ロイヤル エクスプレス 北海道。 THE ROYAL EXPRESS

「ロイヤルエクスプレス北海道クルーズ」ツアーの全詳細と時刻表。道東をぐるっとひとまわり!

ロイヤル エクスプレス 北海道

観光列車のJR東日本「びゅうコースター風っこ」と、東急電鉄「ザ・ロイヤル・エクスプレス」が北海道で運行へ。 北海道胆振東部地震からの観光復興や地域活性化を目的に、道内を走ります。 JR貨物が車両の回送運搬を担います。 ディーゼル機関車がけん引 JR北海道、JR東日本、JR貨物、東急電鉄の4社は2019年2月12日(火)、東京都内のJR東日本本社ビルで共同記者会見を開き、4社が協力して北海道に観光列車を走らせると発表しました。 JR東日本と東急電鉄の観光列車が道内を走ります。 まず2019年の7月から9月にかけ、JR東日本のトロッコ風ディーゼルカー「びゅうコースター風っこ」(2両編成)をJR北海道が借り入れて、宗谷本線の旭川〜音威子府間と音威子府〜稚内間で「風っこ そうや」号として運転します。 また、2020年5〜8月のあいだの約1か月に週4日程度、東急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ・ロイヤル・エクスプレス)」を札幌〜道内エリアで運行します。 東急が旅行商品の販売や車内サービスなどを行い、JR北海道が列車の運行に協力する形となります。 JR貨物は、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の編成を関東から北海道への運搬で協力します。 「ザ・ロイヤル・エクスプレス」は2017年7月からJR横浜〜伊豆急下田間で運転されている豪華観光列車。 伊豆急行の2100系直流電車を改造(8両編成、定員100人)した車両を使っています。 JR北海道の路線の多くは電化されておらず、電化されている区間も交流方式のため、そのままでは走ることができません。 JR北海道の島田修社長によると、詳細な運行方法は検討するとしつつ、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」にサービス電源を供給するための電源車を連結し、これをディーゼル機関車がけん引して運行するとしています。

次の

【超豪華な観光列車】超豪華な観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」実現までの舞台裏

ロイヤル エクスプレス 北海道

エゾ鹿肉など北海道の素材を使った料理を提供する 8~9月に札幌、釧路、知床などでロイヤルエクスプレスを運行する。 3泊4日で価格は68万円。 同列車は普段は横浜~伊豆急下田(静岡県下田市)を走っている。 東急とJR北海道がタッグを組み北海道観光を盛り上げる。 車両や車内サービスは東急が提供するが、ロイヤルエクスプレスをけん引する機関車はJR北海道が運転する。 ツアーでは車両から大自然を眺めるだけでなく、知床など観光地の実際の散策も盛り込む。 車内では有名寿司店の寿司や北海道の食材を多用したイタリアン、十勝ワイン、地元果実のハスカップを使ったデザートなどを提供する。 14日は報道陣向けに車両を公開し、エゾ鹿のスモーク料理などを試食で振る舞った。 ヴァイオリンの生演奏も車内で楽しめる まずは8月に運行を始めるが、来年以降の継続運行も見据えている。 東急はなどと6月から北海道で7空港の運営を始めるため、今後は空港から鉄道まで一気通貫で観光サービスを提供することも可能になる。 東急は北海道以外への展開も視野に入れる。 ロイヤルエクスプレスを北海道のような非電化区間で運行できるよう、車内に電力を供給する電源車を購入済みだ。 機関車さえ調達すればどこでも走らせられる。 東急の松田高広交通インフラ事業部統括部長は「今回のノウハウを生かし、他の地域でも観光列車の運行を検討したい」と意気込む。 ブルーの車体のロイヤルエクスプレスは2017年に横浜~伊豆急下田で運行を始めた。 有名デザイナーの水戸岡鋭治氏が監修している。 室内装飾に寄せ木細工や格天井など木を多く使った豪華なデザインが特徴だ。

次の

「ザ・ロイヤルエクスプレス」が機関車重連でJR北海道を走る! 観光列車プロジェクトを発表

ロイヤル エクスプレス 北海道

広告 観光列車の走行プロジェクト これら観光列車の走行は、JR北海道が、JR東日本、東急電鉄、JR貨物の協力を得て実施します。 北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道支援の一環で、観光振興と地域活性化を目的としています。 JR北海道などは「観光列車の走行プロジェクト」と題しています。 各社発表によりますと、JR北海道は2019年と2020年の夏に、JR東日本と東急電鉄の観光列車を使用し、道東、道北に運行させます。 実施にあたっては、JR北海道が全体を統括し、運行に関わる業務、着地での受け入れ体制に協力します。 JR東日本と東急電鉄は、既存の観光列車の提供、運営等に携わります。 JR貨物は車両を北海道まで回送運搬することで協力します。 画像:JR北海道プレスリリース 「風っこ そうや」 最初に運行をするのは、JR東日本の観光列車「びゅうコースター風っこ」です。 キハ48形を改造した車両で、主に陸羽東線や左沢線を運転しています。 画像:JR北海道プレスリリース この車両を、JR北海道がJR東日本から借り受けて、2019年夏に宗谷線で観光列車として運転します。 概要は以下の通りです。 詳細な運転日、運転時刻等は5月頃に発表します。 「風っこ そうや」は、JR北海道がJR東日本から借り受けた車両で運行し、商品造成、販売等を行います。 商品の発売時期は2019年春です。 画像:JR北海道プレスリリース 広告 「THE ROYAL EXPRESS」 つづいて、2020年夏に運転するのが、東急電鉄の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」です。 伊豆急行2100系「アルファリゾート21」を改造した8両編成の直流電車で、2017年7月に「THE ROYAL EXPRESS」として運転を開始しました。 ふだんは、横浜駅~伊豆急下田駅間を中心に臨時列車として運転しています。 画像:東急電鉄 この車両を北海道に運んできて、2020年5~8月の間の約1ヶ月間、週4日程度、札幌~道東間を運転します。 概要は以下の通りです。 JR北海道が所有する機関車ならば、DE10が使用されるとみられますが、機関車の形式についての発表はありません。 画像:JR北海道プレスリリース いずれにせよ、「THE ROYAL EXPRESS」をディーゼル機関車が重連で牽くという、なかなかレアな光景を見られそうです。 運転区間は「札幌~道東」とのみ発表されていて、詳細は不明です。 有力なのは石勝・根室線方面でしょうか。 釧網線などを走る可能性もありそうです。 北海道版「THE ROYAL EXPRESS」は、東急電鉄が旅行商品の造成、販売、車内サービス等を行い、JR北海道が列車の運行に協力します。 商品発売は2019年冬を予定しています。

次の