インスタライブ ブロックされると。 インスタでブロックの仕方!されている側はどうなるの?

【インスタ】アクションブロックされた!機能の一時停止をされた時は

インスタライブ ブロックされると

pexels. 普段何気無くやっている行為でも、やりすぎるとアカウントやその行為にロックがかかってしまう場合がありますので注意しましょう。 インスタのいいねが制限される!? インスタのいいねを短時間で多く押しすぎると、いいねできなくなる場合があります。 具体的にその制限数は 24時間で1,000以上。 時間間隔をとっていいねしても、1日累計で1,000以上してしまうとアウトです。 アウトの場合、一定期間それ以上のいいねができなくなります。 「さすがに1日1,000もいいね出来ないでしょ…」と思われるかもしれませんが、実際一般ユーザーでもロックされてしまっている方がいらっしゃいます。 「 機能の一時停止」というハッシュタグをつけたスクリーンショットの投稿が、実際にけっこうあったりします。 1時間換算にすれば約42いいねですので、出来ないこともないんですよね。 また、短時間で多くのいいね!を押してもストップがかかる場合があります。 機械的にバンバン押していくよりは、投稿のコメントもしっかり読んでからいいねを押すよう心がけたいものです。 加えて、コメントも連続で投稿するとスパム扱いされてしまいます。 1時間に数個、多くても10個程度にとどめておくのが無難でしょう。 さらに コメントは300文字以内、 ハッシュタグは4つまで、 urlを貼る場合はひとつだけという制限がありますので、あわせてご注意ください。 フォロー数の制限も 1時間に200フォロー以上すると制限がかかります。 インスタを始めたばかりの頃は連続フォローをしてしまいがちですが、アカウントの内容をしっかり吟味しつつフォローすれば引っかかりはしないはずです。 また、フォロワーを購入して大幅に増えた場合もアカウントにロックがかかってしまいます。 フォロワーやいいねの購入はすぐバレて信用を一気に失いますので、まずやらない方が無難です。 ハッシュタグの制限 もうすでにご存知の方も多いでしょうが、インスタのハッシュタグの設定は 1投稿30個までです。 それ以上つけて投稿すると、全文が自動的に消えて投稿されてしまいますので注意しましょう。 ハッシュタグは多い方がいいともよくいいますが、多ければ多いほどいい訳ではありません。 また、上述の通り コメントにつけるハッシュタグは4つまでにしましょう。 投稿の制限 複数のアカウントに同一の写真を投稿するとスパムと認識され、アカウントにロックがかかる場合があります。 これもスパムや無断転載に関する行為とみなされてしまう場合があるため、制限がかかるようになっています。 最初から別アカウントに同じ写真を載せない方が無難ですが、どうしても必要な時は写真をリツイートできるアプリを使ってリポストするか、別写真とのコラージュをするなどして別の画像に加工しましょう。 また、インスタのプロフィールを書き直しすぎてもアクションが制限される場合があります。 時間をおいてプロフィールを修正するか、全体を見直してから編集を確定するようにしましょう。 また、当然ですが個人情報の投稿もNGです。 特に書類や当選チケットなど文字が多いものを写す場合は気をつけて、個人情報の部分は写らないようにするか必ずモザイクや目隠しをするようにしましょう。 自分の情報でもロックがかかってしまう可能性がありますので注意してください。 友達に制限された! 他のユーザーの閲覧に制限がかかった場合は、そのユーザーがアカウントを削除したか、あなたのアカウントがブロックされた可能性が高いです。 あるいはあなたからブロックをしても相手のアカウントは閲覧できなくなります。 削除されたアカウントと、ブロックされたアカウントの画面表示は一見同じように見えます。 しかしブロックされた場合は、投稿数とフォロー&フォロワー数がわかるようになっているので判別できるようになっています。 ブロックの解除はアカウント運営者に頼むしかありませんが、相手が非公開アカウントでない場合、別アカウントを作成してしまえば閲覧は可能ではあります。 pexels. 基本は24時間待てばまた使えるようになりますが、問題の行動内容によっては1日以上かかってしまう場合もあります。 どうしても待機が出来ない場合は、 インスタに「わたしは機械ではありません」という旨を伝えて解除してもらう方法もあります。 この場合は、「機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため〜 以下略 」や「アクションはブロックされています」の画面が出た時に、「OK」ではなく、「問題を報告」や「ご意見ご感想」のボタンをタップしましょう。 そのあと、「自分はスパム・機械ではない」旨を記述しましょう。 ただし一度報告したからといって、今後はどんなに同じペースでアクションをしてもロックがかからないという訳ではありません。 今まで通りにアクションを続けていたら、再度ロックがかかってしまうことでしょう。 ロックがかからないようにアクションのペースを落としたりアクションの頻度を減らしたりすることが最善策ですので、問題の報告はあくまでも最終手段として捉えておきましょう。 pexels. ・閲覧に制限がある場合、何らかの問題ある行動が原因。 いいねは 24時間に1,000以上押すとストップがかかる。 フォローは 1時間に200アカウントまで。 ・ハッシュタグは 1投稿30個まで。 それ以上つけて投稿すると全文が自動的に抹消されて投稿されるので注意しよう。 ・コメントは 1時間に数個にとどめておくのがベター。 コメントは 300文字以内・ハッシュタグは 4つまで・urlを貼り付ける場合は 1つだけ、というルールがあるので事前に守るようにしよう。 ・特定のアカウントが閲覧できない場合は、削除されたかブロックされたorした可能性が高い。 ブロックを解除してもらうか、公開アカウントの場合は別アカウントを作って閲覧できる。 ・制限解除の方法としては、 24時間後 かそれ以上 の解除まで待つか 「機械ではありません」という旨をインスタに報告するかのいずれか。 ただし一度の問題報告でずっとロックがかからなくなる訳ではないので、今後はアクションのペースを落とすことが最善策。 特に「いいね!は何回しても相手も嬉しいだろうし問題ないんじゃないの?」と思いがちですが、むやみやたらに押すと話は別です。 スパム扱いされてアカウントが完全に停止・凍結されてしまわないように、全てのアクションをあまりやりすぎず、ある程度時間をかけてインスタを楽しみましょう。

