女の子 綺麗な名前。 美しい女の子の名前。日本の自然と季節、色にちなんだ名前特集!

女の子で珍しい名前のメリットと名前の例400個集めてみた

女の子 綺麗な名前

この記事では、女の子を出産予定のプレママさんに人気の女の子の名前をご紹介していきます。 まずは、2019年「女の子の名前」ランキングでどんな名前が流行っているのかをチェック! 続いて、文字数別に見る女の子の漢字の名前や自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。 さらに、名前を決めるときに参考にしたい女の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についても解説していきます。 女の子の名付けで人気な名前は? 子供の名前の流行は? 2019年「女の子の名前」ランキング発表 2019年の女の子の名前ランキングが発表されました。 ご紹介するランキングは、妊娠や出産、育児のお役立ち情報サイト「たまひよ」の「発表!2019年赤ちゃんの名前ランキング[赤ちゃんの名づけ・命名]」。 上位3位までの女の子の名前を見ていきましょう。 1位:「陽葵(ひまり)」 2016年頃からずっと人気のある名前です。 太陽の「陽」と、花の名前の「葵」という漢字を組み合わせはひまわりを連想させ、明るく、活発な印象を与えます。 また「ひまり」というかわいらしい響きも人気の理由なのかもしれません。 2位:「凛(りん)」 「凛とした」「凛々しい」などのイメージのある名前。 しなやかで力強い印象があり、心を引き締め、一本筋の通った女性になってほしいという願いが込められているようです。 2音の名前は人気があり、呼びやすく、音が鳴ったような印象を与えます。 3位:「芽依(めい)」 こちらも人気の2音の名前です。 「芽」という文字には、元気にすくすくと成長するようなイメージや、みずみずしい印象があります。 自分だけが持つ感性で、可能性を感じさせる人になってほしいという願いが込められているようです。 なお、読み方の「めい」も大人気! 外国の方にも発音しやすく、世界で活躍できそうなイメージがあります。 3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。 一文字の女の子の名前 ・紬(つむぎ) ・葵(あおい) ・澪(みお) 近年人気となっている「紬」。 ちょっぴり古風な雰囲気でかわいらしさがあります。 また、「葵」や「澪」は、やや凛とした印象があり、かわいらしさよりはスマートなイメージです。 二文字の女の子の名前 ・結菜(ゆいな) ・咲良(さくら) ・莉子(りこ) 二文字の名前はたくさんありますが、ランキング上位3つのこれらの名前には共通点があります。 それは、「菜」「咲」「莉」などの自然に関する漢字が使われていること。 ちなみに、「菜」「莉」の2文字は、女の子の名前でよく使われる漢字です。 三文字の女の子の名前 ・陽菜乃(ひなの) ・梨々香(りりか) ・穂乃花(ほのか) 三文字の女の子の名前でトップ100以内に入っていたのは「陽菜乃」のみです。 三文字の名前は、「梨々香」や「穂乃花」など、「か」の文字で終わる名前が多い傾向にあります。 自然にちなんだ女の子の名前一覧 女の子の名前では、植物や自然、季節に関連した名前も人気です。 どんな名前があるのか見ていきましょう。 自然や季節 自然や季節にちなんだ女の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、月などに関連する漢字が人気です。 季節は、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にありますが、なかでも多いのは「春」の文字です。 自然にちなんだ名前 結月(ゆづき)、陽菜(ひな)、美月(みつき)、ひかり 季節にちなんだ名前 心春(こはる)、夏海(なつみ)、千秋(ちあき)、冬華(ふゆか) 植物や花 植物に関する名前には、美しい花やかわいい印象の果実に関する漢字がよく使われています。 また、「花」や「葉」「芽」といった植物の部位そのものの漢字が名前に使われることも多いです。 植物にちなんだ名前 杏(あん)、梓(あずさ)、彩葉(いろは)、芽生(めい) 花にちなんだ名前 美桜(みお)、楓(かえで)、蘭(らん)、菫(すみれ) 女の子の珍しい名前一覧 珍しい名前は個性的で、会ったばかりの人にもすぐに名前を覚えてもらえます。 ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。 漢字が珍しい 名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的です。 ただし、画数が多い漢字である場合が多いため、お子さんが小さいうちは書きづらかったり、大人になってからも周りの人が書けないこともあるかもしれません。 鞠(まり、つぐ、ます、みつ) 名前例:伊鞠(いまり)、姫鞠(ひまり)、鞠夏(まりか)など 鳳(たか、おう、お、おん) 名前例:太鳳(たお)、栞鳳(しおん)、鳳華(ほうか)など 恩(おん、おき、しだ、めぐみ、めぐむ) 名前例:美恩(みおん)、始恩(しおん)、香恩(かおん)など 祈(き、いのり) 名前例:祈(いのり)、祈聖(きら)、沙祈(さき)など 羅(ら、つら) 名前例:紗良羅(さらら)、羅夢(らむ)、星羅(せいら)など 読み方が珍しい 女の子の名前には、漢字2文字を使った読み方が珍しい名前がたくさんあります。 