シクロ オレフィン ポリマー。 COP(シクロオレフィン)の密着力向上

「絶縁性」向上のためのマテリアル 絶縁樹脂材料における低誘電率・低誘電正接設計~シクロオレフィンポリマーの特性と高周波用途への展開~

シクロ オレフィン ポリマー

オレフィン系樹脂でも非晶質であるため透明性、光学特性、低吸水性が優れ、紫外線を除く全光線に対して高い透明性を保持している。 一方、日本ゼオンが生産している「」はシクロオレフィンポリマー(COP)が使用され大画面用光学フィルムに加工されている。 LCDパネルに求められる視野角の拡大、輝度の向上などに寄与している。 液晶ディスプレイ向けの光学フィルム需要が急拡大していることに対応している。 0 106. 6 106. 2 108. 9 115. 9 113. 7 115. 5 111. 9 110. 6 113. 3億円と見込んでいる。 2008年には販売量 2,000t、販売金額が61億円規模に拡大すると推定している。 日本ゼオンは2002年に本格参入を果たして以来、除々にシェアを高めている。 2位の日本ゼオンはシクロオレフィンポリマー(COP)事業拡大の一環として、高岡工場内に精密光学研究所を設置し光学材料に関する生産機能と開発機能の一体化を図っている。 大型液晶テレビ、モニタなどの業界で高い成長が見込まれるアプリケーション部材であり、今後も堅調な市場拡大が予測される。 参考文献:「2005年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望」 (2004年11月30日:富士キメラ総研).

次の

シクロオレフィン・コポリマー

シクロ オレフィン ポリマー

1 低吸水性 プラスチックの中でも最小の吸水性(0. 01%未満)。 高湿度下でも寸法安定性に優れます。 また、成形品の反り、変形がほとんどないため、精密成形に優れます。 2 高透明性 全光線透過率92%でアクリル樹脂(PMMA)並みの透明性を有し、透明性に優れます。 3 低比重 比重は1. 01です。 他の一般的なプラスチックに比べ、軽くなります。 部材の軽量化に貢献します。 5 高流動性 転写性に優れます。 特にZEONOR1060Rは薄肉成形に優れます。 6 低不純物・低脱ガス 不純物が非常に少ない、大変クリーンな樹脂です。 半導体関連などにも展開されています。 7 高強度 落下試験強度にも耐えうる強度を有しています。 8 低透湿性 PTPなどの防湿用途にも使用できます。 変色したり、変形することがあります。 発煙、発火の恐れがあります。 光吸収による発熱で発煙、発火の恐れがあります。 クラックが誘発される場合があります。 (例として、インサート成型品スナップフィットやネジ止め箇所等があげられます。 溶解・膨潤します。 ・ベンゼン、トルエン等の芳香族系溶剤 ・ジクロロメタン、四塩化炭素等の塩素系溶剤 ・動物系、植物系や鉱物系の油類やグリース類 ・n-ヘキサン、シクロヘキサン、リグロイン等の炭化水素系の溶剤 ・ジエチルエーテル等の一部のエーテル類 ・シクロヘキサノン等の一部のケトン類 ・上記の他、長鎖のアルキル類を構造中に有する物質・液体等の使用に際しては 事前に確認してください。 医療用途・食品用途・玩具用途へのご使用の際は別途当社へ必ずご相談ください。 詳細につきましては別途製品安全データシート(Material Safety Data Sheet)を御参照下さい。

次の

WO2011083809A1

シクロ オレフィン ポリマー

Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 229920000089 Cyclic olefin copolymer Polymers 0. 000 title claims abstract description 81• 239000004973 liquid crystal related substances Substances 0. 000 title claims abstract description 39• 239000010410 layers Substances 0. 000 claims abstract description 103• 229920000642 polymers Polymers 0. 000 claims abstract description 46• 239000004200 microcrystalline wax Substances 0. 000 claims abstract description 32• 000 claims abstract description 22• 229920002725 Thermoplastic elastomer Polymers 0. 000 claims abstract description 13• 229920001577 copolymers Polymers 0. 000 claims abstract description 7• 230000001070 adhesive Effects 0. 000 claims description 151• 239000000853 adhesives Substances 0. 000 claims description 149• 239000000758 substrates Substances 0. 000 claims description 63• 239000000463 materials Substances 0. 000 claims description 44• 150000001925 cycloalkenes Chemical class 0. 000 claims description 25• 239000000126 substances Substances 0. 000 claims description 25• 229920002284 Cellulose triacetate Polymers 0. 000 claims description 18• 000 claims description 18• 239000000178 monomer Substances 0. 