全日本選手権 フィギュア。 フィギュア スケート:四大陸 選手権 男子フリー 全結果 = 2020年 2月9日 韓国・ソウル

第88回全日本フィギュアスケート選手権大会

全日本選手権 フィギュア

1.全日本フィギュアスケート選手権大会全日本フィギュアスケート選手権大会の概要はこちらです。 順位 選手 ショート フリー 合計 動画 紀平梨花 73. 98 155. 22 229. 20 樋口新葉 68. 10 138. 51 206. 61 川畑和愛 65. 53 128. 43 193. 96 4 宮原知子 70. 11 121. 32 191. 43 5 横井ゆは菜 62. 90 128. 02 190. 92 6 坂本花織 69. 95 118. 31 188. 26 7 新田谷凜 62. 27 121. 99 184. 26 8 本田真凜 65. 92 115. 42 181. 34 9 永井優香 64. 78 109. 10 173. 88 10 吉岡詩果 60. 89 110. 55 171. 44 3.【1位】紀平梨花 229.20点ショートプログラムでトップの紀平梨花選手は、フリーの演技冒頭、予定していた4回転サルコーには挑戦せず、3回転サルコーを確実に決めました。 続くトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプは、2本目のジャンプが回転不足と判定されましたが、演技中盤には単独のトリプルアクセルを成功させて勢いに乗りました。 3つのスピンやステップでもすべて最高評価のレベル4を獲得し、演技構成点でも高い評価を得てフリーの得点は155. ショートプログラムとの合計で229. 20をマークし、2位に22点余りの大差をつけて初優勝を果たしました。 この結果、紀平選手は世界選手権の代表に内定しました。 4.【2位】樋口新葉 206.61点2位は樋口新葉選手でした。 樋口選手は、3回転ルッツと3回転トーループのジャンプなどを成功させて大きなミスなくまとめ、フリーでは2位となる138. 51をマーク。 ショートプログラムとの合計は206. 61で前半の4位から、2位に順位をあげました。 樋口選手は「ジャンプが全部終わるまでは安心できなかったが、落ち着いて諦めずにやることをずっと意識してきた。 きょうはステップの部分が1番思い切り滑れた」と演技を振り返りました。 そのうえで「2年間、表彰台に乗れず、悔しかった。 ことしは全日本選手権に照準を合わせていた。 今シーズンのこれまでの大会で見つかった課題を改善して120%の自信を持って臨めた。 練習の成果を発揮できていい大会になった」と満足そうに話しました。 6.まとめ大会が終わってみると、今回は紀平選手の1強でした。 紀平選手は「ここ数日、不安で眠れなかったが、眠れないときはファンの皆さんからもらった手紙を読んで励まされたので、感謝を感じた大会だった。 不安の中、あの演技ができたのは本当にびっくりしたし、うれしい気持ちとともに4回転を頑張らないといけないという気持ちがある」と今後の大会を見据えていました。 女子スケート選手のさらなる活躍を期待しています。 (1)世界フィギュアスケート選手権 【大会概要】 大会名称:世界フィギュアスケート選手権 開催期間:2020年3月16日~22日 開催場所:カナダ・モントリオール 昨年参加者:紀平梨花、坂本花織、宮原知子 紀平梨花は2年連続の世界選手権代表を決めました。 (2)四大陸フィギュアスケート選手権 【大会概要】 大会名称:四大陸フィギュアスケート選手権 開催期間:2020年2月4日~9日 開催場所:韓国・ソウル 昨年参加者:紀平梨花、坂本花織、三原舞依 参加国は、ヨーロッパを除くアジア、アメリカ、アフリカ、オセアニアの4つの大陸の選手です。 強豪のロシア選手は参加できません。 各種目ごとに各国最大3名なので、日本女子選手も3名が出場します。 この大会で圧勝した紀平梨花選手は、ほぼ出場決定だと思われます。 6.フィギュアスケートの国際大会の一覧フィギュアスケートの国際大会の一覧はこちらです。

