カーテン ふさ かけ。 カーテンタッセル留めは、賃貸でも使えるニトリ「ふさかけ」がおすすめ!シールタイプで傷がつかない。

カーテンタッセルをかけるところがない場合の4つのアイデアご紹介♪

カーテン ふさ かけ

ニトリ「ふさかけ」カーテンタッセル留めの取り付け方法。 それでは カーテンタッセル留めの取り付け方法についてご紹介します。 一応取り付け上の注意を読みます! やはりシール式なのでクロス(壁紙)の部分には不向きのようです。 まぁつけるとした木枠の部分ですね。 カーテンタッセルの取り付け位置と高さについて。 カーテンタッセル留めをつける時に、 一番迷うのが位置と高さだとおもいます。 かくいう私も、初めてつけるんですが、タッセルの位置って大体どのぐらいだっけ?と僕は試行錯誤しました。 そして決定したのが、 ずばり、 カーテンの高さの中心部より若干下になるように配置するべし! 僕なりの見解なのですが、ちょっと下目の方がカーテンがすっきりまとまります。 上:下=6:4ぐらいの感じにまとめると、すっきりとするイメージです。 ニトリのふさかけはシールを剥がしてつけるだけ。 ちなみに貼り付け面はシールになっていて、剥がしてつけるだけです。 こんな感じになりました! ばっちしです! ニトリの「ふさかけ」のおすすめできるところ。 ニトリのふさかけを使ってみて、思うところを書いていきたいと思います。 シール接着式なので、賃貸でも大丈夫。 賃貸において壁や柱に傷をつけたくない、と言う希望は多いと思いますが。 ニトリのふさかけは、接着式なので、 賃貸の家でもつけやすいのが特徴です。 さらに接着力も強いので、つけ始めてからまる2年は立ちますが、外れたりすることもありません。 穴を開けたりすることもないので、賃貸でカーテンタッセルがない場合におすすめできます。 何回か取り外して位置を変えられる。 ニトリの「ふさかけ」の場合、シール式なのですが、1. 2度くらいなら位置変更可能です。 ニトリの場合は、 かわいい形のものや色違いで色々と選べたりもしますので、クオリティもデザインも100均のものとはちょっと違います。 まとめる力も強くてしっかりとカーテンをまとめてくれます。 お手軽に買える。 こういうカーテンタッセル掛けを購入する時って、引越しの時が多いと思いますが、そんなときに「 ニトリ」に行かれる場合も多いのではないかと思います。 ニトリで小物や家具などを揃えつつ、ふさかけやカーテンも買えばいいので、ついでに買えると言う利点もあります。 楽天市場では通信販売もやっていますし、いつでも手軽に購入できるという点もポイントの一つです。 楽天で購入できるニトリのふさかけの種類。 今回はお店まで買いに行けない人のために「」で購入できる「ふさかけ」をご紹介します。 今回ご紹介しているシンプルな作りのふさかけ、僕はこのタイプを使っています。 引っ越しの時におしゃれな部屋づくりアプリ。 新しい家に引っ越しをしたら、おしゃれな部屋作りをしたい! だけど、おしゃれな家具は値段が高くてなかなか買えません。 そんな時に、100円均一のグッズを使って上手にDIYしたり、 暮らしのアイデアを情報発信してくれるアプリ「」がおすすめです。 ブログ形式で、生活の知恵や掃除方法、おしゃれなDIY情報が 無料で観ることができます。 僕は家の本棚とかをDIYしたりしていますが、LIMIAを使って日々情報を収集します。 賃貸DIYで便利なディアウォール。 「」こちらに記事を書いていますが、これらの活用事例もたくさん「」には載っています。 しかも 完全無料なのがすごい。 PRリンク ニトリ「ふさかけ」に最後に言いたい。 僕は結構神経質なタイプで左右と高さがきっちりしてないと気になって夜も眠れません。 そのため、取り付け時も2〜4回ぐらい付け直しましたが、 貼った跡ものこらず、またしっかりと粘着力が落ちません。 そのため、何回かは失敗しても大丈夫ですので、気の向くままにトライしてみてください。 単なる カーテンタッセル掛けなのですが、されど カーテンタッセル掛けなのです。 ただ単にカーテンタッセル掛けと言いたいだけなのです。 という不毛な時間は置いといて、ニトリのカーテンタッセル掛け(ふさ掛け)取り外し後の跡も残りにくいのでオススメです。 それでは、月見水太郎()でした。 楽天で通信販売もやっていました。 ニトリの製品って楽天で買えるので便利ですよね。 お店まで行くのがめんどくさい方は、こちらからどうぞ。

