境港 総合 技術 高等 学校。 境港総合技術高校(鳥取県)の情報(偏差値・口コミなど)

鳥取県立境港総合技術高等学校との氷温を通じた交流 稲丘祭後届いた国内高等学校では初の認証取得をした「氷温熟成ジャム」の試食! 味は最高! 果実加工レベルの高さを感じる! 果樹班の研究活動・園芸クリエイト科2年「果樹」

境港 総合 技術 高等 学校

生徒の態度は最低です。 学年によって差はありますが、最低限のマナーも知らない自分勝手な子ばっかです。 学力不足で入る子が大半で勉強や実習への意欲が感じ取れないです。 授業妨害、居眠りは当然のこと、先生やクラスメイトへの誹謗中傷は日常茶飯事です。 うちの高校には専門的な勉強ではなく社会勉強が必要ですね。 そういう子たちの親もやはり変わった考え方をしてらっしゃるので、自分の子が悪いことをしても怒らなかったり、自分の子が言ってる事を鵜呑みにして、先生に逆ギレしたりします。 自分は海が大好きでした。 好きで好きで堪らなくてこの高校に決めました。 しかし、周りの子は不真面目な子ばかりです。 1年生の春に航海があるのですがそこでも好き勝手し放題です。 本気で勉強しようとしてる子達が揶揄られる始末です。 注意しても逆ギレされ、いじめもあります。 クラスメイトの一人が学校にこれなくなっています。 自分も学校に行くのがとても辛い状況にあります。 それでも毎日学校には行っていますが…今では海が嫌いになってます。 勉強したいなら他校をオススメします。 遊びたいなら最適な高校です。

次の

鳥取県立境水産高等学校(閉校しました)

