パルパティーン の 子供。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』遠い昔遥か彼方の銀河で誕生した銀河帝国

【スターウォーズ】パルパティーンの妻はだれ?レイの両親についても!

パルパティーン の 子供

拡張世界(エクスパンデッド・ユニバース、EU) パルパティーンが死を装い、銀河を脅かす存在として帰還できるというアイデアは最初、1992年のコミック『ダーク・エンパイア』に登場していた。 『ジェダイの帰還』の6年後の宇宙を舞台としたこのコミックでは、パルパティーンがクローンの肉体を利用して復活し、再び帝国の権力を握っている。 『ダーク・エンパイア』でクローンの肉体で甦った皇帝(Image Credit: Marvel Comics) パルパティーンは自分の魂を1つのクローンの肉体から別の肉体に乗り移らせることができるので、『ダーク・エンパイア』では倒されるたびに、何度も復活することができている。 ただし問題点もあり、彼のダークパワーが強すぎるため、肉体の老化と萎縮の進行が通常より早くなっている。 追い詰められたパルパティーンの最後の行動は1997年の『帝国の終焉』で描かれている。 彼はハン・ソロとレイアの間に生まれた赤ん坊の息子、アナキン・ソロの肉体を利用しようとしたが、策謀が失敗に終わり、パルパティーンの魂はダークサイドの力に吸収されて徹底的に消滅した。 パルパティーンはクローンなのか? 新しい「スター・ウォーズ」のユニバースは古いEUと多くの意味において異なるが、『エピソード9』が類似の解釈でパルパティーンの帰還を説明する可能性がある。 デス・スターと共にパルパティーンの肉体は破壊されたが、魂は存続できたのかもしれない。 一方、彼が本作ではフォースの霊体としてのみ存在し、トレーラーに登場したデス・スターの残骸から離れられない可能性も否定できない。 パルパティーンは万が一の場合に備えて、クローンの肉体の隠し場所を用意しているのかもしれない。 共和国のクローン兵隊を創るテクノロジーを駆使すれば、決して不可能ではないだろう。 あるいは、パルパティーンは師のダース・プレイガスと同じように、フォースを用いて新たな生命を創造する秘密を見つけ出したのかもしれない。 スノークとの繋がり たとえパルパティーンが生き返ったとしても、彼はEUで直面した問題に再び遭遇する可能性がある。 ダース・シディアスのような、極めてパワフルなシス卿が、ダークサイドの完全な力に耐えられるだけの肉体を捜し出すのは大変なことだ。 一方、パルパティーンとファースト・オーダーを率いる最高指導者、スノークがどのように繋がっているのかについては、疑問が残っている。 『最後のジェダイ』でスノークが急に殺されたのち、パルパティーンは残された空白を埋めるために帰ってくるのだろうか? パルパティーンはスノークが倒されるまで、ずっと静かに待っていたのか? スノーク ここでひとつの可能性がある。 スノークは、実はパルパティーンが自分の魂を宿すための肉体だったのかもしれない。 この仮説によれば、強力なダーク・ジェダイがどこからともなく、突然現れて新たな帝国の指揮を執ること、そしてスノークの肉体が最後にやつれきっていたことを説明できる。 スノークを通じて、パルパティーンは潜在能力を完全に発揮できるようにベン・ソロを訓練して、フルパワーを持つシスの暗黒卿に相応しい肉体に育てているのかもしれない。 パルパティーンの最後のメッセージ パルパティーンの再登場を説明するもっとシンプルな解釈もある。 『Star Wars バトルフロントII』において、パルパティーンは自分が死んだ時に備え、部下たちが自分の死後にすべきことを指示する録音メッセージを残している。 予告編に登場したパルパティーンの声は、忘れられてシスのホロクロンに置き去りにされた録画や録音のようなものなのかもしれない。