次の

カーテンタッセル留めは、賃貸でも使えるニトリ「ふさかけ」がおすすめ!シールタイプで傷がつかない。

カーテン ふさ かけ

オーダーカーテン担当の森です。 カーテンを購入するときに、カーテンを束ねる「タッセル」を共生地でつくったけど「房掛け」を買い忘れてた・・・、というお声をいただくことがあります。 それほど意識して選ぶことのない「房掛け」ですが、実はデザインに特徴がある房掛けもたくさんあります。 房掛けとは? 「房掛け」とはカーテンタッセルを掛ける金具のことを指します 素材は金物以外にも木製のものなどもあります。 房掛けは、基本的に壁の色や木枠の色など、付ける場所と同じような色にして目立たせないようにするのが一般的ではありますが、あえてつける場所とは違う色を選びそれをアクセントとして楽しまれるお客様もいらっしゃいます。 そこで今回は、アクセントとして楽しむことができるデザインの房掛けを4つご紹介します。 TOSO(トーソー) ラグレスB ライトオーク どこか押してみたくなるような可愛らしさがあります。 ワンポイントとしても使っていただけるような上品な房かけとなっております。 TOSO(トーソー) ウィーン こちらは高級感溢れる上品な房かけです。 落ち着いた色をしている為、意外とどんな家にでも合います。 少しゴージャス感や高級感を出したい方にはピッタリです。 TOSO(トーソー) マグネット房かけ こちらはマグネットでタッセルをかけることができる房掛けです。 房掛けは壁に穴を空けてネジで止める事が多いですが、これなら壁に穴を空けることのできない賃貸などのお部屋にも使っていただく事ができます。 タチカワブラインド スムースA こちらは円球型の房かけです。 ナチュラルなデザインの中に可愛らしさもあり、お家のインテリアの一部としてもお使いいただけます。 いかがでしたでしょうか。 房掛け一つでも遊び心をくすぐられるようなデザインもたくさんあります。 是非これからは房掛けにも注目してみていただければ嬉しく思います。

次の

カーテンタッセル留めは、賃貸でも使えるニトリ「ふさかけ」がおすすめ!シールタイプで傷がつかない。

カーテン ふさ かけ

たとえば、天然木をつかった「木製レール」や洋風の「アイアンレール」などが挙げられますが、上の画像も装飾レールの一つです。 装飾レールは、カーテンで隠さずに「レールそのものを魅せることが目的として作られている」ため、お部屋の中でも目立ちます。 なので 装飾レールを選ぶときは、 ふさかけの色と「カーテンレールの色を合わせる」のがお勧め。 統一感が生まれ、ふさかけとレールのコーディネート感を楽しむことができます。 ふさかけの理想的な取り付け位置とは? では、ふさかけの理想的な取り付け位置はどこなのでしょうか? もしかすると「窓枠」が一番つけやすいという方もいらっしゃるかもしれませんね。 実はカーテン専門店では、 ふさかけの取り付け位置を「カーテンレールの両端のラインにあわせる」のが一般的です。 つまり、壁のクロス面に取りつけるのがセオリー。 その理由は、カーテンをタッセルで留めたときに「カーテンの両端がレールから一直線」になるので美しくみえるからです。 ほんの小さな「ふさかけ」ひとつでも、このように取り付ける位置や色の選び方で、カーテンをより美しくみせるカギが隠されています。 まとめ 最後までご覧いただきありがとうございます。 今回は、「ふさかけの色で迷ったときの選び方」についてお伝えしました。 この記事をもう一度まとめると、.

次の