000 claims description 18• 238000002156 mixing Methods 0. 000 claims description 16• 000 claims description 12• 239000008094 toluene Substances 0. 000 claims description 12• 229920001971 elastomers Polymers 0. 000 claims description 9• 239000005060 rubber Substances 0. 000 claims description 8• 000 claims description 7• 000 claims description 6• 229920001400 block copolymers Polymers 0. 000 claims description 4• 000 claims description 3• 000 claims description 3• 229940117389 Dichlorobenzene Drugs 0. 000 claims description 3• 000 claims description 3• 000 claims description 3• 000 claims description 3• 239000008093 tetrahydrofuran Substances 0. 000 claims description 3• 229940081735 acetylcellulose Drugs 0. 000 claims 1• 000 description 21• 239000003999 initiator Substances 0. 000 description 14• -1 fatty acid ester Chemical class 0. 000 description 13• 229920002223 polystyrenes Polymers 0. 000 description 10• 238000000576 coating method Methods 0. 000 description 8• 239000002904 solvents Substances 0. 000 description 7• 239000011248 coating agents Substances 0. 000 description 6• 239000003505 polymerization initiator Substances 0. 000 description 6• 239000003795 chemical substance by application Substances 0. 000 description 3• 230000000694 effects Effects 0. 000 description 3• 000 description 3• 239000011347 resins Substances 0. 000 description 3• 000 description 2• 000 description 2• 239000006096 absorbing agents Substances 0. 000 description 2• 239000000654 additives Substances 0. 000 description 2• 000 description 2• 000 description 2• 150000002148 esters Chemical class 0. 000 description 2• 229920001194 natural rubbers Polymers 0. 000 description 2• 238000009832 plasma treatment Methods 0. 000 description 2• 229920002857 polybutadienes Polymers 0. 000 description 2• 239000004926 polymethyl methacrylate Substances 0. 000 description 2• 238000000926 separation method Methods 0. 000 description 2• 000 description 2• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 239000004971 Cross linkers Substances 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 239000003963 antioxidant agent Substances 0. 000 description 1• 000 description 1• 238000006243 chemical reaction Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 238000005516 engineering processes Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 239000000945 fillers Substances 0. 000 description 1• 125000000524 functional group Chemical group 0. 000 description 1• 229920001519 homopolymers Polymers 0. 000 description 1• 150000002430 hydrocarbons Chemical group 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 229920003049 isoprene rubber Polymers 0. 000 description 1• 238000004519 manufacturing process Methods 0. 