太もも 痩せ 1 週間 簡単。 太もも痩せダイエット!1週間で即効

1日3分で太もも痩せ! 自宅でできるダイエットストレッチ

太もも 痩せ 1 週間 簡単

by むう この記事では、見事脚痩せに成功した人がやっていた、効果的な筋トレ方法を紹介していきます。 1といえば、やっぱり太ももですよね。 太ももを細くしたいなら、太ももの前側ではなく内側(以下内もも)と裏側の筋肉(以下裏もも)を鍛えることが重要! 内ももと裏ももを重点的に鍛えて、脚を細くする筋トレを紹介していきます。 これにより、お尻の位置がきゅっと上がり、ヒップラインも引き締められスッキリさせることができます。 ポイント• つま先に体重をかけるとふくらはぎを鍛えてしまうため、かかとに重心をもってくる• お尻を上げようとするあまり、腰や背中を反らさないようにする 絵にもあるように、頭から肩と足に体重がかかりますが、足側の体重をつま先にかけてしまうと、ふくらはぎが太くなってしまいます。 足はかかとに体重をかけるようにしましょう。 体の反動を使わずにお尻の筋肉に力を入れて、お尻の筋肉だけで持ち上げます。 この時、お尻を高く上げようとして背中や腰を反らさないように。 背中から腰を反らすと、腰を痛める原因になります。 さらに仕上げのマッサージに加えて1日1200kcalのカロリー制限を行うことで、4ヶ月で-9kgのダイエットに成功しました。 5センチと、想像以上に数字に現れていたのでびっくりしました。 by いずみず 「3日筋トレして1日休み」というサイクルで3週間。 また、この記事を書いたライターは、腕立て伏せと平行して行い、ストレッチやリンパマッサージも行なっていました。 さらに歩き方や立ち方を見直し、重心を後ろにかけ、ひざ下を使って歩くなど徹底しています。 太ももだけでなくふくらはぎやお尻にも効果があった相撲スクワット。 まずは30回やってみて、「筋肉に効く感覚」を実感してみてはいかがでしょうか。

次の

太もも痩せストレッチ・エクササイズ|1週間トライ!簡単筋トレやスクワット、マッサージで太もも・脚やせ&おすすめグッズも!

太もも 痩せ 1 週間 簡単

1日目・4日目・7日目:脚全体 2日目・5日目:内もも 3日目・6日目:前もも・外もも・裏もも・ふくらはぎ という、部位ごとにトレーニング内容を変えて構成。 筋肉には休息日が必要 ダイエットのための筋トレでは、休息日も必要。 例えば、ダイエットの王道「スクワット」!この筋トレですら、毎日やっているのは効率的ではない。 実は、脚の筋肉の場合、トレーニングしたら2日ほど休ませた方がより効果的にダイエットが進む。 だから、ローテーションによって3日に1回程度のエクササイズになっている。 1週間チャレンジが終わっても継続しよう 1週間チャレンジは、1週間7日間の筋トレセットメニューだから、短期痩せの目的で始める人も多いかもしれない。 でも、筋肉は使わないと衰えてしまうもの。 そんな場合は、2,3日ごとに休息日を設けて再開しても構わないし、回数を減らしてもらって構わない。 ダイエットのための筋トレは ゆっくりと行なう• そのためにも 呼吸を忘れずに!力を入れる時にはゆっくり大きく息を吐きながら、それ以外の時もゆっくり深く息を吸いながら体を動かす•

