ご 清聴 ありがとう ご ざいました スライド。 「ご清聴ありがとうございました」はいらないよ!パワポの締め方ベストはこれ!

[B! スライド] 御清聴ありがとうございました

ご 清聴 ありがとう ご ざいました スライド

学会、卒業研究等の発表会でのプレゼンテーションを念頭に、守ったほうがいい(とぼくが考える)ごく基本的なルールをまとめる。 物理を想定しているが、おそらくほとんどのジャンルにあてはまる。 もちろん、すべての研究者が以下のルールのすべてを実践しているわけではない。 しかし、プレゼンテーションについて真剣に考えれば、多くのルールに賛同してもらえるはずだと信じている。 ここでは、よい発表をするための心がけや考え方には(ほとんど)触れていない。 それはまた別に書くべきだろう。 参考のため、ぼくの最近の発表スライドから抜き出して作った(適当な) も置いておきます(派手すぎる色などは参考にしないでください)。 ページの構成:• あいだは適切に補間してください。 どんな場合にも 必ずタイトルのスライドをつくる。 ごくまれに例外はあるが、原則として、 タイトルは一枚目。 セッションの最初のスピーカーなら、開演前にスクリーンにタイトルのスライドを映しておこう。• 発表の中身を簡潔に表わした タイトル、発表者の所属、 名前をしっかりと書く。 イラストやイメージ画像などを添えてもよいがバランスに注意。• 話し方について:• 「このようなタイトルで発表します」は情報量がゼロなのでやめる。 ちなみに「発表させていただきます」は謙譲語なので、通常の発表で用いるのが適切だとは思わない。 「させていただく」が大人の丁寧な言葉だというのは誤解ですよ。 「発表いたします」は正しいのだが(少なくとも物理では)堅苦しすぎるとぼくは思う。 「発表します」が十分に丁寧だし、ちょうどよい。• そもそも一つの文にしようとするから堅苦しくなるのだ。 」といった具合に(自分らしく)やればよい。 必ず「まとめ」のスライドを作り、発表の最後は「まとめ」を表示する。 「ご清聴ありがとうございました (豆知識:「静聴」は「ご静聴願います」などに使う言葉で、相手が聴いてくれたことを敬って言うときは「清聴」)」などの「締めのスライド」は(たいてい面白くないし)原則として不要。 会心のアイディア(と必然性)があって「締めのスライド」を表示する場合でも、それを見せ終わったら即座に「まとめ」のスライドに戻す。• 理由:ほとんどの人が(特に、講演が次々と続くと)聞いて理解した内容もすぐに忘れてしまう。 しかし、適切な「まとめ」があれば(プロは)思い出せる。 また、「まとめ」を見直して発表後の質問を考えることも多い。 「まとめ」の作り方を工夫すれば(ある程度は)質問を誘導することもできる。• だから、「まとめ」は 「想定する聴衆」が発表の全体像を思い出せるようにつくる。 話し方:時間切れのときには単に「まとめ」を表示して「これが今回の発表のまとめです」と言うだけでもよい。 発表のなかで重要な役割を果たす専門用語、キーワードは、かならずスライドに書いておく。 理由 1:事前に絶対に触れるべき点を頭に入れておいても(発表の緊張などで)忘れることは多い。 スライドに話すべきキーワードが書いてあることで、「頭が真っ白」になっても言うべきことは言える。• 理由 2:より重要なのは聴衆のためになること。 特殊な専門用語の場合、発音を聞いただけでは実際の言葉がわからない(カタカナ語なのか熟語なのか、また、どういう漢字なのか等々)ことが多い。 また、聴衆が知っているはずの言葉でも、会場の音響が悪い、聴力が弱い、日本語の聞き取りが得意ではない等々の理由で、聞き手に伝わらないことはありうる。 スライドに文字で明記されていて、さらに言葉で説明することで、聞き手に伝わる情報量は圧倒的に大きくなる。 原則として、 すべてのスライドの一番上に(中くらいの文字で) そのスライドで説明する内容の簡潔な要約を書く。