ささみ 筋 取り方。 ささみ30本使って分かった!失敗しない「鶏ささみ筋取り」のコツ フードメッセンジャー:田窪 綾 食オタMAGAZINE

ささみの筋の取り方とゆで方:白ごはん.com

ささみ 筋 取り方

そこで気になるのがささみの筋! でもこの筋が取りにくくて大変なんですよね。 「ささみの筋って取らないとだめなの?」 「ささみの筋を取らないで食べたらどうなの?」 と思ったことがある人も多いと思います。 私もささみの筋は取らないといけないものだと思っていましたが、「なんで取らないとだめなの?」と聞かれると、納得のいく答えが出てきません。 ささみの筋は取らないとどうなのか気になりますよね! ささみの筋を取らないと、 ・触感が悪くなる ・舌触りや見た目の問題 ということがあり、 ・気になられければ筋を取らなくても問題ない ・赤ちゃんの離乳食や小さな子どもには取ったほうがいい といえそう。 舌触りなどが気になる場合は筋を取ったほうがいいのですが、ささみが滑りやすいので取りにくいんですよね。 ささみの筋を取らないでもいい理由や、ささみの筋の上手な取り方についても紹介していきたいと思います! 参考にしてみてくださいね。 ささみの筋って取らないとだめなの? ささみのレシピなどを見ていると、 「ささみの筋を取り除きます」 と、必ずといっていいほど書いてありますよね。 不要なものだから取るというのはわかるのですが、 「取らない場合何か問題があるのか」 というのが気になるところ。 ささみの筋を取るのはとても面倒なので、取らないでいいならそのほうが楽ですよね! ささみの筋を取らないことの何がいけないんでしょう。 ここではささみの筋を取らないときの問題点について見ていきたいと思います! ささみの筋は取らなくても問題なし! ささみは胸肉の深い部分にある部位で、柔らかい触感とあっさりしていることが最大の魅力です。 ささみのあの筋は神経の筋で、これを取らないと加熱した時に肉が縮んだり固くなったりする原因になるそう。 だからささみの下ごしらえで筋を取るように書いてあるんですね! でもこの筋を取らなかったからといって、特別何か問題がある和江家ではありません。 ・加熱で肉が縮むのは避けたい ・丸ごと食べたいから固い筋が気になる という場合は、きちんと筋を取り除いてから調理するのがおすすめです。 小さくカットして使う場合は、特に気にならなければ筋を取らないでもいいでしょう。 我が家でもささみを丸ごと使う場合は筋を取りますが、小さくカットする場合は取らないことも多いですよ。 取らないと舌ざわりが悪くなる ささみフライなどささみを丸ごと使うような調理法をする場合、筋を取らないと舌触りが悪くなってしまいます。 ささみはふんわりと柔らかい質感ですが、筋を取らないと筋の部分だけコリっと固いものが口の中に残ってしまいます。 これではせっかくのささみのふんわり感が半減してしまいますよね。 これが気になるという場合は、ちょっと面倒でもしっかり筋を取り除くことをおすすめします。 ささみの筋を取らない理由って? ささみの筋を取らないと、舌触りが悪くなったり肉が縮んだりすることはわかっていても、ささみの筋は取らないという人も多いと思います。 私も結婚して料理を始めたばかりのときはささみの筋は取らないことのほうが多かったように思います。 その理由としては、 1. 取り方が分からない 2. きれいに取ることができない 3. 面倒 というのが大きな理由でした。 ささみの筋の取り方が分からない ささみの筋を取らないのは、 「ささみの筋の正しい取り方が分からない!」 という人が多いのではないでしょうか。 私もそのひとり。 ささみの筋を取ろうとしては見るけれど、これが正しい取り方なのかわからないんですよね。 取り方が分からないと 「取らなくていいや!」 ってなっちゃいますよね。 取っても途中で切れてきれいに取れない これも感じている人は多いのではないでしょうか。 ささみの筋を取ろうとしても、途中でちぎれてしまってきれいに取ることができません。 