スマブラ sp 即死 コンボ 簡単。 【スマブラSP】テクニック集一覧と使い方解説【スマブラスペシャル】

【スマブラSP】ゲッコウガのコンボと対策【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

スマブラ sp 即死 コンボ 簡単

ステージの中心付近で、持続の長い技(空N、B)でダメージを稼ぎ、投げや横Bのラリアットでバーストを狙っていくといいでしょう。 このコンボは、相手のダメージが低すぎると繋がりませんが、ある程度のダメージが溜まっていれば、100%超えても安定してコンボを繋げることが可能です。 NB〆はコンボミス時のリスクが大きいですが、コンボが決まったときのダメージが大きいです。 使える範囲は限定的ですが、基本コンボよりもダメージを稼ぐことが可能です。 空N〆は相手を前へ吹っ飛ばし、空上は相手を上へ吹っ飛ばすので、状況によって使い分けましょう。 コンボの難易度は高くなりますが、完走時のダメージはガオガエンのコンボで最も高いです。 相手のダメージが溜まっていると投げで大きく飛んでしまうので、ステップの部分をダッシュにしたりジャンプ部分を大ジャンプにしましょう。 横スマッシュは最速で入力すると逆に繋がらないので、一瞬待ってから入力しましょう。 空N〆は、上スマッシュ〆よりも簡単に繋げられるコンボです。 相手のダメージが溜まっている場合はステップの部分をダッシュにしたりジャンプ部分を大ジャンプにしましょう。 ガオガエンの技考察 ガオガエンの弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 持続F 硬直F 弱1 A 3. 0 5 2 17 弱2 3. 36 4 2 4 弱3 5. 主に近距離での暴れ択として使いますが、ガオガエンには空N・通常必殺技といったさらに優秀な暴れ技があるので、あまり出番はありません。 ガオガエンのダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F 持続F 硬直F ダッシュ 通常 (ダッシュ+A) 15. 6 8 4 30 ダッシュ 持続 10. 相手に素早く接近しながら攻撃できる技なので、足の遅いガオガエンにとってはかなり貴重な技です。 発生は遅いですがその分吹っ飛ばしが強く、撃墜技として使っていけます。 攻撃時に頭部が無敵となるので、対空技として振っていきます。 ヒット後は相手を軽く浮かせるので、コンボの始動技として使えます。 4 13 6. 2 18 3. 正面から攻撃するのでめくりに弱いですが、正面の敵にはガードキャンセルやジャンプ狩りとして使えます。 発生は遅いですが、技の予備動作として大きく飛び上がるので、相手の攻撃を避けて反撃するといった使い方ができます。 ガオガエンの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 持続F 硬直F 空N (空中でA) 15. 6 5 2 35 空N 持続 8. 8 16 4 25 空下 持続 10. 攻撃中はガオガエンの身体全体が攻撃判定となるため、近距離での暴れ技として使います。 リーチが長いので空中での牽制に使えるほか、下強や下投げからコンボとして繋げられるので、ダメージ稼ぎとしても使います。 吹っ飛ばしが強い技の中でも特に発生が早いので、ガオガエンのメインの撃墜技として振っていきます。 ダメージは低いですが、攻撃範囲が広く引っ掛けやすいので、空中での追撃に使います。 ガオガエンは復帰が弱いので復帰阻止をする機会はあまりありませんが、などの上方向への判定が弱い復帰に対しては復帰阻止をおすすめします。 ガオガエンの必殺技 1vs1ダメ 発生F 持続F 硬直F 通常必殺技 B 19. 4 5 6 74 通常必殺技 持続 14. 6 37 8 40 通常必殺技 持続4 10. 4 50 2 33 通常必殺技 持続5 9. 4 50 1 34 横必殺技 失敗 4. 6 11 1 68 上必殺技 Hit1、持続 4. 8 13 3 64 上必殺技 Hit1、持続2 3. 