ガビ 山 先生 なぜ。 藤田・皆川って仲良い

【進撃の巨人】ガビが一部の読者から強烈に嫌われている件について、何故ここまでウザいと想う人が多いのか? : 進撃の巨人ちゃんねる

ガビ 山 先生 なぜ

ビニの想い~八支則をなぜ守るのか ヨガの教え・八支則について、8段階目のサマーディからお話ししてきました。 八支則は次の8つですね。 (1)ヤマ(社会的に、してはいけない規則) (2)ニヤマ(個人的に、守るべき規則) (3)アーサナ(ポーズ) (4)プラーナーヤーマ(気のコントロール) (5)プラティアーハーラ(感のコントロール) (6)ダーラナー(集中) (7)ディアーナ(瞑想) (8)サマーディ(悟り) そして、1段階目のヤマと2段階目のニヤマには、それぞれ5つの規則があります。 (1)ヤマの規則 ・サッティア(嘘をつかない) ・アヒンサー(暴力をふるわない) ・アスティヤ(盗まない) ・ブラフマチャーリヤ(禁欲) ・アパリグラハ(貪らない) (2)ニヤマの規則 ・シャウチャー(清浄) ・サントーシャ(足るを知る) ・タパス(苦行、修行) ・スヴァディアーヤ(自己分析) ・イーシュワラ・プラニダーナ(信仰) これらは切り離せるものではなく、8段階目のサマーディ・・・ヨガの最終目標である、自分と周囲の壁がなくなり、溶け合い、自分というものがなくなる状態・・・そこへ行くためには7番目のディアーナが、ディアーナのためには6段階目のダーラナーが、土台として前段階が必要なのだとお話ししてきました。 最も基本となるのがヤマとニヤマの、「してはいけない規則」「守るべき規則」です。 ここで言う「規則」は、【自分で決めて、自分で守るもの】なんですね。 人が決めたものを、わからないまま守らされているものとは違う、ということを覚えておいてくださいね。 私が八支則を守ることができるのは、「八支則を守ることでそのときは損をしたとしても、私は大丈夫だ」と理解しているからなんですね。 「ニヤマ」の「シャウチャー(清浄)」でもお話しましたが、他人から見た私(「あなたは〇〇な人だ」)は、自分自身が考えている私です。 人から尊敬されない人は、自分自身を尊敬していない人ですから、人から尊敬してもらうためには、まず自分で自分を尊敬しなければいけない。 つまり、八支則の「規則」を守らなければいけないんです。 私たちは、一日に何度も「規則を守るか、守らないか」という選択を迫られます。 そのたびに「規則を守る」ほうを選べば、私たちは自分を尊敬できるようになり、もっともっと強くなっていきます。 正直に言いますが……ヨギーである私も規則を破ることはあります。 人間ですから。 でも、「選択肢が頭に浮かぶ」というだけでもいいことなのですよ。 自分をもっと尊敬できるようになる余地がある、ということですから。 八支則の「ヤマ」の中に「サッティア(嘘をつかない)」という規則があります。 だから、修行の身である私はいつも正直でいるようにしているんですが、誰かにとっては私の言葉が嘘になることもあるんです。 それをちゃんとわかっているから、指摘されたとしても、私は喧嘩や口論はしません。 「そうだね、あなたと私は違うからね」と思うだけ。 私は【自分自身を尊敬できるように、「自分が真実だと思っているもの」を「自分が」守っていくだけ】なんです。 ちょっと脱線しますが……私は今、こうやって皆さんにいろいろとお話していますが、十年後にはきっとこんなに話さないはずです。 こんなに饒舌に話しているということは、私のヨガに対する理解がまだまだ浅いからなんです。 自分がいろんな体験をして、いろんな発見をしている真っ最中なので、それを話したいんです。 子どもが新しいおもちゃを貰ったり、新しいことができたりしたら、「見て見て!」ってみんなに見せて回るでしょう? それと同じで、私もまだその段階なんです。 大人になると、「できて当たり前」のことばかりになります。 ヨガのことを理解している人には、師(先生)の言葉はいらないんです。 師(先生)がただ、存在するだけでいい。 黙っていても伝わる。 その存在だけで、いろんなことを伝えられる。 私もそんなヨギーになれたらいいな、と思っています。 yogi vini.

