涙 袋 ピク つく。 #【ピク腹】 みきゑたん小話詰め合わせ

目の下がピクピクします。

涙 袋 ピク つく

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典袋の表書きは薄墨で書くというのを、耳にされた方は多いでしょう。 では、なぜ薄墨を用いるのでしょうか。 よく知られている理由には、 「突然の訃報にきちんと墨をすることができず、濃い文字を書けなかった」「悲しみの涙で硯の墨が薄まってしまった」などがあります。 ただ、薄墨を用いるのがマナーとされるようになったのは、そう古いことではありません。 そもそも金銭による香典の習慣が広まったのは明治時代以降といわれており、日常的に筆を使っていた時代にはなかった習慣です。 香典袋には筆文字で書くのが望ましいことは確かですが、必ずしも薄墨を用いるのが正式とはいえないかもしれません。 しかし、マナーも時代と共に変わっていくものですし、地域による習慣の違いもあります。 葬儀のように伝統や作法が大切にされる場では、 地域で広く一般に浸透しているマナーに沿うのがよいでしょう。 これでまで見てきたように、香典袋には筆や筆ペンを使って薄墨で書くのをマナーと考える方が多いようです。 薄墨にこだわらないにしても、フォーマルな文書や手紙にはボールペンを使わないように、香典の表書きに使っては失礼にあたります。 では、 中袋への記入も薄墨書くのでしょうか。 中袋には住所や氏名など小さな文字を書く必要があり、使いなれない筆文字できれいに書くのはなかなか大変ですが、表書きとのバランスを考えると薄墨を用いたほうがよいのでしょうか。 読みやすい事が大切なのでボールペンがよい 中袋に書くうえで、 最も大切なのは読みやすさです。 一般的に香典は受付で渡しますが、この際に香典袋の中身を確認して住所・氏名・金額などをまとめて後で遺族に報告します。 中袋に書かれていることは、香典を供えてくれた人の大切な情報になるわけです。 中袋には通常、金額・住所・氏名等を記入し、これらを記入する場所が決まっていたり電話番号欄があるものもありますが、いずれも小さめの文字を書く必要があります。 無理をして筆や筆ペンで書いて、読みづらくなってしまっては元も子もありません。 このため中袋の文字は読みやすさを優先するべきであり、 使い慣れたボールペンを使用した方が相手への配慮になるといえます。 このようにボールペンを使うことは許容されていますが、気になるようであれば万年筆を用いるとよいでしょう。 このとき、必ず黒インクを使用します。 筆ペンでもうまく書ける人は薄墨でもよい このように、現代のマナーでは中袋への記入はボールペンを使用してかまわないとされていますが、あくまでも略式ではあります。 筆を使用するのが正式な作法ですから、筆ペンや筆で読みやすくきれいに書ければ、それに越したことはないのです。 表書きの筆文字とあわせて、 中袋も薄墨で書いてかまいません。 香典袋の書き方 現代の葬儀において、香典は欠かせないものとなっています。 故人への供養の気持ちとして持参するものですから、香典袋の書き方は遺族に失礼のないようにして気持ちが伝わるようにしたいものです。 突然の訃報に慌てないよう、香典袋の表書きや中袋の書き方を確認しておきましょう。 ここでは、 香典袋の表書きの種類や中袋の書き方、連名で香典を出す場合の書き方について紹介しています。 表書き 香典袋の表書きは、 喪家の宗教によって異なります。 仏式で多く使われる御霊前は、どの宗教でも使うことができるとされていますので、宗教がわからない場合にも使うとよいでしょう。 市販ののし袋には表書きが印刷されたものが多くなっていますが、これで失礼にはあたりません。 次に、 各宗教によって使われる表書きの例を紹介します。 仏式の表書き 御霊前と書くことが最も多く、他に御香典・御香料などが用いられます。 御霊前は通夜や葬儀及び四十九日より前の法要でも用いられます。 