なかには当て字に近いものや、漢字のイメージから音を当てているものもあるようです。 星(あかり、ひかり) 麗(うらら、あきら) 璧姫(たまき) 美日(みか) 里澄(りずむ) 彩心(あこ) 女の子の響きがいい名前一覧 響きがいい名前は呼びやすい! 名前の響きを重要視する方もいることでしょう。 名前は何度も呼びますから、こだわりたいところですね。 響きから名付けをするときのポイントは、 ・名前だけで呼びやすい(とくに2音は呼びやすく、人気がある) ・苗字と合わせても呼びやすい ・かわいい、やさしいなどのイメージに基づいた音 などから考えるとよいでしょう。 また、「響きがいい」と感じられる名前の特徴は次のとおりです。 ・比較的柔らかく、あたたかみのある音は、あ行・な行・は行・ま行の文字 ・同じ音を繰り返すとかわいらしい印象になる(例:「なな」、「りりか」、「ののか」など) ・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「な」「は」「ん」「か」で終わるなど、呼びやすく響きがいい 響きがいい名前の例 はな:花、華、咲花、杷奈、花南など あかり:朱莉、明莉、朱里、あかりなど ももか:百花、李香、桃歌など ゆずは:柚葉、柚芭、柚羽など かのん:花音、歌音、果暖、叶夢など 女の子の名前の決め方や傾向 姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前、花にまつわる名前といったポイントから、女の子の名付けをするときの決め方や傾向のポイントを解説します。 画数は気になるもの? 名付け本や名前辞典には、画数が記載されています。 これは多くの場合、画数から見る姓名判断の参考にするためのようですが、姓名判断は占いですから、付けたい名前の画数がよくなかったとしても、必要以上にとらわれなくてもいいかもしれません。 また、女の子の場合は結婚して苗字が変わることも考えられます。 そうすると、姓名判断はあまり意味がないという意見も。 あくまでも参考程度に、活用しましょう。 画数を考えながら名前をつけるときには、苗字との兼ね合いや、字面などを考慮するとよいでしょう。 海外でも通用するおしゃれな名前がいい? 将来、海外でグローバルに活躍することを考えると、海外でも通じる名前をつけるのもおすすめです。 外国の人にも通じやすい名前のポイントをご紹介しましょう。 ・2語の名前にする(例:りん、めい、みおなど) ・外国人の名前と同じ音の名前にする(例:のあ、えみり、えま、あんな) ・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:あい、あん、かのんなど) 和風で古風、しとやかな名前がいい? 女の子の名前ランキングを見ると、和風で古風な名前がたくさんランクインしています。 いつの時代でも和風で古風な名前は人気があり、それには「しとやかさ」、「やまとなでしこ」、「雅び」などのイメージがあります。 また、やわらかい印象を与える音が多いのもポイントです。 和風で古風な名前をつけるときは、美しさや上品さのある「美」や「雅」、音に関する「琴」「詩」「響」「奏」などの漢字を使われることが多い傾向にあります。 花にまつわる名前がいい? 花にまつわる名前はとても人気があります。 その理由は、かわいらしさや可憐さが感じられるからでしょう。 花にまつわる名前には、「彩葉(いろは)」「楓(かえで)」「一花(いちか)」「花音(かのん)」、「菫(すみれ)」、「蘭(らん)」などがあります。 また、「花」「菜」「莉」「咲」「葉」「芽」といった花にまつわる名前に使われる漢字も人気です。 「花」にはかわいらしさ、「華」には華やかさが、「葉」「芽」には、のびのびと成長するイメージやみずみずしい印象があります。 センスがいいね、と褒められる名前の付け方 「名付けセンスがいい!」と感じる名前には、素敵な意味が込められていることが多いと感じます。 それを前提に、センスのいい名付けのコツをご紹介しましょう。 令和元年の生まれた赤ちゃんは、新しい元号にまつわる名前の子が多いのでしょうか?ベビー&子ども服ブランドの「ミキハウス」が会員に行った<子ども... 名前の漢字の読み方がかっこいい 漢字にはさまざまな読み方があります。 なかでも「そんな読み方があるの!」という珍しい読み方の漢字の名前は、センスのよさが感じられます。 ただし、当て字ではないところがポイントです。 たとえば、「華(はる)」「温(のどか)」、「新(ちか、わか)」「陽(はる、みなみ、あき)」「曜(あき、てる)」などがあります。 外国語で素敵な意味がある 外国語で素敵な意味をもつ言葉を名前にすると、センスのよさが光ります。 外国語辞典をながめると、素敵な名前を思いつけるかもしれませんね。 名前に使えそうな外国語には次のようなものがあります。 ハワイ語:「アオ(光や世界)」、「ノア(自由)」 フランス語:「アミ(友達)」、「マノン(きれい)」「ミミ(かわいい)」 ギリシア語:「エレナ(明るい)」 ラテン語:「キアラ(輝く、明るい)」 ヘブライ語:「サラ(女王)」 聞き慣れた単語の別名を使う 「六花」という言葉をご存じでしょうか。 これは「雪」の異称なんです。 そのような聞き慣れた単語の別名を使うと、センスのよさを感じます。 そのほかには、月の光の意味がある「月華」、日光の美称である「日華」などがあります。 女の子の名前は、赤ちゃんへ贈るはじめてのプレゼント 女の子の名付けに役立つポイントをご紹介しました。 生まれる前に、希望や願いを込めて名前を考えておくのもいいですし、赤ちゃんの顔を見てからその子に合った名前を付けるのもおすすめです。 「この名前でよかった!」と親も子供も思えるような素敵な名前をつけてあげてくださいね。

