お 目通し いただけれ ば。 「お目通し」の意味と使い方・例文・敬語表現・ビジネスメール

「お目通し」の意味と使い方・例文・敬語表現・ビジネスメール

お 目通し いただけれ ば

「お目通し」の意味とは? 「お目通し」は「おめとおし」と読む まず初めに、「お目通し」の読み方を確認しておきましょう。 「お目通し」は「おめとおし」と読みます。 これは漢字をそのまま素直に読めばいいだけなので、特に問題ないかと思われます。 「お目通し」の意味は「一通り見る」 「お目通し」とは「目を通すこと」、つまり道の初めから終わりまでをざっと見ることが語義となっています。 また、「お」がついて丁寧語になっていることからも、目上に人に対して物事を一通り見てもらうことを意味し、ビジネスの場面などではよく用いられる表現となります。 「お目通し」は書き言葉で使うことが多い 「お目通し」はやや堅苦しい響きのする言葉であるため、日常会話よりも書き言葉で用いられることの方が多いです。 特に、上司や取引先の相手など目上の人に対してメールやビジネス文書を送る時によく使われる言葉なのでこの点を押さえておくと良いでしょう。 「お目通し」の正しい使い方は? 「お目通しいただく」の形で使う 「お目通し」は相手に何かを見てもらったり、確認してもらうときに用いる言葉であり、「~してもらう」という意味の「いただく」と併せて使うことで正しい敬語表現になります。 「~についてお目通しいただきたく存じます」• 「~をお目通しいただくようお願い申し上げます」• 「~はもうお目通しいただけましたでしょうか」 上記のような形で使い、相手が貴重な時間を割いて、目を通してくれることに対する敬意を表す言葉となります。 「お目通ししなさい」は誤り 「お目通し」は目上の人などに対して用いる敬語表現です。 このため、同僚や友人、部下などに対して命令調で「お目通ししなさい」「きちんとお目通ししておくように」などと表現するのは誤った使い方になりますので注意してください。 このような場合は「目を通しておいてください」などのように「お」を付けずに表現するようにしましょう。 「お目通し」を使った例文 「お目通し」を使った基本的な例文は以下のようになります。 ぜひビジネスの場面などで役立ててください。 議事録の準備ができましたので、お目通しいただけますでしょうか。 案内状を作成しましたので、お目通しのほど宜しくお願いいたします。 営業部からの報告書についてお目通し願います。 「お目通し」の類語は? 「お見通し」の類語は「ご一読」 「お見通し」の類義語として「ご一読」があります。 使い方は簡単で、「~についてご一読ください」などのように表現します。 さらに丁寧な表現は「ご高覧」 またさらに丁寧な表現としては、「ご高覧」という言い方もあります。 使い方としては、「~ついてご高覧賜りますようお願い申し上げます」などとなります。 カジュアルな言い方は「ご確認」 もう少し日常的な言葉で言い換えたい場合は単純に「ご確認」を用いて、「~についてご確認ください」などとすることもできます。 「お目通し」と似た注意すべき言葉 「お目通り」は目上の人に会うこと 「お目通り」は「お目通し」と一字違いで大変良く似ていますが意味は大きく異なります。 「お目通り」とは貴人に会うことを意味し、「取引先の社長にお目通りがかなう」「大臣にお目通りする」などのように用いる言葉なので、「お目通し」と混同しないように注意してください。 「お見通し」は相手の心を見抜いていること 「お目通し」を「お見通し」と誤って表記してしまう方がときどきいますが、「お見通し」は相手の心のうちをすべて見抜いていることを意味し、やや上から目線で用いる言葉です。 誤って「お見通しください」などと表記すると失礼に当たる場合もあるので十分に注意してください。 「お目通し」の英語表現 「目を通す」の意味の「look through」を使う 「目を通す」の一般的な英語表現はlook throughになります。 このため、例えば、「この資料にお目通しください」は「Please look through this material. 」と表現することができます。 「目を通す」と「look through」であれば、日本語と英語でかなり表現が似通っているので、すんなりと頭に入って来ることと思います。 まとめ 「お目通し」はそれほど難しい表現ではないため、一度正しい使い方を覚えてしまえば後は問題なく用いることができるでしょう。 ただ「見ておいてください」と言うよりも、「お目通しください」と言う方が丁寧で格調高い表現になり、教養ある社会人にふさわしい物言いになります。 この機会に「お目通し」の使い方をしっかりと頭に入れ、ビジネスの現場で役立ててもらえると幸いです。

