履歴 書 送付 切手。 履歴書の送付にはマナーがある?ぜひ知っておきたい封筒の書き方・送り方

【テンプレート】履歴書の送付状・添え状の書き方【無料ダウンロード】

履歴 書 送付 切手

郵便物に貼る切手の料金は、郵便物と大きさと重さで決まります。 まず基礎知識として、郵便には「定形郵便」と「定形外郵便」があることを知っておきましょう。 「定形郵便」は、重さ50g以内、サイズは最大で23. さらに50g以上4kg以内で、厚さを含めた3辺の合計が90cm以内なら「定形外郵便」になります。 なお、重さが1kg以内を「規格内」、1kg以上4kg以内までを「規格内」と定めています。 履歴書はA4サイズかB5サイズなので、これらが入る封筒は「定形外郵便(規格内)」になります。 2cm)の封筒です。 B5サイズなら、「角3」(21. 7cm)がぴったりです。 ただし、 履歴書を送る際は、一緒に職務経歴書やエントリーシートなども同封するよう指定されることが多いはずです。 これらの書類はA4サイズなので、同封するなら封筒は角2を選ぶことになります。 なお、企業から封筒のサイズの指定があった場合は、それに従ってください。 また、書類を送る際は送付状(カバーレター)をつけるのがマナーです。 さらに、 配送中に折れたり濡れたりするのを防ぐために、書類一式をクリアファイルに入れて送るのがマナーです。 では、これらの書類一式を郵送する場合の切手料金はいくらでしょうか。 先ほど説明した通り、B5サイズ以上の書類を送るなら「定形外郵便」になりますが、さらに重さによって料金が細かく設定されています。 定形外郵便(規格内)の料金表 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 「type転職」調べでは、「履歴書、職務経歴書、送付状、エントリーシート、クリアファイル、角2封筒」を合計した重さの目安は、60〜80gでした。 その場合、必要な切手は「140円」となります。 ただし、企業によってはこれ以外の書類を同封するよう求められることもありますし、クリアファイルや封筒の素材によっては、これより重くなる可能性があります。 もし自分が貼った切手の料金が足りない場合は、受け取る側の企業が不足分を支払わなくてはいけません。 そうなれば、採用担当者に悪い印象を与えることになるでしょう。 よってお勧めしたいのは、自分で切手を貼ってポストに投函するのではなく、郵便局の窓口に封筒を持っていくことです。 窓口へ行けば、正確な重さを計って、必要な切手を貼ってくれます。 「わざわざそんなことをするの?」と思うかもしれませんが、一般の人でも重要な書類を出す場合や郵便物の重さがわからない場合は、郵便局の窓口に持って行くのが常識です。 最寄りの郵便局へ行き、「普通郵便でお願いします」と言って封筒を渡せば、あとは窓口の人が処理してくれます。 履歴書は、転職という人生の重大な節目を左右する大事な書類です。 「これで切手の料金は足りているのだろうか?」と不安な気持ちで履歴書を出すより、ひと手間かかったとしても、「これで安心」と思える手段を選ぶことをお勧めします。 切手料金の不足さえなければ、郵送の仕方についてそれほど神経質になる必要はありません。 必要な書類が問題なく手元に届けば、たいていの採用担当者はそれでよしと考えます。 例えば、B5サイズの履歴書を送るときに、「ぴったりの角3ならOKで、大きめの角2はNGなのだろうか」などと気にする必要はないということです。 必要な書類が過不足なく入っていて、中の書類が封筒を突き破っていたりしない限り、たいていの採用担当者は何も気にとめず書類を処理します。 そもそもの前提として、履歴書を正しいマナーや郵便のルールに則って送ったとしても、それ自体が書類選考の合格につながることはありません。 ビジネスパーソンであれば、正しい方法で書類を送付できるのは当然とみなされるからです。 特に大きな問題もなく企業側に履歴書が届けば、「一人のビジネスパーソンとして、最低限の常識的な振る舞いが身についている」と示す機会にはなりますが、それだけで書類選考においてプラスの評価になるわけではありません。 だからこそ、常識外れの送り方をすれば、採用担当者に悪印象を与えてしまうリスクがあります。 最大のマナー違反は、やはり切手の料金が足りず企業側に不足分を支払わせることです。 そうなれば、採用担当者が「この人には仕事を任せられない」とマイナスの評価をする可能性があります。 それを避けるためにも、郵便局の窓口で出すのが確実です。 なお、 「ちゃんと相手に届くだろうか」と心配なら、郵送後にメールで企業の担当者に「履歴書を送付致しました」と知らせるとよいでしょう。 また、自分が郵便物を出した記録を残したいなら、郵便局の窓口から「特定記録郵便」で出すこともできます。 普通郵便の料金に160円プラスすれば、郵便局がその郵便物を引き受けた証拠となる受領証を発行してもらえるほか、インターネット上で配送状況を確認することもできるので、「配送ミスで届かなかった」という万が一のトラブルも防げます。 どうしても入社したい志望度の高い企業に履歴書を送る場合は、「特定記録郵便+メールでの連絡」をセットで行うとよいでしょう。 切手を貼る位置は決まっています。 日本郵便によると、切手は基本的に「縦長にした時に左上」になる位置に貼るのが正しいとのことです。 角2封筒で宛名を縦書きにする場合なら、左上に切手を貼れば問題ありません。 また、切手を貼る枚数に制限はありません。 よって必要な切手料金が140円の場合に、「140円切手」を1枚だけ貼っても、「100円切手+30円切手+10円切手」を3枚貼っても、どちらも相手には届きます。 ただし大事なのは、受け取った相手が不快に思わないこと。 特にビジネスシーンでは、「手元にある切手を寄せ集めて貼った」と思われないよう配慮することが必要です。 もちろん、切手を2枚や3枚貼ったからといって、それだけで書類選考で不利にはなりません。 しかし、相手に気持ちよく受け取ってもらうためには、郵便局の窓口で封筒の重さを計ると同時に、料金ぴったりの切手を1枚貼ってもらったほうが見栄えもよく、相手に「きちんとした人」という印象を与えることは間違いありません。 なお、 切手の絵柄で個性をアピールしようとは考えないでください。 先ほども説明した通り、履歴書の郵送は「相手の手元に届いて当たり前」の行為であり、自己アピールの場ではありません。 淡々と事務的に処理すればいいだけのことであり、自分の個性を主張しようとして珍しい記念切手やアニメのキャラクターなどの絵柄を選ぶと、おかしな目立ち方をして「ビジネスパーソンにとって当たり前のことを当たり前にできない人」とネガティブに受け取る採用担当者がいるかもしれません。 余計なリスクを負わないためにも、切手はごく一般的な風景や植物などの絵柄を選ぶのが無難です。 履歴書を郵送する際のポイントまとめ• 履歴書を郵送する際は、「何もトラブルがなく、担当者の手元に届くこと」が何より重要。 ・どうしても窓口に行くことが難しい場合は下記を参照する。 2cm)の封筒。 ・必要な切手料金目安は「140円」。