次の

女の子の古風・和風で可愛い名前947!綺麗で女性らしい名付け

女の子 綺麗な名前

今回ご紹介するのはその中でも 綺麗な名前です。 人によって綺麗の基準は違うかもしれませんが、概ね字の印象が綺麗、字の意味が綺麗、字の並びが綺麗、読み方・音が綺麗という点に当てはまるのであれば綺麗な名前と言えるでしょう。 また歴史上の偉人や綺麗な芸能人などが使っていた名前も、その人物のイメージが反映されるため、綺麗な人の名前を使えばそのまま綺麗な印象の名前になると言えるでしょう。 ただそういった名前は良くも悪くも同じ名前の人物の印象に引っ張られてしまいます。 それが特徴的な名前なら尚更で、同じ名前の芸能人や有名人が不祥事を起こしてしまえば、それが原因で子供が虐められてしまう可能性もあります。 こればかりは言っても仕方の無い事ではありますが、綺麗な人だからといって安易に名前を引用するよりも、その人の人柄を理解した上で引用するようにしましょう。 1-1.漢字一文字の綺麗な名前 漢字一文字で付ける名前というのは、大抵がその漢字自体の意味を込めて名付けるものです。 男の子に用いられる綺麗な名前で漢字一文字で言うと 「蒼」や 「碧」、 「奏」や 「湊」、 「慧」や 「蓮」、他にも 「樹」「楓」「朔」「陽」「光」などがあります。 それぞれ意味を解説していくと、以下の通りになります。 「蒼 あお・そう・しげ 」「碧 あお・へき・みどり 」は青色を意味する単語で色合いが異なります。 蒼で言えば緑に近い色合いで、わかりやすく言えば信号の青色です。 緑と言う人も居ますが、あの色を蒼色と考えても良いでしょう。 ゲームなどで蒼が濃いめの青色のように扱われてる事もありますが、それは藍色と言うのが正しかったりもします。 ちなみに碧はどんな色なのかと言うとエメラルドグリーンに近い色です。 蒼は倉に草冠、つまり倉に青草をしまう所を示し、緑がかった青を示す色という意味があります。 碧は王白石、王は玉を意味し、白は輝く事を意味し、石はそのまま石ころなどの石を指します。 つまり輝くような玉石を意味する漢字であり、それが綺麗な青緑だった事から色を表す言葉として用いられるようになりました。 エメラルドグリーンのような色と言いましたが、似たような色のイメージに翠(みどり)という字があります。 エメラルドは漢字で翡翠(ひすい)と書くため、エメラルドグリーンなら翠では?と思う方も居るかも知れませんが、翠という字はカワセミの羽の色を指すのでエメラルドグリーンは碧色の方が近いと言えるでしょう。 勿論、翠の色と言っても間違いではありません。 「奏 そう・かなで・もうす 」という字についてですが、一般的には奏でるという音を鳴らしたり曲を演奏したりする漢字のイメージが強いでしょう。 それも間違ってはいませんが、この字の本来の意味は「差し上げる」、あるいは「申し上げる」というもので、神様が降りてくる時のように物を差し出す事が文字の由来とされています。 そこから、神様に物を差し出す、神様のために舞や音楽を奏でるというように意味が追加されていったと考えられています。 「湊 そう・あつ まる ・みなと 」という字も奏が使われている、というより奏にさんずいへんを付けたのが湊という漢字です。 この字は「みなと」という読みの通り、港を指す漢字でもあります。 その意味の由来は、奏の本来の意味である物を差し出すという意味が一箇所に集まるという意味になり、そこに水を表すさんずいへんが付く事で水が集まる場所という意味の字になり、水がある場所=海、海に近い場所として港の意味を持つといった変化を経たとされています。 勿論、「奏」を奏でるという意味で用いて音楽を奏でるような人になってほしいという意味で名付けるのも良いでしょう。 「湊」という名前であれば、人が集まってくるような人徳・人気のある人になってほしいという意味を込めることができます。 「慧 かしこ い ・さと い ・え・けい 」は、その読み通り賢い事、頭が良い事を指す言葉です。 慧という字が賢さを示す漢字として、意味は「一瞬の閃きがある」というものがあります。 これは、慧の上部分である字は彗星(すいせい)の彗を元にしており、彗星とは流れ星なんかで見るガスなどで尾を引いて光る星の事を指します。 この彗星が光る様子を一瞬の光として、それが一瞬の閃きに転じ、慧という漢字が生まれたのです。 そのため「慧」という名前であれば、賢い子になるようにという意味を込めることができます。 「蓮 れん・はす・はちす 」は文字通りハスの花を意味する字です。 ハスの花は池や沼地に生え、日本食でも馴染み深いレンコンは蓮の根っこ部分です。 そして仏教においてお釈迦様が乗っているのは蓮で、蓮の花は仏教において象徴的な花とされています。 実際、仏教の元であるインドでも蓮は馴染み深い花であり、泥の上で綺麗な花を咲かせることから泥を苦しみに見立て、蓮を幸せに見立てる事で「苦しい事の先に幸せが待ち受ける」と意味する仏教の根本と通じる花として扱われているのです。 花言葉でも「清らかな心や神聖」といった綺麗なものであるという意味の言葉があるように、まさに綺麗な名前であると言えるでしょう。 1-2.漢字二文字の綺麗な名前 字二文字の名前は一文字の名前を組み合わせて意味を持つ名前や字の並びが良い名前が多く、漢字一文字のような言葉の意味合いを持つ名前はあまりありません。 