次の

全日本フィギュアスケート選手権2019の出場選手・放送予定・チケット情報

全日本選手権 フィギュア

概要 [ ] ので、からにかけて開催され、男女、、競技が行われた。 本大会は、、およびの最終選考会とされた。 男子シングルは、膝の怪我のためが欠場し 、前回王者の、4度の優勝経験を持つ、で躍進したによる三つ巴の争いとなった。 その中で、ショートプログラムで2位の小塚に10点以上差をつけた髙橋が、フリースケーティングで逃げきる形で2年振り5度目の優勝を果たした。 女子シングルは、前回女王のが今季休養のため不出場。 母親の逝去から日が浅く注目を集めたが、ショート、フリーともに大きなミスなくまとめ、5度目の全日本制覇となった。 初優勝が期待された2位のは、ショート3位ながらフリーで巻き返し、準優勝となった。 また、今大会ではジュニアクラスのアイスダンスも行われた。 参加資格 [ ] 本大会の予選となるならびにの上位選手、フィギュア委員会にて出場を認められた選手に参加資格が与えられた。 競技日程 [ ] 時間は日本標準時。 太字は決勝種目。 日時 競技開始 競技終了 種目 番組 16:00 16:15 ペア 16:35 20:35 男子シングル ショートプログラム 13:00 13:35 アイスダンス 13:35 13:55 ペア 14:10 18:10 女子シングル ショートプログラム 18:25 22:20 男子シングル フリースケーティング 15:00 15:40 アイスダンス 15:55 19:40 女子シングル フリースケーティング 17:00 20:00 オールジャパン メダリスト・オン・アイス(エキシビション) 競技結果 [ ] 男子シングル [ ] 順位 名前 合計点 ショートプログラム フリースケーティング 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 1 254. 60 1 96. 05 50. 70 45. 35 0. 00 25 3 158. 55 74. 65 86. 90 3. 00 22 2 250. 97 2 85. 60 45. 30 40. 30 0. 00 19 2 165. 37 84. 87 81. 50 1. 00 21 3 241. 91 4 74. 32 37. 12 37. 20 0. 00 29 1 167. 59 88. 59 79. 00 0. 00 23 4 213. 48 3 74. 64 38. 44 36. 20 0. 00 20 6 138. 84 68. 44 70. 40 0. 00 19 5 204. 21 12 60. 05 27. 80 33. 25 1. 00 28 4 144. 16 74. 06 70. 10 0. 00 13 6 203. 41 9 62. 65 29. 00 34. 65 1. 00 23 5 140. 76 68. 86 71. 90 0. 00 15 7 201. 45 6 67. 48 36. 18 31. 30 0. 00 10 7 133. 97 69. 77 65. 20 1. 00 20 8 195. 94 5 68. 58 36. 98 32. 60 1. 00 24 9 127. 36 61. 36 67. 00 1. 00 24 9 190. 42 7 63. 49 32. 44 31. 05 0. 00 11 10 126. 93 63. 63 64. 30 1. 00 17 10 188. 30 11 60. 19 33. 34 26. 85 0. 00 13 8 128. 11 70. 51 57. 60 0. 00 16 11 178. 72 8 63. 21 36. 06 27. 15 0. 00 2 13 115. 51 61. 11 56. 40 2. 00 18 12 178. 64 13 57. 45 29. 70 28. 75 1. 00 14 11 121. 19 60. 19 61. 00 0. 00 7 13 吉田行宏 165. 82 18 49. 40 20. 10 29. 30 0. 00 22 12 116. 42 56. 82 59. 60 0. 00 8 14 164. 84 10 60. 45 28. 30 33. 15 1. 00 21 15 104. 39 42. 89 65. 50 4. 00 14 15 堀之内雄基 155. 33 17 49. 96 24. 66 25. 30 0. 00 26 14 105. 37 56. 67 49. 70 1. 00 11 16 149. 01 14 53. 96 30. 56 24. 40 1. 00 5 18 95. 05 48. 25 47. 80 1. 00 9 17 近藤琢哉 148. 42 19 48. 71 22. 76 26. 95 1. 00 15 16 99. 71 46. 91 52. 80 0. 00 4 18 小沼祐太 147. 59 16 50. 82 26. 72 24. 10 0. 00 6 17 96. 77 47. 37 49. 40 0. 00 12 19 郡山智之 145. 49 15 50. 93 22. 88 28. 05 0. 00 27 19 94. 56 39. 66 54. 90 0. 00 10 20 中村智 134. 82 20 46. 75 24. 90 22. 85 1. 00 7 21 88. 07 45. 07 43. 00 0. 00 1 21 松村成 133. 68 22 41. 90 18. 30 24. 60 1. 00 1 20 91. 78 43. 68 48. 10 0. 00 2 22 宮崎勇人 124. 63 21 41. 96 18. 36 23. 60 0. 00 12 22 82. 67 35. 57 47. 10 0. 00 6 23 江口涼一 124. 08 23 41. 51 20. 36 21. 15 0. 00 4 23 82. 57 39. 97 42. 60 0. 00 5 24 玉田裕也 115. 97 24 38. 99 18. 14 21. 85 1. 00 3 24 76. 98 35. 68 42. 30 1. 00 3 以下、フリースケーティングに進出できず - 近藤眞樹 - 25 38. 59 18. 24 20. 35 0. 00 16 - - - - - - - 山田耕新 - 26 37. 60 15. 40 23. 20 1. 00 18 - - - - - - - 野添紘介 - 27 36. 34 17. 64 20. 70 2. 00 17 - - - - - - - 松坂悠飛 - 28 34. 66 15. 76 19. 90 1. 00 9 - - - - - - - 竹田津彰太 - 29 32. 80 12. 60 20. 