次の

【2020年最新】Instagram(インスタ)でブロックすると相手にはどう表示される?

インスタライブ ブロックされると

チェックポイント• イイねが押せるか(タップ後にエラーが出ないか)• 新規フォローが出来るか• コメントが出来るか• コメントに対しての返信コメントができるか BoxFreshを利用したい場合の手順 インスタグラムのプロフィールページに、BoxFreshのリンクをどうしても設置したい人向けに、手順を解説します。 BoxFreshアプリをスマホで起動• BoxFreshアプリ上で「マイページ」のアイコンをタップ• BoxFreshアプリ上で「コピー」のアイコンをタップ• インスタアプリをスマホで起動• インスタアプリでプロフィールページを表示• インスタアプリで「プロフィールページを編集」をタップ• インスタアプリで「 ウェブサイト」にBoxFreshのURLをペースト• インスタアプリで「完了」をタップし設定を保存 ポイントは「ウェブサイト」にURLを設置することです。 「自己紹介」ではなく、「ウェブサイト」。 これが重要なポイントです。 それでも解決しない場合 今回紹介した方法を行っても、「 コミュニティを守るため、特定のアクティビティは禁止されています」のエラーが表示される場合は以下を実施しましょう。 スマホのインスタアプリを利用している場合• インスタアプリの再起動• スマホ本体の再起動• スマホアプリのログアウト・ログイン この手のエラーは、インスタグラム側で認識し解決用のアップデートを行ってくれる場合があります。 イイねを押せないなどの不具合は困りますが、自己解決しない場合は数日様子をみましょう。 うっかりアプリの削除、インストールのし直しなどでデータが消えてしまったり、アカウントが停止しないよう注意しましょう。 Twitterユーザーも不具合をつぶやいています インターネット上でも今回紹介した「コミュニティを守るため、特定のアクティビティは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください」のエラーが発生したユーザーがいるようです。 インスタの、 「しばらくしてからもう一度実行してください(コミュニティを守るため、特定のアクティビティは禁止されています。 iPhone、Androidともに発生している障害です。 今回の「コミュニティを守るため、特定のアクティビティは禁止されています」のエラーは、公式アプリのみを利用しているユーザーの利用環境では発生していないようです。

