だるく て 動け ない。 「足がだるくて眠れない…」そんなときの対処法を女医に聞いてみた!

だるくてやる気がなくて動けない

だるく て 動け ない

自律神経失調症とは 自律神経のバランスが乱れることによる症状 人体にはたくさんの神経が張り巡らされています。 脳や脊髄に張り巡らされているのが「中枢神経」、体中に張り巡らされているのが「末梢神経」です。 末梢神経は、さらに体性神経と自律神経に分けられます。 体性神経というのは、意思によって体の各部を動かす神経、 意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整するのが自律神経です。 夏の日差しを避けようとして手をかざす動きをするのが体性神経、汗がでてくるのは自律神経の働きによるものですが、自律神経は、さらに交感神経と副交感神経に分けられます。 交感神経は、体を活発に動かすときに働き、副交感神経は、体を休めるときに働きます。 交感神経をアクセルに例えるならば、副交感神経はブレーキの役割を担った神経です。 通常では、この二つの神経がバランスをとりながら体の状態を調節していますが、強いストレスなどを受けるとこのバランスが崩れることがあります。 このときにあらわれてくる様々な症状が、自律神経失調症とよばれる症状群です。 あらわれる症状は多種多様 自律神経失調症によってあらわれる症状は様々です。 身体的な症状もあれば精神的な症状もあります。 具体的な症状は後でふれるとして、自律神経失調症の4つのタイプを押さえておきましょう。 ストレス、生活リズムの乱れが要因 自律神経失調症の原因の大半は、ストレスと生活のリズムの乱れによるものです。 職場におけるストレス、うまくいかない人間関係によるストレス、環境の変化に適応できないストレスなどは、自律神経失調症の元凶です。 夜間勤務の人、あるいは夜更かしする夜型人間など、人体のリズムに逆らったような生活習慣も自律神経失調症を引き起こします。 体質的、あるいは性格的にストレスに弱いタイプの人もなりやすい。 先にあげた本態性型の自律神経失調症です。 このほか、一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづける女性は、女性ホルモンの変化の時期になりやすいとされています。 うつ病などを誘発することも 憂うつな気分に支配され、意力と気力が失われるといったうつ病に似た症状があらわれることがあります。 先にあげた4つのタイプの中の心身症型や抑うつ型の症状です。 ですから、自分勝手に自律神経失調症をうつ病と思い込んだり、あるいはその逆であったりという誤認のケースが少なくありません。 症状がひどいようならば、専門の医療機関に相談し、正確な診断を仰ぐようにしてください。 ・疲れやすい、微熱、倦怠感、疲労感、不眠、大量の発汗や冷や汗、震えなど。 ・頭痛、偏頭痛、頭重感、筋緊張性頭痛、脱毛など。 ・疲れ目、まぶたのけいれん、ドライアイ、なみだ目、目がしょぼしょぼするなど。 ・耳鳴り、耳に何かが詰まっているような閉塞感、めまいなど。 ・食事をするときに喉に感じる異物感、のどの奥がイガイガするなど。 ・口の渇き、口の中の痛み、味覚障害など。 ・動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、手足のほてり、大量発汗、不整脈など。 ・過食、食欲不振、慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群、下腹部の張り、食欲低下、便秘など。 ・皮膚の乾燥・かゆみ、多汗、冷や汗など。 ・頻尿、残尿感など。 ・生理不順、インポテンツ、外陰部のかゆみなど。 ・筋肉・関節の痛み、関節のだるさ。 ・手や足の痛み、足のふらつきなど。 症状が変化することも 精神面と身体の様々な場所に症状があらわれてきますが、自律神経失調症の特徴は、同時にいくつもの症状があらわれ、時間とともに症状が変わってくるということです。 たとえば、頭痛やめまいの症状がおさまったと思ったら、じんましんがでてきたといった具合です。 ・ストレスがたまったらカラオケなどで発散す。 ・スポーツなどで汗を流し、体調を整える。 ・趣味を見つけ、没頭する。 生活リズムを規則正しいものにする 人体の自然の理にかなった規則正しい生活をするは、自律神経失調症だけではなく、あらゆる病気を予防するための大前提です。 実際、生活のリズムの乱れによる身体と精神への負担は、本人が思っている以上に大きいということを銘記しましょう。 医療機関にかかってのカウンセリング、精神療法 身体の様々な場所に症状があらわれているのに検査しても異常が見られない、というのが自律神経失調症です。 異常がみられないからといって、自然に治るものでもありません。 症状が長く続き、ひどくなってきたら、 専門の医療機関で、診断を受けて治療に取り組んでください。 心療内科か精神科では、それぞれの症状に応じて、抗うつ薬や漢方薬などを投薬する薬物療法と精神療法が行われます。 精神療法というのは、カウンセリングなどを通して、ストレスに過度に反応している考え方や心理を改善する療法です。 「なんだかだるいだけ」とあなどらない けだるいというのは、病気とまでは言えない体の不調です。 あるいは、頑張ればできる、という状態です。 しかし、ほおっておくと、症状が変化し、うつ病などの精神疾患を誘発するリスクを孕んでいます。 だるさや倦怠感を侮らずに、症状が長引いているようなら医療機関での治療を考えるべきでしょう。