20 0. 00 8 - - - - - - 女子シングル [ ] 順位 名前 合計点 ショートプログラム フリースケーティング 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 1 184. 07 2 65. 40 33. 80 31. 60 0. 00 27 2 118. 67 54. 43 64. 24 0. 00 22 2 179. 27 3 59. 60 28. 56 31. 04 0. 00 29 1 119. 67 56. 87 62. 80 0. 00 19 3 172. 69 1 65. 56 35. 92 29. 64 0. 00 20 6 107. 13 48. 21 59. 92 1. 00 24 4 166. 67 5 57. 82 30. 22 27. 60 0. 00 25 5 108. 85 53. 25 55. 60 0. 00 23 5 163. 86 7 54. 14 31. 38 22. 76 0. 00 1 4 109. 72 59. 16 50. 56 0. 00 14 6 163. 85 15 47. 06 25. 94 23. 12 2. 00 11 3 116. 79 65. 59 51. 20 0. 00 8 7 156. 47 11 51. 50 27. 18 24. 32 0. 00 8 7 104. 97 53. 69 51. 28 0. 00 13 8 156. 45 4 58. 52 32. 60 25. 92 0. 00 23 11 97. 93 44. 65 53. 28 0. 00 21 9 156. 23 9 53. 04 28. 76 24. 28 0. 00 9 8 103. 19 51. 75 51. 44 0. 00 15 10 154. 11 6 54. 20 29. 24 24. 96 0. 00 19 9 99. 91 49. 03 50. 88 0. 00 20 11 148. 99 10 52. 02 29. 66 22. 36 0. 00 5 12 96. 97 51. 65 46. 32 1. 00 17 12 146. 90 8 53. 16 27. 88 25. 28 0. 00 18 13 93. 74 44. 14 49. 60 0. 00 16 13 146. 83 13 48. 26 26. 14 22. 12 0. 00 13 10 98. 57 52. 25 46. 32 0. 00 7 14 135. 68 18 45. 74 23. 66 22. 08 0. 00 24 14 89. 94 45. 94 44. 00 0. 00 11 15 133. 66 14 47. 62 25. 34 23. 28 1. 00 21 16 86. 04 38. 68 47. 36 0. 00 9 16 132. 56 17 45. 90 25. 46 21. 44 1. 00 14 15 86. 66 39. 62 47. 04 0. 00 12 17 131. 90 16 46. 92 22. 80 24. 12 0. 00 28 18 84. 98 39. 94 47. 04 2. 00 10 18 130. 38 12 48. 48 24. 88 23. 60 0. 00 26 19 81. 90 35. 82 46. 08 0. 00 18 19 近藤里奈 129. 53 20 44. 52 22. 96 22. 56 1. 00 10 17 85. 01 39. 25 45. 76 0. 00 6 20 今村紗羅 126. 22 21 44. 40 24. 40 20. 00 0. 00 12 20 81. 82 40. 46 41. 36 0. 00 4 21 長谷川奏 124. 07 19 44. 98 24. 26 20. 72 0. 00 22 22 79. 09 38. 13 40. 96 0. 00 3 22 中村未夏 123. 81 22 43. 52 24. 44 19. 08 0. 00 2 21 80. 29 38. 69 41. 60 0. 00 5 23 木内千彩子 115. 95 24 41. 82 21. 78 20. 04 0. 00 17 23 74. 13 35. 69 39. 44 1. 00 1 24 113. 89 23 42. 80 22. 80 20. 00 0. 00 4 24 71. 09 32. 25 39. 84 1. 00 2 以下、フリースケーティングに進出できず - 那須野光 - 25 41. 30 23. 38 17. 92 0. 00 15 - - - - - - - 瀬藤愛里 - 26 40. 08 23. 20 17. 88 1. 00 7 - - - - - - - 廣野真衣 - 27 38. 62 20. 18 18. 44 0. 00 16 - - - - - - - 石井綾香 - 28 33. 02 16. 74 16. 28 0. 00 6 - - - - - - - 谷川奈穂美 - 29 29. 24 14. 00 17. 24 2. 00 3 - - - - - - ペア [ ] 順位 名前 合計点 ショートプログラム フリースケーティング 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 1 and 164. 97 1 57. 42 29. 38 28. 04 0. 00 1 1 107. 55 52. 31 56. 24 1. 00 1 アイスダンス [ ] 順位 名前 合計点 ショートダンス フリーダンス 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 1 and 114. 21 1 47. 02 26. 80 20. 22 0. 00 2 1 67. 19 33. 90 33. 29 0. 00 3 2 and 106. 99 2 43. 08 22. 30 20. 78 0. 00 3 2 63. 91 30. 00 33. 91 0. 00 2 3 竹井杏奈 and 玉田裕也 75. 16 3 28. 18 12. 68 15. 50 0. 00 1 3 46. 98 21. 64 25. 34 0. 00 1 ジュニアアイスダンス [ ] 順位 名前 合計点 ショートダンス フリーダンス 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 1 and 辻馨 73. 92 1 33. 04 16. 20 16. 84 0. 00 1 1 40. 88 16. 80 25. 08 1. 00 1 代表選手選定 [ ] 今大会の結果を受け、大会終了後に発表された国際選手権大会の日本代表選手は以下の通り。