次の

「ご一読」の意味と使い方は?類語や英語表現も紹介

お 目通し いただけれ ば

「お目通し」の読み方と意味 「お目通し」の読み方は「おめとおし」 「お目通し」は <おめとおし>と読みます。 「目通し」の意味は「全体的に目を通すこと」 「目通し」の意味は 「はじめから終わりまで全体的に目を通すこと」です。 「目」と「通る」という漢字から「目が通る」という意味であることはわかりやすいと思いますが、この「目が通る」とは、「はじまりから終わりまで目が通る」ということを指しています。 じっくりと時間をかけて読むというよりは、 短時間で「ざっと見る」というイメージです。 何か じっくりと熟読する場合には適さないので注意しましょう。 「お目通し」は、尊敬を表す接頭語「お」+「目通し」 「お目通し」は、上記で説明した「目通し」に尊敬を表す接続語の「お」をつけた敬語です。 「目通し」に「お」をつけて尊敬を表すことで、目上の人や、ビジネスシーンで使えるようになります。 「お目通し」の使い方と例文 「お目通し」は、敬語であり、堅苦しい言葉なので日常生活ではあまり使用することはないかもしれません。 なにか、会議の前に見てほしい資料を前もってわたした時や、書類の確認など、目上の人に何かさっとでも見てほしいものがあるときなど、 目上の人に対してや ビジネスシーンで使用することがほとんどです。 対面だけではなく、メールなどでも使用することがでる敬語です。 使い方としては、「目通し」に「お」をつけて丁寧語になっていますが、なにか目を通してほしいときは、 「~してもらう」の謙譲語である「~いただく」をつけて、相手に敬意を表す敬語にして使用することがほとんどです。 「いただく」「ください」「お願いします」といった言葉と一緒に使用するということを頭に入れておくとよいでしょう。 「お目通し」の言い回しや、使用例は下記の例文を参考にしてください。 お目通しありがとうございます 「お目通しありがとうございます」は、上司などの目上の人に書類や資料などに目を通してもらった時にお礼を伝える表現です。 「お目通し」に謙譲語である「いただく」をつけることで、より相手を敬い、お礼を伝える丁寧な敬語になります。 誰かに何かを見てもらった時に、忙しい中時間を割いて目を通してくれたという、相手に対する敬いを表現しています。 ・お忙しい中、お目通しありがとうございます。 ・会議資料にお目通しありがとうがとうございました。 ・過去の資料にまでお目通しいただきありがとうございます。 お目通しいただく 「お目通しいただく」は、「お目通し」に「してもらう」の敬語を使用した表現です。 目上の人などに目を通してもらうときに使う言葉が「お目通し」なので、「お目通しいただく」はもっとも使う表現だといっていいでしょう。 「お目通しいただけますか?」といったような言い回しがあります。 ・先日郵送した資料はお目通しいただけましたでしょうか? ・質問事項をまとめたのでお目通しいただきますようお願い申し上げます。 ・保護者の皆様にもお目通しいただきたく存じます。 お目通しいただければ幸いです 「お目通しいただければ幸いです」は、なにか目を通してもらいたいものがある時に、 お願いする場面で使用します。 お願いする場面で使用する言葉として「お願い申し上げます」などが、ありますが、それよりも丁寧、かつ柔らかい表現が「幸いです」という言葉です。 「幸いです」には、「お願い致します」ほどの強い意味がなく、 「できればでかまいません」・「してくれたら嬉しいけれど、してくれなくてもいい」というニュアンスになります。 明日までに必ず目を通して欲しいという強い要望であるならば、「お目通しいただければ幸いです」ですという言い方では目を通してもらえない可能性があるので注意しましょう。 また、同僚などの対等な立場にある人に使用するぶんには問題ないのですが、目上の人にお願いするのであれば「お目通しいただければ幸いに存じます」といった言い方のほうがより丁寧でふさわしいといえるでしょう。 ・こちらの資料を明日の会議で使用しますので、お目通しいただければ幸いです。 ・改善策をまとめたので、お目通しいただければ幸いです。 ・手続きに必要な書類ですのでお目通しいただければ幸いです。 