次の

履歴書の送付にはマナーがある?ぜひ知っておきたい封筒の書き方・送り方

履歴 書 送付 切手

はじめに 就活や転職活動で履歴書の準備ができたら、郵送するときのマナーをおさえましょう。 「宛名を書く時は手書きじゃなきゃいけない?」、「履歴書の日付は記載をした日か投函日どちら?」「送付状も同封すべき?」など、守っておかないとビジネスマナーを知らないと評価されてしまう点がたくさんあります。 この記事では、履歴書を送付する時のマナーについて説明します。 履歴書の郵送の仕方やマナー まずは、履歴書を郵送する際に気をつけた方が良い日付の記載や宛名、送付状のマナーについて説明していきます。 宛名の書き方 オモテ面とウラ面で書かなければいけないことや注意する点も違います。 それぞれの注意点が以下です。 市の名前が県名と同じ場合でも、住所は都道府県から書きましょう。 郵便番号を書く欄が印字されている場合もありますが、欄がない場合は中央に横書きで記載してください。 会社名が長くても、「株式会社」などの正式名称を使うようにしましょう。 また、採用担当者の氏名が分かっている場合は、「様」を付けて担当者の氏名を記入してください。 担当者の氏名が分からない場合は、「採用ご担当者様」もしくは「人事部御中」と書きます。 宛先が長くなる場合は見やすさを考慮し、改行してバランスをとりましょう。 そのほかの注意点としては、「御中」と「様」を併記しないこと。 会社名のみならば「御中」を、人名も記載するなら「様」を記載してください。 普段は郵便物を送る際にこのようなことを書かない場合がほとんどかもしれませんが、これを書くことで重要書類であることが伝わります。 企業に多く届く郵送物に混ざってしまっても、採用のための書類だとわかりやすくなります。 開封時にも重要書類とわかるので、ただの郵便物と比べて丁寧に開封してもらいやすくなるので、忘れないように記載しましょう。 神経質になる必要はありませんが、封筒の淵と平行になるよう丁寧に貼ることを心掛けてください。 ウラ面は下の図の2通りの書き方があります。 住所・氏名は封筒の真ん中に書く場合でも、左側に寄せてかく場合でも、日付を記入するのは左上にしましょう。 また、宛名より小さな字で書くようにしましょう。 履歴書の日付は「書いた日」?「郵送する日」? 履歴書の日付は「書いた日」にすればいいのか、「郵送する日」にすればいいのか、迷う人もいるかもしれませんが、「郵送する日」にしましょう。 郵送でなく持参する場合には、持参する日を記入してください。 日付の表記については西暦でも和暦(元号)でも構いませんが、他の提出書類と全て統一し、同じ表記にしましょう。 数字と漢数字の表記も同様にそろえてください。 送付状の書き方と入れ方 履歴書を送付するときは、送付状を同封するのがマナーです。 送付状を添えることで採用担当者は差出人と中身を整理して把握しやすくなります。 採用担当者は日々たくさんの履歴書を受け取ります。 送付状を忘れず添えることでスムーズに書類を確認できるため、印象良く受け取ってもらうことができます。 パソコンでの書き方 送付状には、以下の9点を漏らさず書きましょう。 ビジネス文書なので、A4サイズ横書き、パソコンで書くことが一般的です。 年の表記について、西暦か和暦かは履歴書と統一してください。 書く内容は封筒と同じです。 連絡先は「郵便番号」「住所」「電話番号」の順で記載するのが普通です。 文頭に「拝啓」と入れ、「季節の挨拶」「相手の発展を喜ぶ言葉」を続けます。 職種別の採用であれば、希望する職種も合わせて記載しておきましょう。 「何卒よろしくお願いいたします」という言葉で締めるのがビジネスマナーです。 内容に不備がないか、受け取った相手が確認できるようにする意味があります。 手書きの場合の書き方 送付状の作成が手書きの場合も、書く内容はパソコンの場合と同じです。 手書きで書いていて文字や内容を間違えた際は、できるだけ全部書き直すようにしましょう。 どうしても時間がないときはやむを得ないかもしれませんが、誤字を修正した形跡のある送付状と、そうでない送付状では見る人からの印象が変わってくることを覚悟しておきましょう。 また、書く際には「見やすい太さで」「にじみにくい」ペンを選ぶのがベターです。 オススメは、1mm以下の太さの油性マジックペンです。 ボールペンを使う際は、油性で1. 6mm程度の太いペンを使うと字が細くなりすぎず見やすくにじみにくいです。 