トイレ 逆流。 タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策

トイレ逆流対策には屋外フードが上下開口型ではないといけない理由

トイレ 逆流

タンクレストイレに交換してから、下水の逆流臭に困っていませんか? トイレの修理依頼を受け付けていると、「トイレを交換した直後から下水の臭いが逆流してきて・・・」といった相談をうけることがあります。 とくに、旧型のタンク式トイレから最新式のタンクレストイレに交換した方は、タンクレストイレに交換したことが原因だと思って電話をかけてこられます。 しかし、必ずしもタンクレストイレが原因で臭いが逆流しているとは限りません。 むしろ、臭いが逆流する原因はタンクレストイレの構造とは別のところにある可能性が高いです。 そこで今回は、タンクレストイレに交換してから下水の逆流臭がするという人に向けて原因や防止策についてご紹介したいと思います。 タンクレストイレから逆流臭がする原因とは 最近のトイレ、もしくはウォシュレット(シャワートイレ)には便器内の臭いが便器の外に逆流しないように、臭いを吸い込む機能がついているものが多いですよね。 とくに、多機能がウリのタンクレストイレの場合は臭いを吸い込む機能だけでなく臭いの原因菌を除菌する機能もついていたりします。 しかし、それでもトイレの便器内から臭いが逆流するという人はいます。 最初に、その臭いが逆流する原因についてご説明したいと思います。 原因1. 臭いの逆流を防ぐ機能がなかった よくある勘違いですが、購入したトイレの機能に「脱臭・除菌」や「臭いの逆流防止機能」がついていなかったというケースがあります。 カタログやパンフレットで機能が載っていたから、当然ついているものだと思っていたら実はその機能がついているのは値段の高いハイグレードタイプのみだったというのはよくあることです。 「そんな間違いしないでしょ~」 と思う人もいるかと思いますが、最近のトイレ、特にタンクレストイレは脱臭・除菌、自動洗浄機能、オート開閉、センサー点滅機能、遠隔リモコン操作、スマートフォンアプリとの連携機能など複数の機能がついています。 これらの機能が自分が購入するトイレについているかどうか、パンフレットで確認できずに購入する人は多くいます。 特に年配の方などは勘違いして購入することがあるので、よく確認して自分が購入するトイレに希望する機能がついているかどうか確認するといいでしょう。 原因2. 換気扇を使っていて臭いが逆流していた トイレにきちんと臭いを吸い込む脱臭機能がついているのに、臭いが部屋中に逆流してくるという場合。 もしかすると、換気扇を使っていませんか? 換気扇の大きさやトイレの部屋の状況、使っているトイレの性能によって異なりますが、換気扇の空気を上に吸い込む力の方が強いと便器の中から臭いが逆流してくることがあります。 もし、脱臭機能がついているのに便器の中の臭いが逆流してきて機能が故障しているのではないかと思っている場合は、換気扇を切ってトイレを使ってみましょう。 換気扇を切った状態で臭いが逆流してこなければ、脱臭機能の故障ではなく換気扇が原因ということになります。 もし、脱臭機能が故障しているという場合は便器もしくは便座のメーカーサポートに連絡して修理するようにしましょう。 原因3. 便器と床の間のシーリング・パッキンができていない 通常、便器と床の間の接地面にはシーリングやゴムパッキンが挟まっています。 これは、便器をそのまま床に接地させると隙間ができてそこから水が漏れたり、下水の臭いが上がってくるからです。 このシーリングやゴムパッキンがきちんと施工されていない・破れているといった場合に下水管の臭いがトイレの個室に逆流してくるようになります。 施工時点では問題がなくても、地震や事故などで強い力が加わるとシーリングが破れたり、ゴムパッキンが切れたりすることもあります。 便器と床の間から水が漏れていないか確認 シーリングやゴムパッキンが破損していると、臭いだけでなくトイレを流した際の汚水が便器と床の隙間から漏れてくることもあります。 もしも、シーリングやゴムパッキンが破損しているという場合は便器を外して施工をやり直す必要があります。 便器脱着とシーリング・パッキンの交換作業は、一般の人が作業するのは難しいので業者に修理を依頼しましょう。 業者によって修理料金が異なるので、相見積りできちんと料金を比較してから依頼をすると安心です。 原因4. 封水が切れて下水の臭いが上がってきている タンクレストイレによくついている脱臭機能は、通常の使用の範囲内で発生した臭いをきれいにするものです。 しかし、下水管からの臭いがトイレに逆流している場合は別です。 トイレには封水と呼ばれる、「下水管からの臭いが逆流しないようにする水」が便器内に溜まっています。 この封水が少なかったり、切れていたりすると下水管からの臭いが便器の外まで逆流するようになります。 便器の故障以外にも原因がある タンクレストイレに限らず、トイレの封水が切れるという場合は便器の故障以外にもいろいろな原因が考えられます。 配管の問題であったり、もともとの便器の構造であったりと複数の原因が考えられるので、それぞれに適した対処をする必要があります。 封水が切れる・便器内の水位が下がるという場合は、下記ページに原因や対処方法などをまとめていますのでチェックしてみてください。 トイレが臭いときの対処方法 タンクレストイレの脱臭機能も、便器と床の間のシーリング・ゴムパッキンも、便器内の封水にも問題がなくて、トイレに臭いが染み付いて臭いという場合。 そういった場合は、「除菌」ができる消臭スプレーを使ってトイレを掃除してみましょう。 トイレの壁紙や布製品は、時間が経つに連れてトイレ内の臭いの原因菌を吸って臭くなってしまいます。 普段の掃除で、除菌効果のあるトイレシートや消臭スプレーを使っていると、そういったトイレ独特の臭いを軽減することができます。 最近は、アロマオイルが入っているものや天然素材のみを使った消臭スプレーが売られているのでお気に入りの消臭グッズを探してみるのもいいかと思います。 ただ、消臭グッズを選ばれる際は「除菌」ができるほうが臭いを消しやすいのでおすすめです。 脱臭・除菌効果に力を入れているトイレ 最近の新型タンクレストイレでは、脱臭・除菌効果は当たり前のように備え付けられています。 そのなかでも、「リクシル サティス」や「パナソニック アラウーノ」は非常に脱臭・除菌対策に力を入れています。 サティスの場合は便器内に臭いを止めてプラズマクラスターイオンで除菌します。 また、アラウーノの場合はトイレ本体に洗浄剤をセットしておくことで定期的に便器を洗浄して便器を清潔に保っています。 もしも、旧型のタンクレストイレを使っていて臭いが気になるという場合は新型のタンクレストイレへの交換も検討されてみてはいかがでしょうか。 タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策まとめ 今回は、タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 タンクレストイレを交換した直後に逆流臭がするという場合は、施工不良や便器本体の故障が考えられます。 そういった初期不良に関しては、施工した会社やメーカーに連絡して修理してもらうなどの対策を早めに取るようにしましょう。 「水洗トイレが詰まっちゃったんですけどお願いしたいんです。 」としっかりとした口調でお問い合わせを頂きました。 お手配先の住所をお伺いすると、府中市若松町でした。 駆け付け可能なスタッフをお探しして、13時頃の到着が可能であることをお伝えしました。 お客様はお時間をお聞きになると「よろしくお願いします。 」と安心頂けた様子でご依頼されました。 見積もりまでは無料であることを確認されると「分かりました。 」とホッとされた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月22日 8時20分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。

