紅蓮華 作詞 作曲。 紅蓮華 / LiSA

「紅蓮華」/まふまふ(歌ってみた)鬼滅の刃(鬼灭之刃)

紅蓮華 作詞 作曲

概要 [ ] 前作「」から約7か月ぶり、SACRA MUSIC移籍後4作目となる2019年1作目のCDシングル。 表題曲の「紅蓮華」は、テレビアニメ『』のオープニングテーマとなっている。 現時点で、LiSAにとって最大のヒット曲となっている。 テレビアニメバージョンとオリジナルバージョンとでは歌詞の一部が異なる。 発売形態は、初回生産限定盤・期間生産限定盤・通常盤の3形態となり、初回盤には「紅蓮華」のPVと撮りおろしブックレット、期間限定盤は三方背スリーブ仕様で描き下ろしミニポスターや、表題曲ノンクレジットOP映像を収録したDVDが付く。 同年3月24日開催「AnimeJapan 2019」内の『鬼滅の刃』スペシャルステージにて「紅蓮華」を使用した第2弾PVが公開、発表となった。 2019年12月31日放送の『』で歌唱した。 なお歌唱の際にバックでは『』の映像が使用された。 チャート成績 [ ] 先行配信された4月22日付の各配信ストアのデイリーチャートで1位を獲得。 「」の単曲先行配信が記録した23冠 を更新し、38冠を記録した。 では、2019年4月22日付のデジタルシングルデイリーランキングで2. 4万ダウンロードで1位にランクイン。 アニメ歌手によるデイリーDL数の最高記録を更新した。 5月6日付の週間デジタルランキングでは、5. 3万ダウンロードを売り上げ1位を記録。 前作に続き2作連続で1位を獲得するのはアニメ歌手では史上初の快挙となった。 さらに翌週の5月13日付でも2. 2万ダウンロードで1位にランクイン。 アニメ歌手による2週連続のオリコン1位獲得は史上初の快挙となった。 この2つの週はとが切り替わる境目と重なったため、「平成最後の1位」と「令和最初の1位」を同時に達成した楽曲となった。 12月23日付オリコン週間デジタルシングルランキングで5月13日付以来、32週ぶりの1位を獲得。 シングル、アルバム、デジタルを通じ、自身初の首位返り咲きとなった。 日本レコード協会によるゴールドディスク認定では2020年2月度にデビューシングル「」以来となるゴールドを受けた。 また、有料音楽配信認定では、2019年9月、同年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初めて30万ダウンロードを突破しプラチナを獲得 、12月度には50万ダウンロードを超え自身初となるダブル・プラチナ 、2020年3月度にトリプル・プラチナ と認定。 更にストリーミング配信では、6月22日に「プラチナ認定作品(1億回再生以上) 」に認定された。 2020年5月20日までにレコード会社調べでCDとダウンロードの累計でを達成した。 表題曲「紅蓮華」は、調べによるストリーミング再生数では2020年5月18日付の集計において1億回を突破した。 賞歴 [ ]• 紅蓮華 [3:56]• 作詞:LiSA、作曲:、編曲:• 『』オープニングテーマ• 作詞:、作曲・編曲:PABLO a. WTF!? やくそくのうた [4:38]• 作詞・作曲:、編曲:江口亮• 紅蓮華 -- DVD (初回生産限定盤のみ)• 「紅蓮華」(ミュージック・クリップ) 期間生産限定盤 [ ] CDシングル• 紅蓮華• テレビアニメ『』オープニングテーマ• やくそくのうた• 紅蓮華 -TV ver. - [1:29] DVD(期間生産限定盤のみ)• テレビアニメ『鬼滅の刃』non-credit opening- 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• PR TIMES. 2020年4月20日. 2020年4月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年5月6日閲覧。 2020年5月11日. 2020年5月6日閲覧。 Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク 2019年12月16日. 2020年5月6日閲覧。 Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク 2019年5月6日. 2020年5月6日閲覧。 阪神コンテンツリンク. 