ふき レシピ 絶品。 ふきの保存、塩漬けや冷凍方法は?早めの処理が必要なふきは保存レシピで!

ふきの煮物(炒め煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ふき レシピ 絶品

ふきみそ 調理時間 20分 調理器具 鍋・フライパン・バット カロリー 全量 640kcal 塩分 全量 9. 茎は3等分程度に、フライパンに入る長さに切る。 塩をして、板ずりをする。 そうするとアクも抜けやすく、色もきれいに仕上がります。 2、フライパンにお湯を沸かし、アク抜きの為に重曹を加えて中火にする。 さっと混ぜ、茎を加えてゆでる。 塩はついたままで大丈夫です。 3、2分ゆでてから葉を加えてさらに1分間ゆでる。 しっかりゆでることでアクが抜けます。 4、茹で上がったら水に取る。 茎は皮を手でむく。 その後水に10分間さらす。 5、茎は5㎜幅に刻む。 葉は細かく刻み、水けを固く絞る。 6、フライパンにごま油を中火で熱し、ふきを加えて炒める。 油が全体に回ったら合わせ調味料を加えて炒め合わせる。 約3分間煮詰める。 7、仕上げに削り節を加えてさっと混ぜ合わせたら完成です。 保存期間 冷蔵庫で2週間保存可能です。 活用レシピ このふきみそはそのままでも美味しく食べることができますが、お料理に活用することもできます。 例えば ・ポークソテー ・焼きおにぎり ・新じゃがのふきみそ和え などです。 ポークソテーふきみそソース 調理時間 15分 費用目安 400円 調理器具 フライパン カロリー 全量 660kcal(1人分 330kcal) 塩分 全量 221. 8kcal(1人分 110. 9kcal) 材料 2人分 厚切りの豚肩ロース肉 2枚(220~250g) 塩・こしょう 各少々 ふきみそ 50g ミニトマト・ブロッコリー 適量 作り方 1、豚肩ロース肉に塩こしょうをする。 2、フライパンを熱し、並べ入れて中火で両面をこんがりと焼く。 3、肉汁が残るので、そこにふき味噌を加える。 味噌が温まったらソースの完成です。 4、豚肉を食べやすく切り、器に盛り付ける。 ソースをかける。 ミニトマト、火を通したブロッコリーなどを添えて完成です。 是非作ってみてくださいね。 是非色々と作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 こちらもおすすめです。

次の

大原千鶴さんのふきみそのレシピ。NHKきょうの料理で紹介。

ふき レシピ 絶品

ふきのとう料理 ふきのとうの天ぷら まずは、王道、ふきのとうの天ぷらです。 めんつゆよりも、塩でいただくと風味や、独特の苦みがより鮮明に、より味わえる気がします。 あく抜き問題 ふきのとうの天ぷらに関しては、ネットでも、 あく抜き不要論が強いです。 母親も 天ぷらのあく抜き不要 材料• ふきのとう• 揚げ油 作り方 ふきのとうをよく洗って水気を取っておく てんぷら粉と水を溶いたもので、ふきのとうをコーティングする ふきのとうが、カラッとするくらいに揚げる(柔らかいものなので揚がりも早い) 塩やめんつゆにつけていただく 個人的には、ふきのとうの天ぷらには、塩がベスト ふきのとう味噌 こちらも王道、「ふきのとう味噌」です。 ある意味応用可能な、万能調味料になってくれます。 ご飯にかけてもOK• パスタに和えるもOK• スープに溶いてOK といった具合にです。 あく抜き問題 ネットでは、 天ぷらだけはアク抜きが必要無いという意見多数ですが ふきのとうは、花の開かないつぼみをとり、これをそのままごま油でさっと炒めてからしょうゆで煮込むだけです。 天ぷらもよい。 引用:自然療法・東城百合子著 ということですから、炒めて煮る場合は良いとも言えそうです。 我が家も、ふきのとう味噌を作る場合は、アク抜きはしない派です。 ふきのとう• ごま油 (味噌と砂糖は比率として、同量) 作り方 ふきのとうを刻んで、ごま油で炒めます。 そこに、味噌と砂糖を入れます。 (東城先生のレシピは醤油ですが、それが味噌と砂糖になっただけですね) この、ふきのとう味噌を保存しておくと調味料となって便利です。 ふきのとうご飯 ふきのとうパスタ 材料• ふきのとう味噌• 菜の花の葉っぱ• ベーコン• えりんぎ• パスタ• 塩・胡椒・コンソメ 作り方 菜の花の葉っぱは、ゆでてタッパ保存してあるものを使います。 ベーコン、えりんぎを切り、塩コショウ、コンソメを入れ炒める。 (後に、ふきのとう味噌を入れるので塩分控えめに作る) 別鍋でパスタを茹でる。 パスタと、野菜炒めを合わせてフライパンに入れた時に、後から 風味づけにふきのとう味噌を加えて出来上がり。 優しい味でした。 少し牛乳を入れてクリームパスタにしても合いそうに感じました。 ふきのとう味噌のスープ 簡単!混ぜてお湯を注ぐだけです! 材料• ふきのとう味噌• 顆粒ほんだし• 乾燥のり• 菜の花の葉っぱ ほんだしの顆粒少々に、ふきのとうの味噌をスプーンで1さじに、お湯を注いで、乾燥のりを入れます。

次の

ふきの保存、塩漬けや冷凍方法は?早めの処理が必要なふきは保存レシピで!

