僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画。 【ネタばれあり】「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」あらすじ・感想

圧倒的青春感動作!!映画「僕は明日、昨日の君とデートする」の感想、評判まとめ

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

ようこそ! 七月隆文 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が実写映画化! 主演の恋人キャストが福士蒼汰さん&小松菜奈さんということで、この冬話題の作品になりそうです。 内容は京都を舞台にした恋人たちの恋愛モノ…と見せかけて最後にはまさかの真実が明かされてビックリ! 原作小説もそうですが、映画版も「2回目」の観賞が必須の話題作になりそうな予感です。 また「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」というタイトルはそのまま最後に明かされるトリックのネタバレになっています。 しかし、よほどのSF通ではない限り、この作品のネタバレ部分を途中で見抜くことはできないでしょう。 というか、実際に原作を読んでみた後でもネタバレ部分のトリックを整理するのには一苦労するかも…。 というわけで今回はちょっと謎解きが難しい映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のネタバレ解説をしてみたいと思います! Contents• 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のネタバレ では、まずはあらすじ部分から見てみましょう。 20歳。 ある日、高寿は電車で出会った女の子に一目惚れをする。 ただならない衝動に突き動かされ、高寿は予定外の駅で降り、彼女に声をかける。 いきなりのことにビックリしていたようだが、彼女は高寿を受け入れてしばらく一緒に過ごす。 別れ際に高寿が「また会える?」と聞くと、彼女はなぜか急に泣き出して「会えるよ」と答え去っていったのだった。 彼女の名前は福寿愛美。 20歳。 その後、高寿は愛美に告白し2人は恋人同士になった。 それから2人は仲良くデートを繰り返し、恋人としての幸せな日々を積み重ねる。 ただ、愛美には少し変わったところがあった。 愛美は感動屋というのか、ふとした瞬間によく涙ぐむ。 それに、愛美はときどき未来予知をしているかのように物事を言い当ていることがあった。 しかし、それは高寿にとってはささいな問題にすぎなかった。 ある日、高寿が愛美のメモ帳の中身を見てしまうまでは…。 運命的に出会って結ばれた恋人たちが迎える結末は、非日常の要素が加わることにより、このうえなく切ない「別れ」となりました。 では、映画2周目を観ざるを得ないトリック…「愛美の秘密」の正体とは? 以下、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の核心に迫るネタバレ解説! ネタバレ解説スタート! まず、前提として「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」はファンタジー作品です。 そして、愛美の正体を一言でネタバレすれば 「パラレル世界の住人」という説明がわかりやすいでしょう。 愛美は高寿とは別の世界(パラレル世界)の住人であり、いわば「世界間旅行」によって高寿の世界に訪れている存在です。 この「世界観旅行」に関するルールは以下の通り。 この点が最も複雑なので、もう少し詳しく解説しますね。 時間軸の解説 2つの世界の住人は、どちらも赤ん坊として生まれ老人になっていきます。 しかし、お互いがお互いの世界を観測する時には「どんどん若返っていく」ように見えるのです。 例えば、すれ違う電車はそれぞれ「前進」していますが、どちらか一方から観察すれば相手は「後ろに向かっている」ように見えますよね。 だいたいそんな感じです。 