なお、薄墨で書くのは通夜や告別式までで、それ以降の法要では準備をする時間があるわけですから、濃い墨で書きます。 神式の場合の表書き 御玉串料と書くことが多く、御神前・御榊料とすることもあります。 蓮の絵がついたのし袋は仏式用ですので、神式では使わないように注意します。 墨は仏式と同様、薄墨を用います。 キリスト教式での表書き 献花料や御花料と書き、水引はなくてかまいません。 墨は薄墨を用います。 中袋 これまで見てきたように、中袋に書く文字は無理に薄墨にする必要はなく、 読みやすさを第一に心掛けます。 そのうえで、慣例となっている書き方がありますから、それに沿って書くようにしましょう。 つぎに、 中袋の金額および住所・氏名の書き方をご紹介します。 金額の書き方 中袋には、中に入っている香典の金額を書きます。 その際に、金額を表面に書くという方と裏面に書くという方がいますが、どちらでも構いません。 市販のものには、書く欄が決まっており「円」の字が印刷されたものもありますが、書く場所が決まっていなければ、金額は「金〇〇円」と縦書きします。 また、「円」の下に「也」をつけるかどうかについては、これもつけてもつけなくても構いません。 「銭」や「厘」といった円以下の単位があった時代に、円の下に書き足しができないよう金額はここで終わりですとしてつけていたものですから、現在ではなくてもいいわけです。 香典袋に書く金額には漢数字を使用しますが、 このとき旧字体を使用する事が慣例となっています。 「一」「二」などの字を使うと容易に改ざんできてしまい、それを防ぐためとの考えからです。 それぞれの数字に対応する漢字は次のものを使いますが、中に入れる金額は「四」や「九」がつくのを避けるのが一般的です。 数字 使用する漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くこともある 近頃では金額欄が横書きで印刷されているものも多く、その場合はアラビア数字で書くこともあります。 住所・氏名の書き方 住所・氏名は 中袋の裏面に書きます。 金額を表面に書いても裏面に書いても、住所氏名は左下に書くことが多いようです。 金額同様書く場所が決まっている場合はそちらに書き、表面に住所・氏名欄、裏面に金額欄があるものも見受けられます。 住所・氏名は、御礼状や香典返しを送る際に遺族が利用することもありますから、 読みやすいよう配慮します。 また、香典の外袋と中袋を分けて保管することも多いので、中袋には必ず住所・氏名を書くようにしましょう。 連名の場合 通夜や葬儀に参列した人は本来個別で香典を持参するものですが、会社関係の部署やグループで全員が参列せず連名で香典を出す場合もあります。 連名にするときは、 右側に年長者の名前を書き、左に向かって年下の人の名前を書きます。 香典袋の書き方については、下記の記事で詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。 香典袋の表書きには薄墨を用いるのが一般的だが、中袋の住所や氏名の情報は遺族が利用する事も考慮して、読みやすさを最優先するのがよくボールペンで書いてかまわない。 香典袋や中袋は本来筆や筆ペンで書くのが礼にかなっており、小さい文字を見やすくきれいに書けるのなら中袋にも薄墨を用いてかまわない。 香典袋の表書きの書き方は宗教によって異なり、仏式の葬儀では「御霊前」が使われることが多く、金額には旧字体の漢数字を使う。 香典を連名で出すときは3名までとし、それ以上の場合は代表者名と他一同あるいはグループ名のみを書く。 香典袋の中袋は読みやすさを第一に考えてボールペンなどで書くことが、遺族への配慮にもなるのですね。 葬儀という心遣いが求められる場では、マナーを守りつつ遺族に気持ちが伝わるよう心掛けたいものです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

ポチッ♪とした物プチプライス!その1

涙 袋 ピク つく