000 description 1• 238000000034 methods Methods 0. 000 description 1• 150000001451 organic peroxides Chemical class 0. 000 description 1• 239000004014 plasticizer Substances 0. 000 description 1• 238000005464 sample preparation method Methods 0. 000 description 1• 238000005507 spraying Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 229920001169 thermoplastics Polymers 0. 000 description 1• 229920001187 thermosetting polymers Polymers 0. 000 description 1• 239000004416 thermosoftening plastic Substances 0. 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1• 000 description 1 Images• Classifications• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• C— CHEMISTRY; METALLURGY• C09— DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR• C09J— ADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIAL AS ADHESIVES• 【解決手段】本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、TAC基材の表面に接着層を有しており、前記接着層は、パラフィンあるいはナフテンと、少なくとも、接着補助剤、TACポリマー、シクロオレフィンポリマー、シクロオレフィンコポリマー、マクロモノマー、または熱可塑性エラストマーのいずれか1種以上とを含むことで、シクロオレフィン系ポリマーと強固に接着が可能なTAC基材を実現した。 Description シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材、TAC接着部材、および液晶表示装置 本発明は、テレビ、コンピューター、カーナビゲーションシステム、車載用計器盤、現金自動預け払い機(以下ATMと略す)、携帯電話等の液晶表示装置として用いられる、液晶ディスプレイ等の各種ディスプレイにおいて用いられているシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材、TAC接着部材および液晶表示装置に関する。 従来から、テレビ、コンピューター、カーナビゲーションシステム、車載用計器盤、ATM、携帯電話等に用いられるディスプレイとして液晶表示装置が広く知られている。 この液晶表示装置は、一対の基板の間に形成された液晶層を有する液晶セルと、液晶セルの一方の表面側から液晶セルに光を照射するバックライトユニットとを備えている。 バックライトユニットには、主に直下型とサイドエッジ型とが知られている。 直下型は、液晶セルの背面に多数の光源が直接に設置されるといった特徴を有しているため、バックライトユニットの厚みを、構造上減少させることが困難である。 一方、サイドエッジ型は、液晶セルの背面に少なくとも1枚の光学シートを介して導光板が積層され、その導光板の少なくとも一辺の側面に光源が設置されているといった特徴を有しているため、導光板を薄くすることによりバックライトユニットの薄型化を図ることが可能である。 このような液晶表示装置には、液晶を内包した液晶セルと共に偏光板や位相差板などの光学部材が用いられている。 これらの光学部材のうち、例えば、導光部材や位相差板部材としては、シクロオレフィンポリマー(COP)やシクロオレフィンコポリマー(COC)などのいわゆるシクロオレフィン系ポリマーの基材が、偏光板部材としては、トリアセチルセルロース(以下、TACと記載する)の基材が使用される場合がある。 TACとシクロオレフィン系ポリマーの接着を行うに当たり、シクロオレフィン系ポリマーの表面が不活性のため適切に接着できないという問題があった。 接着をするには、基材間を接着剤により接着する前に、TACまたはシクロオレフィン系ポリマー基材の表面に対して、超音波融着、紫外線照射、マット処理、コロナ処理、プラズマ処理等の前処理を行うことが必要であり、たとえ接着できたとしても、接着層への気泡が混入した。 また、基材シートの片面にコロナ処理、プラズマ処理、ブラスト処理などの易接着処理を行う必要性があるため、工程が長くなったり専用の装置が必要となったりする問題があった。 特開2007-186649号公報 本発明は、上記の要望に基づいてなされたものであり、即ち、貼り付けの際のエアー抜けに極めて優れ、透明性、貼合せ作業性に優れ、且つ貼り合わせ後に偏光性を損なうことなく接着強度を増強することができるシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材、TAC接着部材および液晶表示装置を提供することを目的とする。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、TAC基材の表面に接着層を有しており、前記接着層は、パラフィンあるいはナフテンと、少なくとも、接着補助剤、TACポリマー、シクロオレフィンポリマー、シクロオレフィンコポリマー、マクロモノマー、または熱可塑性エラストマーのいずれか1種とを含んでいることを特徴とする。 本構成とすることにより、シクロオレフィン系ポリマーと強固に接着が可能なTAC基材を実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記パラフィンまたは前記ナフテンの数平均分子量は、100以上、1000以下の範囲内であることを特徴とする。 