高寿と愛美に焦点を当てれば、2人の年齢が重なるのは作中の年次である2010年の時だけ(2人とも20歳) この時間を境に2人の年齢差は徐々に離れていくこととなり ・ 愛美が5歳の時、高寿は35歳 ・ 高寿が5歳の時、愛美は35歳 という関係性になるのです。 そして、ここからがまた重要なポイントなのですが、高寿の世界に来た愛美の時間はちょっと特殊な進み方をします。 ちょっと図にしてみましょう。 まずは普通の(高寿の)時間の進み方。 しかし、かといって愛美は世界が逆再生に見えているというわけではありません。 愛美は高寿と同じ時間の流れを体験していますが、 午前0時になると昨日(正確には一昨日)に戻ってしまうのです。 つまり、高寿(と読者)にとって「最後の日」は愛美にとっての「最初の日」 高寿(と読者)にとって「愛美と出会った日」は、愛美にとって「高寿と最後に過ごせる日」 付け加えれば、高寿(と読者)によって最初のキスは、愛美にとって「最後のキス」になるわけです。 高寿(と読者)は「どんどん愛美と親密になっていく」と感じていますが、愛美は逆に 「ラブラブだった高寿がどんどん他人に戻っていく」と感じています。 この時間の流れによって ・ 愛美が涙もろい理由 ・ 愛美が未来予知できる理由 が説明されますね。 しかし、ここまでの説明でわからないことが1つあります。 それは 「愛美はなぜ最初から高寿に惚れていたのか?」という点。 愛美にとっては「コチラの世界に来た日」こそ「ラブラブな高寿との別れの日」です。 つまり、愛美は最初から「高寿と恋人としての40日間」を過ごすことが目的だったわけですが…これはどうして? 時を超えた関係性 実は、愛美が「コチラの世界」に来たのはこれが初めてではありません。 愛美が5歳の頃、つまり2025年にも愛美は家族でコチラの世界に旅行に来ていました。 しかし、不幸にもその時、ある爆発事故が起こって愛美はピンチに! その危機から愛美を救ったのは、誰であろう 高寿(35歳)だったのです。 これが、愛美が最初から高寿のことが好きだった理由。 そして今度は愛美が35歳の時、愛美は5歳だった高寿を救うことになります。 1995年の震災(阪神・淡路大震災) 高寿は物語の中で「震災の時、知らないおばちゃんに助けられた」と回想していますが、これは愛美のことですね。 では次は「メモ帳」の正体について! メモ帳の正体は? 高寿が見てしまったメモ帳の中には 「一緒に過ごす40日間の出来事」がメモしてありました。 高寿にとっては未来日記みたいに見えたことでしょう。 一方、愛美にとってはこのメモ帳は「一緒の日々を過ごす」ための最重要アイテム。 考えてもみてください。 愛美が来た日(高寿にとっては最後の日)、高寿は40日間の思い出を胸に話すでしょうが、本来来たばっかりの愛美にはちんぷんかんぷんなはずです。 愛美が高寿の時間に合わせて話すためには、未来(高寿にとっての過去)を知っておく必要があります。 愛美にとってこのメモ帳は「脚本」であったわけです。 物語の終盤、真実を知った高寿は愛美と一緒に「脚本通りに」行動することに決めます。 ささいなことでタイムパラドックスを起こし、2人の出会いを変えてしまわないように…。 では、なぜ愛美が脚本を持っていたかというと、 25歳の高寿から教えてもらっていたと考えてればつじつまが合いますね。 物語の真の結末 高寿の時間での結末は、40日後の別れ。 一目ぼれして、デートして、真実を知って…そうして訪れた結末です。 一方、視点を愛美に移すと、もう1つの結末が見えてきます。 それは物語の始まりの日。 ラブラブだった恋人がだんだん他人になっていって、そして結末では恋人からこう聞かれるのです。 「また会える?」 しかし、愛美にとってはそれが最後の日なのです。 それでも愛美は涙を目に湛えてこう答えます。 「また明日!」 まとめ 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が実写映画化! ネタバレ解説の通り「2周目を見ないと損!」という内容ですし、この冬一番の話題作になりそうな予感です。 一見、青春恋愛小説かと思いきや、その実は思いっきりSF要素が前提となっているファンタジー作品。 真実がわかってからの切なさは本当に胸を打ちます。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのレビュー・感想・評価