• 理由 1:発表を聴く人がつねに完璧な注意力を保てるわけではなく、ときおり流れを見失ってしまうことがある。 スライドに表題があると流れがわかる。• 理由 2:各々のスライドに適切な表題をつけることはよい発表を準備するためにも役立つ。 一つのスライドに複数の内容を詰め込むのはよくない習慣だが、それは表題をつけることで自然に防げる。 また、表題をどうつけるべきか悩む中で、話す内容の選択や発表の構成がしっかしてくることもある。 いささか極論だが「適切な表題が思い浮かばないようなスライドは省けばよい」という考えにも一理ある。 発表をいくつかの部分に分けることで、構造のはっきりしたメリハリのある講演ができる。 その際、 明示的なパート分け、目次などが役に立つ。• パート分けの簡単だが効果的な (個人的には、おすすめの)方法は、「実験結果」などと大きな文字で書いた一枚物のスライドを用意し、それぞれの部分の冒頭で示すことだ。 話すときは「では、これから『解析手法』について説明します」という風に簡潔に言えば、その話題に興味を持っている人が目を覚ましてくれる。• 長い発表、あるいは、組み立てが単純でない発表の場合は、全体の構成を最初に目次で示すのもよい。 ただし、複雑な目次を頭に入れておける人はほとんどいないので、パートが切り替わるたびに同じ目次のスライドを見せる。 その際、これからどの部分を話すかが一目でわかる工夫(目立つ矢印で指し示す、その部分の文字を強調し他の部分を薄くするなど)をしよう。 講演の冒頭で、目次の項目の一つ一つを丁寧に説明している人をたまに見るが(よほど内容を深く理解している相手に話す場合以外)これは不要。 まだ知らない話について事前に詳しく説明されても普通は頭に入らない。 最初は、目次を見せて簡単に説明するだけで十分。 発表の目的は学問の内容を伝えることなので、内容と関係のない情報は不要というのが基本的な考え方。 それを踏まえた上で、発表をスムーズにして聞き手に興味をもってもらう工夫をする。• 文字通りの「謝辞」(特定の人物や団体への感謝の意思表明)は、ほとんどの聴衆と無関係なので、そのために余分なスライドのスペースや時間を割く必要はない。 一方、たとえばサンプルを提供してもらった、何らかの測定を頼んだといった「共著者以外の研究者やグループの学問的貢献」を明示するのは(場合によっては)必要だろう (ちなみに、英語の acknowledgment にはこのような含意もあると思われる)。 本文の中、あるいは、まとめのスライドの下部などで簡潔に述べるのがよいだろう。• プロの研究者が、自分の所属機関、グループ、研究プロジェクト等の紹介に時間とスライドを使うのもよく見るが、これらも原則として不要だとぼくは思う(ただし、実験の概要や目的を説明するために施設の様子を紹介するなど、必要な場合はどんどんやってください)。 もちろん、すべては程度問題なので、個々の場合に判断するしかないのだが。 なお、スポンサーや参加プロジェクトからの指示で情報(宣伝)を入れる場合には、タイトルあるいは「まとめ」スライドの背景等にロゴやアイコンを並べるなど学問的内容を圧迫しない工夫をするといいと思う。• グループやプロジェクトの紹介をする人の多くには、何らかの「大人の事情 (スポンサーの依頼、学生やポスドクの売り込み、所属機関の宣伝、単なる自慢などなど)」があると思われる。 そういった事情のない人が真似をすることはない。 「堅苦しい発表にしたくない」と思うなら、「大人」の真似などせず、自分なりの創意工夫をして有益で面白い「ネタ」をしこむことを考えよう。 言うまでもないことかもしれませんが、私の書いたページの内容に興味を持って下さった方がご自分のページから私のページのいずれかへリンクして下さる際には、特に私にお断りいただく必要はありません。 田崎晴明 学習院大学理学部物理学教室.