本構成とすることにより、透明性が優れ、接着層が粘弾性を有しているため、接着界面に気泡の巻き込みが抑制された、シクロオレフィン系ポリマーと強固に接着が可能なTAC基材を実現することが可能となる。 シクロオレフィン系ポリマーとの接着後、数分以内であるならば、透明性を損なうことなく容易に貼り直しができるため、気泡が巻き込まれた場合でも、容易にリワークし、気泡を除去する事が可能となる。 また、貼り直しすることなく巻き込まれた気泡を扱きだすことも可能となり歩留まりを著しく向上させることができる。 さらに、貼付数分経過後には、接着強度を大幅に上昇し、シクロオレフィン系ポリマーと強固に接着が可能なTAC基材を実現することが可能となる。 パラフィンやナフテンは、シクロオレフィン系ポリマーの幹となる高分子鎖と同種の炭化水素の鎖状ポリマーであり、分子量が数百から数千と小さいため、シクロオレフィン系ポリマーの幹となる高分子鎖の間に拡散しやすく(進入しやすく)、シクロオレフィン系ポリマーにより作成されるポリマー表面の分子鎖を活性化できる(動きやすくできる)。 よって本構成によれば、接着層の主成分として、数平均分子量は、100以上、1000以下の範囲内のパラフィンやナフテンを用いることで、シクロオレフィン系ポリマーで形成された基材とTAC基材とをより強固に接着することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記マクロモノマーが、シクロオレフィン系のモノマーにより形成されていてもよい。 本構成とすることにより、柔軟性のある接着層が得られ、また、接着層の強度が向上するため基材との接着性が強化される。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、シクロオレフィン系マクロモノマーの数平均分子量が1000以上であることが好ましい。 本構成とすることにより、接着層の強度がさらに向上するため基材との接着性がさらに強化される。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記接着層内に占める前記マクロモノマーの混合比(割合)が0.1重量%以上、95重量%以下であることが好ましい。 本構成とすることにより、接着層の柔軟性と接着層の強度の両立をより効果的に実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記接着層内に占める前記マクロモノマーが、ソフトセグメントである高分子鎖がアゾ基を介して結合してなることが好ましい。 本構成とすることにより、重合開始剤をさらに添加することなく、接着層の柔軟性と接着層の強度の両立をより効果的に実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記マクロモノマーが、以下の構造式により形成されていることが好ましい。 本構成とすることにより、接着層の柔軟性と接着層の強度の両立をより確実に実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記熱可塑性エラストマーが、スチレンモノマーユニットとゴムモノマーユニットからなるブロック共重合体であることが好ましい。 本構成とすることにより、接着層の柔軟性と接着層の強度の両立をより効果的に実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記接着層に、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、トルエン、キシレン、クロロベンゼン、およびジクロロベンゼンの内少なくとも1つを含むことが好ましい。 本構成とすることにより、TACと接着層がより強固に接着することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、前記接着層の表面がセパレートフィルムを設けてあることが好ましい。 本構成とすることにより、接着層表面を保護し、また接着したくない部材に接着するような誤接着を回避できる。 本発明のTAC接着部材は、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材の接着層形成面に前記接着層を介してシクロオレフィン系ポリマー基材が接着されていることを特徴とする。 本構成とすることにより、透明性の優れ、偏光を乱さない部材を実現することが可能となる。 本構成とすることにより、透明性がさらに優れ、偏光を乱さない部材を実現することが可能となる。 本発明の液晶表示装置は、TAC接着部材を液晶セルの少なくとも片面に設けることを特徴とする。 本構成とすることにより、透明性が上がるため輝度が向上し、また、偏光を乱さないため視認性のよい液晶表示装置を実現することが可能となる。 本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材を使用することにより、貼り付けの際に被着面との間に空気(エアー)が残留するのを効率よく防止することができ、貼り合わせ時に巻き込まれる気泡が原因よる不良削減に対し効果を発揮する。 また、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材を使用することにより、透明性、貼合せ作業性に優れ、且つ貼り合わせ後に偏光性を損なうことなく接着強度を増強することができる。 また、本発明のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材は、貼り付けの際のエアー抜けに極めて優れ、透明性、貼合せ作業性に優れ、且つ貼り合わせ後に偏光性を損なうことなく接着強度を増強することができる。 本発明のTAC接着部材は、シクロオレフィン系ポリマーと強固に接着された接着部材を実現できる。 本発明の液晶表示装置は、透明性が上がるため輝度が向上し、また、偏光を乱さないため視認性のよい液晶表示装置を実現することが可能となる。 本発明の第1の実施の形態に係る、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材の構成図の一例である。 