次の

全日本フィギュア選手権2019!当選倍率や当落結果はいつ?|fun doors

全日本選手権 フィギュア

概要 [ ] 歴史 [ ] (11年)、・で日本初の日本スケート会主催の全日本競技会が開催され、(大正14年)には学生によるが開催された。 (昭和5年)に全日本・フィギュアー・選手権大会として第1回全日本フィギュアスケート選手権が開催された。 による中止と直後の未開催を挟み、(昭和22年)から再び開催され現在に至る。 戦時中は第13回、第14回が中止となった。 これは(昭和16年)9月の全国大会停止令により今後は連盟主催として開催できず、加えて11月厚生省によりフィギュアスケート競技は除外されたため、神宮国民体育大会でもフィギュア競技会が開催できなかったためである。 終戦直後の第15回は、第1回と兼ねて実施された。 続く第16-18回は第3-5回国民体育大会と同じ会場で続けて開催された。 第20回は、日本スケート連盟内の紛争によって時期はずれの5月開催となり、参加者1名であったため流会となった。 各種目の実施は、男子シングルは第1回、女子シングルは第6回、ペアは第21回、アイスダンスは第25回から始まった。 開催時期は当初1月~4月に設定されていたが、(昭和41年)から11月~1月に開催することになった。 同年のみ経過措置として3月に第34回大会が、11月に第35回大会が開催された。 参加資格等 [ ] 現在の参加資格は、男女シングル、ペア及びアイスダンスで開催年度の7月1日までに15歳に達していること、男女シングルはバッジテスト7級以上、アイスダンスはパートナーのいずれかがプレゴールド以上を保有している必要がある。 ペアには制限はない。 ただし、15歳未満でもフィギュア委員会にて出場を認められた選手は参加資格を有する。 予選と本戦 [ ] 東北・北海道ブロック、関東ブロック、東京ブロック、中部ブロック、近畿ブロック、中四国・九州ブロックの6つのブロックで予選が行われ、各ブロックの上位選手と予選免除者はそれぞれ東日本ブロックと西日本ブロック大会へと進む。 東日本ブロックと西日本ブロックの上位選手と予選免除者が本戦となる全日本フィギュアスケート選手権へ出場することができる。 なお、前年の同大会で好成績を残した選手は予選が免除される。 メダリスト・オン・アイス [ ] 本大会終了の翌日には全日本選手権と全日本ジュニア上位入賞者によるエキシビション『オールジャパン メダリスト・オン・アイス』が開催されており、が特別協賛されている。 またイベントは実行委員会とが主催し、日本スケート連盟が共催する。 1978-1979シーズンから2002-2003シーズンまでは系列が放送し大会に杯争奪大会の冠が付いていた。 2003-2004シーズンからは系列がISU選手権(スピードスケート含む)と一括で放映権を取得して放送している。 原則として男女シングルは前半はCSで放送。 後半は地上波で生中継。 エキシビション(メダリストオンアイス)は当日深夜1時間ダイジェスト放送。 なお後日で2時間版が放送される。 ペア・アイスダンスも関東ローカルでダイジェスト放送。 脚注 [ ] []• 『毎日新聞』 昭和27年5月29日 4• 『日本のスケート発達史』p. 389• はで実施• 2位以下は規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 全員の規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 規定得点が規定に達しなかったため、選手権あずかりとされた。 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• 163• オープン実施• 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• ただしネット配信は著作権の都合上配信されない。 出典 [ ]• 日本スケート連盟編『日本のスケート発達史』 1981. 11 pp. 386-389(歴代メダリストの第49回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の