漢字二文字で綺麗な名前として挙げるなら 「朝陽」「太陽」「陽向」「悠人」「伊織」などがあります。 上記の漢字一文字の名前で挙げた字が用いられている名前も多くあります。 例えば 湊太や 蒼生など。 意味について解説すると以下の通りになります。 「朝陽 あさひ 」「太陽 たいよう 」「陽向 ひなた 」はどれも共通して太陽に関係する名前であると言えます。 「太陽」は文字通り日中を照らすお天道さま、日本神話においては最高神である天照大御神が司るものであり「お天道さまが見ているから悪いことはするな」という言葉や、日本の国旗が太陽を描いているように日本においては象徴的な存在であると言えます。 「朝陽」は朝、天に昇っていく太陽の事を指し、「陽向」は太陽に照らされている場所の事を指します。 どちらも明るいイメージがあり、太陽は浄化するものという意味合いもあるため、浄化されたもの=綺麗なものと考える事もできます。 これらの名前を付けるのであれば、太陽のように明るい子に育つようにという意味を込めることができます。 1-3.古風・和風なイメージの綺麗な名前 古風・和風な名前は一歩間違えると古臭い名前にもなりますが、日本には古くから詩を読む文化があり、それを元にした綺麗な名前というのもあります。 古風といえばどこか堅苦しく感じてしまったり難しいようなイメージもあるかもしれませんが、古くから今でも使われている言葉や名前などもあるのです。 例えば「日向」、ひなたと読む人も居るかも知れませんが、古風な読み方でいえば「ひゅうが」と読むことができます。 かつての旧日本海軍の戦艦に付けられた名前でもあり、現代の海上自衛隊にも名前を継いだ「ひゅうが型護衛艦」も存在しています。 まさに男の子にピッタリなカッコよくて綺麗な名前であると言えるでしょう。 他にも古風かつ和風として外せないのは「大和」でしょう。 かつての国の名前であり、有名な戦艦大和にも付けられた名前でもあり、まさに日本男児と言える古風かつ和風、そして伝統ある名前です。 1-4.季節・自然のイメージを持つ綺麗な名前 名前というのは見た目と同じく第一印象を決める要素の1つです。 意味がわかりやすい名前であれば、そのイメージが第一印象にも繋がりやすいですよね。 そういった意味でも季節や自然のイメージは綺麗な印象を持たれやすいと言えるでしょう。 この花が苦手であるとか、春夏秋冬で特定の季節が嫌いだという人も居るかもしれませんが、それでも殆どの人は花であれば綺麗に思い、季節を風流と感じるでしょう。 例えば花の名前ですが、花は女性的なイメージが強いため男の子よりも女の子に用いられます。 自然をイメージする名前で男の子に多いのは海が付く名前でしょう。 「海斗」や「拓海」など、海の字が入った名前はいくつかあります。 海は広大、海の字が入った名前は海のように大きな人間になってほしいという意味を込める事ができます。 大きいといっても、身体という物理的な大きさもあれば、器の大きさ、心の広さなどもあります。 そういった総合的な人としての懐の大きさを誇れるような人になってほしい、といった意味を込めることができます。 そして季節と言えば春夏秋冬、春は暖かく穏やかなイメージ、夏は熱く活発なイメージ、秋は落ち着いた大人なイメージ、冬は冷静で神秘的なイメージがあります。 男の子であれば 「春樹」「秋人」「冬樹」といった季節の名前が入った名前があります。 夏という字は女の子であれば「夏希」や「千夏」などがありますが、男の子の場合はそのまま夏の字を使うよりは爽やか系の名前が夏っぽい感じになるでしょう。 1-5.外国でも通用する綺麗な響きの名前 言語が違うと発音できる音も異なります。 海外の人が日本語の名前をきちんと呼ぶには相応の練習が必要ですし、日本人が海外の人の名前をネイティブに呼ぶにも練習が必要です。 そこで海外でも通じる読み方の名前が輝きます。 名前の中には海外でも使われている名前と似た響きの名前というものがあります。 男の子なら 「じょうじ」という読みの名前、これなら海外でも 「ジョージ」という名前があるため、海外の人にも通用すると言えるでしょう。 響きが綺麗かと問われると、「じょうじ」は綺麗と言うよりは渋いと言えるでしょうね。 綺麗なイメージを付けやすい読みで言えば、同じく海外の名前で多い 「ゆうり ユーリ 」などが良いでしょう。 他にも英単語の読みと同じ読みの名前など。 例えば 「瑛斗」この名前の読みは 「えいと」であり、海外でエイトは数字の8を意味しています。 このように海外でも使われる英単語の中で、響きが良く意味も通じやすい名前というのはいくつかあります。 他にも時代を意味する Ageと同じ読みの「えいじ」などがあります。 2.女の子の赤ちゃんに人気な綺麗な名前 次に女の子に人気な綺麗な名前を見ていきましょう。 男の子は比較的カッコいい、爽やか系な名前が多く、対して女の子の名前は柔らかく可愛らしい名前が多いという傾向があります。 特に多いのは花の名前です。 花は読み的にも印象的にも女性的なものが多く、男の子だと蓮くらいしか付けられる花の名前がありませんが、女の子なら 「桜」や 「梅」、 「椿」など色々とあります。 2-1.漢字一文字の綺麗な名前 女の子の漢字一文字の名前について、多いのは前述の通り花の名前です。 「桜」や 「梅」、 「椿」の花はわかりやすく綺麗な花の名前です。 他には 「和」「麗」「蕾」「汐」などがあります。 「和」という字は、結構色々な読み方があります。 