映画 超常現象 人気。 中村蒼がテレビ役、異色恋愛映画『春子超常現象研究所』予告&画像

超常現象 人気ブログランキング

映画 超常現象 人気

心霊現象をはじめ、超常現象、UFO、UMA(未確認生物)など、この世には解明されていない謎が存在する。 どうせ何かのガセ情報……それらにまつわるニュースが流れる度、そう思いつつもなんだかんだ気になってしまう人も多いことだろう。 では、空に吸い込まれていく人型物体がとらえられているぞ! ・宇宙人の仕業か 海外で撮影された映像には、人間の形をした「何か」がゆらゆらと曇り空に吸い込まれるようにして上昇していく姿が収録されている。 見た目よりも速いスピードで、何かの力が働いているとしか思えない光景だ。 これは一体……。 この映像から推測できるのは、遥か上空から宇宙人が操っているかもしれないということ。 地球を偵察にきた宇宙人が帰還している瞬間なのだろうか。 そう思うと、謎は深まるばかりでヤバい。 ヤバすぎる! ・謎が謎を呼ぶ 何度動画を見返しても、完全に人の形をしているだけに真相を知りたいところ。 100%ニセモノと言い切れないところがまた謎だ。 人間は地球のことをわかっているようで、実はわかっていない。 改めてそのことに気づかされる動画である。 参照元: 執筆:.