挙句の果てにささみがぼろぼろになってしまう・・・ということもよくありますよね。 ささみの筋を取ることでささみがぼろぼろになってしまうくらいなら取らないほうがいいと感じることもあるかもしれませんね。 とにかく面倒! やっぱりこの理由が大きいですよね! 私もささみ料理を作るときにはささみの筋を取るのはやっぱり面倒に感じてしまいます。 特に時間がないときには、ささみひとつひとつの筋を取る作業って本当に面倒! パパっと夕飯の準備を済ませてしまいたいときには、ささみの筋を取る作業を省いてしまうということもありますよね! 私もよくありますよ。 ささみの筋はこうやって取る!おすすめの取り方4選 ささみの筋の正しい取り方が分からないという人のために、私が実際に試してみたささみの筋の取り方を4つ紹介しますね。 包丁でスライドさせて取る 2. 包丁で切り込みを入れて取る 3. キッチンペーパーで押さえて割りばしで取る 4. 慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、一番簡単で力もいらないのでおすすめです。 ささみの筋の固い部分をしっかり押さえる 2. 筋に包丁を少し斜めに当てる 3. 包丁の刃をまな板に押し付けすぎないように包丁をスライドさせる 4. ささみの筋を引っ張りながら抜き取るようなイメージで取る これでささみの筋の固い部分をきれいに取ることができますよ! ささみに切り込みを入れれば筋が取りやすい! ささみの形を特に気にしないという場合や、細い筋まできれいに取り除きたいという場合は、この方法がおすすめ。 ささみの筋に沿って5cmほどの切込みを入れる 2. 筋を切り取るように包丁で取り除く たったこれだけでOK! ささみを完全に開いて使う場合はこの方法がおすすめですよ。 割っていない割りばしを用意する 2. 割りばしの先からささみの筋の端を奥まで挟む 3. ささみをキッチンペーパーで包み滑らないように押さえて筋を引き抜く やり方はとっても簡単! ただ、ささみの状態によっては途中でちぎれてしまったりささみが切れてしまったりすることもあるので、力加減に気を付けながらやってみてくださいね。 フォークで筋を取る方法も! エビの背ワタを取るような感じで、フォークを使ってささみの筋を取る方法もあるんです。 ささみの筋に沿ってフォークを差し込む 2. そのままフォークを上に引き上げて筋を取る コツとしては、ささみの固い部分に近いところにフォークを差し込むこと。 やり方としては簡単なのですが、ちょっと力がいることや、ささみを取り除いた部分がぼろぼろになることが欠点。 私もこの方法を何度か試してみたのですが、あまりうまくいかずに私には合っていないようでした。 ささみの筋を取らないと ・舌触りが悪くなる ・固い ・肉が縮む ということが起こるので、小さなお子さんがいる場合は筋をきちんと取ったほうがいいと思いますよ! 特に離乳食で使う場合はささみの筋はしっかり取るのがマスト。 小さな子どもは、ちょっと舌触りが悪かったり食べづらさを感じたりすると、口にするのを嫌がることも。 この部分を2cmほど取り除くだけでも舌触りは大きく変わりますよ。 ささみの筋は、ゆでてしまうと取り除くのはとっても簡単! ほぐしながら筋だけをきれいに取り除けばOK。 私の娘も、今でこそささみの筋はさほど気にせず食べるようになりましたが、1歳~2歳くらいのときはちょっと固い部分があるだけで口から出していました。 子どもってこういうちょっとした変化があると、 「また固いのがあるといやだから食べたくない」 と思って食べなくなってしまうこともあるんですよね。 そういったことを防ぐために、子どもには筋のない部分を与えるというのもおすすめ。 筋がある部分は大人が食べてしまえばわざわざ取り除く必要もないかな、と思います。 大人も筋が気になるという場合は頑張って筋を取ってくださいね! まとめ ささみの筋は取り方に慣れるまでは本当に面倒で大変なんですよね。 できればささみの筋なんて取りたくないと思っている人も多いと思います。