2020年5月6日閲覧。 ツイート. より 2020年5月23日閲覧。 2019年4月20日閲覧。 鬼滅の刃公式Twitter 2019年3月23日. 2019年4月20日閲覧。 AbemaTIMES 2019年4月23日. 2019年5月8日閲覧。 LiSA Official Web Site 2019年4月29日. 2019年4月29日閲覧。 ,スポーツニッポン,2019年12月15日• リスアニ!WEB 2018年10月17日. 2019年4月23日閲覧。 LiSA公式サイト 2019年4月23日. 2019年4月23日閲覧。 マイナビニュース 2019年5月1日. 2019年5月1日閲覧。 リスアニ!WEB 2019年5月31日. 2019年9月3日閲覧。 ORICON 2019年12月18日. 2019年12月18日閲覧。 Anime Recorder 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 ORICON 2020年1月20日. 2020年1月22日閲覧。 PR TIMES. 2020年4月20日. 2020年4月22日閲覧。 PR TIMES. 2020年6月22日. 2020年7月9日閲覧。 、、2020年5月20日 18時0分。 、Billboard JAPAN、2020年5月16日。 IID, Inc.. 2020年7月8日. 2020年7月9日閲覧。 日本レコード大賞 2020年2月28日. 2020年2月28日閲覧。 外部リンク [ ]• ソニー・ミュージックエンタテインメントによる紹介ページ•

次の

LiSA

紅蓮華 作詞 作曲

概要 [ ] 《紅蓮華》為繼2018年12月的《》後,LiSA的第15張單曲,同時還是電視動畫《》的片頭曲 ,但電視動畫版的歌詞與原版之間有些許的不同。 單曲有三種類型,分別是初回生產限定盤、期間生產限定盤和通常盤。 初回盤包括《紅蓮華》的PV和小冊子,期間限定盤的封套則採用三面設計,並包括迷你海報和《紅蓮華》的PV和無字幕片頭曲影像的DVD。 在2019年3月24日舉行的「 2019」《鬼滅之刃》Special Stage上,向在場動漫愛好者公開使用了《紅蓮華》作音樂的第2彈PV。 排行榜成績 [ ] 《紅蓮華》在2019年4月3日先行配信時曾在38間商店的日榜上取得首位 ,超越了之前《紅色陷阱 who loves it? 在2019年4月22日的數位單曲日榜上,《紅蓮華》以接近2. 4萬的下載數登頂。 而在同年5月6日(4月22日至4月28日)及13日(4月29日至5月5日)公佈的週榜上,《紅蓮華》亦分別以5. 3萬和2. 2萬次的下載排在首位,是Oricon史上首次有動畫歌手連莊數位單曲週榜的第一名。 2019年9月,《紅蓮華》的下載量突破30萬,並獲得認證為「白金」單曲唱片。 2020年3月,《紅蓮華》的下載量突破75萬,並獲得認證為「三白金」單曲唱片。 收錄曲 [ ] 初回生產限定盤與通常盤 [ ] 單曲CD• 紅蓮華 [3:56]• 作詞:LiSA,作曲:草野華餘子,編曲: ( 日語 : )• PROPAGANDA [3:21]• WTF!? 誓願之歌( やくそくのうた) [4:38]• 紅蓮華(--) DVD (初回生產限定盤限定)• 「紅蓮華」(Music Clip) 期間生產限定盤 [ ] 單曲CD• 紅蓮華• PROPAGANDA• 誓願之歌( やくそくのうた)• 紅蓮華 -TV ver. - [1:29] DVD(期間生産限定盤限定)• 《》non-credit opening- 參考資料 [ ]• Animeanime. 2020-04-20 [ 2020-04-20] (日語). [ 2019-09-06] (日語). Billborad. 2019-07-10 [ 2019-09-06] (英語). LiSA OFFICIAL WEBSITE. 2019-04-20 [ 2019-04-20] (日語). うしおととら公式Twitter. 2019-03-23 [ 2019-04-20] (日語). AbemaTIMES. 2019-04-23 [ 2019-05-08] (日語). LiSA Official Web Site. 2019-04-29 [ 2019-04-29] (日語). Anime Eiga. 2019-03-27 [ 2019-09-03] (日語). LiSA公式サイト. 