8 月 中旬 時候 の 挨拶。 時候の挨拶8月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

8月の手紙の書き出しと結び!上旬・中旬・下旬の挨拶や季語の違いを例文で!

8 月 中旬 時候 の 挨拶

8月の手紙の書き出しに相応しい挨拶とは? 8月の手紙では上旬・中旬・下旬で季語のチョイスが変わる! 手紙の書き出しでは、時候・季節の挨拶が必要ですが、 「二十四節気」という伝統的な時期の区分を基準に相応しい表現が違います。 8月には、二十四節気のうちの以下の3つの時期があるので目安にしてください。 時期 二十四節気 季節 ~8月7日頃 大暑 たいしょ 夏 8月8日~22日頃 立秋 りっしゅう 秋 8月23日頃~ 処暑 しょしょ 秋 特に、暦の上では 立秋前は夏、立秋を過ぎれば秋なので、8月の時候や季節の挨拶では要注意です。 夏真っ盛りの8月は「暑」や「夏」が付く言葉なら、どれでもよさそうですが、 同月でも手紙を書く時期で相応しい表現が変わります。 8月の手紙の書き出しに使う季語は、 一覧で適当に選ぶと相応しくない言葉を使う可能性があるため注意しましょう。 時候・季節の挨拶は実際の気候を考慮してチョイス! 8月の手紙の書き出しの挨拶は、 暑さを気遣う表現を多用しますが、 猛暑もあれば、冷夏の年もあります。 季節的に適当でも、 実際の気候とちぐはぐな表現は、読み手に違和感を与えるため、季語の選び方には注意が必要です。 以下に紹介する8月の上旬・中旬・下旬の挨拶文は、代表的な表現を集めているので、そのまま手紙で使うことができます。 しかし、実際に手紙の挨拶文として使う場合、 言葉の意味をよく理解した上で、実際の気候に相応しいものを選ぶようにしましょう。 ・立秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ビジネス ・残暑厳しい折ではございますが、皆さまご清栄の由、何よりと存じます。 個人・ビジネス ・避暑のみぎり、皆さま夏バテ等されていませんか。 個人 ・季夏の候、〇様におかれましては、お健やかで活躍の由、お慶び申し上げます。 個人・丁寧 立秋を過ぎ た8月中旬に相応しい時候の挨拶に使える言葉とそれぞれの意味は以下の通り。 立秋 りっしゅう 秋の始まりとされる日 残暑 ざんしょ 立秋を過ぎても残る暑さ 避暑 ひしょ 暑さを避け涼しい地へ移ること 納涼 のうりょう 暑さを和らげ涼しさを味わう 納涼や避暑など涼を求める時節柄の表現は、立秋を過ぎても引き続き使えておすすめです。 ・処暑の候、貴社いよいよご隆盛の段、お慶び申し上げます。 ビジネス ・秋暑のみぎり、夏の疲れなど出ていらっしゃいませんか。 個人 8月下旬の時候の挨拶に相応しい季語とそれぞれの意味も以下に挙げておきます。 処暑 しょしょ) 暑さが落ち着いてくる時期 秋暑 しゅうしょ 暑い中にも秋が感じられること 早涼 そうりょう 暑さの峠を超え朝晩過ごしやすくなること 初秋 しょしゅう 秋の始まり 立秋を過ぎれば暦の上では秋ですが、 秋暑、初秋などは、お盆が過ぎて夏の終わりが見えてくる8月下旬ごろからがより相応しい表現ですね。 8月下旬の手紙に相応しい季節の挨拶 8月下旬の手紙の書き出しでは、 夏の終わりと秋の気配を感じさせる時節柄を反映した挨拶がおすすめです。

次の

時候の挨拶「8月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

8 月 中旬 時候 の 挨拶

例文 時候の挨拶• 立秋の候• 残暑の候• 暮夏の候 など 挨拶文• 立秋を前にしてまだまだ暑い日が続いております。 涼しさが待ち遠しい今日この頃。 寝苦しい暑さが続いておりますが、体調はお変わりないでしょうか。 など ・・本文内容を書く・・ 結び• 夏風邪などひかぬよう、ご自愛ください。 まだまだ暑い日が続きますので体調にお気を付けください。 など 8月7頃に「立秋」を迎えるわけですが夏の暑さはまだまだ続く日々です。 気持ちは夏真っ盛りですが文書上では「立秋」や「残暑」などを用いていきましょう。 挨拶文や結びでは暑さから体調を崩さないように。 といった内容を加えます。 ちなみに、立秋の日以降は「残暑見舞」を送るのが一般的です。 8月中旬の挨拶(8月7日ごろの立秋から8月23日ごろの処暑まで) 例文 時候の挨拶• 向秋の候• 新涼の候• 納涼の候 など 挨拶文• 空の青さに秋を感じる時期になってまいりました。 暑さもようやく峠を越えました。 お変わりないでしょうか。 朝晩の涼しさに秋の涼しさを感じる今日この頃。 など ・・本文内容を書く・・ 結び• 夏バテにはお気をつけて、くれぐれもご自愛ください。 涼しくなってまいりました。 体調にはお気を付けください。 夏の暑さが和らいできて朝晩は涼しくなる8月下旬。 時候の挨拶には「向秋」、「納涼」などが良いでしょう。 夏を惜しむように「熱中症に注意して残り少ない夏を楽しみましょう」といった結びにするのも良いかもしれません。 季節の変わり目ですので朝晩の健康への配慮を促す内容にしてみて下さい。 まとめ 8月は残暑が厳しい上旬、中旬。 少しず涼しくなる下旬。 「残暑」、「納涼」などを時候の挨拶に入れ込み、秋への移り変わりが感じられる文面にしてみるといいでしょう。 中旬は残暑見舞のピーク、そのほかお祭りなどイベントも多く案内文の作成も増えると思います。 残暑が長引く事、涼しさが早めに来るなど状況に合わせた内容にして見て下さい。

