吉川 えい み。 吉川忠英

コンセプトスタジオ veda 【yoga life with 吉川めい】

吉川 えい み

来歴 [ ] 、フォーク・グループ「THE NEW FRONTIERS」のメンバーとして渡米。 「EAST」と改名して、米国社より全米デビューアルバム『EAST』を発売。 帰国後、1974年にシンガーソングライターとして日本でのアルバムデビューをし、同時に、、としての活動を開始。 の第一人者として、・・・・・・など、ニューミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加。 近年では、福山雅治『Golden Oldies』、『岡本おさみアコースティックパーティーwith吉川忠英』、夏川りみ『南風』などのアコースティックアルバムをプロデュースしている。 毎年、北海道から沖縄まで、全国ソロライブツアーも精力的に行なっている。 現在、季刊誌『ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE』()に「チューエイのスタジオ日記」を連載中。 とより、「Chuei Model」を発売。 ディスコグラフィ [ ] ソロ [ ] シングル [ ]• 夢が少しづつ/雨あがり(1974年10月、、CD-232)• 悲しい歌は唄わない/君への歌(1975年、日本コロムビア、CD-244)• 夜更けのトマトジュース/陽ざしの中で(1976年10月、日本コロムビア、LK-23-A)• Silverbird/ぬくもり(1979年7月、日本コロムビア、LK-109)• 親父の四季/FLYIN' HIGH(1981年8月5日、PANAM、CWP-14)- サッポロビール生の2リッ樽イメージソング アルバム [ ]• 『こころ』(1974年、日本コロムビア)- 2008年CD化• 『街角』(1975年、日本コロムビア)• 『chuei 29』(1976年、日本コロムビア)- 2008年CD化• 『ILLUSION』(1978年、日本コロムビア)• 『素敵?そうでもないよ』(1983年、テイチク)• 『IN MY POCKET』(1990年、FUN HOUSE)• 『音の手紙』(1996年、オーマガトキ OMCA-1007)• 『STARRY-EYED』(2000年、ビクターaosis records VICL-69003)• 『ARROWS』(2000年、ビクターaosis records VICL-69004)• 『Acoguist』(2001年、ビクターaosis records VICL-69061)• 『Guitar by Guitar』(2007年、オーマガトキ OMCA-1063)• 『AIRY FACE』(2011年、ナユタ・レコーズ AZCD-1101)• 『AQUA FACE』(2011年、ナユタ・レコーズ AZCD-1102) 参加作品 [ ]• 『EAST』(EAST、1972年。 米国キャピトルレコード) R. Swimming Club Band featuring 吉川忠英 [ ]• 『EBB TIDE-ひき潮』(1989年、ファンハウス)• 『SUMMER PLACE-夏の日の恋-』(1990年、ファンハウス)• 『RED SAILS-夕日に赤い帆-』(1991年、ファンハウス)• 『STAR-星に願いを-』(1991年、ファンハウス)• 『MOON-ムーンリバー-』(1992年、ファンハウス)• 『嘘つきは夫婦のはじまり』(1992年、ファンハウス)- 制作のテレビドラマ『』オリジナル・サウンドトラック とのジョイント [ ]• 『にじ』(1997年、バップ SSPPレーベル) のとのジョイント [ ]• 『音遊 うとあし び』(2001年、リスペクトレコード RES-54) とのジョイント [ ]• 『唄遊び』(2002年、リスペクトレコード RES-67)• 『HOOTENANNY with 吉川忠英』(2008年、ビクター VICL-62818) THE NEW FRONTIERS [ ]• 『THE NEW FRONTIERS sing THE KINGSTON TRIO』(2008年、ビクター VICL-62871) 主な作曲・編曲楽曲 [ ]• 1970年• 「ひと足遅れの春」(編曲)• 1974年• 初の1stソロ・アルバム「こころ」(日本コロムビア)• 1975年• 「」(作曲)• 2ndアルバム「街角」(日本コロムビア)• 1976年• 3rdアルバム「CHUEI 29」(日本コロムビア)• 「ひこうき雲」「二月の風景画」(作曲)• 1977年• 「蜃気楼のように」(作曲・編曲)• 1978年• 4thアルバム「ILLUSIONS」(日本コロムビア)• 1983年• 5thアルバム「素敵?そうでもないよ」(テイチク)• 1990年• 6thアルバム「IN MY POCKET」(ファンハウス)• 「TOWER OF VANITY」「MARRY ME」「ONE DAY VACATION」(編曲)• 「サイレント・クリスマス」(編曲)• 1991年• 「ふたつの手の想い出」「今日の日はさようなら」• 「スタコイ東京」• 1993年• 「心の中にいるよ」(編曲)• 「遅すぎた季節」(編曲)• 1995年• 「」(編曲)• 1996年• 7枚目のアルバム「音の手紙」(オーマガトキ)• 1997年• とのデュオアルバム「にじ」• 1998年• 「風とかくれんぼ」(編曲)• 2000年• 8枚目のアルバム「STARRY-EYED」(aosis records)• 9枚目のアルバム「ARROWS」(aosis records)• 「春夏秋冬」(編曲)• 「音遊 ウトア び」(アルバム)• 2001年• 10thアルバム「Acoguist」(aosis records)• 2002年• 「」(アルバム編曲)• 「唄遊び」(アルバム編曲)• 「心のたかち」(作曲・編曲)「月のかほり」(編曲)• 「雨を聞きながら」(編曲)• 2003年• 「君に捧げるラブソング」(編曲)• 「」「鉛筆画の瞳」(作曲・編曲)• 「ハルモニア」(編曲)• 2004年• 「ルビーの指環」「あんたのバラード」(カバー編曲)• 「太陽が燃えている」(アルバム「Re-Cover」編曲)• 「月の虹」「ゆいま〜る」 (作曲・編曲)• 2005年• 11thアルバム Chuei Yoshikawa「Acoustic Fukuyamania」(ユニバーサル)• 「千春坂」「」(編曲)• 「HOMMAGE」(編曲)• 「桜坂」 (編曲)• 2006年• 「浅草日記」「林檎の花の樹の下で」(編曲)• 「ありがとう」(編曲)• 「リルケの詩集」「あなたはその後」 (編曲)• 2007年• 12thアルバム「Guitar by Guitar」(オーマガトキ)• 「がんばりすぎなくていいよ」「初恋」(編曲)• 「足跡」「救世種」編曲)• 2008年• 13thアルバム「HOOTENANNY with 吉川忠英」(ビクター)• アルバム「こころ」「CHUEI 29」(コロムビアより再発売)• 2009年• 「白いサンゴ礁」(阿久悠トリビュートアルバムより)• 「」 アルバム編曲 CM [ ]• 1990年• 「バーゲン」• 1991年• 「企業CM」• 1992年• 1993年• 「ティッシュ」 Vo. 1994年• 「企業CM」• 「MILD SEVEN LIGHT」 編• 1995年• Voのみ• 1996年• 「」 Voのみ• 「 TR555」 作• セイコージュエリー「ロイヤルアッシャーダイヤモンド」 作• 1998年• 「海外向け企業CM」• 1999年• 「ハイシーBメイト」• 「ヴァージンオリーブオイル」• 2000年• 「」 編• 2001年• 2003年• 2005年• 「まろやか酵母」 編• 2007年• 「Over the Rainbow」 編•