音読みであれば 「オ・カ・ワ」という読みがあり、訓読みであれば 「こたえる・なご む・やか ・なご・やわ らぐ・らげる 」という読みがあります。 更に名前であれば 「あい・あき・かず・かた・かつ・かのう・たか」など、他にも読み方ある非常に読み方の多い字だったりします。 「和」の意味は、平和という漢字に用いられるようにおだやかな様子や仲良くなるという意味があります。 2-2.漢字二文字の綺麗な名前 女の子に人気な漢字二文字の名前は、 「美桜」や「凜華」、「花蓮」や「瑠璃」など綺麗な名前には事欠かないと言えるほどに存在します。 基本的に男の子はカッコよさや元気の良さそうなイメージの名前が多いため、綺麗とは少しベクトルが違ったりもします。 女の子の名前は基本的に女性的なイメージの字に綺麗な意味があるため、それらを組み合わせると、漢字二文字の名前は大抵が綺麗な印象・意味を持ちます。 2-3.漢字三文字の綺麗な名前 漢字三文字の名前は、一昔前だと「〇〇子」というのがほとんどではないでしょうか? ちょっと古臭い感じがするし、三文字名前というのはバランスも取りにくいので、女の子の名前としては少数派に入ります。 しかし、少ないということは個性を出せるチャンスでもあります。 三文字名前は使える漢字が多いので組み合わせはとてもたくさんできますよ。 三文字で人気例を紹介しますと、• 「野々花(ののか)」• 「世千佳(せちか)」• 「琴音美(ことみ)」• 「菜乃葉(なのは)」• 「伊緒莉(いおり)」• 「彩桜春(いろは)」• 「千愛姫(ちあき)」• 「沙也加(さやか)」• 「日菜乃(ひなの)」• 「日和里(ひより)」• 「佳那美(かなみ)」• 「穂乃花(ほのか)」 といったところです。 三文字名前は、和風、古風が多いと思いきや、使う漢字によっては現代風な綺麗な名前を作ることができます。 漢字は画数が少ないものがどちらかと言えばベストです。 画数の多い漢字を使ったら、残りの文字の画数を少なくすることバランスを取りましょう。 見た目も重くは 感じられずスッキリとした印象になりますよ。 2-4.「子」がつくけど今っぽい名前 「子」は昔の女の子の名前の定番というイメージがありますね。 ですが、今風で響きがかわいい名前も多く、また人気の芸能人の名前で見かけることもあり意外と付ける方も多いんです。 麻子(まこ)• 莉子(りこ)• 麻友子(まゆこ)• 日奈子(ひなこ)• 萌子(もえこ)• 桜子(さくらこ) また、「子」という字には自分の人生を全うしますように、という願いが元々込められているようです。 女の子の名前でよく見る「子」っていう字には、ただ単に子供の「子」じゃなくて、「一」から「了」まで自分の人生を全う出来るようにっていう意味があるんだって。 昔の親たちはちゃんとそれを意識して付けてたんだそうだ。 古臭くて嫌だなあと思ってたけど、それを知ってから自分の名前が好きになった。 — しんのすけの心 moana0107 お子さんがより良い人生を歩めるよう、「子」の前に付ける漢字を考えてみるのも良いですね。 2-5.重ね言葉の綺麗な名前 重ね言葉の名前は女の子ならではと言えます。 有名なのは豊臣秀吉の妻「寧々(ねね)」ですね。 重ね言葉は響きも良く、呼びやすく親しみやすいという点で女の子にピッタリな綺麗な名前と言えます。 人気の重ね言葉としては、• 「寧々(ねね)」• 「乃々(のの)」• 「萌々(もも)」• 「瑠々(るる)」• 「希々(きき)」• 「羅々(らら)」• 「美々(みみ)」• 「来々(ここ)」• 「奈々(なな)」• 「耶々(やや)」 などがあります。 同じ漢字を並べてもいいのですが、画数の多い漢字だと重たく見えてしまいます。 二文字目に「々」を使うことで、見た目もスッキリとしますよ。 また、漢字表記ではなくひらがな表記もオススメです。 ひらがなの丸さや柔らかな感じが、綺麗なだけでなく可愛らしさの演出にもなりますね。 2-6.古風・和風なイメージの綺麗な名前 大和撫子のようなお淑やかな女性というのはあまり居なかったりもしますが、そういった和を重んじるような子に育って欲しいと思う人も居ることでしょう。 例えば• 「小春」• 「弥生」• 「千景」• 「琴音」 などは、和風・古風かつ綺麗な名前であると言えるでしょう。 「桜子」などの「子」をつけた名前も古風と言えますが、人によっては古臭い名前と思う人も居るかも知れません。 2-7.季節・自然のイメージを持つ綺麗な名前 季節の名前は男の子の項目でも解説した通り、花や植物、あるいは海など、季節なら春夏秋冬そのものの字や、季節のイメージにあった字を使った名前が当てはまりやすいですね。 植物や花の名前は数多くあります。 季節の字を入れた名前であれば、 「千夏」などの他にも「春香」や「千秋」、「美冬」などが綺麗な印象を受ける名前であると言えるでしょう。 2-8.外国でも通用する綺麗な響きの名前 海外で通用する名前も、男の子の項目で解説した通りの選び方で良いでしょう。 女の子の名前でも海外と共通した響きの名前はいくつかあり、例を挙げると 「サラ」「エリカ」「マリー まり 」などが挙げられます。 基本的に「あおい」のように日本語の母音が連続するような名前でなければ大体通用します。 逆にこういった母音が続く名前は海外だと発音しにくく、中々通用しないので注意しましょう。 3.男女どちらの赤ちゃんに付けてもOK!中性的で綺麗な名前 最後に男女どちらにも付けることができる名前をご紹介しましょう。 男の子にも女の子にも付けても違和感のない中性的な名前、読みだけで言えば「まこと」や「あきら」「かおる」などがあります。 