佐野 アウトレット 台風 被害。 令和元年東日本台風(台風第19号)関連情報/佐野市

【台風19号】佐野市、被害総額100億円超 災害ごみは1万トン見込み|地域の話題,社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|台風19号|下野新聞 SOON(スーン)

佐野 アウトレット 台風 被害

2019年10月12日 により、内の秋山川氾濫による浸水、車両水没被害。 また、他地域での浸水被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。 さて、私は2016年に佐野に引っ越してきてから丸3年が経ちました。 その間、特に目立った災害などもなく、過去にも内での大災害と言うものは聞いたことがありませんでした。 なんて安全な地域なんでしょう! そんな風に思って過ごしてきましたが、一夜にしてその思いが砕かれました。 今回の台風で氾濫した秋山川ですが、普段はほぼ干上がったような状態の川で歩いて対岸まで渡れるような川です。 次のは実際に堤防が決壊したあたりの様子です。 今でもこの川が氾濫したというのは信じられない部分があります。 今回の台風はそれくらいのものでした。 今回の浸水地域は以下のようになっており、川の西側にのみ被害が発生した形です。 一夜明け、内を一周してみたので、状況について伝えてみたいと思います。 まず始めに佐野プレミアムアウトレット付近のの様子。 東西に延びてる国道ですが、走行車両が殆どいませんでした。 特に東に向かう車両が全くといっていいほど走っていませんでした。 この理由はほどなくして分かりました。 続いてがアウトレットの東側を流れている三杉川の様子です。 アウトレットの立体駐車場から見るとこんな感じです。 アウトレット自体もお客さんが少なかったです。 東に向かう車両が少ないと書きましたが、以下の場所付近で国道が浸水しており通行止めとなっていました。 この時「俺、どうやって家に帰ればいいんだ?」となりました。 走行中だったので写真は有りません。 取り敢えず、西から東に戻るルートを求めて向かった先がこちら。 128と書かれた場所付近に向かいました。 そこで見た光景がこちら。 湖と化していました。 に向かい方面も冠水しています。 一台の車が乗り捨てられていましたが、車両そのものの汚れもなく何故止まっているのか分かりませんでした。 T字路から北へは向かうことができますが…冠水道路を走っているように見える光景。 あとはこんな感じでしたという2枚です。 のヘリコプターでしょうか?どこかに向かって飛んでいました。 ここで、決壊し佐野に甚大な被害をもたらした川の様子です。 撮影場所は下記になります。 赤見本町線と書かれた場所の橋からです。 ここの場所は通行止めになってはいませんでした。 川の様子を5枚一気に載せます。 想像以上でした。 続いて向かったのは唐沢山神社。 犬伏方面から向かう途中で通行止め措置が取られていました。 中がどんな様子なのか気になりますが、引き返します。 この通行止めの先にある「6月の森」という式場に行きたいという方が途方に暮れていました。 しかし、吉水方面から向かっても6月の森の手前で倒木により通行止めになっていたことを私は知っています。 それがこちら。 吉水方面から同じ場所を確認しに行ったら切られて「6月の森」までは通行できるようになっていました。 その先は通行止めです。 いつ復旧するのだろう。 吉水方面から唐沢山神社に向かう際に秋山川を越える橋があります。 台風当日の様子がこちら。 今日も見ましたが、河川敷がグチャグチャでした。 唐沢山神社の敷地内に「大炊の井」と言う池? があります。 普段は水量の少ない池ですが、溢れていました。 台風ネタばかりだと気が滅入ってくるので、ここで猫。 唐沢山から見たは物凄かったです。 まずは~アウトレットのライン。 秋山川の西側方面。 更にズームしてみた。 視線を感じた先に居た、カマキリ。 猫と機材。 街は大変なことになっていても、夕日は綺麗。 これは仕方ない。 今回の被災で数人の知り合いが「自宅の浸水」や「車の水没」等の被害にあっています。 被害にあわれた方が、一日も早く普通の生活に戻れますように。 最後に、の見づらい。 もう少し見やすく作れないものだろうか? watnainai.

次の

栃木・佐野、川氾濫で「巨大な沼のよう」 続く救助活動 [台風19号]:朝日新聞デジタル

佐野 アウトレット 台風 被害

【佐野】岡部正英(おかべまさひで)市長ら市幹部は30日の定例記者会見で、台風19号による市内の被害状況を説明した。 農業や商工業、公共インフラなどの被害総額は100億円超に上り、さらに膨らむ見通しだ。 浸水を受けた家具などの災害ごみは7500トンに達し、処理には少なくとも1年を要する見込み。 大木聡(おおきさとし)総合政策部長は災害対応に向けた補正予算について「特に道路、商工業などの被害に重点を置いたものになると考えている」と説明した。 農作物や農機具、水利施設など農業に関する被害は推計で計約23億4700万円に上った。 特に田島町、並木町、柿平町の農地で甚大な被害が生じたという。 作物別ではイチゴやコメ、ナシの被害が多かった。 公園や河川、市道などの公共インフラの被害は35億円以上に上るほか、商店や事業所など商工業への被害は概算で48億円に達した。 農業、商工業、公共インフラの合計では現時点で被害額が100億円を超える計算だ。 公共インフラ、商工業の被害額は今後も大幅に増えるとみられるという。 床上・床下浸水は計約2700棟で、浸水した家具や畳などの災害ごみの量は今後1万トンに達する見込み。 市内2カ所のごみ焼却施設などで処理を進め、処理には1年以上の期間を要するという。 災害に対応する補正予算編成について、大木部長は「関係各課から上がってきた予算を精査している」と説明。 本年度事業で優先度を吟味して予算を減らす「事業仕分け」を行い、「浮かせたお金と財政調整基金をミックスさせ、補正予算に対応する」と話した。 市内の被害を受け、ふるさと納税サイト「さとふる」では、緊急支援募金のコーナーを開設している。 市によると、市への寄付総額は29日までに約1210万円に上った。 岡部市長は「今後も国や県と密接な連携を図り、復旧に向けて全庁一丸となって取り組む」と復興への意気込みを語った。

次の

台風19号による被害が発生している栃木県佐野市ですが、佐野プレミアム・アウトレットは本日営業中!

佐野 アウトレット 台風 被害

更新履歴• 6月11日「令和元年台風第19号による令和2年度介護保険料の減免について」を追加• 5月21日「災害ごみ 家庭ごみ の受入れについて」の内容更新• 5月13日「被災住宅再建等利子補給金について」を追加• 5月7日「市内の通行止め箇所」の内容更新• 5月1日「佐野市災害復旧・復興方針について」の内容更新• 5月1日「被災者再建支援のお知らせ 第6号 」を追加• 4月10日「土砂の対応について」に令和2年度の予定についてを追加• 4月1日「令和元年台風第19号に係る災害見舞金について」「令和元年台風第19号に係る被災者生活再建支援金について」「令和元年台風第19号に係る被災家財等の購入 修繕 の一部補助について」「災害ごみ 家庭ごみ の受入れについて」を内容更新• 4月1日【その他】「被災された方の国民健康保険及び後期高齢者医療の一部負担金に係る減免について、令和2年4月1日以降の取り扱いが変わります」を掲載 令和元年東日本台風 台風第19号 による被災者再建支援のお知らせ チラシ.

次の