戦国 武将 名前。 男の子の名前!歴史上の人物からの名付け厳選87例

戦国武将の名前を子どもにつけたい!人気の戦国武将の名前とかっこいい名づけのポイント

戦国 武将 名前

名前には、その子にかける親の期待度が現れています。 どんな風に名前を名付けたのか一度は両親に聞いたことがあるのではないでしょうか。 私も意味を聞いたことがあります。 年を追うごとに名前に恥じないようにという気持ちが強くなっているように感じます。 今は、きらきらネームと呼ばれる新世代の名前が流行っていますが、戦国武将のように勇ましい名前を好んで付けている方々もいるようです。 キラキラネームよりも歴史上の人物という事で、覚えやすいのです。 同級生に一人はいませんでしたか?勇ましい名前の男子!!平という名字の同級生を清盛というあだ名をつけていたことも懐かしい限りです。 今回Hohoron. comでは、 戦国武将の名前一覧を提供します。 男らしい男になってほしいというメッセージを込めて参考にしてみてください。 武将のどんな名前が人気なのでしょうか?人気な名前をご紹介していきます。 家康(いえやす)徳川家康 江戸幕府初代将軍• 綱吉(つなよし) 徳川綱吉 5代将軍 生類憐みの令と言えばピンとくる方も多いのではないでしょうか?歴史の教科書にも掲載されていますね。 博文(ひろふみ) 伊藤博文(武将ではありませんが、日本にとってなくてはならなった方です)• 有朋(ありとも) 山縣有朋 長洲藩主 3,9内閣総理大臣• 重信(しげのぶ) 大隈重信 佐賀藩士• 利通(としのり) 大久保利通 薩摩藩士• 具視(ともみ) 岩倉具視 維新十傑の1人 明治維新での超有名人です。 右近(うこん) 高山右近 高槻城主 こちらも大河ドラマによく出てきます。 景虎(かげとら) 長尾景虎 (のちの上杉謙信)• 一豊(かずとよ) 山内一豊 戦国時代の武将• 勘助(かんすけ) 山本勘助 戦国時代の武将• 季長 (りちょう) 竹崎季長 鎌倉時代中期武将• 清正(きよただ) 加藤清正 熊本城主• 景政(かげまさ) 鎌倉景政治• 謙信(けんしん) 上杉謙信 戦国時代の武将• 信長(のぶなが) 織田信長 現在映画「信長協奏曲」でも名前を聞いたことはありませんか? 人気の名前は?【後半】• 三成(みつなり) 石田三成 徳川家康が恐れた男としても有名です。 豊臣秀吉に仕えた外交や軍事に卓越した武人 映画「のぼうの城」にもでてきていますね。 「決壊させよ!」という印象的な名台詞もあります。 三成ではなく、光成と書く人もいます。 旦那様が石田三成ファンと聞いて納得しました。 さすがだな!と。 ちなみに、娘は、「いち」です。 秀吉(ひでよし) 豊臣秀吉 織田信長に仕え、のちに改名し豊臣秀吉として天下統一を計った武将• 政宗(まさむね) 伊達政宗 伊達氏の17代当主 仙台藩初藩主• 家光(いえみつ) 徳川家光 有名ですね。 3代将軍 幼名は、「徳松」(とくまつ)こちらも時代劇では有名ですね。 「徳松君~」と女中が叫んでいましたね。 秀忠(ひでただ) 徳川秀忠 2代将軍 実直な武将であったと言われています。 地味な印象でありますが、実は一番の功労者だといわれています。 勝家(かついえ) 柴田勝家 織田四天王に一人 信長協奏曲でも重要な人物として描かれています。 光秀(みつひで) 明智光秀 本能寺の変で有名ですね。 織田信長に見出された武将です。 本能寺の変で織田信長に反旗を翻しますが、三日天下といわれているようすぐに失脚します。 尊氏(たかうじ) 足利尊氏 室町幕府の初代将軍• 清盛(きよもり) 平清盛 平清盛大河51作品目で映像化されています。 重盛(しげもり) 平重盛 若き武将として父清盛を助けていた。 康行(やすゆき) 内藤康行 相模津久井城主• 長政(ながまさ) 浅井長政 北近江の戦国大名• 吉継(よしづぐ) 大谷吉継 秀吉の懐刀 光成の親友で、「のぼうの城」にも登場してます。 幸村(ゆきむら) 真田幸村 大河ドラマで人気上昇中• 兼続(かねつぐ) 直江兼続 妻夫木さん主演の大河ドラマで一躍時の人となりましたね。 晴信(はるのぶ) 竹田晴信(武田謙信)武田親権の幼名です• 直政(なおまさ) 井伊直政 井伊氏24代当主• 元就(もとなり) 毛利元就 3本の矢で有名ですね。 伊達政宗の娘に「五郎八」と書き、「いろは」。 姫は、幸せな生涯を送ったといわれています。 