コロナ 抗体 できる。 新型コロナウイルスを止めるべく、米国が「抗体」の開発を急いでいる

新型コロナウイルスを止めるべく、米国が「抗体」の開発を急いでいる

コロナ 抗体 できる

カナダのヴァンクーヴァーに本社があるバイオテクノロジー企業AbCelleraのオフィスに、医療宅配業者によって一両日中に発泡スチロールのクーラーボックスが届けられる。 その箱には、米国立衛生研究所(NIH)の研究者が新型コロナウイルス感染症「」の患者から採取した血液サンプルが、ドライアイスとともに詰められているはずだ。 この血液サンプルは、AbCelleraの研究室に運ばれることになる。 そして、クレジットカードの大きさのマイクロ流体チップにセットされ、数百万個の白血球が1個ずつマイクロチャンバーに分離される。 その後、それぞれの白血球は1時間ごとに撮影され、白血球が新型コロナウイルスを撃退するために生成する抗体を探し出すのだ。 「患者の血液サンプルの全細胞を数時間でチェックできます」と、AbCelleraの最高経営責任者(CEO)であるカール・ハンセンは言う。 「患者1人のサンプルから、1日のスクリーニングで400の抗体をつくれるようになりました」 抗体とは、ウイルスやその他の異物を生体内から除去するために、免疫系がつくり出すたんぱく質のことだ。 ワクチンは体内の免疫系を刺激して、侵入してくるウイルスに対する抗体の産生を促す。 同じウイルスにまた攻撃されることがあった場合にも、この免疫力は有効になる。 ワクチンの効果は何年も続くが、その開発には長い時間がかかる。 現在、COVID-19の原因ウイルスに対して使用できるワクチンはないが、ジョンソン・エンド・ジョンソンやマサチューセッツ州ケンブリッジのModernaといった製薬会社は、COVID-19のワクチンの開発に取り組んでいる。 これに対して研究者は、医師や病院職員、そして感染患者の家族など緊急に対策が必要な人がすぐに使える一時的な対策として、抗体自体の注入が役立つかどうかを研究している。 まだ症状の出ていない人に抗体を 米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)は、致死率が高い新型ウイルスに対する抗体を60日以内に特定・生成することを目標に、2年前に「パンデミック防止プラットフォーム(P3)」プログラムを立ち上げている。 デューク大学とヴァンダービルト大学のメディカルスクールから研究者を募り、AbCelleraと製薬大手のアストラゼネカにも協力を求めた。 いま中国で猛威を振るっている新型コロナウイルスのようなアウトブレイクに備えて、P3プログラムの科学者は、SARS(重症急性呼吸器症候群)およびMERS(中東呼吸器症候群)の原因となるウイルスを使用して試験を実施した。 どちらもコロナウイルス科のウイルスで、COVID-19と密接に関連している。 研究者はこの2種類のコロナウイルスの抗体を分離したあと、遺伝子コードを特定し、それを基に抗体を大量生産する。 患者に直接注射することで、感染したコロナウイルスに対して即座に抵抗力を与える抗体薬を開発することが目標だ。 「わたしたちは患者の血液を採取し、抗体を特定します。 これを素早く実施するのです」と、DARPAのバイオロジカルテクノロジー研究室プログラムマネージャーのエイミー・ジェンキンスは説明する。 同研究室はAbCelleraの研究に4年間で3,500万ドル(約38億4,000万円)の資金を支援している。 「抗体を分離できたら、まだ症状の出ていない人にその抗体を与えることができます。 抗体はワクチンと同じように感染を防ぎます。 違いは、ワクチンの効果は長く持続する点です。 わたしたちはワクチンほど効果が長く続かなくても、いますぐ免疫力をつけられる治療法を目指しています」 米国では入手困難な血液サンプル すべてうまく進めば、数年は効果が続くワクチンに対して、この抗体治療による効果の持続期間は数カ月になるとジェンキンスは言う。 とはいえ、研究者は動物およびヒトの臨床試験で、この抗体の安全性と有効性をテストする必要がまだある。 