プリコネ 被弾tp。 【プリコネR】アリーナで勝つためのおすすめキャラランキング【プリンセスコネクト】

【プリコネR】キャラ評価〈サポーター編5〉

プリコネ 被弾tp

今回の記事においては リセマラ時に優先したいキャラクター選択やその後の優先的な育成順位やガチャガチャの引くタイミングについてのお話にしたいと思います。 こちらの能力を持っているキャラクターはエンドコンテンツの「バトル(プリンセス)アリーナ」「クランバトル」にて必須となることが殆どを締めているため、押さえておきたいところです。 プリンセスコネクトにおいては キャラクターを選択して獲得することのできる確定チケットのようなもの(グラブルで言えばセレクトチケット)が存在しないのです。 (2周年以降はテコ入れがあることが予想されますが…。 現状、星3確定ガチャはあれど完全に闇鍋です。 ) そのため、ピックアップもその時々の限定キャラクターに焦点を置くことが恒常化していることも合わさり、リセマラ後は闇鍋ガチャを延々と引くハメになるので妥協することはあまりおすすめしません。 以下、おすすめしておきたいキャラクターたちの紹介となります。 リセマラ内容のまとめ まずはじめに、結論として内容をまとめるとだいたいこんな形になると思います。 下記のジュンの最後の方にもありますが、 おすすめしないキャラクター (上段8キャラと下段2キャラについて 記載。 ) の記載となります。 各おすすめのキャラ紹介 1. )です。 マコトの強いところはデバフ量の大きさに合わせて自身の火力も相応に持ち合わせているために、全体の火力貢献に大きく関わってきます。 欠点があるとすれば、あまりに前衛すぎるためメインストーリークリア時においては装甲が柔らかすぎて何だこいつ装甲ペラペラじゃん弱いな…ってなることです。 事実、 プリコネRのリリース直後ほどの時期もそんな評価で リセマラ時の最低ランク評価だった記憶があります。 当時はヒーラーのマホが必須級と謳われていたと思います。 しかし、クランバトル等のデバフがある程度必須となるような状態が発生すると評価は一転し、 リリースしばらくしてからの後~2周年直前の現在に至るまでリセマラ時のおすすめキャラクターの座を維持しています。 割と大器晩成型、プリコネを突き詰めれば突き詰めるほどに有り難さがわかるキャラクターのため、フレンド枠を借りない場合はマコト1人のリセマラ終了は割と 序盤の進行が厳しいかもしれません。 )です。 昨今では星6という最終上限解放が実装されてしまい、ペコリーヌやリマにタンク役としての座を奪われがちなジュンですが、 序盤進行においては最優秀のキャラクターだと個人的に思います。 自身も素でかなり硬い タンク役・自分も他の味方も回復する サポート役・相手をデバフで柔らかくする デバフ役…の3進行を基本とするためにオート放置時の行動に基本的に無駄がないです。 手動にする意味があまりないかなというレベルに…それほど無駄はないです。 前述のエンドコンテンツにおいては不遇時代を現在では往きますが、「クランバトル」において最優先でピックアップされることも少なく有りません。 無い月ももちろんありますが…。 それらを差し置いても 「プリンセスフェス」(後述するキャラクターが限定登場する期間限定ガチャガチャ)を外した時期なのならばマコトと合わせて引いておけば物理においては盤石な体制を整えられるものと思います。 プリフェス時においては優先度は相当に下がります。 それくらいに後述の3キャラクターが強すぎるのです。 個人としては上記2キャラクターを揃えればいいかなと思っています。 恒常化され、常にガチャガチャから排出されるキャラクターの残りの子たちは横並びで強いので特筆はしません。 控えておきたい気持ちもありますが…念の為、あえて おすすめしないキャラクターを記載しておきます。 (上段8キャラと下段2キャラについて記載。 ) 3. 季節限定の期間限定キャラクターに重きを置かなければ、強力無比なプリフェス限定キャラクターが存在するために手持ちの戦力を補充するに際はプリフェスの利用を強くおすすめをします。 