まさかの五郎丸ならぬ「五郎八」で、「いろは」。 幸せな名前だと知っていても女児につけにくい感じです。 このころから「当て字」があったのかと思わせますね。 学生時代歴史好きなら、楽しかっただろうな~と思いますが今となっては・・・ですね。 尊治(たかはる) 後醍醐天皇の事です。 武将ではありませんが、漢字違いで目にすることが多い名前です。 「たか」という字を変えて僧侶が使用することが多いようです。 漢字を変えて読みだけを真似するという方もいます。 (三成が良い例ですね)そういった名前の方なら多くいるのではないでしょうか? 画数や身近に同じ名前がいないかなど親の考えることはたくさんあります。 姓名判断で大吉になるよう感じに一字足すことで調整をしているという方も聞きます。 男性だけでなく女性も武将の妻の名前を使うこともありますね。 武将の娘のように男性を立てることが出来る娘になるようにと、親になってから知る親の気持ちを名前でも知ることができます。 名前に恥じないように奮起する子供がいるかどうかはわかりませんが、親の希望は反映さえていますよね。 「子供の自由」とすべてを子供に託すこともありますが、何かあれば最大の見方でいてくれる。 本当にありがたいです。 どんな人生になっても名前は、ついてきます。 親の希望と子ども自身の人生がよう方向になることを祈っています。 素敵な名前を付けてくださいね。 私自身も親からもらった名前は、宝物です。 一生私という人を親が見守ってくれているようです。 改名を進められた姓名判断でも、私はこの名前が気に入っています、と胸を張って言えました。 名前を変えたいと考えたことは一度もありません。 けれどもっとかわいらしい名前がよかったな!と思ったことはありましたが、それも20年以上前の話です。 そういう名前をお子様にもぜひつけてくださいね。 子は親の背中をみて育つといいます。 親がつけた名前のように子供が育つかもしれませんよ。 子に恥じない親でいるように、親に恥じない子であろうと努力するものです。

次の

戦国武将の名前でカッコいいのは?人気武将の読み方一覧を紹介!

戦国 武将 名前

当サイトで紹介している戦国武将の名言をまとめました。 戦国武将の考え方や生き方は、人生の役に立つアドバイスとなることがあります。 一 武田信玄 人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり 二 織田信長 必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。 三 黒田官兵衛 最期の勝ちを得るにはどうしたらいいかを考えよ。 四 徳川家康 最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。 五 豊臣秀吉 戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。 六 後藤又兵衛 次勝てばそれでよし 七 池田輝政 いまの世の中は静かではあるが、いつどのようなことが起こらぬとも限らない。 そのときのために、いま以上に欲しいものは有能な武士である。 無益の出費を省いて人を多く抱えることが世の楽しみなのだ。 八 伊達政宗 大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし 九 真田信繁 部下ほど難しい存在はない 十 前田利家 人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。 十一 黒田官兵衛 その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。 目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い。 十二 長宗我部元親 一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず 十三 小早川隆景 すぐわかりましたという人間に、 わかったためしはない。 十四 松永久秀 日ノ本一の正直者ゆえ、義理や人情という嘘はつきませぬ。 裏切られるのは弱いから裏切られるのです。 裏切られたくなければ、常に強くあればよろしい。 十五 大谷吉継 金のみで人は動くにあらず 十六 竹中半兵衛 合戦談を聞く場合、たいていな者が大事なことは問わず、枝葉のことばかり聞きたがる。 