0 16 9 55 上必殺技 Hit2 13. 4 38 21 21 上必殺技 Hit2、対空? 上必殺技 着地 10. 発生が早いほか、出始めに無敵があるので、近距離で暴れ技として空Nと使い分けていきます。 また、通常必殺技は攻撃中はスティック入力で左右に移動ができるので、空振りしても無理やり当てに行くこともできます。 追撃はボタンの追加入力で行うことができ、押すタイミングによって強力な技が出せます。 ベストタイミングで出せるラリアットの追撃は、ダメージと吹っ飛ばしが強いので、タイミングをしっかり覚えましょう。 上昇中に左右入力をすることで、着地位置を左右にずらすことができ、降下中は下入力ですり抜け可能な床をすり抜けます。 復帰技としての使用がメインですが、上昇中にスーパーアーマー効果あるのと、技の吹っ飛ばしが強いので、強引に撃墜を狙いに行くこともできます。 ガオガエンのカウンターは、相手の攻撃を無効化するのではなく、軽減して受けた後軽い攻撃でカウンターし、自身の次の攻撃を強化します。 リベンジ効果についてまとめ• 自身の次の攻撃を強化できる• 受けた攻撃によってダメージ・吹っ飛ばしを強化• リベンジ効果は重ねがけ可能• 同じ技でリベンジを成功させても、効果は倍にならない• 時間経過はガオガエンがダメージを受けたり、技を空振りしても短縮される ガオガエンの投げ技 1vs1ダメ 発生F 持続F 硬直F 掴み攻撃 1. コンボには使えませんが、ダメージと吹っ飛ばしが強く撃墜まで狙えます。 コンボには使えませんが、前投げと同じくダメージと吹っ飛ばしが強いです。 ガオガエンの投げの中で唯一コンボができる技であり、高火力を狙えるので、相手を掴んだら基本的に下投げを選択しましょう。 ガオガエンの最後の切り札 攻撃名 操作方法 特徴・備考 最後の切り札 スマボ所持中 B 【ハイパーダーククラッシャー改】 炎をまとった突進で相手をキャッチ。 空中で連続攻撃を加え、リングに叩きつける。 掴めるファイターは一人のみだが、最後の爆発は周囲も巻き込む。 ガオガエンの解放条件(出し方) 大乱闘(プレイ時間)で解放する方法 46番目に解放 ロゼッタ&チコのキャラ解放から10分経過orソフト再起動後に大乱闘or灯火の星プレイからメニューに戻ると出現 勝ちあがり乱闘で解放する方法 サムスで勝ち上がり乱闘を4回クリア 灯火の星で解放する方法 「ガオガエン」のキャラ解放の条件は、上記の3つです。 いずれかの条件を満たせば、「ガオガエン」を使えるようになります。 ガオガエンの調整点 Ver8. 0の調整点 調整点 上スマッシュ攻撃 ふっとぶ距離を伸ばしました。 つかみ つかみ、ダッシュつかみ、ふりむきつかみでつかむタイミングを早くしました。 前投げ ふっとぶ距離を伸ばしました。 横必殺ワザ つかむタイミングを早くしました。 ラリアットが当たったときのふっとぶ距離を伸ばしました。 下必殺ワザ スキを減らしました。 ワザが成功したときの攻撃力の上昇量を上げました。 Ver7. 0の調整点 調整点 横必殺ワザ 横必殺ワザでつかまれていない相手が、ラリアットやショルダースルーに巻き込まれたとき、ふっとぶ距離を伸ばしました。 Ver6. 0の調整点 調整点 弱攻撃3 攻撃力を上げました。 ふっとぶ距離を伸ばしました。 前空中攻撃 攻撃判定が持続する時間を長くしました。 攻撃判定が持続する時間の後半では、攻撃力が低くなるようにしました。 下空中攻撃 メテオ効果のある攻撃範囲に当たりやすくしました。 通常必殺ワザ 出始めの攻撃力を上げました。 出始めの攻撃範囲を広げ、持続する時間を長くしました。 下必殺ワザ 相手の攻撃を受け止められる時間を長くしました。 相手の攻撃を受け止めたときに出る攻撃のふっとぶ距離を伸ばしました。 相手の攻撃を受け止めたときも、受け止めなかったときも、スキを減らしました。 Ver3. 0の調整点 調整点 弱攻撃1 肘付近を当てたときのふっとぶ距離を変更し、弱攻撃2につないだときに連続ヒットしやすくしました。 弱攻撃2 弱攻撃3につないだときに連続ヒットしやすくしました。