これまでの開催はそれぞれ下記で行われています。 ただし! 現在では救済措置としてか新規プレイヤーには72時間限定でプリフェス条件下でガチャ可能な 「スペシャルフェス」 が 開催される仕様となっています。 そのため、リセマラでも以下キャラクターの獲得が可能となっています。 絶対に ムイミ、クリス、ネネカの3人中の一人は獲得しておきましょう!! 個人的には ネネカがおすすめです。 では以下は各キャラクターについて触れたいと思います。 3-1. あと前衛アタッカーの中では耐久値が高めな点も評価すべきポイントです。 個としての殲滅力については他の追随を許さないレベルでピカイチです。 範囲攻撃の継続力がやや弱いところが弱点ですが、キャラクターの組み合わせや相手の攻撃被弾でのTP回復を前提にした構築だと バトルの大半を範囲攻撃で終わらせることも場合によっては可能です。 後述の2名と比べると最近はやや使用・登場頻度が少なくなりつつありますが、それを考えても強いです。 2周年に現れる専用装備によっては常に必須級として返り咲く可能性を強く秘めています。 3-2. 個人としてのデバフの総量は低いものの、マコト等と組み合わせることで 相手に与えるデバフ量を高水準に維持することが出来、アタッカー兼・準デバッファーとしての活躍を見越せます。 実装当時はプリコネから身を離していたのですが、デバフを与えるキャラが少なかった影響下からか「クリスショック」なるものが起きたレベルだったそうです。 天井も無かったのかなと思うと怖いですね。 あと大きな特徴として UBが必ずヒットしクリティカルになります。 そのため、ダメージ総量の上振れ下振れが小さくなるために、 アタッカーとして非常に安定感のあるキャラクターだと思います。 こちらも2周年に専用装備が来るのではないかなと思っています。 そうしたら2度めのクリスショック…となり得るかもしれませんね。 3-3. 端的に紹介するのであれば、 2人に分身して手数を増やしつつ、味方へバフを付与し、相手には自身の攻撃でデバフを付与する…といった1キャラクターに収めて良いのか?といった要素を纏め上げた少しズル目のキャラクターとなっております。 プリンセスフェス開催時であれば最優先で狙いたいキャラクターです。 ここ最近は運営の意図するところで分身体を強制的に削除する相手が実装されている状態なので、 やや向かい風に打たれていますが、それでも強行突破を図れるようなポテンシャル持ちです。 エンドコンテンツではネネカ所持前提の魔法PT編成の難易度構成がなされることも多く、居ないと泣くことになることも多くなると思います。 上記のような簡単な纏め方でもおかしさが伝わればいいな、と思うほどに強いキャラクターです。 リセマラ後について リセマラが終わると 季節モノの 期間限定キャラクターやコラボキャラクターの甘い誘惑が強く出てきます。 配られる石の数が多めのゲームとは言え、常に天井までガチャガチャなんて石油王くらいしかできません。 そのため、 基本的にはプリフェスのキャラクター狙いをすること、および季節モノは周りの情報が出揃ってから引くことを徹底すること、 最悪フレンドやクランのメンバーからの貸借で済ませる…といったことをおすすめします。 借りればなんとかなる、も割とプリコネの良いところではあります。 なので初心者のうちはどれが必要なのか見極めるのが大変ですし情報が出揃って、それでも自分の推しだから引いておきたい!といったときのためにできるだけ石を溜め込みましょう。 筆者は無料ガチャを合わせてですが、此処1~2ヵ月で500~600連くらいのガチャガチャを引いています。 凄い後悔します。 悔い改めないといけないのですが、また繰り返すのが人の性というやつなのでしょうか。 ギブミーマネー。 次回は何を書こうかちょっとだけ悩んでいます。 来週末には書き上げたいと思ってます。 では次回もお会いできたら幸いです。 ご拝読ありがとうございました。

