ジョーダン ヒース。 川崎・ジョーダン・ヒース選手がブロック王に クラブもホスピタリティとソーシャルメディアの2賞

川崎ブレイブサンダースの新外国籍選手は高さと走力を兼ね備えたリムプロテクター

ジョーダン ヒース

中地区BEST5の選考は、2位のシーホース三河に13. 5ゲーム差をつけ、31勝9敗でぶっちぎりの首位に立った川崎ブレイブサンダースの先発メンバーが主軸となる。 しかし、タイムシェアをしていたこともあり、スタッツに反映される活躍を見せた3選手に絞られた。 横浜アリーナでの開幕戦で先発出場した 藤井祐眞だったが、その後は例年どおりのシックスマンとしてベンチから勢いづける。 これまでも候補にその名は挙がったが、シックスマンゆえにBEST5の選考から外されてきた。 篠山竜青が負傷欠場し、年明けから先発を任され続けたことで満を持してのノミネートとなる。 平均12. 1点、5アシストはいずれもキャリアハイを更新し、篠山に代わってはじめてオールスターにも出場した。 富山グラウジーズの宇都直輝や三遠ネオフェニックスの河村勇輝を推す声もあったが、藤井が圧倒した。 得点2位(23. 2点)、リバウンド3位(11本)、3Pシュート成功率3位(41. 今シーズンより加入した ジョーダン・ヒースの活躍は、選考委員たちを唸らせた。 3Pシュート成功率47. 1%でリーグ2位、208cmながら走力もあり、川崎のスタイルをさらにレベルアップさせた功績を評価する。 帰化枠のファジーカスとともに、ヒースをはじめとした外国籍選手2人を同時起用するビッグラインナップは今後も脅威だ。 来シーズンは2地区制となり、中地区が消滅する。 川崎は2017-18シーズン以来の東地区へ。 そのときは千葉ジェッツ、アルバルク東京に続く3位だった。 チャンピオンのA東京とは天皇杯を含めれば2勝1敗と今シーズンは勝ち越したが、同地区となれば必然的に試合数が増える。 川崎同様、ビッグラインナップも可能となった帰化選手を擁する千葉や宇都宮ブレックスとのハイレベルな戦いが今から待ち遠しい。 残る2人は2位の三河から選出された。 日本屈指のポイントゲッターである 金丸晃輔は3Pシュート成功率44. 8%、フィールドゴール成功率49. 平均17. 9点から14. 3点に下がったが、特にオフェンス面では厚みが増した新戦力たちの影響もある。 平均23. 4点で3年連続得点王になった ダバンテ・ガードナーの存在は大きい。 得点だけではなく、4. 8本で自身のアシスト記録を更新した数字も見逃せない。 三河にとって、最初の20試合は5勝15敗となかなか勝てないシーズン序盤だった。 しかし、ガードナーら新戦力がフィットしはじめたことでその後の21試合は13勝8敗と白星を増やしている。 調子を上げていただけに、もう少し見ていたかった。 中地区2位ではあるが、その勝率はリーグ全体で見れば11番目。 昨シーズンはチャンピンシップ出場を逃している。 来シーズンは西地区となる三河はチームケミストリーをさらに高め、常勝軍団復活に期待したい。 文 泉誠一 写真 泉誠一、三上太.

次の

Bリーグ

ジョーダン ヒース

いつも川崎ブレイブサンダースを熱く応援いただき、ありがとうございます。 このたび、ジョーダン・ヒース選手と2019-20シーズンの選手契約を締結しましたので、お知らせいたします。 ヒース選手は2018-19FIBAユーロカップではブロックランキング3位、リバウンドランキング5位とディフェンス力に強みがある選手で、川崎ブレイブサンダースの目指す「ディフェンスをベースにしたチームバスケット」を体現する存在となることが期待されます。 また208㎝の高身長ながら走力もあり、フィールドゴール確率61. 8%、3ポイントシュート確率も40%と高く、広いシュートエリアを持ったオフェンス力もある選手です。 体を張った献身的なプレーでチームを支えてくれることが期待されています。 It is my first time in Japan and so far I love it! The people are very respectful here and it is peaceful here. This season it is my goal to win the division and the league championship. I can not wait to see the Kawasaki Brave Thunder fans at the games. I have heard great things about the fans. I am anxious to fight for you guys every game. この機会を頂けたこと、自分はすごく楽しみにしています。 日本は初めてですが、日本をすごく好きになれると思います。 日本の皆さんは優しく、すごく住みやすそうな国だと思っています。 チームメイトとファンの皆様と時間を過ごすのを楽しみにしています。 今年の目標としては地区優勝、リーグ優勝を達成したいと思っています。 試合でファンの皆様に早く会えるのを楽しみにしています。 川崎のファンは素晴らしいと聞いています。 毎試合ファンの皆様のために奮闘したいと思っています。