次の

スマブラSPの簡単なキャラ評価・DX編|Raito|note

スマブラ sp 即死 コンボ 簡単

メタナイト 火力が低い。 差し合い強いのにリターンがとにかく少ない。 序盤とにかく外まで運んで復帰阻止で倒すようにデザインされてる。 空NとNBの判定はかなり強めで信頼できる。 復帰阻止の強さは全キャラ中最強クラスだけど、復帰が強い相手に対しては撃墜困難になりがち。 対弾キャラはマントのおかげで大分マシになった。 防御面はそこそこ強いけど地上では撃墜手段が皆無。 全体的に見て純粋なパワー不足。 シャトルのすっぽ抜け無ければもう少しマシだった・・・。 ピット ブラピ 技は揃ってる風に見えるけど やっぱり火力が低い。 防御面普通なのに読み合い回数が多いので純粋に差し合い勝負で不利を背負いがち。 不利は少ないけど有利も少ない器用貧乏な部分は相変わらず。 スマブラ初心者が使いやすい性能と見せかけて、差し合いと撃墜上手い人じゃないと勝てない矛盾キャラ。 横Bは今は亡きファルコンナックルの意思を継いでいることで有名。 要所でパナしていけ。 ゼロサム 火力と撃墜スピードはかなり落ちたがその分 立ち回りと防御面はかなり強い。 登りジャンプから相手の飛びを落とせる手段を新たに得た。 地上横Bと空前は差し込みの要で、空Nは相変わらず差し返しに強い。 投げはコンボにこそ繋がらなくなったものの、中盤の前投げの高度が絶妙すぎて相手が暴れたら空Nから即死、逃げたら崖に追い込んで即死の読み合いにできる高性能技に。 ガンガン振って良い。 復帰力は高い…と見せかけて、防御で使用頻度の高い下Bを消費した後に外出されるとあっという間に死ぬ。 バレると弱い。 今作ゼロサムのキャラデザインはかなり好き。 ただ前作火力を求めて使ってた人には物足りないかも。 現状10入り、今後TOP5入るポテンシャルは秘めてる。 ワリオ 火力お化け、差し込みも割と強い。 ほぼ全てのキャラに解答を持てる万能キャラ。 ただし万能ってだけで有利取れるキャラが多いわけではない。 オナラ素当てできる回数で評価が変わってくる。 逆にコンボから狙おうとする時は相手のミス待ちになるので、分かってる人相手ほど撃墜困難に陥る。 オナラ以外で倒せる択の開拓が今後進んで、色々見つかった時に手がつけられなくなりそうな雰囲気はある。 生身キャラ故に弾を捌くのが難しいのと、自分から攻めて相手を動かさなきゃいけないのが唯一の欠点。 スネーク 弾キャラの例に漏れず、試行回数で判断ミスを誘いつつやりたい事を通す力は高い。 前作のスネークをあまり知らないけど、今作は体術がかなり強化されててスネーク側が詰む要素はかなり少ない気がする。 経験差で勝率が大きく変わるキャラ。 それでも現状はスマブラX未経験のプレイヤーが大半なので、その部分で有利取れてる場面が多い。 トーナメントの安定が多分最も難しい。 単純な不利相性もあるし経験値で厳しい相手引いた時に苦しくなる。 所謂"対スネークが上手い"人を引いた時の苦しさが他キャラの非じゃない。 単純なキャラ相性とステージで見た時に勝ちやすいキャラは多いので、キャラの性能は割と高い。 要所で選んでいけると強いカウンターピックキャラ。 アイク 狂ったように空Nを擦る時代は終わって、今は割と横強とジャンプからの奇襲で中距離を維持して戦うキャラになった。 台ありステージで強さのレベルが数段階変わる。 ただ相手によっては終点の方がゲームメイクはし易そうにも見える。 下りで勝負した時は強いけど、相手が登りを咎めてくるようになると少し厳しい。 アイクのキャラ相性というより対アイクできてるか否かで選ぶとトーナメントでは勝ちやすいかもしれない。 ポケモントレーナー キャラ相性で見た時に詰みが少ないのが優秀。 ただゼニガメが相手を倒しきる力がなく、リザードンが相手を捌く力がないので要所をフシギソウに頼りがち。 フシギソウの単純なスペックは高いが、掴みを避けられるようになってくると話が変わる。 相手を掴めないとジリ貧になって負けやすい。 浮かされた後は他キャラと比べてもかなり弱めなので、やられる前にやりきる力が求められる。 トーナメントでは勝ちやすい。 フシギソウで壊しつつリザードンで盛り上げられるので応援する観客にも嬉しいキャラ。 ディディーコング 前作の強かった部分そのまま弱くされたキャラの一体。 下強はやりすぎ感あったから仕方ないけど空前は据え置きでも良かった。 火力も低ければ撃墜力も低い。 差し込みとして優秀だった空前が弱くなったので純粋にスマブラで勝たなきゃいけなくなった…のに火力勝負で負けがち。 それでもバナナあればマシかとおもいきや今作は全キャラの機動力とジャンプの初速が早くなっているので バナナ持ってもそこまで有利じゃない。 現状様子見な調整が施されている印象がある。 バナナ落としの開拓次第では化ける可能性はあるけど単体で見た時の性能が低めなのは否めない。 リュカ 前作はひたすら掴みを擦る 悪ガキだったけど、今作は強いセットプレイを行うための操作難度が異常に高い。 ヒモヘビペチの猶予は 脅威の1Fらしい。 安定すると崖まで運びきれるのでとても強い攻めの起点になる。 