小豆 へそ外し。 小豆の煮方は簡単!プロ直伝、おいしいぜんざいや煮小豆を時短で作ろう!

こまめな小豆のススメ / アズキにまつわるエトセトラ

小豆 へそ外し

手作りあんこの良さは、小豆と砂糖だけのシンプルなおいしさを味わえること。 ぜひシンプルなおいしさを味わっていただきたい!だから自家製あんこをオススメしています。 あんこの炊き方は難しくありません。 まずはつぶあんから基本の炊き方を覚えましょう!つぶあんに慣れると、こしあんや他の豆を使ったあんこ作りも難しくありません。 つぶあんの材料(出来上がり量:600グラム)• 小豆:200g• 砂糖:240g(小豆の1. 2倍量をおすすめします)• 水:適量 【Point】 小豆200gが一番作りやすいので、まずは200gで挑戦し、慣れたら、量を変えてみることをおすすめします。 つぶあんにおすすめの小豆は? 小豆には、普通小豆(小粒)と大納言(大粒)があります。 まずは、普通小豆を使って、あんこを炊いてみましょう。 大納言は粒が大きく、やや炊き上りに時間がかかりるため、普通小豆で炊き方に慣れたら、ぜひ大納言をお試しください。 吸水方法が他の豆と異なるため、水に浸けてもきちんと吸水してくれません。 火にかけて吸水させます。 小豆を吸水させる(約1時間) 小豆を軽く洗い、鍋に小豆と水(小豆が十分にかぶる量)を入れて火にかけます。 火加減は中火または強火でOK。 沸騰し3分経過したら、 カップ2(400cc)の冷水を投入します。 続いて、投入した水と 同量のゆで汁を取り出します。 再び沸騰し、3分経過したらカップ1~2の冷水を投入し、先程と同様にゆで汁を取り出します。 この作業をさらに3回繰り返し、合計で5回行います。 (新豆の場合は計3回でOK) ここで重要なのが小豆の状態を観察すること。 ゆで始めにはシワシワですが、次第にシワが伸び、皮が膨れてきます。 表面がつるりとシワの無い状態になれば吸水は終了です。 鍋に落しぶたを置き、さらにふたをして、二重蓋の状態で、 ごく弱火で豆が踊らない状態でゆでていきます。 火が強いと皮が破れ、小豆の中身が出てしますので、ご注意ください。 時々ふたを開けて、小豆がゆで汁から出ていないかを確認します。 出そうになったら、少量のお湯を足してください。 小豆が完全に柔らかくなるまで、弱火で煮ます。 一つ小豆を食べてみて、中が柔らかくても皮に固さを感じたら、もう少し煮ます。 皮まで柔らかくなったら、 火を止めて蓋をしたまま1時間蒸らします。 蒸らすことで皮はさらに柔らかくなります。 砂糖を加えて仕上げる(約20分) ボウルにザルをのせ、小豆をあけます。 小豆は鍋に入れ、ボウルのゆで汁は10分ほどそのまま置いておきます。 10分経ったら、上澄み液を捨てて、底に残った小豆の中身(呉)を鍋に入れます。 鍋に分量の砂糖を加えて火にかけ、弱火でじっくりと煮ていきます。 ゴムベラを使い、なべ底から返すようにして混ぜ、練っていきます。 火が強いと焦げますのでご注意ください。 あんこがとろりとした固さになったら、火を止め、バットに開けて冷やします。 鍋に放置することは厳禁です!余熱で水分が蒸発し、すぐに固くなってしまいます。 粗熱が取れたら、ラップやタッパーなどに小分けにしておくと便利です。 冷凍保存しておくと、いつでも解凍して食べられます。 冷蔵保存の場合は、なるべく早めにお召し上がりください。

