うんざり 類語。 英語で【うんざり】をなんという?『うんざりした!』の例文19選まとめ

英語で【うんざり】をなんという?『うんざりした!』の例文19選まとめ

うんざり 類語

「古い」の類語として、まず「古」という漢字が含まれている表現がいくつかあげられます。 古めかしい• 古くさい• 古ぼけた• 古式ゆかしい• 古色を帯びた• 古色蒼然(こしょくそうぜん) 「古色蒼然」は「いかにも長い年月を経たような古びた様子」を表し、「古色蒼然とした神社」などと使われます。 また 【くたびれた】【ぼろい】【ぼろぼろ】なども「古い」に近い表現としてあげられます。 【くたびれた】は、「このワイシャツも随分くたびれてきたから、買い替えなきゃ」のように、長い使用によって傷んだり型くずれしたりしている様子を表します。 【ぼろぼろ】は「デートの時、ぼろぼろの財布をかばんから出すのは恥ずかしかった」のように、使い古してダメになってしまった様子を表します。 いずれの表現もその物の「古い」の程度が進み、あまりよくない状態を表していますね。

次の

「辟易」の意味と使い方・読み方・例文・「うんざり」との違い

うんざり 類語

「食傷」の類語や言い換え うんざりする すっかり飽きて嫌になったり、関心がなくなり気持ちが沈みどんよりする事をいいます。 どちらかといえば単発の出来事ではなく、繰り返し行われる事や何回か経験している事に関して使う言葉になります。 「あの人に会わなければいけないかと思うと本当にうんざりする」• 「その話はうんざりするくらい話し合って来た」 など。 「嫌気がさす」【いやけがさす】 その物事に関わる事に対して不快になり嫌な気持ちになる事をいいます。 何度か繰り返している事や定期的に起こる出来事に対して使う言葉になります。 「仕事がしたいのに、くだらない人間関係が邪魔して嫌気がさしているねで、転職したい」• 「一緒にいる事に嫌気がさしたので別れようと思っています」 など。 「飽きる」【あきる】 同じ事が何度も続いたり、繰り返されたりして嫌になる事や、その事で退屈になったりつまらないと感じる事をいいます。 また継続する事を拒みたくなったり、その気力がない事もいいます。 もしくはこれ以上は要らないと思えるくらいに状況を満たす事や、それくらい満たしたいという願望を表現する時にも使います。 「飽きる程聴いて来たので、嫌でも覚えてしまった」• 「大好きなお酒を飽きるほど飲んでみたいものだ」 など。 「気味」の類語や言い換え 「気配」【けはい】 はっきりと姿・形が見える訳ではないけれど、何となくその存在を感覚的に感じる事をいいます。 目には見えないものを表す事が多く漠然としたものに対する物への表現になります。 「秋の気配を感じて感傷的になっている」• 「誰もいないはずなのに人の気配を感じて見に行ってみたら窓が開いていた」 など。 「っぽい」【っぽい】 名詞や動詞の連用形などの後につき、その名詞や動詞に近い状態であったり、そのように見える事を表す言葉になります。 もしくは 「そんな感じ」に思えるといった状況の事をいいます。 「何となく風邪っぽいから早目に休む事にした」• 「犯人っぽい人物とすれ違ったけれど確信がなかったので通報しなかった」 など。 「傾向がある」【けいこうがある】 物事の性質や性格が特定の方向に偏ったりその素質がある事をいいます。 その要素が強くて傾きがある事を表します。 また物事を比べると、どちらかと言えばその資質がより濃く出ている事をいいます。 「どちらかというと右肩上がりの傾向があるので、引き続き継続を試してみます」• 「すぐに占いなどに頼る傾向がある為、一旦冷静になるように窘める」 など。

次の

「食傷気味」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

うんざり 類語

「食傷」の類語や言い換え うんざりする すっかり飽きて嫌になったり、関心がなくなり気持ちが沈みどんよりする事をいいます。 どちらかといえば単発の出来事ではなく、繰り返し行われる事や何回か経験している事に関して使う言葉になります。 「あの人に会わなければいけないかと思うと本当にうんざりする」• 「その話はうんざりするくらい話し合って来た」 など。 「嫌気がさす」【いやけがさす】 その物事に関わる事に対して不快になり嫌な気持ちになる事をいいます。 何度か繰り返している事や定期的に起こる出来事に対して使う言葉になります。 「仕事がしたいのに、くだらない人間関係が邪魔して嫌気がさしているねで、転職したい」• 「一緒にいる事に嫌気がさしたので別れようと思っています」 など。 「飽きる」【あきる】 同じ事が何度も続いたり、繰り返されたりして嫌になる事や、その事で退屈になったりつまらないと感じる事をいいます。 また継続する事を拒みたくなったり、その気力がない事もいいます。 もしくはこれ以上は要らないと思えるくらいに状況を満たす事や、それくらい満たしたいという願望を表現する時にも使います。 「飽きる程聴いて来たので、嫌でも覚えてしまった」• 「大好きなお酒を飽きるほど飲んでみたいものだ」 など。 「気味」の類語や言い換え 「気配」【けはい】 はっきりと姿・形が見える訳ではないけれど、何となくその存在を感覚的に感じる事をいいます。 目には見えないものを表す事が多く漠然としたものに対する物への表現になります。 「秋の気配を感じて感傷的になっている」• 「誰もいないはずなのに人の気配を感じて見に行ってみたら窓が開いていた」 など。 「っぽい」【っぽい】 名詞や動詞の連用形などの後につき、その名詞や動詞に近い状態であったり、そのように見える事を表す言葉になります。 もしくは 「そんな感じ」に思えるといった状況の事をいいます。 「何となく風邪っぽいから早目に休む事にした」• 「犯人っぽい人物とすれ違ったけれど確信がなかったので通報しなかった」 など。 「傾向がある」【けいこうがある】 物事の性質や性格が特定の方向に偏ったりその素質がある事をいいます。 その要素が強くて傾きがある事を表します。 また物事を比べると、どちらかと言えばその資質がより濃く出ている事をいいます。 「どちらかというと右肩上がりの傾向があるので、引き続き継続を試してみます」• 「すぐに占いなどに頼る傾向がある為、一旦冷静になるように窘める」 など。

次の