次の

プリコネ中級者向け やることをわかりやすく整理してみよう!

プリコネ 被弾tp

おすすめキャラクター 中衛キャラクターでおすすめするキャラクターは少ないですが、ピンポイントでこのキャラクターが欲しいという場面が多いです。 サポート 味方へのバフや敵へのデバフなど味方キャラとのシナジーを合わせることで強い編成を組むことができます。 ユカリ 最初は星1でステータスが低いです。 後半では星6でタンクもできる上に魔法攻撃をする敵には鉄壁の守りとなります。 ユカリのスキルのTP回復 UBのゲージ増やす はUBが強いキャラクターと組み合わせることでかなり強力なUBを連発することができます。 このスキルはUBゲージが低いキャラクターに使用するため初心者にも優しいです。 序盤から後半まで使えるキャラクターなので是非育てておきたいキャラクターです。 特別枠サレン サマー サレン サマー は限定キャラクターで復刻したとき以外に入手することができません。 しかし、最初から星3の上に星を上げない方が強いというキャラクターなので、入手したすぐ使用することができます。 星を上げない理由はステータスは上昇しますがUBの溜まる速度が遅くなるからです。 スキルは始めに1回だけ味方全体にTP回復する強力なスキルと味方全体の行動速度と攻撃力を上げる強力なUBとなっていて、始めからUBのラッシュができます。 味方に依存するキャラクターなので、UBが強いキャラクターたちと組み合わせると強力なキャラクターとなります。 特別枠シズル バレンタイン シズルは限定キャラクターで復刻したとき以外に入手することができません。 しかし、サレン サマー と同じく最初から星3で星上げが必要ないキャラクターになっています。 基本的に攻撃力が低く味方のサポートに特化したキャラクターは星を上げない方が強いことが多いです。 スキルは味方のHP・TPを回復し、味方に物理攻撃力・クリティカルを上げ、敵には物理防御デバフを与える強力なキャラです。 下手なアタッカーを入れるより、ダメージが伸びる上に、HP回復で安定します。 序盤から後半まで役に立つので物理パーティーを組むなら入れることをおすすめします。 アタッカー 基本的にアタッカーは敵を早く倒す役割となっています。 敵を早く倒すためにアタッカーにシナジーが合うキャラを揃えることが重要となってきます。 序盤から使えるキャラが少ないので後半まで我慢して育てていきましょう。 グレア グレアは最初から星3でステータスが高いです。 魔法パーティーを作る際に専用装備をつけることができれば強力な魔法アタッカーになります。 星を上げる前に専用装備をつけることを優先しましょう。 グレアは範囲攻撃を得意とするキャラクターでまとめて敵を倒すことができます。 攻撃力が高い反面、魔法キャラクターなのに前の方に配置され、HPも防御も低いのでHPには注意しておきましょう。 ミミ ハロウィン ミミ ハロウィン は最初から星3でステータスが高いです。 こちらは物理に特化した範囲攻撃キャラクターです。 味方の防御力を下げる代わりに攻撃力を上げる特殊なキャラクターです。 しかし、味方の防御力下げることで、敵からの受けるダメージ量が大きくなり被弾TP 敵からの攻撃を受けたときにたまるUBゲージの量 が増えUBを早く発動することができます。 専用装備をもらっていない現状でもかなり強いキャラクターなため、将来性もかねてかなりおすすめキャラクターです。 終わりに ここまで読んでいただきありがとうございました。 今回は中衛キャラクターを紹介しましたが次は後衛のおすすめキャラクターを紹介しますので、気になった方は是非そちらもご覧ください。

次の

プリコネ中級者向け やることをわかりやすく整理してみよう!