次の

吉川めいろ プロフィール

吉川 えい み

人物・略歴 [ ] (現)出身。 旧姓・佐藤、本名・英士。 旧制福岡中学校(現・)を経て、美学科卒。 東京帝大講師を経て、戦後教授。 東京芸大邦楽科の新設に尽力。 その後教授、会長、義太夫協会会長、琵琶楽協会会長、館長などを歴任し、1994年文化功労者。 雑誌『季刊邦楽』主幹も勤めた。 日本の伝統音楽の的研究で知られる。 主著に「日本音楽の性格」「日本音楽の歴史」「伝 この人なり」など。 また、一般向けの啓蒙書も数多く発表し、戦後の邦楽の隆盛に一役買った 著書 [ ]• 日本音楽の性格 吉川英士 わんや書店, 1948• 邦楽鑑賞 NHK放送「邦楽鑑賞の手引」 吉川英士 宝文館 1952• 邦楽鑑賞手帖 吉川英士 創元社, 1953• 邦楽鑑賞入門 吉川英士 創元社, 1959• 伝 この人なり 新潮社, 1962• 日本音楽の歴史 創元社, 1965• 邦楽への招待 宝文館出版, 1967• 邦楽と人生 創元社, 1969• 日本音楽の美的研究 音楽之友社, 1984• 日本音楽文化史 (編)創元社, 1989• 謝々天庵主人回想録 邦楽社, 1994• 人と芸(編) 双調会, 1996• 三味線の美学と芸大邦楽科誕生秘話 [ ](編)出版芸術社, 1997 記念論集 [ ]• 日本音楽とその周辺 吉川英史先生還暦記念論文集 ,星旭,山口修責任編集 音楽之友社 1973 外部リンク [ ]• - 吉川英史の邦楽科擁護論、ほか.

次の

吉川忠英

吉川 えい み

吉川めいろ よしかわ・めいろ/Meiro Yoshikawa 迷路クリエイター。 アイソメトリックイラストレーター。 1976年生まれ。 埼玉県出身。 1997年、通信機器メーカー入社。 取扱説明書の制作を担当する。 2002年、マニュアル制作会社入社。 テクニカルイラストレーターとしてアイソメトリックイラスト制作を担当する。 2014年、無料迷路サイト「迷路. jp」オープン。 Twitterで公開した「コラボ迷路」が話題となり、その後様々な企業の迷路イラストを手がける。 2018年8月、飛鳥新社より初の単行本「 」を発売。 2019年11月、迷路ストア「」オープン。 2019年12月、各ストックイラストサービスに迷路イラストの提供を開始する。 同月、迷路イラストの更新情報サイト「」オープン。 主な仕事として、東京メトロ、タカラトミー、ビックカメラ、三井住友銀行、BMW、江崎グリコ、アサヒ飲料、サントリー、浅田飴、フジパン、富士急行、ベネッセコーポレーション、ギンビス、黄金糖などの迷路イラストを制作。 【メディアでのご紹介】 書籍等の執筆や迷路イラスト制作のご相談は以下の連絡先にお願いいたします。 ・メール「info maze. jp」 ・Twitter「」ダイレクトメッセージ ・当サイト.

次の