次の

大雨でトイレがゴボゴボしたり、流れづらいときは / 下水道課 / 建設部 / 組織別インデックス / ホーム

トイレ 逆流

トイレがあふれてしまう恐怖! その原因は? トイレをすませて スッキリ爽快!と思ったつかのま、ふと振り返ると流れて減っていくはずの水がどんどん上がってくる!いったい何事?このままあふれたらどうなるの? まさか汚物まであふれてくるなんてことは…… 一瞬でさまざまな思いが浮かんできて、パニックになってしまった経験を一度はしたことがあるんじゃないでしょうか。 [PR] 流した水があふれる原因は、大きく分けて2タイプ トイレから水があふれてくる2つの原因 トイレから水があふれるのは、便器の水がうまく下水に流れないのが原因です。 便器の水が下水に流れないのは2種類の原因が考えられます。 1つは、異物をトイレにつまらせた場合。 もう1つは、配管そのものに問題が起きてしまっている場合です。 異物をトイレにつまらせた トイレットペーパーやお掃除シートなど、トイレにつまってしまうと水をあふれさせる原因になります。 多くの場合は、床下の配管まで届かず、その手前のトイレの内部でつまることがほとんどです。 トイレのつまりやすい箇所 トイレの内部には2つのつまらせやすい箇所があります。 1つは「せき」と呼ばれる、便器に水を溜めるためのせり上がりです。 便器には、下水道から上がってくる臭いを防ぐために「封水」(ふうすい)と呼ばれる水が常に溜まっています。 便器から床下まで一直線に水が流れるようにすると、水は便器に溜まりません。 流れてくる水をせき止めるために、S字に作られた水の通り道が「せき」です。 もう1つはトイレ下の下水道の手前にある「排水路」部分です。 「せき」と床下の下水道の間にある排水路も複雑な作りになっており、異物がつまりやすい箇所でもあります。 トイレにつまらせやすい異物 ティッシュや生理用品などをトイレに流してしまうと、トイレがつまり水流が止められ、水があふれる原因になります。 特に多くのつまりの原因となるのがトイレットペーパーです。 水に溶けるからと油断して、掃除のさいに大量に流すとつまりの原因となります。 子供もいたずらによって、つまってしまうことも多くあります。 お掃除シートも、厚手でできているぶんトイレットペーパーよりも水に溶けにくくつまりやすいです。 水に溶けるからと油断せず、流す量に気を配るようにしましょう。 その他、うっかりで流してしまうものは数多くあります。 ・おむつ• ・生理用品• ・使い捨てカイロ• ・ペン• ・子どものおもちゃ これらの異物が便器を通り越して、床下の配管で詰まってしまった場合は、便器を取り外す必用があります。 特におむつや生理用品は、水を吸うと膨張します。 専門家が専用の道具を使い少しずつ取り除く必用があるため、時間もお金もかかります。 配管そのものに問題が起きている あまりありませんが、配管そのものに問題が置き水があふれることもあります。 例えば尿石が配管を防いでしまっている場合です。 尿石は尿の中のミネラルが結晶化したものです。 長い年月をかけて配管に蓄積することにより、トイレを詰まらせる原因となります。 近年のトイレは尿石が蓄積されないように加工されていますが、配管に起きた問題がきっかけで蓄積される場合などがあります。 尿石がきっかけのトイレづまりは、専用の薬剤を使うことで尿石を溶かし解決できます。 水あふれの程度の確認 トイレの水があふれそうだと感じたら、まずは便器内の水の水位を確認しましょう。 水位を確認することで、トイレにどのような異物がつまっているのか予想できます。 いつもより水位が一時的に高くなり、時間をかけて下がっていく場合は、水に溶けやすいトイレットペーパーやお掃除シートがつまっている可能性が高いです。 この場合、いつかは水に溶けるからと無理やり水に流したりしないように注意しましょう。 