あわや 光太郎。 あわや光太郎(N国党)鹿沼市議選の結果を見てわかること

2019年・鹿沼市議選・立候補予定者アンケート・問3 8月25日告示、9月1日投開票|選挙アンケート|とちぎの選挙|下野新聞 SOON(スーン)

あわや 光太郎

名前 選択肢 理由[議席数] 阿部秀実 1. 現状のままでいい 148自治会をはじめ広く市民の意見を聞き、暮らしの声を市政に届けることと市政の監視役として必要な数。 粟屋光太郎 1. 現状のままでいい 今後も市議選にN国党から立候補者が出ると思いますので、当選しやすいように現状維持か増やしてほしい。 石川さやか 3. 減らすべき 本市の財政状況と人口動態から一貫して定数減を提唱している。 20人で全市的に網羅できる議会を構築すべき。 [20議席が望ましい] 市田登 3. 減らすべき 定数を削減すれば経費節減になるが、定数の議論より住民の代表として民意反映の議論ができる多数精鋭もある。 [22議席が望ましい] 宇賀神敏 3. 減らすべき 少人数でも間に合うと思います。 [20議席が望ましい] 鰕原一男 3. 減らすべき 行財政改革の観点、住民の意向などを踏まえ削減すべきであり、議員一人一人が資質の向上に努力するべき。 [21議席が望ましい] 大島久幸 3. 減らすべき 人口減少や財政縮小する中で応分の削減が必要。 限られた環境の中で能力やスキルを持つ人材を選ぶ。 [22議席が望ましい] 大貫桂一 3. 減らすべき 人口減少が続く中、定数削減をすべきであるが、時期については現状を踏まえ考えたい。 [20議席が望ましい] 大貫毅 1. 現状のままでいい 多様な民意を政治に反映させるためには一定数の議員が必要。 議会機能の強化を図り、定数削減も模索すべき。 梶原隆 3. 減らすべき 今後ある程度、人口減少が進むため、それに合わせて議員数も減らすことが合理的と考えます。 [22議席が望ましい] 加藤美智子 3. 減らすべき 市政に対して真剣に立場をとる議員しか必要なし。 議員の専門性が市政に変革をもたらすものでなければと思う。 [21議席が望ましい] 楠恒男 1. 現状のままでいい 市民の皆さまの声を、市政に反映するには現在の定数が必要。 定数削減は、市民の声が届きづらくなる。 小島実 3. 減らすべき 人口が減少する中、基本的には議員定数を減らすべき。 減らすことで議員の資質も向上する。 [20議席が望ましい] 佐々木里加 1. 現状のままでいい (記入なし) 佐藤誠 3. 減らすべき 20に削減し、少数精鋭の政策集団に議会が率先し変わることで、行政改革を促し、各種政策の財源を捻出する。 [20議席が望ましい] 鈴木紹平 1. 現状のままでいい (記入なし) 鈴木毅 3. 減らすべき 人口減少の中、財政も減少する。 財源確保のためにも定数は縮小すべき。 [20議席が望ましい] 鈴木敏雄 3. 減らすべき 鹿沼市は人口減少が続いているので、人口に合わせた定数を考えていくべきであると思う。 [22議席が望ましい] 関口正一 3. 減らすべき 人口が減少しており定数は減らすべき。 減らしても20議席は確保すべきで、執行部と対抗できない。 [20議席が望ましい] 舘野裕昭 3. 減らすべき 人口減少傾向にある中で、人口5000人当たり議員1人が適切と考え、定数20人と考えます。 [20議席が望ましい] 津久井健吉 3. 減らすべき 人口減少が進んでおり、次の改選には減らすべき。 [20議席が望ましい] 橋本修 1. 現状のままでいい 鹿沼市の広さから考えて現状がベストかと、思います。 藤田義昭 3. 減らすべき 人口規模が近い全国の自治体を参考に、人口に見合った定数見直しが必要。 [20議席が望ましい] 船生雅秀 1. 現状のままでいい 前回の市議選より定数を今のようにしたわけであるし、今の鹿沼市の人口に見合った人数かと思う。 増渕靖弘 3. 減らすべき 人口減少に比例して、4年ごとに基準を設けて再検討すべきと考える。 [22議席が望ましい] 谷中恵子 3. 減らすべき 人口減少が進んでいく中、今後は人口割合を考えて減少せざるを得ないと思う。 [22議席が望ましい] 横尾武男 3. 減らすべき 今までは現状維持と思っていたが、人口減少やこれからの鹿沼市を考えると、削減をしていくべきと思う。 [20議席が望ましい].