境港 総合 技術 高等 学校

概要 [ ] 歴史 (15年)に「鳥取県立境水産高等学校」・「鳥取県立境港工業高等学校」の2校と家庭科学科を統合する形で水産・工業・商業・家庭学科を有する総合的な実業高等学校として開校。 (平成25年)に創立10周年を迎える。 設置課程・学科 5学科• 海洋科(水産)• 機械科(工業)• 電気電子科(工業)• 福祉科(福祉)- 介護コース・ボランティアコース• 食品・ビジネス科(水産)- 食品コース・ビジネスコース 2011年(平成23年)より。 食品科(水産)およびビジネス科(商業)(ともに2013年(平成25年)3月に廃止)を統合。 サバの味付け缶詰づくりの実習は、境水産高校時代から半世紀以上の伝統がある。 校訓 「友愛・創造・自律」 学びの目標• 一 私たちは個々の持つ個性、適性、可能性を最大限に開花させることを目指します。 一 私たちは自主・自立の精神を持ち、努力と挑戦をあきらめず、創造性豊かなたくましい人間を目指します。 一 私たちは他者を思いやり、人の立場に立ち、人のためにつくすことのできるよき社会人を目指します。 一 私たちは日進月歩の実社会を生き抜く確かな知識と技術を身につけ、新しい21世紀の世界を切り開く人間を目指します。 一 私たちは自然に親しみ、地球環境を大切にし、自然の恵みを生かす人間を目指します。 一 私たちは地域に信頼され、地域の特性を生かして成長し、世界に大きくはばたく人間を目指します。 校章 開校当初に設置された6学科(海洋・食品・機械・電気電子・ビジネス・福祉)を象徴するを背景にして、校名の「境港( Sakai-minato)」と「総合技術( Sogo-gijutsu)」両方の頭文字を表す「 S」の文字を中心に置いている。 校歌 作詞は甲斐清明、作曲は木下晶夫による。 歌詞は3番まであり、各番に校名の「境港総合技術」が登場する。 沿革 [ ] 水産高等学校時代• (昭和21年)4月1日 - 余子村に「鳥取県立水産学校」が開校。 科と製造科の2科を設置。 (昭和23年)4月1日 - (六・三・三制の実施、の発足)• 水産学校が廃止され、新制高等学校「 鳥取県立余子 水産高等学校」が発足。 (昭和24年)4月1日 - に基づく鳥取県内公立高校の再編が行われる。 鳥取県立境第一高等学校(男子校)・境第二高等学校(女子校)の2校と統合され「 水産科」となる。 練習船「朝凪丸」(木造13トン、焼玉機関20)を進水。 (昭和26年)4月 - 西伯郡境町上道に移転。 (昭和28年)• 4月1日 - 別科を設置。 - 鳥取県立境高等学校より分離し、「 鳥取県立境水産高等学校」として独立。 (昭和29年)2月 - 練習船「わかとり」(木造32トン、機関120馬力)が完成。 (昭和30年)• 4月1日 - 無電別科を2年課程とする。 8月 - 実習船「こばと」(木造4トン、ディーゼル機関12. 5馬力)が完成。 (昭和33年)4月1日 - 無電別科を廃止し、3年制の無線通信課程を設置。 (昭和36年)• 4月1日 - 機関科を設置。 漁撈科を漁業科と改称。 11月 - (7m)を2隻建造。 (昭和37年)4月 - をに改定。 (昭和39年)• 1月 - 実習船「若鳥丸」(製273トン、ディーゼル機関550馬力)が完成。 4月1日 - 本科3年卒業者を対象にした専攻科(修業年限2年/漁業科・機関科)を設置。 (昭和40年)• 3月 - 実習船「わかたか」(4. 73トン、20馬力)が完成。 10月 - カッター(9m)を2隻建造。 (昭和41年)4月1日 - 漁業科に「航海コース」・「漁業経営コース」の2コースを設置。 (昭和42年)4月1日 - 水産製造科に「機械コース」・「食品コース」の2コースを設置。 (昭和44年)12月 - 実習船「第2若鳥丸」(鋼製238. 6トン、ディーゼル機関1,000馬力)が完成。 (昭和46年)4月1日 - 漁業科を海洋科に、水産製造科を食品製造科に改称。 (昭和49年)• 4月1日 - チュニックの制服をの学生服に改定。 4月 - 境港市中野町に新校舎が完成し、全面移転を完了。 (昭和50年)3月 - 「若鳥丸」の代船(鋼製474. 92トン、ディーゼル機関1,300馬力)が完成。 (昭和51年)• 3月 - 「第2若鳥丸」を廃止。 11月 - 同窓会館「拓水会館」が完成。 (昭和52年)4月1日 - 商業科を設置。 (昭和53年)3月 - 小型実習船「わかたか」(製19. 25トン、ディーゼル160馬力)が完成。 (昭和57年)4月1日 - 海洋科の航海コースを「海洋漁業コース」に、漁業経営コースを「栽培漁業コース」にそれぞれ改称。 (昭和61年)4月1日 - 無線通信科に「通信コース」・「情報技術コース」を、機関科に「機関コース」・「機械コース」のそれぞれ2コースを設置。 (昭和62年)3月 - カッター(9m、FRP製)を1隻建造。 (昭和63年)7月 - 実習船「若鳥丸」の代船(鋼製273トン、ディーゼル1,300馬力)が完成。 (平成元年)4月1日 - 専攻科の募集を停止。 (平成2年)3月31日 - 専攻科を廃止。 (平成3年)4月1日 - 商業科を情報事務科に改編。 (平成4年)4月1日 - 水産に関する学科を改編。 海洋科・無線通信科・機関科を「海洋工学科」(海洋生産コース・海洋機関コース)・「情報通信科」(情報通信コース・水産機械コース)に改編。 食品製造科を「食品科学科」(食品製造コース・食品流通コース)に改編。 (平成8年)4月1日 - 情報事務科の募集を停止。 食品科学科を「食品経済科」に改編。 (平成9年)2月 - 小型実習船「わかたか」(FRP製19トン、ディーゼル770馬力)が完成。 (平成10年)3月31日 - 情報事務科を廃止。 (平成11年)3月 - カッター(9m、FRP製)を1隻建造。 (平成15年)• 3月 - 海洋練習船「若鳥丸」(鋼鉄製516トン、ディーゼル1471)が完成。 4月1日 - 鳥取県立境港総合技術高等学校の新設により、生徒募集を停止。 (平成17年)3月31日 - 閉校。 工業高等学校時代• (昭和38年)4月1日 - 「 鳥取県立境港工業高等学校」が開校。 校舎が完成するまでの間、に併設の形をとる。 (昭和39年) - 新校舎が完成し移転を完了。 (昭和57年)- 創立20周年を記念し、同窓会館が完成。 (平成2年)4月1日 - 学科改編を実施し、機械科を「電子機械科」、電気科を「電子電気科」、電子科を「電子情報科」とする。 建築科はそのままとする。 (平成9年)- 師範大学との国際交流を開始。 (平成14年)11月 - 新体育館が完成。 2003年(平成15年)4月1日 - 鳥取県立境港総合技術高等学校の新設により、生徒募集を停止。 2005年(平成17年)3月31日 - 閉校。 (平成10年) - により「高等学校教育改革基本計画」が策定される。 鳥取県西部地区に新しいタイプの学校として、水産・工業・商業・家庭の4学科を併設した総合選択制高校の設置が計画される。 (平成11年)3月20日 - 鳥取県教育委員会が「高等学校教育改革基本計画(第一次)」を策定。 (平成12年) - 鳥取県教育委員会が「高等学校教育改革実施計画」を策定。 (平成13年)- 学びの目標、校訓、校章、校歌、制服デザイン等が決定される。 2003年(平成15年)• - 上記2校が統合され、「 鳥取県立境港総合技術高等学校」(現校名)が設置される。 4月1日 - 開校。 より家庭科学科が移管され、福祉科とする。 - 第1回入学式・開校式を挙行。 (平成16年)• - 教室・海洋・福祉棟が完成。 - 整備棟が完成。 - 海洋実習棟が完成。 (平成17年)• - 部室棟が完成。 - 食品加工実習棟が完成。 (平成18年)4月1日 - 家庭学科福祉科から福祉学科福祉科へ学科を改編。 (平成23年)4月1日 - 食品科とビジネス科の募集を停止。 両科を統合し「食品・ビジネス科」とする。 (平成25年)3月31日 - 食品科とビジネス科を廃止。 部活動 [ ] 運動部• 同好会 文化部• 同好会• 同好会• 吟詠剣詩舞同好会• 同好会• ものづくり同好会• 同好会• 社会問題研究同好会• 研究同好会• カー同好会• 同好会• 研究同好会 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

