ユダヤ の 商法。 「ユダヤの商法」にはユダヤ人の商売の神髄が書かれていた

78:22の法則(ユダヤの商法)とパレートの法則からロングテール・マーケティングを考える

ユダヤ の 商法

ユダヤ人の教えの一つに「男はすべての金の78%を稼ぎ、女はすべての金の78%を使う」というものがあります。 また「利益の78%は商品の22%で生む」という教えもあります。 ビジネスではどちらの考えもよく知られていますが、これはパレートの法則とも呼ばれています。 マクドナルド 78:22の法則を実際に使った例として藤田田(日本マクドナルド)のサンキューセットがあります。 彼はこのセット商品を文字どおり390円で売りました。 サンキューセットに500円を払うと110円のおつりがきます。 であり、78:22という法則を一躍有名にすることになりました。 女性向けの商売 男性は稼ぎ、女性が使う。 これが意味するところは、男性向けよりも女性向けの商売のほうが有利であるということです。 化粧品やブランドバッグを見ればわかるように、女性向けの商品は付加価値が高い。 一方、男性はバッグのブランドといった目に見えない価値よりも、生活に必要なものを最低限そろえるという習慣があるため、出費がおさえられる。 さらに家計で最も大きな出費になる家、車、教育、保険などは妻の発言が大きなカギになることが多い。 ユダヤの商法に「男はすべての金の78%を稼ぎ、女はすべての金の78%を使う」という考えがあることも、なんとなくわかってくると思います。 パレートの法則 パレートの法則とは「売上の8割は商品の2割で生む」という法則です。 逆に言えば「商品の8割は売上の2割にしかならない」。 100個のパンを売ったとき、78個のパンはほとんど利益を出さないか、売れない。 残りの22個で利益のほとんどを生む。 これがパレートの法則の考えです。 YouTubeで生計を立てられるのは、わずか3%の人々。 YouTubeというプラットフォームにある閲覧数の約90%は彼らがもっています。 「夢はじける。 YouTuberで一攫千金の時代は終わる - GIZMODO」より引用 78個の売れないパンに共通したものを理解し、あらかじめそうしたパンを作らないという活動こそ、ビジネスやマーケティングでいいとされている「選択と集中」です。 パレートの法則は統計と確率の理論が混ざっているので、商品はある程度必要になります。 つまり1個しかパンを作っていない状況でパレートの法則を適用することはできない。 ビジネスを一定以上広げて、収益の構造に乱雑さ(商品数やカテゴリー数が増えて全体が雑になっている状態)がともなっているとき、パレートの法則と「選択と集中」が有効になるといえます。 広告 ロングテール ロングテールとは、売れない78個のパンで収益を上げることをいいます。 わずかなパンが圧倒的な利益を出しますが、残りのパンもたくさんあれば「ちりも積もって」収益の山になるかもしれない。 こうした小口商売を中心にした戦略をロングテール戦略といいます。 AmazonなどのECサイトを見るとわかるように、現在のECはたくさんのカテゴリーで無数の商品を扱っています。 つまり1個1円の薄利であっても、それが大量にあれば大きな利益になるということです。 ロングテール戦略はパレートの法則による「選択と集中」と焦点がずれていることに注意しましょう。 正反対の概念ということはできませんが、両方をうまく組み合わせることは難しいでしょう。 比率の変化 現代社会では女性向けの高額商品の販売が落ちこみ、アマゾンなどの巨大な小売業者が商品の品数を際限なく増やしています。 パレートの法則そのものはさまざまな状況であてはまりますが、78:22という神秘的な比は少しずつずれてきています。 パレートの法則を動画で説明しました。

次の

【書評】ユダヤの商法(藤田田著)【高値で売買されていた幻の書】|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

