ビット コイン 使える 店。 仮想通貨が使える国はどこ?日本で使えるお店もコインの種類ごとに紹介

ビットコインが使えるお店を徹底調査!ビットコイン決済対応店舗は?

ビット コイン 使える 店

ビットコインで支払いができる店一覧 ビットコインで支払いができる店を一挙ご紹介します。 ビットコインで支払いができる店は全国で1万店舗以上存在します。 ここでは代表してビットコインで支払いができる大手チェーン店やネットショップを紹介します。 Coin Map では全世界のビットコイン決済に対応している店舗やビットコイン決済ATMの場所の位置情報を得ることが出来ます。 海外旅行の際に使用してみることもおすすめです。 ビットコインで支払いができるチェーン店 【ビックカメラ】 ビックカメラは2017年4月に有楽町店や新宿東口店など一部店舗でビットコイン決済を開始し、同年7月には全店舗でビットコイン決済に対応、10月にはネット通販でも対応するようになりました。 支払い額が高額になりがちな家電をビットコインで購入することが出来るのはお得といえるでしょう。 当初は10万円まで使用可能でしたが現在では 30万円まで決済を行うことが出来ます。 【コジマ】 【ソフマップ】 ビックカメラのグループ子会社である コジマやソフマップの一部店舗もビットコイン決済に対応しています。 【HIS】 HISもビットコイン決済に対応しています。 HISは 都内9拠点28店舗でビットコイン決済を導入しています。 ビットコインで支払いができるネットショップ・サービス 【DMM. com】 DMM. comは2016年2月、サイト内のポイント購入にビットコインが使用できるサービスを導入しました。 システムがCoincheck Payment systemを使用していたため、2018年1月ごろにサービスを停止していましたが現在はBitCashというシステムを使用してポイントの購入を行うことが出来ます。 【Purse. io】 Purse. ioは「Amazonでモノを購入したい人」と「ビットコインが欲しい人」をマッチングさせるサービスです。 Purse. ioを使用してビットコインでアマゾンの商品を安く購入することができます。 Purse. ioでは現在ビットコインキャッシュの対応もしているようです。 【CAMPFIRE】 CAMPFIREは大手クラウドファンディングサービスの1つです。 支援をする際にビットコインでの支払いが選択できます。 他にもカフェやバー、エステサロン数多くの様々な業種の店舗がビットコイン決済に対応しています。 将来的にビットコイン支払いに対応する予定の店・サービス 【メルカリ】 フリーマーケットサービスアプリであるメルカリもビットコイン決済を導入することが明らかになっています。 メルカリの子会社である「merpay」は金融庁の仮想通貨交換業者の登録に申請し、ビットコイン等仮想通貨決済にも参入するとしています。 今後のサービスの展開や発表に注目しましょう。 【LINE】 Bloombergの2018年1月の報道によると、LINEが自社サービスの「LINEPay」の決済にビットコインなどの仮想通貨を導入することを検討しているそうです。 LINE PayはLINEが提供する送金・決済サービスでLINEの加盟店で買い物をすることや友人間で送金を行うことが出来ます。 LINE Payがビットコイン決済に参入することで若者にビットコイン決済が浸透することが期待されます。 【ピーチ】 格安航空会社、Peach aviationでもBIT Pointと提携してビットコイン決済を導入することが発表されています。 しかし2017年秋に開始予定であったサービスは2018年8月現在もまだ開始していないようです。 一時期ハッキング被害等が懸念されて白紙になったとの噂もありましたが、Peachの公式によると、白紙ではなくサービス開始を延期しているとのことです。 【ぐるなび】 2018年1月にbitFlyerがぐるなびの決済サービスである 「ぐるなびPay」にビットコイン決済サービスを提供することが公式発表されました。 公式によると10店舗に試験導入し、2018年の春をめどにサービスを開始するとのことです。 2018年8月現在ではいまだサービスは開始されていないようですが将来的には開始することが予測されます。 ビットコインでどうやって支払うの? 日本でビットコイン支払いを行うとき ビットコインの支払いは基本的に携帯アプリのQRコード又はアドレスを使用して行われます。 詳しくはという記事に手順を書いてありますので参考にしてください。 海外でビットコイン支払いを行うとき 海外でビットコイン支払いを行うときも日本と同様にQRコード又はアドレスを利用することで支払いを行うことが出来ます。 海外の店舗も数多くの店舗がビットコイン決済に対応しています。 Coin Mapで適宜チェックしてみると良いでしょう。 ビットコインの支払いで注意するべきことは? ビットコイン支払い時の価格変動に注意 ビットコインを通貨として使用することが難しいといわれている理由の1つにビットコインの価格変動が非常に大きいということがあります。 ビットコインを日本円に換金するタイミングによって損益が出ることと同じように、商品を買うときもタイミング次第で結果的に損益がでるのです。 ビットコインの支払い手数料ってどうなっているの? ビットコインの支払い機能によります。 通常ビットコインの送金を行う際は手数料を払わなくてはなりません。 そしてその手数料は時価で決定し、時には高額になってしまうこともあります。 しかし、例えばbitFlyer 決済のシステムを使用する場合、手数料は無料となります。 ビットコインの決済完了までの時間は? ビットコインはブロックチェーンのシステム上、ブロックが生成されるまでに10分以上かかるという性質を持っています。 しかし、例えば仮想通貨取引所が提供する決済サービスの場合、支払いのフローはシステムが請け負うので10分も待たずに数秒で決済が完了します。 ビットコインの支払いのキャンセルってできる? キャンセルはもちろん可能です。 しかしブロックチェーンの性質上、書き換えることはできないため、店舗で支払った場合は現金で返金される場合がほとんどのようです。 bitFlyerの決済システムを利用しているビックカメラの場合、決済がキャンセルされた場合は銀行口座への現金振り込みで対応しているようです。 支払う側(客側)の都合で払い戻しを行う場合は銀行振り込み手数料を負担しなくてはならないので気を付けましょう。 ビットコインの支払いでは課税されない? 結論から言うと、ビットコインで商品を購入した時に課税されることがあります。 国税庁によると「 保有する仮想通貨を商品購入の際の決済に使用した場合、その使用時点での商品価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額」となります。 これはどういうことかというと、「 ビットコインを手に入れた時より、商品をビットコインで購入した時のビットコインの時価の方が高ければ、その商品に対して課税される」ということです。 仮想通貨の税金に関する詳しい計算方法は以下の記事をご覧ください。 これからの流れ?ビットコインが使えるデビットカードもおすすめ ビットコイン決済に対応している店舗数多く存在していますが、対応していなくてもやはりビットコインで支払いたいこともありますよね。 そんなときはビットコインをチャージして使用するデビットカードをおすすめします。 VISAやMasterと提携しているデビットカードであれば、加盟店でビットコインを使用することが出来ます。 bitFlyerが提供するbitFlyer VISAプリペイドカードやZaifと提携しているマネパカードがおすすめですが、チャージ額等に制約があるため、気を付けましょう。 ビットコインの支払いについてまとめ ビットコインはビックカメラや通販等様々な場所で支払いとして使用することが出来ます。 携帯のアプリが使用できる上、気軽に支払いができるので使用してはいかがでしょうか。