本発明の第2の実施の形態に係る、TAC接着部材の構成図である。 本発明の第3の実施の形態に係る、液晶表示装置を説明する図である。 本発明の第4の実施の形態に係る、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材にセパレートフィルムを設けた構造を説明する図である。 図1に、本発明の第1の実施の形態であるシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100を厚さ方向から切断した部分断面図を示す。 本実施形態では、TAC基材1の表面に接着層3が形成されており、接着層3は、パラフィンあるいはナフテンと、少なくとも、接着補助剤、TACポリマー、シクロオレフィンポリマー、シクロオレフィンコポリマー、マクロモノマー、または熱可塑性エラストマーのいずれか1種とを含むように構成されている。 TAC基材1としては、例えば溶液流延法によって作製されているTACフィルムが好ましく用いられる。 TACとしては、セルロースの低級脂肪酸エステルであり、数平均分子量(Mn)で80000~200000のものが用いられ、100000~200000が好ましく、150000~200000がさらに好ましい。 TACを含む溶液には、微粒子、可塑剤、紫外線吸収剤、寸法安定性改良剤等の各種添加剤を含むこともできる。 かかる基材シートの市販品として、例えば、フジタック(FUJITAC)(富士フイルムオプトマテリアル社製)、KC4UYW(コニカミノルタ社製)などが挙げられる。 パラフィン及びナフテンの数平均分子量は、100以上、1000以下の範囲内、好ましくは200以上、600以下の範囲内であり、平均炭素数は、7以上、72以下程度、好ましくは、16以上、45以下程度である。 これにより、接着強度を向上させることができる。 本実施形態では、接着層3は、パラフィンあるいはナフテン以外に、接着補助剤、シクロオレフィン系ポリマーを構成するポリマー、または、マクロモノマー等を含有している。 「シクロオレフィン系ポリマーを構成するポリマー」は、低分子量(分子量は千以上、10万以下程度、特に1万以上、4万以下)であることが好適である。 また、「接着補助剤」には、低分子量(分子量は500以上、1万以下程度)のシクロオレフィン系ポリマー、バインダー樹脂(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂の別を問わない)、アクリル系、開始剤、架橋剤、熱可塑性エラストマー等を提示できる。 「接着補助剤」の接着層中に占める混合比は50重量%より小さい。 開始剤は、主に重合反応をさせるために使用される。 なお開始剤自体は幹となる高分子鎖の中に取り込まれることは少ない。 熱可塑性エラストマーとしては、種々のものを用いることができるが、例えば、スチレンモノマーユニットとゴムモノマーユニットからなるブロック共重合体が挙げられる。 スチレンモノマーユニットをハードゼグメント、ゴムモノマーユニットをソフトセグメントとも表現できる。 熱可塑性エラストマーとしては、例えば、ポリスチレン-ポリイソプレン-ポリスチレン(SIS)、ポリスチレン-ポリブチレン-ポリスチレン(SBS)、ポリスチレン-ポリ(エチレン/ブチレン)ブロック-ポリスチレン(SEBS)、ポリスチレン-ポリ(エチレン/プロピレン)ブロック-ポリスチレン(SEPS)、ポリスチレン-ポリイソプレン(SI)、ポリスチレン-ポリブチレン(SB)、ポリスチレン-ポリ(エチレン/プロピレン)ブロック(SEP)などが挙げられ、中でも、SEBSが望ましい。 例えば、SEBSを用いる場合、その質量平均分子量は、例えば、20,000以上、500,000以下であるのが好ましく、より好ましくは50,000以上、350,000以下である。 かかるエラストマーの市販品としては、例えば、クレイトンG1651(SEBS型、クレイトンポリマー社製)が好適に例示される。 本願でソフトセグメントとは、ポリマーを構成する非晶性のフレキシブルな(柔軟な)分子セグメントを意味し、例えばオレフィン骨格、イソプレン骨格、ブタジエン骨格などを挙げることができる。 本願でゴムモノマーユニットとは、ゴム弾性を示す高分子物質を意味し、例えばイソプレン-ブタジエン共重合体ゴム、ポリ(エチレン/ブチレン)ブロック共重合体ゴム、イソプレンゴム、ブタジエンゴム、カルボキシル化ブタジエンゴム、天然ゴム、エポキシ系天然ゴム、などが挙げられる。 光重合性多官能モノマーの重合反応の場合には、光重合開始剤を用いることが好ましく、光重合開始剤としては、光ラジカル重合開始剤と光カチオン重合開始剤が好ましく、特に好ましいのは光ラジカル重合開始剤である。 市販の光ラジカル重合開始剤としては、日本化薬(株)製のKAYACURE(DETX-S、BP-100、BDMK、CTX、BMS、2-EAQ、ABQ、CPTX、EPD、ITX、QTX、BTC、MCAなど)、チバ・スペシャルティ・ケミカルズ(株)製のイルガキュア(651、184、500、907、369、1173、2959、4265、4263など)、サートマー社製のEsacure(KIP100F、KB1、EB3、BP、X33、KT046、KT37、KIP150、TZT)等が挙げられる。 特に、光開裂型の光ラジカル重合開始剤が好ましい。 光開裂型の光ラジカル重合開始剤については、高薄一弘著「最新UV硬化技術」((株)技術情報協会、159頁、1991年)に記載されている。 市販の光開裂型の光ラジカル重合開始剤としては、チバ・スペシャルティ・ケミカルズ(株)製のイルガキュア(651、184、907)等が挙げられる。 光重合開始剤は、多官能モノマー100質量部に対して、0.1~15質量部の範囲で使用することが好ましく、より好ましくは1~10質量部の範囲である。 光重合開始剤に加えて、光増感剤を用いてもよい。 光増感剤の具体例として、n-ブチルアミン、トリエチルアミン、トリ-n-ブチルホスフィン、ミヒラーのケトンおよびチオキサントンを挙げることができる。 市販の光増感剤としては、日本化薬(株)製のKAYACURE(DMBI、EPA)などが挙げられる。 