鳥取県立境水産高等学校(閉校しました)

境港 総合 技術 高等 学校

回答:2020年4月 満足:専門の知識が学べます 将来を見越して、自分が学びたい事が高校の時点で習得出来たり、他の高校では出来ないような事が経験が出来るところが満足しています。 また、資格や検定取得の実績があり取得に向けて小人数で学べるところも利点だと思います。 私の場合、魚が大好きでパソコンにも興味があったので水産関係の事務に就きたいと思い、それにまつわる検定に挑戦し、現在は水産関係の事務に勤めています。 高卒でも十分に企業側に対応出来るところも満足してます。 不満:部活が盛んでない 私はもともと書道を習っていたので高校に入ったら「書道部」に入部したいと思っていました。 しかし、部活の一覧に「書道部」の名前はなく残念に思いました。 もともと部活は強制ではないのでしょうがない部分もあると思いますが、せめて部活を作りやすい雰囲気さえ出してくれたらと思います。 チーム系の部活も人数がギリギリだったり、人数が足りなくて廃部になったりしています。 弓道部や山岳部、ボクシング部は県内では強豪と言われていますが、それ以外の部活ももっと活発になって欲しいです。 ピックアップ口コミ サッカーの全国大会である全国高校サッカー選手権大会に出たいという夢を持った中学生にとって全国で1番といっていいくらい出れ… 鳥取県米子市米原6-14-1 ピックアップ口コミ 進学校のため、大学進学に関する経験が豊富な先生の丁寧な指導が受けられます。 各教科の受験対策も、基礎から実践までみっちりや… 鳥取県鳥取市東町2-112 ピックアップ口コミ 米子西高校はには修学旅行がありません。 しかしながら、その分他の行事ごとは全生徒が全力で取り組み充実した内容となっています。 文化祭と体育祭は夏休み明けに3日間連続… 鳥取県米子市大谷町200 ピックアップ口コミ 「鳥取城北」といえば、多くの方が野球や相撲のスポーツを思い浮かべると思います。 城北高校は、体育コースでスポーツ育成制度も… 鳥取県鳥取市西品治848 ピックアップ口コミ 私が在籍していた間にPCの変更がありwindows7からwindows10に更新され、モニターも10年落ちのものから最新… 鳥取県鳥取市生山111 ピックアップ口コミ 鳥取東高校の学校祭は前夜祭と二日間の文化祭、体育祭その後の後夜祭と4日間に分かれており、準備期間を合わせると計二週間が学… 鳥取県鳥取市立川町5-210 ピックアップ口コミ 私の通っていた鳥取中央育英高校は部活動が非常に活発で、たくさんの部活があります。 中でもバレーボール部、水球部、陸上部はインターハイにも出場したことのある強豪です… 鳥取県東伯郡北栄町由良宿291-1 ピックアップ口コミ 鳥商デパートは、実際に、学生がお客様相手に売り手となり、実際のお店として商品を売り出します。 呼び込みも重要になってきますし、オリジナル商品も目白押しです。 又、学… 鳥取県鳥取市湖山町北2-401 ピックアップ口コミ 米子東高校は鳥取県内でも有数の進学校です。 施設は広く、中でも山を所有しているというのは全国的にも珍しいのではないでしょうか。

次の