もちろん、抗体を使った治療法の開発は簡単ではない。 そもそも、COVID-19を発症した15人の米国人患者のうち、献血に同意した人はこれまで1人しかいない(中国には数千人の感染患者がいるが、米国の研究者はいまのところ米国での研究のためにその血液サンプルを入手できていない)。 したがってAbCelleraは、DARPAおよび米疾病管理予防センター(CDC)と提携して治療法を開発しているほかの企業や学術機関とともに、貴重な米国人患者の血液サンプルほんの数滴を得るために順番待ちの状態だ。 「わたしたちは血液サンプルが到着したら、すぐその場に行けるようにチームを配備しています」と、AbCelleraの研究開発責任者であるエスター・ファルコナーは言う。 「サンプル入手が待ち遠しいです」 中国の科学者チームは1月31日に、コロナウイルスの表面に結合し、中和作用を発揮すると思われる抗体を発見したと。 この研究論文はプレプリントサーヴァー「bioRxiv(バイオアーカイヴ)」に投稿されたもので、まだほかの科学者による査読を受けていない。 また大量生産され、動物またはヒトで試験された場合のこの抗体の有効性は明らかではない。 この抗体治療が有効な場合、誰が最初に治療を受けるのかという問題もある。 COVID-19患者の治療を実施している特定の病院で働く医療従事者か、それとも感染が確認された人と同じ屋根の下に暮らす家族なのか(抗体は米国では、政府の公衆衛生当局によって配布されることになる可能性が高い)。 ボトルネックは抗体の生産体制 もうひとつ考えられる問題は、抗体の生産規模拡大におけるボトルネックだ。 必要とするすべての人に配布できる量の抗体を製薬会社が生産できるとは考えにくいと、医療専門家は指摘する。 ネブラスカ大学医療センターの新興疾患専門家であるジェームス・ローラーは、「生産能力に限界があります」と言う。 ローラーはDARPAのプログラムには関与していない。 「適切な抗体の精製能力はかなり進歩しました。 しかし、どのようにすれば世界的な感染症の流行に効果をもたらせるほど素早く抗体を生産できるのかという問題は、まだ残っています」 ローラーによると、米国の5,500以上の病院および医療センターの医師や看護師、医療従事者を保護するには、100万回分以上の投与量が必要になる。 「数百万回分の投与量の抗体医薬品を生産するように数カ月で生産規模を拡大するのは、かなり難しいです」と、ローラーは言う。 「わたしたちにはそのような短期間に治療薬や予防薬の生産を拡大する能力はありません。 2年後にはそのレヴェルに到達できるかもしれません」 機械学習とパターン認識が効果を発揮する このような障害があるなか、DARPAのプログラムに携わる医学研究者は、最先端のツールを使って細胞のスクリーニングとイメージングを進める準備は整っていると語る。 この最先端のツールは近年、機械学習とパターン認識の進歩で進化している。 AbCelleraのマシンは、何百万枚もの画像から新型コロナウイルスの表面に結合する完璧な抗体を発見するように訓練されている。 「最も効果のある抗体が必要です」と、カーナハンは言う。 「それを見つけるには多くの作業が必要になります。 ジカを対象にした際に、わたしたちは小さなサブセットを取り出して、それを詳しく研究することを繰り返しました。 パンデミックの最中には、そんなことをしている余裕はありません」 事態は急速に進展する? ヴァンダービルト大学のカーナハンは、新型コロナウイルスの米国人患者の血液サンプルがもうすぐ手に入ると考えている。 米国人の患者が少ないため、カーナハンの同僚は中国以外の国に居住する感染患者からサンプルを入手しようとしている。 ただし、共同研究プログラムを調整する国際機関がまだ存在しないため、サンプルを入手するには各国の病院管理者および公衆衛生当局に直接働きかける必要がある。 「わたしたちの誰もがサンプルを待ち望んでいます」と、カーナハンは言う。 「感染患者のサンプルが手に入るようになれば、事態は急速に進展するでしょう。 また安全面から考えると、サンプルが米国中を飛び回っていないのは悪いことではないと思います」.