お目通しいただきたく存じます 「お目通しいただきたく存じます」は、目を通してほしいものがある場合に使う表現です。 「欲しい」の謙譲語である「いただきたい」という謙譲語と、「思う」の謙譲語である「存じます」を使い、「いただきたいと思います」をより丁寧に表現しています。 ・お手すきの際にお目通しいただきたく存じます。 ・必要事項をまとめたのでお目通しいただきたく存じます。 ・使用前に一度お目通しいただきたく存じます。 お目通しいただけますか 「お目通しいただけますか」は、「目を通していただけますか?」という意味で使われます。 なにか目を通してほしいものがある時に、「いただけますか?」と強制しない頼み方をする柔らかい表現になります。 「お目通ししていただけますか?」と間違った敬語で覚えてしまわないように注意しましょう。 また、「お目通しいただけますか?」は、「目を通してほしい」という要望を伝えるのであれば、上記で説明した「お目通しいただきたく存じます」や「お目通しいただければ幸いです」と伝えたほうがより丁寧なので、時と場合によって使いわけるとよいでしょう。 ・次の会議までに資料にお目通しいただけますか? ・訂正箇所があり、修正したのでお目通しいだけますでしょうか? ・最新作の資料を添付したのでお目通しいただけますか? お目通し願います 「お目通し願います」は、「お目通しをお願いします」という意味です。 「お目通しいただければ幸いです」といった「できればしてほしい」という表現より、強制的なお願いの仕方になります。 ビジネスシーンなどで目上の人に使う場合は 「お目通しいただけますようお願い申し上げます」という使い方をしたほうがより丁寧です。 ・明日までに参考資料のお目通し願います。 ・新作商品の候補にお目通し願えますか? ・必要事項にお目通し願います。 お目通しのほど、宜しくお願いいたします 「お目通しのほど、宜しくお願いいたします」は、「お目通し願います」をさらに丁寧にした表現です。 ・当日までに今一度参考資料にお目通しのほど、宜しくお願いいたします。 ・提出資料にお目通しのほど、宜しくお願いいたします。 ・スケジュール表を作成したのでお目通しのほど、宜しくお願いいたします。 ・先日郵送した資料はお目通しいただけましたでしょうか? ・質問事項をまとめたのでお目通しいただきますようお願い申し上げます。 ・保護者の皆様にもお目通しいただきたく存じます。 お目通しいただけますと幸甚に存じます 「幸甚」には、「何よりの幸せです」という意味があり、「存じます」は「思う」の謙譲語です。 つまり「お目通しいただけますと幸いに存じます」とは、 「目を通してもらえると幸せに思います」という意味になり、柔らかいお願いの表現になります。 ・サンプルのテキストを添付しましたのでお目通しいただきますと幸甚に存じます。 ・新作を執筆しましたのでお目通しいただきますと幸甚に存じます。 ・研修旅行の日程をしおりにしたのでお目通しいただけますと幸甚に存じます。 「お目通し」の使用上の注意点 「お目通り」の意味は「貴人にお目にかかること」 「お目通し」とよく似た言葉で、「お目通り」という言葉があります。 「お目通り」の意味は 「貴人にお目にかかること」です。 自分より目上の人に会うことを表現している言葉になります。 「お目通し」と「お目通り」はよく似ている言葉ですが、意味は全く違うものになるので、間違えて使用すると上手く伝わらなくなってしますので注意しましょう。 「お目通り」には、「お目通りする」や「お目通りがかなう」といった言い回しがあります。 ・長い年月を経て、大臣とのお目通りがかなった。 ・取引先の社長とお目通りの約束をしている ・限られた人物だけがお目通りを許されている 「お見通し」の意味は「相手の心中を見抜いていること」 「お見通し」の意味は、 「相手の考えや、思いを見抜いていること」です。 目上の人やビジネスシーンで、「あなたの考えは見抜いていますよ」などと言ってしまうのは相手を見下していることにもなり大変失礼なことですので、間違えることのないようにしましょう。 ・あなたがこの後何をしようとしているのかお見通しなのである。 ・動揺していることはお見通しだったのだろう。 ・私の考えは、母にはお見通しだったようだ。 