誰が手柄を立てたとか、誰を討ち取ったとか、そんなことばかりを聞きたがる。 一人武者の手柄話を聞いたとて、何の役に立とう。 部隊の駆け引き、戦の変化などを主眼にして聞いてこそ合戦談も役に立つのだ。 十七 上杉謙信 人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。 軽率なことは言ってはならない。 十八 前田慶次 たとえ万戸候たりとも、心にまかせぬ事あれば匹夫に同じ、出奔せん 十九 織田信長 組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。 二十 真田信繁 関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候 二十一 武田信玄 百人のうち九十九人に誉められるは、善き者にあらず。 二十二 山県昌景 武士の心がけとしては、その場に臨んで始めるようでは駄目だ。 二十三 北条氏康 小事をおろそかにするな 二十四 山中幸盛 願わくば我に七難八苦を与えたまえ 二十五 徳川家康 滅びる原因は、自らの内にある 二十六 藤堂高虎 己の立場を明確にできない者こそ、いざというときに一番頼りにならない。 二十七 島津義久 良いことの五つは真似しやすく、悪いことの一つはなかなかやめられない 二十八 伊達政宗 時を移さずに行うのが勇将の本望である。 早く出立せよ 二十九 小早川隆景 長く思案し、遅く決断すること。 思案を重ねた決断であるなら、後戻りする必要はない。 三十 竹中半兵衛 要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。 三十一 北条早雲 少しでも暇があらば、物の本を見、文字のある物を懐に入れて、常に人目を忍んで見るようにせよ。 三十二 徳川家康 愚かなことを言う者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。 でなければ、聴くに値することを言う者までもが、発言をしなくなる。 三十三 小早川隆景 我慢するより、その原因を解決せよ 三十四 千利休 当たり前のことが、いつでもどこでもできるならば、私があなた方の弟子になりましょう。 三十五 毛利元就 言葉は心の使いである。 言葉によって、その人が善か悪か、才能があるかないか、剛勇か臆病か、利口か愚かか、遅いか速いか、正直か正直でないか、そうしたことがすぐにわかるものだ。 三十六 本多忠勝 思慮のある者も、思慮のない者も功名を立てる。 思慮のある者は兵を指揮して大きな功名を立てる。 だが、思慮のない者は槍一本の功名であって、大きなことはできぬ。 三十七 織田信長 いつの時代も変わり者が世の中を変える。 異端者を受け入れる器量が武将には必要である 三十八 蒲生氏郷 春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。 三十九 徳川家康 怒りは敵と思え 四十 黒田長政 刀や脇差などの目利きを心掛けるように、人の目利きも常に心掛け、普段から人を観察してよく学べば、人の見極めで外れることもなくなる。 四十一 朝倉宗滴 武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つ事が本にて候 四十二 山内一豊 命を捨てる覚悟で運を拾わねば、運などは拾えるものではない。 四十三 井伊直孝 先駆けの心がけとは、槍なくば刀、刀なくば無刀無具足でも、とにかく誰よりも早く取りつこうとすることだ。 四十四 徳川家康 大事を成し遂げようとするには、本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。 四十五 島津 義弘 老武士のため、伊吹山の大山を越え難し。 たとえ討たれるといえども、敵に向かって死すべしと思う 四十六 藤堂高虎 我が軍のいたらぬところを教えてください。 四十七 前田利家 ともかく金を持てば、人も世の中もおそろしく思わぬものだ。 逆に一文なしになれば、世の中もおそろしいものである。 四十八 細川忠興 齢八十にして、親父の云うことようやく心得たり 四十九 吉川元春 律義を旨とし、智少なく勇のみある者は単騎の役にはよいが、大将の器ではない。 