次の

J・J・エイブラムス、米ワーナー独占契約後初作品は超常現象スリラー「The Pinkerton」 : 映画ニュース

映画 超常現象 人気

クリス・ヘムズワース好きなら必見。 上映時間は116分。 Amazonプライムビデオで吹替版を視聴しました。 Amazonプライムビデオはこちら。 ・(ともに外部サイト) 満足度は70%! 面白かったです。 前作『ゴーストバスターズ(1984)』、『ゴーストバスターズ2』(1989年)からずいぶんと長い時間を経て、リブート(再始動)した本作。 「ゴーストは本当にいる!」 という前作からの荒唐無稽な設定を受け継ぎながら、現代風にアレンジされた方の力を抜いて笑えるコメディ作品になっています。 リブート作品ならではの安心感と、新しいキャストでのやり取りがうまく融合できていたかなと感じました。 前作を楽しんだ世代の方々も、初めて世代の方々も、ぜひ一緒に「ゴーストバスターズの歌」で踊って歌ってもらいたいなと思います。 以下に、注目ポイントと感想を書きますので、お読みください。 ニューヨーク。 名門大学で真面目に教鞭をとる物理学教授のエリン。 ところが、彼女がかつて書いた心霊現象に関する本がネットに出回り、それがバレて最終的に大学を追われるハメに。 原因はエリンの昔なじみで女性科学者のアビー。 今も天才で変人の女性エンジニア、ジリアンをアシスタントに心霊研究を続けていた。 そこへニューヨークの街を知り尽くす地下鉄職員のパティと、受付係としてボンクラだけどイケメンのケヴィンを加え、いよいよ本格的な幽霊退治に乗り出すゴーストバスターズだったが…。 (外部サイト) 『ゴーストバスターズ(2016)』のキャスト・スタッフ ・キャスト メリッサ・マッカーシー/アビー・イェーツ クリステン・ウィグ/エリン・ギルバート ケイト・マッキノン/ジリアン・ホルツマン 引用:(外部サイト) 『ゴーストバスターズ(2016)』で大注目な人物は、ケイト・マッキノンさん。 アメリカのコメディエンヌであり、女優さんです。 ぼくは彼女のことはほとんど知らなかったのですが、本作でファンになってしまいました。 彼女がこの『ゴーストバスターズ(2016)』の作品自体を救った!という記事もあるくらい。 自由奔放な彼女に身をゆだねて楽しんでもらいたいと思います。 レスリー・ジョーンズ/パティ・トラン チャールズ・ダンス/ハロルド・フィルモア マイケル・ケネス・ウィリアムズ/ホーキンス クリス・ヘムズワース/ケヴィン 引用:(外部サイト) 本作の注目人物2人目はこちら。 2019年現在、堂々と主役を張るようになったマッチョ・ハンサムのクリス・ヘムズワースさんです。 マーベル映画「マイティ・ソー」シリーズの主人公・ソー役で注目された彼ですが、第1弾『マイティ・ソー』(2011年)の頃は、まだまだ良さが十分に発揮できていないような印象でした。 しかし、第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)では、殻を破ったかのようにイキイキと演じられていて、良かったなと思っていたのです。 この変化はこの『ゴーストバスターズ(2016)』への出演もあったのではないかなと思います。 クリス・ヘムズワースさんの最新作は『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019年)。 こちらもイケメンっぷりが思う存分発揮されているので、ぜひチェックしてみてください。 ・スタッフ ポール・フェイグ/監督 ダン・エイクロイド/製作総指揮 前作の『ゴーストバスターズ』で中心人物だったレイモンド・スタンツ博士役のダン・エイクロイドさんが製作総指揮として関わっています。 『ゴーストバスターズ(2016)』を観る前に 先日、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』を映画館に観に行きまして、無性に『ゴーストバスターズ(2016)』が観たくなったので、Amazonプライムビデオで視聴することにしました。 この『ゴーストバスタース(2016)』は、1984年に世界的に大ヒットした『ゴゴーストバスターズ』のリブート(再始動)作品です。 昔の映画には、90分程度の上映時間のコメディ作品が数多く制作されていて、中でも1984年の『ゴーストバスターズ』は本当に大ヒットしました。 『メン・イン・ブラック』シリーズ第1弾もそういった路線のコメディ作品なのですが、ぼくの中で、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』がもう一つ満足できなかったのかもしれません。 そこで、面白いコメディ作品で、過去作品のスピンオフやリブートで、クリス・ヘムズワースさん繋がりで、本作を選んだのだろうと思います。 本作は、専門の会社を立ち上げ幽霊退治に乗り出した個性的なダメダメ女子4人組が、ニューヨークを跋扈するゴーストたちを相手に自作の武器を駆使して立ち向かうさまを、コミカルかつ軽快なテンポで描き出しています。 元々は、『ゴーストバスターズ2』に続くシリーズ第3弾として予定されていたようで、前作の中心人物を再登場させ、新しい人物にバスターズを受け継がせるという脚本だったとのこと。 しかし、オリジナルメンバーのイゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスさんが亡くなったことから、本作はリブート作品となりました。 引用:(外部サイト) 設定としては、前作からずいぶんと太ったということになっていたそうです。 引用:(外部サイト) あれからずいぶん時間が経ったのですよね。 それでは、そんな作品背景も知りつつ、それでもリラックスして楽しみたいと思います。 『ゴーストバスターズ(2016)』の感想と注目ポイント 本作の主人公は女性たち! 『ゴーストバスターズ(2016)』の主人公は全員女性になっています。 前作では全員男性であったので、こういったところも今風だなぁと思いました。 女性だけのパジャマパーティでのガールズトークを盗み聞きしているのような面白さを感じることができると思います。 吹替版について 『ゴーストバスターズ(2016)』では、芸能人の方々が吹替しているのも話題になったようです。 例えば主人公の2人は、 エリンを演じるクリステン・ウィグは友近さん。 アビーを演じるメリッサ・マッカーシーは渡辺直美さんが担当しています。 感想として、序盤は他の声優さんと比べて「浮いている」ような感じがしますが、良かったように思います。 もし、もっと自分自身がよく知っている女優さんだったら、もっと違和感を持っていたかもしれません。 注目は、ケヴィンを演じるクリス・ヘムズワースさん。 ぼくはあまり存じ上げないのですが、森川智之さんという声優さんが担当しています。 これがなかなか面白かったです。 「おバカでセクシーなイケメンマッチョ」 という役柄をとてもよく表現できているなと思いました。 オリジナルメンバーがカメオ出演! 『ゴーストバスターズ(2016)』には、なんと前作に出演していたオリジナルメンバーがカメオ出演していました! これは前作を楽しんだ世代にはうれしいプレゼント。 しかしずいぶんと年月が経っているので気がつかない可能性もありますので、少しヒントを書いておきたいと思います。 彼らを知らない方々のために、前作当時の画像を入れておきますので、一緒に探してみてください。 ビル・マーレイさん 引用:(外部サイト) 彼はノーヒントで。 ダン・エイクロイドさん 引用:(外部サイト) タクシーの運転手をチェック! アニーポッツさん。 引用:(外部サイト) ぼくは、最後までどこにいたのか分からず、視聴後に調べてしまいました。 ホテルのフロント係をチェック! アーニー・ハドソンさん。 引用:(外部サイト) 彼は、ストーリーを楽しんでいると「なるほど!」と思う登場なのでノーヒント。 シガーニー・ウィーヴァーさん 引用:(外部サイト) 彼女も特別感がある登場をしますので、ノーヒントでも大丈夫だと思います。 元祖キモ霊「スリマー」も登場!? 『ゴーストバスターズ(2016)』には、たくさんのゴーストが登場しますが、この中に、前作から引き続いて登場しているキャラクターが存在します。 それは、彼。 引用:(外部サイト) 視聴後に調べて、初めて彼の名前を知りました。 元祖キモかわのゴースト「スリマー」といいます。 食いしん坊の彼の姿を再び観ることができるとは思いませんでした。 これも前作からのファンへのサービス。 実は、他にもうれしい再会があるのですが、それはぜひ実際に確かめていただきたいと思います。 中盤を乗り越えると、超カッコいいアクションが! 『ゴーストバスターズ(2016)』は、中盤あたりで少しまったりするようなところがあるような気がしました。 その時間帯を抜ければ、物語もどんどん展開して面白くなってきます。 中でも、終盤のゴーストたちとのバトルシーンが、超ムダに超カッコいい! 特に、ぼくのお気に入りのケイト・マッキノンさん演じるホルツマンの場面はあまりにもバカバカしくカッコいいので、ぜひ観ていただきたいなと思いました。 エンドクレジットの一文に注目 本作では、エンドクレジット中にも何度も映像がはさまれるため、途中で席を立つことはないと思うのですが、ぜひ観ておいていただきたいところがあります。 それは、エンドクレジット最後の 「ライミスに捧ぐ」 という一文。 ぼくは、「もし、ハロルド・ライミスさんがまだ存命で、この作品が『ゴーストバスターズ3』だったなら?」と思いをはせる時間になりました。 エンドクレジット後の映像について 『ゴーストバスターズ(2016)』では、エンドクレジット後も映像があります。 そこで、「ズール」という気になる名前が出てきます。 この名前がいったい何を示しているのでしょうか…。 2019年現在、続編に関する正式な発表はありませんが、公開されることになればぜひ鑑賞したいと思います。 最後に 以上、シネマ・ナビゲーターのヴァニ()でした。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 いかがだったでしょうか? もしこの作品に興味を持たれましたら、実際にご自身で映画を楽しんでみていただきたいと思います。

