時短 クッキー。 【ヒルナンデス】さくさくクッキーの作り方。YouTuberだれウマさんの時短スイーツレシピ(5月22日)

簡単、時短のおいしい手作りクッキー!

時短 クッキー

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

レンジで2分!速攻できる簡単時短の『レンジチョコクッキー』の作り方

時短 クッキー

材料は有塩バター、砂糖、小麦粉の3つだけ!卵なしでトースターで3~4分の加熱で作れます。 ポリ袋を活用すれば洗い物が少ない上、ラクに生地がまとまります。 おやつにぴったりのサクサクのバタークッキーです。 調理時間:15分 常温保存:3日 人数:2~3人分• 小麦粉(薄力粉) 60g(大さじ6と小さじ2) 無塩バターは同じ作り方で大丈夫です。 有塩バターは清潔なポリ袋に入れ、平らな場所に置き、袋の上から手で押す。 なめらかなクリーム状になるまで揉む。 (袋は平らな台の上に置き、指で押すとラクにできます。 バターがクリーム状になったら、砂糖を入れ、なめらかになるまで袋の上から手で揉む。 (袋は平らな台の上に置き、指で押すとラクにできます。 砂糖がバターになじんだら、小麦粉を入れ、袋の上から手でもむ。 粉っぽさがなくなり、全体がしっとりするまで揉む。 (こんなにボッソボソで大丈夫?という気になりますが、袋の上からもみ続けると少しずつまとまってきます。 直径3センチ程度の円柱型にまとめる。 包丁で5mm幅に切り、アルミホイルの上に並べ、丸く形をととのえる。 トースターの鉄板の上にのせ、200度で3分焼き、軽く焼き色がついたらできあがり。 焼き色がつかない場合は追加で1分加熱し、焼き色がついたらできあがり。 (加熱直後は柔らかいですが、粗熱がとれるとクッキーらしい固さになります。 ) マーガリンでも作れますか? マーガリンの場合、バターよりも生地がやわらかくなります。 生地がまとまったらポリ袋の中で円柱型に形をととのえ、ポリ袋ごと冷蔵庫に入れ10分ほど生地をねかせてください。 生地が冷えたら包丁で切ってください。 ポリ袋の内側に張り付いた生地はポリ袋の口のほうを持ち、上から下に落とすようにガシャガシャ振ると張り付いた生地が下に落ちます。 トースターの温度調整ができません。 どうすればよいですか? 3分加熱して、焼き色をチェックしてみてください。 表面に焼き色がついていたらできあがりです。 全く色がついていなければ、追加で1分加熱してください。 焼きすぎると焦げるのでトースターの前から離れないようにしてください。 包丁を使わなくても作れます! 粉っぽさがなくなるまで生地がまとまったら、12個くらい手でちぎって丸めてアルミホイルの上に並べます。 コロンとした可愛いクッキーになります。 刃物なしでちぎるだけなので、お子さんとご一緒の場合には「ちぎって丸める」作り方もおすすめです。 2倍量で作るときはどうすれば良いですか?• 有塩バター 60g• 砂糖 46g• 小麦粉(薄力粉) 120g 2倍量のときは180度に余熱したオーブンで12分~焼いてください。 トースターの場合は2度に分けて焼いてください。 一度にすべて焼こうとすると生地と生地がくっつきます。 2回目に焼くときは焦げやすいので加熱時間を短めに様子を見ながら焼いてください。 おすすめのトースターはありますか? 象印さんのトースターを愛用しています。 お手頃価格で温度調節ができ、気に入って使っています。 網がとりはずせて丸洗いできるのもポイントです。

次の

簡単、時短のおいしい手作りクッキー!

時短 クッキー

子どもと一緒に楽しく作る簡単クッキー! 子どもにとって、ママとお菓子作りをするのはとても楽しい思い出になります。 子どもでも簡単に作れるクッキーのレシピがあるので、一緒に挑戦してみましょう。 まず、スーパーなどでよく見る透明のポリ袋を用意します。 その中にバターを100g入れ、ポリ袋の上から手でもんで柔らかくしたら、好みの量の砂糖を加えてさらにもみます。 次に、薄力粉200gとベーキングパウダーを少量加え、生地をまとめましょう。 ポリ袋で生地を作るためキッチンが汚れませんし、子どもでも楽しく簡単に作ることができます。 卵を加えなくても良いので生地がベタベタしにくいですし、卵アレルギーの子どもも一緒にクッキーを味わえるでしょう。 生地が完成したら薄く伸ばして型抜きしたり、丸めて平らにしたりしてから180度のオーブンで焼けば完成です。 美味しいクッキーを作るコツ! おいしいクッキーを作るには、バターや生地の取り扱いに注意が必要です。 バターは風味を生かすためにもよく冷えたものを使い、練るときはあまり柔らかくなりすぎないようにしましょう。 また、薄力粉を加えて生地がまとまってからは、あまり触りすぎないほうが口どけの良いクッキーになります。 簡単クッキーでおやつをグレードアップ! 手間がかかるイメージのあるクッキーですが、基本の分量や作り方のポイントを押さえれば意外と簡単に作ることができます。 子どもがお手伝いしやすいレシピや、冷凍保存して好きな時に焼き立てのクッキーを楽しめるレシピなどバラエティも豊かなので、皆で一緒に挑戦できるでしょう。 手作りクッキーで、いつもとは違うワンランク上のおやつを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の