数千の将たる者は、自分の小勇を事とせず、智計において、人より勝る士でなければだめである。 智勇あわせ持たずに、どうして百千の軍兵を指揮できようか 五十 藤堂高虎 主人に指図はならじ 五十一 黒田官兵衛 上司の弱点を指摘するな 五十二 豊臣秀吉 主人は無理をいうなるものと知れ。 五十三 前田慶次 七年の病なければ三年の藻草も用いず雲無心にしてくぎを出るもまたをかし 詩歌に心無ければ月下も苦にならず寝たき時は昼も寝起きたき時は夜も起きる 九品蓮台に至らんと思う欲心なければ 八幡地獄におつべき罪もなし 生きるだけ生きたらば死ぬでもあらうかと思ふ 五十四 徳川家康 及ばざるは 過ぎたるに 勝れり 五十五 武田信繁 合戦が近くなったら、兵を荒っぽく扱え。 兵はその怒りを戦いにつなげて、激しく戦うからである。 五十六 立花宗茂 戦いは兵が多いか少ないかで決まるのでなく、一つにまとまっているかどうかである。 人数が多いからといって勝利できるものではない。 五十七 井伊直孝 義に背けば勝っても勝ちではなく、義を貫けば負けても負けではない。 五十八 福島正則 酒船一艘失ったとて大したことではないが、指図を受ける手立てのない時、汝の一存で秀家公に酒一樽を贈ったとは、よく計らってくれた。 もし汝が、われを憚って秀家公の所望する酒を惜しんでいれば、われは吝嗇の汚名を残したであろう。 五十九 武田信玄 渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。 国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。 六十 毛利元就 中国地方の全部とは愚かなことだ。 天下を全部持つようにと祈ればよいものを。 天下を取ろうとすれば、だんだん中国地方は取れる。 中国地方だけを取ろうと思えば、どうして取れるだろうか。 六十一 井伊直孝 戦争はこちらが風邪をひいている時にもはじまる。 これしきの寒さでくたばるような当主なら、もっと頑丈な者に当主をかわってもらったほうが徳川のためだ。 六十二 水野勝成 すべての士に、身分の貴い、賤しいはない。 主君となり、従者となって、互いに頼み合ってこそ、世は立つ習いである。 だから、大事の時は身を捨てて忠義をなすのだ。 汝らは我をば親と思われよ。 我は汝らを子と思わん。 六十三 千利休 小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります。 六十四 前田利家 戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。 六十五 宇喜多直家 一人で事に当たるな 六十六 徳川家康 大将たる者、味方の盆の窪ばかり見ていて、合戦で勝てるわけがない 六十七 明智光秀 仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。 これをみれば、土地百姓は可愛いことなり。 六十八 島津義久 肝要のところに気を配れ。 どうでもよいところに気をつけるものではない。 小板葺きにして立派になっても、百姓が疲れきっているようでは、使者は国主の政治が良くないことを見抜くだろう。 使者になるほどの者は、様々なことに気付く者だ。 途中、当国の地を通って風俗、生活を見て、富み栄えているか、城門が粗末であろうと何の問題もない。 むしろ、城門は立派なのに民衆が疲労している方が問題だ。 六十九 織田信長 人城を頼らば、城人を捨てん 七十 太原雪斎 おのれの才がたかが知れたものと、観じきってしまえば、無限に外の知恵というものが入ってくるものだ。 七十一 立花道雪 戦は運、不運が絡むもの。 お前の頑張りは私がよく知っている。 手柄を立てようと焦って討ち死にするのは不忠である。 お前達がいるからこそ私も安心して戦場に出られるのだ。 七十二 上杉謙信 信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。 自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。 さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。 七十三 竹中半兵衛 分に過ぎたる価をもって馬を買うべからず 七十四 伊達政宗 若者は勇猛に頼り、壮年は相手の強弱を測って戦う 七十五 織田信長 仕事は自分で探して、創り出すものだ。 