次の

8月の季語と挨拶文<手紙の書き出し・結び・お礼はがき文例>

8 月 中旬 時候 の 挨拶

8月の「~の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 8月の「時候の挨拶・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 「盛夏の候」「盛暑の候」「大暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)、「大暑の候」(たいしょのこう)は「夏の一番暑い時期」を表します。 実際に用いるのは一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる「立秋」の前日までに使う挨拶文とされています。 立秋は8月8日頃ですので、8月上旬頃まで用いることができます。 「立秋の候」【8月中旬】 「立秋の候」(りっしゅうのこう)の「立秋」とは、8月8日頃から8月22日頃までとなるため、8月中旬頃に用います。 実際の季節感としては秋はまだ感じませんが、8月中旬の季語として使います。 「晩夏の候」【8月中旬】 「晩夏の候」(ばんかのこう)の「晩夏」は夏の終わりの時季を表します。 暦の上では「立秋」の前日で夏が終わるため、8月上旬までの時候の挨拶となるのですが、実際の季節感にそぐわないため、8月中旬頃まで一般的に使われています。 「残暑の候」【8月下旬~9月上旬】 「残暑の候」(ざんしょのこう)の「残暑」は「立秋後の暑さ」を表します。 立秋は8月8日頃から8月22日頃までとなるため、その翌日から用いる時候の挨拶です。 一般的には9月8日頃の「白露」までが暦の上での残暑期間となるため、暦の期間としては8月23日頃から9月8日頃までとなりますが、8月下旬から9月上旬位に使う挨拶だと考えてよいでしょう。 「処暑の候」【8月下旬~9月上旬】 「処暑の候」(しょしょのこう)の「処暑」とは、二十四節気の一つで、8月23日頃から9月8日頃となる「白露」の前日までの期間を指します。 この時期が暦の上での「残暑」の時期です。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>も参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 8月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 口語調は、漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 【8月上旬】の挨拶文と結びの言葉( 盛夏の挨拶) 毎日暑い日が続いておりますが、〇〇様にはお変わりなくお過ごしのことと存じ上げます。 いつもお世話になりまして、心より感謝申し上げます。 <本文> 時節柄、どうかお体を大切に。 まずはとり急ぎご通知申し上げます。 毎日猛暑が続きますが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 日頃はお引き立てを賜りまして、まことにありがとうございます。 <本文> 暑さ厳しき折、どうか皆様お元気でお過ごしください。 まずは書中にてお知らせいたします。 【8月中旬】の挨拶文と結びの言葉(盛夏~残暑の挨拶) 立秋とは名ばかりで猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎご通知まで。 【8月下旬】の慣用句と結びの言葉(残暑の挨拶) 残暑が続きますが、暦の上ではもう秋です。 〇〇様にはお変わりなくお元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。 いつもご支援を賜りましてまことにありがとうございます。 <本文> 残暑厳しき折からくれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 まずは書中にてご連絡いたします。 今年の夏もようやく盛りを過ぎようとしていますが、いよいよご健勝にてご活躍のことと存じます。 日ごろはお力添えを賜り、心よりお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お元気でお過ごしくださいませ。 まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。 8月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 8月の時候・季節の挨拶を使った招待状とお礼状の例文を紹介します。 アレンジして使ってみてください。 「招待状」の例文(8月) お客様特別セールのご案内 拝啓 立秋の候、暑さはまだまだ続いておりますが、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は弊社製品に格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、弊社では8月恒例の「お客様特別セール」を下記の通り開催いたします。 … ぜひ、皆様お誘い合わせの上、ご来店賜りますよう、ご案内申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お中元」の「お礼状」の例文(8月) 拝啓 大暑の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 平素は一方ならぬご厚誼を賜り深謝申し上げます。 さて、このたびはまことにご丁重なお中元の品をお贈りいただき、ありがとうございました。 いつも大変お世話になっておりますうえに、過分のお心配りを賜り、恐縮いたしております。 … 皆様の一層のご健勝と貴社のご繁栄を心よりをお祈りいたします。 まずはとりあえず書中をもってお礼申し上げます。 まとめ 暦の上での秋は「立秋」からとなりますが、立秋は毎年8月8日頃、つまり一年のうちでも最も暑い時期に訪れるため、実際の気候とのずれが生じてしまうのが8月の時候の挨拶です。 漢語調の「~の候」の挨拶文であれば、形式にのっとった時候の挨拶として相手方に違和感はないかと思いますが、気になる場合は「立秋とはいえ暑さ厳しき折」などと口語調の挨拶を工夫してみるとよいでしょう。

次の