甘露寺炭治郎。 甘露寺に囁かれて炭治郎が鼻血を出す?なぜ真面目な彼がドキドキしたのか解説|鬼滅の刃.info

漫画『鬼滅の刃』200話ネタバレ感想|涙腺崩壊…甘露寺と伊黒に花束を

甘露寺炭治郎

もっと本編で二人の絡みがあったら良かったのに…と残念に思った方も多かったのではないでしょうか。 ヒノカミ神楽の情報を得るため、炭治郎が煉獄の元を尋ねたシーンがありましたよね! ヒノカミ神楽については初耳で知らん!との回答でしたが、代わりに「 俺の継子になるといい、面倒を見てやろう!」と炭治郎に継子になるよう勧誘をします。 炭治郎の刀が黒刀であることを知った後も、「俺のところで鍛えてあげよう。 もう安心だ!」と明るく答えていました。 そんな3人を見て「 3人まとめて立派な剣士にしてやろう!」と答える煉獄は、まさに彼らの「育手(そだて)」と呼ぶにふさわしい人物ですよね! もし無限列車編で煉獄が生き残っていれば、 炭治郎、善逸、伊之助が正式に継子になる、そんな未来もあったかもしれません。 — ﹒ vraxys 続いて「煉獄杏寿郎の継子が甘露寺蜜璃である」という情報のソースは何巻の何話なのかについて、調べていきたいと思います。 漫画「鬼滅の刃」の該当シーンを探してみたところ、 漫画本編には記載がないということがわかりました。 それではどこからの情報かというと、 公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」に記載がありました! 「鬼殺隊報」の号外で記載があり、「大正コソコソ噂話」といって隊士たちの噂話を集めたページです。 87ページにオリジナルの呼吸についての記載があります。 「恋」の呼吸は何からの派生?という質問コーナーなのですが、 実は「炎」からの派生であり、蜜璃オリジナルだそうですよ! 甘露寺は、初めは杏寿郎に弟子入りして、継子になるのですが、 オリジナリティに溢れすぎて独立にいたったそうです。 きっと、蜜璃の好きように技を発展していったのでしょう。 それで、それを杏寿郎に見せたら「とてもいい!」となったのかもしれませんね? 他の継子はいなかった? 煉獄に他の継子が居たかどうかについても、公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」の86ページに記載がありました。 「面倒見が良いが 継子がいなかった理由は?」という質問から、 他に継子はいなかったということがわかります! その理由は、 稽古が辛すぎてみんな逃げたからだそうです! なんとも杏寿郎らしい理由ですよね…。 実は、16巻第134話「反復動作」でも少し話題が出ています。 炭治郎の先輩隊士である村田が柱稽古のとき、 柱にほとんど継子がいない理由に気付いた、とぼやいています。 「しんどすぎてみんな逃げる」「柱との違いに打ちのめされて心折れる」などと他の隊士も納得の様子でした。 柱稽古はなかなか稽古で死ぬんじゃないかと思うほど過酷なものが多かったですからね! 杏寿郎もきっと過酷な稽古を課していたのでしょう。 柱として継子を探すのも大変そうです。 炭治朗のことを継子にしてやろうと言っていたのも、単純に継子がとても欲しかったからかもしれませんね。 少し、推測をしてみたいと思います。 蜜璃は結構、柱の名前を呼んでいる場面がありました。 第45話「鬼殺隊柱合同会議」で 不死川、伊黒、冨岡のことを「さん」付けで呼んでいることが分かります。 そこから、杏寿郎のことも 「煉獄さん」と呼んでいたのではないかと思います。 しかし、他の継子であるカナヲはしのぶのことを「師範」と読んでいたので継子時代はもしかしたら違う呼び方をしていたかもしれませんね? また、杏寿郎が蜜璃をなんと呼んでいたかですが、杏寿郎が柱の名前を呼ぶ記述は見つけられませんでした。 炭治朗、善逸、伊之助のことはそれぞれ「竃門少年」「黄色い少年」「猪頭少年」と呼んでいるところはありました。 炭次郎だけは名前を名乗っていたので、苗字で呼ばれてますが後二人は印象で呼ばれてますね。 最初は炭治郎のことも「溝口少年」といっていたのであまり人の名前を覚えるのは得意ではないようです。 そして、自分の弟である「千寿朗」は呼び捨てでしたので、親しい仲であると呼び捨てになるようですね。 そこから推測ですが、多分苗字か名前か呼びである 「甘露寺」か「蜜璃」が濃厚な線のなのではないかと思います。 記述がないということは、どのように呼ばせても自由ですよね! どんな風に呼び合っていたのか考えるもの楽しいと思います。 ソースは何話で何巻であるかですが、本編には記載がなく公式ファンブックの「鬼殺隊見聞録」に記載がありました。 呼び方ですが、本編では出てきていなかったので、どう呼んでいるか考えるのも楽しいかもしれません。 漫画「鬼滅の刃」これから誰かが柱の継子になる場面が出てくるかもしれませんね! どういう展開になっていくのか楽しみですね。