次の

Bリーグ

ジョーダン ヒース

ジョーダン・スピース Jordan Spieth 基本情報 名前 ジョーダン・スピース 生年月日 1993-07-27 (26歳) 身長 185 cm 6 ft 1 in 体重 84 kg 185 lb 出身地 経歴 プロ転向 2012年 メジャー選手権最高成績 優勝: 2015 優勝: 2015 優勝: 2017 2位: 2015 受賞 PGA新人賞 2013 PGA最優秀選手賞 2015 PGAツアー最優秀選手賞 2015 PGAツアー賞金王 2015 フェデックスカップ優勝 2015 ヴァードントロフィー 2015 バイロン・ネルソン賞 2015 成績 優勝回数 PGAツアー: 11勝 など 世界ランク最高位 1位(2015年8月17日付) ジョーダン・スピース( Jordan Spieth , - )は、・出身のである。 身長185cm、体重84kg。 アマチュア時代 [ ] 全米ジュニア・アマチュア選手権で2009年と2011年に優勝。 全米ジュニア・アマチュア選手権で複数回優勝したのはに続き二人目。 2012年、の一員として、選手権で優勝 、オールアメリカンにも選ばれた。 ではローアマチュア(出場アマチュア選手最上位)を獲得した。 プロ経歴 [ ] 2013年7月のでは、、とのプレーオフを制して初勝利をあげた。 PGAツアーで10代で優勝したのは82年ぶり。 2013年のの新人賞(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。 またキャプテン推薦でにも出場した。 2014年には、にも出場。 豪PGAツアーのエミレーツ・オーストラリアン・オープンでプロ2勝目を挙げた。 2015年には前年2位となったでの記録に並ぶ270ストローク、史上2番目の若さで優勝を果たし、グリーンジャケットを獲得した。 続く6月の全米オープンでは最終日最終組の1組前でプレーし、トップで最終組を待った。 その後が18番パー5のグリーンで3パットを喫してしまったことで全米オープン初優勝を果たし、メジャー選手権連勝を果たした。 8月に全米プロでは2位となり、が保持していた世界ランク1位を獲得した。 しかし2週間後のプレーオフ第1戦ので予選落ちし、世界ランク1位をマキロイに明け渡した。 その後ツアー最終戦のツアー選手権で優勝し、初優勝となり、世界ランクも1位に返り咲いた。 2016年は初戦のヒュンダイ選手権で優勝。 しかし4月のマスターズでは3日間首位を守りながらも最終日アーメンコーナーの12番パー3で2度の池に入られこのホールを「7」とし、優勝をに奪われてしまった。 通算成績(14勝) [ ] PGAツアー(11勝) [ ] No. 年 トーナメント名 相手選手 結果 1 2013年 、 プレーオフ4ホール目、パーで優勝 2 2013年 プレーオフ2ホール目、リードがバーディー、リードが優勝。 3 2015年 , プレーオフ3ホール目、バーディーで優勝。 4 2015年 , ホームズが2ホール目でパーを決め優勝。 スピースは1ホール目でパーで脱落。 5 2015年 プレーオフ2ホール目、パーで優勝 6 2017年 プレーオフ1ホール目、バーディーで優勝。 7 2017年 ジョンソンが1ホール目でバーディーを決め優勝 豪PGAツアー(2勝) [ ] No. 1934• 1936• 1937• 1938 ヘンリー・ピカード• 1939 ラルフ・ガルダール• 1940 ジミー・デマレー• 1943—45 のため中止• 1946 ハーマン・カイザー• 1947 ジミー・デマレー• 1948 クロード・ハーモン• 1949• 1950 ジミー・デマレー• 1951• 1952• 1953• 1955• 1956 ジャック・バーク・ジュニア• 1957 ダグ・フォード• 1958• 1959 アート・ウォール・ジュニア• 1961• 1963• 1964• 1965• 1967 ゲイ・ブリュワー• 1968 ボブ・ゴールビー• 1969 ジョージ・アーチャー• 1971 チャールズ・クーディー• 1973• 1974• 1975• 1977• 1978• 1980• 1981• 1983• 1984 ベン・クレンショー• 1985• 1986• 1988• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995 ベン・クレンショー• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2004• 2006• 2007• 2008• 2010• 2011• 2014• 2016• 2018•

次の