次の

太もも痩せを1週間で簡単に実現する運動・マッサージ・食事

太もも 痩せ 1 週間 簡単

ダイエットで太もも痩せしたい男性も多くみられます。 太ももを細くする方法として、筋トレやエクササイズ、ストレッチ、マッサージなどがありますが、実際どのようにすれば効果的なのか分からないという方も多いでしょう。 「脚やせして美脚になりたい」 と考えているのは女性だけではありません。 男性といえば筋肉質で、太もも痩せなんてできないと思っている方もいると思いますが、それは大きな間違いです。 男性でもお尻や太もも痩せして美脚になれます! そう話してくれたのはこの人!医療系の国家資格「柔道整復師」を取得して、現在はパーソナルトレーナーとして活躍している『松井 薫』です。 テレビ番組「世界一受けたい授業」に出演して以降、人気も高く注目を浴びている方です。 ここでは、太ももを細くする方法だけでなく、1週間などの短期間で効果的なストレッチやマッサージ、さらに、太もも痩せダイエットに効果的なグッズまで解説していきます。 男性必見!太もも痩せダイエットで美脚になる方法とは? 太もも痩せダイエットで美脚になりたいという男性必見の情報です。 ここでは、男女で太ももが太くなる原因の違いだけでなく、男性でも美脚になれる方法についても解説していきます。 男性と女性で太ももが太くなる原因の違いとは? 男の方のなかでも、モデルさんのように細くスラリとした足になりたいと思っている方は多いです。 スラリとした美脚を手に入れるためには、太もも痩せダイエットを効率よく実践していかなければなりません。 しかし、実は男と女では太ももを細くする方法が違います。 男性の太ももが太くなる原因は? 男性は筋肉質なイメージが強いですよね。 実際、太ももが太くなる原因は『 筋肉』です。 つまり、男性は、筋トレや普段の運動で自然と筋肉がつきやすい体質の方が多いため、筋肉太りして太ももが太くなってしまうことが多いのです。 女性の太ももが太くなる原因は? 女性は男性とは違って、筋肉質というよりもしなやかなスラっとした体型をイメージしますよね。 実際、男性とは筋肉のつき方が異なります。 簡単にご説明しますと、男性が筋肉質になりやすい傾向にある一方で、女性は筋肉がつきにくい体質を持っています。 つまり、女性が筋トレをしてもなかなか筋肉がつかないという方が多いです。 女性の太ももが太くなってしまう原因は『 むくみ』です。 また、女性の特徴として、脂肪がつきやすいという体質を兼ね備えているため、太ももが太くなってしまう傾向にあります。 男性必見!筋肉太りでも太ももを細くする方法と考え方とは? 男性は筋肉がつきやすい体質の方が多いです。 そのため、普通に生活をしていても自然と太ももが太くなってしまいます。 ここでは、筋肉質な男性でも太ももを細くする方法だけでなく、考え方についても解説していきます。 太ももを細くするための方法は?どこを鍛えればよい? 男性の太ももが太くなっている原因となっている筋肉太り。 その筋肉太りした太ももを細くする方法は 筋トレです。 筋肉で太ももが太くなっているのにさらに筋トレをしたら太くなるのでは? と思ってしまう方も多いでしょう。 しかし、太ももを細くするために鍛えるべき部位があります。 それは、太ももの内側と裏側の筋肉です。 これらの筋肉をトレーニングして鍛えることで、太ももは細くなっていきます。 もともと、男性の太ももが筋肉太りしやすい原因は、太ももの前側と外側の筋肉がつきやすいためです。 この筋肉が筋肉太りさせてしまっています。 つまり、筋肉太りした太ももを筋トレで細くするためには、太ももの前側と外側の筋肉を鍛えないようにしながら、太ももの内側にある「 内転筋」と太ももの裏側にある「 ハムストリングス」を鍛える必要があります。 それでは、どのようにすれば内転筋とハムストリングスを効率よく鍛えられるのでしょうか。 詳しくみていきましょう。 そのため筋トレで筋肉太りした太もものダイエットをするときには、太ももの前側と外側の筋肉はこれ以上鍛えないようにしながら、太ももを細くしてくれる筋肉だけを鍛えなければなりません。 そこで、太ももの内側にある内転筋や裏側にあるハムストリングスだけを鍛えるのにおすすめなのが スクワットです。 スクワットで太ももを細くする筋肉だけを鍛える方法は次のとおりです。 肩幅に両脚を開いて立ち姿勢の状態から外側につま先を向けます。 このとき、後頭部に両手を添えて背中をしっかり伸ばして、顔は正面を向けるようにしましょう。 つま先と両膝を同じ方向に曲げることを意識して、床と太ももが平行の位置にくるまで深く腰を落とします。 このとき、背筋が曲がらないように伸ばした姿勢をキープするように注意してください。 次に、両膝を伸ばしきらない姿勢の状態まで、軽く腰を浮かせます。 ここで、膝を伸ばしすぎると筋肉に脱力感が出てしまうため、軽く曲げた状態をキープしましょう。 再度、床と太ももが平行の位置になるまで腰を落とします。 前のめりにならないように注意しましょう。 これを、10回ずつの2セットを目安に行ってください。 スクワットをおすすめする理由と効率的なやり方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。 通称、『 脚パカダイエット』は、横になって足を開いたり閉じたりして動かすことで、太ももだけでなく、腹筋やお尻の筋肉を鍛えられる方法です。 1日たった30回!• ベッドの上でもOK!• 寝る前でもOK! これだけで、ダイエット初心者の方でも効率よく太もも痩せすることができます。 男性はもともと筋力があるので脚パカは無理なくできると思いますが、女性でも簡単にできるためおすすめです。 さらに、脚パカダイエットは太ももを細くするために必要な、お尻の筋肉を鍛えてくれるだけでなく、太ももの付け根から動かすため 骨盤の歪みも解消できます。 