主従パロ[jump:2] もしも二人が所属の関係ないところで出会っていたら[jump:3] 書き納め[jump:4] [newpage] さよならさよならまたこんど/中敦主従パロ 「僕もつれていってください」 言いながら僕は立ち上がろうとするが、それを太宰さんの手がそっと押しとどめる。 「だめだよ。 私たちが何のために戦っていると思っているの?君を守るためなんだ。 君なら、この意味も分かるだろう?」 「っ、でも!」 言いつのろうとした僕の頭をくしゃりと撫でた太宰さんは、僕のことなんて見ないで「それじゃあ行こうか」と隣に立っていた中原さんに声をかけた。 「中原さん!僕も連れて行ってください…!」 「それはできないって、さっき太宰に言われたばかりだろう」 「…っ、なんで、なんでダメなんですか!」 「それもあいつが言っただろう、お前を守るためだからさ」 「あなたたちを傷つけてまで僕は守られていたくないんです!」 がたんっ!と僕が座っていた椅子の倒れる音が、広い広間に響いた。 その様子を見ていた中原さんは、小さく嘆息すると太宰さんに「先に行ってろ」と短くいった。 「……早く来なよ」 「わかってる」 外套をひるがえしドアへと向かう太宰さんを横目に小さく中原さんが何かを言うと、彼はかすかに笑い手を振った。 「敦、聞き分けろ、わがままを言わないでくれ」 「だって、普段はここの警備をしている二人が出されるくらいに戦況は悪いのでしょう?なら僕を出せばいいんです、そうすれば、すぐに」 「それはできない」 冷たくも聞こえるように言い放った中原さんは、諭すように僕を見る。 「お前のその異能の強さは認める、最近扱いに慣れてきていることもな。 けど、これはチェスと同じだ。 俺はポーン、いいとこビショップだ。 けどお前は違う、お前は、キングなんだ。 チェスは、キングの能力がどれだけ高かろうと、キングがとられてしまえばそれで終わりだろう。 この戦いもそれと同じなんだ、敦。 それを、中原さんは丁寧に拭い取った。 そんな僕の手を取って、彼は指先にキスをした。 「お前は、俺にとってあったけぇ陽だまりみたいだった。 その温度に、俺はつかりすぎてしまって、もう、その温度無しじゃあ生きられないようになった。 だからこそ、お前を損なおうとしているやつを、見逃せるわけがなかったんだ」 俺は絶対に死なないから、絶対にお前のところに戻ってくるから、と、言い含めるような言葉を、僕はただ聞くしかできなかった。 「ずいぶん遅かったね」 「…悪い」 玄関先で壁にもたれまっていたのは太宰だった。 素直に謝った俺がおかしいのか、呆れたように笑いながら奴は一歩踏み出す。 「覚悟はできたの?」 「覚悟なんてずっと前にできている」 俺があいつと出会った時からな。 そういう俺に、太宰はもう一度苦笑をこぼした。 往かないでの一言は、溢れることなくどこかに沈んでいってしまう。 死なないといっても怪我はするだろう、怪我をしない兵士などいないのだから。 彼の能力をもってしても、無傷での生還などあり得ないのだ。 その傷の分だけ、彼は苦しむのだろう。 「…いやだ、いやです、なかはらさん、」 いい子に待っていることなんてしたくない。 あなたを傷つけてまで僕はいきていたくないのに。 あなたのそばでないと生きていけないのは僕だって同じなのに。 それなのにあなたは、自分勝手な理由で僕を縛った。 何にも縛られていないはずの手は伸ばすこともできず、ましてやあなたを止めることすらできなかった。 そんな僕を誰かは嗤うだろう。 嘲るだろう。 それだけのことを僕はしたのだから。 ぎしりと音を立てて、木製の椅子がきしむ。 知らず知らずのうちに零れたため息は想像以上に大きく響いた。 声の主はひょいっとそれをよけながらへらりと笑って見せた。 「あっと、危ないな。 君、キングで合っているよね?」 にこにこ、人好きのする笑顔を浮かべた彼は、傍らに控えさせた少女と一緒に深く頭を垂れた。 「…あなたは」 「森鴎外。 