空前着地の隙の無さやサンダーの判定の強さ、崖捕まりフリーズ阻止の厄介さ等色々ヤバい要素は揃ってるけど、使い手がまだ少ないせいで誰も警戒できない。 崖が強い高難度キャラなので個人的に注目してる。 開拓次第でこれから上がってきそう。 ソニック 撃墜困難ポケモン。 投げから倒せない上に被ダメが増えたので純粋に前作より弱体化されてる。 差し込みのNBは火力が低すぎて 「今蚊でも止まった?」程度のダメージしか入らないのがしんどい。 スピン通せれば火力は高いけどスピンを判定強い技で止められるようになると苦しい。 弾キャラが純粋にキツい。 ダッシュガードからの択が弱くてガードする旨味ないのに、スピンキャンセルも無いから差し込みに大分無茶しなきゃいけない。 総じて復帰阻止と横スマの当て勘が問われるキャラ。 弾がないキャラへのミス待ちは相変わらず強いので、忍耐力の高いプレイヤーには向いてそうな感じがする。 デデデ 飛び道具のシールド削りの影響をモロに食らったキャラ。 ゴルドーがガード安定になったのでシールド貼ってる相手に差し込む手段が無い。 空中からの差し込みは高い高度からの空Nと空後に限定されるのでジャスガがとても取りやすい。 その性質上透かしもバレやすいのが欠点。 前作よりかなり使いやすくはなってるものの、弾は相変わらずキツく上方向に倒されやすくなってるので、総合的に見てトントンといった感じの調整。 復帰阻止と崖上は相変わらずアホほど強いので、崖外に出すスピードが求められる。 オリマー 現状TOP3。 しゅーとんが抜けすぎててしゅーとん以外のプレイヤーが追い付くのに時間がかかってる印象。 TOP5のキャラで見ても 防御面はかなり弱め。 崖のターン継続をどれだけ行えるかでキャラ攻略の難度は大きく変わってくる。 上スマからのアホ火力はどう考えても強いけど、撃墜シーンはそこまで楽じゃない。 アプデで横スマのシールド削りが減った影響はかなり大きい。 紫の処理と青の対処をちゃんと行えばオリマー側が倒すのがかなり大変になるので、そうなってからが勝負になる。 紫残したまま突っ込むと漏れなく死ぬ。 あまりにも強いけど壊れキャラではない・・・ハズ。 ルカリオ 前作に比べると大分マイルドな調整を受けているキャラ。 壊し能力は高いけど、それでも 投げと波動弾溜めから倒す読み合いが無いのはかなり影響してる。 差し返しの横スマと崖で倒しきるキャラになった。 崖に出す回数が求められるので運動性能はかなり上がってる。 逆にそのせいで技を当てる調整が難しそうな印象がある。 前作で面白い要素だったテクニカルな撃墜が消えた反面、純粋な読み合いで倒さなきゃいけないシーンが増えたので、使い手的には面白みは減ってしまったのが残念。 地味に毛並みの質感上がってモフみが増してる。 モデリング担当の努力が感じられるキャラ。 ロボット 期待の弾キャラ。 体のデカさと機動力の遅さをもって有り余る技の性能をしてる。 ジャイロ設置と下強がかなり強い。 特に下強はガードされて有利、当たったらライン上げられる超高性能技。 ひたすら足払いしたくなる。 ジャイロは避けるのが安定ではなくなったので、ちゃんとキャッチして返す技量が求められる。 今までサボってパワーで圧してた人にはツケが回ってくる時期。 ジャイロビーム待ちと空N繰り返す、文字通りロボットな行動を止めて近距離の差し合いを始めると明るい未来が見えてくるキャラ。 トゥーンリンク リンク三兄弟の期待の新人。 リーマの影響で明るみに出てきた。 爆弾の性能が相変わらず頭一つ抜けてる。 Z落としからの読み合いが強いので単純にガードの張り合いで強い。 空中前はゲッコウガくらい飛ぶし、横スマは範囲がバグ。 上Bで相手倒す力もある。 撃墜力とリーチ(爆弾含む)はこどもリンクよりも圧倒的に高い。 ただ トゥーン対策が前作と変わっていないのがキツい。 爆弾消えるまでひたすら耐えられるようになるとしんどい時間が続く。 そして相変わらず爆弾コンボが軸になるので弾キャラと足が早いキャラが苦手。 対フォックスはマシになったけど対ゼロサムは悪化してるらしい。 撃墜までのスピードはかなり速いのでそのメリットを活かして勝ち切れるかどうかが勝負。 ウルフ 最近評価が少し落ち着いてきた。 差し込みのバリエーションが少ないのと撃墜が難しいのが原因。 NBは飛ばして落とす技と見せかけて、打ちづらいラインを相手にキープされてるとそもそも飛んでくれないので威嚇にしかならない。 空Nと掴みのおかげで火力はどうとでもなってきたけど、 ここ最近になってより近距離のリターン高いキャラや、そもそも読み合いしてくれないキャラが増えてきたせいで火力が少し下がってきてる。 撃墜は空後と上スマと崖の横強をどれだけ当てられるかに関わってくる。 当て勘がないとゲームメイクの段階で相当苦しい。 総じてみると安定性に欠ける。 TOP5キャラの中では特に事故が起こりやすいのも原因かもしれない。 トーナメントで勝ち切れるかどうかはプレイヤー依存な部分が多いので、使える人が使うと映えるキャラでもある。 今回はここまで。 次はスマforキャラ。