与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ 七十六 上杉謙信 武士の子は、十四、五歳の頃までは、わがままであっても勇気を育て、臆する気持ちを持たせぬようにせよ。 勇気のある父を持つ子は臆する心を持たぬ。 父は常々、この道を説き諭すことが大事である。 七十七 松永久秀 世間の人は嘘を云いくるめて、嘘ばかりの世の中に暮らしている。 故、たまたま真実ばかり申す者が現れると、それが嘘だと思ってしまう。 七十八 加藤嘉明 人におもねり機嫌を取る人間は、一時は抜群の勇気を奮うが、信用ならぬ。 へつらって上の者に可愛がられ、高禄を得て、後ろ指をさされることぐらい、本人もよくわかっている。 わかっていて自らを欺くのは、恥を顧みない者である。 恥を顧みない者は主人を殺してでも、自分を利することをやる。 偽りと欲とは品は変わっても、つきつめれば同じである。 七十九 豊臣秀吉 負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。 逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。 八十 南光坊天海 学んで思わざれば罔(くら)し。 思うて学ばざれば殆(あやう)し 八十一 上杉謙信 手にする道具は得意とする業物でよい。 飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。 鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。 八十二 石田三成 大義を思うものは、たとえ首をはねられ瞬間までも命を大切にして、なにとぞ本意を達せんと思う。 八十三 武田信玄 為せば成る 為さねば成らぬ成る業を 成らぬと捨つる人のはかなさ 八十四 織田信長 臆病者の目には、全て敵が大軍に見える 八十五 豊臣秀吉 人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ。 戦のときも先駆けをして 八十六 鳥居元忠 我、ここにて天下の勢を引き受け、百分の一にも対し難き人数をもって防ぎ戦い、目覚ましく討ち死にせん。 八十七 上杉謙信 上策は敵も察知す。 われ下策をとり、死地に入って敵の後巻を断たん。 八十八 加藤清正 上一人の気持ちは、下万人に通ずる。 八十九 武田信繁 何事につけても,つねに堪忍の二字を忘れてはならぬ 九十 島左近 ただ城下の繁栄に驕って、下々の憂苦を思わず、武具にのみ力を入れて城郭を構築しても、徳と礼儀がなければ甚だ危うい 九十一 島津忠良 善くも悪しくも善なりなせばなす 心よこころ恥よおそれよ 九十二 武田信繁 家中の郎従に対して、慈悲の心が肝要である。 家来の者が病気で苦しんでいる時は、たとえ手間がかかっても、心をこめて指図を加えてやりなさい。 臣下の身を、自分がノドの渇きのように思うことだ。 九十三 佐々成政 信長公に属さない国々があるのは、徳が至らないからと思い召されて、良くないところは反省なさいませ。 九十四 斎藤 道三 山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候 九十五 武田信玄 老人には経験という宝物がある 九十六 伊達政宗 茶器を割ったのではない。 自分の器量の小ささを割ったのだ。 九十七 黒田官兵衛 おまえは時々、部下を夏の火鉢やひでりの雨傘にしている。 改めよ。 九十八 毛利元就 我は酒が飲めぬから、かように長生きなのだ。 酒を飲まなければ、七十、八十まで健康でいられて、目出度いことだ。 九十九 柳生宗厳 一文は無文の師、他流に勝つべきにあらず。 きのふの我に今日は勝つべし 百 前田玄以 牛を斬れ.

次の

戦国の女性28名を紹介(肖像画あり)

戦国 武将 名前

