スマホプラン スマホ ベーシック プラン 違い。 Y!mobile「スマホベーシックプラン」は過去プランと何が変わった?1分でわかる分離プランの変更点と特徴を徹底解説

【Y!mobile】旧料金プランと新料金「スマホベーシック」の違い【プランR】

スマホプラン スマホ ベーシック プラン 違い

さて、それでは順番にみていきますか。 2年目以降から1,000円高くなります。 でも、今回の新料金プラン「スマホプラン」では、1年目だろうと2年目だろうと何年継続して利用しようと、料金は一切変わらず! これは、有難いですね。 だって、ずっと使っていて突然料金が高くなる 割引サービス終了に伴い と驚くじゃないですか? 僕もそうでした。 だから、みなさんも同様の反応を起こすはずです。 でも、新プランならそんな心配ないです。 数あるプランの中でも、データ容量が最も大きいLプランの料金が1,000円安くなったのは非常に嬉しい。 今までは、Lプランて高いから格安SIMでは利用する機会なかったけど、今後は検討の余地がでてきました。 しかし、何でLプランだけ安くなっているんでしょうかね? 実はLプランに関しては、よく見てみると料金以外にも変更となっている点がありました。 というか、対応はしないでしょう。 大容量プランを利用するくらいなら、格安SIMで契約なんてしないですからね。 だから、新プラン提供に伴って、料金を下げるためにデータ容量も減らしたってわけでしょうね。 解除料金が0円 「スマホプラン」では、何ともユーザーにとっては最高に嬉しい事この上ない。 なんと解除料金が 0円です。 1円たりともかからないです。 これはつまり、自分の好きなタイミングで解約や他社へ乗り換えをしたとしても、違約金が一切かからないことを意味しています。 新しく「通話オプション」が誕生 「通話オプション」というものは、いままでのUQ mobileにはなかったものになります。 このオプションは必ずしも申込みをしなければいけないって訳ではないので、不要であれば申込みしないに限りますね。 何十回、何百回、何万回通話をしても無料だぃ!! 「10分以内」のかけ放題オプションの場合、月に700円かかるものの、頻繁に通話を利用するならば断然お得です。 あるいは、長時間通話を頻繁に利用する場合であれば、「24時間」かけ放題オプションで利用するのばベター。 金額は1,700円と、「10分以内」かけ放題オプションよりも1,000円高いですが、それでもしょっちゅう使うのであればメリットしかないです。 今後も継続して利用したいって思っている方は安心してください。 実際、プラン変更はした方がいいのでしょうか? 新プラン「スマホプラン」にはプラン変更した方が良いの? 新プランの「スマホプラン」への変更については、人それぞれなので一概には変更した方が良いとは言えません。 無料通話を利用するには、通話オプションを申込みしなければいけない点です。 つまり、今までよりも料金が数百円ほど高くなってしまうということです。 格安SIMを利用するメリットって、料金が安いからですよね? なので、今よりも料金が高くなってしまうことだけは避けたいじゃないですか。 ただし、通話オプションに申込みしなければ、デメリットはなくなります。 逆に、「スマホプラン」のメリットって何と言っても 解除料金がかからない点です。 いずれ解約や乗り換えすることを考慮すれば「スマホプラン」へ変更しておくのも良いでしょう。 結論、今のプランにある無料通話分で十分事足りているのであれば、「スマホプラン」へ変更する必要はありません。 もしも、今のプランでは無料通話が不足しているよであれば、「スマホプラン」へ変更した方が良いです。 また、殆ど通話を使わない場合も同様に「スマホプラン」へ変更して良いでしょう。 僕は現在、「おしゃべりプランS」で契約していますが、すぐには「スマホプラン」に変更はしません。 何故ならば、変更したくても変更ができないからです。 実は、「おしゃべりプランS」から「スマホプラン」へプラン変更するには、「おしゃべりプランS」を利用し始めてから 25ヶ月目以降じゃないと「スマホプラン」に変更できないんですよ。 一体どういうことなのか、また他の料金プランから「スマホプラン」へは変更できるのか? 詳細については、からご覧下さい。 解約や乗り換えの賢い利用術についても書いていくので楽しみにしていていください。