「お目通し」は堅い表現なので書き言葉で使うのが自然 「お目通し」という言葉は、少々堅苦しい表現なので、ビジネスシーンなど対面で使うよりも、メールやビジネス文書で使うほうが自然です。 ビジネスシーンで使用する場合は、「ご確認お願いいたします」など、場合によってはカジュアルな表現をしたほうがよいときもあるでしょう。 「お目通し」は目上の人に対して使い、自分の行為に対しては使わない 「お目通し」は「目上の人に目を通してもらう」ことを丁寧にした言葉です。 自分のした行動について「お目通しさせていただきました」という使い方をしてしまうと、「軽く目を通しておきましたよ」という失礼な表現になってしまいます。 自分が目を通したことを伝えるのならば、「拝見」という謙譲語を使用し、「先日添付していただいた資料を拝見しました」といったような表現をするようにしましょう。 「お目通しなられる」は二重敬語 「社長がお目通しになられる」のように、尊敬を表す接頭語「お」と尊敬を意味する助詞「れる」を一つの文章で使うのは二重敬語にあたるので注意しましょう。 二重敬語とは、一つの文章に同じ種類の敬語を二回以上使用することになります。 「お目通ししなさい」という命令文は不自然 「お目通し」は、目上の人に対して使う言葉なので、「お目通ししなさい」など、命令文で使用することはできません。 また、「お目通ししておくように」などという言い方をすることも誤用です。 「会議までに資料に目を通しておくように」といったように、丁寧語である「お」は外して使用するようにしましょう。 「お目通し」の類語 ご一読 「ご一読」は、 <ごいちどく>と読みます。 意味は、 「一度読むこと・ひととおり読むこと」です。 「お目通し」と同様に、 「さっと読む」というニュアンスがあるので、きちんと熟読してほしい場面で使用することは避けたほうがよいでしょう。 また、「ご一読いただき、ありがとうございます。 」という使い方は、間違えではないのですが、「さっと目を通してくれてありがとうございます」という意味になってしまい、失礼だと感じる人もいるので注意しましょう。 一読することを、目上の人にお願いする場合は、「していただく」や、「幸いです」等の言葉を足すとより丁寧にお願いすることができます。 ・改善案をご一読のうえ、検討をお願いいたします。 ・提出書類をご一読いただければ幸いです。 ・会場に入る前に規約をご一読ください。 ご査収(さしゅう) 「ご査収」は 「ごさしゅう」と読みます。 「ご査収」の意味は、 「よく調べたうえで受け取ること」です。 「査」「調べること・明らかにすること」という意味があり、「収」には「とり入れること・手に収めること」という意味があります。 「ご査収」は、金品など、間違いがないか きちんと確認してから受け取ってほしいものがある場合に使う言葉なので、「軽く目を通しておいてください」といったニュアンスのある「お目通し」とは、厳密にいうと意味合いが違うものになります。 上記で悦明した「ご確認」と「確認する」という点で意味合いが似ていますが、「ご確認」には「受け取る」という意味は含まれていません。 ・利用規約をメールで添付したのでご査収ください ・明後日のスケジュールを送付したのでご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・提出書類を同封しましたので、ご査収の程よろしくお願いいたします。 「お目通し」の英語 「read」「look through」「skim」 「お目通し」 の英語表現を見ていきましょう。 英語には尊敬語などという概念はありませんので、敬語に関しては考える必要はありません。 「お目通し」は英語で 「read」「look through」「skim」などと言います。 「全体を読む」という意味になります。 最も一般的な表現は「read」になります。 ほとんどの場合はこの動詞を使っておけば問題ないでしょう。 「全体を読む」というニュアンスを強調する場合は「look through」という単語がよいでしょう。 「ざっと目を通す、飛ばし読みする」というニュアンスならば「skim」が妥当です。 「skim」に似た動詞に「scan」があります。 「scan」は「特定のキーワードを探しながら文章をざっと読むこと」を指します。