漢字であれば「真琴」「晶」「薫」などが綺麗な名前と言えるでしょう。 中性的な名前はどちらに付けても違和感の無い反面、名前だけでは性別がどちらかわかりにくいという難点もあります。 ネットが発達しSNSやメールなどで直接顔を合わせて会話する機会が減っている現代、名前だけで性別がわかるというわかりやすさも名前を決める上で重要なポイントかもしれません。 4.まとめ 綺麗な名前を付けたい!赤ちゃんのイメージに合った意味や響きで決めよう。 以上、子供につける綺麗な名前についてご紹介しました。 名付けは子供が生まれる前に考えるものですが、イメージに合わない名前を付けられると名前負け、あるいは違和感を覚えることもあるかもしれません。 そのため、今回紹介した以下の要素を元に、赤ちゃんに抱いたイメージに合う名前を付けるようにしましょう。

次の

女の子の可愛い名前一覧!ひらがな・季節・自然など種類別120選

女の子 綺麗な名前

珍しい名前を名付けるメリット・デメリット 以前は「ひろこ」「みちこ」のように「子」がつく名前がスタンダードで、名前が被ることも多かったのですが、最近では 名前も多様化が進んでいます。 漢字を見ただけでは読めない名前や、驚くような名前も増えており、名付けをする人の想いやセンスがより求められる時代なのかもしれません。 それでは、周りとは違う珍しい名前にすることのメリットやデメリットについてみていきましょう。 メリット 珍しい名前のメリットには以下のものがあります。 すぐに覚えてもらえる• 他人とかぶらないので名前を呼ばれたらすぐにわかる• 初対面でも話のネタに困らない デメリット 珍しい名前のデメリットには以下のものがあります。 病院などで名前を呼ばれたり、書類に名前を書いたりするときに恥ずかしいことがある• いいことも悪いことも目立ってしまう• 口頭(電話など)で名前を伝える時に苦労する• 間違えて読まれてしまう 以上のメリット・デメリットを理解した上で、女の子の珍しい名前を具体的にご説明していきたいと思います。 文字数別!珍しい女の子の名前一覧 漢字の場合は一文字からだいたい三文字くらいまでが名前に適している文字数です。 一文字に強い願いを込めるのもいいですし、組み合わせることでさまざまな意味を持たせたり読み方も増やすこともできます。 それでは、文字数ごとの珍しい女の子の名前をみていきましょう。 漢字一文字 漢字一文字の名前は、 その漢字が持つ意味をそのままストレートに感じられる名前になるでしょう。 漢字の意味や音の響きだけでなく、苗字とのバランスなどにも注意する必要があります。 キリスト教をイメージする人もいます。 「ひめ」という響きも女の子らしくかわいいでしょう。 ことばを表す「言」と「風」が合わさった素敵な漢字です。 年号でも使われているので縁起がいいとも感じられます。 音楽が好きな女の子になってほしいという願いが感じられます。 左右対称でバランスがとれた形をしています。 計算に強い、国際的なといったイメージがあるでしょう。 その字の通り、「数が多い」とか「すべて」「あらゆる」というスケールの大きさをイメージする漢字です。 「はな」と読んでもいいですが、周りと被るのが嫌という人は「めい」と読むのもアリです。 読んだ時の音の響きも特徴的です。 漢字二文字 日本人の名前で多いのは漢字二文字の名前で、苗字とあわせてもバランスがとりやすいでしょう。 漢字の読み方や名前に込められる意味も多くなります。 響きもかわいらしく、覚えてもらいやすい名前でしょう。 笑顔が絶えない女の子になってくれそうですね。 名前としてもあまりない呼び名で珍しい名前と言えるでしょう。 音楽が好きな女の子になってほしいという願いが込められています。 「月の花」という神秘的なイメージもあります。 「ね」で終わる名前は珍しいので、そこも特徴的な名前です。 「あした」「希望」など前向きでポジティブな女の子になってほしいという願いが込められています。 漢字三文字 漢字三文字は名前に意味を込めやすかったり、当て字もしやすいので珍しい名前にしやすくなります。 人生で名前を書く回数はとんでもなく多いです。 文字数が多いと画数も多くなってしまうので、苗字とあわせてあまり多くなりすぎないよう注意が必要です。 女の子らしいかわいいい響きの読みでしょう。 「子どもは宝物だから」という理由でつけてもいいでしょう。 「子」がつきますが逆に新しさを感じます。 「翔ぶ(とぶ)」といった前向きなイメージがプラスされます。 名前の響きと使われている漢字から受けるイメージが印象的な名前です。 名前の響きや「麗」と言う漢字を使うことで女の子らしい印象を受けます。 「未来」が入っていて前向きなメッセージを持った名前です。 「古風・和風な」珍しい女の子の名前一覧 漢字がある美しい言葉の国である日本の名前を最大限に活かせる名前が「和風」を感じられる名前でしょう。 「古風・和風」を感じられる珍しい名前には以下のものがあります。 姉妹でつけても女の子らしくかわいい名前ですね。 そんな日本を感じられるので和風なイメージがする名前です。 日本語の美しさを表わす漢字です。 「美しい絹」というしなやかで美しい女の子の名前です。 「毬」に「小」を付けることでこじんまりとした女の子らしいかわいらしさを感じます。 「よしの」という名前の響きも和風で女の子らしい感じがします。 「花や植物に関連する」珍しい女の子の名前一覧 女の子には、 はなやかでかわいらしいイメージのある花にちなんだ名前が似合います。 