次の

おいしい粒あんの炊き方をお教えします

小豆 へそ外し

2019年4月2日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」では、放浪の菓子職人と呼ばれている 小幡寿康(72)というあんこ職人さんが紹介されます。 この 小幡寿康さんは、あんこを炊く職人さんのようで、極上のあんこを炊くことで和菓子界では、伝説のさすらいのあんこ炊き職人さんです。 自分のお店は持たずに、依頼のあったお店を転々としてあんこをプロデュースして、繁盛店へと再生させるというあんこ界のレジェンドです。 いままで再建させてきた和菓子店は30軒以上というから、その実績は凄いです。 そんなあんこの神様がつくるあんこの和菓子を食べてみたい!と猛烈に思うわけですが、小幡寿康さんが再建させたお店はどこなのか? また、現在どこで働いているのか気になりますね。 小幡寿康さんが指導した和菓子店やおいしくなったあんこ和菓子や現在のお店について調べてみました。 yahoo. 自分のやりたいことをしているのが、若さの秘訣かもしれません。 さて、あんこの神様が指導したお店については、ネット情報で以下の3つがでています。 宮崎県の株式会社 栗処さいごう 地元の名産品・日向山栗の栗あんの開発・製造をまかされていたそうです。 実際は、30軒以上の再建実績があるといわれているので、明らかになっていない部分がおおいですね。 小幡寿康さんの仕事は、裏方ですから職人さんの名前が表に出ることはめったにありません。 和菓子店の看板商品も和菓子がメインであって、それをつくった職人の名前がパッケージにでるこもとめったにないですからね。 それでも小幡寿康さんの名前が和菓子業界で有名になるほどというのは、よほどのことです。 小幡寿康さんの炊くあんこが最高に旨いということでしょう。 ひょっとしたらあんこ和菓子が看板商品になっているお店のほとんどは、小幡寿康さんの指導がはいっている可能性すらありますね。 「プロフェッショナル」でもお店に関する情報が出てきたら追記していきます。 「プロフェッショナル」でわかった小幡寿康さんが指導したお店とは? 1軒目は、和歌山にある創業130年の 製餡所「きたかわ商店」さんです。 きたかわ商店は、直営の 「和菓子の店 一寸法師」も工場に併設されています。 小幡寿康さんは、このお店のあんこを監修しています。 ここのきんつばは美味しそうでした。 楽天で購入 2軒目は、宮崎県大島町にある町のパン屋さんです。 20歳で亡くなった娘さんの遺志を継いで両親が始めたパン屋さん 「プースケとタローの店」です。 天然酵母パンとデザートのお店でアレルギーの子供さんでも食べられる安心安全なパンを作っています。 ここのあんパンのあんこを小幡寿康さん監修しています。 「プースケとタローの店」のホームページもありますが、2015年から更新されていないようです。 当時は、お取り寄せ通販も対応していたようですが、現在は取扱が休止しているようです。 お店を再開したばかりのようですので、これからということでしょう。 ここの あんパンもおいしそうでした。 場所 宮崎市大島町国草131番地• 連絡 0985-26-0009• 定休日 不定休• 公式ホームページ• 3軒目は、鹿児島県さつま町にある和菓子店 「湯気院(ゆげいん)」さんです。 地元の有名店ですが、和菓子の新商品を開発するために小幡寿康さんにあんこの監修を依頼しました。 これからどんな和菓子が作られていくのか楽しみです。 その和菓子は間違いなく美味しいでしょう。 湯気院の「生茶だいふく」も地元で人気のようで気になりますね。

次の

あん炊き10年

小豆 へそ外し

コンテンツ• 準備するもの 一般家庭であんこを作るには、 小豆と砂糖、塩があれば簡単に作れます。 製餡業者やあんこ、ぜんざいを専門に作っている会社は、その中に 還元水飴や トレロハースというものを入れ、あんこを滑らかに仕上げています。 長期保存するならまだしも、あんこを作ってすぐ食べるなら、何にもそんな事はする必要はありません。 【 製餡業者の食品表示の例 】 トレハロースや還元水飴など、全然入れなくても一般家庭では問題なくあんこやぜんざいを作る事は出来ます。 あんこを作るのにどのくらい生小豆を使ったら良いのか迷うと思います。 慣れてない人なら 小豆100gをオススメします。 作りすぎず、程よい量が出来ます。 一般的分量• 小豆・・・100g• 砂糖・・・100g• 5g(小さじ半分) 甘すぎないあんこができます。 1番おすすめの分量ですね。 甘さ控えめ分量• 小豆・・・100g• 砂糖・・・70g• 塩・・・・1g以下(ほんの1つまみ) 自分で作れば小豆の甘さは調整し放題です。 甘いあんこはちょっとなと思う人におすすめ分量です。 大胆に砂糖なしで小豆を塩ゆでしても意外と美味しく食べられます。 いわゆる、サラダ豆という部類ですね。 甘党にオススメ分量• 小豆・・・100g• 砂糖・・・130g• 塩・・・・2g~(小さじ 1杯) 超絶甘いあんが好きなひとは、砂糖多め、塩多めがオススメです。 キレッキレの甘いあんこができます。 砂糖よりも切れ味を重視し、塩を多めに入れる事で甘さを際立たせます。 あんこの甘さは塩で決まると言っても過言ではありません。 ゆでこぼしとは、水と小豆を強火で沸騰した後、弱火10分間くらい煮て、 茹で汁を全部切ってしまう作業の事 1. 100g の小豆を鍋に入れ 900ml の水を鍋に入れる 強火で沸騰するまで火にかける。 沸騰したら 弱火でコトコト10分〜15分豆に火が通るまで煮る。 少し豆に芯があってもOK。

次の