2019-04-23 [ 2019-04-23] (日語). リスアニ!WEB. 2018-10-17 [ 2019-04-23]. (原始內容於2018-10-20) (日語). Oricon Chats. [ 2019-09-05]. (存檔於2019-04-24) (日語). マイナビニュース. 2019-05-01 [ 2019-05-01] (日語). [ ]• リスアニ!WEB. 2019-05-31 [ 2019-09-03]. (原始內容於2019-06-29) (日語). Anime Recorder. 2019-09-24 [ 2019-09-24] (日語). 外部連結 [ ]•

次の

LiSA、新シングル『紅蓮華』収録曲公開 ユニゾン 田淵智也作詞作曲「やくそくのうた」など収録

紅蓮華 作詞 作曲

アニソン業界で注目の作家がいる、草野華余子。 彼女は作家ともう一つ、シンガーソングライターとしての顔もある。 2月25日に配信限定シングルとして「最後のページは開かずに」をリリースした草野華余子は、作家とシンガーソングライターの2つの顔をどう使い分け、どう感じてもらいたいのだろうか? その思いを聞き出すべく、SPICEではインタビューを敢行した。 聞き手は以前草野と同じ事務所「ultraCeep(ウルトラシープ)」に所属していたSPICEアニメ・ゲーム編集長加東岳史。 シンガーソングライターと作詞・作曲家では、どちらが肩書として前になるのでしょうか? シンガーソングライターですね。 どっちも、って言うとあれなんですけど。 私は50:50じゃなくて、シンガーソングライター100、作詞作曲家としても100っていう気持ちでやってるので。 どっち? って言われても、どっちも全力です、っていうのがポリシーです。 自分が音楽を始めたきっかけはシンガーソングライターだし、自分の名前を大きく世の中に広めてくれたのは作家としての自分だし。 この二つが最初は分断されてて苦しかった時期もあったんですけど、「いま私から生まれる音楽はすべて私だ」っていう確証みたいなものが去年得られたので。 5歳ぐらいのときに、妹とぬいぐるみを、それぞれ6体ずつ持ってて、「Mステの階段から下りてくる」っていうの(遊びで)やってたんですよ。 「そうやってるときに、「お姉ちゃん、これ曲が無いと成り立たへん」って言われて。 「何言ってんだこいつ!? 」って思ったんですけど、(合計)12体のぬいぐるみに、1曲ずつ楽曲を提供したんですよ。 妹もすごくバンドが好きだったり、音楽をよく知ってるんですけど、彼女が私の作曲したものを聴いて、「天才だ!」って言ってくれたのが嬉しくて、そこから10年近くずっと妹のためだけに曲を書いてました。 いないですね! だから、(妹が)「いつになったら私に印税のマージン入ってくんの?」って、最近(笑)。 「誰が渡すか!」って言いながら。 でも向いてないわと思って。 ベースライン弾きながら歌うのムズイ、ってなって辞めました(笑)。 その後はギターボーカルで。 時期的にアヴリル・ラヴィーンだったり、椎名林檎さんだったり。 岡北有由さん、天野月子さん、矢野まきさん。 アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、海外も日本も関係なく、いろいろコピーバンドを4年間してました。 就職するかどうかっていう問題になったときに、Limetone Audio エフェクターのブランド の今西勇仁さんと、元ゲームフリークでポケモンシリーズなどの作曲を手がける景山将太さんの二人組のユニットがあったんですよ。 彼らが関西大学の軽音楽部にいて。 楽曲を歌ってくれる人を探していて。 私もそのころ成人式の着物のお金でMTRを買って(笑)。 そう、成人式にも行かずに曲を作り始めたんです(笑)。 で、初めてマルチトラックで曲を作ったものを今西さんに聴かせたんですよ。 そしたら、「カヨちゃんこれ、絶対どっか出しなさい」って言ってくれて。 当時の東芝EMIとか、ソニーミュージックのオーディションに出したりとかしたんです、そうすると一次審査は受かるんですよ。 まあ演奏力も無かったし……。 その時に「この曲書けるんだったら、本当にいろんな人に伝わると思うから、歌っていった方がいい」って先輩に言われたんですよ、それで私、就活を辞めたんです。 