次の

朝、体がだるくて動けないのは原因がある!昼寝がポイント!|シリモノ

だるく て 動け ない

そもそも更年期って? 女性の更年期は卵巣機能の低下によって始まります。 卵巣から分泌されている女性ホルモンは身体の中で多くの働きを担っているのですが、卵巣の機能が加齢によって低下を始めると女性ホルモンが減少し、それに伴ってさまざまな症状が出るというわけです。 女性が閉経を迎える前後5年間、ホルモンバランスが乱れ、それに身体が慣れるまでさまざまな不快な症状があらわれます。 これまで出ていたホルモンが出なくなることで、身体が混乱してジタバタしてしまうのです。 でも身体がそれに慣れてしまえば症状は治まり、以前のような快適に動ける状態が戻ります。 更年期障害ってどんなもの? 更年期障害によって引き起こされる症状は具体的に以下の通りです。 【身体的影響】 のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ) 冷え性・手足が冷たい めまい・立ちくらみ・耳鳴り 頭痛・頭が重い だるさ・疲労感・倦怠感 不眠・寝つきが悪い・眠りが浅い 動悸・息切れ 肩こり・腰痛 【精神的影響】 気持ちが落ち込む やる気が出ない(無気力) イライラする・不安を感じる 憂鬱である 病院に行ってもどこも悪くないのに症状がある。 こういったものを不定愁訴と呼びますが、これら不定愁訴のすべてが症状として現れるのではなく、ひとつ~複数、どのような組み合わせで出るかには個人差があります。 更年期にきつくて動けなくなってしまう原因は? 怠けてるんじゃないんです! 更年期障害への理解が年々進み、今ではその辛さを皆が知るところになりましたが、昔、更年期への理解が低い時代は、倦怠感で苦しんでいる更年期の女性へ「怠けている」という言葉が投げかけられることが少なくありませんでした。 男尊女卑、嫁姑、等のしがらみがあったにせよ、体調が悪くて動けない相手に遣う言葉ではないですよね。 更年期の人がぐったりして動けなくなっていたら、それはだらけていたりさぼっていたりしているわけではないんです。 更年期障害の不定愁訴のひとつなのです。 だるさのメカニズムを知ろう 朝から動けないほどだるい、疲労感が付きまとう、身体が重い。 だけど理由が分からない。 無理をして身体を動かす。 その繰り返しの毎日だったら、心も壊してしまいそうですよね。 更年期障害の不定愁訴と気づけば、現代ではいくつもの対策や選択肢があります。 なぜ更年期になると以前と同じように動けないのか、だるさで苦しむのか、その理由を探ってしっかり対策を取りましょう。 自律神経が混乱するから 以前のように仕事がバリバリこなせなくなってきて、仕事が終わるとぐったり、もう動けない。 いや、待てよ。 その症状は確か朝から感じてる…だとすれば更年期障害を疑いましょう。 更年期の疲れ、倦怠感は自律神経が大きく関与しています。 更年期になって女性ホルモンが減少していくと、自律神経が不安定になります。 従来の量の女性ホルモンが出ないので、自律神経がさらに「もっと出して!」と指令をするのですが、それでもやっぱり出ない。 ドンドン繰り返すうちに「なぜだ、なぜだ・・・」と自律神経がパニックになります。 すると自律神経が普段コントロールしている部分にトラブルが起こります。 これが多くの不調を引き起こす原因なのです。 同時に睡眠にも影響が 慢性的な疲労感を憶えやすくなった更年期の身体は、精神的にも影響を与えてきます。 やらなきゃいけないのに動けない。 そんな自分が怠けているだけのように思える。 真面目な人ほどその考えに陥りやすいですね。 また睡眠にも影響が出ます。 人は悩みがあると眠れなくなりますが、この「なぜ私はこんなに思ったように動けないのか」という自責の念によって、もともと更年期障害のひとつである「睡眠障害」がさらにひどくなってしまうのです。 これは早く解決しなくてはいけませんね。 更年期の疲労感を軽くする方法は?.