ハートの国のキングさ、ダイヤの国のキング」 [newpage] ブラックコーヒー たまたま街へ出たその日、ふとあの忌まわしい姿が視界に入ったような気がしてぎくりと俺は足を止めた。 少し視線を動かせばすぐにその姿は見つかって、しかしその相好が俺の知るあいつとは真逆ともいえるような形をとっていて、俺はついまじまじとそれを見てしまう。 よく見れば太宰は誰かと一緒に歩いているようで、時折ちょっかいを出しては反撃されてかけらけらと笑っている。 ……だれだあいつ。 唖然と変わり果てたその様子を見ていた俺は、ふとその隣にいるのは誰なのか気になって、く、と目を凝らした。 そこにいるのは、太宰よりもいくらか背の低い男で、奇妙な髪形に髪色をしていた。 太宰に文句を言うためか横を向いたときにその顔が見えて、昼とも夜ともつかない瞳の色が、なぜか綺麗だと少し思った。 そこまで観察したところで太宰がこちらに気づきかけたのか辺りを見回し始めたので、俺は雑踏に紛れるようにしてそこを後にした。 帰宅してから俺は、太宰の隣を歩いていた男の素性をまとめた紙を読み始めた。 素性は思ったよりも簡単にわかり拍子抜けするが、あの男が芥川の執着していた「人虎」だということを知り、余計に興味をそそられた。 人虎は名前を中島敦というらしく、孤児院を追い出されたところを太宰に捕獲…もとい、保護され、その後探偵社に籍を置いたらしい。 ふむ、と紙束を投げ捨ててそのままごろんと布団へ横になる。 これを拾ったのは、興味本位か、それとも何か別の思惑があってか。 芥川の二の舞にならなきゃいいけどなあと思いながら、その日は眠りにつくことにした。 あれから数日後、今度は人虎だけと行き会った。 紙袋を抱えているところを見ると、何かの使いにでも出たのだろう。 いっぱいに突っ込まれた中身に、落としたりしないだろうなと少しばかり不安になってちらちら見ていたら、案の定ころりとてっぺんに乗っていたリンゴが数個転がり落ちてしまい、それを拾おうとして中に入っていた他のものまで落ちそうになってしまっておろおろと転がっていったリンゴと袋とに視線を行き来させている。 俺は小さく息を吐いて、こちらに転がってきていたリンゴを拾った。 「あ、す、すみません! ありがとうございます!」 「気にするな、これで全部か?」 「あ、と…」 言いよどむ奴の視線を追って、そちらに転がったリンゴも拾う。 ほっとした顔から見ると、これで最後だったのだろう。 リンゴを手に奴のところへ戻ると、ちょっと待ってろと言い捨てて近くの店に入る。 適当に飲み物を買って手提げ袋をもらい、外で立ち尽くす奴の前に立つ。 「これにいれとけ。 また落としたら危ないだろう」 「すみません…て、あの、中にまだ、飲み物が入ったままですけど」 「やるよ。 苦手な奴だったっていうなら、引き取るけど」 俺が言えば奴は莫迦正直に「そういうわけではないですけど」なんていって、自分の失言に気づいたのかはっとして口をおさえた。 「なら問題ないな?じゃあ、次からは気をつけろよ」 なんか、なんというか、こいつは抜けているというより…底抜けの莫迦のような気がする。 こんな短時間しか話さない俺でも思ったのだから、太宰辺りが気付かないわけがないし、そもそもあいつはこういうタイプは苦手だと思っていたのだが。 そんなことを考えながらくるりと踵を返せば、あのっと声がかかると同時に襟首のところを思い切りつかまれて喉が一瞬しまった。 「あ、あああ!すみません!とっさにで、あの、…!」 「…いや、いい、それで何の用だ?」 けほっと少し咳き込みながらおろおろするそいつに尋ねれば、あの、と息をついたのがみえた。 「もしよければ、お礼にお茶でも、どうですか?」 「…俺のこと、女と勘違いしてるのかと思った」 「いや、さすがにそんな勘違いしませんよ、きれいな人だなあとは思いましたけど」 小さく笑いながらホットサンドをぱくつくこいつに小さくため息が出そうになって、慌ててコーヒーと一緒に飲み下す。 どうしてこうなった、と俺は今自分がいる場所をちろりと視線で見まわした。 俺と中島 あのあと自分から名乗ってきた は、駅前の少し奥まった場所にあるカフェテリアに来ていた。 