次の

インスタでブロックされると/するとどうなる?―ブロックの効果と確認方法

インスタライブ ブロックされると

通信環境が悪い• アプリのバージョンが古い• スマホやパソコンの性能の問題• 端末の一時的な不具合• アプリ自体の不具合 またこれらの機器的なトラブルとは別に、インスタグラム内の設定として存在する 「非公開設定」や 「ブロック機能」などが原因となっているケースもあるため、順番に確認していきましょう。 インスタライブが見れない時の5つの対処法 インスタライブが見れない時にとりあえず試しておきたい対処法や確認点を5つ、詳しくまとめていきます。 通信環境を確認する まず確認しておきたいのが、使用している端末の通信環境についてです。 電波がうまく拾いづらい場所だったり、ネットのし過ぎによる 通信制限に引っかかっている可能性はありませんか? 試しにGoogle検索などをしてみて、 インターネット通信に問題が無いかどうか確認してみてください。 またWi-Fi電波でインターネット通信している場合、 今拾っているWi-Fi電波がきちんと使用できる電波かどうか確認しておいてください。 設定によっては、使えもしないパスワード付きのWi-Fi電波を拾ってしまって通信がうまく行えない状態になっている可能性もあります。 アプリのアップデート インスタグラムのアプリが最新版になっていない場合インスタライブがうまく再生されないことがあります。 一度アプリストアなどを確認して、 インスタグラムの最新版が発行されていないかどうか確認してみてください。 もしアップデートが可能であれば、行った後再度インスタライブが見れるかどうか試してみましょう。 起動中アプリの整理 スマホでもパソコンでも言えることですが、その機器の性能によって一度に処理できる作業の量は決まっています。 特にスマホでありがちなんですが、 アプリを使用した後きちんと終了せずにホーム画面などに戻ってしまうと、 アプリはそのまま裏側で起動しっぱなしになっているんです。 そういった処理中のアプリが溜まっていくと、結果的に 動作がカクカクになってしまったり、 アプリが強制的に終了してしまったりといったトラブルを引き起こします。 一度タスクビュー機能などを使って、 起動中のアプリを全て完全に終了してみることをオススメします。 定期的に起動中アプリの整理を行うことで、 バッテリーの節約にも繋がりますし、いいことずくめです。 再起動 スマホなど 使用している端末に一時的な不具合が起きている可能性も十分に考えられます。 こうした一時的な不具合の場合、 本体の電源を落として再度入れ直す(再起動)だけでもかなり改善するケースが多いです。 また、上でも解説したようにアプリの起動しすぎなどによる処理能力の低下が原因の場合にも、 再起動は非常に効果的なので、一度試してみてください。 再インストール インスタグラムのアプリ自体に深刻な不具合が発生しているのかもしれません。 例えば、 アプリのアップデート途中にスマホの電源が切れてしまったり、そもそも インスタグラム側のバグの可能性も考えられます。 そういった場合には、一度 インスタグラムのアプリをアンインストールし再度インストールし直すといった対処法をオススメします。 インスタグラムの場合は特に アプリをアンインストールすることによるデメリットもないので特に注意する必要もありませんが、ログインアカウントなどに関しては忘れないように覚えておいてください。 非公開で配信している可能性も インスタライブでは、配信者側の設定として 「非表示設定」と言うものが存在します。 これは、いわゆる 「非公開配信」を行いたい場合など、 特定のフォロワー以外にはインスタライブの配信内容を見せたくない場合に設定する項目です。 その非表示対象として選択されている場合には、 どうやってもそのライブ配信を視聴することはできません。 なので、もし 他のユーザーは見れてるのに自分はインスタライブが見れない…なんて場合にはこの 設定によって除外されてしまっている可能性が高いです。 ブロックされているのかも… 「非公開」の設定とは別に 「ブロック機能」による影響の可能性も考えられます。 自分のアカウントが、ライブ配信者側でブロックされた状態だと、 インスタライブの配信どころか画像などの投稿内容に関しても見ることができなくなります。 もし相手のプロフィール画面などを確認してみても、投稿内容などが一切表示されないようであれば 「ブロック」されている可能性があるため、一度確認してみてください。 自分がブロックされているかどうかの確認方法については以下の記事で詳しく解説していますので、参考までに。 ざっくりと内容を振り返っておくと….

次の