次の

【スマブラSP】ルイージの即死コンボのやり方と対策!

スマブラ sp 即死 コンボ 簡単

間合いを詰めて攻撃しつつ、アイテムによる時間差攻撃ができます。 【地面着地時にシールドボタン】 地面や壁、天井に叩きつけられる瞬間に受け身をとる。 後隙を消すために使われる。 お手玉 上強などで若干浮かせ、お手玉をするように連続で攻撃すること。 ジャンプ、上スマッシュ、上必殺、掴み、アイテム投げ、地上回避、床すりぬけの行動ができます。 スティック下でその場回避、スティック左右で移動回避が発生する。 【空中でシールドボタン】 空中で相手の攻撃を回避可能な状態にするテクニック。 シールドボタンと一緒にスティック入力すると、入力した方向に移動しながら回避を行う。 ガーキャンを上スマ等でできるのはジャンプキャンセルのおかげ。 【敵と同じ崖につかまる】 ステージの崖を奪って、相手の硬直時間に追撃などを入れるテクニック。 崖ワイヤージャンプ 一部のステージの崖にワイヤーで捕まってる際に、下方向を入力してワイヤー解除を行うと大ジャンプする技。 【空中でスティック下】 空中に居るときに素早く下に落ちる技。 一式~四式まで存在する。 最速崖掴み 崖から飛び出して即崖を掴むテクニック。 崖奪いをする際に有効活用できます。 身長の低いキャラに当てる場合などに使われます。 やり方はシールド状態からその場回避にならない程度で下入力を行う。 床すり抜けは下スマでキャンセルできるため、ガーキャン下スマのような動きができます。 しゃがみ歩き 【しゃがみながら横】 特定のキャラのみ使用でき、地上に居るときに下入力状態で横に移動することが出来る技。 【相手の攻撃が当たる瞬間にシールドを解除】 シールドを消費せずに攻撃をガードできる。 地上にいるキャラに空中攻撃を当てる際に有効なテクニック。 一部の技などに付いている効果で、攻撃を受けても怯んだり吹っ飛ぶことなく行動できる状態のこと。 この状態を利用し、相手だけ吹っ飛ばすなどのテクニックが存在します。 先端当て 技の当たり判定の先端のみを当てるテクニックで、反撃を受けにくくするなどが行える。 また、マルスの技は先端当てをすることで威力、ふっ飛ばし力が上がる。 ダウン連は、ダウン状態の相手を連続してダウンさせるテクニックです。 最大で2回連続ダウンさせることができます。 ダッシュキャンセルは、スマッシュや必殺技、つかみ、ジャンプ、ガード、緊急回避でダッシュをキャンセルするテクニックです。 着地狩り 着地する際の隙を突いて攻撃すること。 ぬるり落下 ふっとび角度が0度かつ弱いふっとびで、台から背面で落ちた場合に一定時間受け身がとれない状態になること。 相手をぬるり落下させてから、ダウン連などに持ち込むことができる。 【被攻撃時にスティック入力】 攻撃を食らった際のヒットストップ中にスティック入力をすることで、入力した方向にキャラをずらせるテクニック。 半月ずらし ずらしの一種で、スティックの入力方向が45度以上変わるとずらせることを利用したテクニック。 吹っ飛び緩和 【吹っ飛び方向と逆にスティックを入力】 吹っ飛び硬直が解けた際に硬直中にスティック入力していた方に推進力が発生するのを利用したテクニック。 