どうしてもお礼がしたいという中島に半ば無理矢理連れてこられたのだ。 一瞬首をもたげた疑問をどうでもいいかと振り払い、口元にパンくずを付けた中島に「ついてる」と指示してやる。 「す、すみません、中原さん」 「つーか、服にもついてる。 「そんな上司じゃ、大変じゃないか?」 「大変といえば、大変ですよ。 でも、今はすごくやりがいがありますし、楽しいです。 社員の皆さんも、いい人ばっかりですし」 ふにゃりと笑う中島は本当に幸せだと見ているだけでもわかるような表情をしていて、ふと太宰はこの笑顔にやられたのかなと思った。 「あ、っと、すみません、着信が…」 ふと中島がそう言って席を外す。 粗方、探偵社の誰かから早く帰ってこいと催促されたのだろう、ピンと背筋を伸ばしてこくこく頷いている中島を見ながら伝票を持って席を立つ。 あっ!と後ろから声が聞こえたが無視して会計を済ませて店を出る。 と、店から数歩出たところでグイッと襟首をつかまれて、首が締まる。 なんだこれデジャブ。 今度こそ気道が完全に締まって、離されてからもげほげほ言いながら締めてきやがった本人を軽く睨み付ければ、この場で土下座も辞さない勢いで謝り倒す中島が、涙目になりながら「だいじょうぶですか!?ごめんなさい!」を繰り返すものだから、怒る気も失せてしまう。 「…お前は俺を殺してぇのか…?」 「そんなことないです!違うんです中原さん!」 僕はただこれを渡したくて!と差し出された紙片を一瞬紙幣かと思い突っ返そうとするが、よくよく見るとそれは紙幣などでなく、ただ名前と所属の書かれた名刺だった。 「さっきの、お礼だって言ったのに中原さん払って出て行っちゃうから、だからまた今度、今度こそお礼させてほしくて!あっ、連絡先は裏側に書いているのでっ」 たどたどしく説明する中島の言うとおり、裏側には携帯の番号とメールアドレスが書かれていた。 「だからもしよければ、これからもあってもらえませんか!」 「…だからお前は俺を女と勘違いしてるんじゃ」 「してませんってば!」 もー!と子供っぽく怒る中島をはいはいと適当にあしらって、そういえば、とペンとさっきもらったレシートを取り出す。 「ほら、これ」 「え?」 「連絡したいんだったらお前から。 電話はあんまり出来ねえからメールで。 返事ができる時間もまちまちだが、それでも良ければしろ」 いいながらぽいっとレシートを渡せば、裏を見た中島がぱっと顔を明るくさせて、ありがとうございます!と頭を下げた。 莫迦なことをしたなあ、と思いながら俺はコートのポケットに名刺をねじ込んで、それとは反対方向へ歩きだした。 俺が中島のことを敦と呼び、中島が俺のことを中也と呼ぶようになるころに、その命令は下った。 「そういえば、中原君は探偵社の人虎と、最近仲良くなったようだね?」 にこにこ、笑いながら俺を呼びだした首領は、開口一番にそう切り出した。 「ああいや、隠すことはないさ。 別段悪いことでもない、彼はもうターゲットではないからねえ」 「…は、それでは、なぜ、」 「君に人虎を殺してほしくて」 ぴし、と何かのはじけるような音がした。 「…、…初めのターゲットは、社長だったのでは?」 「ああうん、そうだね。 でもほら、失敗しちゃったじゃない。 だからさ、今度はちょっと趣向を変えようかなって」 くるくる、と指を回しながら楽しそうに、至極楽しそうに笑いながらそんなことを宣う首領に、俺は震える声を押し殺して「作戦は」と尋ねる。 「うん?なんだい、やってくれるの?てっきりいやだって言われるかと思っていたよ」 「…俺が、首領にそんなことを言うわけが」 「うん、そうだったね。 それで?作戦だっけ?」 どうしようか、と言いながら首領は目の前の机へ地図を広げて、一つの駅を指さした。 「ここに、太宰君と人虎がいるらしい。 君にはまず、探偵社と組合への伝言人をしてもらって、それからこの二人のところへ行ってほしい。 太宰君への伝言を伝えるための人員はもう割いているから、うまくすれば人虎一人だけの時を狙えるかもしれないね。 