ユダヤ の 商法

【内容情報】(出版社より) 多くの経営者に影響を与えた大ベストセラー 幻の名著復活 私はあなたに巨億の富を保証する ユダヤ商法の「定石」こそ金儲けのノウハウ 総計240刷、82万7000部。 あの伝説のベストセラーが今ここによみがえる。 どうすれば金持ちになれるのか。 その答えは世界の巨富を一手に集めるユダヤ商法の「定石」にあった。 「定石」とは何か。 それは、「銀座のユダヤ人」と呼ばれた著者が勝ち得た金持ちになるための原理原則。 全世界でいまだに通用する唯一の「商法」である。 「定石」さえ守れば、金儲けなんか誰でもできるーー本書は、夢を抱き、巨万の富を築き、新しい未来を自らつくりたいと望む若者やビジネスマンには必読のノウハウだ。 1972年5月刊行初版本を底本に、新装版としてここに読者待望の復刊! Part1 これがユダヤ商法だ Part2 私自身のユダヤ商法 Part3 ユダヤ商法のバックボーン Part4 銀座のユダヤ人語録 Part5 「円」を扱うユダヤ商法 Part6 ユダヤ商法とハンバーガー 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ユダヤ商法の「定石」こそ金儲けのノウハウ。 総計276刷、82万7000部。 あの伝説のベストセラーが今ここによみがえる。 どうすれば金持ちになれるのか。 その答えは世界の巨富を一手に集めるユダヤ商法の「定石」にあった。 「定石」とは何か。 それは、「銀座のユダヤ人」と呼ばれた著者が勝ち得た金持ちになるための原理原則。 全世界でいまだに通用する唯一の「商法」である。 「定石」さえ守れば、金儲けなんか誰でもできるー本書は、夢を抱き、巨万の富を築き、新しい未来を自らつくりたいと望む若者やビジネスマンには必読のノウハウだ。 1972年5月刊行初版本を底本に、新装版としてここに読者待望の復刊! 【目次】(「BOOK」データベースより) 1 これがユダヤ商法だ/2 私自身のユダヤ商法/3 ユダヤ商法のバックボーン/4 銀座のユダヤ人語録/5 「円」を吸うユダヤ商法/6 ユダヤ商法とハンバーガー 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 藤田田(フジタデン) 1926(大正15)年、大阪生まれ。 旧制北野中学、松江高校を経て、1951(昭和26)年、東京大学法学部卒業。 在学中にGHQの通訳を務めたことがきっかけで「(株)藤田商店」を設立。 学生起業家として輸入業を手がける。 1971(昭和46)年、世界最大のハンバーガー・チェーンである米国マクドナルド社と50:50の出資比率で「日本マクドナルド(株)」を設立。 同年7月、銀座三越1階に第1号店をオープン。 日本中にハンバーガー旋風をまき起こす。 過去2回、マクドナルド・コーポレーションのアドバイザリー・ディレクターを務めるなど、マクドナルドの世界戦略にも参画。 1986(昭和61)年、藍綬褒章受章。 1989(平成元)年、大店法規制緩和を旗印に米国の玩具小売業トイザラス社との合弁会社「日本トイザラス(株)」を設立し、全国展開した。 また、世界一のネクタイ・スカーフ製造販売会社である英国タイラック社と提携し、全国店舗展開した。 (-社)日本ハンバーグ・ハンバーガー協会初代会長。 創立30年にあたる2001(平成13)年7月26日、日本マクドナルドは店頭株市場に株式公開を果たした。 2004(平成16)年4月21日逝去(満78歳)。 著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) お金を儲けるための本質が書かれています 愛娘2人をもつパパ 評価 4. 00 投稿日:2020年05月23日 名著と言われているだけあって、刺激的な内容です。 ユダヤ人の商売に対するストイックさや価値観など、ビジネスで意識しなきゃいけないことがいくつも書かれていています。 この令和の時代にこの発言はアウトだなーというものも随所に書かれていますが、儲けることの本質であったり、大切なことが書かれているので、30-40代のマネジャー以上が一読する価値はあります。 星一つ減の理由 そうは言っても日本人として大事にしなきゃいけない部分を正面から否定して語られている箇所があるので、そこは同意することが出来ず、この評価にさせてもらいました。 0人が参考になったと回答•

次の

【孫正義氏の成功の原点「ユダヤの商法」。その根源“78:22の宇宙法則”とは】

ユダヤ の 商法

皆様、こんにちは。 月刊「理念と経営」お客様係です。 20年前に読んでとても印象深かった本をずっと探していました。 藤田 田(ふじた でん)氏の 『ユダヤの商法』 です! 1972年に発売され、ベストセラーだったのでご存知の方も多いと思います。 現在販売されておらず、図書館でやっと見つけました。 20年ぶりに読んだ『ユダヤの商法』は正直、以前とは異なる印象でしたが 宇宙の法則はやはり面白いですね。 『78対22の法則』です。 「・・・ユダヤ商法の基礎になっている法則に『78対22の法則』がある。 例えば正方形とその正方形に内接する円の関係を考えてみよう。 正方形の面積を100とすると、その正方形に内接する円の面積は78. 5になる。 つまり、正方形に内接する円の面積を約78とすると、 正方形の残りの面積は約22になる。 また、空気中の成分が、窒素78に対して酸素等が22の割合になっていることは、 よく知られている。 人間の体も、水分が78、その他の物質が22の割合になっている。 ・・・」 この宇宙の大法則を ユダヤの方々は商売にもうまく活用しているそうです。 昔に読んだ書籍を再度読み返すとまた新たな発見があったり、 印象が違うことに驚いたりと、面白いものですね。 お持ちの『理念と経営』も是非読み返してみてくださいませ。 高校生であった孫正義の訪問を受け、コンピューター関連を学ぶように助言した。

次の