つまり、普段の姿勢もよくなることで血流もよくなり、 冷え性やむくみの解消にも効果的です。 2週間も続ければ、その効果を実感するでしょう。 是非試してみてくださいね。 仰向けで両膝を立てます。 このとき、腕は横でも後頭部の下でもどちらでもよいです。 楽な姿勢で行ってください。 床と垂直になるように脚をまっすぐ伸ばします。 両脚を開いたり閉じたりしましょう。 このときも床と垂直になるように心がけてください。 1秒で開き、1秒で閉じるというペースを守りましょう。 これを往復30回繰り返します。 脚パカダイエットのやり方や注意点は、こちらの記事で詳しく解説しています。 >> 遅筋を鍛えれば太ももが細くなる? 遅筋は、スラリと細くなるために鍛えるべき筋肉です。 そもそも、筋肉には「速筋(白筋)」と「遅筋(赤筋)」の2つがあり、速筋は鍛えるとがっしりとした太い筋肉になり、遅筋は細く引き締まった筋肉になります。 スクワットは、ゆっくりとした動きで鍛えることで、細く引き締まった筋肉となる 遅筋を鍛えるのに有効です。 つまり、ゆっくりとした動きでスクワットを行うことで遅筋だけを鍛えることができるので、ダイエットをして引き締まった太ももを手に入れたいと考えている男の方はスクワットで筋トレしてみましょう。 太もも痩せで「お尻&内もも」を鍛えるべき理由とは? 太もも痩せして、太ももを細くしたいと思っている方に必見です。 効率よく太もも痩せして美脚を手に入れるためには、お尻と内ももの筋肉を鍛えなければなりません。 その理由は、 せっかく内ももを鍛えてもお尻の筋肉を鍛えていなければ、結果的にたるんでしまうためです。 内もものハムストリングスを鍛えることで、太ももを細くすることができるということは前述しましたが、これではただ単に、太ももが細くなっただけです。 お尻の筋肉を鍛えることで、ヒップアップ効果により美脚を手に入れることができます。 Sラインという言葉をご存じでしょうか。 人の体型を横から見たときに、背中がくびれてお尻がクイッと上がって引き締まった状態が美しいといわれています。 この体型が横から見るとS字にみえることから、 Sラインと呼ばれています。 このSラインを作り出すためには、どうしてもお尻の筋肉を鍛える必要があります。 短期間で太もも痩せできるストレッチやマッサージのやり方とは? どうせ太もも痩せダイエットをするなら、1週間程度の短期間で効果を実感したいですよね。 ここでは、1週間で簡単に太もも痩せできるストレッチやマッサージのやり方について解説していきます。 1週間で太もも痩せできる簡単ストレッチのやり方とは? それでは、1週間で簡単に太もも痩せできるストレッチのやり方についてみていきましょう。 壁などの背にして、両脚をまっすぐに伸ばした状態で、床と垂直に座ります。 このときに、骨盤がしっかりと立っていることが大切です。 この姿勢を15分間持続させましょう。 これだけで、太もものハムストリングスをストレッチすることができます。 お尻にキュッと力を入れた状態で、腰に手を当ててフリフリします。 1フリ1秒を目安にしてください。 8フリを3セット行いましょう。 これだけでお尻と内ももを鍛えることができます。 壁に手を置いて、アキレス腱伸ばしの要領でふくらはぎから太ももを伸ばします。 このとき、かかとをしっかりと床につけるようにしましょう。 20秒間カウントしたら、反対側の脚もストレッチします。 これを2セットを目安に行ってください。 筋トレが苦手な方必見!太もも痩せできるマッサージのやり方とは? 『 押し痩せ』が話題ですね。 押し痩せとは、痩せたい部位を押してマッサージすることです。 痩せたい部位を押すことで、細胞が活性化して血流がよくなり脂肪を燃焼させてくれるだけでなく、ダイエットしにくい脂肪ともいわれているセルライトを撃退してくれます。 やり方は簡単です。 次のとおり実践してみてください。 外ももをグーの手で上下に押し流します。 手のひらで内ももを押しながらマッサージしていきます。 両方の手のひらで抑えるように、もも裏を刺激します。 最後に、太ももの付け根(そけい部)を両手の親指で押します。 このマッサージは、少し痛いくらいが効果を実感できる目安です。 隙間時間を活用して簡単に太もも痩せできますので、是非試してみてください。 太もも痩せにおすすめのダイエットグッズを一挙紹介! それでは、太もも痩せした方におすすめのダイエットグッズを紹介していきます。 あなたに合ったダイエットグッズを選ぶことが大切です。 レギンスを履くだけで、発汗作用やむくみ防止ができて、太りにくい体質に変えることができます。 さらに、着圧タイプは太ももに適度な圧力を与えることで、脚のリンパや血流をよくして 脂肪燃焼のサポートもしてくれます。 とにかくむくみやすい方、普段汗をかかない方、忙しくてダイエットをする時間のない方におすすめです。 ダイエットグッズは時代の流行もありますので、その都度更新していきます。 お楽しみに! 太もも痩せに効果的な着圧レギンスについて、こちらの記事で詳しく解説しています。 >> まとめ 最後に、若い頃に運動していた方は、すでに太ももの前側と外側の筋肉や速筋が鍛えられいて、太ももが筋肉太りしていることが多いです。 そのような方でも、本記事で紹介したスクワットや脚パカ運動による筋トレ、ストレッチは有効ですので、是非試してみてください。 個人差はありますが、早い方で1週間程度もすれば効果を実感することができるでしょう。 また、男女でそれぞれ体質が異なりますので、あなたに合った太もも痩せダイエットのやり方を見つけることが大切です。 どうしても筋トレやエクササイズが苦手という方は、マッサージだけ行ったり、ダイエットグッズを活用するのもおすすめです。 参考になった方は、是非シェアをお願い致します。

次の