まあそうならなかったとしても、君なら平気だろう?」 「…はい」 帽子を胸に当てて、頭を下げる。 帽子をかぶり直す時、いつもより少しだけ深くなったのは、わざとだった。 首領の言うとおり、駅へ行くと犬と何やら話をしている敦がベンチに座っているのが見えて、その変わらない姿に少しだけ安堵する。 すると犬が一声ワンとこちらに吠えて、それにつられて敦がこちらを向いた。 「中也さん!? なんでいるんですか?お仕事ですか?」 「…ああ、まあ、そんなところだ」 「すごい偶然ですね、僕も仕事でこっちに来てるんですよ」 久しぶりに会えたからうれしいです、と笑う敦に、力なくそうだな、と返す。 その違和感に気づいたのか、敦がこちらへ手を伸ばした時、後ろから鋭い声が飛んだ。 「中也!?なんで君がこんなところに」 瞠目する太宰の面がいつも以上に不愉快で、荒々しく舌打ちをする俺を、かばうように立った太宰の後ろからじいと敦が見ていた。 「…中也さん、?なんで、太宰さんと知り合いだったんですか、?」 「敦君、危ないから下がってて、」 「うるせぇよ、太宰。 俺は、そいつを殺しに来たんだ」 びく、と敦の体が跳ねて、信じられないとばかりに純真な目が俺を射抜く。 それはどんなナイフよりも鋭く俺の体をえぐるような気がして、は、と自嘲の笑みが漏れた。 「中也さん、うそでしょう、僕を殺す?なんであなたが、」 「敦君、」 制するような太宰の声は、敦の名前を紡いだくせに、俺に向かって言っているようにも聞こえた。 ああ、なあ敦、俺はどうやら、お前が好きだったみたいだ、と。 今更もう遅い言葉は、きっとあの日、ため息と一緒にコーヒーで流し込んでしまったのだ。 [newpage] 「なかはらさん、おちゃもってきました」 お盆を手にした敦がそろそろとこちらに来るのを認めて、中也はふと口元をゆるめた。 「ありがとうな、敦」 お茶を運び終えてこたつにもぐりこんだ敦に言いながら頭を軽くなでてやれば、かすかにくすぐったそうに子供は笑った。 にぎやかしにつけているテレビからは騒々しい声が聞こえて、あと五分もせずに年越しなのだと告げている。 「敦は、来年になったら何がしたい?」 そんな未来のことを聞いたのは、なんとなくであって、そして初めてのことだった。 未来はあるものと思うな、と自らに、周りに言い聞かせていた中也は、はっとして自分の口に手を当てるが、そんな中也にも気づかずに、敦は丁寧にみかんの皮をむいていく。 んん、とこの子供にしては珍しく考え込むようなしぐさを見せたと思えば、不意にぱっと顔をあげて、朝焼け色の目が中也を射抜いた。 「…来年になっても、ちゅうやさんといっしょにいたいです」 それは紛れもなく本心からなのだろう、そもそも、この子供が自分のために嘘をつくことなどない。 この子供は、自分といたいと、そう思っていてくれているのだ。 その事実が何とも言えないほどにこそばゆくて、く、と意図もせずに口の端が上がるような気がする。 「あ、あと、だざいさんとか、あくたがわさんとか、ほかのひととも、いっしょにいたいです」 「…それを本人たちにいってやれ、敦、明日一日で金持ちになれるぜ」 「…?」 慌てて付け足した敦にからかいも込めて言ってやれば それはほぼ確定された未来なのだろうが 、きょとんと小首をかしげてこちらを見上げていた。 その様が愛おしくて、中也は敦に手を伸ばした。 それとほぼ同時に、テレビからあけましておめでとう!と新年を告げる声が響いた。 なんとなく遣り所のなくなった手を若干の照れも含めて敦の頭に置き、少しだけ乱暴に撫でてやる。 「あけましておめでとう、敦。 今年も、よろしく」 「あけましておめでとうございます、ちゅうやさん、ことしもよろしくおねがいします」 ぺこ、ぺこん、とお互い炬燵を挟んで頭を下げあう。 夜が明けたら、みんなで近くの空いている神社に初詣に行くか、と告げれば、嬉しげにこくこくと頷かれる。 用意しておいたお年玉の入ったぽち袋が、朝なぜか家にいた太宰に見つかりからかわれるまで、あと6時間。 来年の約束を君に.