次の

2019年・鹿沼市議選・立候補予定者アンケート・問1 8月25日告示、9月1日投開票|選挙アンケート|とちぎの選挙|下野新聞 SOON(スーン)

あわや 光太郎

N国党から、あわや光太郎さんが立候補するそうです。 35歳ニートとのことです。 youtube. ブスってレベルじゃなく、生理的に無理ってぇ・・・。 話は戻りますが、今のN国党は、立候補希望する人が多くなってきました。 そんな中、35歳ニートを公認するとは何故に?!と疑問に思う支持者もいるかもしれませんが、あわやさんが立候補する地域は、「当選確率が低い」そうです。 当選確率が低い地域は、はなから当選は狙わず、N国党の名を広げるための「売名」のための選挙運動をするんだったかな? 本気で当選できそうな人は、当選できそうな地域で立候補すると思います。 引きこもりニートの人が立候補するなんて、その心意気がすごい! 私も引きこもりニートなんで(私の年だと、もうニートとは言えないかもしれませんが、私だと中年無職?)あわやさんがどれだけ思い切ったことをしているか、わかるつもりです。 今や中高年の引きこもりが60万人いるらしいので、こうやって立候補して外に出て活動するってことは、引きこもりじゃなくなったってことですよね。 素晴らしいし喜ばしいことなのに、正直言うと人様の成長とか見るとへこむんですよね・・・。 世界の底辺から、こっそり応援するとします・・・。 ちょっと時系列。 8月25日(昼頃)あわやさんの選挙運動。 立花党首や遠藤議員などが応援にかけつける。 ボランティアの人たちも、ビラ配りをしている中、あわやさんは、ベンチで寝ていたらしい。 (後日あわやさんのツイートではベンチに座っていたとのことです。 どちらにしてもボランティアを横目に休憩していたことは、認めています。 ) ボランティアの人たち、大橋さん、順番はどちらが先かわかりませんが、昼間のあわやさんの態度について疑問に思うツイートが増えてきました。 勝手にまとめると(私の解釈が間違っていたらごめんなさい。 ) あわやさんは、鹿沼市議会議員選挙に立候補した理由は、 ・この地域の当選確率は低い。 (この地域でどれだけ票がとれるかのデータも取れる&N国党の宣伝にもなる。 ちょっとうろ覚えなのですが、金銭的な損もないらしいのです。 )あわやさんは、あわよくば当選すればラッキーと思っているくらい。 ・自分は当選の可能性は低いので、最初から頑張るつもりはないと言うべきだったと謝罪。 25日深夜、大橋さんとあわやさんが電話。 ・あわやさんが立候補した理由は、人とつながりを持ちたかったから。 当選したらNHKの被害者を守る気持ちもあるし、議員になって収入と地位が欲しいことも認める。 臨機応変に、ここまでできるのってすごいな~。 あわやさんに収入と地位が欲しかったことという言葉を引き出したところは、誘導尋問かなと最初は思ったのですが、ただ「人とつながりたかっただけ」なら、ボランティアでいいんですからね。 ここをはっきりさせたのは重要だったのだと思います。 ちなみにあわやさんがはっきりと認めたことについて大橋さんは、政治家には向いてないが正直なところは評価するとツイートしています。 私が応援しないと言ったのは『お金や名誉が目的』と言ったから。 少なくともNHKから国民を守る党の政治家として相応しくない。 だが、素直に隠さずに己の欲望を言った事は評価。 君は政治家向きではない。 政治家になったら必ず後悔する。 そして投げ出す。 君の進むべき道は他にある。 他の道で頑張れ。 あわやさんに投票するかしないか(当選するもしないも)有権者が決めること。 ただし今後もあわやさんが今のスタンスであれば、自分は応援するつもりはない。 」 最後の3分の会話が凄い。 大橋さん「途中で投げ出すようなことはしないで下さいね。 最低でも。 」 あわやさん「はい、明日は牧原さんと一緒に(選挙運動を)。 牧原さんは自分のペースでやっても良いと。 」 大橋さん「僕も同じ考えです。 嫌々やるものではないので。 自分の範囲内で頑張れることを頑張れば。 ただいろんな方から応援されていることを理解して下さいね。 牧原さんだって応援してくれているわけですから。 そういう人たちの考えを踏みにじることだけはしないで下さい。 大橋さん「それを理解してもらえるように努力して下さい。 大橋さん「人の為に役立つって、そういうことですよ。 政治家ってそういうものですよ。 」 大橋さんの会話のリードの仕方も凄いけど、あわやさん落ち着いているなぁ・・・。 あわやさんは、急に外に出ていっぱい喋ったり、急にツイッターも沢山つぶやいたので、そのうちの一つの揚げ足を取ってしまうかもしれませんが、「パワハラ」というツイートは良くなかったと思います。 僕はこういう さきに入った人間が自分の思想や生き方を 後輩におしつけ無言の圧力で辞めさせたり やりたくないことをやらせたりすることを パワハラだと思っています。 — あわや光太郎 粟屋光太郎 アワヤコウタロウ awayakoutarou ちょっと上手く言えないんですけど、大橋さんのように体育会系の熱血漢は、頼もしいを通り越して怖いこともありますが、N国党の方々の熱血漢のおかげで守ってもらえているので、良い熱血漢だけもらって悪いところ全部やめて欲しいとは言えないというか・・・。 大橋さんのような議員たちのおかげで、集金人が怖くなくなったり被害を避けられた人がいっぱいいるんですよね。 あわやさん、意外とコミュ力高い? 大橋さんともいま携帯で話したのですが 応援はできないが N国党から出るのはぜんぜん問題ないとのことです。 敵に塩を送る「佐藤 まこと」さん。 本当に素敵で爽やかな人。 — 令和のド根性ガエル chanmabou その日のうちに誤解を解くために大橋さんに電話し、その後さらに服部さんに電話し、選挙のポスター貼りは無所属の人に交渉し・・・。 考えがまとまらないわ・・・。 私はやっぱ引きこもりなので、あわやさんにひいき目に見ちゃうかな・・・。 勇気って見えないけど、この勇気は凄い大きいと思う。 私にはどんだけ振り絞っても、この勇気は出てこない。 頑張って欲しいような、羨ましいような、複雑・・・。 まぁ私に羨ましいと言う権利はないんだけど。 活動を続けられますように・・・。