次の

恋柱「甘露寺蜜璃」とは?悲しい過去・伊黒との関係・強さについて解説

甘露寺炭治郎

甘露寺と伊黒が死亡!? 鬼殺隊に抑えられ、日光を浴び続ける。 膨張したり、地面に潜ろうとしたり、どうにか日光を浴びないようにしていました。 しかしその努力も虚しく、 日の光を遮ることはできずに無惨は死亡。 ついに無惨死亡か そのまま塵になってくれ — 満足同盟のじろー sinkuro5ds ようやく無惨が死んだことで、産屋敷輝利哉や鬼殺隊の隊士たちが涙を流しながら喜んでいました。 ですが、この勝利の代償は大きく、 柱や鬼殺隊の多くが瀕死の状態です。 まだ動ける鬼殺隊は、ボロボロのけが人の手当てをしにいきます。 >> 甘露寺と伊黒の最後に感動 鬼舞辻無惨を倒すために全力を尽くしたと伊黒小芭内。 甘露寺は、伊黒の腕の中で目を覚まします。 この戦いによって両腕を無くしてしまい、 甘露寺は体の痛みをほとんど感じず死が近いことを悟っていました。 そして、それは伊黒も同じです。 甘露寺はどんなに辛いことがあっても常に笑顔でいて、「 たくさんの人の心を救済している」と。 そんな優しい言葉をかけてくれる伊黒に、彼女も救われていたのでしょう。 >> 伊黒と甘露寺の二人は、「また人間に生まれ変われたら結婚しよう」と約束したシーンは本当に感動しました。 誰もが幸せになることを願っていた二人でしたが、心で繋がったことは救われたはずです。 結婚はできなかったにしろ、最高のラストだったのではないでしょうか。 甘露寺と伊黒の関係性は? 188話にて、蛇柱の伊黒が甘露寺蜜璃のことが好きだったことが明かされました。 甘露寺と文通を行っていたり、靴下をプレゼントするなど親密な関係だったそうです。 ちなみに伊黒が恋に落ちた理由は、 甘露寺に「一目惚れ」だったとのこと。 普段はクールで、他の鬼殺隊士に対して一切の信用を許さなかった伊黒。 そんな彼が、まさか「一目惚れ」だったなんて人間らしさが感じられて良いですよね。 甘露寺と仲良くしていた炭治郎に嫉妬 柱による隊士の訓練では、甘露寺と仲良くしていたに嫉妬し、かなり厳しく当たっていました。 おそらく甘露寺が炭治郎と稽古していたときの様子を手紙に書いたのかも知れません。 好きな人と仲の良い14歳にゴリゴリに嫉妬する伊黒小芭内見て。 炭治郎に嫉妬しているのがバレバレだし、ちょっとストーカー気質ですよね。 それほど二人は仲が良いということなのでしょう。 伊黒は好意を伝えるつもりはなかった 恋柱の甘露寺と文通したり、靴下をプレゼントするほどベタ惚れの伊黒。 しかし伊黒は自身が「汚れた一族」であることから、甘露寺の傍にいることにずっと抵抗を感じていたのです。 鬼舞辻無惨を倒して死亡し、 汚れた一族の血を浄化できるまで彼女に好意を伝えないと決意していました。 鬼滅の考察見ててんけどさ、伊黒さんの方は好きってゆうのを伝えてなくて穢れた一族に生まれたから来世で伝えるってゆうの最後まで守ってるのを見て泣きそうなったわ。 ここで甘露寺と伊黒は、お互いに好意を伝え合い、 来世で結婚することを誓って死亡します。 悲しい結末でしたが、好意を伝えないと決意していた伊黒にとっては、良い最後だったといえるでしょう。 甘露寺と伊黒の死亡に対してネットの反応は? そんな甘露寺と伊黒の死亡に対して、ネットの反応はどうなのでしょうか? このシーン、伊黒死亡の可能性高そうだけどもし伊黒も甘露寺も生き残ったとしたら 伊黒「甘露寺、俺は汚い。 だから俺は甘露寺のそばにいられない。 」 甘露寺「私は伊黒さんがどんな人だろうと一緒にいたいです。 告白できたのは良かったですが、死亡してしまった結末は悲しいし、無惨を倒した代償は大きいです。

次の

鬼滅の刃12巻101話のネタバレ考察!甘露寺が話した内緒話とは?

甘露寺炭治郎

鬼滅の刃122話のネタバレ 無一郎の勝利 に勝利しただったが、毒が回っていることもあり泡を吹いて倒れてしまった。 無一郎は両親や兄のを思い出し涙を流していた。 甘露寺蜜璃の参戦 は喜怒哀楽が合体したと戦っていた。 「喜怒哀楽が合体した鬼が操る木の竜は頭が五本で伸びる範囲はおよそ66尺」と分析する。 炭治郎は木の竜に攻撃を仕掛けようとするが、木の竜は口から衝撃波を放って反撃してきた。 衝撃波を食らい鼓膜が破れ目が回って立てなくなってしまった炭治郎。 木の竜に足を踏みつけられ足が潰れてしまう。 喜怒哀楽が合体した鬼は喜怒哀楽が持っていた技を強化した状態で使うことができるのであった。 炭治郎は攻撃範囲外の66尺の距離を取るが、木の竜の口から小さな木の竜が連なり炭治郎まで届き、炭治郎は口の中に閉じ込められてしまう。 そこに駆けつけたのが恋柱の。 甘露寺が木の竜を斬りつけ、閉じ込められていた炭治郎を助けていく。 「おイタが過ぎるわよ」と言う甘露寺に「黙れあばずれ」と返すの分身体。 「あばずれ」という言葉を使う半天狗に驚く甘露寺だが、半天狗の放った狂鳴雷殺を恋の呼吸 参ノ型 恋猫しぐれですべて斬り裂いていく。 甘露寺が参戦したことで戦況は好転していくのでしょうか?? 鬼滅の刃122話の感想 半天狗との戦いに甘露寺が参戦してきました!今のところ半天狗に押されまくりですが、甘露寺が加わったことで戦況は変わっていくのでしょうか??甘露寺がどれほど強いのか注目していきたいところです。

次の