メール 了解 しま した。 「承知しました」と「了解しました」の違いについて

上司へ「了解しました」は失礼なのか?正しい敬語と使い分け

メール 了解 しま した

事情などを知ること。 また、知っていること。 依頼・要求などを聞き入れること。 相手の事情などを理解して許すこと。 なんとなく意味の違いあることがわかりますね。 それでは、それぞれどのような違いがあるかをみていきましょう。 了解しました 「 了解」のほうは、何かを認めるというニュアンスを含みます。 何か相手から依頼があって、それを 聞き入れる場合に使います。 なのでこちらからお願いしている場合に「了解」を使うのは、不自然な印象を受けます。 逆に、相手からの依頼や申請などがあって、 その内容や事情をはっきり理解した上で返事する場合は、 「了解しました」 でも、問題ないですね。 了解の方は承知と比べると 少しくだけた言い回しとなります。 同僚や部下に使う分には問題ありませんが、 Sponsored Link 承知しました 「 承知」のほうは、 承諾する、謹んで受けるというニュアンスを含みます。 「承」は音読みで「うけたまわる」と読み、おもに 目上の人に対して使う丁寧な表現なので承知も敬語にふくまれると考えられます。 「了解しました」の場合は、使うシーンが限定されますが、 「承知しました」の場合は、どんなシーンでも使える、 オールラウンドな返事の言葉と言えます。 ただ、上司が部下に「承知しました」と メール文を書くのはみたことがないですね。 先ほどの「了解しました」は、上司から部下に使っても 不自然さはまったくありません。 この辺りも「承知」と「了解」の大きな違いですね。 「承知しました」はへりくだった言い方となるので、.

次の

「わかりました」の正しい敬語!メールの返信に「了解しました」はNG?

メール 了解 しま した

ビジネスシーンでは、取引先からの依頼や上司からの指示を受ける場面が毎日のようにあると思いますが、みなさんはどう返答していますか? 今回は、「分かりました」という気持ちを表現する言葉の正しい使い方について調べてみました。 後者は、特別な条件下で用いるものなので、一般的なビジネス用語として使われるのは、前者になるでしょう。 「する」の丁寧語が「します」、その過去形が「しました」ですから、「了解しました」=「理解 することが完了 しました」という意味の丁寧語ということになります。 故に、同僚や目下の人に対して使う言葉であって、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたりますので、注意が必要です。 では、取引先や目上の人に対しては、どのような言い方が正しいのでしょうか。 これは、「承知する」という言葉が「わかる 了解する 」の謙譲語だからです。 ちなみに、「承知しました」よりも「承知いたしました」とした方がより丁寧に感じるかもしれませんが、「承知する」がすでに謙譲語であることから、「する」を「いたす」という謙譲語に変換せずとも、失礼にあたることはありません。 「了解しました」は同僚や目下の人に対して使うべき言葉だと説明しましたが、調べてみたところ、「する」の謙譲語が「いたす」であることから、「了解いたしました」であれば、取引先や目上の人に対して使っても、本来問題はないのだそうです。 しかしながら、一方で、「了解いたしました」は使うべきではないとされており、多くの企業が、「了解いたしました」よりも「承知しました」の方を使用するよう、指導しています。 実際、ビジネスシーンで「了解いたしました」を使っている人が少ないのも、事実です。 目上の人に対しての「了解しました」がNGとされていることで、いつの間にか「了解」という言葉自体が失礼にあたるという風潮が出来上がってしまったのかもしれません。 また、そもそも受け取る側が誰であれ、「了解」よりも「承知」の方が良い印象を与えることができるように思います。 例えば、部下に「3時までにコピーしておいて」と指示した場合に、「了解いたしました」と返されて怒る人はいないと思いますが、自分が一般客という想定で、「金曜日の夜から2泊でお願いしたいのですが」とホテルに予約の電話を入れた時に、「了解いたしました」と言われたらどうでしょうか。 「了解いたしました」は間違いではないかもしれませんが、相手やシチュエーションによっては失礼な言葉と受け止められる可能性がある以上、ビジネスの世界では使うべきではないとされ、「承知しました」の方を推奨しているのです。 端的に言えば、「承知しました」の方が無難だということです。 了解しました」 ・「了解しました。 先方にその旨連絡しておきます」 目上の人に対して ・「承知しました。 飛行機の手配はお任せ下さい」 お客さまに対して ・「明日2名様ですね。 承知いたしました」 ・「承知しました。 では、在庫を確認して参ります」 「分かりました」という気持ちを表す言葉はほかにもありますが、相手やシチュエーションによって、その形は変化します。 まずは、「了解しました」は同僚や目下の人に、取引先や目上の人には「承知しました」を使うということを、覚えておくと良いでしょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

メール 了解 しま した

社外のクライアントへの「承知しました」• 自社の上司への「承知しました」• 同僚に対しての「了解」 社外のクライアントに「承知しました」と英語メールを送る場合 英語のビジネスメールを送る相手は、社外の人であることが多いのではないでしょうか。 相手が社外の人やクライアントだった場合、「OK」という返事だけでは簡素すぎてNG。 ビジネスメールの場合もう少し丁寧に返信する必要があります。 まずは、社外のクライアントに「了解しました」「承知しました」の意味を含むフレーズを確認していきましょう。 想定資料を受け取ったことの返事、依頼メールに対する返事、日程確認の返事のように、ビジネスメールのシーンごとに詳しく解説していきますね。 We have received your document. 「 We have received your document」は、相手から資料やデータなどの添付資料をもらい、「確認しました」と言いたいときに使えるフレーズです。 「document」は資料や記録という意味です。 複数の資料の場合は「documents」と複数形にするようにしましょう。 Duly noted. (承知いたしました)• Noted with appreciation. (承知いたしました)• Certainly. (了解しました) 「 Noted with appreciation」は感謝の気持を込めて「承知しました」と言いたい時に使えるフレーズです。 日本語で言う「敬語」で「了解しました」「承知しました」を言いたいときに使えるフレーズです。 社内の上司に英語メールでフォーマルに「了解しました」「承知しました」と伝える場合 社内の上司相手に、英語のビジネスメールを送る事がある人もいるのではないでしょうか。 「了解しました」「承知しました」といった了承の旨を上司に伝えるフレーズを紹介します。 日本語の「丁寧語」のように、少しだけカジュアルな返答です。 Noted. Okay. Understood. Got it. No problem. Sure thing. It's fine これらはいずれも「了解」を示す英語フレーズです。 メール相手との関係性がカジュアルになるほど、口語のような英語フレーズをメールに用いるようになります。 相手が間違えてメールを送ってきた場合の英語フレーズ あまりないケースではありますが、メールの誤送信について相手が謝罪メールを送ってくる場合の英語フレーズを紹介します。 下記のような英語フレーズで返信して、相手を安心させてあげましょう。 OK, no problem. 「大丈夫だよ」という意味の英語フレーズ「OK, no problem. 了解の言葉の後に、相手を安心させる英語フレーズをつけるだけで、優しくて好印象なビジネスパーソンのイメージを相手に抱かせます。

次の