次の

N国党から35歳ニートが立候補

あわや 光太郎

名前 選択肢 理由[議席数] 阿部秀実 1. 現状のままでいい 148自治会をはじめ広く市民の意見を聞き、暮らしの声を市政に届けることと市政の監視役として必要な数。 粟屋光太郎 1. 現状のままでいい 今後も市議選にN国党から立候補者が出ると思いますので、当選しやすいように現状維持か増やしてほしい。 石川さやか 3. 減らすべき 本市の財政状況と人口動態から一貫して定数減を提唱している。 20人で全市的に網羅できる議会を構築すべき。 [20議席が望ましい] 市田登 3. 減らすべき 定数を削減すれば経費節減になるが、定数の議論より住民の代表として民意反映の議論ができる多数精鋭もある。 [22議席が望ましい] 宇賀神敏 3. 減らすべき 少人数でも間に合うと思います。 [20議席が望ましい] 鰕原一男 3. 減らすべき 行財政改革の観点、住民の意向などを踏まえ削減すべきであり、議員一人一人が資質の向上に努力するべき。 [21議席が望ましい] 大島久幸 3. 減らすべき 人口減少や財政縮小する中で応分の削減が必要。 限られた環境の中で能力やスキルを持つ人材を選ぶ。 [22議席が望ましい] 大貫桂一 3. 減らすべき 人口減少が続く中、定数削減をすべきであるが、時期については現状を踏まえ考えたい。 [20議席が望ましい] 大貫毅 1. 現状のままでいい 多様な民意を政治に反映させるためには一定数の議員が必要。 議会機能の強化を図り、定数削減も模索すべき。 梶原隆 3. 減らすべき 今後ある程度、人口減少が進むため、それに合わせて議員数も減らすことが合理的と考えます。 [22議席が望ましい] 加藤美智子 3. 減らすべき 市政に対して真剣に立場をとる議員しか必要なし。 議員の専門性が市政に変革をもたらすものでなければと思う。 [21議席が望ましい] 楠恒男 1. 現状のままでいい 市民の皆さまの声を、市政に反映するには現在の定数が必要。 定数削減は、市民の声が届きづらくなる。 小島実 3. 減らすべき 人口が減少する中、基本的には議員定数を減らすべき。 減らすことで議員の資質も向上する。 [20議席が望ましい] 佐々木里加 1. 現状のままでいい (記入なし) 佐藤誠 3. 減らすべき 20に削減し、少数精鋭の政策集団に議会が率先し変わることで、行政改革を促し、各種政策の財源を捻出する。 [20議席が望ましい] 鈴木紹平 1. 現状のままでいい (記入なし) 鈴木毅 3. 減らすべき 人口減少の中、財政も減少する。 財源確保のためにも定数は縮小すべき。 [20議席が望ましい] 鈴木敏雄 3. 減らすべき 鹿沼市は人口減少が続いているので、人口に合わせた定数を考えていくべきであると思う。 [22議席が望ましい] 関口正一 3. 減らすべき 人口が減少しており定数は減らすべき。 減らしても20議席は確保すべきで、執行部と対抗できない。 [20議席が望ましい] 舘野裕昭 3. 減らすべき 人口減少傾向にある中で、人口5000人当たり議員1人が適切と考え、定数20人と考えます。 [20議席が望ましい] 津久井健吉 3. 減らすべき 人口減少が進んでおり、次の改選には減らすべき。 [20議席が望ましい] 橋本修 1. 現状のままでいい 鹿沼市の広さから考えて現状がベストかと、思います。 藤田義昭 3. 減らすべき 人口規模が近い全国の自治体を参考に、人口に見合った定数見直しが必要。 [20議席が望ましい] 船生雅秀 1. 現状のままでいい 前回の市議選より定数を今のようにしたわけであるし、今の鹿沼市の人口に見合った人数かと思う。 増渕靖弘 3. 減らすべき 人口減少に比例して、4年ごとに基準を設けて再検討すべきと考える。 [22議席が望ましい] 谷中恵子 3. 減らすべき 人口減少が進んでいく中、今後は人口割合を考えて減少せざるを得ないと思う。 [22議席が望ましい] 横尾武男 3. 減らすべき 今までは現状維持と思っていたが、人口減少やこれからの鹿沼市を考えると、削減をしていくべきと思う。 [20議席が望ましい].

次の