次の

「ご清聴ありがとうございました」はこの英語で通じる?|マイスキ英語

ご 清聴 ありがとう ご ざいました スライド

まずは、避けた方がいいプレゼンの終わり方を説明していきます。 その後、どういった終わり方がいいのかをお伝えしていきたいと思います。 話の流れのまま終わる このパターンは結構多いかもしれませんね。 提案する内容をプレゼンしていって、最後もその流れでなんとなく終わってしまう、というパターンです。 「〜〜であることから、このエネルギー再生技術により、省エネを実現しています。 以上が今回ご紹介させていただく提案となっております。 ありがとうございました。 」 終わり?? ってなりませんか? 確かに、一連の流れの中で、全てを説明し尽くしたから終わりということは理解できるのですが、それでも終わり方が唐突すぎますよね・・・ 小説や映画では最後にまとめて終わることはありませんが、プレゼンでは 最後に「まとめ」が必要です。 なぜなら、 最後にまとめることで、提案内容をしっかりと記憶にとどめてもらえる可能性が高まるからです。 まとめている風 ではこのような終わり方はどうでしょうか? 「この提案は、弊社の今まで培ってきた経験と長い時間を費やして開発したまったく新しい技術となっております。 他社ではこの値段で、ここまで高品質なサービスの提供は難しいのではないかと思いますので、ぜひご検討お願い致します。 」 一見すると悪くなさそうな終わり方です。 最後に自社のアピールをして、検討してもらうことを伝えていますので、しっかりとまとめた終わり方であるように感じます。 ですが、 これでは満点の終わり方だとは言えません。 なぜなら、この終わり方では自社のアピールポイントを語っていますが、聴き手目線に立っておらず、 聴き手にインパクトを与えることができないからです。 自分よがりのスライドは受け入れてもらうことが難しいので、あくまでも聴き手の立場に立ってメッセージを考える必要があります。 ご静聴ありがとうございましたスライド プレゼンの最後に 「ご静聴ありがとうございました」というスライドを表示させるのはどうでしょうか? 「弊社のプレゼンテーションは以上です」 とお礼を言わないで終わるよりも、ちゃんとお礼を言った方が、良い印象を与えられますから、このスライドは必要かもしれません。 特に私たちは礼儀を重んじる文化で育ってきました。 ですから、どんなに素晴らしい提案で、聴き手の感情を刺激したとしても、最後に聞いてくれたお礼を伝えなければ、もしかしたら「傲慢」だと捉えられてしまうかもしれません。 そんなリスクをとる必要はないですし、聞いてくれたお礼を伝えることは、すでに1つの普遍的なルールとなっていますので、必ず最後には「ご静聴ありがとうございました」でも「以上です。 ありがとうございました」でもいいのでお礼を伝えましょう。 ただし、 ここで一つ注意があります。 プレゼンテーションは時間が限られており、何回でもできるわけではありません。 プレゼンテーションができること自体がすでに高いハードルなのです。 ですから、 無駄なスライドは必要ありません。 「ご静聴ありがとうございました」スライドはどうでしょうか? 最後のスライドということは、もしかしたら、このスライドが表示されたまま、質疑応答に入るかもしれません。 ということは、最後のスライドが長い時間表示されたままになるということです。 だとすれば、もっと効果的なスライドを長い時間、見てもらうことのほうが良いですよね。 スライドを見たまま挨拶 スライドを見たままだったり、手元の原稿を見たままだったり、操作しているパソコンを見たまま、最後の挨拶をする人をたまに見かけます。 これは無意識的にそのような行動を取ってしまっているのかもしれませんが、相手に失礼ですし、悪い印象を与えるかもしれませんので、よくありませんね。 最後は顔を上げて会場を見渡し、挨拶をすることを意識してください。 ゆったりと挨拶をすることで余裕を感じられるので、プレゼンターに対しての信頼度が増す効果があります。 早く終わらせたいのが伝わってしまう 予期せぬ質問は、いつもプレゼンターを困らせるものです。 ですから、「最後に質問ある方はいらっしゃいますか?」と聞いて、ちょっと間が空いただけで質問がないと判断し、すぐにでもプレゼンを終わらせようとしてしまいます。 これではプレゼンを早く終わらせようとしているのがバレバレですよね。 