光重合反応は、帯電防止層の塗布および乾燥後、紫外線照射により行うことが好ましい。 紫外線照射には、超高圧水銀灯、高圧水銀灯、低圧水銀灯、カーボンアーク、キセノンアーク、メタルハライドランプ等の光線から発する紫外線等が利用できる。 また、架橋剤は、三次元構造を持たせるために使用される。 架橋剤はそれ自身が幹となる高分子鎖に取り込まれることが多い。 架橋剤は特に限定されず、イソシアネート系架橋剤、アジリジン系架橋剤、オキサゾリタン工業製のコロネートHL(ヘキサメチレンジイソシアネート、HDI-TMPアダクト)、東洋インキ製造製BXX5134(アジリジン系架橋剤)、日本触媒製エポクロスRPS-1005(オキサゾリン系架橋剤)、三菱瓦斯化学製TETRAD-X、TETRAD-C(共にエポキシ系架橋剤)等が挙げられる。 マクロモノマーは重合可能な官能基を持つ高分子量のモノマーで、重合して高分子化する。 特に重合機能と開始機能を合わせ持つものは、マクロモノマー自身が架橋剤として三次元構造を持たせるだけでなく、マクロモノマー自身も重合して高分子化する。 高分子化することにより、マクロモノマーは、パラフィンやナフテンを捕まえて、パラフィンやナフテンが基材2へ拡散しすぎるのを(進入しすぎるのを)抑制するように作用する。 ところで接着剤としてのパラフィやナフテンは数平均分子量が小さいほど、基材2内へ拡散しやすくなる。 上記したようにパラフィンやナフテンの基材2内への拡散により基材2に対して適切に接着できるが、パラフィンやナフテンが基材2へ拡散しすぎると、基材2が特に薄い場合には脆くなりやすい。 よって、マクロモノマーを混合することで、パラフィンやナフテンの基材2内への拡散を抑制し耐久性を向上でき、マクロモノマーを接着層3内に混合することで結果的に基材の接着強度を向上させることができる。 マクロモノマーは、特に限定されず、東亞合成株式会社製メタクリロイル基系のマクロモノマー 45%AA-6、AA-6SR、AA-6、AA-10、AS-6、AN-6S、AB-6、AW-6S、AA-714SK、AY-707S、AY-714S、AK-5、AK-30、AK-32、 東亞合成株式会社製ヒドロキシル基系のマクロモノマー HA-6S、HA-6SX、HN-6、HK-20、 共栄化学株式会社製 アクリレート系のマクロモノマー ライトアクリレート9EG-A、ライトアクリレート4EG-A、ライトアクリレートPTGMA-250、ライトアクリレートNPD-A、ライトアクリレート1.6HX-A、ライトアクリレートBEPG-A、ライトアクリレート1.9ND-A、ライトアクリレートMOD-A、ライトアクリレートNCP-A、ライトアクリレートBP-4EA、ライトアクリレートBP-4PA、ライトアクリレートBA-134、ライトアクリレートBP-10EA、ライトアクリレートHPP-A、ライトアクリレートG-201P、ライトアクリレートTMP-A、ライトアクリレートTMP-3EO-A、ライトアクリレートTMP-6EO-3A、ライトアクリレートPE-3A、ライトアクリレート PE-4E、ライトアクリレート DPE-6A、ライトアクリレートFA-108、共栄化学株式会社製 エポキシ系のマクロモノマー、エポライトM-1230、エポライト40E、エポライト100E、エポライト200E、エポライト400E、エポライト70E、エポライト70P、エポライト200P、エポライト400P、エポライト1500NP、エポライト1600、エポライト80MF、エポライト100MF、エポライト4000、エポライト3002、共栄化学株式会社製 エステル系のマクロモノマー、エポキシエステルM-600A、エポキシエステル40EM、エポキシエステル70PA、エポキシエステル200PA、エポキシエステル80MFA、エポキシエステル3002A、エポキシエステル3000M、エポキシエステル3000A、共栄化学株式会社製 ウレタンアクリレート系のマクロモノマー、AH-600、AT-600、UA-306H、UA-306T、UA-306I、UA-510H、UF-8001等が挙げられる。 本実施形態では、マクロモノマーは、ソフトセグメントである高分子鎖とアゾ基が連続してなる架橋構造を持つ開始剤より形成されていることが好適である。 具体的には、マクロモノマーは以下の構造式より形成されていることが好適である。 上記したマクロモノマーには、和光純薬製のVPSシリーズ(化3)やVPEシリーズ(化4)を好ましく使用できる。 上記マクロモノマーはソフトセグメントである高分子セグメントとアゾ基とが繰り返し結合した構造である。 このマクロモノマーはアゾ基の部分が開裂し開始剤として機能し、さらに接着層内に相互侵入高分子網目構造(IPN)を作る。 上記マクロモノマーを混合することで、パラフィンやナフテンの基材2内への拡散をより効果的に抑制し耐久性を向上できる。 またマクロモノマーは上記のようにIPNを作るため接着層3の面内方向への強度を向上させることができる。 上記マクロモノマーを接着層3内に混合することで基材2の接着強度をより効果的に向上させることができる。 また本実施形態では、マクロモノマーの分子量が5000以上であることが好ましく、2万~10万の範囲内であることがより好ましい。 マクロモノマーの分子量が2万~4万の範囲内であることがさらに好ましい。 さらに本実施形態では、接着層3内に占めるマクロモノマーの混合比が0.1重量%以上、95重量%以下であることが好ましく、3重量%以上、30重量%の範囲内であることがより好ましい。 これにより、マクロモノマーをパラフィンやナフテンと適切に混合でき、マクロモノマーを添加した効果、すなわち接着強度の向上等の効果を期待できる。 また本実施形態では、前記マクロモノマーが、シクロオレフィン系のモノマーにより形成されている構成にでき、前記シクロオレフィンマクロモノマーの数平均分子量が1000以上であることが好ましい。 前記の接着層3は、接着剤成分を溶剤に溶解して接着剤層塗布液とし、これをTAC基材1表面に塗布し、乾燥して形成される。 上記の接着剤層塗布溶液には、本発明の効果に悪影響を及ぼさない範囲において、他の添加剤、例えば、顔料、染料、酸化防止剤、老化防止剤、充填剤、紫外線吸収剤、帯電防止剤及び/又は電磁波防止剤などを含ませることができる。 