが、全く行方不明になっていることが報告された。 それ以来、 今日 ( こんにち )に至るまで二人の消息は、警視庁にとどかないのである。 警視庁では、その夜、電気商の京 ぼんを 釈放 ( しゃくほう )し、圭さんの 嫌疑 ( うたがい )も晴れた。 岡安巳太郎は気がすこし 鎮 ( しず )まったところで、色々と 訊問 ( じんもん )をうけたが、電気的知識に乏しいばかりか、大きい恐怖さえ感じている岡安に、電気殺人ができる筈はないというので、犯人たるの 嫌疑 ( けんぎ )は薄くなった。 それに係官は彼のために、電気看板が 瞬 ( まばた )くように見えるのも、その 途端 ( とたん )に電気抵抗のすくない 人体 ( じんたい )の方へ電気が流れるため、電気看板の方には電気が通らぬこととなり、それで 一寸 ( ちょっと )消えるのだと説明してやっても彼には、サッパリ理解がつかなかった。 兎 ( と )も 角 ( かく )も春江 惨殺 ( ざんさつ )の夜の岡安の行動には、 尚 ( なお )いくぶんのうたがいが残されている。 又、彼が、 何故 ( なにゆえ )に、この寒い二時三時という深夜にひとり起きいでて屋上に立ち、カフェ・ネオンの電気看板を眺めくらしているものか、これについて岡安の語るところによると、春江と電気看板の 点滅 ( てんめつ )を合図に 逢瀬 ( おうせ )を楽しんでいたことが忘れられず、今は鈴江と仲のよくなった今日も、毎晩のように十三丁も 遠方 ( えんぽう )から、あの桃色のネオン・サインをうっとり 見詰 ( みつ )めていたそうで、そうした生活が、なにより、彼にとって楽しい時間であり、寒さもなにも感じないと答えた。 そこでいよいよ取っておきの話をするが、実はカフェ・ネオンの 惨劇 ( さんげき )の犯人と目される春吉と鈴江の関係について、僕が知っていることがある。 鈴江は自分の 惚 ( ほ )れている岡安と 情人 ( じょうじん )たる春江とのよい仲に 極度 ( きょくど )の 嫉妬 ( しっと )をおこし、二人の 逢瀬 ( おうせ )が 度々 ( たびたび )屋根裏の物置で行われているのを知ったもので、とうとうたまりかねて、春江を殺す決心をした。 兇行前 ( きょうこうぜん )、同室に熟睡中の同僚を 麻睡薬 ( ますいやく )を 嗅 ( か )がせてよく睡らせてしまい、兇行後には自分もみずからこの薬の力を借りて熟睡に陥り巧みにみんなの眼をごまかしていたものである。 コックの春吉は、実は殺された春江の 従兄 ( いとこ )にあたる男だが、その関係を隠してカフェ・ネオンにやとわれていた。 春江が鈴江に 覘 ( ねら )われていることを感付いてはいたが、とうとう彼の注意の届かないうちに春江は殺されてしまった。 鈴江は春江を殺しただけではなく、春江の 情人 ( じょうじん )たる岡安を完全に手に入れ、岡安も春江のことなどを忘れてしまったかのように鈴江と 喃々喋々 ( なんなんちょうちょう )の態度をとった。 それでコックの春吉はすっかり 憤慨 ( ふんがい )し、この 復讐 ( ふくしゅう )を計画したわけなのだ。 彼は 元々 ( もともと )、極端な 享楽児 ( きょうらくじ )で、趣味のために、いろいろな職業を選び、 転々 ( てんてん )として 漂泊 ( さすらい )をした。 その間にも電気の職工にもなって高圧電気の取扱いも知っていた。 更にわるいことは、 従妹 ( いとこ )の春江の感電死に 遭 ( あ )ったために、彼の享楽主義は、怪奇趣味にめらめらと燃え上った。 