早いと妊娠6ヶ月頃に性別がわかり、妊娠8ヶ月頃にはどちらかはっきりとわかることもあります。 赤ちゃんの名前を考えている時間はとても幸せです。 その反面 「赤ちゃんにとって一番いい名前をつけてあげたい!」 「本当にこの名前で大丈夫かな・・・」 「もっといい名前があるかもしれない・・・」 といった気持ちも大きくなっていきます。 私もそうだったのですが、考えれば考えるほど名前の方向性がわからなくなり、なんとなくキラキラネームに近づいているような・・・。 最近の名づけの傾向では、古風な名前が人気となっています。 中でも戦国武将の名前をそのままつけたり、戦国武将の名前を思わせるような名前をつけたりする人も増えています。 戦国武将の名前が人気なのは、 ・日本人らしい名前をつけたいから ・かっこいい名前が多いから ・力強いイメージがあるから ・好きな漢字を使っているから といった理由が挙げられます。 私の周りでも戦国武将の名前をイメージさせる名前をつけた人が何人かいます。 男の子は男の子らしく、たくましいイメージがありますよね! 戦国武将の名前をつけたいと思っている人のために、人気の戦国武将の名前や漢字も併せて紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 キラキラネームは避けたい!古風な名前が人気! 2000年前後になると、 ・子どもの名前は誰かとかぶりたくない ・名前に個性を持たせたい ・外国でも通用する名前をつけたい ・唯一無二の名前をつけたい といったことが言われるようになり、子どもの名前が個性的になっていく傾向にありましたよね。 世間では『キラキラネーム』とか『ドキュンネーム』と呼ばれ、名づけられた本人も大人になるにつれて名前に違和感を持つようになったというケースも少なくありません。 そんな風潮から、ここ数年では子どもに古風な名前をつけたいと考える人が増えているようです。 私の周りにも日本人らしい古風な名前をつけた人が本当にたくさんいます。 古風な名前をつけることにメリットを感じる人が多いことが大きな理由のようです。 賢そうなイメージを持つ人が多い 和の雰囲気を持った漢字や言葉を名前に取り入れることで、名前を聞いただけで賢そうなイメージを持つことってありますよね。 漢字を取り上げると、 ・正 ・清 ・百 ・千 ・菊 ・敬 ・和 ・幸 などなど。 どうでしょうか。 この漢字をパッと見ただけで、なんとなく賢そうできりっとしたイメージがわきませんか? 普段は名前は声を出して呼ぶことが多いです。 名前の響きも古風なものが人気の傾向に。 大人になってもしっくりくる名前を 子どもに名前をつけるときは、当たり前ですが生まれたばかりの小さなかわいい赤ちゃんです。 その小さな赤ちゃんにぴったり合うような名前を考えがちですよね。 でも赤ちゃんは私たちと同じように歳を重ねて大人になります。 将来は今の自分よりも歳を重ねることになりますよね。 今では名づけのときに歳を取ってもしっくりくるような名前をつけたいと考えている人が増えています。 あえて実例は出しませんが、私が知っている中でも「30代40代でこの名前は・・・」という子がいるのも事実。 おじいちゃんやおばあちゃんになっても、『さん』付けで呼ばれてもおかしくない名前をつけたいと思う人が多いんですね。 個性がありながら落ち着いた名前をつけたい 古風で落ち着いた名前をつけたいと思う反面、「ありきたりは嫌!個性もきらりと光る名前が理想!」と思っている人は多いと思います。 私も娘の名前をつけるときに、キラキラはしていないけどちょっとだけ個性のある名前にしたいと思いました。 そんな人におすすめなのが、戦国武将の名前を参考にするということ。 次の項目からは、戦国武将の名前が人気の理由や人気の戦国武将の名前を紹介していきますね! 戦国武将の名前が大注目!その理由は? 戦国武将の名前を子どもの名前につけるのがじわじわと人気となっています。 その理由としては、 ・日本人らしい名前をつけたい! ・戦国武将はかっこいい名前が多い! ・力強いイメージがある ・好きな漢字を使っている といったことが挙げられるでしょうか。 赤ちゃんの名づけで戦国武将の名前を取り入れようかな、と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。 流行に左右されない日本人らしい名前をつけたい! 戦国武将の名前は、使っている感じは日本で昔からあるものです。 それに加えて戦国武将というだけで日本人らしい!というイメージもありますよね。 戦国武将の名前というと、古風な印象があるものの読み方がちょっと変わっているなど個性も十分! ・日本人らしい古風な名前をつけたい ・流行に左右されない名前をつけたい ・個性がある名前をつけたい こう考えている人に、戦国武将の名前はぴったりというわけです。 