無理やり水を流したからといって、トイレットペーパーが溶けてきちんと流れる保証はありません。 水があふれトイレの床下が濡れる可能性もあります。 トイレットペーパーが水に溶けるのを待つよりは、専用の道具を使って異物を取り除くことを優先してください。 一方全く水が流れない場合は、水の流れを完全にせき止める固形物などがつまっている可能性があります。 水があふれた際のやってはいけないこと 水があふれそうになっている、もしくはすでにあふれてしまっているとき、絶対にレバーを引いて無理やり水を流すことだけはやめてください。 レバーを引いても、タンク内から便器に向かって水が流れるだけです。 トイレは上から下へ落ちる水の勢いで、便器内の水を排水路に送るようにできてます。 レバーを引いても便器から排水路へは何の影響もないため、いたずらに便器内の水を増やしてしまうことになります。 逆をいえばレバーさえ引かなければ、便器内の水が増えることはありません。 便器内に汚物などがある時は、早く流してしまいたいという気持ちは分かりますが、水を流すことはやめてください。 まずは慌てずに、水位の様子を見てみましょう。 自分でできる対処法 止水栓を止める まずはこれ以上便器の中の水が増えないように止水栓を閉めましょう。 止水栓を閉めると、水道からタンクまでの水の流れを止められます。 トイレの水があふれる原因の多くは便器より下にあり、仕組み上はレバーを引かなければ便器の中の水が増えることはありません。 トイレ修理の基本として、念のために止水栓は締めておいてください。 止水栓は壁とトイレのタンクをつなぐ配管の間にあります。 タンクがないタイプは、トイレの背中側に収納されています。 多くの場合はマイナスドライバーで閉められますが、まれに付属品の工具や手で閉められるタイプの止水栓もあります。 便器の水にお湯を加える トイレットペーパーやお掃除シートなどのつまりが原因である可能性が高い場合は、便器の水にお湯を加えることで解決できる場合があります。 レバーを引き水を流したさいに、便器の水の水位が高くなり徐々に下がる場合、水に溶けるトイレットペーパーやお掃除シートがつまっている可能性があります。 トイレットペーパーやお掃除シートは、水よりもお湯に溶けやすく、お湯を流して時間をおけばつまりが解消されることがあります。 また重曹とお酢を便器内の水にふりかけてから湯を流し、トイレットペーパーが溶かす方法もあります。 この方法は、便器内の水が多いと溶けにくくなりますので、最初に便器内のある程度の水をかきだす必用があります。 ただしこの方法は、便器の水位を増やす方法でもあります。 いきなり大量のお湯を流すのではなく、様子を見ながら少しずつ加えていきましょう。 専用の道具を使う 子どものおもちゃや携帯電話などの固形物がトイレにつまっている場合は、ラバーカップなどの専用の道具を使いましょう。 ラバーカップとは、棒の先に円形状のゴムがついた「スッポン」などと呼ばれる掃除用具のこと。 ゴムの部分を便器の奥に押し当てながら真空状態にして、ゆっくりと押していきます。 押し切ったら素早く引っ張りましょう。 上手くいけば詰まりが解消するはずです。 ラバーカップを使っても詰まりが解消されない時は、ラバーカップよりも強力な真空パイプクリーナーがおすすめです。 その他だと、ワイヤーブラシというトイレ専用の掃除用具を使ってみるのも良いかもしれません。 業者に頼むべきか判断をしよう ラバーカップやパイプクリーナーを使っても流れが戻らない場合は、素人の手に負えない床下まで異物が入り込んでしまっているか、排水路や下水道そのものが故障してしまっているおそれがあります。 素人がトイレを取りはずしたり、むりやりつまりを解消しようとすると、便器を傷めたり割ったりする可能性があります。 上記の方法で解決しない場合は、調査や解決に専門家の力が必要な可能性が高いです。 短時間の解決を目指すためにも、早めに業者さんに相談することをおすすめします。