プリコネ 被弾tp

今回の記事においては リセマラ時に優先したいキャラクター選択やその後の優先的な育成順位やガチャガチャの引くタイミングについてのお話にしたいと思います。 こちらの能力を持っているキャラクターはエンドコンテンツの「バトル(プリンセス)アリーナ」「クランバトル」にて必須となることが殆どを締めているため、押さえておきたいところです。 プリンセスコネクトにおいては キャラクターを選択して獲得することのできる確定チケットのようなもの(グラブルで言えばセレクトチケット)が存在しないのです。 (2周年以降はテコ入れがあることが予想されますが…。 現状、星3確定ガチャはあれど完全に闇鍋です。 ) そのため、ピックアップもその時々の限定キャラクターに焦点を置くことが恒常化していることも合わさり、リセマラ後は闇鍋ガチャを延々と引くハメになるので妥協することはあまりおすすめしません。 以下、おすすめしておきたいキャラクターたちの紹介となります。 リセマラ内容のまとめ まずはじめに、結論として内容をまとめるとだいたいこんな形になると思います。 下記のジュンの最後の方にもありますが、 おすすめしないキャラクター (上段8キャラと下段2キャラについて 記載。 ) の記載となります。 各おすすめのキャラ紹介 1. )です。 マコトの強いところはデバフ量の大きさに合わせて自身の火力も相応に持ち合わせているために、全体の火力貢献に大きく関わってきます。 欠点があるとすれば、あまりに前衛すぎるためメインストーリークリア時においては装甲が柔らかすぎて何だこいつ装甲ペラペラじゃん弱いな…ってなることです。 事実、 プリコネRのリリース直後ほどの時期もそんな評価で リセマラ時の最低ランク評価だった記憶があります。 当時はヒーラーのマホが必須級と謳われていたと思います。 しかし、クランバトル等のデバフがある程度必須となるような状態が発生すると評価は一転し、 リリースしばらくしてからの後~2周年直前の現在に至るまでリセマラ時のおすすめキャラクターの座を維持しています。 割と大器晩成型、プリコネを突き詰めれば突き詰めるほどに有り難さがわかるキャラクターのため、フレンド枠を借りない場合はマコト1人のリセマラ終了は割と 序盤の進行が厳しいかもしれません。 )です。 昨今では星6という最終上限解放が実装されてしまい、ペコリーヌやリマにタンク役としての座を奪われがちなジュンですが、 序盤進行においては最優秀のキャラクターだと個人的に思います。 自身も素でかなり硬い タンク役・自分も他の味方も回復する サポート役・相手をデバフで柔らかくする デバフ役…の3進行を基本とするためにオート放置時の行動に基本的に無駄がないです。 手動にする意味があまりないかなというレベルに…それほど無駄はないです。 前述のエンドコンテンツにおいては不遇時代を現在では往きますが、「クランバトル」において最優先でピックアップされることも少なく有りません。 無い月ももちろんありますが…。 それらを差し置いても 「プリンセスフェス」(後述するキャラクターが限定登場する期間限定ガチャガチャ)を外した時期なのならばマコトと合わせて引いておけば物理においては盤石な体制を整えられるものと思います。 プリフェス時においては優先度は相当に下がります。 それくらいに後述の3キャラクターが強すぎるのです。 個人としては上記2キャラクターを揃えればいいかなと思っています。 恒常化され、常にガチャガチャから排出されるキャラクターの残りの子たちは横並びで強いので特筆はしません。 控えておきたい気持ちもありますが…念の為、あえて おすすめしないキャラクターを記載しておきます。 (上段8キャラと下段2キャラについて記載。 ) 3. 季節限定の期間限定キャラクターに重きを置かなければ、強力無比なプリフェス限定キャラクターが存在するために手持ちの戦力を補充するに際はプリフェスの利用を強くおすすめをします。 これまでの開催はそれぞれ下記で行われています。 ただし! 現在では救済措置としてか新規プレイヤーには72時間限定でプリフェス条件下でガチャ可能な 「スペシャルフェス」 が 開催される仕様となっています。 そのため、リセマラでも以下キャラクターの獲得が可能となっています。 絶対に ムイミ、クリス、ネネカの3人中の一人は獲得しておきましょう!! 個人的には ネネカがおすすめです。 では以下は各キャラクターについて触れたいと思います。 3-1. あと前衛アタッカーの中では耐久値が高めな点も評価すべきポイントです。 個としての殲滅力については他の追随を許さないレベルでピカイチです。 範囲攻撃の継続力がやや弱いところが弱点ですが、キャラクターの組み合わせや相手の攻撃被弾でのTP回復を前提にした構築だと バトルの大半を範囲攻撃で終わらせることも場合によっては可能です。 後述の2名と比べると最近はやや使用・登場頻度が少なくなりつつありますが、それを考えても強いです。 2周年に現れる専用装備によっては常に必須級として返り咲く可能性を強く秘めています。 3-2. 個人としてのデバフの総量は低いものの、マコト等と組み合わせることで 相手に与えるデバフ量を高水準に維持することが出来、アタッカー兼・準デバッファーとしての活躍を見越せます。 実装当時はプリコネから身を離していたのですが、デバフを与えるキャラが少なかった影響下からか「クリスショック」なるものが起きたレベルだったそうです。 天井も無かったのかなと思うと怖いですね。 あと大きな特徴として UBが必ずヒットしクリティカルになります。 そのため、ダメージ総量の上振れ下振れが小さくなるために、 アタッカーとして非常に安定感のあるキャラクターだと思います。 こちらも2周年に専用装備が来るのではないかなと思っています。 そうしたら2度めのクリスショック…となり得るかもしれませんね。 3-3. 端的に紹介するのであれば、 2人に分身して手数を増やしつつ、味方へバフを付与し、相手には自身の攻撃でデバフを付与する…といった1キャラクターに収めて良いのか?といった要素を纏め上げた少しズル目のキャラクターとなっております。 プリンセスフェス開催時であれば最優先で狙いたいキャラクターです。 ここ最近は運営の意図するところで分身体を強制的に削除する相手が実装されている状態なので、 やや向かい風に打たれていますが、それでも強行突破を図れるようなポテンシャル持ちです。 エンドコンテンツではネネカ所持前提の魔法PT編成の難易度構成がなされることも多く、居ないと泣くことになることも多くなると思います。 上記のような簡単な纏め方でもおかしさが伝わればいいな、と思うほどに強いキャラクターです。 リセマラ後について リセマラが終わると 季節モノの 期間限定キャラクターやコラボキャラクターの甘い誘惑が強く出てきます。 配られる石の数が多めのゲームとは言え、常に天井までガチャガチャなんて石油王くらいしかできません。 そのため、 基本的にはプリフェスのキャラクター狙いをすること、および季節モノは周りの情報が出揃ってから引くことを徹底すること、 最悪フレンドやクランのメンバーからの貸借で済ませる…といったことをおすすめします。 借りればなんとかなる、も割とプリコネの良いところではあります。 なので初心者のうちはどれが必要なのか見極めるのが大変ですし情報が出揃って、それでも自分の推しだから引いておきたい!といったときのためにできるだけ石を溜め込みましょう。 筆者は無料ガチャを合わせてですが、此処1~2ヵ月で500~600連くらいのガチャガチャを引いています。 凄い後悔します。 悔い改めないといけないのですが、また繰り返すのが人の性というやつなのでしょうか。 ギブミーマネー。 次回は何を書こうかちょっとだけ悩んでいます。 来週末には書き上げたいと思ってます。 では次回もお会いできたら幸いです。 ご拝読ありがとうございました。

次の