戦国武将の名前はとにかくかっこいい! もうひとつの理由は、戦国武将の名前はかっこいい名前が多いということ。 有名な戦国武将の名前を挙げると、 ・徳川 家康 ・織田 信長 ・豊臣 秀吉 ・伊達 正宗 ・源 頼朝 などは、強そうでかっこいいですよね。 我が子にもたくましく男の子らしく育ってもらいたいという願いを込めて、戦国武将の名前をチョイスする人も多いです。 パッと見で力強いイメージがある! 前の項目と少し重なる部分はありますが、戦国武将の名前はパッと見で力強くたくましいイメージがあります。 中性的な名前も魅力的ですが、男の子には男の子らしい名前を付けようと思っている人も多いですよね。 戦国武将の名前をそのままつけてもいいですし、戦国武将にいそうな名前にするのもおすすめ。 『虎』や『秀』など人気の漢字が多く使われている! 戦国武将の名前が人気なのは、やはり男の子の名づけに人気の漢字が多く使われているという点も大きな理由です。 例えば ・虎 ・秀 ・光 ・謙 ・信 ・成 などなど。 人気の漢字だけでなく字面がいいという理由もあると思います。 ・景 ・時 ・続 ・兼 などの漢字は意味合いも魅力です。 パッと見のイメージ+漢字の意味を考えた時に、戦国武将の名前がしっくりきたという人も少なくないようですね。 人気の戦国武将の名前8選 ここでは人気の戦国武将の名前を紹介します。 人気なのは次の8名。 明智 光秀 2. 石田 三成 3. 加藤 清正 4. 上杉 謙信 5. 直江 兼続 6. 北条 時宗 7. 高山 右近 8. 山本 勘助 漢字もそうですが、響きや見た目のイメージも魅力的ですよね! これからいよいよ名前を考えようと思っている人は、参考にしてみてくださいね。 明智光秀 戦国時代から安土桃山時代を生きた戦国武将。 歴史に詳しくない人でも、この人の名前を聞いたことがあるという人は多いと思います。 『本能寺の変』と言えばもっとわかりやすいでしょうか。 歴史好きの人の中でも明智光秀は人気の高い武将です。 使われている感じも『みつひで』という響きもいいですよね! 石田三成 安土桃山時代に豊臣家の家臣として仕えた戦国武将。 女性ファンが多いことでも有名です。 天才と評価される反面、敵を作りやすい性格でもあったとか。 わずか20万石の一家臣が250万石の大名である徳川家に戦いを挑んだことも、勇敢な男として評価されているようですよ。 加藤清正 安土桃山時代から江戸時代の初期に生きた戦国武将。 豊臣秀吉の子飼いから肥後の大名となった人物です。 『鬼将軍』と呼ばれることもあったようですが、熊本城を築き義に熱い武将として人気が高いですよ。 人望・政治手腕もあることも魅力的! 通称である『虎之助』もかっこいいですよね! 上杉謙信 『軍神』『越後の虎』『越後の龍』などとも呼ばれていた越後国の戦国武将。 宿敵である武田信玄との『川中島の合戦』は有名ですよね! 上杉謙信は幼名を『長尾景虎』、のちに上杉憲政の養子となり『上杉政虎』、最終的に『上杉輝虎』と何度も改名しているそう。 どの名前も凛々しくかっこいいですね! 直江兼続 戦国時代から江戸時代にかけて生きた戦国武将。 越後で生まれ、のちに米沢藩の家老となる人物です。 NHKの大河ドラマでも有名ですよね。 自分は質素な暮らしをしながら国造りに力を入れたことが評価されています。 上杉謙信との関係性も高いとして、人気のある戦国武将です。 北条時宗 鎌倉時代中期の武将。 鎌倉幕府の第8代執権としても知られていますよね。 歴史を学ぶ上で必ず出てくる人物ではないでしょうか。 モンゴルとの関係が悪化する中執権として就任し、モンゴルからの圧力を退け日本をすくった英雄としても人気です。 『時』や『宗』という字が古風ながら今っぽさもあっていいですね。 高山右近 戦国時代から江戸時代に生きた武将。 キリシタン大名として知られていますね。 徳川家康によるキリシタン国外追放が行われるまでは、キリシタン大名としての影響力はとても大きかったとされています。 『右近』という名前は実は通称。 以前は『友祥(ともなが)』、改名後は『長房』と称しています。 こちらの名前も素敵ですね。 山本勘助 戦国時代の武将ですが、滅びた大名のため資料が多くは残っていない人物です。 山本勘助の記述がある『甲陽軍艦』という書籍には、名軍師として記録されていますが、明治時代になり山本勘助の存在自体を疑うようになったことも。 