質問を受け付ける際には、十分に時間をとって会場を見回し、本当に質問が出なそうだと判断したら終わりにしてください。 最後に印象づけて、プレゼンを効果的に終わらせるために メリットをもう一回伝える 「終わりよければ、すべてよし」ということわざがありますが、最後というのは、印象に残りやすいと言われています。 例えば、次の文章ではどんな印象を受けますが?• 彼は、無口だが仕事ができる• 彼は、仕事ができるが無口である 前者では、仕事ができる人 後者では、無口な人 といった印象をうけませんでしたか? これを心理学では 『親近効果』といいます。 アメリカの心理学者であるN・H・アンダーソンさんが提唱したもので 「最後に提示された内容が記憶に残りやすく、後の判断に大きな影響を与える」 という心理的効果のことです。 ということは、最後に技術的な説明や、自社の特徴などを伝えるよりも、もっと伝えた方がいいことがありますよね? それが、 「提案を採用することで得られる、聴き手のメリット」です! 提案する内容をもう一度伝えることもよいとは思いますが、それよりも、聴き手のメリットを何度も復唱することで、聴き手の感情を刺激し、期待を高めることができるのです。 」 と、プレゼンが終わりであることを伝えてから「最後に・・・」という形でもう一度、メリットを伝える流れに持っていきましょう。 スライドの印象を変える 最後に印象を強めるために必要なことは、メリットをもう一度最後に伝えることだと説明しました。 その際に、前に出したスライドと同じスライドを使用してもいいのですが、雰囲気を変えることで、より強調することができます。 例えば、文字の色を変えてみたり、背景色を変えてみたりすることで、聴き手に退屈な思いをさせずに済みますし、難しい作業ではないので、ぜひ試してみてください。 特典を伝える あなたのプレゼンには特典がありますか? もしあるのでしたら、聴き手を行動させるための強力なきっかけとなることでしょう。 【主な特典内容】• 期間限定での値引き• ひとつ買えばもうひとつプレゼント• 今予約すれば、非売品プレゼント• 永久保証• 返金保証 これらの特典は購入や採用に迷っている聴き手の背中を押してくれる効果があります。 もしも特典があるのなら最後にもう一度特典内容を整理しておくことが重要です。 それは人との付き合いでも、最後に失態をおかしてしまえば、これまで積み上げてきた信頼が崩れてしまうのと同じです。 逆に考えれば、プレゼンの途中で少し失敗してしまっても、最後にビシッと決めれば問題ない、ということでもあります。 最後のスライドでは、3つのパターンが効果的であると説明してきました。 メリットを伝える• 行動喚起を促す• 特典を伝える これらのスライドは最後にだけ伝えれば良い、というものではなく、すべて伝えた上でもう一度伝えることが大切です。 では、これら3つのパターンは最後にどれを使えばいいのかと言いますと、それはプレゼンの内容によって変わってきます。 聴き手にとって強烈なメリットがあるならば、最後に 「メリット」を伝えるべきです。 最終的に何をして欲しいのか分かりづらいと判断したのであれば、明確な 「行動換気」を示すべきでしょう。 特典が多すぎたり、保証内容が複雑であれば、 「特典」を最後に整理して、すぐに行動してもらえればどれくらいお得なのかを再度認識してもらう必要がありますよね。 これら3つのパターンを使って、最後に記憶に残るプレゼンをしていきましょう! 【プレゼン資料の主な制作実績】• 通信サービスイベント プレゼン資料• Payサービス プレゼン資料• 会計事務所 プレゼン資料• ITイベント プレゼン資料• ケータリング会社 プレゼン資料• システムイベント プレゼン資料• AIサービス プレゼン資料• 支出管理会社 プレゼン資料• CIデザイン プレゼン資料• 設計事務所 プレゼン資料• コンサルタントセミナー プレゼン資料• エステ運営会社 プレゼン資料• 個人起業家 プレゼン資料• 東京日比谷商業施設 コンペプレゼン資料• 東京池袋商業施設 コンペプレゼン資料• 東京日本橋オフィスビル コンペプレゼン資料• 東京渋谷区再開発 コンペプレゼン資料• 東京上野結婚式場 コンペプレゼン資料• データセンター コンペプレゼン資料• 教育施設 コンペプレゼン資料• 市庁舎 コンペプレゼン資料• スタジアム コンペプレゼン資料• 病院施設 コンペプレゼン資料 等.