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

電車の中で一目惚れした少女は、ある重大な秘密を隠していた 女性に対して奥手で、彼女もいない美大生の南山高寿は、ある夜の電車で自宅に帰る途中に、同い年ぐらいの少女、福寿愛美に一目惚れします。 電車から降りて帰って行くその少女を呼び止め「一目惚れしました」と思い切って告白。 すると、なんとあっさりとOKをもらいます。 「メアド教えてください。 」と言うと「携帯持っていないので」と返され、断られたのかと一瞬思いますが、彼女は本当に携帯を持っていなかったのです。 今時珍しいのですが、実は携帯を持てないある重大な秘密が後に明らかになります。 喜びに有頂天になる高寿ですが、また会おうと約束しますが、なぜか彼女は涙ぐみます。 そして、なんと連絡先を聞いていないという大失態のまま別れてしまいます。 翌日、高寿が動物園でキリンをスケッチしているところに、愛美が登場!そして愛美がリードするような感じで宝ヶ池という場所に行きます。 そこは高寿が5歳のころ、中年の女性に助けられた思い出の場所でした。 その後、愛美の下宿先の電話番号をゲットした高寿。 帰宅後に親友の上山にどうしようか相談すると「今すぐデートに誘え!」となかば命令され、電話します。 すると、これまたあっさり映画に誘うことに成功しました。 初デートも無事に成功し、その夜正式に恋人同士になりました。 でも、いろいろ不思議なこともありました。 まず、愛美はやたらと涙ぐみます。 「涙もろいの」と愛美は言いますが、それにしても不自然なタイミングで涙を流します。 また、高寿が描いたキリンのデッサンが教室に張り出されることをなぜか愛美が事前に知っていたのも不自然です。 その理由は後半に進むにつれて明らかになっていきます。 愛美の不思議な手帳、そして衝撃的な告白 高寿は、一人で下宿暮らしを始めます。 上山や愛美の手伝いで引っ越しが終わると、二人は苗字でなく名前で呼び合う仲になります。 どんどん親しくなる二人ですが、そのたびに相変わらず涙ぐむ愛美。 さらに、門限が深夜12時というのも大学生にしては厳しめです。 他にも高寿の家のビーフシチューに隠し味としてチョコレートを入れていることを偶然知っているなど、不自然なことも多々あります。 そんなある日、高寿は愛美が忘れた手帳を見てしまいます。 それには、1日目が未来の日付にあたる2人が出会ってから30日目です。 そして2日目が29日目、というように時間がさかのぼっている不思議なスケジュール手帳でした。 不信に思っていた高寿に、愛美から電話がかかります。 そして、隠し事を打ち明けるために明日美大の教室に来てほしいと告げます。 その時、高寿のもっている「秘密の箱」を持って来るように言います。 次の日の朝、高寿が愛美から聞いた話は信じられない内容でした。 愛美は高寿とは違う世界の住人であること。 高寿と愛美は時系列が逆であること。 高寿にとって「明日」は愛美にとっての「昨日」であること。 そして5年ごとにそれぞれわずか30日ずつしか会えないという運命なのです。 まず愛美は5歳の時に35歳の高寿に命を救われ、その後5年ごとに会っていました(高寿にとっては未来なので、知らないわけです)。 2人にとって同年齢の20歳で会うことができる貴重な30日が「今」なのです。 ちなみに宝ヶ池で5歳の溺れる高寿を助けたのは、35歳の愛美でした。 当然のように戸惑う高寿でしたが、手帳の内容や「秘密の箱」に高寿にとって未来の写真が入っていたことなどから信じざるを得ませんでした。 携帯をもっていないのも、他の世界の住人だから持てないように決められていたルールです。 また、夜中12時になると愛美の姿は消滅して、その時代の前日の朝に現れるようになっているのです。 迫る別れの瞬間 デートしてもぎくしゃくする二人。 ついに愛美に別れ話まで持ちかけます。 