花や植物に関連する珍しい女の子の名前には以下のものがあります。 読みの響きも「子」という漢字でも女の子らしさを感じられます。 難しいですが読むことができる人も多い漢字です。 華やかで純潔を象徴とし、美人を形容する花なので、女の子にぴったりな花です。 白く小さい花が女の子にぴったりです。 夜に白く香り豊かな花を咲かせます。 「中性的な」珍しい女の子の名前一覧 名前が多様化してきている最近では、 男の子でも女の子でもOKな中性的な名前が人気になってきています。 中性的な珍しい女の子の名前には以下のものがあります。 女の子らしくしたいなら「まり」と読ませることもできます。 「まり」だと女の子っぽいですが、「い」を付けることで中性的なイメージになります。 「かずき」と読ませても中性的なイメージになります。 「百獣の王」から、男の子にも多い名前ですが、女の子でも強い子に育ってほしいという願いでつける人もいます。 「季節に関する」珍しい女の子の名前一覧 日本は四季がはっきりしていて、 その四季折々の風景が目に浮かぶような素敵な漢字がたくさんあります。 これを名前に使わない手はありません。 それでは、春夏秋冬ごとにどのような漢字を使った名前があるのか見ていきましょう。 春を連想させる名前 春は「花」や「暖かさ」を連想させる漢字がよく使われます。 「耶」は疑問や反語を意味し、自分の意思をきちんと伝えられる人になって欲しいという願いが込められています。 その色合いを「碧」で表現し、生命力に満ちた春先の新緑をイメージした名前です。 特に日本人は桜への思い入れも強く、和の心もプラスされた女の子らしい名前です。 その晴れ渡った春の空を表現したその名のとおり爽やかな名前です。 「桃」一文字でなく、「芽生える」「恵む」といった意味がある「萌」をプラスすることでより春らしい女の子の名前になっています。 春の一時期だけ咲く桜の花と、「唯」の漢字で特別感やオンリーワンといった意味合いが込められている名前です。 その春の日の光と色鮮やかさを感じられる女の子の名前です。 その満開の桜を想像させる女の子の名前です。 2004年から人名に使うことができるようになった漢字です。 夏を連想させる名前 夏は「海」や「空」を連想させる漢字がよく使われます。 海のように大きな広い心を持った女の子になってほしいという願いも感じられます。 夏生まれで果物の名前を入れたいなら「杏」は女の子らしくおすすめの漢字です。 「羽」という漢字から、雄大で大きく羽ばたいていってほしいという願いが感じられます。 波が穏やかなさまを意味する「凪」ですが、「笑」を合わせることでより明るくはつらつとしたイメージになります。 「みそら」と読んでもいいでしょう。 「おりひめ」と読むとそのままなので、「しき」と読んで珍しさを出しています。 「沙」もサンズイなので三文字とも夏を感じさせる名前です。 太陽に向かって咲くひまわりは明るく元気な女の子をイメージさせます。 「海」はアクアとは読みませんが、「水」を連想させる名前です。 夏は海だけでなく、山や森林の青々と繁る木々の生命力を感じる名前です。 闇夜にほのかに光る蛍は、幻想的ではかなげなイメージもあるでしょう。 木蓮は外側が紫で内側が白い大きな花を咲かせます。 秋を連想させる名前 秋は「紅葉」や「月」を連想させる漢字がよく使われます。 「楓」の一文字でも「かえで」と読めますが、あえて二文字にすることで珍しさを感じる名前になっています。 木々がさまざまな色に染まるさまを表しているので、あえて読みを「いろは」にしています。 「あきら」は男の子でも女の子でもOKな名前です。 お祭りの賑やかな雰囲気や元気のよさを「秋」と関連させつつ一文字で表した名前です。 キラキラと輝けるような女の子になってほしいという願いが込められています。 「くりちゃん」だとそのまますぎるので、ほかの読み方である「りつ」という読み方にしています。 一見普通に見える「子」を付けると、逆に新鮮に感じるでしょう。 「楓」で秋らしさを感じる名前になっています。 そこから「るな」に「月」という字を当てて名前にすることがよくあります。 「り」と読んで名前に使われることはよくありますが、あえて「な」という読みの方で使っています。 冬を連想させる名前 冬は「雪」や「クリスマス」を連想させる漢字がよく使われます。 冬の寒さの中でも元気に育ってほしいという願いが込められています。 漢字の部首に「冬」が入っていて、冬の植物で名前にも使いやすい数少ない漢字です。 普通に読むと「ひじり」になりますが、珍しい名前ということで「きよか」と読んでいます。 冬生まれの女の子で「柚季」のように「柚」が付く二文字の名前は多いので、あえて一文字にすることで珍しい名前になります。 「賢い」「知徳に優れた」という意味もあり、そういう女の子になってほしいと言う願いが込められた名前です。 名付けでは「知性」や「感性」と言った意味が込められる名前になります。 控えめな印象を受ける名前が多い中、オレンジ色をイメージするので明るさを感じる名前になっています。 「白い結晶」で雪を連想させる冬の名前です。 「自然に関する」珍しい女の子の名前一覧 自然に関する漢字や言葉は多く、女の子の名前なら人工的なものより 自然に関するものにしたいと考える人は少なくありません。 それでは、自然に関する珍しい女の子の名前にはどのようなものがあるかみていきましょう。 「めもり」という名前も珍しいでしょう。 「ふうちゃん」と呼ぶと女の子っぽくてかわいいですね。 