スパッと辞めました。 その瞬間ぐらいですかね、私はいつか音楽で飯を食えるんだっていう、無謀な夢というか、確証のような、妄想のような気持ちが芽生えたんです。 自分から何かを決めたりっていうのがすごく苦手なタイプなので、人に求められることが好きなんですよね。 愛されたいって思ってるかもしれない。 でも愛されたいって素直に言えないから、先に愛そうってする、みたいな(笑)。 もちろんです。 もともとLiSAさんは、アニメ『Angel Beats! 』の劇中バンドのボーカリストを担当していたころからすごくファンで。 彼女が、今と比べたら割と小さ目のキャパのところでライブしているときに、自分で 買って観に行ったりしてたんですよ。 私はガチのアニオタだし、コスプレやってたし、同人誌描いてたし(笑)。 いまだにやっぱりコミケも行くし。 だからアニメのコンテンツ自体への理解とかもあると思うんです。 そういうところで共通の知り合いの方が、LiSAさんの当時のディレクターの岡村弦さんに「アニメが好きで良い曲が書ける子がいる」って紹介してくださって。 そこで岡村さんが「ちょっとLiSAに合いそうな曲書いてみてよ」って。 わたしの相当荒削りなデモ音源を聴いて、色々と感じ取ってくださってたみたいで。 そのときに何曲か書いて持って行って、そのうちの一曲がLiSAさんに初めて提供した楽曲「DOCTOR」です。 当時電車がまだよくわかってなくて、ぜんぜん違う場所に出ちゃって、ちょっと遅れてしまったんですよ。 初めてメジャーのお仕事させていただくのに遅れたから、周りの人にすごく怒られて本当に落ち込んでしまって、廊下でずっと下向いてたときに、初対面のLiSAちゃんがバッて来て、背中をポンポンとしながら、「こういうこともあるよね。 いい曲ありがとう」って言ってくれたから、私、その瞬間、「この人のために死ぬまでいい曲を書き続けよう」と思ったんですね。 それが2012年。 ずっと音楽に真正面から向き合うのがすごく怖かったけど、LiSAちゃんに曲を書かせてもらえるかもしれないって思ったときに作った「DOCTOR」っていう曲は、「助けてお医者さん!」みたいな感じのテーマなんですけど、私誰かに助けて欲しいと思いながらあのメロディを書いていたんですよ。 LiSAちゃんに出会って、音楽の楽しさとかを思い出させてもらった。 本当に彼女に出会ってなかったら辞めてたんで。 辞めようって思ってました、本当に。 ライヴ活動も完全に休止しているタイミングで。 それを見かねた、奈良のMORGっていう有名なスタジオの、門垣(良則)さんっていうエンジニアさんが「お前は音楽やっていくべきやから!」って言ってくれたんですね。 その人も私のキーマンになってます。 「運命力」って最近言ってるんですけど、私すごい「運命力」強いんですよ。 LiSAちゃんだけじゃなくて、ichigoさんや岸田さん(共に岸田教団&THE明星ロケッツ)、分島(花音)と出会ったときも感じたんですけど。 つながってる人たちは、出会った瞬間から何かがある。 甘え下手なんですけど、助けてくれる人がいるというか。 中学、高校ぐらいでいじめられてたからですかね、けっこう人の顔色伺ったりとか。 あと、「相手が求める自分」にならないと必要とされないんじゃないかなって思ってしまうところがあって。 カヨコって名前で活動してたときは、弱い自分じゃなくて、もう一人の関西の肝っ玉姉ちゃんみたいな感じ。 みんなが「カヨコ姉さん」って言ってくれるキャラ像を作っておくと、いじめられない、嫌われないで済むって思ってたんですよ。 だけど、そのカヨコと普段の私が一個になり始めて。 そうですね、ありがたいです。 一昨年から去年くらい、悩んだんです。 それで一旦ライヴ活動を止めたのもあるんですよ、やっぱり混乱してたんですよね。 でも、以前所属していたultraCeepのプロデューサーに「なりたいものとなれるものは違う時もあるんだよ。 才能あるシンガーソングライターがいるとするよね。 その人が歌だけで頑張っていくのと、楽曲を提供できるレベルでメロディが良くて作家をやって、てっぺんの旗を取ってから本人が歌うっていうのは、どう違うの?」って言われたことがあったんです。 なるほどな!と思ったんですよね。 じゃあ今何がやりたいかって思ったときに、作曲がしたいと思ったんです。 去年1年間本当にそれを突き詰めて、いつでも最高の曲が出せるように書き貯めたんです。 