しかし、上山に会って悩みを打ち明けている内に、だんだん愛美の気持ちに気付き始めました。 そう、愛美にとっては時間が経つにつれてどんどん高寿との仲が疎遠になっていくのです。 だから、高寿よりももっと愛美の方がつらかったはずです。 なぜ彼女がやたらと涙ぐむのか。 それも、普通だったらうれしい場面に限ってより悲しそうに。 高寿にとって「初めて」のことは、愛美にとって「最後」の出来事だからです。 それがわかった高寿は愛美に電話で謝罪し、残りのわずかに残された時間を楽しくすごそうと決意します。 スケジュール表どおりのデートですが、むしろそれすら楽しむ二人でした。 別れの前日。 高寿は愛美を連れて両親の元に向かいます。 彼女ができたことを紹介するためです。 そこで、4人で写真をとり例の「秘密の箱」に入れます。 いよいよ最終日。 そこで高寿は愛美の肖像画を描きながら、これから起こる30日について細かく語り始めます。 駅のホームで夜中の12時ギリギリまで話し、最後に「僕たちは端と端とが結んだ輪になって一つにつながっているんだ」と語りかけると、愛美の姿は消えていました。 愛美視点で見た2人の30日 最後に高寿ではなく愛美からの視点で、2人の30日がふりかえられます。 初日がいきなり別れの日。 当然ながら愛美は緊張で固く、高寿はリラックスしています。 それから逆まわしのように愛美の視点からの30日がすぎていきます。 これまで2人の話がかみあわなかったところも、実は愛美にとってまだ経験していないことだと考えれば納得もいきます。 そんな話のかみ合わないイレギュラーな部分も全て愛美は想定済みで、演技していたのです。 やはり一番感動するのは愛美が涙ぐむシーン。 初めてファーストネームで呼び合う翌日から、愛美にとっては苗字で呼び合うことになりますし、正式に恋人になる翌日には恋人同士ではなくなるわけですから。 そして、高寿が自分に一目惚れする瞬間、つまり愛美にとっての最終日、無事告白され「また明日ね」と言う愛美の涙はやはりもの悲しいです。 切ないラブストーリーなんだけど、後味スッキリと救われた気分になっているのはラストシーンのお陰かな。 何よりそこへと向かう展開が秀逸で、何度も観たくなる映画のひとつになりました。 2回目以降は最初からヒロイン目線で感情移入するといい感じで物語にハマれます。 ドップリつかりたくてチャプターを逆に最後から最初に観たりもしました。 過酷な運命を受け入れる強い覚悟と恋人を優しく気遣う健気なヒロインの切ない心の変化を小松菜奈さんが見事に演じ切っています。 その切なさを青いまま枯れてゆくと表現した「ハッピーエンド」の歌詞とメロディーが心にしみました。 オススメの泣ける映画です。 同じ時に生きているのに、正反対に刻んでいるふたり。 考えても結局そこのところ 原理? がいまひとつIQの低いわたしには、わからなくて、女性の側は何歳から人生がスターとしたの?とか、あと20年しか生きられないの?と、そこらへんの描写が駆け足、割愛されてて、さらに、感動とせつなさが増した作品でした。 君の名は。 原田知世さんの実写版を見た覚えが有ったけど、内容が余り覚えて無かったのかので!とても、新鮮に入って来ました!何回もリバース出来る人生、やり直して良かったと思っても、また、別の所に問題が!色々考えさせられるアニメでした!• 以前見たことはあったのですが、なんかまた見たくなって借りてしまいました。 時間も長すぎずちょうど良いです。 青春時代のあの頃に私もタイムリープしてみたいです。 なんとも言えない、心地よい気持ちになりました。 アニメならではのスケールの大きさに驚きでした。 主人公の女の子は元気で何事にもパワフルで可愛く友達の男の子はとにかく【イケメン】ばかり! 時空超えてこの先どうなるの? 恋の行方は? とハラハラドキドキいっぱいです。 まだ観てない皆さん特に女子! オススメです! ぜひ観てください!

