舞鶴高1女子殺害事件。 【衝撃事件の核心】「犯人」と言われた母親無念 “逆転無罪”舞鶴女子高生殺害事件の「理不尽」(1/6ページ)

舞鶴女子高生殺害事件<前編>犯人が暮らした府営住宅は今|日刊ゲンダイDIGITAL

舞鶴高1女子殺害事件

出身者です。 確かにタチ悪いですね。 人口8万9千人ですけど街は貧乏です。 走ってる車見ればわかりますが安い車ばかりです。 トヨタセンチュリー、ポルシェ等1千万オーバーの高級車まったく走っていません。 市民病院も赤字で給料安いので医者は大勢辞めていきました。 新規オープンの飲食店も翌年には違う店になっています。 金ないから犯罪に走るのかもしれません。 犯罪ですが 少女強姦致傷事件がありました。 犯人は小学校の教務主任でした。 あとは密輸事件です。 ある業者の社長が逮捕されています。 それと中学校爆破予告、昼間に中学校無断侵入(犯人はクスリやってたっぽいです。 校長室のガラス割れました。 ちなみに俺の母校です。 なぜかニュースにはなっていません) その他 カツアゲしたバカ逮捕、中学校のガラス40枚割られる、医療ミスで病院謝罪、市橋達也潜伏してた、ある元死刑囚が愛媛から金沢に逃亡した際実家は舞鶴と嘘ついた(舞鶴で事件はおこしてませんが)誘拐未遂、万引きの際追ってきた警備員けがさせたバカ逮捕、郵便局で強盗したバカ逮捕 最後の1つ以外はここ10年間に起きたものです。 嫌になって今はよその街に住んでいます。 窃盗とかも珍しくないです。 もう住みたいとは思いません。

次の

【衝撃事件の核心】「犯人」と言われた母親無念 “逆転無罪”舞鶴女子高生殺害事件の「理不尽」(1/6ページ)

舞鶴高1女子殺害事件

「ありがとうございます」「悔しくて納得できない」。 2つの涙が法廷で交錯した。 京都府舞鶴市の高1女子殺害事件で殺人などの罪に問われ、1審京都地裁が無期懲役を宣告していた中勝美さん(64)に対し、大阪高裁は12日、逆転無罪を言い渡した。 捜査段階から一貫して「でたらめだ」と無罪を主張していた中さんは両手で顔を覆って涙をこぼし、有罪を信じていた遺族は泣き崩れた。 高裁判決は、1審が認めた検察側の間接証拠をことごとく否定し「捜査機関の誘導の可能性」とまで指摘した。 だが、間接証拠だけで有罪を導く立証のハードルは高い。 「母親が犯人」と発言したことも 「無罪か!」 その瞬間、法廷はどよめきに包まれ、報道陣は慌ただしく出口に殺到した。 12日午前10時35分過ぎ、大阪高裁1001号法廷に、グレーのジャンパーとスエット姿の中さんが入廷した。 証言台の前に立つと、川合(かわあい)昌幸裁判長がゆっくりと口を開く。 「1審判決を破棄する」.

次の

舞鶴 女子 高生

舞鶴高1女子殺害事件

世間を震撼(しんかん)させた6年前の京都・舞鶴女子高生殺害事件で逆転無罪を勝ち取った男が今、留置場の中にいる。 大阪・キタの歓楽街の雑居ビルで今月、女性(38)が刃物で刺される事件が発生し、殺人未遂容疑で逮捕されたのが無職、中勝美容疑者(66)=大阪市西成区=だった。 「一番恐れていたことが現実となった」。 逮捕を受け、舞鶴事件の関係者は悔しさをにじませた。 窃盗事件で服役していた刑務所を9月に出所したばかりでもあった。 周辺では金の無心を繰り返しており、生活は困窮していたとみられる。 事件は金絡みだったとみられるが、女性に瀕死(ひんし)の重傷を負わせるほどの凶行に及んだ動機は何だったのか。 血まみれの刃物握りしめ 「血だらけの男女が駆け込んできました」 5日午前8時40分ごろ、大阪市北区兎我野(とがの)町の雑居ビル。 自分のいた部屋に突然、飛び込んできた2人の様子に驚いた男性は、とっさに廊下に出て110番した。 間もなく大阪府警曽根崎署員が駆けつけたが、部屋に男女の姿はない。 「ここにいるんだと思います」 男性が指し示したのは、自分がいた部屋の向かいにあるレンタルルーム。 署員は中に入ろうとしたが、施錠されているためドアは開かない。 ノックを繰り返すと内側から鍵が外れ、ドアが開いた。 室内から作業服を着た初老の男が顔を出した。 手に刃物を持っており、隣には血を流した女性が倒れていた。 「刃物を捨てろ!」 叫んだが、男は応じない。 署員は刃物をはたき落とし、廊下に引っ張り出し、男を取り押さえた。 激しく暴れるようなことはなく、女性を刃物で刺したことをその場で認めた。

次の