次の

ビットコインが使える店舗はどこ?決済導入が続々と増えている理由は決済手数料の安さ!

ビット コイン 使える 店

日本は世界に比べると、ビットコインで支払いができるお店が少ないと言われていますが、それでも着実に増えてきています。 今回の記事では、ビットコイン支払いができる有名店をまとめてみましたので見ていきましょう。 ビットコインで支払える家電量販店 日本で、ビットコイン支払い制度をいち早く導入したお店の一つに家電量販店があります。 ビックカメラ ビックカメラは、ビットコインバブルが起こった2017年にいち早くビットコインの支払いを導入したお店です。 店頭支払いできるだけではなく、 オンラインストア「ビックカメラ. Com」でもビットコインで支払いできるのが注目ポイントです。 コジマ電気 ビックカメラに負けず劣らずの人気を誇るコジマ電気も、ビットコイン支払いを導入しています。 ビットコインで家電を購入する際は、ビックカメラとコジマ電気を両方チェックしてみましょう。 ビットコインで支払えるエンタメショップ 音楽、動画、雑誌などのエンタメ関係の支払いでもビットコインが使えるショップが増えています。 DMM. Com 音楽、ドラマ、映画、雑誌、アダルトなどさまざまなエンタメを発信しているDMM. Comもビットコイン支払いに対応しています。 DMM. Comは、DMMビットコインという仮想通貨取引所も運営しているため、当然なのかもしれませんね。 ソフマップ アイドルのDVDや写真集の販売に力を入れているソフマップは、以下の5店舗で対応しています。 ・サブカル・モバイル館 ・パソコン総合館 ・MacCollection ・アミューズメント館 ・中古デジタル館買取センター ビットコインで支払える日常ショップ 日常で利用するショップでも、ビットコイン支払いができるお店が増えています。 メガネスーパー 眼鏡やコンタクトレンズを利用する人たちから愛されているメガネスーパーも、ビットコイン支払いを導入しています。 2017年から導入しているので、日本のショップの中でもかなり早いですね。 メガネスーパーは全国におよそ300店舗ありますが、全店舗でビットコインで支払いできます。 S 旅行代理店のH. Sもビットコイン支払いを導入しているお店のひとつです。 全店舗導入ではなく、都内33店でしか利用できないのは残念なところですが、今後全国展開が期待されています。 Liberal Liberalは、全国に20店舗以上展開している輸入中古車販売店です。 質の良い外国産自動車を購入できるため、ハイブランド志向のドライバーから愛されています。 ビットコイン支払いは、全ての店舗で可能です。 ただ、輸入中古車をビットコインで支払うには相当額を持っていないとできないので、利用者は限られるかもしれませんね。 「coinmap」をチェックしてビットコイン支払いできるお店を探そう 前述したお店はごく一部であり、 ビットコイン支払いできるお店は現在進行形で増えています。 ビットコイン支払いできるお店を調べるのに、便利なサイトが「coinmap」。 「coinmap」は、2013年にオープンしたサイトです。 ビットコイン支払いできる店舗をまとめています。 日本だけではなく海外のショップを調べる事も可能なので、海外旅行に行く際に活用しても便利です。 マップ上にビットコイン支払いできるお店が表示されるので把握しやすいのも魅力です。