次の

【みんなが作ってる】 ささみ 筋の取り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ささみ 筋 取り方

比較する筋切り方法 A 包丁で筋切り B 麺棒で叩く C 何もしない まずは霜降り肉を用意…? いえいえ! これは数年前、運よく当選したお肉。 この時はすでに筋切り済みでした。 筋切りはされていません。 牛肉の筋を切る では、筋切りしていきましょう。 A 包丁で筋切り まずは包丁で筋切りするパターン。 こんな感じ。 噛み切りやすい程度、 2cm感覚にしてみました。 肉の旨みが流れ出してしまわないよう、 切れ目は片面だけに。 B 麺棒で叩く 続いては、叩く方法。 お肉を叩く専用器具がうちにはない! 麺棒で代用します。 白と赤の境目を 重点的に叩きました!! お肉を叩くだけ! ストレス解消にはピッタリかも!? でも、 筋を「切って」いる訳じゃないから、 筋切り効果はどうなんでしょ~?? 筋切り方法を比較 A 包丁で筋切り B 麺棒で叩く C 何もしない 3つ準備できました! 【見た目】 並べるとこんな感じ~。 ほぼ同じサイズ、グラム数ですが、 叩いたお肉が一番大きく見えますね。 焼くとこんな感じ。 下処理をした2パターンの大きさは 同じくらいですが、 何もしなかったお肉が一番小さい! やはり、焼き縮みしたのかな? 【火の通り具合】 切った断面も見てみましょう! どれも同じ時間焼いたもの。 でも火の通りが違うー! 叩いたお肉は、 火がしっかり目に通っていますね。 他のお肉より薄くなってるからかな。 「包丁」と「何もしない」パターンは 良い火の通り具合。 ただ、食べてみると「何もしない」は 肉の固さが気になりました。 豚肉の筋を切る では、筋切りしていきまーす。 豚肉は、 とんかつ・ポークソテー用を準備。 A 包丁で筋切り 牛肉と同じように、 切れ目を入れるのはこの部分。 脂身と赤身の境目が筋なので、 断ち切るように入れていきます。 牛肉と同じように2㎝感覚で。 B グローブ型筋切り ちょっと違う切り方にもトライ! 通称「グローブ型」。 筋をこんな感じに切ります。 この機会に試してみることにします! C 麺棒で叩く こちらも牛と同様に。 境目を重点的に叩きました。 D フォークで刺す こんな筋切りしている人も多いかも? 一番お手軽な方法?! フォーク!! 筋切り方法を比較 A 包丁で筋切り B グローブ型筋切り C 麺棒で叩く D フォークで刺す E 何もしない 5つ準備できました! それぞれの違いを見てみましょう。 【見た目】 焼くとこんな感じ~。 またしても並び順がバラバラ…。 すみません 汗 牛肉と同じで、上の「何もしない」が 一番小さく見える~!? 「グローブ型」はハプニングあり! 焼いている間に、脂部分が ポロっと取れちゃいました。 「包丁」「叩き」「フォーク」の 見栄えはあまり変わりませんね。 【食べてみる】 こちらは断面図。 「何もしない」は、脂身の部分が グッと曲がっています。 食感もやっぱり一番固い…。 それ以外の4パターンは それほど食感に違いなし! 強いて言えば「叩き」が 最も柔らかく感じました~。 豚肉筋切り実験結果 豚肉の実験結果を チェックポイントごとにまとめます。 鶏もも肉の筋を切る では、筋切りしましょう! 鶏もも肉で実験です!! 胸肉はつるりとした見た目。 でも、下処理したいものが いろいろあるんですよね~。 A 包丁で筋切り 下処理するものを 筋とともに一刀両断しちゃいます! こんな風に格子柄に切れ目を入れます。 包丁を使うので ほかにも処理しますよ~。 皮の後ろに隠れている黄色の脂身。 なるべく取り除きます。 包丁の先でプスプス! 穴もあけておきます。 B フォークで刺す 続いてはフォーク使用~。 フォークを刺しておきます。 両面とも念入りに! 筋切り方法を比較 A 包丁で筋切り B フォークで刺す C 何もしない 3つ準備完了~。 【見た目】 3パターンを焼いてみました! やはり、一番小さく焼き上がったのは 「何もしない」。 「フォーク」は縮みは少ない! けど、焼き目のムラが目立ちます。 「包丁」で切れ目を入れた肉は 大きく広がって、焼き目も均等~。 【火の通り具合】 こちらは断面図。 しっかり火が通っているのは「包丁」。 比較する筋とり方法 A 包丁で筋とり B 割りばしを使用 C フォークを使用 A 包丁で筋とり 包丁で取る方法です~。 割りばしは割っていないもの! キッチンペーパーで「筋」を持って、 滑らないようにします。 こちらもペーパーで筋を持ちます。 (株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮くだ さい。

次の

ささみのコンソメオイル蒸し*日持ちします(簡単な筋の取り方)

ささみ 筋 取り方

まずは、筋の先端部分(1cm位)に包丁で切れ目をいれ、筋の先を指でつまみやすくします。 筋にそって切り込みを入れました。 ここはただ取りやすくするだけなので、深く考えずにできました。 筋の切れ目を入れた部分を親指と人差し指でつまみ、ささ身の筋の下側(内側)部分にそって包丁の先を入れていきます。 あまり深く入れすぎると裂けてしまうので、包丁の先5mmくらいを使って、筋に包丁をあてるように切れ目をいれます。 「下側 内側 ってどこから見て何のことを言っているんだ」とモヤモヤしながら、筋の下のラインと思われる方に切り込みを入れていきます。 白い筋が表面に出ているものはやりやすいんですが、出ていないものは筋をなぞって勘で切り込みを入れるのが難しかったです。 筋が見えるくらいに指で身を開いて微調整しておくと、次の行程がうまくいきやすかったです。 ささ身の筋をまな板側にし、最初に切れ目を入れた筋の部分を親指で押さえ、包丁の背をまな板に押し当てるようにして筋を抜きます ささみをひっくり返して包丁の刃の部分を上にして、包丁を横に動かしていきます。 刃の方を下にすると筋が切れてしまうので、刃が上なのがポイントなのだそうです。 刃が上なので最初は怖いですが、筋をひっぱるのではなく包丁をノコギリのようににギコギコしながらすべらせていくようにすると、それほど力を入れなくてもすべりだしていきました。 取れました。 感想:綺麗に取れたのは7割ほど。 悪くはなかった 切り込みアリで包丁で取る方法を試した結果、 綺麗にとれる成功率は約7割ほどといったところでした。 筋が見えにくかったり切り込みがうまく入っていないと、肉の部分まで一緒にはがれてしまうことがありました。 でも、大きくぐちゃぐちゃになるということはなかったです。 筋の入り方によっては動画のようにきれいにはいかないけれど、成功率から見れば悪くはなかったという感想でした。 手順は割り箸の隙間に筋を挟み、キッチンペーパで筋をもったら、割り箸をスライドさせます。 割り箸の食べ物をつかむ方の隙間に、筋を入れます。 筋を割り箸中央まで動かして・・ キッチンペーパーで筋を持ちます。 このキッチンペーパーというのがポイントで、素手で持つとうまく力が入らなかったです。 他の方法に比べて少ない力でスライドするので、あまり筋力の無い私でもやりやすかったです。 取れました。 感想:道具を使うけど比較的綺麗に取れて成功率も高い。 良かった。 筋の方にわずかに肉はついていますが、許容範囲でした。 他の方法に比べて力が必要ないので、力のない方や子どもでもできる所と、包丁を使わないので怖くないところが良かったです。 ただ、筋を取った後はこんな風に中央に空洞ができてしまうので、ささみの使い道によっては少し不格好になってしまうかもしれないという点がありました。 フォークだけで取る方法 4つ目はフォークを使ってスライドさせる方法です。 ただ筋をもって、フォークでスライドさせるだけなんですが・・・ かなり力を入れているのに動きません。 フォークが刺さったりしないか心配で、怖いです。 動いたと思ったら・・・ あ~っ・・ 失敗しました。 