次の

ケビン・ベーコン&アマンダ・セイフライド主演の超常現象ホラーがオンデマンド配信 : 映画ニュース

映画 超常現象 人気

一定の需要がある人気企画だからこそ放送されるわけだが、超能力や心霊現象、UFOやUMA(未確認動物)といった各ジャンルの映像も、最近はどこかで見た同じ映像ばかりだったり、明らかにフェイクだったりと、ガッカリする視聴者も多いはずだ。 それから今にいたるまで、テレビでは超常現象系番組が定番企画になっていくのだが、その嚆矢となったのは何と言っても、1973年に始まった『お昼のワイドショー』(日本テレビ系)内の企画「怪奇特集!!あなたの知らない世界」であろう。 当時の小中学生は夏休みになると同企画をこぞって観ており、青島幸男氏の司会のもと、解説者に超自然現象研究家の中岡俊哉氏や、放送作家の新倉イワオ氏を迎えるという本格的な内容で、視聴者の心霊体験を再現ドラマで見せるなどの手法は、その後の超常現象系番組の基本パターンを築いたとも言える。 経済問題から超常現象まで幅広いジャンルを捉える社会分析アナリスト・作家の高島康司氏は当時の超常番組の魅力について次のように語る。 そして1995年のオウム真理教事件により、超常現象系番組は一気にトーンダウンしていった。 それでも2000年代に入ると、『USO!?ジャパン』(TBS系/2001年)など心霊写真や心霊スポットを紹介する番組がはじまるが、出演者にTOKIOの国分太一や嵐などのジャニーズ陣をそろえ、内容もヘビーな超常現象以外に都市伝説やトンデモ系のネタも取り入れて、視聴者も楽しめる明るいバラエティに仕立てられた。 しかもネタのマンネリ化のみならず、今やデジタル技術の進化やSNSの普及により、映像のネタがフェイクか否かを、視聴者もすぐに判別できるソースを持つまでにいたっている。 タレントの伊集院光は、「今、PhotoshopやAfter Effectsの性能も上がって、パソコンも安価で家庭内に入ってきて高性能だからさ、ガッツさえあれば色んなCG作れるじゃん。 また実際、そうした視聴者は案外多いのではないだろうか。 レオンなどが、予め「これはマジックです」と銘打っていたとしても、映像を観た視聴者にはさっぱりわからない新しい技を見せるように、超常現象系番組も同様に、「これはフェイクです」と銘打ったとしても、ド肝を抜かれるような映像や、その技術の妙に魅了されるという方向に舵を切る時期に来ているのかもしれない。

次の