この名前を付けられた女の子もきっと海が大好きになるでしょう。 春生まれの女の子におすすめです。 「空」を使うことで珍しい漢字表記になり、無限に広がる空を連想させます。 「言葉を重ねた」珍しい女の子の名前一覧 言葉を重ねた名前は、 聞いた時に「かわいらしい」と感じるので女の子の名前ではおすすめです。 「々」はこの文字だけでは意味を持ちませんが、言葉を重ねる際にはよく使われる漢字です。 他にも、読みは同じで違う漢字は多数あるので、字面や画数、その漢字が持つ意味などで考えてみましょう。 他人の気持ちを考える優しい女の子になってほしいという願いが込められています。 「ねね」と読んでもいいでしょう。 「瑠璃」を連想するので、青々とした美しさや清らかさを連想させます。 水は身の回りにも溢れていて親しみやすいですが、「すず」と読ませる点でも珍しい女の子の名前です。 漢字の意味も名前の響きも、おっとりした穏やかな女の子の印象を受ける名前です。 「虹」を使うとメルヘンチックな女の子らしい名前になりますね。 そこから派生して「発展」「成長」という意味合いを持ち、かつ珍しい女の子の名前です。 「国際的な」珍しい女の子の名前一覧 将来的に海外で活躍してほしい、国内でも積極的に外国人と触れ合うようになってほしいということから、 外国の人でも親しみやすい名前にしたいという人が増えています。 ラテン語で「光」という意味です。 ヨーロッパでは男性の名前の愛称として使われています。 トルコ語で「聖人」を意味します。 イタリア語で「平和的な」という意味があります。 珍しい漢字を使った女の子の名前一覧 珍しい漢字を使えば珍しい名前にすることができます。 旧字体などで検討してみてもいいでしょう。 しかし漢字の中には人名に使えないものもあるので注意が必要です。 「水が湧きたち光るさま」を表わしています。 躍動感があって女の子らしい名前です。 色で言うと青をイメージするので、「あおい」と読ませています。 距離の単位で「マイル」があるので、夢や希望といった意味をもつ名前です。 「器の大きい人になってほしい」という願いが込められています。 「アラレちゃん」というアニメのイメージからか、活発で元気な女の子を想像する名前です。 「水を汲む」というように使われる漢字です。 そのためまだ珍しい名前でしょう。 おごそかでエキゾチックなイメージの名前になります。 右側の部首が「麗(れい)」なので「れい」と読ませています。 「カタカナ」の珍しい女の子の名前一覧 「トメ」「ヨネ」のように、カタカナの名前は昔は珍しくありませんでした。 逆に今は新鮮に感じるかもしれません。 カタカナの名前にすると 外国の女の子っぽい雰囲気になり、誰でも読みやすくなります。 ヘブライ語の「疲れた」が語源ですが、聖書にも「リア」という女性が登場します。 「リイサ」にすることで珍しい名前になります。 英語圏では男の子によくある名前でもあります。 また、お釈迦さまの母親の名前もマヤ(摩耶)と言います。 カタカナだと「赤毛のアン」を連想したり、フランス語だと数字の「1」を表します。 日本語でも「可憐」を想像する名前で女の子らしい名前です。 「月明かりのように優しく育ってほしい」という願いが込められています。 「リリカシャワー」という花もあります。 ディズニーのキャラクターのシェリー・メイを想像する人もいるかもしれません。 「ひらがな」の珍しい女の子の名前一覧 ひらがなは曲線が多く、 やわらか、しなやかというイメージを受けるので女の子にはぴったりです。 小さい子でも読み書きすることができます。 珍しい名前にしたいけれど間違って読まれたくはないという場合、ひらがなの名前はおすすめです。 アリスの世界観が好きな人も多いので、女の子の名前にすると「かわいいね」と言われることも多いでしょう。 困難に負けず最後までやり遂げる女の子になってほしいという願いが込められています。 ひらがなのほうが瑞々しく女の子らしくてかわいい感じになります。 女の子の名前を名付けるときのコツと注意点 名前は 生まれてくる子が最初にもらうプレゼントと言っていいでしょう。 そのプレゼントは一生モノなのですから、名前を考える人は本当に悩むと思います。 生まれた季節や漢字が持つ意味やイメージで考えてみよう• 個性的すぎる名前になっていないか確認しよう• 画数が多くなりすぎないようにすること• 名前に使っていい字なのか確認すること 以上4つの女の子の名前を付けるときのコツと注意点について詳しくみていきましょう。 子どもが生まれたときの季節からだと名前を考えやすく、大きくなってからも生まれた頃のことを思い出すことできます。 漢字には一文字にいろいろな意味があります。 「こういう女の子になってほしい」という願いを込めた名前にして、生まれてくる子へのプレゼントにしてあげましょう。 他人とかぶらないようにとひねりにひねった名前は、結局は親の満足のためであって、生涯その名前と共にある子どもが生き辛くなってしまったら意味がありません。 個性的すぎる名前は時に大変な思いをすることになる可能性があるということも考えて名前を決めるようにしましょう。 あまりにも画数が多いと、そのたびに他人より時間がかかったり、せっかくの名前を雑に書くようになってしまいます。 特に小学生のときや、学生でテストのときなど、複雑すぎる漢字だと名付けた人を恨むような気持ちにすらなってしまいます。 ひらがな、カタカナ、常用漢字と人名用漢字です。 見慣れている漢字でも名前には使えないものもあるので、出生届を出す前に使用できる漢字か確認しましょう。

次の