次の

シーヴ・パルパティーン

パルパティーン の 子供

「スカイウォーカーの夜明け」も劇場公開が終了ということで、これからはネタバレを気にせず感想や考察ができます。 さて、 「予想通りすぎて一周回って逆に予想外」なくらいだったレイの本当の出生、というより レイの父親がパルパティーンの息子だったという背景。 実はてんぐは、これについて、ふせったーで長文考察を何度かしておりました。 ネタバレ解禁期間に入ったことでもありますし、note記事でも公開してみます。 そもそも、「親の血を引く子供ならば、親の思い通りになる」という価値観のアンチテーゼがSWの世界観のひとつですし、パルパティーンにしても血統が何の保証にもならない事は把握しているでしょう。 しかし、アナキンの母シミは、息子の「父親」の存在について全く言及していなかった、それどころか、なぜアナキンを授かったのかすら理解できないといった様子でした。 さらに、パルパティーン自身もアナキンが「フォースの集中」であること、彼がタトゥーインで育っていた事を、ナブー危機まで全く把握していませんでした。 共和国簒奪時ですでに初老の域に入り、またダークサイドの反作用で通常以上に早い肉体の老化に晒される事も考えれば、この課題は喫緊となります。 この課題を達成する方法として、アナキンを生み出した方法をもう一度実行するというのは、むしろ自然な選択といえるでしょう。 ハーヴェスター計画の趣旨は「フォース感知者を帝国陣営 今にして思えば、帝国の資産を利用したシス信奉者カルト? に取り込む」というものだとされていましたが、本命は、どこかで産まれているはずの「新たなアナキン」の捜索だった可能性もあります。 とはいえ、事の性質を考えれば大々的に行えるものでもなく、そして正規のマニュアルに沿った公的機関によらない非公然・非公式の捜索というものは、任務従事者がどれだけの権限や影響力を持っていようとも遺漏が多くなるのが道理。 シス卿の秘密主義を考慮すれば、当の尋問官やその元締めたるダースベイダーすら本当の目的は知られていなかった可能性が高いです。 その対象となったのが、『反乱者たち』のエズラ・ブリッジャーであり、旧三部作のルークだったわけです。 レイ・スカイウォーカー 時は流れ、新共和国時代。 エクセゴルのシス・エターナルが帝国の政策として未知領域に蓄えさせた資産を元手に勃興したファーストオーダーは、その過程で、誘拐や勧誘など硬軟取り混ぜた方法で銀河各地の若年層を兵士として取り込みました。 スピンオフ『 スターウォーズ:レジスタンス』でも、その顛末は語られました。 この展開には、個人的に強いリアリティを感じました.

次の

【スター・ウォーズ考察】皇帝パルパティーンは今までずっとスノークの中に隠れていた​のか? スター・ウォーズ特集

パルパティーン の 子供

拡張世界(エクスパンデッド・ユニバース、EU) パルパティーンが死を装い、銀河を脅かす存在として帰還できるというアイデアは最初、1992年のコミック『ダーク・エンパイア』に登場していた。 『ジェダイの帰還』の6年後の宇宙を舞台としたこのコミックでは、パルパティーンがクローンの肉体を利用して復活し、再び帝国の権力を握っている。 『ダーク・エンパイア』でクローンの肉体で甦った皇帝(Image Credit: Marvel Comics) パルパティーンは自分の魂を1つのクローンの肉体から別の肉体に乗り移らせることができるので、『ダーク・エンパイア』では倒されるたびに、何度も復活することができている。 ただし問題点もあり、彼のダークパワーが強すぎるため、肉体の老化と萎縮の進行が通常より早くなっている。 追い詰められたパルパティーンの最後の行動は1997年の『帝国の終焉』で描かれている。 彼はハン・ソロとレイアの間に生まれた赤ん坊の息子、アナキン・ソロの肉体を利用しようとしたが、策謀が失敗に終わり、パルパティーンの魂はダークサイドの力に吸収されて徹底的に消滅した。 パルパティーンはクローンなのか? 新しい「スター・ウォーズ」のユニバースは古いEUと多くの意味において異なるが、『エピソード9』が類似の解釈でパルパティーンの帰還を説明する可能性がある。 デス・スターと共にパルパティーンの肉体は破壊されたが、魂は存続できたのかもしれない。 一方、彼が本作ではフォースの霊体としてのみ存在し、トレーラーに登場したデス・スターの残骸から離れられない可能性も否定できない。 パルパティーンは万が一の場合に備えて、クローンの肉体の隠し場所を用意しているのかもしれない。 共和国のクローン兵隊を創るテクノロジーを駆使すれば、決して不可能ではないだろう。 あるいは、パルパティーンは師のダース・プレイガスと同じように、フォースを用いて新たな生命を創造する秘密を見つけ出したのかもしれない。 スノークとの繋がり たとえパルパティーンが生き返ったとしても、彼はEUで直面した問題に再び遭遇する可能性がある。 ダース・シディアスのような、極めてパワフルなシス卿が、ダークサイドの完全な力に耐えられるだけの肉体を捜し出すのは大変なことだ。 一方、パルパティーンとファースト・オーダーを率いる最高指導者、スノークがどのように繋がっているのかについては、疑問が残っている。 『最後のジェダイ』でスノークが急に殺されたのち、パルパティーンは残された空白を埋めるために帰ってくるのだろうか? パルパティーンはスノークが倒されるまで、ずっと静かに待っていたのか? スノーク ここでひとつの可能性がある。 スノークは、実はパルパティーンが自分の魂を宿すための肉体だったのかもしれない。 この仮説によれば、強力なダーク・ジェダイがどこからともなく、突然現れて新たな帝国の指揮を執ること、そしてスノークの肉体が最後にやつれきっていたことを説明できる。 スノークを通じて、パルパティーンは潜在能力を完全に発揮できるようにベン・ソロを訓練して、フルパワーを持つシスの暗黒卿に相応しい肉体に育てているのかもしれない。 パルパティーンの最後のメッセージ パルパティーンの再登場を説明するもっとシンプルな解釈もある。 『Star Wars バトルフロントII』において、パルパティーンは自分が死んだ時に備え、部下たちが自分の死後にすべきことを指示する録音メッセージを残している。 予告編に登場したパルパティーンの声は、忘れられてシスのホロクロンに置き去りにされた録画や録音のようなものなのかもしれない。

次の