その時に、ライヴから最高の刺激もらってるのに、ライヴやらないのは駄目だなとも思えた。 アリーナクラスの会場で、自分の曲で盛り上がる人たちを散々何回も見てきて、感動して鳥肌が立って泣いたりする。 それと同時にライヴをして、自分が目の前の200~300人のために歌うのも感動する。 でもこれって、どっちも最高の感動で、種類が違うって気づいたんです。 私が持っていけない場所まで楽曲を持って行ってもらっているという感動と、自分がやって、やっと届けられた200~300人への1曲っていうのって、また違う感動。 私もやっぱり商業音楽をする上で、一人でも多くの人に聴いてもらうというポリシーで作詞作曲に当たっているんですけど、その傍ら、自分が本当に作りたいものとか、気持ちいいと思うものを出し続けないと、自分が枯渇するって思ったんです。 作り続けることが私のインプットだっていうことにやっと気づけたんですね。 どっちも全力でやってないとだめになる。 そこに対してシンガー草野華余子はジェラシーみたいなものはまったく無い? ぜんぜん嫉妬しない。 だって、私より凄いと思ってるから。 ……いや全くそういう時期はなかったと言ったら嘘だけど、30過ぎてからすごくフラットになりましたね。 アーティスト草野華余子を見たときに、プロデューサーの目線の自分もいるから、「お前の実力だとこんなもんだよ」って、もうわかってるんですね。 諦めじゃないんですよ、受け入れてしまう。 それを言われて「悔しい」と思う気持ちはもちろんあるけど、それをどうやったら良くなるだろうって作家・プロデューサー脳の私と、シンガーの私が今相談してくれてる。 だからぜんぜん健康的なんですよね。 すると思う。 私はもう20代はずっと止まってました。 立ち止まって悔しくて、見たくない人のTwitterミュートしたりとか、ホームページを更新できなくなったりとか。 ライヴで10人しか呼べなかったって言って泣いたりとか、ずっとしてたけど。 ultraCeepの会議室で、「お前はじゃあ、何がやりたいの? 何になりたいの?」って言われたときに、「こうなりたいです」って言ったときに、「そんなにちっちゃい夢、一緒に追いかけられない」って言われたんですよ。 それこそ1000キャパを埋めたいとか、アニメのタイアップを歌いたいとかっていう夢を語ったんですけど。 「そうじゃなくて、どうなりたいのっていうところとかって、ハッキリしないんだったら、お前もう、シンガーソングライター趣味でやれば」って言われたんですよ。 で、「ツラーーーい!」って思って(笑)。 「じゃあ今お前は、何で社会に求められて、何を生業としているの?」って言われたときに、「私は作家が仕事なのに、変なプライドとか凝り固まった考え方や、悔しいっていう感情だけで自分の活動範囲を狭めているわ」と気づいて。 あ、わかった、私、ライフワークをシンガーソングライターにしようと思ったんです。 自然とあるもの、朝起きて歯を磨くように、私はシンガーソングライターです、仕事じゃありませんが、そこはすべてライフワーク、自分の一部ですって考え方に変えたんです。 で、お仕事は作家です。 でもそれもめっちゃ楽しんで全力でやります!って切り替えた瞬間に、私はライフワークとして1000人~2000人集められるシンガーソングライターを目指そう。 作家としては日本一の作家になろう、って決めたんです。 やっぱり今皆さんが訊きたいのは「紅蓮華」の話だと思うんですよ。 どうしたって(笑)。 そうですね、ありがたいですね。 その曲に、自分の名前の漢字一文字(華)が入っているのもすごく嬉しかったし、「紅」って入ってるから紅白決まるんじゃないかな、って4月の段階で思ってて(笑)。 決まったときにどこか「あ、やっぱり」って! 去年のLiSAちゃんの頑張りだったり、『鬼滅の刃』という作品の人気だったり素晴らしさだったりで、「あ、これLiSAちゃんが出ない紅白はイメージできないな」って思ってました。 アニメが素晴らしいし、原作も最高だし。 主題歌もめちゃくちゃ頑張ってみんなで作って、1ミリもスキを突く場所が無かったんですよ。 何か、血が滲んだ曲だなと思ったんですよ……。 よくわかってくれてる(笑)。 本当に、めっちゃ苦しみながら書きましたね。 何回も書き直した部分とかもあったし、編曲の堀江晶太君と、シンガロングの部分とか、彼がかなりアドバイスしてくれて。 