いまだにわからないことが多い人物として研究され続けているようです。 戦国武将の名前をそのままつけると読みづらいことも 前の項目では人気の戦国武将の名前を紹介しましたが、気になる名前は見つかりましたか? 戦国武将の名前は勇ましくかっこいいですが、そのまま子どもの名前としてつけてしまうと、 ・読みづらい ・古く感じる ・そのままの名前に違和感がある といったこともあるでしょう。 戦国武将の名前をそのまま名づけるのではなく、 ・戦国武将の名前の漢字を組み合わせる ・読みや漢字を変える ・雰囲気だけ武将っぽくする といった工夫をするのがおすすめ。 こういった工夫をすることで、唯一無二の名前をつけてあげることができますね! 戦国武将の名前の漢字を組み合わせるのもおすすめ 有能な戦国武将の名前や将軍の名前をつけたいという人もいるかもしれませんが、 ・家康 ・秀吉 ・頼朝 ・信長 といった名前は「ちょっとつけづらいな・・・」と感じることもありますよね。 そんな時は好きな戦国武将で使われている漢字を組み合わせてみるのはいかがでしょう。 1文字だけ取って名前に取り入れるのもおすすめですよ! 読みや漢字を変えて個性を出す! 全く同じにするのではなく、 ・同じ漢字で読みを変える ・同じ読みで漢字を変える という方法もありますよ。 ちょっと変えてあげるだけで個性が出ますし、武将と全く同じ名前というわけではなくなるのでおすすめです。 戦国武将の名前にこだわりすぎるのはNG 歴史が好きな人は特に戦国武将の名前にこだわって名前をつけたいと思うかもしれませんね。 あまりこだわりすぎるのはおすすめできません。 戦国武将の名前も候補に入れつつ、戦国武将っぽい名前も候補に入れてみてくださいね。 たとえば武将が称した感触風の名前である東百官。 ・平馬(へいま) ・藤馬(とうま) ・多門(たもん) ・織之助(おりのすけ) などがあります。 こういったものを参考に決めてみるのもいいかもしれませんね。 子どものために思いを込めた名前をつけよう 子どもへの名づけは、『親からの初めてのプレゼント』などと言われていますよね。 名前をつけるのは親ですが、その名前を一生使うのは子どもです。 どんな思いでその名前にしたのかを、子どもが大きくなったときにきちんと説明できるような名前をつけてあげるのが利用です。 その名前にどんな思いを込めたかが重要! どの学校でも行っていることかわかりませんが、私の娘は小学校2年生の時に『私の生い立ち』という授業がありました。 生まれた時の様子や現在までの成長過程と併せ、名前の由来なども調べます。 戦国武将の名前を我が子につけるのは自由ですが、 ・なぜその名前にしたのか ・どんな思いでその名前をつけたのか ということをきちんと子どもに伝えられるような名前を選んでくださいね。 戦国武将の名前を付けるときは生い立ちなどもよく調べて 字面もかっこよく響きもいい戦国武将の名前はたくさんありますが、 ・あまり評判のいい武将ではなかった ・無残な生涯の閉じ方をした ・魅力を感じる文献が残っていなかった という人物は避けたほうがいいかもしれません。 子どもが大きくなったときに、自分と同じ名前がついた武将をきっと調べるでしょう。 そうなった時のためにも、その戦国武将のことをきちんと調べたうえで納得して名づけるようにしてください。 名前は最初のプレゼント!時間をかけて考えよう 名前は親から子どもへの最初のプレゼントになります。 ただ単に「かっこいいじゃん!」というようなノリで名前をつけることのないようにしましょう。 前にも書きましたが、その名前を使うのは親ではなく子どもです。 自分がその名前をつけられたとして、今も将来も使い続けて恥ずかしくないと思えるかどうか、ということもポイントのひとつとして心の隅に置いておくといいでしょう。 いくつか名前の候補を挙げておいて、顔を見てから判断するというのもいいかもしれませんね! まとめ 戦国武将の名前を子どもの名前として取り入れる人が増えています。 ・古風な名前をつけたい ・落ち着いた名前にしたい ・たくましく力強いイメージが魅力 ・ありそうでない個性的な名前にしたい などなど、戦国武将の名前をチョイスする理由は様々です。 まるっとそのまま戦国武将の名前をつけるのもいいですが、一部だけ取り入れたり戦国武将っぽい名前にしたりするなど、工夫も必要。 子どものことを考えて、時間をかけて名前を決めてくださいね。

次の