次の

プレゼンテーション

ご 清聴 ありがとう ご ざいました スライド

まずは、避けた方がいいプレゼンの終わり方を説明していきます。 その後、どういった終わり方がいいのかをお伝えしていきたいと思います。 話の流れのまま終わる このパターンは結構多いかもしれませんね。 提案する内容をプレゼンしていって、最後もその流れでなんとなく終わってしまう、というパターンです。 「〜〜であることから、このエネルギー再生技術により、省エネを実現しています。 以上が今回ご紹介させていただく提案となっております。 ありがとうございました。 」 終わり?? ってなりませんか? 確かに、一連の流れの中で、全てを説明し尽くしたから終わりということは理解できるのですが、それでも終わり方が唐突すぎますよね・・・ 小説や映画では最後にまとめて終わることはありませんが、プレゼンでは 最後に「まとめ」が必要です。 なぜなら、 最後にまとめることで、提案内容をしっかりと記憶にとどめてもらえる可能性が高まるからです。 まとめている風 ではこのような終わり方はどうでしょうか? 「この提案は、弊社の今まで培ってきた経験と長い時間を費やして開発したまったく新しい技術となっております。 他社ではこの値段で、ここまで高品質なサービスの提供は難しいのではないかと思いますので、ぜひご検討お願い致します。 」 一見すると悪くなさそうな終わり方です。 最後に自社のアピールをして、検討してもらうことを伝えていますので、しっかりとまとめた終わり方であるように感じます。 ですが、 これでは満点の終わり方だとは言えません。 なぜなら、この終わり方では自社のアピールポイントを語っていますが、聴き手目線に立っておらず、 聴き手にインパクトを与えることができないからです。 自分よがりのスライドは受け入れてもらうことが難しいので、あくまでも聴き手の立場に立ってメッセージを考える必要があります。 ご静聴ありがとうございましたスライド プレゼンの最後に 「ご静聴ありがとうございました」というスライドを表示させるのはどうでしょうか? 「弊社のプレゼンテーションは以上です」 とお礼を言わないで終わるよりも、ちゃんとお礼を言った方が、良い印象を与えられますから、このスライドは必要かもしれません。 特に私たちは礼儀を重んじる文化で育ってきました。 ですから、どんなに素晴らしい提案で、聴き手の感情を刺激したとしても、最後に聞いてくれたお礼を伝えなければ、もしかしたら「傲慢」だと捉えられてしまうかもしれません。 そんなリスクをとる必要はないですし、聞いてくれたお礼を伝えることは、すでに1つの普遍的なルールとなっていますので、必ず最後には「ご静聴ありがとうございました」でも「以上です。 ありがとうございました」でもいいのでお礼を伝えましょう。 ただし、 ここで一つ注意があります。 プレゼンテーションは時間が限られており、何回でもできるわけではありません。 プレゼンテーションができること自体がすでに高いハードルなのです。 ですから、 無駄なスライドは必要ありません。 「ご静聴ありがとうございました」スライドはどうでしょうか? 最後のスライドということは、もしかしたら、このスライドが表示されたまま、質疑応答に入るかもしれません。 ということは、最後のスライドが長い時間表示されたままになるということです。 だとすれば、もっと効果的なスライドを長い時間、見てもらうことのほうが良いですよね。 スライドを見たまま挨拶 スライドを見たままだったり、手元の原稿を見たままだったり、操作しているパソコンを見たまま、最後の挨拶をする人をたまに見かけます。 これは無意識的にそのような行動を取ってしまっているのかもしれませんが、相手に失礼ですし、悪い印象を与えるかもしれませんので、よくありませんね。 最後は顔を上げて会場を見渡し、挨拶をすることを意識してください。 ゆったりと挨拶をすることで余裕を感じられるので、プレゼンターに対しての信頼度が増す効果があります。 早く終わらせたいのが伝わってしまう 予期せぬ質問は、いつもプレゼンターを困らせるものです。 ですから、「最後に質問ある方はいらっしゃいますか?」と聞いて、ちょっと間が空いただけで質問がないと判断し、すぐにでもプレゼンを終わらせようとしてしまいます。 これではプレゼンを早く終わらせようとしているのがバレバレですよね。 