シンガロングの元ネタは晶太君が作ってくれたんですけど。 私とチームの人がすごく魂込めた一曲なんです。 テーマが「固い意志」だから、ガンとしたもの作ろうっていう思いが凄くあった。 パッと聴いた印象として「ADAMAS」は滅茶苦茶強いアニソンなんですよ。 でも「紅蓮華」は歌謡曲だなと思ったんです。 そう思えたから、街中で流れて違和感が無いんだなと。 そう、そうだと思う。 本来、LiSAちゃんも私も好きだったものを作ろうっていう感じでした。 私はアニソンも大好きだし、LiSAちゃんもアニソンのこと本当に勉強してて、それで最高の状態までアニメにリスペクトを持って作ろうってしたのが「ADAMAS」だったんです。 で、純粋にLiSAを代表する曲として、アニメの映像や絵があろうがなかろうが、素晴らしいなと思える曲を作ろうっていう。 割とそこは根っこにありますね。 『鬼滅の刃』が紹介されるときはほぼバックに流れてるじゃないですか。 でも例えば朝のワイドショーとかで「ADAMAS」が流れたら、僕は若干違和感を感じたかもしれない。 アニソンがめっちゃ流れてるな、と思ってしまう。 今回の「紅蓮華」は、私の要素を薄めて、ポップスの方向に皆で私をいざなってくれたと言うか。 元々はこれ、オケもサイズも決まってたんですよ。 だからLiSAチームの皆さんが、「こういう楽曲が欲しいね、メロディを華余子にお願いしよう」っていう形で作ったものだったので。 いつもより草野華余子の濃度は薄いかもしれない。 頑張らないときも聴けるし、頑張りたいときも聴ける、朝でも夜でも聴けると思いました。 「ADAMAS」は多分、本当に頑張りたいときに聴きたい曲だと思うんです。 私が楽曲提供するものって多分、そういうニュアンスが多くて(笑)。 草野華余子が歌う楽曲に関しては、逆なんですよね。 私の曲は、隣に座って肩叩きながら、「辛いよな、辛いこともあるよな。 わかる、私もそういうのある」っていう共感性の強さが私の曲の持ち味だと思っていて。 でも楽曲提供するときは作品やアーティストにリスペクトを持って作るから、その人の強さとかが出てくる。 行く、と言うか、可能性を包括した楽曲ではあるなとは思ってました。 そうですね。 根拠あるようで無いような「運命力」ですね。 ピアノ&ストリングスアレンジメントのうたたね歌菜ちゃんは、Tom-H ck(トム-ハック)さんのTaWaRaの事務所の素晴らしいソングライターなんですけど。 特にクラシックで私とフィーリングが合うんです。 このチームって、岸田教団の『天鏡のアルデラミン』のMVと共に爆発したultraCeepの欠片集めてますからね、私(爆笑)。 こう来たか、と。 この曲、大阪のワンマン、1月24日の前々日ぐらいに歌詞が上がったんですよ。 最初、最後のサビの歌詞が「巡り巡る奇跡であなたに出逢えたから 伝えたい言葉はそう ありがとう」だったんですよ。 それを大阪と名古屋で歌ったときに「何で私、ありがとうって思えてもいないのに、ありがとうって歌ってるんだろう。 ありがとうって、曲終わらせたいだけじゃん。 納得したって思い込みたいだけじゃん」と思って。 「そっか、私は、このストーリーを最後まで読めないことをまだ許せてなかったんだ」って思ったんです。 だけど次に歩き出そうって思うとき何しなきゃいけないかって言うと、相手にさよなら告げるんじゃなくて、私が物語自体にさよならを告げなきゃいけないんだなって。 だから「あなたを失って初めて気づいた、この何気ない日々が奇跡だったっていうことに気付かされた。 それだけでもいいじゃん。 その大事な本を胸に仕舞って、歩き出そう。 最後のページはもう開かないよ。 今さよならを告げよう」になったんです。 ライヴの中でお客さんの反応とか見たり、自分で歌っているときの自分の感情の揺れとかを見ながら歌詞を直せたんです。 岸田さんのミックスがね(笑)。 これは、私のJ-POPっぽさと、シンガーとしてのロックさの、ちょうど融合。 クロスフェードするポイントなんですよ。 それをうたたねちゃんと私のメロディや、歌詞は割と女性的でJ-POPだけど、晶太君とみっちゃんのドラム、岸田さんのミックスのロック感がうまく混ざり合ったものになったっていう。 たぶん「ADAMAS」以前と、「紅蓮華」以降でめっちゃ変わってますね。 東京に来て6年経ってから、感じることとか、書きたいものが変わってきたのかも。 