次の

新型コロナウイルスの正体と抗体

コロナ 抗体 できる

PR 抗体検査メリットデメリットを知っておこう 抗体検査を受けることができれば、 誰でも簡単に血液一滴で15分後には抗体反応が分かるので。 過去に陽性反応があったかが分かることでうつされる心配もうつす心配もなくなるので 「 自分は免疫があるのだ」と安心して職場復帰ができるので医療機関で戦う人たちにとって家族に安心して会えるためメリットはとても大きいと言われています。 がデメリットもあります。 抗体検査は精度がPCR検査より悪いことです。 中国で製造された抗体検査キットを何百万セット購入したイギリスは精度が悪すぎて使えないとして返品して返金騒動を起こすほどでした。 どの企業も自信満々で販売していても「その検査は本当に問題ないのか?精度は何%か?」が明確ではない場合が多いです。 もう一つは「 新型コロナウイルスは一度感染しただけで免疫ができて本当に安全かが明確ではない」ということです。 様々なメディアでもいまだに議論されていますがPCR検査で陽性だった人が陰性になり退院後に再び陽性反応が出た事例もあります。 何度も掛かる可能性のあるいまだ未知のウイルスであるため抗体検査で安心できるとは誰も明確にできていません。 実はメリットが多く報道されている抗体検査ですが、精度が低い、信頼性が低い、 更に「新型コロナウイルスに対する情報が少なすぎる」おかげで誰もが胸を張ってこれを使えば安心ですね。 とは言えないのが現状です。 PR 抗体検査はどこで受けることができるのか? 実は日本で販売されている新型コロナ抗体検査を行っている医療機関は見つかっておりません。 私の調べ方が悪い可能性もありますが、少なくとも日本のクリニックで「新型コロナの抗体検査行っています」などを載せたブログやHPは見つかっておりません。 PCR検査が受けれないなら抗体検査を受けよう!と言う人も多いはずなのでビジネスチャンスだとは思うのですが現時点(2020年4月13日)では日本の医療現場やクリニック等では新型コロナ抗体検査を受けることはできない可能性が高いです。 ただし、確実に 日本には「新型コロナ抗体検査キット」は医療・研究向けに販売されているので、例えば大学病院などの大きな病院に問い合わせしてみるのも良いかもしれません。 日本で販売されている抗体キットは? 現在日本で購入できるコロナ検査キットが確認できたのは3つです。 (韓国薬事承認済)• (中国薬事承認)• (オーストラリア薬事承認済)• (中国で千件の臨床試験のみ) が1は 韓国製で2・3は 中国製なので例のイギリスで返品騒動のあったどれかの可能性があるので注意が必要ですね。 4のクラボウは国内メーカーが作った抗体検査キットです。 が「 本製品の使用による発生した損害及び損失について弊社は責任を負いません」と書かれているので・・・怖いです。 これらは個人購入ができるのか? 抗体検査は個人購入は可能か? 現時点では抗体検査キットを個人で購入することはできません。 ヤマト科学で販売している「GenBody Inc. 抗体迅速検出キット」も「イノビータ」「オールテスト」「クラボウ製)も現時点では 「個人向けではなく研究用として販売しています。 医薬品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証等を受けておりません。 診断目的では使用できません。 と書かれているので日本では個人での使用が制限されている可能性があります。 が、逆に日本で承認されていないから個人で購入ができると大々的に宣伝できないだけで、実は個人である程度の暗黙の了解が理解できれば購入できたりするのでしょうか・・・・? 興味はありますが勇気のある人は各検査キット販売代理店に問い合わせしても良いかもしれません。 まとめ:日本の承認を待った方がいいかも 承認を急いでいることを願うしかありませんが抗体検査を販売している機関は全て研究向けに販売している限り個人で購入するのは待った方がいいかもしれません。 日本での抗体検査の臨床結果が出ない限りは前述したとおり「抗体検査の精度が悪いのか?信頼できるのか?」が不明なままです。 現時点では焦って購入すべきではないと思います。 以上です。