次の

ビットコインキャッシュが使える店舗7つ

ビット コイン 使える 店

ショッピングにもサービスにも使えます 新しいものが好き、IT関連ニュースを集めている、新たな投資先を探している、外国人の友人と遊ぶことが多い…そんな人は、ビットコインの購入を検討したことがあるかもしれません。 ビットコインを使えるお店はどんどん増えています。 食事、美容、勉強、法律相談まで!具体的な利用方法を紹介します。 六本木に行ったことのある人は、外国人の多さに「ここは本当に日本か?」と言いたくなるかもしれません。 外国人旅行客にとって、両替手数料が発生せず、使いきれない現地通貨の処分に困るということもないビットコインは、人気の決済方法。 なにより慣れない貨幣や通貨を使わずに済み、簡単です。 この国際的な街で利用されるようになったのは自然な流れと言えます。 この店でビットコインを使えるのは、飲食代金の支払いだけではありません。 日本では希少なATM「ロボコイン」も置いてあります。 日本円でビットコインを購入することができ、持っているビットコインを円に換えることもできます。 この店にはステージがあり、しばしばイベントが行われています。 その中で、ショーダンサーへのチップをビットコインで払う、ということもやっていました。 ダンサーが身に着けているタグの2次元バーコードを読み取り、送金ができる仕組みです。 日本料理も負けていません。 東京銀座にある、「回転寿司酒場 銀座沼津港」でも、これに近い取り組みをしています。 ビットコインで飲食代を払えるのはもちろん、板前さんにチップをあげることができます。 チップをもらった板前さんはビットコインで買い物をするのでしょうか?あるいはお店に設置してあるATMで日本円に換えているかもしれません。 法律、語学、医療まで ビットコイン決済を導入する飲食店は多いですが、他にも様々な業種で使うことができます。 東京原宿にあるレンタル着物屋、「さかえや呉服店」。 ホームページでは、英語でビットコインのアイコンをクリックするだけで簡単に支払いができる旨が書かれています。 また、同事務所のホームページでは、ビットコインのさらなる普及が予想されること、そのことで利便性が増すことについても言及されています。 東京青山にあるブラジリアン柔術道場、「CARPE DIEM BRAZILIAN JIU-JITSU」では、早くから会費をビットコインで決済できるようにしていました。 生徒からすすめられてやってみたところ、相場の急騰で円換算が百倍になっていたとか。 これらのお店は、外国人をターゲットにしたものが多い印象です。 国境を問わないビットコインの簡便さに注目したものでしょう。 ですが、特にそういったことを意識していなさそうな、「普通の」お店も数多く取り入れています。 ・東京、沖縄のネイルサロン「nail ao. これだけ多様な場所・業種でビットコイン決済が導入されていることをみると、ビットコイン導入には垣根がないといえます。 どこでもすぐにでも導入される可能性があります。 行きつけのラーメン屋にいったら、ビットコイン決済始めましたと言われるかもしれません。 coin-portal. コインマップに比べると掲載数が少ないですが、日本語表記なのが使いやすいです。 外出先でビットコイン決済が必要になったら、使ってみるといいでしょう。 クレジットカードは手数料が数%かかり、導入あたっては決済代行会社との契約、機器の設置などやらなければならないことが多いです。 その点、ビットコインはウォレットを作成し、2次元バーコードを客に見せるだけ。 手間も手数料もほとんどかかりません。 ビットコイン決済の普及がクレジットカードを凌ぐのも、そう遠くないかもしれないですね。 このような便利なものを、多くのお店は放っておかないでしょう。 もちろん、お店が導入する多くの理由は、顧客の利便性を考慮してのこと。 外国人旅行客のほか、財布を持ち歩きたくないという人や、もらったビットコインを使いたいという人にとって、選択肢が増えるのは喜ばしいことです。 こういった人への対応として、さらに普及が加速していくでしょう。 ビットコインを利用できるのは、こういった店舗だけではありません。 大手クレジットカードを利用できるところなら、インターネットであるか実際の店舗であるかを問わず、ビットコインによる支払いができます。 それを可能にするのがビットコインデビットカードです。 最も有名なのはイギリスのWirexで、日本を含む世界130ヶ国で展開しています。 Wirexでビットコインを購入し、同社から届くデビットカードに補充。 カードはVISAかマスターカードを選択します。 これらが利用できるところなら、どこでも使うことができます。 利用する瞬間にその時のレートで円やドルで換算されて、カードに補充したビットコインから出金されます。 コンビニのATMで日本円として引き出すこともできます。 カードが銀行口座の代わりを果たすといっても過言ではありません。

次の