次の

唇が痙攣する4つの原因とは?

涙 袋 ピク つく

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典袋の表書きは薄墨で書くというのを、耳にされた方は多いでしょう。 では、なぜ薄墨を用いるのでしょうか。 よく知られている理由には、 「突然の訃報にきちんと墨をすることができず、濃い文字を書けなかった」「悲しみの涙で硯の墨が薄まってしまった」などがあります。 ただ、薄墨を用いるのがマナーとされるようになったのは、そう古いことではありません。 そもそも金銭による香典の習慣が広まったのは明治時代以降といわれており、日常的に筆を使っていた時代にはなかった習慣です。 香典袋には筆文字で書くのが望ましいことは確かですが、必ずしも薄墨を用いるのが正式とはいえないかもしれません。 しかし、マナーも時代と共に変わっていくものですし、地域による習慣の違いもあります。 葬儀のように伝統や作法が大切にされる場では、 地域で広く一般に浸透しているマナーに沿うのがよいでしょう。 これでまで見てきたように、香典袋には筆や筆ペンを使って薄墨で書くのをマナーと考える方が多いようです。 薄墨にこだわらないにしても、フォーマルな文書や手紙にはボールペンを使わないように、香典の表書きに使っては失礼にあたります。 では、 中袋への記入も薄墨書くのでしょうか。 中袋には住所や氏名など小さな文字を書く必要があり、使いなれない筆文字できれいに書くのはなかなか大変ですが、表書きとのバランスを考えると薄墨を用いたほうがよいのでしょうか。 読みやすい事が大切なのでボールペンがよい 中袋に書くうえで、 最も大切なのは読みやすさです。 一般的に香典は受付で渡しますが、この際に香典袋の中身を確認して住所・氏名・金額などをまとめて後で遺族に報告します。 中袋に書かれていることは、香典を供えてくれた人の大切な情報になるわけです。 中袋には通常、金額・住所・氏名等を記入し、これらを記入する場所が決まっていたり電話番号欄があるものもありますが、いずれも小さめの文字を書く必要があります。 無理をして筆や筆ペンで書いて、読みづらくなってしまっては元も子もありません。 このため中袋の文字は読みやすさを優先するべきであり、 使い慣れたボールペンを使用した方が相手への配慮になるといえます。 このようにボールペンを使うことは許容されていますが、気になるようであれば万年筆を用いるとよいでしょう。 このとき、必ず黒インクを使用します。 筆ペンでもうまく書ける人は薄墨でもよい このように、現代のマナーでは中袋への記入はボールペンを使用してかまわないとされていますが、あくまでも略式ではあります。 筆を使用するのが正式な作法ですから、筆ペンや筆で読みやすくきれいに書ければ、それに越したことはないのです。 表書きの筆文字とあわせて、 中袋も薄墨で書いてかまいません。 香典袋の書き方 現代の葬儀において、香典は欠かせないものとなっています。 故人への供養の気持ちとして持参するものですから、香典袋の書き方は遺族に失礼のないようにして気持ちが伝わるようにしたいものです。 突然の訃報に慌てないよう、香典袋の表書きや中袋の書き方を確認しておきましょう。 ここでは、 香典袋の表書きの種類や中袋の書き方、連名で香典を出す場合の書き方について紹介しています。 表書き 香典袋の表書きは、 喪家の宗教によって異なります。 仏式で多く使われる御霊前は、どの宗教でも使うことができるとされていますので、宗教がわからない場合にも使うとよいでしょう。 市販ののし袋には表書きが印刷されたものが多くなっていますが、これで失礼にはあたりません。 次に、 各宗教によって使われる表書きの例を紹介します。 仏式の表書き 御霊前と書くことが最も多く、他に御香典・御香料などが用いられます。 御霊前は通夜や葬儀及び四十九日より前の法要でも用いられます。 