次の

新型コロナウイルスの正体と抗体

コロナ 抗体 できる

中国による発表内容 新型コロナウイルスは免疫つかないということは1月31日に中国国家衛生健康委員会の記者会見で、医師が 「感染後にできる抗体には長期間持続しないものもある。 一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」と公式に警戒を呼びかけています。 新型コロナウイルスは抗体ができない? 中国の医師が発表しているように、新型コロナウイルスは感染しても抗体ができず、免疫を獲得することができないのでしょうか? BuzzFeed Japan が行った医師によるファクトチェックによれば、やはり新型コロナウイルスは免疫を獲得し難いということです。 しかしこれが 「何度も感染する=ヒトの免疫を不全にする=HIV」「飛沫感染するエイズウイルス」ということにはならないといいます。 医師によれば、感染やワクチンなどによって免疫記憶をつくる免疫は一度罹患すると原則としてはかりにくくなるなりますが、何度も感染することは特別ではなく、ヒトの免疫不全とは無関係とのことです。 さらにコロナウイルスは免疫細胞をターゲットにしておらず、免疫細胞をターゲットにしているHIVとはその点においても異なると指摘しています。 新型コロナウイルスは抗体ができない理由 ウイルスに感染すると、体内では 「抗体」と、侵入した病原体を記憶し次回侵入した場合に攻撃する機能をもつ 「免疫記憶」が作られます。 麻疹や風疹、水疱瘡などは免疫記憶が作られたため、一度感染すると二度と感染しないことが多いと言われています。 しかしウイルスには免疫記憶が形成されづらいものがあり、それが、インフルエンザやHIVということです。 インフルエンザの場合は、ウイルスの進化が早く頻繁に変異し、型も多いため昨年インフルエンザに罹ったのに、また今年も罹るということが生じるようです。 インフルエンザの他、ノロウイルスも同様の理由で何度も罹ることがあります。 新型コロナウイルスについては、実際に免疫記憶ができにくいということが生じた可能性があり、また現時点不明点が多いウイルスのため、中国当局は再感染の懸念を発表したようです。 (参考) 集団免疫は獲得できる? 十分な人がウイルスに感染し軽く発症し免疫をつけることで、 ウイルスは新たな宿主を見つけ出すことが難しくなり、感染爆発を回避することができるとされる集団免疫。 しかし、集団免疫が根付くためには、 感染した人が新型コロナウイルスへ耐性を持つ必要があります。 コロナウイルスへの免疫は長く続かない? 4種のコロナウイルスが引き起こしている一般的な風邪の症状。 風邪は一生に一回ではなく、何度もひくことが多いですが、それはコロナウイルスに対する人間の免疫は長く続かないからです。 新型コロナウイルスも既存のコロナウイルスと類似しているなら、集団免疫を維持し続けるのは難しくなるようです。 ゴーント氏によれば、今回の新型の他に、一般的なかぜ症状を引き起こす4種類のコロナウイルスが、すでに人類全体に広まっている。 それでも毎年流行し続けるのは、これらのコロナウイルスに対する私たちの免疫が長く続かないからだ。 もしも新型コロナウイルスがこれらに類似しているとすれば、集団免疫が維持されるには、人々がワクチン接種や感染を何度も繰り返さなければならない。 () 新型コロナウイルスはすぐに再感染する? 回復後に新型コロナウイルスが再び陽性になると報じられていますが、 再感染というより、「ウイルス排出が長期間続いており、排出量がその時々によって増減していた」という説明のほうが妥当性が高く、 また新型コロナウイルスはすぐに再感染する可能性は低いと専門家は言います。 回復してもすぐに再感染する可能性は、今のところ「ありえないと考えていい」とアバーテ氏も言う。 もしもそこまで早く再感染することがありうるなら、世界の一部地域で急速に感染者数が減少している現状を説明できない。 それに、これまでに知られているどんなウイルスにおいても、そんなことは起こっていないと、同氏は話す。

次の