送付状を入れ忘れた場合 もし送付状を入れ忘れてしまった場合はどうすれば良いのかを解説します。 送付状の有無と選考結果の関係ですが、結論から言うと送付状なしでも影響はありません。 採用担当者の印象が少し悪くなってしまう可能性はありますが、きちんとした企業であれば、送付状がないからといって書類選考で落とすようなことはまずないでしょう。 もし送付状を入れ忘れてしまった場合でも、送付状だけ後から送ったりすると、逆に担当者の手間を増やしてしまいますので避けてください。 送付状の入れ方 送付状は、履歴書の上にくるように重ねてクリアファイルに入れておくようにしましょう。 履歴書以外の書類と合わせて郵送するときも、送付状が一番上になるようにしてください。 なお、送付状の入れ方については以下、「合わせて読みたい!」も参考にしてください。 履歴書の郵送方法 郵送する場合は、A4書類を折りたたまずに入れられるよう、角形2号など定形外の大きさの封筒を用意してください。 また、書類はクリアファイルに挟んでから封筒に入れるのが送付のポイントです。 そのまま入れるよりも丁寧な印象になるほか、雨など水濡れで書類が読めなくなってしまうトラブルを避けることができます。 履歴書の郵送方法は普通郵便で送りましょう。 提出締め切りギリギリになってしまった場合などに速達を利用するのは問題ありませんが、書留で送ると受け取りに際して担当者の手を煩わせてしまうことになります。 どうしてもという方以外はなるべく避けるようにしましょう。 普通郵便で送る場合の切手の料金は、以下の通りです。 50g(目安:クリアファイル+A4コピー用紙2枚分)以内の重さであれば、120円• 速達の場合、差し出しの翌日〜翌々日までには書類を届けることができますが、少しでも早く届けたい場合はポストに投函するのではなく郵便局に直接持って行きましょう。 郵送報告メールの書き方 郵送を終えたら、採用担当者宛に履歴書を送付した旨を報告するメールを送ります。 報告メールは必須ではありませんが、送ることで日頃多くの履歴書を扱っている担当者の混乱を避けることにつながります。 「履歴書を送付いたしました」だけではなく、「履歴書を本日〇月〇日(〇)付で送付いたしました」など、履歴書を投函した日付を合わせて記載すると、いつ頃履歴書が届くかの目安が分かり担当者も対応しやすくなります。 メールで送付する場合 履歴書をメールで送付するよう指定されるケースも最近増えています。。 その場合よくあるのが、以下の2つの方式です。 手書きした履歴書をスキャンしてPDFファイルとして保存し、メールに添付• Wordなどの文書作成ソフトで履歴書を作成し、PDFファイルとして保存しメールに添付 PC環境によって表示が崩れることを避けるため、PDFファイルを添付するようにしましょう。 メールの文面には、応募したいという旨と履歴書を添付した旨を簡潔に書けば大丈夫です。 ご依頼いただいた履歴書を添付しております。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 また添付ファイルにはパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードをお送りだせていただきますのでご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。 ——————— (氏名) (郵便番号) (住所) (電話番号) (メールアドレス) ———————• 添付ファイルに設定したパスワードをお送りいたします。 ——————— (氏名) (郵便番号) (住所) (電話番号) (メールアドレス) ——————— まとめ 履歴書を郵送する時のマナーについて解説してきましたが、守らなければならないルールやビジネスマナーが多く、面倒だと感じた方も多いかもしれません。 ですが、1つ1つのマナーを守ることが結果として好印象として伝わります。 ルールやマナーをきちんと守って初めて書類をしっかり見てもらえスタートに立てると思って準備しましょう。 無事に面接に進んで採用を勝ち取るためにも、郵送するだけだからと軽視せず、気を抜かず作成するようにしてください。 最後のチェックポイント• 住所、宛名の記載マナーを守って会社名は正式名称で記入• 記載されている日付は統一させる• 提出書類はクリアファイルに入れる• 切手の料金に不足がないか確認• 郵送報告メールを送る.