次の

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想/評価:95点/愛美(小松奈菜さん)の気持ちを考えるために二度目を見たくなる。

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の動画を早く見たい! そんな方に、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を無料で見れる方法を大公開! 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を見れるところがなかなか見つからな〜い!と悩んでいませんか? レンタルショップで借りようとも最新映画はまだ棚に並んでいないし、たくさんあるレンタルショップの棚から探すのもちょっと億劫・・・。 でもすぐに見たいのにな・・・。 しかも、無料でみれたら嬉しいな〜。 そんなあなたに、無料動画で見えるオススメの方法をコッソリご紹介しちゃいます。 感想と評判も気になりますよね! 一緒に大公開しちゃいます! 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ ぼくたちはすれ違ってない。 端と端を結んだ話になって、ひとつに繋がってるんだーーー。 京都の美大に通う20歳の大学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ「また会える?」と約束をしようとした高寿だったが、彼女はなぜか、突然涙を流してしまうーーー。 彼女のこの涙の理由を知るはずもない高寿だったが、不器用な自分を受け入れてくれる愛美にますます惹かれていく。 そして、親友・上山(東出昌大)からの後押しもあり、初めてのデートに! 告白もし、見事交際をスタート!! 初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。 そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛を深めていく高寿。 そんな2人の関係は、誰もがうらやむほどに順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた・・・。 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の予告動画 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』をDailymotionで無料視聴!? 無料で映画動画を見るために、見れる動画サイトを探してみました! Pandoraで映画名を検索をすれば、映画動画が出てきますよね。 実際に私も検索して探してみました! すると、 「著作権侵害で視聴することができません」と表示されてしまったんです! 他のサイトでも最新のドラマの動画がアップロードされてたりするので、無料で気軽に見れるし、つい見てしまいがちなのですが 本当はとても危険なんです! 危険度数80%!!!あなたのPCが ウィルスに感染する可能性があります。 実は海外の違法動画アップロードサイトというのは ウィルスが仕込まれている場合があって、動画を視聴しようとすると個人情報を抜き取られてしまうケースがあります。 しかも、 ワンクリックでそういったことが起こる場合もあります! また、ウィルス以外にも、パソコンにウィルスが入り込んでデスクトップ上に変な広告がずーっと表示されてしまったり、操作が不可能になることもあります。 実は私も経験者なんです。 私の場合は、 パソコンをリセットしないといけなくなりました。 できることなら、そのようなことは避けたいですよね。 危険度数??%!! 最悪の場合は逮捕もあり得る! 違法にアップロードされた動画をダウンロードすると、 2年以下の懲役、200万円以下の罰金が科せられることがあります。 実際に日本でも逮捕者が出ており、知らなかったでは済まされない犯罪行為です。 じゃあどうすればいいの!?となりますよね。 そんな方に、この方法がオススメなんです。 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』はTSUTAYAを使えば 安心・安全・高速で見ることができる TSUTAYAは映画動画を配信する権利を著作者から許可を得ているので、公式で視聴することができるサービスです。 ウイルスに怯えることも、逮捕される心配もありません! しかも、配信されている作品の数はとっても豊富! そうなんです! いつ、この 無料キャンペーンが終わるかわかりません! せっかく無料で見れるチャンス! 早めに登録してお得に映画動画を見ちゃいましょ〜! しかも!!! 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』以外にも、主演キャストが出演している作品がTSUTAYAたくさん見れちゃうんです! 福士蒼汰、小松菜奈出演、TSUTAYAで見れる他の作品 『』 『』 『』 『』 『好きっていいなよ。 』 『』 『』 『近キョリ恋愛』 『』 などなど、たくさんあります!! 福士蒼汰、小松菜奈さん出演の作品をほとんど無料でみれちゃうんです!! こんなにたくさんの作品を見れるのはTSUTAYAだけ!! 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の感想 原作は読んだことがあります。 なかなか頭をひねらないと、理解が難しい小説でした。 さて、映画化した本作はというと。 正直に言います。 これは完璧なる実写化です。 原作の良さを全て引き出している。 そして余計なものを省いた分、小説よりも面白かった。 まず、タイトルが出るタイミングがいいと思う。 普通の映画なら、最初にタイトルを映す。 しかし本当は、映画開始40分後くらいに出してきた。 それは彼女の「秘密」をバラすタイミングだ。 謎めいたタイトルである、「ぼくは明日、昨日の君とデートする」の答えをわかりやすくするために、敢えて40分後に出した。 英断だと思う。 役者陣の演技もよかった。 福士蒼汰さんの演技は最初は違和感があったが、徐々に本領発揮し、見れるものになった。 恋をすることの喜び。 悲しみ。 楽しみが、30日間に凝縮されることで、より切なく恋をすることの感情が表現されている。 見てよかったです。 最高です。 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の評判 やっと借りれた 「僕は明日、昨日の君とデートする」 今回は泣かずに見れるだろうか。 — ほーりー。 結果として泣いたし、悪くはなかったんだけど、、ありえない設定っていうこともあって不思議な映画だった。 そして、「僕は明日、昨日の君とデートする」 号泣いたしました。

次の