ふき レシピ 絶品

ふきの保存方法は? ふきがどのようになっているかご存知ですか?昔話にでてきそうな、傘の代わりにでも使えそうな葉っぱと長い茎が特徴ですが、ふきはその茎部分を食べます。 ただ、この葉の部分も調理して食べることができるそうです。 そんなふきは変色するのが非常に早くて鮮度が落ちやすく、 傷むのがとても早いんです。 ですので、購入後はすぐに葉を落として、その日のうちに茹でて保存するか、なるべく早めに食べるのがベストです。 保存したり、食べずに残ってしまった場合は、生のまま保存するのと、下処理をしてから保存する方法があります。 生のまま保存する場合は、次の通りです。 ですので、適度な大きさにカットします。 このようにして、冷蔵庫で保存すると 2日ほどは持ちます。 もう一つの下処理をしてから保存する方法ですが、できれば、ふきは下処理をすべて済ませてから保存しておくのがおすすめで、便利です。 アク抜きをしたものは密閉容器に入れて 冷蔵庫で1週間ほど保存ができます。 生で保存するよりも倍以上持ちますので、ちょっと面倒でも先に下処理しておいた方がのちのち使いやすいのでおすすめです。 ふきは冷凍できる? ふきは 繊維質が多いので、冷凍すると解凍した時に、食感が悪く、ふにゃふにゃになってしまいます。 また、食感だけでなく味も落ちてしまします。 特に、繊維質が多いものは冷凍保存に向かないので、 保存するのなら塩漬けがおすすめです。 冷凍したふきを炊くと、やはり食感が悪いという声がよくあるようです。 そんなときは、 ふきの佃煮を作ってしまいましょう。 後程、きゃらぶきのレシピをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 塩漬けの方法は? ふきの保存といえば塩漬けが人気です。 ふきは塩漬けすると保存期間もかなり長くなり、 1年も保存が可能になります。 塩漬けの方法にはいくつか方法がありますが、ここではちょっと丁寧な方法を見てみましょう。 このゆで時間は、太さによって時間を変えてみてください。 柔らかくなりすぎるとおいしくないので時々指でさわるなどして確認しましょう。 ただ、 やけどしないように注意してくださいね。 冷めたら、ふきの筋を取ります。 その上にふきを並べて、塩をかけます。 ふきがたくさんある場合は、塩、ふき、塩、ふきの順番に重ねて最後は塩で蓋をします。 1週間後、天地を返したら、 1ヶ月後に完成です。 途中で、水分がでてくるので出てきた汁を捨てて、再度、同じ分量の塩で付け直すと 1年ほどは保存が可能です。 涼しい場所であれば常温でも保存ができます。 また、長持ちさせるために 塩は遠慮せずにたっぷり使いましょう。 こうして塩漬けしたものは、調理に使う前に 塩抜きが必要になります。 塩抜きをしたふきは、炒め物やお味噌汁、煮物などのいろんなお料理に使えますよ。 おいしい新鮮なふきの選び方は? ふきにもおいしいものを選ぶコツがあります。 お買い物するときは次の点に気を付けてみてくださいね。 適度な大きさ、または小さめのものがおすすめです。 また、変色してしまっているものは時間が経っている証拠なので、避けましょう。 ふきのおすすめ保存レシピ 最後にふきを使ったおすすめレシピをご紹介します。 やっぱり、思い浮かぶのは、 ふきの煮物と きゃらぶきですよね。 意外と簡単にできますので、ぜひ参考にしてみてください。 春野菜ふきの煮物 ふきはお鍋に入る長さにカットして板ずりをします。 沸騰したたっぷりのお湯に塩がついたままのフキを入れて、しんなりするまで茹でます。 冷水にとって、薄皮を剥き、食べやすい長さにカットします。 お鍋に調味料とふきを入れて、5,6分中火で煮たら、いったんフキを取り出し、残った煮汁を煮詰めて冷まします。 煮汁が覚めたらフキをもどして、1,2時間浸けてできあがりです。 rakuten. 何度か水を変えながら2時間ほど水にさらします。 しっかり水気を切って、お鍋に調味料と一緒にふきを入れたら1時間ほど煮ます。 煮汁がなくなるまで煮詰めたら完成です。 まとめ 今回はふきの保存方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ふきの扱い方は一見難しそうですが、ちゃんと見てみるとそうでもないと思った方もおおいのではないでしょうか。 また、ふきは鮮度が命なのですぐに処理はしないといけませんが、塩漬けしておけば1年も長持ちするのも助かりますね。 ぜひ、旬の季節、おいしいふきをいろんなお料理で堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の