次の

地震でトイレが逆流する⁉日頃から「災害用トイレ」の備えを!

トイレ 逆流

台風や局所的な集中豪雨により半地下建物や地下室での浸水被害が発生しています。 晴天時などでは、生活排水を問題なく排水できていても、豪雨時には下水道管からの逆流による浸水被害や道路側からの雨水の流れ込みによる浸水被害が発生するおそれがあります。 浸水被害からご自身の生命・財産を守るために、対策を講じるようお願いいたします。 1.晴天時の排水状況 晴天時などは、下水道管内の水位も低く、トイレなどの排水は自然流下で下水道管へ排水されます。 2.豪雨時における浸水被害 豪雨時には短時間で大量の雨水が下水道管に流れ込むと、下水道管内の水位が上昇し、下水が宅地内の排水管を通って逆流し、半地下部のトイレやお風呂場などの衛生器具から下水が噴出するおそれがあります。 また、下水道管に収容しきれなくなった雨水が道路側から建物側に流れ込み、半地下、地下部が浸水したり、水の圧力で半地下、地下部のドアは開きにくくなり危険です。 3.豪雨時における対策後の状況 逆流対策 ポンプ施設(逆流防止弁付)を設置することで、下水道管から下水は逆流せず、豪雨時でもトイレやお風呂等の排水が可能となります。 止水板 出入口に板などを設置し、雨水の浸入を防ぎます 半地下・地下室を有する建物にお住いのお客さまへ• 浸水被害が発生する前に逆流対策、浸水対策を講じるようお願いいたします。 浸水のおそれがあるときは、半地下部等へ入らぬようお願いいたします。 設計者・建築主のみなさまへ• 浸水被害のあった土地や周辺の土地、坂下・窪地等の浸水するおそれのある土地では、できるだけ半地下建物や地下室を設置しないようにお願いします。 やむを得ずに半地下建物・地下室を設置する場合は、建築後の逆流対策、雨水の流れ込み対策は施工上困難となることがあるため、あらかじめポンプ施設の設置(逆流対策)や止水板の設置(雨水の流れ込み対策)等の対策を行うようにお願いいたします。 ご質問、ご相談等がありましたら 下記へお気軽にお問い合わせください。 所管地域 事務所名 電話番号 千代田区 中央区 港区(台場地区を除く) 渋谷区 中部下水道事務所 3270-8317 文京区 台東区 豊島区 荒川区 北部下水道事務所 5820-4341 墨田区 江東区 港区(台場地区) 品川区(東八潮地区) 東部第一下水道事務所 3645-9643 足立区 葛飾区 江戸川区 東部第二下水道事務所 5680-1268 新宿区 中野区 杉並区 西部第一下水道事務所 5343-6200 北区 板橋区 練馬区 西部第二下水道事務所 3969-2311 品川区(東八潮地区を除く) 目黒区 大田区 世田谷区 南部下水道事務所 5734-5031.

次の