質問を受け付ける際には、十分に時間をとって会場を見回し、本当に質問が出なそうだと判断したら終わりにしてください。 最後に印象づけて、プレゼンを効果的に終わらせるために メリットをもう一回伝える 「終わりよければ、すべてよし」ということわざがありますが、最後というのは、印象に残りやすいと言われています。 例えば、次の文章ではどんな印象を受けますが?• 彼は、無口だが仕事ができる• 彼は、仕事ができるが無口である 前者では、仕事ができる人 後者では、無口な人 といった印象をうけませんでしたか? これを心理学では 『親近効果』といいます。 アメリカの心理学者であるN・H・アンダーソンさんが提唱したもので 「最後に提示された内容が記憶に残りやすく、後の判断に大きな影響を与える」 という心理的効果のことです。 ということは、最後に技術的な説明や、自社の特徴などを伝えるよりも、もっと伝えた方がいいことがありますよね? それが、 「提案を採用することで得られる、聴き手のメリット」です! 提案する内容をもう一度伝えることもよいとは思いますが、それよりも、聴き手のメリットを何度も復唱することで、聴き手の感情を刺激し、期待を高めることができるのです。 」 と、プレゼンが終わりであることを伝えてから「最後に・・・」という形でもう一度、メリットを伝える流れに持っていきましょう。 スライドの印象を変える 最後に印象を強めるために必要なことは、メリットをもう一度最後に伝えることだと説明しました。 その際に、前に出したスライドと同じスライドを使用してもいいのですが、雰囲気を変えることで、より強調することができます。 例えば、文字の色を変えてみたり、背景色を変えてみたりすることで、聴き手に退屈な思いをさせずに済みますし、難しい作業ではないので、ぜひ試してみてください。 特典を伝える あなたのプレゼンには特典がありますか? もしあるのでしたら、聴き手を行動させるための強力なきっかけとなることでしょう。 【主な特典内容】• 期間限定での値引き• ひとつ買えばもうひとつプレゼント• 今予約すれば、非売品プレゼント• 永久保証• 返金保証 これらの特典は購入や採用に迷っている聴き手の背中を押してくれる効果があります。 もしも特典があるのなら最後にもう一度特典内容を整理しておくことが重要です。 それは人との付き合いでも、最後に失態をおかしてしまえば、これまで積み上げてきた信頼が崩れてしまうのと同じです。 逆に考えれば、プレゼンの途中で少し失敗してしまっても、最後にビシッと決めれば問題ない、ということでもあります。 最後のスライドでは、3つのパターンが効果的であると説明してきました。 メリットを伝える• 行動喚起を促す• 特典を伝える これらのスライドは最後にだけ伝えれば良い、というものではなく、すべて伝えた上でもう一度伝えることが大切です。 では、これら3つのパターンは最後にどれを使えばいいのかと言いますと、それはプレゼンの内容によって変わってきます。 聴き手にとって強烈なメリットがあるならば、最後に 「メリット」を伝えるべきです。 最終的に何をして欲しいのか分かりづらいと判断したのであれば、明確な 「行動換気」を示すべきでしょう。 特典が多すぎたり、保証内容が複雑であれば、 「特典」を最後に整理して、すぐに行動してもらえればどれくらいお得なのかを再度認識してもらう必要がありますよね。 これら3つのパターンを使って、最後に記憶に残るプレゼンをしていきましょう! 【プレゼン資料の主な制作実績】• 通信サービスイベント プレゼン資料• Payサービス プレゼン資料• 会計事務所 プレゼン資料• ITイベント プレゼン資料• ケータリング会社 プレゼン資料• システムイベント プレゼン資料• AIサービス プレゼン資料• 支出管理会社 プレゼン資料• CIデザイン プレゼン資料• 設計事務所 プレゼン資料• コンサルタントセミナー プレゼン資料• エステ運営会社 プレゼン資料• 個人起業家 プレゼン資料• 東京日比谷商業施設 コンペプレゼン資料• 東京池袋商業施設 コンペプレゼン資料• 東京日本橋オフィスビル コンペプレゼン資料• 東京渋谷区再開発 コンペプレゼン資料• 東京上野結婚式場 コンペプレゼン資料• データセンター コンペプレゼン資料• 教育施設 コンペプレゼン資料• 市庁舎 コンペプレゼン資料• スタジアム コンペプレゼン資料• 病院施設 コンペプレゼン資料 等.

次の