次の

お目通しの意味や類語は?敬語としての使い方や例文も

お 目通し いただけれ ば

お目通しは、敬語とセットで使われることが多い言葉です。 なぜなら「お目通し」は、「目通し」という言葉に、丁寧語の「お」を付けることで、丁寧な気持ちや相手を尊敬する気持ちを表現する際に使われることが多い言葉だからです。 そのため、「お目通しください」や「お目通しいただけますでしょうか」、「お目通しいただければ幸いです」といった敬語とセットで使われる言葉であると言われています。 敬語表現は、伝える相手や状況によって適切な表現が求められるので、苦手意識を感じている人も少なくないと言われています。 中でも、相手に「問題がない」ということを伝える際の表現に迷う人が多いことから、以下の記事では適切な敬語表現などについて詳しくお伝えしていますので、ぜひ参考になさってください。 お目通しの類語の1番目は、「ご高覧」という言葉です。 ご高覧という言葉の意味は、「見ていただく」といった意味合いになります。 「お目通し」や「ご高覧」といった表現は、取引先や顧客などに対して使われるケースが多く、冊子やカタログなどを見てもらいたい時に使われることも多いと言われています。 「ご高覧」という言葉は、「ご高覧いただけますでしょうか」や「ご高覧いただければ幸いです」といった使い方をされることが多く、「全体的にざっと見てください」といったニュアンスを含むケースが多いことから、「お目通し」の類語であると言われており、顧客だけではなく、目上の人に使われることもあります。 目上の方への言葉遣いは、間違って使うと失礼な態度だと思われてしまったり、常識のない人と思われる恐れがあることから、基本的ではあるものの、とても大切なビジネスマナーであると言われています。 以下の記事では、目上の人に同意を求める表現について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 お目通しの使い方の1番目は、「明日の資料にお目通しください」といった使い方です。 この場合のお目通しには、「全体的に見て概要を把握していただきたい」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 上司や取引先の相手が、会議や講演会などで、初めて見る資料に戸惑わないように、あらかじめ丁寧な表現で注意喚起をする際に使われる例文です。 ただ単に資料を渡すだけだと、上司や取引先の相手に「この資料は当日に見るだけでも十分に把握できる簡単な内容のもの」といった印象を与える可能性があります。 そのような印象を与えたにもかかわらず、難しい内容が記されてあり、会議などで不都合が生じた際に、「単に資料を渡すだけじゃなくて、相手のことを考えて仕事に取り組みなさい」などと叱責されるおそれがあることから、あらかじめそういったことを防ぐためにも有効な表現です。 こういった場合に使われる「お目通しいただければ幸いです」には、「一度見ていただき、興味があったら是非連絡してください」といった意味合いが含まれるケースが多いと言われています。 ちなみに、うまく営業に結びつけるためにはチラシを相手に渡すだけといった対応をするよりも、親切で明るいといった営業マンのイメージを相手に与えながら営業をする方が効果的だと言われています。 そのため、こういった「お目通しいただければ幸いです」という使い方は、営業の要素が含まれているケースが多いです。 ちなみに以下の記事では、営業電話の話し方の基本やコツなどについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 営業電話は対面での営業とは異なり、相手の表情や仕草が見えないことから苦手意識を抱いている人が多いですが、対応能力や説明能力などのスキルが向上するというメリットがあります。 お目通しの使い方の3番目は、「この書類にお目を通していただきますようお願いいたします」といった使い方です。 上司や取引先の人に書類を見てもらう際などに使われる「お目通し」は、「チェックをしてください」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 社内や社外に送る書類を作る際には、その書類の重要度が高いほど、書類作成者以外の人のチェックが肝心であると言われています。 そのため、「この書類にお目通しいただきますようお願いいたします」という言葉には、「間違いあった場合には、指摘してください」といった意味合いで使われやすい傾向があります。 通常、お目通しをしてもらう人数が多くなるほど、重要度が高い書類であると言えます。 たくさんの上司や関係部署の人に書類を見てもらうことによって、書類の内容についての正確性を高めるという目的があったり、万一間違いがあった場合の責任の所在を明確にするといった意図が含まれると言われています。 相手にメールを送っただけでは、気づいてもらえなかったり、見落とされる恐れがあります。 そのため重要度が高いメールほど、相手に「お目通しください」ということを口頭でも合わせて伝えることが肝心です。 また、仕事をしていると、突然相手先にメールを送る必要が生じることも多々あります。 そういう時には、「早めに相手に見ていただきたい」といった緊急のケースであることが多いので、相手に対して「メールにお目通しをお願いいたします」と一言伝えておくと親切であり効果的ですし、社会人としての信頼にもつながります。 ちなみに以下の記事では、突然のメールを送る際のビジネスマナーについて詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 ビジネスシーンで突然相手にメールを送らなければならなくなった時や、初めての相手に突然のメールを送る際のマナーなどを詳しくお伝えしています。 RELATED ARTICLE お目通しの意味や使い方を正しく把握してビジネスシーンに活用しましょう お目通しという言葉は、目上の人や取引先の人などに対して使うケースが多いことから、意味や使い方を間違ってしまうと、信頼性の低下や社会人としてのスキルが低く見られてしまうという恐れがあります。 こういった信頼性の低下や評価の悪さは、日々の仕事のやりやすさや出世にも影響を及ぼします。 その一方で、適切に使いこなすことができると「あの人の任せておけば安心だな」という信頼感を得るために役立ちます。 信頼感は日々の行いの積み重ねによって増していくものですので、この機会に「お目通し」の意味や敬語表現を正しく把握して、コツコツと信頼感を積み重ねていきましょう。 ビジネスシーンにおいては、上司や顧客、取引先の人から信頼されることはとても重要で、信頼の有無によって仕事の成否が大きく左右されるケースも少なくありません。 以下の記事では、信頼される人の特徴や信頼される人になる方法などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

次の