吹っ飛んだ方向と逆方向に入れておくことで、吹っ飛びを緩和できる。 キャラによっては、ジャンプや空前を入れることでさらに緩和を強化できる。 踏み台ジャンプ 【相手の頭上でジャンプボタン】 相手を踏みつけてジャンプすることで、事前行動をキャンセルさせる。 発生が遅くなるが、その分リーチが長くなる。 ベクトル変更 倒れ吹っ飛び状態になる際にスティック入力をしておくことで吹っ飛びベクトルを若干変更するテクニック。 ステージ外で真下に吹っ飛ばしのある技を当て、即バーストするテクニック。 ワイヤー復帰 掴みをワイヤーで行うキャラのみ使用するできる技で、崖にワイヤーで捕まることができるテクニック。 テクニックのやり方 小ジャンプ 通常ジャンプ 小ジャンプ ジャンプボタンを一瞬押すか、スティックを一瞬上に弾くと小ジャンプができます。 少ない隙で空中攻撃が使えるので、必須クラスのテクニックです。 また、今作 スマブラSP からジャンプボタンと攻撃ボタンの同時押しで、小ジャンプからの攻撃ができます。 練習なしでも簡単に小ジャンプ攻撃ができます。 空ダ 空中ダッシュ 空中ダッシュはジャンプ後に必殺技を使いつつ、スティックをジャンプ方向と逆に入力するテクニックです。 スティックがニュートラルに戻った瞬間に必殺技を使い、続けて反転したい方向にスティックを弾くのがコツです。 動きの幅が増やせるので、N必殺技が強力なキャラを使うなら覚えておきたいテクニックです。 空中回避 空中回避は、空中でガードボタンを押すと発生する無敵を利用して回避するテクニックです。 敵の攻撃に合わせて使えば、空中での隙を失くせます。 今作からは空中回避中に移動できるようになり、空中での慣性を無視して素早く落下方向を変えられます。 ジャストガード ジャストガードはタイミング良く相手の攻撃をガードすると、通常のガードよりも自身が動けるタイミングが早くなり、立ち回りを有利にできるテクニックです。 今作では、相手の攻撃が当たったタイミングでガードを解除すると発生します。 過去作とは発生のタイミングが異なるので注意が必要です。 ダッシュキャンセル ダッシュキャンセルはスマッシュや必殺技、つかみ、ジャンプ、ガード、緊急回避でダッシュをキャンセルするテクニックです。 ダッシュキャンセルからの攻撃は、攻撃範囲が広くなるので強力です。 緊急回避 緊急回避は、前方・後方・その場・空中の4種類が存在する回避行動で、無敵時間を利用して打撃だけでなく掴みも避けることができます。 新アクション SP版 のテクニック 空中回避が移動可能に 空中回避した際、わずかながら宙に浮いた状態で全方向に動くことができます。 腕の立つプレイヤー同士では、極めて重要なテクニックとなりそうです。 ジャンプ+攻撃で小ジャンプ攻撃が可能 ジャンプボタンと攻撃ボタンを同時押しすることで、小ジャンプ攻撃ができるようになった。 さらに、スティックを併用することで、小ジャンプ攻撃しながらの左右移動も可能。 ジャストシールドのタイミングが変化 ジャストシールドは、シールドを張っておき、相手の攻撃に合わせてシールドボタンを離すと発生するようになります。 うまく活用して、バトルを有利にしましょう。 従来の作品とタイミングが異なることに注意が必要です。

次の