ここにいることの大事さや、自然体の自分みたいなことを書いてる印象があって。 それを見せるのはけっこう勇気がいると思うんですよね。 停滞と言うよりは立ち止まってても、後ろ向いてても、無理矢理ガツガツしてても、時間は同じ速度で流れるから。 受け入れている曲、ですかね。 そうかも(笑)。 でも変わりたくて変わったもの、変わりたくないのに変わってしまったものとかぜんぶ差し引いたときに最後に残るのって、自分の本質だから。 それを許せないって思わずに、ちゃんと受け止めて、許容して、容認して進んでいくしかないんですよね。 でもいろんなことがあって、着ていた鎧を一枚ずつはがして残ったのがこれって感じですね。 去年は1年間でそれをはがす作業と言うか。 髪の毛切ったのとかもそうだったかも。 何か男らしい言葉で、髪の毛長くて、ワンピースやドレスを着て歌ってたけど、去年、髪の毛切ってスーツで歌うようになって、「僕」とか「俺」って言わなくなったんです。 いろんな人に出逢う中で摩擦が起きて、転がる石のように丸くなってきて、最後に残ったものが、このクラシカルな感性だったんだなと思います。 タイトルが、『愛されたかったあの日の僕らへ』っていう……また何か、非常に重たいものを感じるタイトルですが、何でこのタイトルに? 本当は、私は「愛したい」ってずっと歌ってきてたような錯覚があったんですけど。 何で私はこんなに人のことを愛すんだろうと思ったら、結局、愛されたかっただけなんだということに気付いて、それを受け入れられたんですよ。 だから今回、ライヴのテーマも、7月に出す初めてのCDのテーマも「受け入れる」ですね。 「君の為に歌うよ」とか、「君の未来を照らすよ」って、逆説的に、押し付けなんですよ。 黙って傍にいるんじゃなくて、お節介なんですよね。 何かやってあげるよ、これしてあげるよっていう。 そうじゃなくて、ただそこにいてくれたらいいよ、私はこれがやりたいからこれをするよ、っていう淡々としたフラットな感情が出てきた感じかな。 今回のこの草野華余子のライヴで言うと、どんなセトリなんだろう、何歌うんだろう?より、どういう空間にどういう音が鳴るのかっていうのが気になるというか。 どう転んでも、その日に一番合っているものとか、自分やみんながその瞬間必要としているものが出せるんじゃないかなって思ってますね。 このライブは、私は、作家の草野華余子を、シンガーの草野華余子が超えなきゃいけないスタートラインなんです。 その場の空気だったり、そのときに発する自分のニュアンスだったりにすごく神経を注ぐライヴになると思います。 もちろんです。 でも知ってもらうためにキャッチーなものを書くとか、やりたくないことをするっていうのは1ミリも無くて。 しなきゃいけないものをシンプルに、その時、その瞬間を捉えてやっていく、っていう感覚ですね。 わはは!(笑) この数年で色々あったし、考えたから(笑)。 まあ、長い人生、いつまで命があるかわからない中で、私に触れてくださったからには、何か心に一滴、波紋を与えるような楽曲を書いていきたいなと思っています。 それはシンガーソングライターとしてでも、作家としてでも、どの部分を切り取って好きになっていただいても、もうそれが私の一部だから、出会ってくれてありがたいな、っていうことを伝えたいですね。 後期 彼女と出会ってそれなりの年月が経ったが、出会ったときの草野華余子はもっと尖った女性だった。 陽気で豪快で、それでいて傷つきやすかったカヨコは名曲をたくさん産み、それに伴ってしなやかな女性に進化した。 生み出した音楽によって自分を見つめ直し、それが自らの歌としてまた音楽になる。 まるでPAミキサーのように環境を取り入れ、発信していく彼女から生まれる音楽は、また僕たちの心を掴む。 SPICEアニメ・ゲームジャンル編集長 加東岳史 インタビュー・文:加東岳史 撮影:荒川潤 SPICE編集部• twitter:• 株式会社ウルトラシープ所属のクリエイターとして 文筆業なども行っております。 元々アニメやゲームのサブカルチャーが好きでしたが、それ以上にエンターテイメントが大好きということに気がついてしまいました。 アニソンRemixを中心としたオールジャンルのDJもしていたり、色々なエンタメに貪欲に首を突っ込んでいます。 『面白いものを自分が体験したように感じられる記事』を書けるように日々精進。 多忙な中にも楽しみを忘れないように生きております。 その他の画像.

次の