次の

履歴書郵送時の切手料金はいくら必要なのか|送付方法や切手を複数使用する際の注意点もご紹介

履歴 書 送付 切手

履歴書を送る際、確実に企業に届けたい、期限が近いので早く送りたい、という目的に合わせて送付方法を選びましょう。 最初に紹介するのは簡易書留です。 簡易書留とは、郵便局の窓口で封筒を預けた時間と、その後の配達状況を記録してくれる郵便になります。 紛失しづらいのがメリットですが、 受け取りにはサインが必要なので、相手に手間を掛けさせてしまうという点に注意しなければなりません。 通常郵便料金に加えて簡易書留料金は310円が必要になります。 インターネット上で配達状況を確認することができます。 簡易書留とは違い、受取人の郵便受けに配達するので、サインを記入してもらう手間を省けます。 履歴書が今どこにあるのか気になってしまう人におすすめの方法です。 簡易書留と同様に、郵便料金とは別に160円の利用料金がかかります。 履歴書の提出期限が迫っているという場合に利用してみましょう。 縦長の郵便物なら表面の右上部に、横長の郵便物なら右側部に 赤いラインを引くことで速達証明になります。 速達便で送る際は通常料金の切手に加えて、速達料金として280円分の切手を貼らなければなりません。 履歴書などを入れた封筒の重さが規定をオーバーして料金不足になった場合、 差出人の元に戻ります。 そうなると、締切間近に郵送した履歴書が企業側に届かず、結果的として不採用状態になってしまうかもしれません。 また、郵送の形態によっては相手の会社が料金不足分を払うことになります。 選考を受けようとする企業に不足料金を支払わせるのは失礼にあたりますし、心証を悪くさせる結果につながるため、料金不足に気をつけましょう。 料金不足を意識して過剰に複数枚貼るのはNG 前述で、「切手の料金不足は気をつけましょう」と紹介しましたが、それを恐れるがあまり、過剰な金額の切手を貼ってはいけません。 本来であれば140円分の切手で十分なところに、300円分の切手を貼って複数郵送していてはお金がもったいないです。 また、会社側からすると、「 会社に入っても経費を軽く考えてしまいそう」など、マイナスな印象を与えてしまいます。 超過し過ぎた金額の切手の使用は避けましょう。 貼り付け枚数は3枚が限度 切手の貼り付け枚数はどれくらいが限度なのでしょうか。 見た目の問題もありますが、貼り付け枚数は3枚が限度です。 郵便物には機械によって必ず消印が押されます。 5cmです。 その範囲内に切手が貼られていなければ消印が押されません。 切手をそのまま縦向きに貼ると、3枚目までは枠に収まりますが、4枚目以降ははみ出してしまいます。 そのため、なるべく3枚以内に収めましょう。 簡易書留や速達する場合、高額切手との組み合わせで上手に枚数調整をおこなってください。 郵便局窓口での申し込みがオススメ 切手の料金間違いや、貼りすぎを防ぐには、郵便局の窓口から送る方法が確実です。 窓口に封筒を持っていけば、 重量を計測して正しい送料を計算してくれます。 また、簡易書留や速達の場合などに必要な料金を把握して、容易に手続きできるでしょう。 履歴書のような重要書類は、ポストにそのまま投函するよりも郵便局から送ることをおすすめします。

次の