次の

藤田・皆川って仲良い

ガビ 山 先生 なぜ

なかなかトのある名前が気になって本屋で手にとった。 ガビオタスとは• 南米コロンビアの不毛な平原に、活動家、技術者、芸術家らがつくったエコ集落• 画期的な地下水ポンプ、高効率な風車、太陽熱利用など驚くべき環境技術を生みだし、ほぼエネルギーの自給自足と排出量ゼロを達成 というのを見て面白そうだと思って買った本。 「開発とは」レブレはついに答を言った。 「人々を幸せにすることです」みんなは驚いて彼を見た。 「道路や工場にお金を使う前に、それが人々の望むことがどうか、確認しなければいけない」 というレブレ神父の言葉の影響を受けたのかどうかよくわからないが、パオロ・ルガーリは、「いずれ世界の人口が増加し、人類はもっとも条件の厳しい土地で生きていく方法を学ばなければならないだろう」と考えたらしい。 「社会的な実験をおこなうとき、だれもが、いちばん楽な、もっとも肥沃な土地を選ぶ。 われわれはいちばん大変な土地を選んだ。 もしここで可能なら、ほかのどこでも可能だと思ったからだ。 」だれも反対しなかったが、あまり期待もしていなかった。 リャノスは、リャネーロのミュージシャンたちに、果てしない平原での暮らしのわびしさをうたう歌の題材を提供するくらいしか役に立たないと思われていた。 後付の理屈かどうかはよくわからないけど、すごい場所を選んだもんだと思う。 「イエスかノーか答えてくれ。 わずか1メートルしか落差のない川でが可能な、効率のいいタービンを作ることができる」見知らぬ若者はサップの机に両ひじをつき、ひげを伸ばしたあごを手にのせて、ぐっと身を乗り出した。 どこかで見た顔のような気がした。 大胆な登場の仕方にもかかわらず、なぜか好感がもてた。 サップは口ひげをなでて、一瞬考えた。 「イエスだ。 でもなぜ?」 そのとき、若者がだれか思いあたった。 新聞で見たことのあるパオロ・ルガーリだ。 こんな感じで、自分たちのコミュニティに必要な知識を持つ人々を訪ねたり、引き入れたりしていく行動力がすごい。 学部の掲示板に「ガビオタスは、自分のアイデアを試したいと思っている、冒険心あふれる頭脳を求めている」と言葉巧みなお知らせを貼って訴えた。 その報酬は、都市の余剰人口の移住先となる、なにもないサバンナを発展させることに力を貸し、学位を取ること。 「ここには失敗なんてものはない」いつも楽観的なルガーリは、学生たちを励ました。 「障害だと思っても、じつはチャンスなんだ」とにかくなんでも試してみよう、リャノスを住みやすくするにはどうしたらいいか、みんなで見つけるんだ、とルガーリは言いつづけた。 お互いにとってメリットがあるようにうまく提案している。 互いに興味を持って役立てるようにするという場をつくるのが大事なんだろう。 お金をかければいいってものではないし、強制的にやらせるようなものでもない。 自発的にベストなものを選んだ結果として、互いにベストなものが得られるように導くことが大切か。 「地元の自然素材で建物をつくるのはたしかにロマンチックだけど、ガチガチの純粋主義はばかげている。 それに実用的じゃない。 みらいは自然と技術の両方を必要としているんだ。 全粒粉のパンからはつくれない」 このあたりの柔軟さがすごくいいと思った。 大切なのは技術を否定する事じゃない。 適したものを使えばいいのだから、用途に合わせていろいろ選んでいけばいいのである。 70人のストリートチルドレンが、ガビオタスの工場で訓練を受けた。 ホルヘ・サップは、の南側に無秩序に広がる居住区、シウダード・に技能者チームを送り込んで、貧しい人びとに屋根の上に水耕栽培の畑をつくる方法を教えた。 有り余るほどの野菜が収穫できたので、現地の女性協同組合はレタスやキュウリを市の最大手食品チェーンに卸した。 コミュニティの中だけではなく外へも展開していく。 物やお金を与えてもその場限りになってしまいがちだが、知識、技能を与えると、その後も活用されて、より大きなリターンになり得ることがわかる。 情報が伝わりやすくなってくると、いろいろと可能性が広がりそうな気がした。 タービンはただのタービンじゃなく、システムの一部だ。 運河があって、ダムがあって、送電線があってというシステムを国が動かしている場合には、停電になれば電力会社に電話すればいい。 でも、電気をつくる責任を国じゃなくて個人に転嫁したのが失敗だった。 タービンが悪いわけじゃない。 辺鄙なところに水処理プラントを建てるようなもんだ。 つかいこなせないんだよ。 学校の先生くらいじゃ歯がたたない生物学や化学の専門知識がいるんだから。 壊れたら、だれであれ当初の資金を調達した者が、直すもんだと思われている。 自分が物理を読もうかと思った理由は、この辺と関係しそう。 完全に分業にしてしまえば何も考えなくてもいいけど、インフラフリーなことを考えたとき、scienceの基礎的な知識が必要とされる。 無人島に住むまでいかなくても、積み重ねられた先人の知恵を使えば、機能不全に陥ったブラックボックスをどうにかできるかもしれない。 ぼくはガビオタスを、"エコなおままごと"とか、パイロット・プロジェクトとか、のおもちゃにはしたくなかった。 世界にたいして、生態系を強化する方法を示したかったんだ。 麻薬王とかテロ組織とかが跳梁跋扈する治安最悪なコロンビアで本格的に取り組んでいるこのプロジェクトを、ぬるいお遊びと一緒にされたらたまったものじゃないな。 こういう本気なプロジェクトを推進する人は尊敬に値する。 「夢見ることをやめてはいけない」パオロが言った。 「夢を見ていないなら、眠っているということだ。 ほんとうの危機は資源の欠如ではない。 想像力の欠如だよ」 想像力か。 結局そこなんだなと思った。 今の自分に当てはめるとどんな絵が描けるだろうか。 過渡期にはいろいろなことがあるだろうけど、定常状態としてどんな可能性が考えられるか。 それと関わっていく自分が今どんな行動を取るか。 Factベースで土台を固めて、いくつかシナリオを考えてみることも必要な気がする。 どうせ先のことなんてわからないから、かっちりとする必要はないけど、こんな感じというもの改めて考えてみることにしよう。 pho.

次の

ニコニコ大百科: 「敗北者」について語るスレ 22501番目から30個の書き込み

ガビ 山 先生 なぜ

藤田・皆川って仲良い - 二次元裏@ふたば [] レス送信モード おなまえ E-mail 題 名 コメント 添付File [ 画像なし] 削除キー 削除用. 英数字で8字以内• 添付可能:GIF,JPG,PNG,WEBM,MP4. 3000KBまで. 現在4449人くらいが見てます. メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます. 政治はだめ. 同人関連のアップロード依頼はだめ. delが閾値を超えるとid表示. 管理人への連絡は へ. 削除依頼は記事番号を押し delを押して下さい. この板の保存数は35000件です. 新しい板:• 749096964 17:47頃消えます 藤田・皆川って仲良いのかな このスレは古いので、もうすぐ消えます。

次の