なお、薄墨で書くのは通夜や告別式までで、それ以降の法要では準備をする時間があるわけですから、濃い墨で書きます。 神式の場合の表書き 御玉串料と書くことが多く、御神前・御榊料とすることもあります。 蓮の絵がついたのし袋は仏式用ですので、神式では使わないように注意します。 墨は仏式と同様、薄墨を用います。 キリスト教式での表書き 献花料や御花料と書き、水引はなくてかまいません。 墨は薄墨を用います。 中袋 これまで見てきたように、中袋に書く文字は無理に薄墨にする必要はなく、 読みやすさを第一に心掛けます。 そのうえで、慣例となっている書き方がありますから、それに沿って書くようにしましょう。 つぎに、 中袋の金額および住所・氏名の書き方をご紹介します。 金額の書き方 中袋には、中に入っている香典の金額を書きます。 その際に、金額を表面に書くという方と裏面に書くという方がいますが、どちらでも構いません。 市販のものには、書く欄が決まっており「円」の字が印刷されたものもありますが、書く場所が決まっていなければ、金額は「金〇〇円」と縦書きします。 また、「円」の下に「也」をつけるかどうかについては、これもつけてもつけなくても構いません。 「銭」や「厘」といった円以下の単位があった時代に、円の下に書き足しができないよう金額はここで終わりですとしてつけていたものですから、現在ではなくてもいいわけです。 香典袋に書く金額には漢数字を使用しますが、 このとき旧字体を使用する事が慣例となっています。 「一」「二」などの字を使うと容易に改ざんできてしまい、それを防ぐためとの考えからです。 それぞれの数字に対応する漢字は次のものを使いますが、中に入れる金額は「四」や「九」がつくのを避けるのが一般的です。 数字 使用する漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くこともある 近頃では金額欄が横書きで印刷されているものも多く、その場合はアラビア数字で書くこともあります。 住所・氏名の書き方 住所・氏名は 中袋の裏面に書きます。 金額を表面に書いても裏面に書いても、住所氏名は左下に書くことが多いようです。 金額同様書く場所が決まっている場合はそちらに書き、表面に住所・氏名欄、裏面に金額欄があるものも見受けられます。 住所・氏名は、御礼状や香典返しを送る際に遺族が利用することもありますから、 読みやすいよう配慮します。 また、香典の外袋と中袋を分けて保管することも多いので、中袋には必ず住所・氏名を書くようにしましょう。 連名の場合 通夜や葬儀に参列した人は本来個別で香典を持参するものですが、会社関係の部署やグループで全員が参列せず連名で香典を出す場合もあります。 連名にするときは、 右側に年長者の名前を書き、左に向かって年下の人の名前を書きます。 香典袋の書き方については、下記の記事で詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。 香典袋の表書きには薄墨を用いるのが一般的だが、中袋の住所や氏名の情報は遺族が利用する事も考慮して、読みやすさを最優先するのがよくボールペンで書いてかまわない。 香典袋や中袋は本来筆や筆ペンで書くのが礼にかなっており、小さい文字を見やすくきれいに書けるのなら中袋にも薄墨を用いてかまわない。 香典袋の表書きの書き方は宗教によって異なり、仏式の葬儀では「御霊前」が使われることが多く、金額には旧字体の漢数字を使う。 香典を連名で出すときは3名までとし、それ以上の場合は代表者名と他一同あるいはグループ名のみを書く。 香典袋の中袋は読みやすさを第一に考えてボールペンなどで書くことが、遺族への配慮にもなるのですね。 葬儀という心遣いが求められる場では、マナーを守りつつ遺族に気持ちが伝わるよう心掛けたいものです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の