次の

ワイモバイルの旧料金プラン「スマホプラン」の解説。新プラン「スマホベーシックプラン」との違いやプラン変更条件をまとめてみた。

スマホプラン スマホ ベーシック プラン 違い

ちょっと、他の格安SIMに比べると割高になっていますが、新規契約直後は「ワンキュッパ割」適用により加入翌月から12ヵ月基本使用料が1,000円割引となります。 さらに、データ増量無料キャンペーン適用の場合、データ増量オプションの月額料が加入翌月から24ヵ月無料となりますので、当初2年間のデータ量は以下の様になります。 また、上記の価格は2年契約の料金となっています。 更新月以外に解約を行うと、契約解除料として9,500円がかかります。 ) ・5分以内のかけ放題や無料通話がオプション扱いになった。 ・基本データ量を増量(プランS・プランMのみ) ・Lプランの廃止 ・各プラン500円程安くなっている。 ザっと違いをまとめると、上記の様になります。 2年契約を廃止したのは大きいと思います。 これで、いつ解約してもバカ高い違約金を払うことはなくなりました。 さらに、各プラン共に値下げがされています。 ・ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること ・機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」にプラン変更すること 上記の条件を満たしていれば、更新月以外に「スマホベーシックプラン」へ変更しても違約金は発生しません。 要するに2年以上契約しているか、機種変更を行えば、更新月は関係なく、いつでも「スマホベーシックプラン」への変更は出来ますよ。 って事です。 2年以上ワイモバイルを契約している場合、または機種変更をする方は、「スマホベーシックプラン」への変更をした方がよさそうです。

次の

UQモバイル新プラン「スマホプラン」と従来プラン「おしゃべりプラン」「ピッタリプラン」との違いは?

スマホプラン スマホ ベーシック プラン 違い

さて、それでは順番にみていきますか。 2年目以降から1,000円高くなります。 でも、今回の新料金プラン「スマホプラン」では、1年目だろうと2年目だろうと何年継続して利用しようと、料金は一切変わらず! これは、有難いですね。 だって、ずっと使っていて突然料金が高くなる 割引サービス終了に伴い と驚くじゃないですか? 僕もそうでした。 だから、みなさんも同様の反応を起こすはずです。 でも、新プランならそんな心配ないです。 数あるプランの中でも、データ容量が最も大きいLプランの料金が1,000円安くなったのは非常に嬉しい。 今までは、Lプランて高いから格安SIMでは利用する機会なかったけど、今後は検討の余地がでてきました。 しかし、何でLプランだけ安くなっているんでしょうかね? 実はLプランに関しては、よく見てみると料金以外にも変更となっている点がありました。 というか、対応はしないでしょう。 大容量プランを利用するくらいなら、格安SIMで契約なんてしないですからね。 だから、新プラン提供に伴って、料金を下げるためにデータ容量も減らしたってわけでしょうね。 解除料金が0円 「スマホプラン」では、何ともユーザーにとっては最高に嬉しい事この上ない。 なんと解除料金が 0円です。 1円たりともかからないです。 これはつまり、自分の好きなタイミングで解約や他社へ乗り換えをしたとしても、違約金が一切かからないことを意味しています。 新しく「通話オプション」が誕生 「通話オプション」というものは、いままでのUQ mobileにはなかったものになります。 このオプションは必ずしも申込みをしなければいけないって訳ではないので、不要であれば申込みしないに限りますね。 何十回、何百回、何万回通話をしても無料だぃ!! 「10分以内」のかけ放題オプションの場合、月に700円かかるものの、頻繁に通話を利用するならば断然お得です。 あるいは、長時間通話を頻繁に利用する場合であれば、「24時間」かけ放題オプションで利用するのばベター。 金額は1,700円と、「10分以内」かけ放題オプションよりも1,000円高いですが、それでもしょっちゅう使うのであればメリットしかないです。 今後も継続して利用したいって思っている方は安心してください。 実際、プラン変更はした方がいいのでしょうか? 新プラン「スマホプラン」にはプラン変更した方が良いの? 新プランの「スマホプラン」への変更については、人それぞれなので一概には変更した方が良いとは言えません。 無料通話を利用するには、通話オプションを申込みしなければいけない点です。 つまり、今までよりも料金が数百円ほど高くなってしまうということです。 格安SIMを利用するメリットって、料金が安いからですよね? なので、今よりも料金が高くなってしまうことだけは避けたいじゃないですか。 ただし、通話オプションに申込みしなければ、デメリットはなくなります。 逆に、「スマホプラン」のメリットって何と言っても 解除料金がかからない点です。 いずれ解約や乗り換えすることを考慮すれば「スマホプラン」へ変更しておくのも良いでしょう。 結論、今のプランにある無料通話分で十分事足りているのであれば、「スマホプラン」へ変更する必要はありません。 もしも、今のプランでは無料通話が不足しているよであれば、「スマホプラン」へ変更した方が良いです。 また、殆ど通話を使わない場合も同様に「スマホプラン」へ変更して良いでしょう。 僕は現在、「おしゃべりプランS」で契約していますが、すぐには「スマホプラン」に変更はしません。 何故ならば、変更したくても変更ができないからです。 実は、「おしゃべりプランS」から「スマホプラン」へプラン変更するには、「おしゃべりプランS」を利用し始めてから 25ヶ月目以降じゃないと「スマホプラン」に変更できないんですよ。 一体どういうことなのか、また他の料金プランから「スマホプラン」へは変更できるのか? 詳細については、からご覧下さい。 解約や乗り換えの賢い利用術についても書いていくので楽しみにしていていください。

次の