TAC基材1の表面に、上記構成にてパラフィンやナフテンを主成分として作成した接着層3は、トルエン等の有機溶剤に溶かし塗布を行い、溶媒を飛ばすことによって作成される。 接着層3をTAC基材1に塗布することにより、接着層3の溶媒成分がTAC基材1表面を膨潤させるため、TAC基材1と接着層3が強固に接着される。 上記の溶剤としては上記の接着剤成分に溶解でき且つ乾燥により除去できるものであれば特に限定されないが、例えばジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、トルエン、キシレン、クロロベンゼン、およびジクロロベンゼンが好適に使用できる。 上記の塗布方法は、例えば、ローラー塗装法、スプレー塗装法など公知の方法を適用できる。 以上のようにして得られたシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100表面には、その表面の保護のため必要に応じて、セパレートフィルム50を被覆することが好ましい。 図4に、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100表面に、セパレートフィルム50を被覆した構造の部分断面図を示す。 セパレートフィルム50としては、例えば、表面をシリコーン処理したPETフィルム、表面をシリコーン処理した紙が挙げられる。 上記のセパレートフィルム50としては、前記のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100の接着層3の表面の被覆に使用できるものを使用することができる。 また、上記のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100の接着剤層塗布溶液の濃度、塗布方法、乾燥条件は前記のシート状接着剤のシートの場合に準じて行うことができる。 以上のようにして得られたシート状接着剤の露出した接着剤表面には、接着シートの場合と同様に、離型性シートを被覆しておくのが好ましい。 図2に、本発明の第2の実施の形態である、TAC接着部材102を厚さ方向から切断した部分断面図を示す。 本実施形態は、第1の実施形態に対し、シクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100の接着層3に、シクロオレフィン系ポリマー基材2が接着されている点が異なる。 シクロオレフィン系ポリマー基材2としては、環状オレフィン(シクロオレフィン)からなるモノマーのユニットを有する樹脂で形成されたものであれば特に限定されるものではない。 このような上記環状オレフィンからなるモノマーとしては、例えば、ノルボルネンや多環ノルボルネン系モノマー等を挙げることができる。 本発明に用いられるシクロオレフィン系ポリマー基材2は上記環状オレフィンからなるモノマーの単独重合体であってもよく、または、共重合体であってもよい。 このようなシクロオレフィン系ポリマー基材2を用いることにより、本発明の位相差フィルムを吸水による光学特性の変化や寸法の変化がより生じにくいものとすることができるからである。 本発明に用いられるシクロオレフィン系ポリマー基材2からなる透明基板の具体例としては、例えば、Ticona社製 Topas、ジェイエスアール社製 アートン、日本ゼオン社製 ZEONOR、日本ゼオン社製 ZEONEX、三井化学社製 アペル等を挙げることができる。 本実施形態は、TAC基材1及びシクロオレフィン系ポリマー基材2がフィルム状であったが、これに限定されない。 例えばTAC基材1及びシクロオレフィン系ポリマー基材2が共に厚みのあるプレート状であってもよい。 「シート」には上記したプレート状及びフィルム状を含む。 本実施形態では、接着層3は、パラフィン、あるいは、ナフテンと、少なくとも、接着補助剤、前記TAC基材1及び前記シクロオレフィン系ポリマーを構成するポリマー、マクロモノマー、又は、熱可塑性エラストマーのいずれか1種を含んで形成される。 図3を参照して、本発明の第3の実施の形態を説明する。 本実施形態は、第2の実施の形態に対し、TAC接着部材102a、102b、102cを液晶セル16の少なくとも片面に設けてある点が異なる。 液晶セル16は、バックライト10等の光源により発せられた光を部分的に遮ったり透過させたりすることによって表示を行なう。 液晶表示装置20は、バックライト10からの光が液晶セル16の両面に貼られた偏光板対14a,14bと位相差板対15a,15bと、液晶セル16内の液晶分子の旋光性との関係により一部が遮られ、所望の表示を行う。 このため、偏光板14a、14bおよび位相差板15a,15bの偏光特性が正確に所望の値設定されている。 本実施形態のバックライト10は、透明なシクロオレフィン系ポリマー基材2からなる導光板12の側面に線状光を入射させ、導光板を通して光を面状光に変換する。 導光板12に接着されたTACからなる偏光板14aおよびシクロオレフィン系ポリマーからなる位相差板15aは、この光の特定方向の振幅成分を持つ光(偏光)だけを透過させ、直線偏光の光を液晶セル16に入射させる。 本実施形態のバックライト10は、透明素材からなる導光板12の側面に点状光または線状光を入射させ、導光板12を通して光を面状光に変換し、液晶表示素子を照明するエッジライト型バックライトを使用した。 導光板12の素材として、透明性が高く偏光を乱さない素材である、シクロオレフィンポリマーを使用した。 偏光板14a、14bの素材としてTACを使用した。 また、位相差板15a、15bの素材として、シクロオレフィン系ポリマーを使用した。 TAC接着部材102aを構成する導光板12と偏光板14aの接着層(図示せず)、TAC接着部材102bを構成する偏光板14aと位相差板15aの接着層(図示せず)、およびTAC接着部材102cを構成する位相差板15bと偏光板14bの接着層(図示せず)として、パラフィンおよびシクロオレフィンマクロモノマーを使用した。 この際、セパレートフィルム50付のシクロオレフィン系ポリマー接着用TAC基材100から、セパレートフィルム50を接着工程の直前に剥離することにより、接着層表面を保護し、また接着したくない部材に接着するような誤接着を回避できる。 