感想:力がいる上に成功しにくい。 もうやりたくない 試した方法の中で一番力が必要で、何本か試したものの一つも綺麗に抜けませんでした。 包丁を使わないとはいえ、思いっきり力を入れないと動かないので結局怖いです。 この方法はもうやりたくないと思いました。 フォーク+キッチンペーパーでとる方法 【この方法は2017年7月15日に新しく加筆しました。 】 そして、最後はフォーク+キッチンペーパーでとる方法です。 得する人損する人というテレビ番組で紹介していた方法をそのまま真似てみます。 キッチンペーパーでスジをつかみ、フォークの間にスジを入れて取り除く。 以前は割り箸で紹介した得ワザだが、 フォークの方がスジを固定し取りやすい。 引用元: 2017. 13 筋をキッチンペーパーでつかみます。 フォークの間に筋をいれます。 放送では、フォークはこのような向きになっていました。 横から見るとこのような状態になっています。 あとは動かしていくと・・ できました! 感想:割りばし同様成功率が高くて良い。 ただ、仕上がりの形が少し崩れる フォーク+キッチンペーパーなしだと力が必要でうまく取れなかったのですが、キッチンペーパーがある事であまり力がなくても動かすことができ、成功率も高かったです。 ただ、中にはこんな風に筋を取った後の形が崩れてしまうものもあった 感覚的には、割りばしよりも形が崩れるものが多い気がしました。 ので、ささみの使い方によっては気になる点になると思いました。 結論:ほぐしたりひと口大に切ってしまう場合なら「フォーク+キッチンペーパー」、綺麗さ重視なら、筋の取りやすそうなものを選んで「切り込みあり包丁」。 5つの方法を試してみて、成功率が高かったのはと、でした。 どちらもキッチンペーパーを使うことであまり力がなくても動かすことができ、いくつか試してみても大きく失敗してしまうものは一つもなかったです。 割りばしを使わなくても良いことを考えれば、フォーク+キッチンペーパーが一番手軽で良いといえるでしょう。 ただし、どちらの方法も筋を取った後の形に空洞ができたり、一部が裂けてしまうものがあったので 上:割り箸 下:フォーク+キッチンペーパー 、筋をとった後の形がそのまま出来上がりになるような、見た目を重視したいささみ料理の場合には、で切るのが見た目は一番きれいに出来上がりやすいのかなという感想でした。 ただし、私が試したときは切り込みあり包丁の成功率は7割ぐらいで、筋がみつけにくいものだとうまくいかないこともあったので、買うときに比較的筋が見えるているものを買うなどして成功率を高めるのが、見た目を重視する場合では今のところ一番期待できる方法ではないかなと思いました。 できればどんな筋の形でも失敗がなくて、ささみの形もきれいに出来上がるパーフェクトな方法があればいいのですが、今のところはまだそのような方法には辿りついていません。 今のところの私の結論は、「ほぐしたりするならフォーク+キッチンペーパー、そのまま使う場合には筋のとりやすそうなものを買ってきて切り込みアリ包丁で丁寧にとる、もしくは見た目が落ちてもフォークか割り箸でとる」となっています。 また新しい方法が見つかったら、追記していきたいと思います!.

次の