復讐手段としては、鈴江を直ちに殺さずに鈴江のやったと同じ手段で、次から次へと若い女を殺して行き、だんだんと嫌疑が鈴江の方に向いて来るような 途 ( みち )をとらせ、思う 存分 ( ぞんぶん )、鈴江を脅迫し恐怖させた上で、最後に 惨殺 ( ざんさつ )してやろうと思ったのである。 ところが、その手はじめとしてふみ子を殺してみると、鈴江はたちまち犯人が彼であることを感付いてしまった。 二人は 睨 ( にら )み 合 ( あ )いの状態となり、お 互 ( たがい )に持つ 兇状 ( きょうじょう )は、二人を奇怪きわまる 共軛関係 ( きょうやくかんけい )に結びつけてしまった。 第三の 惨劇 ( さんげき )もコックの春吉の手で行われたが、それは鈴江への脅迫材料になると共に、又自分の 重荷 ( おもに )にもなってしまった。 二人はお 互 ( たがい )の行動について極度の注意を払った。 一方が、その筋へ一方を訴えて死刑台へ送れば、次の日には自分も必ず 捉 ( とら )えられて死刑台へ送られねばならなかったのである。 二人は、別々に、この点について理解し、相手から 脱 ( のが )れる方法に苦心し合った。 その結論は、唯一つあった。 相手の生命をとってしまうことだ。 この 外 ( ほか )に、生きる 途 ( みち )はないと知った彼等は、お互に相手の 隙 ( すき )を 覘 ( ねら )い合った。 だが第三の惨劇で、いよいよこれ迄の 犯跡 ( はんせき )が 曝露 ( ばくろ )しそうになったのをみてとった彼等二人は、朝の太陽が東の地平線から顔を出す前にこのカフェから手をたづさえて 遁走 ( とんそう )してしまったのである。 いや、この市街から永遠に去って行ったのである。 敵 ( かたき )同士の不思議な旅が始まった。 怪奇に充ちた生活がはじまった。 彼等は、 外 ( ほか )から見れば、 羨 ( うらやま )しいほど仲のよい、そして 慎 ( つつし )みのある若い男と女とであった。 しかし人目を離れて二人っきりの世界になると、 慎恚 ( しんい ) [#「 慎恚 ( しんい )」はママ]のほむらは天に 冲 ( ちゅう )するかと思われ、相手の 兇手 ( きょうしゅ )から脱れるために警戒の神経を注射針のように 尖 ( とが )らせた。 若い彼等二人は、 仲睦 ( なかむつま )じそうに、一つ蒲団に抱き合って寝た。 相手の腕が自分の 肢態 ( したい )にしっかり、からみついている間は、安心して睡った。 「剣を 抱 ( いだ )いて寝る」 と春吉は在る夜ふとそうした文句を口の中で言ってみた。 彼は只今の生活に、彼のあらゆる精力と神経とを 消耗 ( しょうもう )しつくしていた。 恐ろしい生活、しかし今日までさまざまの 享楽 ( きょうらく )を求めてきた身にとって、一面に於て、これほど異常なエクスタシーを与えてくれるものはなかった。 これほど生命の価値を感じたことはなかった。 これほど神を想ったことはなかったのである。 「『剣を抱いて寝る』といったわね」機嫌のわるいと思っていた鈴江が、細い声で彼の耳元にしずかに 囁 ( ささや )いた。 鈴江の顔の下に 重 ( かさな )っていた彼の頬に、ポタリポタリと、なま暖いものが落ちて来てくすぐるかのように、彼の唇の下をとおって枕の下におちて行った。 彼は鈴江の腕がギュッと身体をしめつけて来るのを感じた。 彼はいつもとはまるで反対の気持で、鈴江の強い 握力 ( あくりょく )に、かぎりなき 愛着 ( あいちゃく )を感じてゆくのであった。 と、まアこういう話なんだがね、そのうちに、妻もお湯から帰ってくるだろうから、そうしたら、 晩飯 ( ばんめし )でも御馳走することにしようよ。 もう今日がお別れになるかも知れないんだ、ゆっくりして行きたまえ。

次の