次の

朝、体がだるくて動けないのは原因がある!昼寝がポイント!|シリモノ

だるく て 動け ない

自律神経失調症とは 自律神経のバランスが乱れることによる症状 人体にはたくさんの神経が張り巡らされています。 脳や脊髄に張り巡らされているのが「中枢神経」、体中に張り巡らされているのが「末梢神経」です。 末梢神経は、さらに体性神経と自律神経に分けられます。 体性神経というのは、意思によって体の各部を動かす神経、 意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整するのが自律神経です。 夏の日差しを避けようとして手をかざす動きをするのが体性神経、汗がでてくるのは自律神経の働きによるものですが、自律神経は、さらに交感神経と副交感神経に分けられます。 交感神経は、体を活発に動かすときに働き、副交感神経は、体を休めるときに働きます。 交感神経をアクセルに例えるならば、副交感神経はブレーキの役割を担った神経です。 通常では、この二つの神経がバランスをとりながら体の状態を調節していますが、強いストレスなどを受けるとこのバランスが崩れることがあります。 このときにあらわれてくる様々な症状が、自律神経失調症とよばれる症状群です。 あらわれる症状は多種多様 自律神経失調症によってあらわれる症状は様々です。 身体的な症状もあれば精神的な症状もあります。 具体的な症状は後でふれるとして、自律神経失調症の4つのタイプを押さえておきましょう。 ストレス、生活リズムの乱れが要因 自律神経失調症の原因の大半は、ストレスと生活のリズムの乱れによるものです。 職場におけるストレス、うまくいかない人間関係によるストレス、環境の変化に適応できないストレスなどは、自律神経失調症の元凶です。 夜間勤務の人、あるいは夜更かしする夜型人間など、人体のリズムに逆らったような生活習慣も自律神経失調症を引き起こします。 体質的、あるいは性格的にストレスに弱いタイプの人もなりやすい。 先にあげた本態性型の自律神経失調症です。 このほか、一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづける女性は、女性ホルモンの変化の時期になりやすいとされています。 うつ病などを誘発することも 憂うつな気分に支配され、意力と気力が失われるといったうつ病に似た症状があらわれることがあります。 先にあげた4つのタイプの中の心身症型や抑うつ型の症状です。 ですから、自分勝手に自律神経失調症をうつ病と思い込んだり、あるいはその逆であったりという誤認のケースが少なくありません。 症状がひどいようならば、専門の医療機関に相談し、正確な診断を仰ぐようにしてください。 ・疲れやすい、微熱、倦怠感、疲労感、不眠、大量の発汗や冷や汗、震えなど。 ・頭痛、偏頭痛、頭重感、筋緊張性頭痛、脱毛など。 ・疲れ目、まぶたのけいれん、ドライアイ、なみだ目、目がしょぼしょぼするなど。 ・耳鳴り、耳に何かが詰まっているような閉塞感、めまいなど。 ・食事をするときに喉に感じる異物感、のどの奥がイガイガするなど。 ・口の渇き、口の中の痛み、味覚障害など。 ・動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、手足のほてり、大量発汗、不整脈など。 ・過食、食欲不振、慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群、下腹部の張り、食欲低下、便秘など。 ・皮膚の乾燥・かゆみ、多汗、冷や汗など。 ・頻尿、残尿感など。 ・生理不順、インポテンツ、外陰部のかゆみなど。 ・筋肉・関節の痛み、関節のだるさ。 ・手や足の痛み、足のふらつきなど。 症状が変化することも 精神面と身体の様々な場所に症状があらわれてきますが、自律神経失調症の特徴は、同時にいくつもの症状があらわれ、時間とともに症状が変わってくるということです。 たとえば、頭痛やめまいの症状がおさまったと思ったら、じんましんがでてきたといった具合です。 ・ストレスがたまったらカラオケなどで発散す。 ・スポーツなどで汗を流し、体調を整える。 ・趣味を見つけ、没頭する。 生活リズムを規則正しいものにする 人体の自然の理にかなった規則正しい生活をするは、自律神経失調症だけではなく、あらゆる病気を予防するための大前提です。 実際、生活のリズムの乱れによる身体と精神への負担は、本人が思っている以上に大きいということを銘記しましょう。 医療機関にかかってのカウンセリング、精神療法 身体の様々な場所に症状があらわれているのに検査しても異常が見られない、というのが自律神経失調症です。 異常がみられないからといって、自然に治るものでもありません。 症状が長く続き、ひどくなってきたら、 専門の医療機関で、診断を受けて治療に取り組んでください。 心療内科か精神科では、それぞれの症状に応じて、抗うつ薬や漢方薬などを投薬する薬物療法と精神療法が行われます。 精神療法というのは、カウンセリングなどを通して、ストレスに過度に反応している考え方や心理を改善する療法です。 「なんだかだるいだけ」とあなどらない けだるいというのは、病気とまでは言えない体の不調です。 あるいは、頑張ればできる、という状態です。 しかし、ほおっておくと、症状が変化し、うつ病などの精神疾患を誘発するリスクを孕んでいます。 だるさや倦怠感を侮らずに、症状が長引いているようなら医療機関での治療を考えるべきでしょう。

次の