従来の導光板と偏光板の構成は、単に重ねただけのものや、導光板と偏光板の周辺をテープ貼りしただけであり、バックライト光がすべては偏光板に入らないため、バックライト光の利用効率を損ねていた。 また、TACとシクロオレフィンポリマーを簡便に接着する接着剤がないため、導光板あるいは位相差板を偏光板に全面テープ貼りした場合には、気泡のこりなどがあり、やはりバックライト光の利用効率を損ねていた。 これに対し本実施例では、導光板12および位相差板15aであるシクロオレフィンポリマー基材2と、偏光板14aであるTAC基材1が、図示しない接着層3であるパラフィンおよびシクロオレフィンマクロモノマーにより強固に接着されている。 また気泡残りがないので、バックライト光の利用効率が大きくできた。 さらにシクロオレフィンポリマー基材2は偏光性がないため、導光板12や位相差板15a、15bに使用してもバックライト光のおよび偏光板14aを透過した光の偏光を乱さない。 さらに製造過程において加熱の必要がないため、TAC基材1である偏光板14a、14bの偏光特性が損なわれず、偏光特性の優れた、視認性の向上した液晶表示装置20を実現できた。 本実施例では液晶セル16の両面に位相差板15a、15bを貼ったが、どちらか一方でも良く、また液晶セル16に入射した直線偏光が液晶セル16から出射する際に楕円偏光にならなければ、位相差板15a、15bはなくてもよい。 以下、本発明を実施例および比較例により具体的に説明するが、本発明はこれらに限定される訳ではない。 なお、得られた接着性シートの各種評価は、以下の評価基準により行った。 [実施例1] (接着層) 実施例には、ポリマー(スチレン系熱可塑性エラストマー)とパラフィンとトルエンにて構成される接着シートを使用した。 ポリマー、パラフィン、トルエンの混合比は10重量%、20重量%、70重量%にて調整をした。 (エアー抜け性評価) 上記方法にて作成した、評価対象のTAC接着性シートから幅10mm、長さ250mmの短冊形試験片を裁断し、日本ゼオン社製のゼオノアフィルムに貼り付け各条件にて接着を行い、エアー抜け性の評価を行った。 その結果、すべてのサンプルにおいて気泡の混入もなく良好な貼り付けが実現できた。 (引張り試験による接着強度評価) 上記方法にて作成した、評価対象のTAC接着性シートから幅10mm、長さ250mmの短冊形試験片を裁断し、日本ゼオン社製のゼオノアフィルムに貼り付け各条件にて接着を行った。 その接着シート部の基材層と接着剤層との間に剥離口を設け、分離された接着剤層の端部を東京試験機製小型卓上試験機LSCシリーズの掴み装置で掴み、剥離角度90度法により、剥離速度毎分30mm条件で基材シート層と接着剤層との界面の剥離強度を測定し、各試験片の測定値の密着強度と評価した。 すべての条件において、シクロオレフィンポリマーであるゼオノアフィルムと接着層界面での剥離現象は認められず、接着層付きTACフィルムが破壊した。 以下[表1]に示す。 (恒温層による耐熱性評価) 上記方法にて作成した、評価対象のTAC接着性シートから幅10mm、長さ250mmの短冊形試験片を裁断し、日本ゼオン社製のゼオノアフィルムに貼り付け各条件にて接着を行った。 実施例には、ポリマー(スチレン系熱可塑性エラストマー)とパラフィンとトルエンにて構成される接着シートを使用した。 ポリマー、パラフィン、トルエンの混合比は10重量%、20重量%、70重量%であった。 その結果、恒温層への投入前と比較しても接着層からの発泡もなく、良好な接着状態であることに変わりはなかった。 以下[表2]に示す。 このように本実施例では恒温槽による熱耐久性に優れることがわかった。 比較例としてアクリル系接着シートでTAC基材とシクロオレフィン系ポリマーとを接着したサンプルを作成した。 接着強度は本発明と同等な強度が得られるが、接着当初より接着界面に気泡が発生したため、評価に値しないことから、他の信頼性試験は実施しなかった。 (恒温湿槽による耐熱耐湿評価) 上記方法にて作成した、評価対象のTAC接着性シートから幅10mm、長さ250mmの短冊形試験片を裁断し、日本ゼオン社製のゼオノアフィルムに貼り付け各条件にて接着を行った。 その結果、恒温湿層への投入前と比較しても接着層からの発泡もなく、良好な接着状態であることに変わりはなかった。 以下[表3]に示す。 その結果、冷熱衝撃試験層への投入前と比較しても接着層からの発泡もなく、良好な接着状態であることに変わりはなかった。 このように本実施例では密着性が取れていれば接着温度にかかわらず、熱衝撃試験による冷熱耐久性に優れることがわかった。 次に、以下、パラフィンにマクロモノマーを添加した接着剤を用いて上記と同じ方法にて塗工しサンプルを作成し実験を行った。 実験で使用したサンプル作成方法は前記にて説明した通りである。 マクロモノマーには和光純薬製のVPE-0401、和光純薬製のVPE-0201、和光純薬製のVPE-0601を使用した。 パラフィンに対して含まれるマクロモノマーの混合比(割合;重量%)が異なったサンプルを作成し実験を行った。 これは、前記開始剤の代わりに開始剤の機能も併せ持つマクロモノマーを用いても同様の結果が得られることを意味する。 また、どの接着剤を用いても接合温度を高くするほど接着強度を向上できることがわかった。 この実験より、マクロモノマーの混合比を3~30重量%に規定した。 またマクロモノマーの分子量の好ましい範囲を2万~4万の範囲内に規定した。 なお、マクロモノマーの混合比を0.1重量%とした場合、接着層の作成に時間がかかるが作成可能であり、所望の接着特性が実現できた。 また、マクロモノマーの混合比を95重量%とした場合、接着層の動粘度が高くなるため、TAC基材に接着層が均一な膜厚で形成しにくくなるが、所望の接着特性が実現できた。 (シクロオレフィン系ポリマー側に接着層を塗布した比較実験例) シクロオレフィン系ポリマー側に接着層を塗布した比較実験例には、上記と同じように、ポリマー(スチレン系熱可塑性エラストマー)とパラフィンとトルエンにて構成される接着シートを使用した。 ポリマー、パラフィン、トルエンの混合比は10重量%、20重量%、70重量%にて調整をした。

次の